« キャロットクラブ2016年度申し込み結果 | トップページ | ララベル、JRA所属馬と初対決 »

2016.09.17

馬場が渋ればさらに有利

今週は月曜日の大井で出走するララベル・ガーデンズキューも含め、勝ち負けの期待が高まる馬ばかり。ぜひ良い結果を。

◆9/17(土)中山9R 白井特別…◎アップクォーク(戸崎)
前走は重賞に挑戦し、出遅れながら外を回して0.3秒差に4着に好走した。スタートがマトモなら僅差だったはずだし、福島よりも広い中山コースに替わるのはプラス。前走後は早くからここを目標に置かれ、じっくりと仕上げられて状態は良好。前走までは体質が弱くてなかなか完調でレースに臨めなかっただけに、パワーアップした姿を見るのが楽しみ。今回も出遅れる心配はあるけれど、比較的内の枠を引けたので挽回はしやすいはずで、ハンデも54キロならちょうど良い。間違いなくオープン級の器なので、このクラスはアッサリと通過したい。

◆9/18(日)阪神9R 能勢特別…◎ウェスタールンド(鮫島駿)
前走はスタート直後からモタついて、直線でも特に伸びず8着に終わった。もともと間隔を空けるとボケた走りをするタイプで、今回は距離が2000mに延長されるので、少なくとも前走のようなことはないはず。11頭立てと少頭数のわりには、昇級馬や1000万条件で好走歴のある馬ばかりで非常にレベルが高いけど、この馬も準オープンでも差のない競馬ができているし、決め手勝負なら断然の存在で、休み明け2走目で勝ち負けに持ち込める。稍重で4戦して1着2回・2着2回と、馬場が渋るとさらにいいタイプで、今のところの予報ではこの馬向きの馬場になりそう。

|

« キャロットクラブ2016年度申し込み結果 | トップページ | ララベル、JRA所属馬と初対決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャロットクラブ2016年度申し込み結果 | トップページ | ララベル、JRA所属馬と初対決 »