« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015.11.28

実力は通用してもアテにはしづらい

2場開催で出走馬はあまり多くないけど、新馬・特別・オープンとなかなか楽しみなレースで、いい結果を期待したい。

◆11/28(土)東京11R キャピタルS…△グランシルク(Tベリー)
府中のマイル戦では、NHKマイルC5着・富士S6着とソコソコ走れているけど、長くいい脚を使えるタイプではないので、一瞬の切れを行かせる中山ほどの良績はない。今回は叩き3戦目で調教の動きが更に良くなっており、前走以上の状態でレースに臨めそう。ただ、オープン特別とはいえ重賞級のメンバーが揃い、上位争いは可能でも勝ち負けまではどうか。これといった逃げ馬が見当たらないので、積極的なレース運びを期待したい。

◆11/29(日)東京4R 2歳新馬…×アップクォーク(柴山)
現3歳で2勝を挙げているストレンジクォークの弟。ここまで大きなトラブルはなく、4月には一旦入厩したものの、スクんだり右膝に熱感があったりとやや順調さを欠いていた。まだ体質面では弱さを抱えているようだし、調教でもピリッとした動きまでは見られず、一度レースを経験しての変わり身を期待した方が良さそう。NF天栄でもじっくり乗られていたことから、恥ずかしい競馬にはならないはず。

◆11/29(日)京都6R 3歳上500万下…▲グレンガイル(松田)
これといって悪いところはなかったのに、厩舎の馬房がなかなか空かなかったのか、6月末以来5ヶ月ぶりの出走となる。休まずじっくりと乗り込まれていたし、ゲートの練習も重ねられたそうで、力を出せる状態にはありそう。しかも今回は2場開催なのに12頭立てと少頭数だし、2勝しているのはこの馬だけという恵まれたメンバー構成になり、久々でも期待出来そう。スタートが良ければ積極策をとり、もし出遅れても向正面でマクるような競馬ができれば勝機もある。

◆11/29(日)東京8R シャングリラ賞…▲アナザーバージョン(パスキエ)
前走は得意の東京ダート1600m戦で1年9ヶ月ぶりの3勝目を挙げてくれた。引き続き同じコースだし、もともと持ち時計は上位の馬なので、1000万に再昇級してもクラスの壁はないはず。前走程度走れば勝ち負けの計算だけど、今回はハンデ戦となり、56キロはいつもより1キロ軽いとはいえ、もっと軽い馬が多くて斤量的には不利なため、軽量馬の先行粘り込みが怖い。外から被されるとダメだし、早めに抜け出すと遊ぶ気難しさがあり、乗り方もいろいろと注文が付き、実力は通用してもアテにはしづらい。

| | コメント (0)

2015.11.26

あまり伸びず入着止まり

有力馬の1頭が出走を取り消し、今回はチャンスに思えたけど、歯車がかみ合わずなかなか勝ち切るまでには至らない。

◆11/25(水)大井12R 初冬特別…○ガーデンズキュー(真島)→5着
12キロ増という数字を聞いた時にはビックリしたけど、パドックで馬を見ても全く太いようには見えず、むしろちょうどいい体つき。ただ、厩務員さんに頼りながら周回したり、時折気の悪さを見せるなど、気性面はまだまだといった雰囲気。ゲートに入ってから後ろ脚で扉を蹴っていて、少し出遅れて後方から。馬群の外に出すといつもよりは行きっぷりが良く、中団やや後方の決して悪くない位置取り。ところが向正面で外からマクり気味に進出した馬に交わされた途端に手応えが怪しくなり、3コーナーからは馬群の内に入れて経済コースを通ったものの、直線に向いても先頭に迫るほどの脚色はなく5着に終わった。1コーナーで最後方にいた馬が大外を回して3着まで差してきたし、決して展開が向かなかったわけではなさそう。もともと道悪が苦手な馬で、撮った写真を見ると馬がほとんど目をつぶっていたことから、砂を被って嫌気が差したか。それでも5着を確保したあたりは地力の証明。12月の開催は1800m戦があるので、改めて期待したい。
Ke3a7292 Ke3a7360

| | コメント (0)

