« 572キロの超大型2歳牝馬 | トップページ | ヴェルミオン引退 »

2016.08.31

2歳にして現役続行の危機

ドライビングジョイは今後に尾を引きそうなかなりまずい負け方をしてしまい、現役続行の大ピンチ。

◆8/31(水)門別4R フレッシュチャレンジ…△シルエットロマン(黒澤)→3着
能検の時よりも14キロ絞れて558キロ。それでも2歳牝馬にしては相当な大きさ。3頭が出走を取り消して5頭立てに。少し立ち後れるようなスタートを切って後方から。スピードに乗ると馬群の中に突っ込んでいって3~4番手に位置し、コーナーでは走りづらそうにして前との差が開いてしまい、直線に向いてからはなかなかいい脚を使って大差抜け出していた先頭集団に4馬身差まで迫って3着となった。1着・2着馬は、その後に行われた1勝馬のクラスよりも早い時計だったので、この馬としては水準級の時計と言え、まずまずの内容。もっと距離があった方が良さそうだけど、直線の長い外回りの1700mが合っている。巨体ゆえにコーナリングが全然ダメで、小回りの水沢や園田ではとても走れなそうなことから、早めに50万円を稼ぎたい。

◆8/31(水)門別5R 2歳5組…△ドライビングジョイ(岩橋)→12着
馬体重の割に細く見える馬なので、4キロでも減ってしまったのはマイナス材料。飛び上がるようにゲートを出てしまい後方から。いかにもスピードが乗らず付いていくのが精一杯という格好で、何とか後方4番手に位置したものの、向正面の時点からムチが飛んでいた。3コーナーに入ったあたりから更に置かれはじめ、4コーナーでは最後方にまで下がってしまい、勝ち馬からは2.5秒差のシンガリ負けを喫した。今回も向正面の時点でレースを止めてしまい、距離や能力云々の問題ではなく、馬に走る気がないのが理由。こうなってしまうとどうしようもなく、あと5万円を稼ぐのは至難の業で、2歳にして現役続行に黄信号が灯ってしまった。

|

« 572キロの超大型2歳牝馬 | トップページ | ヴェルミオン引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 572キロの超大型2歳牝馬 | トップページ | ヴェルミオン引退 »