« 2016年のJRA初出走 | トップページ | オープン特別勝ちのチャンス到来 »

2016.01.07

JRAでは36連敗中

新年第1週目は残念ながら勝利を挙げられず。現在JRAでは36連敗中なので早めに脱出しておきたい。2011年11月から2012年6月にかけての60連敗がワースト記録。

◆1/02(土)佐賀11R 佐賀若駒賞…▲ローカルロマン(田中直)→7着
歯替わりなどの影響で2ヶ月ぶりでも2キロ減ってしまったのは誤算。それでもパドックでは覇気があって決して悪くない状態に見えた。あまりダッシュが良くなく3番手に付け、2周目の2コーナーまでは隊列が変わらず平穏な展開で、向正面に入って一気にペースアップするといち早く手応えが悪くなってしまい、3コーナーに入る頃には後退し始め、そこから大バテはしていないものの直線に入ってからも余力はなく7着に敗れた。距離云々よりはスムーズに先行できないとモロい。次走も1800mの重賞に出走する予定。

◆1/04(月)名古屋8R 若鯱特別…×デラニュースター(丸野)→5着
使い詰めでも馬体重はほぼ変わらず。外枠からなかなかいいダッシュで3番手に位置し、馬群の外を回る展開に。3コーナーに入るまでは何とか3番手をキープしていたものの、4コーナーに入ったあたりからは後退してしまい、直線に入ると後続がそれ以上にバテていて5着となった。久しぶりに入着したのに名古屋競馬の特別戦・平場は5着賞金がゼロで(交流戦と2歳戦を除く)、残念ながら5着でも賞金的には全く意味がない。

◆01/05(火)京都1R 3歳未勝利…▲デューズワイルズ(浜中)→12着
カジノドライヴ産駒らしいスラッとしてあまり幅がない体型は変わっておらず、キビキビと歩いていても力強さは感じられなかった。揃ったスタートから急かせず中団に控える形をとり、向正面で馬群の外に出すとジワジワと先頭との差を詰めて5番手まで押し上げた。3コーナー手前で外からマクってきた馬に交わされると急に手応えが悪くなり、一杯に追われながらもズルズルと後退してしまい12着に終わった。前半の位置取りは決して悪くなかったし、逃げ馬が1着・マクった馬が2着だったので展開面は敗因に挙げづらく、まだまだ力不足ということ。

◆01/05(火)京都8R 4歳上1000万下…▲サンタエヴィータ(△鮫島克)→4着
プラス20キロと数字だけ見ると太そうだけど、もともとかなり細く見える馬だったので、むしろまだ増えてもいいくらい。相変わらずチャカつきながらパドックを周回していたのは気になった。滑るようなスタートを切ってしまい、後方3番手からレースを進めた。前が飛ばす展開となり、かなり縦長の展開に。馬群の外を回り、3コーナーに入るまでは後方3番手のまま位置取りは変わらず、4コーナーではかなり外を回して前との差を詰めると、先に抜け出した勝ち馬には大差を付けられたものの、バテた馬はしっかり交わして4着となった。休み明けにしては上々のレース内容で、牝馬限定なら勝利は目前。もともと使った方がいい馬なので、牡馬混合戦でも勝ち負けに加われそう。

【次週出走予定】
◆1/09(土)中山9R 初咲賞…ストレンジクォーク(柴山)
◆1/10(日)中山11R ニューイヤーS…グランシルク(戸崎)
◆1/11(月)京都7R 4歳上500万下…グレンガイル(未定)
◆1/11(月)中山9R 成田特別…レッドエンブレム(柴田善)

|

« 2016年のJRA初出走 | トップページ | オープン特別勝ちのチャンス到来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年のJRA初出走 | トップページ | オープン特別勝ちのチャンス到来 »