« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016.09.26

好内容での2着好走

ソーディヴァイン、勝てはしなかったけど注文通りの競馬で2着と上々の内容。

◆9/25(日)阪神12R 3歳上1000万下…◎ソーディヴァイン(川田)→2着
5ヶ月ぶりでもプラス2キロとほとんど増減がなかったし、パドックの外めを力強く歩いていて全体的な気配は良好。いつも通りあまり良いスタートではなくても、二の足が速くてスッと2番手に付けた。道中は抑える余裕があり、逃げ馬から1馬身差の2番手で3~4コーナーを回って、直線に向いてから追い出すと残り300m地点で先頭に立ち、一旦は2馬身ほどのリードをとったものの、3番手にいた馬にゴール前で交わされて惜しくも2着となった。良馬場にしてはかなり速いタイムだったし、3着には3馬身半もの差を付けているので、レース内容としては文句なし。次走は確勝級。

【次週出走予定】
◆9/28(水)門別1R 2歳未勝利…シルエットロマン(黒澤愛)
◆9/28(水)門別5R 2歳5組…ベイビーガール(桑村真)
◆9/29(木)園田5R リミテッドC2 3歳以上特別…ジャンピングシープ(川原正)
◆10/01(土)中山10R 習志野特別…ストレンジクォーク(戸崎)
◆10/01(土)中山11R 秋風S…グランシルク(戸崎)
◆10/02(日)阪神3R 3歳未勝利…デューズワイルズ(未定)
◆10/02(日)中山4R 2歳新馬…ヴァベーネ(未定)
◆10/02(日)阪神7R 3歳上500万下…レーヌドブリエ(中谷)
◆10/02(日)中山12R 内房S…ポイントブランク(松山)

| | コメント (0)

2016.09.25

先行できれば勝ち負けに

9月の出走は今週も含めて8頭にとどまった。でも現在は31頭がトレセンに在厩していて、近日入厩予定の馬も多く、10月の出走回数はかなり多くなりそう。

◆9/25(日)阪神12R 3歳上1000万下…◎ソーディヴァイン(川田)
オープンの端午Sで4着後、ノド鳴りの手術をして今回がおよそ5ヶ月ぶりの出走となる。桜花賞トライアルでも5着に入っていたように、ノド鳴りはさほど症状は重くなかったものの手術後はすっかり良くなり、今回の追い切りでは圧巻の動きを見せてくれ、非常にいい状態での復帰戦を迎えられる。1000万条件で連対実績のある馬が何頭かいてメンバーレベルは高めだけど、先行すれば少々ペースが速かろうと粘れるタイプなので、スタートを決めてそのまま押し切る競馬を期待したい。3歳牝馬ながら520キロを超える大型馬で、いずれオープンや重賞でも通用する素質の持ち主。

| | コメント (0)

2016.09.19

レディースクラシックへの期待が高まる4着

ララベル、初のダートグレード競走でもメドの立つ走りを見せてくれ、目標としている11月3日のJBCレディースクラシックが大いに楽しみになった。この後も順調にレースを迎えられることを祈るのみ。

◆9/17(土)中山9R 白井特別…◎アップクォーク(戸崎)→4着
2ヶ月半ぶりでもスカッとした好馬体が目立ち、出走馬の中でも馬っぷりが目立っていた。落ち着いてパドックを周回していた点にも好感。ゲートでガタガタしてしまい、3馬身ほど大きく出遅れて最後方から。見るからにスローな流れに落ち着いてしまい、向正面では持ったまま馬群の外に出して徐々に先頭との差を詰め、3コーナーに入る頃には後方5番手くらいまで押し上げた。そこからも馬群の外を回しつつ、いい雰囲気で直線に向いた時には5番手集団まで上がったものの、そこまでに脚を使ったせいかジリジリとしか伸びず4着止まり。レースの上がりが34.5秒で、しかもハンデ戦では大出遅れを挽回するのは難しい。1000万条件でも即通用の実力は確認できたので、次走の巻き返しに期待したい。
A43i2779 A43i2871

