« 小柄でも根性が光る3着 | トップページ | 久々に見せ場を作る »

2016.08.15

1年3ヶ月ぶりの勝利へ

モマれると耳を絞ってレースを止めてしまう悪癖があり、かなり乗り難しいガーデンズキュー。でも今回は久しぶりに好走条件が揃い、期待が高まる。

◆8/16(火)大井11R 立秋特別…◎ガーデンズキュー(真島)
登録の段階ではかなり骨っぽい馬ばかり揃っていたのが、ふたを開けてみれば9頭立てと少頭数になり、これといって抜けた馬が見当たらない混戦模様のレース。4ヶ月ぶりになるものの、特にどこか馬体を傷めたわけではなく、途中でレースを止めてしまうことが続いたためリフレッシュ放牧されてのもの。放牧先の山元トレセンでは坂路調教で鍛えられたようだし、帰厩してからの動きも良く、いい状態でレースを迎えられそう。この馬は2ヶ月以上のレース間隔が開くと1着・1着・2着(ホントは1着)と抜群の成績で、しかも久々に真島騎手に乗ってもらえることから、ここは1年3ヶ月ぶりの勝利の期待がかかる。外めの7番枠を引いたのも好材料。ただ、台風が近づいていることから、重馬場以上に悪化してしまうと大幅に減点が必要。

|

« 小柄でも根性が光る3着 | トップページ | 久々に見せ場を作る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小柄でも根性が光る3着 | トップページ | 久々に見せ場を作る »