2015.11.25

勝ちパターンに持ち込むも及ばず2着

ヴェルミオン、残念ながら移籍初戦は飾れず。それでも力のあるところは十分に見せてくれた。

◆11/24(火)大井10R ひばり特別…◎ヴェルミオン(真島)→2着
馬の形はだいぶ良くなってきたものの、まだ全体的に力強さは感じられず、パドックだけ見ると馬券はあまり買いたくない部類に入る。ただし無駄な動作はせず落ち着いているのは好印象。揃ったスタートを切り、押してポジションを取りに行き、逃げ馬・2番手の馬の外に並び掛けて3番手に付ける。逃げ馬をマークしながら進められる理想的な位置取りで、向正面まではやや抑え加減でレースが進み、4コーナーに入ると2番手の馬が後退して逃げ馬との一騎打ちに。いい手応えのまま直線に向き、一旦は先頭に立ってそのまま抜け出すかと思いきや、馬体が接触してヒルんでしまい、そこからは脚色が鈍って3/4馬身差の2着となった。完全に勝ちパターンに持ち込んだのでこの2着は悔しいけど、かなり骨っぽいメンバーを相手に好走できたし、馬体が固まれば上のクラスでもやれそうな手応えは感じた。それにしても、勝ち馬オウカランブのロケットダッシュはケタ違いで、12番枠から一瞬のうちにラチ沿いへ移動して逃げに持ち込んでいた。ヴェルミオンが出遅れたのかと思うほどの先行力で、5番人気だったけどかなりの能力の持ち主。
Ke3a7189 Ke3a7231

| | コメント (0)

2015.11.24

いい形で南関東転入初戦を

ララベルでロジータ記念を制した勢いに乗って、ヴェルミオン・ガーデンズキューも勝利を期待したい。

◆11/24(火)大井10R ひばり特別…◎ヴェルミオン(真島)
大井転入初戦となる。今年は道営馬のレベルが非常に高く、門別のオープンを勝った実績は大威張りできるし、1200mでも楽にハナを切れる先行力があって自分でレースを作れる強みもある。道営時代の2勝とも6頭立てと少頭数だったので、14頭立てとなる今回は、モマれる展開になった時に一抹の不安があり、パドックでも見るからに馬体が緩くて馬が本当に良くなるのはまだ先の印象も受ける。JRAからの転入馬もいてメンバー構成はかなり骨っぽいけど、素質馬揃いの荒山厩舎でも調教の動きを褒められていたことから、ここでも勝ち負けの期待ができるのでは。同じ道営出身でハイセイコー記念を勝った、ステイブルメイトのトロヴァオに近づきたい。

◆11/25(水)大井12R 初冬特別…○ガーデンズキュー(真島)
ロジータ記念は賞金が足りずに除外され、自己条件で仕切り直し。ここのところ差す競馬がすっかり板について6戦連続で3着以内に走れている。C1の一組になって相手が強化されても、持ち時計だけ走れば勝ち負けできそうなメンバー構成となり、今回も期待十分。ただ、いつも出脚が付かず後方からの競馬となるため、15頭立ての多頭数になるのはマイナス材料。直線が短い1600mの内回りコースも少し減点。休み明け3戦目の走り頃で、2走前はピエールペガサスに実質先着していたことだし、そろそろC1は卒業したい。

| | コメント (0)