◆9/18(日)阪神9R 能勢特別…◎ウェスタールンド(鮫島駿)→11着
ブリンカーを着用。キビキビとパドックを周回して気配は良好。ややトモの甘い歩様なのもいつも通り。ゲートの出もそれほど良くなく、ダッシュが付かない感じで最後方から。1コーナーの時点で走るのに苦労している感じで、道悪が向いていないのか向正面あたりでは何度もバランスを崩していて、この時点で大敗を覚悟したほど。後方2番手で3コーナーに入り、ジョッキーの手が動いてもなかなか前との差を詰められず、むしろ直線に向く頃には最後方まで下がってしまい、そこからもジョッキーが態勢を整えつつの走りになってしまい、勝ち馬から2.7秒差の最下位に敗れた。道悪が苦手だったにせよ走りがバラバラになっているし、今年の3月に勝ったクラスで、ここまで負けるのは何か原因があるとしか思えない。ちょっと長いトンネルに入り込んでしまった感が。

◆9/19(月)大井9R C1特選…◎ガーデンズキュー(真島)→3着
休み明けだった前走から2キロ増えてたけど、全く太い印象は受けずに好仕上がり。以前と比べてもトモに力強さが加わり、チャカついて気の悪さを見せることもなくなり、だいぶ成長がうかがえる。揃ったスタートを切り、手綱を持ったままスッと4番手の外に付けた。馬群の外を取れた時点で好走は約束されたようなもので、道中は平均的なペースで流れ、3コーナーの入り口では早くも3番手に上がって前を行く2頭との差を詰め、直線に向いた時には一旦先頭に並んだものの、残り200mからは意外と伸びあぐねてしまい3着となった。この日はとにかく内の逃げ馬が止まらない馬場だったし、勝てなかったとはいえレース内容が非常に良くなっており、近いうちに順番が回ってくるはず。前へ行けるようになった今なら内回りでも走れそう。
A43i2972 A43i3019

◆9/19(月)大井11R レディースプレリュード…◎ララベル(真島)→4着
5ヶ月ぶりでも馬体に増減がなく、脚が長くなったように見え、スッキリとして仕上がりは良好。見るからに機嫌がよさそうにパドックを周回していたのも好印象。揃ったスタートを切り、持ったままスッと3番手を取った。やや抑え加減で余裕のある追走で、比較的速い流れになりながらも向正面でも持ったまま3番手をキープ。4コーナーに入ってから真島騎手の手が動いて追撃を開始し、直線に向いた時には先頭に並び掛けて一瞬勝ったかと思ったものの、首を上げてハミを外してしまって伸びが鈍って4番手に後退し、残り100mあたりから再び差を詰めたものの、先に抜け出した3頭を交わすほどの勢いはなく4着となった。JRA交流重賞で好走実績のあるブリーチッパー・フォローハート・タイニーダンサーに先着できたのは自信になるし、ハミを外すことがなければもっと差のない争いに持ち込めていたはず。目標のJBCレディースクラシックはあまりメンバー構成も変わらないだろうし、左回りのマイルに条件が好転するので俄然楽しみになった。
A43i3363 A43i3466

【次週出走予定】
◆9/22(木)園田8R リミテッドC2特別…ハルカカナタ(田中学)
◆9/22(木)園田10R スカパー!地方競馬ナイン特別…レッドダニエル(下原理)
◆9/25(日)阪神3R 3歳未勝利…デューズワイルズ(未定)
◆9/25(日)阪神12R 3歳上1000万下…ソーディヴァイン(川田)

| | コメント (0)

