« 馬に活気が戻って3着に好走 | トップページ | スタートで躓いて5着が精一杯 »

2016.11.19

1000万条件卒業の危機

堅実な走り(勝ち味の遅さ)が持ち味のアナザーバージョン、今回はメンバーに恵まれて展開もかなり有利な状況で、1000万条件を卒業してしまうかも。それでもやはり狙いは2着・3着。

◆11/19(土)福島2R 3歳上500万下…×グレンガイル(△木幡巧)
2年前に500万条件を勝ってからは不振続きで、12戦して掲示板内が2回あるだけ。今回は4ヶ月ぶりの出走となり、休み明けは全く走らず使われて徐々に良くなるタイプだし、まず苦戦は必至。ただ、意外にもダートの小回りローカルは初めて使われ、珍しく調教では動けているので、ぼちぼち走れる可能性はある。2キロ減の若手騎手を起用したのもプラス。スタートダッシュが全く利かない馬で、向正面でマクり気味に進出しつつ、早め先頭に立てるかどうか。

◆11/19(土)東京9R 伊勢佐木特別…×シャクンタラー(石川)
ダート戦を使われるのは今回が初めて。もともと芝よりもダートの走りを期待して出資した経緯があり、3歳牝馬ながら530キロ超の雄大な馬体を誇っており、おそらくダートは向くはず。いくらハンデ戦とはいえ3歳牝馬にダート2100mは厳しいし、砂を被るのを嫌がる可能性もあり、さらにメンバーレベルがかなり高くなってしまい、ここを勝ち負けするのは難しそう。もしここでアッサリ勝つようなら、ダート重賞路線での活躍が即約束される。

◆11/20(日)東京8R 3歳上1000万下…◎アナザーバージョン(内田博)
どうしても先頭に立ちたがらない悪癖があり、その代わり入着賞金を重ねられて1000万条件ながら8000万円近く稼いでいる。今回はかなりメンバーに恵まれたし、時計面でもいつも通り走れば完勝できる計算。仕掛けるのを遅らせれば逃げ切られ、早めに動くと差し切られ、いつもなら何らかの馬にコロッと負けるところだけど、有力処はいずれも前へ行く馬ばかりで、差しに回れば流れが向いて勝つチャンスも大きいのでは。内田騎手とも手が合いそう。理想は2着でも、こういう堅実なタイプは上のクラスに行っても通用するもで、そろそろ4勝目を挙げるのも悪くない。

◆11/20(日)福島10R 土湯温泉特別…×ゴールドエフォート(丸山)
前走は昇級戦ながら5着と、持ち前の堅実さを発揮してくれた。いつもスタートダッシュが鈍くて後方からの競馬を余儀なくされ、東京・新潟コースなら直線だけでロスなく差を詰められても、ローカル小回りの福島では3コーナーから外を回さざるを得ないので、どこまで流れが向くかといったところ。中山・福島で5着が1回ずつあっても着差は開いていた点も気がかり。レースはおそらく重馬場で迎えることになりそうで、外差しの馬場状態になれば上位好走の可能性もある。

|

« 馬に活気が戻って3着に好走 | トップページ | スタートで躓いて5着が精一杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馬に活気が戻って3着に好走 | トップページ | スタートで躓いて5着が精一杯 »