« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016.08.31

2歳にして現役続行の危機

ドライビングジョイは今後に尾を引きそうなかなりまずい負け方をしてしまい、現役続行の大ピンチ。

◆8/31(水)門別4R フレッシュチャレンジ…△シルエットロマン(黒澤)→3着
能検の時よりも14キロ絞れて558キロ。それでも2歳牝馬にしては相当な大きさ。3頭が出走を取り消して5頭立てに。少し立ち後れるようなスタートを切って後方から。スピードに乗ると馬群の中に突っ込んでいって3~4番手に位置し、コーナーでは走りづらそうにして前との差が開いてしまい、直線に向いてからはなかなかいい脚を使って大差抜け出していた先頭集団に4馬身差まで迫って3着となった。1着・2着馬は、その後に行われた1勝馬のクラスよりも早い時計だったので、この馬としては水準級の時計と言え、まずまずの内容。もっと距離があった方が良さそうだけど、直線の長い外回りの1700mが合っている。巨体ゆえにコーナリングが全然ダメで、小回りの水沢や園田ではとても走れなそうなことから、早めに50万円を稼ぎたい。

◆8/31(水)門別5R 2歳5組…△ドライビングジョイ(岩橋)→12着
馬体重の割に細く見える馬なので、4キロでも減ってしまったのはマイナス材料。飛び上がるようにゲートを出てしまい後方から。いかにもスピードが乗らず付いていくのが精一杯という格好で、何とか後方4番手に位置したものの、向正面の時点からムチが飛んでいた。3コーナーに入ったあたりから更に置かれはじめ、4コーナーでは最後方にまで下がってしまい、勝ち馬からは2.5秒差のシンガリ負けを喫した。今回も向正面の時点でレースを止めてしまい、距離や能力云々の問題ではなく、馬に走る気がないのが理由。こうなってしまうとどうしようもなく、あと5万円を稼ぐのは至難の業で、2歳にして現役続行に黄信号が灯ってしまった。

| | コメント (0)

2016.08.29

572キロの超大型2歳牝馬

現2歳世代で3頭目の地方馬がデビューする。門別は4月下旬~11月上旬と開催期間が半年ほどっしかないし、馬のレベルが高い割に賞金が安いのであまりメリットがなく、もうこりごり。

◆8/31(水)門別4R フレッシュチャレンジ…△シルエットロマン(黒澤)
今年最後のフレッシュチャレンジでデビューすることになった。2歳牝馬ながら能検の時に572キロあった規格外の超大型馬で、仕上げにここまで時間がかかってしまった。その能検ではスタートがもっさりしていたけど、スピードに乗ってからはなかなかいい走りをしていて、最終的にはまずまずの走破時計で合格しており、スタートであまり遅れなければ好勝負に持ち込めるのでは。ただ、これだけの超大型馬なのに、鞍上は現役ジョッキーで最少の黒澤愛斗騎手になり、うまく御せるかどうか心配になってしまう。もう門別開催も2ヶ月しかなく、モタモタしていると南関東転入に必要な50万円を稼げないまま開催終了となるので、初戦からいい結果を期待したい。

◆8/31(水)門別5R 2歳5組…△ドライビングジョイ(岩橋)
デビュー4戦目で今回は自己条件に回った。前走は出遅れたにも関わらず外からポジションを取りに行く強引な競馬で、向正面の時点でレースが終わってしまった。さすがにそれが実力だとは思わないし、未勝利を勝った時の走破時計が今回のメンバーに入っても見劣らないため、チャンスはあるはず。とはいえ、競馬新聞では短評も載らないほど扱いが軽くなってしまったし、クラブの情報もろくに更新されず、NF空港の預託料として毎月40万円近くかかるのに1着賞金が30万円では、全く盛り上がらず面白くもなんともない。

| | コメント (0)

2016.08.28

スーパー未勝利の出走権は確保

◆8/27(土)新潟6R 3歳未勝利…▲ゴールドエフォート(丸山)→2着
いつもパドックではよく見える馬だけど、今回もトモの踏み込みに力強さがあり、落ち着いてパドックを周回していて好気配。揃ったスタートを切り、労せず馬群の中団に付けられた。まずまずのペースで流れて位置取りとしては丁度いいところ。中団のまま3~4コーナーを回り、直線に向いてから追われて渋太い脚を使って伸びたものの、先に抜け脱した勝ち馬には2馬身近いリードを付けられて2着となった。もっと早く仕掛けても脚をなくしていただろうし、勝ち馬とは0.3秒差でよく頑張っている。スーパー未勝利の出走資格は確保できたので、ラストチャンスでの走りに期待したい。

◆8/27(土)札幌11R オールスターJ第2戦…×レッドルーファス(C・デムーロ)→10着
マイナス2キロの数字通りに馬体はキッチリと仕上がってる印象も、パドックではしきりに首を振りながら歩いていて落ち着きを欠いていた。首を上げてあまり良いスタートを切れず後方から。ラチ沿いに進路を取ったところ、1コーナーを入る時に狭くなって頭を上げるシーンも。その後もラチ沿いを進み、向正面では一旦中団まで上げたものの、3コーナーで進路を取れずまた後方に下がり、そこからもラチ沿いの経済コースを通しても脚が残っておらず10着に終わった。今回は行くところ行くところ前が塞がって運がなかった。広いコースならもっと走れるはず。