2016.09.18

ララベル、JRA所属馬と初対決

ララベルがJRA所属馬との初対戦を迎える。目標が先なので100%の仕上げではないけれど、ララベルにしては珍しく何ら不安のない状態で、楽しみの方が大きい。

◆9/19(月)大井9R C1特選…◎ガーデンズキュー(真島)
前走は休み明け+苦手な重馬場ながら、早めに仕掛けて直線先頭から終い鈍って4着と、今までにない積極的な競馬で上位好走できた。もともと使ってからの期待だったし、この中間は動きがさらに良くなっていて、普段は泣きが入りがちな荒山先生も今回は非常に強気なのも心強い。11頭立てと手頃な頭数になったし、外めの8枠10番を引いたのも好材料。ただ、道悪はあまり良くないタイプで、重馬場以上に悪化してしまうと減点が必要。5連勝中の馬もいるけれど、こちらはC1クラスで再三好勝負をしてきて実力的には何ら見劣らないし、ちょうど1年前に起きた着順取り違えの借りをここで返したい。

◆9/19(月)大井11R レディースプレリュード…◎ララベル(真島)
JRAの馬との初対決となる。4月のしらさぎ賞を勝った後は、もう一つ状態が上がらず早め北海道の社台ファームまで放牧に出され、早くからここを目標に仕上げられた。体質に弱さが残り、今まではなかなか完調でレースに臨めなかったのが、昨年10月のスターバーストカップ当時と同様の非常にいい状態でレースに出走でき、何ら不安のない今回はJRA勢が相手でも勝ち負けに持ち込める。状態落ちだった昨年末のシンデレラマイルで同厩のブルーチッパーと差のない競馬に持ち込んでおり、その馬を物差しにすればホワイトフーガは別格としても(ただしノド鳴りが悪化しているそう)、他馬とは互角以上の力はあるはず。そのブルーチッパーという速い逃げ馬がいて展開面でも紛れがなさそうだし、4番枠も有利。変にペースを読まずレースの流れに乗り、勝負所でホワイトフーガと併せて進出るような形に持ち込めれば理想的。目標は次のJBCレディスクラシックだけど、ここも勝ちに行く競馬をして欲しい。

| | コメント (0)

2016.09.17

馬場が渋ればさらに有利

今週は月曜日の大井で出走するララベル・ガーデンズキューも含め、勝ち負けの期待が高まる馬ばかり。ぜひ良い結果を。

◆9/17(土)中山9R 白井特別…◎アップクォーク(戸崎)
前走は重賞に挑戦し、出遅れながら外を回して0.3秒差に4着に好走した。スタートがマトモなら僅差だったはずだし、福島よりも広い中山コースに替わるのはプラス。前走後は早くからここを目標に置かれ、じっくりと仕上げられて状態は良好。前走までは体質が弱くてなかなか完調でレースに臨めなかっただけに、パワーアップした姿を見るのが楽しみ。今回も出遅れる心配はあるけれど、比較的内の枠を引けたので挽回はしやすいはずで、ハンデも54キロならちょうど良い。間違いなくオープン級の器なので、このクラスはアッサリと通過したい。

◆9/18(日)阪神9R 能勢特別…◎ウェスタールンド(鮫島駿)
前走はスタート直後からモタついて、直線でも特に伸びず8着に終わった。もともと間隔を空けるとボケた走りをするタイプで、今回は距離が2000mに延長されるので、少なくとも前走のようなことはないはず。11頭立てと少頭数のわりには、昇級馬や1000万条件で好走歴のある馬ばかりで非常にレベルが高いけど、この馬も準オープンでも差のない競馬ができているし、決め手勝負なら断然の存在で、休み明け2走目で勝ち負けに持ち込める。稍重で4戦して1着2回・2着2回と、馬場が渋るとさらにいいタイプで、今のところの予報ではこの馬向きの馬場になりそう。

| | コメント (0)

2016.09.16

キャロットクラブ2016年度申し込み結果

キャロットクラブ2016年度の申し込み結果が出ました。6頭申し込んだうち、25スプリングシーズンは最優先なら無抽選で確定、75ティフィンは母馬優先で確定、唯一抽選になった18フェルミオンは当選、その他の3頭は1次募集では満口にならずといったところで、6頭全て出資が確定した。特に狙ったわけではないけれど結果的にお手頃価格の馬ばかりになったので、間もなく募集が始まるシルクホースクラブの1歳馬は良血馬も申し込んでみたい。