2015.11.23

競馬はそう簡単には上手く行かない

期待のアグレアーブル、ストロングタイタンとも残念な結果に終わった。やはり競馬はそう簡単には上手く行かない。

◆11/21(土)京都9R もちの木賞…◎ストロングタイタン(浜中)→9着
2ヶ月ほど間隔が開いてもプラス4キロ。力強い歩様で特に太くも見えず好仕上がり。揃ったスタートを切り、4番手の外に付けて1~2コーナーを回った。向正面で外から他の馬に交わされた途端に手応えが怪しくなり、それでも3コーナーの地点では中団あたりで何とか踏ん張っていたものの、4コーナーから直線に入った時点で完全に勝負圏外となり、3.9秒差の9着に大敗した。位置取りも全く問題なかったし、向正面までは砂を被っても特に気にする面は見せなかったのに、外から来られた途端にレースを止めてしまった。難なく先行はできていたのでダートがダメとも思えず、ちょっと敗因がよく分からない。

◆11/23(月)東京5R 2歳新馬…△クイックモーション(柴山)→3着
456キロと思ったよりは体重があったけど、数字よりも細く見えたし、ディープインパクト産駒ということを差し引いてもトモの肉付きがちょっと寂しい印象。落ち着いてパドックを周回できていたのは好感。なかなかいいスタートを切って、5番手の外に位置した。新馬戦らしいスローな流れになってちょうどいい位置。3~4コーナーで外からジワジワと先頭を射程圏に入れ、直線に向いて馬群の外から差を詰めたものの、上がりの勝負になってジリジリとしか差を詰められず、クビ+クビ差の3着となった。しっかりと競馬ができていたし、気の悪さも全く見せず、初戦としては上々の内容。もう少し馬体が増えればさらに切れる脚が使えそうで、成長を待ちたい。
Ke3a6352 Ke3a6410

◆11/23(月)東京10R 鷹巣山特別…△レーヌドブリエ(吉田豊)→11着
長距離輸送があってマイナス4キロなら許容範囲で、420キロの小柄な馬でもしっかりした歩様で状態は良く見えた。揃ったスタートを切り、1400mのペースに付いていけない感じで後方3番手に下がった。3~4コーナーは無理なく追走し、直線に向いて大外に出して追い初めても、ペースが遅かったせいか、なかなか前との差が詰まらず11着に終わった。差し届かなかったというより、結果的に1400mのスピード勝負が合わず、後方に控えていたのに速い上がりが繰り出せなかった。芝の1800mが良さそう。
Ke3a6446

◆11/23(月)東京11R 東京スポーツ杯2歳S…▲アグレアーブル(岩田)→7着
2キロ増えただけで馬体はキッチリと仕上がっていた。でも厩務員さんに頼りながらパドックを周回していたし、トモの送りがちょっと甘いのは気になった。好スタート・好ダッシュを決め、ハナに立ちそうな勢いだったのを抑えて4番手に位置した。かなり緩いペースの中でラチ沿いを進み、変わらず4番手のまま3~4コーナーを回って、直線に向いて追われると、なかなかハッキリとした進路が取れずに追いづらいシーンもあり、その後もある程度のスペースはできても差を詰められず7着に終わった。窮屈な競馬になってしまったけど、それにしても伸びずに見せ場を作れなかった。負けて得るものもあるし、また次走でいい走りを見せて欲しい。
Ke3a6856 Ke3a6902

【次週出走予定】
◆11/24(火)大井10R ひばり特別…ヴェルミオン(真島)
◆11/25(水)大井12R 初冬特別…ガーデンズキュー(真島)
◆11/28(土)東京11R キャピタルS…グランシルク(Tベリー)
◆11/29(日)東京4R 2歳新馬…アップクォーク(柴山)
◆11/29(日)阪神6R 3歳上500万下…グレンガイル(未定)
◆11/29(日)東京8R シャングリラ賞…アナザーバージョン(パスキエ)

| | コメント (0)

2015.11.21

もし勝てばクラシック最有力候補に

ダート路線で大暴れしてくれそうなストロングタイタン、牝馬クラシックを意識するアグレアーブル、募集当時すごく気に入ったクイックモーションと、現2歳世代の期待馬3頭が出走する。月曜日はちょっと天気が心配だけど、今後が楽しみになるレースを。

