« 8ヶ月ぶりの復帰戦 | トップページ | デメリットだらけのノーザンファーム地方馬 »

2016.07.18

芝でも上々の走り

ストロングタイタンは芝でもメドの立つ2着で、ほぼ諦め掛けてたサインズストームも距離延長で見所があっり、未勝利脱出の可能性も出てきた。

◆7/16(土)中京8R 3歳上500万下…○ストロングタイタン(ホワイト)→2着
8ヶ月ぶりでも全く太い印象はなく、メリハリの付いた馬体で歩様も力強く好気配。ほぼ揃ったスタートを切り、ハナに立ちそうなところを抑えて4番手に控えた。道中はスローな流れに落ち着いてちょうどいい位置取り。向正面でも折り合って4番手をキープし、3~4コーナーでは外から進出してきた馬に被される形で馬群の中に入ってしまったのが誤算。直線では馬群を割るのに少し手間取っているうちに、最内を突いた馬が先に抜け出し、懸命に差を詰めたもののクビ差及ばず惜しい2着となった。芝の新馬戦で勝ったのがまぐれではなかったことを証明できたし、好内容で2勝目はすぐ。

◆7/17(日)福島3R 3歳未勝利…×サインズストーム(▲木幡初)→5着
少し落ち着きのない面を見せていたものの、522キロの割には馬体がスッキリしていて力を出せる状態に見えた。好スタートを切って押してハナに立ち掛けたら、最内の馬が譲らず2頭で競り合って後続を大きく引き離す形に。向正面に入るあたりで半馬身ほど控え、3コーナーに入ったあたりで後続に追いつかれたものの懸命に抵抗して2番手をキープしたまま直線に向くと、すぐに外から来た馬に交わされたものの、懸命に粘って5着を死守した。距離延長で先行できたのが収穫だし、前半でかなり競り合ったわりに粘りも上々で、もう少しスムーズな先行ができれば更に前進できそうで、次走に楽しみが持てそう。

◆7/17(日)函館10R 渡島特別…×ルヴァンカー(藤岡佑)→11着
馬体そのものは一連のデキをキープしているように見えたけど、この馬にしては珍しくチャカつきながらパドックを周回していた。揃ったスタートを切り、ハナに立ち掛けたものの抑えて4番手に控えた。1~2コーナーで他の馬に外から交わされて砂を被るとズルズル後退し始め、3コーナーでは最後方まで下がってしまった。離れた最後方から直線で馬群の外に出すと、少しだけ盛り返す脚は見せて11着となった。ジョッキーは最初から控えるレースをするつもりだったようだけど、今回はいいスタートを切って行こうと思えば楽に逃げられたのに、わざわざ抑えるのもいかがなものか。

【次週出走予定】
◆7/21(木)門別1R 2歳未勝利…ドライビングジョイ(未定)
◆7/24(日)中京3R 3歳未勝利…アーリードライヴ(未定)
◆7/24(日)函館10R 松前特別…ルヴァンカー(未定)
◆7/24(日)中京10R 香嵐渓特別…アナザーバージョン(ルメール)

|

« 8ヶ月ぶりの復帰戦 | トップページ | デメリットだらけのノーザンファーム地方馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8ヶ月ぶりの復帰戦 | トップページ | デメリットだらけのノーザンファーム地方馬 »