◆8/28(日)札幌2R 3歳未勝利(牝)…△クレスクント(川田)→13着
18キロ増でも太い印象は受けず。ややチャカつき加減にパドックを周回していた。少しだけ立ち後れるような形でゲートを出て、押して中団のインに位置した。向正面の時点で押っ付け加減で、3コーナーから懸命に追われつつ何とか差を広げられないように頑張っていたものの、直線に向いた頃には余力がなくなり、後退する一方で最下位に敗れた。思ったよりもいい位置は取れたけど、大型馬なのに最内枠を引いた時点で厳しい競馬を余儀なくされてしまった。器用さに欠けるので、こちらも広いコースならもっとやれるし、本来はダートよりも芝の方がいい。次走は一度使われて粘りは増すはずで、スーパー未勝利で何とか勝ち星を。

【次週出走予定】
◆8/31(水)門別4R 2歳5組…ドライビングジョイ(未定)
◆8/31(水)門別5R フレッシュチャレンジ…シルエットロマン(黒澤)
◆9/03(土)小倉3R 2歳未勝利…ウィッシュノート(北村友)
◆9/03(土)小倉6R 3歳未勝利…デューズワイルズ(未定)
◆9/03(土)小倉10R 玄海特別…ストロングタイタン(川田)
◆9/04(日)札幌12R 釧路湿原特別…ルヴァンカー(未定)

| | コメント (0)

2016.08.26

未勝利脱出の最後のチャンス

今週は地方馬が1着・2着・5着と好走し、ようやく地方の成績が上向いてきた。JRAは引き続き好調キープと行きたい。

◆8/27(土)新潟6R 3歳未勝利…▲ゴールドエフォート(丸山)
過去8戦していずれも入着級の競馬ができている。前走もいつも通り大勢が決した後に追い込んできたものの、勝ち馬とは0.3秒差と今までよりは小差だったし、走破時計も未勝利勝ちの水準に達していて、ここは入着以上の結果も期待できそう。2ヶ月半休ませた後の2戦目で上積みもありそうだし、メンバー構成を見てもほぼ前走の再戦で、展開次第では突き抜けもあり得る。ただ、前へ行けば伸びず後方待機だと届かずと、相変わらず仕掛け所の難しい馬で、あまり後ろ過ぎるとまた届かない可能性も。最低でも5着以内に入らないと出られるレースがなくなるけど、スーパー未勝利は芝のレースが少ないため、実質的にこのレースが未勝利脱出の最後のチャンスになりそう。

◆8/27(土)札幌11R オールスターJ第2戦…×レッドルーファス(C・デムーロ)
今年既に7戦していて疲れを癒やすため一息入れられ2ヶ月ぶりの出走となる。左回りの方が走れているし、特にここ3走は後方から追い込むレースを続けているため、小回りの札幌コースが合うかどうかも不安。ただ、函館で好走歴があるので力の要る洋芝は合うし、入れ込みやすい馬で滞在競馬はプラスのはずで、アテにはしづらいものの好走も期待できる。ワールドオールスタージョッキーズということで手当が厚く、実質的に賞金が1.5倍になるため、ここはいい結果を期待したい。

◆8/28(日)札幌2R 3歳未勝利(牝)…△クレスクント(川田)
今年1月に右の飛節を腫らしてしまい、その後もなかなか順調に回復せずここまで復帰が遅くなってしまった。7月に入ってから乗り運動で調整されたほどで、正味2ヶ月ほどしか載られていないことから仕上がり面に不安が残るし、もともとスタートダッシュがかなり鈍い馬なので、8ヶ月ぶりでどこまでやれるか心配。それでも近2走はダートで3着・4着と好走できていたことから、今の未勝利のメンバーなら実力は上位なのでは。札幌のダートコースなので、せめて中団には位置しないと厳しい。

| | コメント (0)

2016.08.25

グリーンファーム1歳出資馬

各クラブの1歳馬募集シーズンとなり、まずはグリーンファームで2頭申し込んでいずれも出資が確定した。東京サラブレッドクラブとターファイトクラブは今後出資しないつもりで、来週金曜のツアーに行くキャロットと、9月末に募集が始まるシルクの2クラブについては、例年通り数頭ずつ申し込む予定。今年はおそらく合計10頭前後の出資になりそう。

◆シークレットジプシー15(牡 父:ゴールドアリュール)栗東:高橋亮厩舎
お母さんが北米でダート短距離重賞を3勝した馬で、お父さんがゴールドアリュールとあっては、コテコテのダート血統。現段階で450キロあり、おそらくデビュー時には480キロにはなっているはずで、ちょうどいいサイズ。骨格がしっかりしていて、その割にまだ筋肉が付ききっていないのは、走るゴールドアリュール産駒によくあるパターン。ディープインパクト産駒の姉もダートで勝ち上がっているし、当然この馬もダートでの活躍を期待したい。
1514_000