◆11/21(土)京都9R もちの木賞…◎ストロングタイタン(浜中)
コテコテのダート馬だと思って出資したら芝で新馬勝ちし、芝のオープンで大敗して今回はダート戦への出走となる。血統・馬体からしてダート適性が非常に高いことは疑いようがないけれど、初ダートで砂を被ったり馬群でモマれ込んだ時がどうなるか、少し不安もある。12頭立てと手頃な頭数になったし、抜けた評判馬も見当たらないので、ここはキッチリと結果を出して、順調なら全日本2歳優駿へ出走させたい。

◆11/23(月)東京5R 2歳新馬…△クイックモーション(柴山)
キャロット現2歳世代の募集当時、いちばん気に入ったのがこの馬。ここまでトラブルなく順調に来たけど、これといって評判になることもなく、調教でもピリッとした脚は使えておらず、レースを経験してからの方が良さそうな雰囲気。それでも、緩められることなくかなり入念に乗り込まれていて仕上がりは良く、もちろん可能性は十分あると思うし、見せ場以上は作れるのでは。月曜日は雨の予報で、滑る馬場になると減点が必要。馬体重は450キロ以上は欲しい。

◆11/23(月)東京10R 鷹巣山特別…△レーヌドブリエ(吉田豊)
京都の1800m戦ではなく東京1400m戦に回った。前走は直線で前が塞がって抜け出せずに0.2秒差の惜しい3着で、スムーズならもっと際どかったはず。前走後、すぐにこの週のレースを目標にされていたので仕上がりはいいはずだけど、ここのところ5戦続けて1800mを使われていたので1400mが合うかどうかは微妙なところ。決め手は持っており、差しの生きる流れになれば浮上も十分。ただこちらも滑る馬場になると減点。

◆11/23(月)東京11R 東京スポーツ杯2歳S…▲アグレアーブル(岩田)
牡馬相手の東京芝1800m戦で、稍重の馬場で上がり33.8秒の脚を使って新馬勝ちした。評判に違わぬクラシックを意識してしまうような勝ちっぷりで、同条件のここでも十分期待できそう。前走は仕上がりすぎの印象も受けたけど、中間の調教を見た限りではさらに動きが良くなっていて、前走以上の状態でレースに臨める。ノーザンファーム関係者の評価が非常に高く、岩田騎手もブエナビスタ級とコメントしていることも期待が高まる要因。とはいえまだ1戦しかキャリアがないし、2戦2勝の牡馬が3頭もいてレベルは高く、常識的にはそう簡単に突破できるレースではない。ただ、もしここを勝てるようなら即クラシック最有力候補に躍り出る。岩田騎手がここのところ不振なので、土日の競馬で調子を取り戻して、いい形で月曜日のレースに臨んで欲しい。

| | コメント (0)

2015.11.20

JRA認定戦では家賃が高い

JRA認定戦に出走した2頭はともに着外に敗れた。佐賀のローカルロマンは年内一杯は休養し、もう1頭の園田所属馬ジャンピングシープは年内デビューできるか微妙な状況。今日から募集が開始されたグリーンの地方馬は申し込まずにスルーした。

◆11/18(水)名古屋9R JRA認定セレクトゴールド…×デラニュースター(丸野)→11着
中1週続きでも7キロ増え、体調は悪くなさそう。スタートそのものは互角だったのに、両側から挟まれる形で手綱を引き、砂を被った途端に走る気をなくして最後方で1コーナーに入った。さすがにこの時点でレースが終わってしまい、最後もかなり外を回しても全く伸びず11着に終わった。自分の持ち時計すら走れていないので、スムーズなレースができるようならここまでは負けない。平場で大外枠に入るのを待つしかない。

◆11/18(水)園田9R JRA認定アッパートライ…△ハルカカナタ(松浦)→6着
392キロと非常に小柄な馬で前走と変わらずに減らなかったのは好材料。ほぼ揃ったスタートを切り、5番手の外に付ける。向正面に入ってからは早々と手応えが悪くなり、そのままズルズルと後退しそうな雰囲気だったけど、そこからは意外と踏ん張って0.9秒差の6着となった。かなりの不良馬場になってしまい、大外枠がかえってアダになった格好。小柄な馬体を生かして内でうまく立ち回るレースをした方が良さそう。

| | コメント (0)

2015.11.19

通算4つめの重賞タイトルを獲得!

