« デメリットだらけのノーザンファーム地方馬 | トップページ | 中京競馬場での口取りなるか? »

2016.07.22

レース内容が格段に良くなっての初勝利

臨戦過程は不満だらけでも、初勝利を挙げられたのは関係者の尽力のたまもので感謝したい。レース内容も前走に比べて格段に良くなって一安心。

◆7/21(木)門別1R 2歳未勝利…▲ドライビングジョイ(岩橋)→1着
リアルタイムではレースを観戦できなかったので、パドックでの気配は不明。マイナス2キロで大きくは減らずに出走できたので、前走のダメージは特になかったのでは。ほぼ揃ったスタートを切り、押してもハナに立つほどの勢いはなく3~4番手に位置した。外から被されて馬群の中に入る苦しい形になり、3コーナーに入ったあたりから鞍上の手が動き始め、馬群の内に閉じ込められて負けを覚悟した。ところが4コーナーからはインを回ってコーナーワークで2番手に上がり、直線も最内からジリジリと伸びて3頭の叩き合いとなって残り100m地点で先頭に立つと、クビ差リードをキープして初勝利を挙げた。前走で厳しいレースを経験したことが生きて、今回は砂を被っても嫌がる様子はなかったし、馬群の内でモマれながらもしっかり差し切ったのは大したもの。次走はJRA認定競走のアタックチャレンジに向かうそうなので、南関東への移籍に必要な5万円を稼ぐだけでなく、せっかくなので認定勝ちもしておきたい。

|

« デメリットだらけのノーザンファーム地方馬 | トップページ | 中京競馬場での口取りなるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デメリットだらけのノーザンファーム地方馬 | トップページ | 中京競馬場での口取りなるか? »