◆マドモアゼルドパリ15(メス 父:クロフネ)栗東:松元茂樹厩舎
3歳上のお姉さんに秋華賞3着で賞金1億円以上を稼いだマキシマムドパリ(4歳)がいる血統。母父がサンデーサイレンスでお父さんがクロフネならダートもこなせそうだし、現時点でも470キロ・体高177cm・管囲20.0cmとサイズが大きいのも魅力で、しかも総額が1800万円(1口9万円)とお手頃なことから出資した。お母さんの現役時と同様、芝の1600m~2000mくらいが良さそうで、少なくとも初勝利を挙げるのにはあまり苦労しないのでは。
1515_000

| | コメント (0)

2016.08.24

小倉遠征も徒労に終わる

木曜日の門別から、金曜日には九州まで直接移動して小倉入りしたものの、残念ながらいい結果には結びつかず。やはりウェスタールンドは現地応援しない方が良さそう。

◆8/20(土)新潟1R 2歳未勝利…×ヴァニラエッセンス(丸田)→14着
前走より8キロ減って392キロ。見るからに細かったし、チャカつきながらパドックを周回していて、発走前から終わっていた。あまり褒められたスタートではなく、少し挟まれるような形で後退し、後方4番手でのレースに。ラチ沿いに位置して道中は動かずに控え、直線に向いてから馬群の外に出して追われても全く伸びが見られず、道中の位置取りどおりの14着に終わった。新潟コースは向いていないのもあるけど、それにしても馬体がもっと増えないとどうにもならない。

◆8/20(土)小倉10R 小郡特別…×ローカルロマン(山口勲)→16着
地元の佐賀で出走する時はいつもチャカつき気味にパドックを周回していたのに、今回は非常に落ち着いていたし歩様もキビキビとして好気配。ただし馬体は過去最少の422キロまで減ったのは気になった。揃ったスタートを決め、難なく先行できて一旦2番手に立ったものの、隣の馬が早かったので少し控える形で5番手集団の外に。3~4コーナーでは外を回された分だけポジションを悪くしてしまい、直線に向く頃には既に勝負圏外まで下がり、16着に終わった。かなり距離損が大きかったので、いっそハナを切らせたらもう少しいい結果になっていたはず。今回も抜群の先行力を見せてくれたし、佐賀に戻ればメンバーレベルも格段に下がるので、まだソコソコ走れるのでは。
A43i1874 A43i1930

◆8/20(土)小倉11R TVQ杯…○サンタエヴィータ(川田)→3着
この馬はパドックでの落ち着き具合が着順に直結するタイプで、今回は常にクビを厩務員さんの方に向けながら周回していたけど、気の悪さを見せることなく落ち着いてパドックを歩けていた。少し躓き加減にゲートを出てしまい、中団のやや後方からのレースに。馬群の内側に位置し、だいぶモマれ込む形になったので向正面では半ば諦め加減に。3コーナーではなかなか進路が取れず、4コーナーでバテた馬を交わすと3列目まで進出して直線で馬群の外に出すと、いい脚で差を詰めてきたものの、先に抜け出した勝ち馬には迫れず3着となった。今までは先行して好走してきたのが、今回はモマれまくって好走できたあたり、馬に成長が感じられる。こういうレースができるなら、もっと広いコースなら更に上位を狙えそう。
A43i1975 A43i2033

◆8/21(日)新潟3R 3歳未勝利…×サインズストーム(△木幡初)→4着
514キロと大柄なはずが細いくらいに見えたし、ややチャカつき加減でパドックを周回していた。揃ったスタートを切り、押して叩いてハナに立った。1馬身ほどリードを取っての逃げとなり、道中は特に絡まれることはなかったものの、常に1馬身差で息の入らない展開になり、4コーナーでムチが入って直線に向いてもしばらくは先頭で粘りつつも、残り200mの手前あたりで少し口向きが悪くなり、そこからは外から来た3頭に交わされて4着となった。逃げればなかなかいいレースができるし、優先出走権を確保できたのも大きい。例年メンバーレベルが低くなる中山1週目のスーパー未勝利戦に回れば勝機もありそう。

◆8/21(日)小倉10R 西部スポニチ賞…○ウェスタールンド(鮫島駿)→8着
3ヶ月ぶりでも馬体重が変わらず太め感はなかったし、いつも通り落ち着いてパドックを周回していて、力は出せる状態に見えた。揃ったスタートを切り、そのままスッと下げて最後方で1コーナーを回った。かなり縦長の展開になり、2コーナーの時点で少し押っ付け加減の追走になった。縦長の割にはペースが遅く、3コーナーに入ったあたりからジョッキーの手が激しく動き、それでも何とか4コーナーでは先頭から4馬身ほどに迫り、直線では外に出す余裕がなく馬群の中に突っ込んで差を詰めようとしたものの、伸びるどころか更に差が開いてしまい8着に終わった。いくら何でも位置取りが後ろすぎたけど、ジョッキーが控えたのではなく馬が進まなかった感じで、今なら1800mでは距離が短すぎるのかも。
A43i2294 A43i2461