----------------------------------------------------------
【最優先申し込み】
・25 スプリングシーズンIIの15(牡 父:ステイゴールド)→確定

【一般申し込み】
・18 フェルミオンの15(メス 父:ノヴェリスト)→当選
・35 カドリーユの15(メス 父:ダノンシャンティ)→確定
・38 カサパサーの15(牡 父:シニスターミニスター)→確定
・75 ティフィンの15(牡 父:ヴァーミリアン)→確定
・77 オーベルゲイドの15(メス 父:スズカマンボ)→確定
----------------------------------------------------------

| | コメント (0)

2016.09.11

大きく出遅れながらも2着

◆9/10(土)中山5R 2歳新馬…◎グラドゥアーレ(田辺)→2着
パドックに入ってきて最初の1周目はしっかり歩けていたのに、徐々に物見が激しくなったり首を下げて歩いたりと、ちょっと集中力を欠いていたけど、歩様自体はキビキビとしていたし馬体の仕上がりは良好。レースでは完全に立ち後れて後方から。コーナーワークで2コーナーに入るあたりでは後方4番手に位置した。まずまずのペースでレースが流れ、ラチ沿いの経済コースを回りつつ、3~4コーナーの中間あたりで馬群の中に突っ込んで中団あたりまで押し上げ、直線に向くとうまく馬群を捌いて外から差してきた馬と併せる形で伸びたものの、半馬身及ばず2着となった。かなり大きく出遅れた時点でダメかと思ったら、馬群の中に入ってもヒルまずに良く伸びてきて、上々のレース内容だった。初勝利は近い。
A43i2493 A43i2650

【次週出走予定】
◆9/14(水)門別3R 2歳未勝利…シルエットロマン(黒澤愛)
◆9/14(水)門別7R 2歳5組…ベイビーガール(石川倭)
◆9/17(土)中山9R 白井特別…アップクォーク(戸崎)
◆9/18(日)阪神9R 能勢特別…ウェスタールンド(鮫島駿)
◆9/19(月)大井9R C1特選…ガーデンズキュー(未定)
◆9/19(月)大井11R レディースプレリュード…ララベル(真島)
◆9/19(月)盛岡10R FM岩手杯…ローカルロマン(未定)

| | コメント (2)

2016.09.09

アンティフォナの初仔がデビュー

出資馬の仔が募集されると基本的には申し込んでるけど、今まで5頭がデビューしてわずか1勝のみと、成績的には芳しくない。今週出走するグラドゥアーレは調教でもなかなかいい動きを見せていて、新馬勝ちの期待もできそう。

◆9/10(土)中山5R 2歳新馬…◎グラドゥアーレ(田辺)
かつて出資していたアンティフォナの初仔。社台サラブレッドクラブの馬だったのに、なぜかノーザンファームで繁殖入りしてシルクで募集された。そのお母さんはダート1000mで未勝利勝ちしたけど、脚部不安を抱えていて本来はダートよりも芝の方が向いていたはずで、今回の芝1600mでのデビューはいいレース選択に思える。すぐに2コーナーを向かえるコースなので最内枠を引いたのは好材料だし、追い切りでも1000万条件馬をアオる動きを見せて仕上がり良好で、初戦から力を出せそう。スタートさえ互角なら勝ち負けに持ち込める。

| | コメント (0)

2016.09.06

キャロットクラブ2016年募集馬申し込み

先週金曜日のキャロットクラブ1歳募集馬見学ツアーに参加したものの、前年に最優先申し込みで当選していたため、今年はまず希望馬は取れないだろうと諦めていて、あまり真剣に馬を見なかった。ところが今年から5口までの申し込み制限を加えたのが功を奏したのか、意外と一般申し込みでも高額馬に出資できるケースもありそうで、もっと各馬をしっかり見てくれば良かったと反省。ただ、今年はかなり気に入った馬がいたので、最優先申し込みはスンナリと決まった。