重賞にもかかわらず、こんなに安心してレースを見られるのは初めてというほど、臨戦過程・仕上がり・当日気配・レース運びの全てが万全で、通算4つめのタイトルを獲得!

◆11/18(水)川崎11R ロジータ記念…◎ララベル(真島)→1着
少し余裕残しだった前走と変わらない馬体重でも太い印象は全く受けず、馬体の張り・艶とも申し分なく、この馬にしては歩様もスムーズ。ただ雨を気にしていたそうで、珍しくイラつきながらパドックを周回していた。揃ったスタートを切り、外枠からスッと4番手を取った。もうこの時点で勝利を確信。1周目の直線でもあまりペースは落ちず、マクる馬もなく隊列が変わることなく4番手のまま2周目に入り、向正面で2番手・3番手の馬がバテて後退するのもスムーズにやり過ごし、あとは逃げるトーコーヴィーナスと一騎打ちの様相に。3~4コーナーで外から並びかけ、直線に入ってアッサリとトーコーヴィーナスを交わすと、全く危なげなく後続に4馬身差をつけて勝利し、「ローレル賞」「東京2歳優駿牝馬」「桜花賞」に続く、通算4つめのタイトルを獲得した。

実力的には断然の存在だったので、レース前はかなり自信があったけど、想像以上に馬場が悪化してだいぶ力の要る状態となり、これで2100mの距離をこなせるかちょっと不安材料も。でも結果的には全くの杞憂に。馬体に弱いところがなくなって、春当時よりも明らかに馬がパワーアップしている。これからは古馬・JRA所属馬が相手となるので、そう簡単に連戦連勝とはいかないはずだけど、牝馬らしらかぬ馬体と持ち前の勝負根性を生かして、強い相手にモマれながらさらに成長して欲しい。今回の勝利で、おそらくNAR3歳最優秀牝馬のタイトルは当確するはずで、来年はぜひJRA交流競走を勝って、3年連続でNAR最優秀牝馬のタイトルを獲りたい。荒山先生、真島騎手、横山さん、ありがとうございました!
Ke3a5699 Ke3a5980
Ke3a6021 Ke3a6084_2

| | コメント (4)

2015.11.17

2年連続で最優秀牝馬のタイトルを

秋の目標であるロジータ記念に申し分ない状態で臨め、4つめの重賞タイトルが期待できそう。

◆11/18(水)川崎11R ロジータ記念…◎ララベル(真島)
春までは常にどこかしら弱点を抱えていて満足な状態でレースに臨めなかったのが、夏場を休養に充てて馬体が固まり、苦しいところがなくなってようやく強い調教もできるようになった。前走は休み明けで余裕残しの馬体ながら、牝馬にとっては酷量ともいえる56キロを背負って、クラシック級の牡馬を相手にして常に外を回って2000mの決め手勝負を制したのは自信になる。今回は一度使った上積みはあるし、中間も何ら不安材料がなく、1週前の追い切りでもしっかり動いて万全の状態でレースを迎えられる。このレースは逃げたい馬が揃い、モマれずにレースを進められる大外枠を引いたのも強運。

ただ、本質的に2100mの距離は歓迎とは言えず、昨年川崎で行われたローレル賞を勝ってはいるけれど、当時と現在とでは馬場の質が異なり、かなり力の要る馬場になっていて、スタミナ面に一抹の不安はある。とはいえ勝負付けの済んでいるメンバーが多く、新興勢力のミスアバンセは川崎で4戦全勝ながらタイムが平凡だし、むしろ怖いのは速い流れになった時に差してきそうな同厩のリコーフィオラノか。今年は交流重賞で上位好走した3歳牝馬がいないため、このロジータ記念を勝てば3歳最優秀牝馬のタイトルを獲得できるはず。他馬の動きは気にせず、変に折り合いを重視することもなく、積極的にララベルのレースをすれば自ずと結果はついてくる。

| | コメント (0)