◆8/21(日)新潟10R 阿賀野川特別…△シャクンタラー(戸崎)→6着
さらに10キロ増えて536キロに。それでも太い印象は全く受けず、肩の出は悪かったもののトモの踏み込みに力強さがあり、気配は良く見えた。揃ったスタートを切り、行かせずやや抑え加減で6~7番手あたりに位置した。2200m戦だけあって前半はスローな流れになり、3コーナーあたりからジョッキーの手が少し動いて5番手までポジションを押し上げ、直線に向くとちょっと前が塞がるシーンがありつつも、馬群がバラけてからはまずまずの脚を使って6着となった。切れる脚はないので新潟コース自体が向いていないし、古馬相手の2200m戦は条件的に厳しかったけど、それでも控える形で善戦はできたので、これなら秋華賞トライアルでも通用するのでは。

【次週出走予定】
◆8/25(木)園田9R たかさご万灯祭A2特別…レッドダニエル(下原理)
◆8/26(金)園田7R 3歳以上C1…ハルカカナタ(未定)
◆8/27(土)新潟6R 3歳未勝利…ゴールドエフォート(丸山)
◆8/27(土)札幌11R オールスターJ第2戦…レッドルーファス(未定)
◆8/28(日)札幌2R 3歳未勝利(牝)…クレスクント(川田)

| | コメント (0)

2016.08.20

久しぶりに小倉で口取りを

ウェスタールンド、現地応援すると勝ったことがないのに、行けない時に限って3戦3勝という相性の悪さが困りもの。

◆8/20(土)新潟1R 2歳未勝利…×ヴァニラエッセンス(丸田)
前走は1400m戦に出走し、後方のまま伸びることなく14着だった。もっと距離があった方が良さそうで、1600m戦の今回はもう少しレースはしやすくなるはず。ただ、400キロの小柄な馬体で、この中間も馬体は増えていないとのことで、あまり上積みはなさそう。上がりのスピードを求められる新潟コースも向いているとは思えず、今回も厳しそう。

◆8/20(土)小倉10R 小郡特別…×ローカルロマン(山口勲)
JRAの芝1200m戦に再び出走することになった。タイムオーバー級の大敗を覚悟していたら、意外にもちゃんとレースに参加できていたし、余計なところで控えなければもっとやれたはず。今回はしっかりと先行させるレースができそうだし、鞍上も乗り慣れた山口勲騎手に戻るのも好材料。とはいえJRAの芝で勝ち負けできるほどのスピードはなく、なんとか賞金の出る8着以内に入るようなレースを期待したい。

◆8/20(土)小倉11R TVQ杯…○サンタエヴィータ(川田)
2番手から積極的なレースをして、準オープンでも好走していた勝ち馬には及ばなかったものの2着を確保した。自分の形に持ち込めれば渋太いレースができ、乗り慣れた川田騎手に戻ってここも上位争いができそう。ただ、前へ行きたい馬が多くて内めの5番枠を引いたのでモマれる心配があるのと、ハンデ戦で各馬差のないレースになる点がどうか。来年の3月には引退が控えているため、それまでに何とかもう一つ勝たせたい。

◆8/21(日)新潟3R 3歳未勝利…×サインズストーム(△木幡初)
2走前は積極的に2番手で競馬をさせて5着、前走は控えて良いところなく10着。今回は何が何でもハナを切らせるそうで、仮に逃げられなくてもこの馬より外には先行馬がいないため、ゲートさえマトモなら注文通りスムーズな競馬ができそう。ただ、その5着の時も時計的には全く褒められるものではなく、未勝利を卒業するためにはまだかなり時計を縮める必要がある。今回が5戦目で、スーパー未勝利戦への出走資格はあるため、ここは後先を考えず徹底先行して欲しい。

◆8/21(日)小倉10R 西部スポニチ賞…○ウェスタールンド(鮫島駿)
後方から差す競馬が完全に板に付き、準オープンに昇級してからも連続して差のない5着に好走した。1000万条件に降級すれば大威張りの存在になるはずが、今回は11頭立てと少頭数でも非常にレベルの高いメンバー構成になってしまい、上位争いは確約できても頭までは展開の助けが必要か。3ヶ月ぶりでもこの小倉開催を目標にされていたので状態は良好だし、後方からレースを進める馬で11頭立ては好材料で、最低でも3着以内に入って優先出走権は確保しておきたい。

◆8/21(日)新潟10R 阿賀野川特別…△シャクンタラー(戸崎)
前走は初の古馬との対戦ながら、ハナを切ってそのまま逃げ切って2勝目を挙げた。それはそれで評価できる内容だったものの、メンバーレベルがかなり低かったのも事実で、今回は重賞や準オープンでの実績馬も出走してきているし、15頭立ての多頭数になり、どのようにレースを進めるか難しくなった。狙いは次走の秋華賞トライアルなので、ここは着順よりも今後に繋がる競馬をして欲しい。そういう意味ではハナには立たず控える競馬が良さそう。

| | コメント (0)