---------------------------------------------------------------------------
【最優先申し込み】
◎25 スプリングシーズンIIの15(牡 父:ステイゴールド)
カタログの時点で気に入った馬でも、DVDや測尺で減点が必要だったりツアーで実馬を見てもピンと来ないケースが多いけど、この馬は全てにおいて好印象で、文句なしに今回最優先で申し込む。過去、カタログ・DVD・ツアーの全てで気に入った馬はハープスターとルージュバックで、この馬にもオープン級の活躍を期待してしまう。特に馬の形とバランスの良さが理想的で、ツアーでも無駄な動作をせず堂々と立っていたのが好印象。複数口申し込む予定。
Img_1721

---------------------------------------------------------------------------
【一般申し込み】
△18 フェルミオンの15(メス 父:ノヴェリスト)
こちらはカタログの時点でかなり気に入ったものの、思いのほかサイズが小さいのが減点材料。出資馬ストレンジクォーク・アップクォークの妹で、こちらも順調に進めば良い走りを見せてくれそう。

◎35 カドリーユの15(メス 父:ダノンシャンティ)
母馬優先を持っているので、間違いなく出資が確定するはず。カタログの時点では特に関心がなかったけど、実馬を見ると可愛らしい馬だったので、せっかくだから申し込みたい。

○38 カサパサーの15(牡 父:シニスターミニスター)
こちらはお父さんがシニスターミニスターという新潟ダート専用の血統。馬のサイズからしてもダートで走ってくれそうだし、募集価格もお手頃で、なかなか楽しめるのでは。

◎75 ティフィンの15(牡 父:ヴァーミリアン)
これも母馬優先を持っている。お母さんは1勝馬、姉のルフナは未勝利に終わっていて、あまり期待できそうもないけど、今回は石坂厩舎というのがポイントで、牡馬の割に募集価格も安く、こちらもせっかくだから申し込んでみる。

○77 オーベルゲイドの15(メス 父:スズカマンボ)
社台・ノーザン系のクラブでは貴重なスズカマンボ産駒。メイショウマンボとサンビスタがG1勝ちしているように牝馬の方が走っているし、なかなか馬格がある馬で芝・ダート問わず面白そうなことから申し込みたい。かつて出資していたカルカソンヌの妹。
---------------------------------------------------------------------------

| | コメント (0)

2016.09.04

未勝利最終週で嬉しい勝ち上がり

ゴールドエフォートが未勝利最終週で勝ち上がってくれ、これで現3歳世代は17頭中10頭が勝利を挙げた(計16勝目)。あと2頭がスーパー未勝利戦への出走資格を持っていて、何とかラストチャンスをものにして欲しい。

◆9/03(土)小倉3R 2歳未勝利…△ウィッシュノート(北村友)→5着
428キロの小柄な馬体ながら前走から増減もなく、キビキビとパドックを周回していて力は出せるデキに見えた。今回もあまりゲートの出は良くなく、押して中団からの競馬に。ラチ沿いを通って今回はスムーズな競馬ができ、4コーナーでは馬群の外の4番手までポジションを押し上げ、直線に向いた頃には一旦3番手まで上がったものの、先に抜け出した2頭からは大きく水をあけられ、むしろこちらの方が脚色が鈍くなり5着に終わった。さすがに1000mでは距離が短い印象で、差しも決まりやすい阪神か京都のダート1400mを走らせてみたい。

◆9/03(土)新潟4R 3歳未勝利…△サインズストーム(▲木幡巧)→8着
チークピーシーズ着用。パドックではずっと厩務員さんの方に首を向けながら歩いているのが気になった。ゲートを出た直後に躓くロスがあっても、押してハナを奪いに行って注文通りに逃げる形に持ち込んだ。特に絡んでくる馬もなくスローペースに落とし、常に半馬身ほどのリードを取っての逃げに。向正面から3~4コーナーでも他馬に並ばれることもなく、先頭のまま直線に向くと、しばらくは粘っていたものの残り300m地点で外から交わされてしまい、そこからはバッタリと止まってしまい、2.5秒差の8着に敗れた。力を出し切っての結果だけにこの結果は仕方なし。もう出られるレースがなく、週明けにも引退が決まりそう。ただ、会員が少ないクラブなので地方転出と言い出しかねないのが怖い。

◆9/03(土)小倉6R 3歳未勝利…△デューズワイルズ(松山)→3着
一息入れても小倉までの輸送があったせいかマイナス2キロで馬体が増えていなかったし、いつもはキビキビとパドックを周回する馬が、今回は平凡な歩様をしていたのは気になった。珍しく好スタートを決めたものの、やはりいつものようにダッシュが鈍くて後方5番手から。1~2コーナーでうまく馬群の外に出せて追走はスムーズ。向正面に入ってからも少し気合いを付けただけでスッと上がっていき、3コーナーでは5番手くらいまで押し上げた。そこからもいい手応えのまま直線の入り口では先頭に並び掛け、これはついに勝ったかと思いきや、直線に入ってからは明らかに脚色が鈍って突き放されてしまい、なんとか3着は確保してゴールした。何も文句ない理想的な乗り方をしてくれただけに、この結果は仕方なし。スーパー未勝利戦での勝ち上がりを目指す。

◆9/03(土)新潟6R 3歳未勝利…▲ゴールドエフォート(デムーロ)→1着
連闘で再度新潟への輸送があっても4キロしか減らなかったし、いつも通りトモの踏み込みが力強く、全く疲れを感じさせないデキに見えた。ほぼ揃ったスタートを切り、いつものように控えて最後方から。3コーナーでは馬群の外を回して持ったまま徐々に先頭との差を詰め、直線に向いてから満を持して追われると、残り400mの地点では前がガラッとは開かず進路を探す形になり、残り200mではようやく前が開いて馬群の外から勢い良く差を詰めると、ゴール寸前で先頭に立って、10戦目にして嬉しい初勝利を挙げた。今まで常に5着前後に善戦はできても勝ち馬には水をあけられていたので、なかなか勝てそうな気がしなかったけど、ここに来てレース内容が良くなって勝ち上がりが叶った。今回の勝利は連闘でここへの出走を決めた田島調教師によるところが大きく、500万条件に昇級しても堅実な競馬ができるのでは。まとまった休みがなくここまで走ってくれたので、まずは疲れを癒やして欲しい。

◆9/03(土)小倉10R 玄海特別…▲ストロングタイタン(川田)→1着
この馬にしては珍しく、見るからにやる気に満ちた感じでパドックを周回し、歩様も非常にスムーズでパドックの時点で勝ち負けを確信できるほどの状態。まずまずのスタートを切り、持ったまま労せず3番手に付けた。1コーナーに入るまではスローでも、その後は淡々と流れる形に。前を行く2頭を見ながらガッチリと3番手をキープ。3コーナー手前からペースが速くなってもいい手応えのままいつでも動ける態勢で、直線に向くと全く労せずスッと先頭に立って、後続を寄せ付けず3馬身半のリードを付けて連勝を飾った。53キロとハンデは恵まれたとはいえ、昇級戦でこれだけ楽な競馬で勝てるのは大したもの。この馬はデビュー当時から体の使い方が非常に上手く、まだまだ上を目指せる器で今後が楽しみになった。

【次週出走予定】
◆9/09(金)園田7R C1…ハルカカナタ(未定)
◆9/10(土)中山5R 2歳新馬…グラドゥアーレ(田辺)

| | コメント (0)

2016.09.02

5着以内の確保が最低条件

この週末は土曜日に5頭がまとめて出走する。うち3歳未勝利に3頭が出走し、もう通常の未勝利は今週が最後となるので、最低でも5着以内は確保したい。

◆9/03(土)小倉3R 2歳未勝利…△ウィッシュノート(北村友)
前走は同じダート1000mであまり良いスタートを切れず、道中も下がってきた馬のアオリを受ける不利があって、それでも0.4秒差の3着だから、レース慣れが見込める今回はスムーズな競馬ができれば前進が見込める。ただ本質的にはスタートが速い方ではないので、今回はゲート後入れの偶数枠を引きたい。前走の走破時計はあまり褒められたものではないしメンバーレベルも高めで、そう強気にはなれない。

◆9/03(土)新潟4R 3歳未勝利…△サインズストーム(▲木幡巧)
ハナを切れれば5着・4着と渋太いレースができ、今回も何が何でも逃げの手に出る。メンバーを見渡すと意外なほど先行馬が少なく、これが通常の未勝利戦であればスンナリと逃げられそうだけど、未勝利最終週だけあって勝ちに行くために先行しそうな馬も出てくるだろうし、展開面は微妙なところ。3キロ減で乗れている木幡巧也騎手になったのは好材料で、前走入着馬もそう多くはなく、ハナさえ切れればスーパー未勝利の出走権は獲得できるのでは。

◆9/03(土)小倉6R 3歳未勝利…△デューズワイルズ(松山)
過去10戦して8回掲示板に載っているように堅実なレースはできても、スタートダッシュが非常に鈍い馬で、なかなか突き抜けるまでには至らない。メンバーを見渡しても持ち時計は最上位で、実力的には一枚上でも、小倉の小回りコースで後方から差し切るのは困難で、展開の助けが欲しい。ここはとりあえず5着以内に入ってスーパー未勝利の出走権を確保したいけど、掲示板を外すと出られるレースがなくなるので、ここはかなり力の入る一戦になる。前走後は一息入れられ、フレッシュな状態でレースに臨めるのはプラスのはず。

◆9/03(土)新潟6R 3歳未勝利…▲ゴールドエフォート(デムーロ)
先週の未勝利戦で2着後、連闘することになった。残り数少ない芝の未勝利戦の割にはメンバーレベルにも恵まれ、これはいいレース選択に思える。後方で控えないと脚を使えないタイプで非常に乗り方が難しいけど、新潟の芝1600mなら差し・追込が決まりやすいコースだし、デムーロ騎手に大幅鞍上強化できたのも歓迎材料で、スーパー未勝利戦はさすがに相手が強くなるので、ここで何とか決めたい。もちろんこちらも掲示板を外すと出られるレースがなくなってしまう。

◆9/03(土)小倉10R 玄海特別…▲ストロングタイタン(川田)
前走は早めに動いた分だけ着差はわずかだったけど、なかなか強い内容で500万特別を勝ってくれた。今回は2000mに距離延長となるけど、2走前に休み明けながら2着に好走しているので問題なく、中間の調教からますます状態が良くなっているようで、昇級初戦のここでも十分勝ち負けの期待が持てる。ただ、九州に台風が近づいている関係で天気が微妙で、馬場が渋るとあまり良くない。今のところの予報では雨は降らなそうだし、ハンデも53キロと恵まれたのでいい結果を期待したい。

| | コメント (0)

2016.09.01

ヴェルミオン引退

サンデーサラブレッドクラブ所属の地方馬ヴェルミオン(牡3歳:荒山厩舎)が、右前脚球節の関節症(全治1年)で、復帰しても再発の可能性が高いとのことで引退することになった。

昨年の7月に門別でデビューして新馬勝ち、続くオープン戦でも連勝を飾り、南関東の3歳クラシック路線に期待が高まる活躍ぶりだったのが、それ以降は善戦するか大敗するかの両極端なレース内容となり、南関東へ移籍しても8戦して勝ち星を挙げるには至らなかった。8月2日の前走で、短距離から中距離路線へと矛先を戻したところ、初の古馬相手に0.2秒差の3着と好走してようやく軌道に乗るかと思われたら、右前脚を故障してしまい、意外なほどの重症で現役復帰を断念することになった。的場騎手からA2までは行くと評されていただけに残念でならない。

Ke3a6077_2 Ke3a7456
Ke3a7231 A43i0747

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »