« 未勝利最終週で嬉しい勝ち上がり | トップページ | アンティフォナの初仔がデビュー »

2016.09.06

キャロットクラブ2016年募集馬申し込み

先週金曜日のキャロットクラブ1歳募集馬見学ツアーに参加したものの、前年に最優先申し込みで当選していたため、今年はまず希望馬は取れないだろうと諦めていて、あまり真剣に馬を見なかった。ところが今年から5口までの申し込み制限を加えたのが功を奏したのか、意外と一般申し込みでも高額馬に出資できるケースもありそうで、もっと各馬をしっかり見てくれば良かったと反省。ただ、今年はかなり気に入った馬がいたので、最優先申し込みはスンナリと決まった。

---------------------------------------------------------------------------
【最優先申し込み】
◎25 スプリングシーズンIIの15(牡 父:ステイゴールド)
カタログの時点で気に入った馬でも、DVDや測尺で減点が必要だったりツアーで実馬を見てもピンと来ないケースが多いけど、この馬は全てにおいて好印象で、文句なしに今回最優先で申し込む。過去、カタログ・DVD・ツアーの全てで気に入った馬はハープスターとルージュバックで、この馬にもオープン級の活躍を期待してしまう。特に馬の形とバランスの良さが理想的で、ツアーでも無駄な動作をせず堂々と立っていたのが好印象。複数口申し込む予定。
Img_1721

---------------------------------------------------------------------------
【一般申し込み】
△18 フェルミオンの15(メス 父:ノヴェリスト)
こちらはカタログの時点でかなり気に入ったものの、思いのほかサイズが小さいのが減点材料。出資馬ストレンジクォーク・アップクォークの妹で、こちらも順調に進めば良い走りを見せてくれそう。

◎35 カドリーユの15(メス 父:ダノンシャンティ)
母馬優先を持っているので、間違いなく出資が確定するはず。カタログの時点では特に関心がなかったけど、実馬を見ると可愛らしい馬だったので、せっかくだから申し込みたい。

○38 カサパサーの15(牡 父:シニスターミニスター)
こちらはお父さんがシニスターミニスターという新潟ダート専用の血統。馬のサイズからしてもダートで走ってくれそうだし、募集価格もお手頃で、なかなか楽しめるのでは。

◎75 ティフィンの15(牡 父:ヴァーミリアン)
これも母馬優先を持っている。お母さんは1勝馬、姉のルフナは未勝利に終わっていて、あまり期待できそうもないけど、今回は石坂厩舎というのがポイントで、牡馬の割に募集価格も安く、こちらもせっかくだから申し込んでみる。

○77 オーベルゲイドの15(メス 父:スズカマンボ)
社台・ノーザン系のクラブでは貴重なスズカマンボ産駒。メイショウマンボとサンビスタがG1勝ちしているように牝馬の方が走っているし、なかなか馬格がある馬で芝・ダート問わず面白そうなことから申し込みたい。かつて出資していたカルカソンヌの妹。
---------------------------------------------------------------------------

|

« 未勝利最終週で嬉しい勝ち上がり | トップページ | アンティフォナの初仔がデビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 未勝利最終週で嬉しい勝ち上がり | トップページ | アンティフォナの初仔がデビュー »