2016.08.19

見せ場も作れずシンガリ負け

門別まで応援に行ったのに、なんの見せ場もないままシンガリ負けを喫するのはさすがに落ち込んでしまう。

◆8/18(木)門別6R アタックチャレンジ…▲ドライビングジョイ(岩橋)→9着
デビュー戦当時に比べると馬の形が良くなっていて成長は感じたものの、相変わらずトモが小さいし、この日は毛艶が冴えず状態面には一抹の不安が残った。ゲートをもっさりと出てしまい、押して5番手の外のポジションを取りに行った。砂は被らなくてもかなり馬群の外を回される格好で、向正面に入った時点で既に手応えが怪しくなって追走に苦労していた。3コーナー手前からムチが飛んだものの徐々に後退してしまい、直線に向く頃には完全に余力がなく、シンガリ負けを喫した。ジョッキーの乗り方もあまり褒められたものではなかったけれど、それにしても見せ場のかけらもないレース内容にガッカリ。向正面の時点で止まっていることから、距離云々ではなさそうなのも頭が痛い。
A43i1615 A43i1683 A43i1713

| | コメント (0)

2016.08.18

南関東移籍まであと5万円

この日はターファイトクラブのシルエットロマンという、昭和の歌謡曲みたいな名前の2歳馬も門別でデビューを予定していて、2頭出走するならば現地応援しようと移動の手配をしたところ、何の情報更新もないまま出馬表に名前がなく翌週にデビューが延期された。ハシゴを外された格好でドライビングジョイの応援をすることに。

◆8/18(木)門別6R アタックチャレンジ…▲ドライビングジョイ(岩橋)
デビューから3戦目、今回はJRA認定戦への出走となる。前走はモマれながらも馬群の内を突いて伸びるという、味なレースぶりで初勝利を挙げた。1200m戦では前へ行けないことから今回は1700mに距離延長され、初距離になる点がどうか。この中間もソエが出かかったそうで順調さを欠き、あまり強気にはなれない。アタックチャレンジ(認定未勝利戦)への出走はこれが最後となるので、ここはなんとか良い結果を。モマれにくい大外枠を引いたのはプラスだし、4着以内に入って南関東への移籍に必要な賞金(5万円)を稼いでおきたい。

| | コメント (0)

2016.08.17

久々に見せ場を作る

ほぼ1年ぶりに見せ場十分のレースができ、まだまだ頑張ってくれそう。

◆8/16(火)大井11R 立秋特別…◎ガーデンズキュー(真島)→4着
雨が強くてパドックには近づけず。プラス10キロでも太くは見えず、いつもに比べると落ち着いてパドックを周回していた。ただ、雨が強かったせいか歩幅が小さかったのは気になった。ほぼ揃ったスタートを切り、6番手の外に位置した。9頭立てのわりには縦長の展開になり、向正面までは隊列が変わることもなくスムーズな追走。3コーナーの手前で早くも外から並び掛けられ、被されないように仕掛けて4コーナーに入る頃には2番手まで上がり、直線に向いたところで一気に先頭に並び掛けて一旦は抜け出したものの、3コーナーから脚を使ったせいか残り200m地点で脚色が鈍ってしまい、ゴール前で一度交わした馬にも差し返されて4着となった。もし3コーナーで動かなかったらおそらく着外になっていたし、終いで脚が鈍ったのは休み明けの分もあったはず。久しぶりに見せ場を作れたし、次走は良馬場なら引き続き上位争いできる。
A43i1481

| | コメント (0)

2016.08.15

1年3ヶ月ぶりの勝利へ

モマれると耳を絞ってレースを止めてしまう悪癖があり、かなり乗り難しいガーデンズキュー。でも今回は久しぶりに好走条件が揃い、期待が高まる。

◆8/16(火)大井11R 立秋特別…◎ガーデンズキュー(真島)
登録の段階ではかなり骨っぽい馬ばかり揃っていたのが、ふたを開けてみれば9頭立てと少頭数になり、これといって抜けた馬が見当たらない混戦模様のレース。4ヶ月ぶりになるものの、特にどこか馬体を傷めたわけではなく、途中でレースを止めてしまうことが続いたためリフレッシュ放牧されてのもの。放牧先の山元トレセンでは坂路調教で鍛えられたようだし、帰厩してからの動きも良く、いい状態でレースを迎えられそう。この馬は2ヶ月以上のレース間隔が開くと1着・1着・2着(ホントは1着)と抜群の成績で、しかも久々に真島騎手に乗ってもらえることから、ここは1年3ヶ月ぶりの勝利の期待がかかる。外めの7番枠を引いたのも好材料。ただ、台風が近づいていることから、重馬場以上に悪化してしまうと大幅に減点が必要。

| | コメント (0)