2015.11.16

あまり変わり映えせず苦戦必至

賞金の高いJRA認定競走もそろそろ終わりとなるので、何とか好走できないものか。

◆11/18(水)名古屋9R JRA認定セレクトゴールド…×デラニュースター(丸野)
2走前はかなり相手に恵まれて初勝利を挙げたものの、メンバーが強化されると途端に前走のように先行できず後方ままで終わってしまう。今回もデビュー以来ずっと変わらず走っている1400m戦で、持ち時計を比較すると全く歯が立たなそうな顔ぶれになってしまい、苦戦は必至。この中間にゲート練習を行ったそうで、出脚がつくようなら多少は前進できるかも。

◆11/18(水)園田9R JRA認定アッパートライ…△ハルカカナタ(松浦)
JRA認定戦でも5着・2着・4着とソコソコの走りはできている。ここでも大崩れはなさそうだけど、レースを重ねるごとに馬体がしぼみ、前走は392キロまで減ってしまったのは気がかり。それでも中間の調教ではなかなかいい動きを見せていたし、今回は大外枠を引いたので、スムーズにレースを進められるようなら引き続き入着の期待はできそう。逃げたい馬が多く、展開が向きそうなのも好材料だけど、これ以上は馬体が減らないことが条件になる。

| | コメント (0)

2015.11.15

G1の厚い壁に跳ね返される

ルージュバック、休み明けで0.1秒差の4着ならよく頑張ってくれたけど、それにしてもG1の壁はとてつもなく厚い。

◆11/11(水)笠松10R 安房峠特別…△キングオブタイム(大畑)→9着
8キロ増えて過去最高体重の516キロと、数字の通り太め残り。まずまずのスタートを切り、押して2番手を取りに行く。流れが速くて縦長の展開となり、2周目の向正面に入ったあたりで手応えが悪くなり、3コーナーからはズルズルと後退してしまいブービーの9着に終わった。久々とはいえ内容的には全く褒められない。次走は障害戦に向かうことになった。

◆11/14(土)京都6R 3歳上500万下…×ポリアフ(小牧)→15着
490キロあるのに、どうも馬体をこぢんまりと見せて、歩様にもまだ力強さが感じられず。少し飛び上がるようなスタートを切り、積極的に4番手のポジションを取りに行った。向正面に入ったあたりから特に追われてないのに後退し始め、3コーナーの地点で完全に勝負圏外。直線に入っても流しただけで15着に終わった。全く追われるところなく1周回ってきただけなので、鼻出血でも発症したかと思ったら、砂を被って嫌気を差しただけとのこと。5番人気に支持されていたし、もっとビシッと追って欲しかった。

◆11/14(土)福島11R 福島放送賞…△ポイントブランク(川須)→10着
552キロと前走からマイナス2キロで出走できたけど、見るからに重苦しい動きをしていたし、全体的に覇気が感じられず、パドックの時点で今日は無さそうな印象。ほぼ揃ったスタートを切り、かなり押してようやっと4番手を取れた。馬群の外に付け、道中はスムーズに追走しているかのように見えたものの、3コーナーの入り口あたりで急に手応えが悪くなり、4コーナーでは先頭集団から離されてしまい、特に良いところなく10着に終わった。休養期間が長かったにせよ負けすぎで、パドックの雰囲気からして立て直しは難しいかも。

