« 現2歳世代初のJRA勝ち上がり | トップページ | メドの立つ競馬でホッと一安心 »

2016.08.01

距離をマイルに戻してどこまで?

今年は地方馬が58戦して6勝(6-2-7-6-5-32)と振るわず、もうそろそろ上昇気流に乗りたい。

◆8/02(火)大井12R 盛夏特別…△ヴェルミオン(的場)
今春は短距離戦に矛先を変えたものの、あまり良い結果には結びつかずマイル~中距離に戻すことになった。ただ、距離云々というよりは、4コーナーまでは抜群の手応えでも直線に向いてサッパリ伸びないというレースぶりが災いしていて、気性面なのかまだ馬体が固まっていないからなのか原因が今ひとつ分からない。今回は古馬混合のC1戦となり、クラス好走歴のある馬も多くてメンバーレベルは高め。この馬も1200m戦で楽に先行できるだけのスピードはあるし、今回も前の方に位置しつつ的場さんの手腕でどれだけ気を抜かせず走らせるか、といった形になりそう。内枠でゴチャついて力を出せなかったこともあるので、距離損はあっても大外枠はプラスに働くのでは。今回も大敗を喫してしまうと迷走しそうなので、何とかメドの立つ競馬をして欲しい。

|

« 現2歳世代初のJRA勝ち上がり | トップページ | メドの立つ競馬でホッと一安心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現2歳世代初のJRA勝ち上がり | トップページ | メドの立つ競馬でホッと一安心 »