2016.08.14

小柄でも根性が光る3着

未勝利戦で2着が2回あったレンベルガーが先週引退し、前走2着だったアーリードライヴが10着と大敗してしまい、おそらく引退となりそう。現3歳世代は4頭が引退済みで、残る未勝利馬は4頭に。

◆8/13(土)小倉5R 2歳新馬…△ウィッシュノート(北村友)→3着
428キロと小柄でも、バランスのとれたいい体つきをしていたし、無駄な動作をせずデビュー戦としては非常にいい雰囲気。あまり良いスタートではなく、押して中団のやや前に付けた。逃げ馬が躓いたのを避けるため手綱を引っ張るロスがあり、3コーナーの入り口では中団まで下がり、そこからラチ沿いを走らせつつ直線に向いて外に出すと、なかなかいい伸び脚で3着まで押し上げた。砂を被ってもヒルまない根性があるし、成長して体が大きくなればさらにいい走りを見せてくれそうで楽しみになった。

◆8/14(日)小倉3R 3歳未勝利…△アーリードライヴ(中谷)→10着
小倉競馬場に滞在して6キロ増えたのは好材料。ただパドックでは終始チャカついていて前走ほどの気配には見えなかった。揃ったスタートを切り、押して先行させて5~6番手に付けた。3コーナーに入ったあたりから外に膨れそうになるのを矯正するのに一杯で徐々に後退しはじめ、4コーナーから直線に向いた時には既に勝負圏外まで下がってしまった。直線ではバテずに走ったものの、勝ち馬からは1.8秒差の10着に大敗した。そうモマれたわけでもないのに気難しい面を出してしまい、残念ながら小倉開催中にもう1回使うのは無理そうで、引退することになるはず。先行力があるため地方で2勝を挙げるのは容易だろうけど、JRAの500万条件では家賃が高い。

◆8/14(日)小倉9R 筑後川特別…△ノーブルソニック(鮫島駿)→6着
ここのところ馬体重が減っていたので、プラス12キロと昨年好走していた時期と同じくらいまで戻したのは好材料。わりとパドックでは良く見せるタイプだけど、トモの踏み込みが力強くて気配は良さそうに見えた。ほぼ揃ったスタートを切り、持ったままスッと下げて最後方からの競馬に。少頭数だったこともあってあまりペースは上がらず、向正面でも最後方のままじっとしていた。3コーナーからはラチ沿いを進んで徐々に追撃を開始し、4コーナーから直線に入っても馬群の外に出すほどの余裕がなく、内に入れてジリジリとは伸びても、先頭に迫るほどの勢いはなく6着止まり。ここのところ芝のレースでは頭打ちで、今ならダートの方がいいのかも。

【次週出走予定】
◆8/16(火)大井11R 立秋特別…ガーデンズキュー(真島)
◆8/17(水)園田7R 3歳以上C1…ハルカカナタ(未定)
◆8/18(木)門別5R フレッシュチャレンジ…シルエットロマン(未定)
◆8/18(木)門別6R アタックチャレンジ…ドライビングジョイ(未定)
◆8/20(土)新潟1R 2歳未勝利…ヴァニラエッセンス(未定)
◆8/20(土)小倉10R 小郡特別…ローカルロマン(山口勲)
◆8/20(土)小倉11R TVQ杯…サンタエヴィータ(川田)
◆8/21(日)新潟3R 3歳未勝利…サインズストーム(未定)
◆8/21(日)小倉10R 西部スポニチ賞…ウェスタールンド(鮫島駿)
◆8/21(日)新潟10R 阿賀野川特別…シャクンタラー(戸崎)

| | コメント (0)

2016.08.13

展開次第では入着以上も

今週は小倉で3頭が出走する。いずれも上位争いのチャンスはありそうで、あとは展開の助けがあれば入着以上もあり得る。

◆8/13(土)小倉5R 2歳新馬…△ウィッシュノート(北村友)
ゴールドアリュール産駒の牝馬で、ダートでの活躍を期待して出資した。ただ、出資当時から馬体があまり大きくならず、おそらく430キロほどでの出走になりそう。小柄なゴールドアリュール産駒はあまり走っていないのがどう出るか。調教ではオープン馬に食らいつく動きを見せて仕上がりは良好。ゲートの出があまり良くないようで、しかも最内枠を引いてしまったことから、スタートで後手を踏んでしまうとモマれ込んで力を出せないおそれも。マトモならソコソコはやれそうだけど、全てはスタート次第。

◆8/14(日)小倉3R 3歳未勝利…△アーリードライヴ(中谷)
前走はラチ沿いの経済コースを通ったとはいえ、かなり骨っぽいメンバーを相手に2着と好走した。1200mでも楽に追走できたことから、1000mへの距離短縮も問題なさそう。この馬は良馬場なら全て掲示板内に好走しており、今週末は間違いなく良馬場でレースを迎えられそうで、今回も入着以上の期待が高まる。もちろん勝つに越したことはない。やや外めの偶数番を引きたい。今回が7戦目となり、もう後がないので5着以内が最低条件になる。

◆8/14(日)小倉9R 筑後川特別…△ノーブルソニック(鮫島駿)
一息入れて2ヶ月半ぶりの出走となる。芝・ダートの条件を問わず、いつもダッシュが付かなくて後方からの競馬を余儀なくされ、終いで差を詰める戦法を余儀なくされる。今回は10頭立ての少頭数になって馬群を捌きやすくなったのはプラスだし、小倉は未勝利を勝った舞台で相性が良く、展開次第では上位に浮上できるかも。先週の予定を1週間延期して更に状態が良くなっているようだし、ここは鞍上の手腕に期待したい。

| | コメント (0)

2016.08.07

ハナ差しのいで2勝目を挙げる

ダートでの活躍を期待したストロングタイタン、芝で2勝目を挙げてくれ今後が楽しみに。

◆8/07(日)小倉7R 3歳未勝利…△レンベルガー(川須)→10着
8キロ減の410キロと、過去最少馬体重になってしまったのは誤算。動作はキビキビとしていても、トモがあまり伸びずにチョコチョコした歩きになっているのは気になった。あまり良いスタートではなく、挟まれる形で後方5番手から。平均的な流れになり、道中は隊列が変わることなく、この馬も後方5番手をキープしながら3コーナーを回り、4コーナーで馬群の一番外に持ち出しつつ追い出すと、直線でもこれといった伸びが見られず10着に終わった。4コーナーの半ばを過ぎるまでずっと抑えたままで、さすがに仕掛けが遅すぎる印象。とはいえそれにしても伸びなかったあたり、2000mの距離は合わずもっと短い方がいいのかも。入着できず、あとはダートで1戦できるかどうか。

◆8/07(日)小倉9R 足立山特別…◎ストロングタイタン(ホワイト)→1着
もともとパドックはゆったりと周回する馬だけど、それにしてもこの日は気合い不足で歩様にも力強さがなく、パドックだけ見ると不安が先に立つ状態。揃ったスタートを切り、少し気合いを入れて2番手に付けた。逃げ馬が後続を5馬身ほど引き離し、この馬が実質的に馬群を先導する形に。3コーナーから押して逃げ馬を捕まえに行くと、4コーナーの残り400m地点で早くも先頭に立ち、直線に向いて後続に2馬身の差を付けたものの、後続馬にジリジリと差を詰められ、何とかハナ差しのいで2勝目を挙げた。ちょうど各馬の目標になってしまい、着差はわずかでも先頭を譲らなかったのは大したもの。トビが大きくて綺麗な馬なので、もっと広いコースで更に良さが出そう。

【次週出走予定】
◆8/10(水)門別2R 2歳未勝利…ベイビーガール(未定)
◆8/13(土)小倉5R 2歳新馬…ウィッシュノート(北村友)
◆8/14(日)小倉3R 3歳未勝利…アーリードライヴ(中谷)
◆8/14(日)小倉9R 筑後川特別…ノーブルソニック(未定)

| | コメント (0)

2016.08.06

未勝利勝ちの舞台で2勝目を

今週は4頭出走予定だったのが、土曜を予定していた2頭が調子が上がらず回避して2頭の出走に。

◆8/07(日)小倉7R 3歳未勝利…△レンベルガー(川須)
前走は重馬場の中を先行させ、直線バテて15着に大敗した。勝ちに行ってのもので度外視できるし、今回は良馬場でレースを迎えられるのでいつも通り後方から差す競馬をすることになりそう。前走を除けば入着圏内の勝負はできていて、今回も流れが向けば上位争いは可能。小倉の小回りで直線一気は難しく、道中のどこかで動いて押し切る競馬ができれば。既に7戦してこのままではスーパー未勝利の出走資格がないため、5着以内は最低条件になる。

◆8/07(日)小倉9R 足立山特別…◎ストロングタイタン(ホワイト)
前走は8ヶ月ぶりながらクビ差の惜しい2着。直線の入り口でちょっとモタついてしまったのが響き、使われての上積みは大きい。馬体重こそほどんど変わらなくても馬体・歩様ともに成長が感じられたし、11頭立てと少頭数に落ち着いたこともあり、ここは安心して見ていられるのでは。昨年未勝利戦を勝った時と全く同じコースなのもプラスで、ここは確実に2勝目を挙げたい。

| | コメント (0)

2016.08.05

ララベルのきょうだい5頭を見学

ララベルをはじめとしたブリージーウッズの現役産駒5きょうだいが、いずれも社台ファームに滞在しているため5頭まとめて見学してきました。同時にノーザンファーム空港にいるオルファンも見学したら、これが見違えるように良くなっていて俄然楽しみになってきた。

◆ブリージーストーム(牡5歳 父ゴールドアリュール)
もともとどこかを傷めて放牧されたわけではなく、リフレッシュが主目的。570キロのド迫力の馬体は相変わらずで、骨格も含めて全体的にデカい。もともと落ち着きのある馬で、今までと全く変わった様子もなく元気そう。まだ移動して1ヶ月半しか経っていないし、急かせず暑さが落ち着いてからの帰厩になりそう。
Photo

◆ララベル(メス4歳 父ゴールドアリュール)
5月中旬に社台ファームへ移動してから、なかなか調子が上がってこないとの話だったけど、7月に入ってからガラリと状態が良くなったそう。太過ぎず仕上がり過ぎず、いくぶん余裕のある理想的な状態。9/19のレディースプレリュード(大井)で復帰予定なので、今月中旬くらいには帰厩するスケジュール。この様子ならかなり楽しみ。
Photo_2

◆ブレッザフレスカ(メス3歳 父マンハッタンカフェ)
もともと右トモが弱い馬で、6月に左トモを傷めて社台ファームへ放牧された。ハッキリとした怪我ではないようだけど、左トモの方が歩様に力強さがなく、まだしばらくは時間がかかりそうな雰囲気。焦っても仕方がないので、ここは良くなるのをじっくりと待ちたい。
Fresca

◆ブリージーウッズ14(メス2歳 父ゼンノロブロイ)
2歳馬ながらまだ名前が決まっていない。3月に見学した時と比べると全体的にボリュームアップして、だいぶ見栄えのする馬体になってきた。まだ気性面の成長が欲しいそうで、こちらも入厩はもうしばらく先になりそう。見学中は特にうるさい面も見せずピシッと立っていたし、もう14~15秒ペースでは乗られていることから、入厩できればデビューまで順調に進みそう。
Breezy14

◆ブリージーウッズ15(メス1歳 父ヴィクトワールピサ)
1歳馬ながらスラッとして均整の取れた馬体が目立ち、非常にいい雰囲気。これから人を乗せて鍛えられたらどのように成長するか楽しみでならない。1歳馬ながら落ち着きがあり、無駄な仕草もとくになくいい姿勢で立っているのもポイント高し。現在は440キロほどだそうで、500キロくらいまで増えればパワーで圧倒できるのでは。
15
A43i0950

◆オルファン(メス2歳 父ステイゴールド、母オリエンタルアート)
こちらはブリージーウッズの産駒ではなく、ドリームジャーニー・オルフェーヴルの全妹。1歳の募集当時から小柄なままで、400キロからなかなか馬体が増えなかったのが、2歳の夏になってようやく身が入り始めて440キロまで増えてきた。もともと飼い葉喰いはいい馬だそうで、乗られながら増えてきたのは何より。今年の3月に見学した時は耳を絞って威嚇され、とても近づけずに写真もロクに撮れなかったのが、今回は落ち着いていたし、何よりも馬体の張りと毛艶が素晴らしく良くなり、馬体のバランスも良好で、これは俄然楽しみになってきた。まだしばらくは牧場で鍛えられるそうで、早ければ12月のデビューだとか。
Orfin

| | コメント (13)

2016.08.02

メドの立つ競馬でホッと一安心

◆8/02(火)大井12R 盛夏特別…△ヴェルミオン(的場)→3着
パドックに入ってきた当初はトボトボと覇気がなく歩いていたのでどうなるかと思いきや、周回を重ねるごとに歩様が力強くなったし、今回は504キロなりに馬体が大きく見え、状態は良さそうだった。揃ったスタートを切り、大外枠から先行させつつ1コーナーの入りでは控えて5番手に位置した。2コーナーまでは掛かり加減で、向正面に入ると内と外の両方から進出する馬がいて、3コーナーに入るあたりでは馬群にモマれる形になって嫌な予感がしたけど、いい手応えのまま4コーナーを回り、直線で大外に出すとジワジワと伸びてきて、先に抜け出した2頭には及ばず3着となった。大外枠からの距離損があったし、モマれる競馬をしながら最後まで伸びてきたあたりは成長が伺え、古馬混合でこれだけ走れるなら今後も楽しみになった。次走は体調に問題ないようなら黒潮盃に向かうとのことで、この馬にもチャンスはありそう。
A43i0747 A43i0869 A43i0883

| | コメント (0)

2016.08.01

距離をマイルに戻してどこまで?

今年は地方馬が58戦して6勝(6-2-7-6-5-32)と振るわず、もうそろそろ上昇気流に乗りたい。

◆8/02(火)大井12R 盛夏特別…△ヴェルミオン(的場)
今春は短距離戦に矛先を変えたものの、あまり良い結果には結びつかずマイル~中距離に戻すことになった。ただ、距離云々というよりは、4コーナーまでは抜群の手応えでも直線に向いてサッパリ伸びないというレースぶりが災いしていて、気性面なのかまだ馬体が固まっていないからなのか原因が今ひとつ分からない。今回は古馬混合のC1戦となり、クラス好走歴のある馬も多くてメンバーレベルは高め。この馬も1200m戦で楽に先行できるだけのスピードはあるし、今回も前の方に位置しつつ的場さんの手腕でどれだけ気を抜かせず走らせるか、といった形になりそう。内枠でゴチャついて力を出せなかったこともあるので、距離損はあっても大外枠はプラスに働くのでは。今回も大敗を喫してしまうと迷走しそうなので、何とかメドの立つ競馬をして欲しい。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »