« 2歳にして現役続行の危機 | トップページ | 5着以内の確保が最低条件 »

2016.09.01

ヴェルミオン引退

サンデーサラブレッドクラブ所属の地方馬ヴェルミオン(牡3歳:荒山厩舎)が、右前脚球節の関節症(全治1年)で、復帰しても再発の可能性が高いとのことで引退することになった。

昨年の7月に門別でデビューして新馬勝ち、続くオープン戦でも連勝を飾り、南関東の3歳クラシック路線に期待が高まる活躍ぶりだったのが、それ以降は善戦するか大敗するかの両極端なレース内容となり、南関東へ移籍しても8戦して勝ち星を挙げるには至らなかった。8月2日の前走で、短距離から中距離路線へと矛先を戻したところ、初の古馬相手に0.2秒差の3着と好走してようやく軌道に乗るかと思われたら、右前脚を故障してしまい、意外なほどの重症で現役復帰を断念することになった。的場騎手からA2までは行くと評されていただけに残念でならない。

Ke3a6077_2 Ke3a7456
Ke3a7231 A43i0747

|

« 2歳にして現役続行の危機 | トップページ | 5着以内の確保が最低条件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2歳にして現役続行の危機 | トップページ | 5着以内の確保が最低条件 »