◆11/15(日)京都11R エリザベス女王杯…◎ルージュバック(戸崎)→4着
プラス2キロと減らなかったのはこの上ない好材料。ただ、それでもまだ馬体は細く見えるし、他の馬に比べると全体的な気配はもう一つ。この馬としてはオークス当時のデキにはあった。ちょっと飛び上がるようなスタートで後方4番手から。馬群の外に出して後方3番手で1コーナーを回った。前を行く2頭が飛ばして縦長の展開となり、後方集団はスローな流れに。じっくり構えて後方2番手で3コーナーに入り、抑え加減で坂を下り、4コーナーでは大外を回していい勢いで差を詰めてきたものの、残り100mあたりでやや脚色が鈍って4着まで。後方に控えていた馬が2~5着を占めていて、ある意味では展開は向いたと言えるけど、それでもさすがに道中の位置取りが後ろすぎた。直線入り口で他馬にぶつけられて立て直すロスがあったのも痛かった。やはり並大抵のことではG1は勝てない。
Img_0302_2 Img_0411_2

【次週出走予定】
◆11/18(水)名古屋9R JRA認定セレクトゴールド…デラニュースター(丸野)
◆11/18(水)園田9R JRA認定アッパートライ…ハルカカナタ(松浦)
◆11/18(水)川崎11R ロジータ記念…ララベル(真島)
◆11/21(土)京都4R 障害未勝利…キングオブタイム(北沢)
◆11/21(土)京都9R もちの木賞…ストロングタイタン(浜中)
◆11/21(土)京都10R 衣笠特別…レーヌドブリエ(吉田豊)
◆11/23(月)東京5R 2歳新馬…クイックモーション(柴山)
◆11/23(月)東京9R 伊勢佐木特別…レッドエンブレム(吉田豊)
◆11/23(月)東京11R 東京スポーツ杯2歳S…アグレアーブル(岩田)

| | コメント (0)

2015.11.14

長距離輸送の影響がなければ戴冠

ルージュバックが復帰する。残念ながら夏をうまく越せなかったけど、ここにきて馬が急激に良くなって十分力を出せる状態。調子そのものは春よりも明らかに良く、長距離輸送の影響と馬場状態がカギになりそう。パドックに出てきた時に、うるさいくらいの元気があれば戴冠できる。

◆11/14(土)京都6R 3歳上500万下…×ポリアフ(小牧)
9月の札幌戦を跛行で除外され、2ヶ月ぶりのレース。結果的には特になんともなかったようで、ちょうどいい休養になった格好。未勝利戦を逃げて勝ち、今回は昇級戦。前走の勝ち時計はあまり速くないし、今回は先行馬が揃ってハナに立つのにも苦労しそう。とはいえ、デビュー戦で13.2秒差の大差シンガリ負けを喫してから1戦ごとにレース内容が良くなっており、昇級初戦からの勝ち負けは難しいけど、速い流れを経験して徐々に力を付けていって欲しい。

◆11/14(土)福島11R 福島放送賞…△ポイントブランク(川須)
右の飛節を傷めて5ヶ月半ぶりのレースとなる。右の飛節は過去2回骨折しているウイークポイントで、また同じ箇所を傷める可能性があって1戦1戦が勝負で、今回もかなり入念に乗り込まれており、力は出せる状態にある。1000万条件は既に勝っているクラスだけど、他にもクラス実績のある馬が多くてメンバーレベルは高めで、先行できるかどうかがカギ。幸い、外めの枠を引いたし、小倉でのレースがかなり強い内容だったので福島コースも合うはずだし、上位争いは期待できそう。

◆11/15(日)京都11R エリザベス女王杯…◎ルージュバック(戸崎)
札幌記念を熱発で回避し、立て直されてオークス以来およそ半年ぶりの実戦。この半年で、馬の大きさや体重こそ特に変わっていないけど、全体的なバランスが更に良くなっているし、毛艶も冴えていて、春当時以上のデキにあることは歴然。調教でもこの馬らしいダイナミックなフォームでいい動きを見せており、半年ぶりの実戦が古馬G1でも十分通用する。ただ、最終追い切りを強めに動かしたことが、吉と出るか凶と出るかは微妙なところ。G1なので極限まで仕上げることも必要だし、輸送に弱い馬だから余裕を残しておくことも重要で、こればかりはレースをしてみないと分からない。レース当日は道悪になりそうな点も、良馬場しか経験していないため未知数。馬には何とか輸送をクリアしてもらい、戸崎騎手には積極的な乗り方でG1勝利に導いて欲しい。

| | コメント (0)

2015.11.13

アメリ引退

サンデーサラブレッドクラブ所属のアメリ(メス5歳:池江泰寿厩舎)が、6歳3月までの現役期間中に好走するのは難しいと判断され、引退することになった。

お母さんのアゼリはアメリカでG1を11勝した歴史的名馬で、お父さんはアメリカ2007年リーディングサイアーのディストーテッドヒューマーという超良血。ツアーでこの馬を見た時に、均整の取れた馬体と、凜とした立ち姿に惚れ込んで出資した。

デビューから芝を4戦して勝ちきれず、ダートに転向して2戦目(通算6戦目)で勝ち上がり、3歳の11月に2勝目を挙げたあとは、1000万条件でも4連続2着など常に好走してくれた。500万条件に降級してすぐに3勝目を挙げ、5歳時には芝を使われて掲示板がやっとというレースが続き、11月7日に最適条件のはずのダート1400m戦に戻してもこれといった伸びがなく8着に終わり、レース後も調子が下降気味なことから引退が決まった。普段は落ち着いていて無駄な動作をしないのに、レースに行くと途端にチャカつく気性が大成を妨げてしまった。でも、大きな怪我もなくほぼ期限に近い時期まで計24戦も走ってくれたし、募集価格の額面を上回る賞金を稼いでくれ、無事に繁殖入りできてホッと一安心。

サンデーサイレンスが入っていない血統だし、ディープインパクト産駒の弟2頭がともにセレクトセール最高値で落札されていることから、繁殖入りしたら間違いなくディープインパクトが配合されるはずで、どんな仔が産まれるか楽しみ。
20120623_02 Bg2c4393

| | コメント (0)

2015.11.11

9ヶ月ぶりの平地出走

◆11/11(水)笠松10R 安房峠特別…△キングオブタイム(大畑)
ここ4戦は障害戦を使われ、9ヶ月ぶりに平地のレースに出走することになった。先行力はあるけれど追って味はなく、要は逃げて粘れるかどうかのタイプ。約1年前にも笠松の交流戦(1400m)を使い、逃げて2着に粘っていたことから、1800mとなる今回はその気になればハナを切れるはずで、展開次第で頭まであるし大敗もあり得る。他のJRA所属馬はダート実績がゼロの馬とか、出脚が鈍い馬だったりと一長一短あり、むしろ地元笠松所属馬の方が強敵か。

| | コメント (0)

2015.11.09

ダート界の将来を担う新星が現る

アルーアキャロルが末恐ろしいほどの内容で新馬勝ちをしてくれ、怪我がなければ相当なレベルまで大成してくれそう。奇しくも勝ち時計はスマートファルコンと同じ1:39.1で、スマートファルコンは重馬場だったけど、アルーアキャロルは良馬場でのもの。

◆11/07(土)東京3R 2歳未勝利…△ゴールドエフォート(戸崎)→7着
馬体重は変わらなくても、より締まった馬体に見え、力強い歩様でパドックを周回して気配は前走以上に見えた。この日は揃ったスタートを決め、じんわりと下げて中団のやや後方から。道中は動かずに馬群の中でじっとしたまま追走し、直線に向いてから満を持して追い出されても、これといった伸びがなく7着に終わった。そうペースが遅かったわけでもなく、直線も十分に進路はあったので、ちょっと負けすぎのような気もするけど、全体的にメンバーレベルが高かったのでこんなものかも。
Ke3a4736 Ke3a4838

◆11/07(土)京都4R 2歳未勝利…△クロークス(武豊)→4着
胴長の体型で、落ち着いてパドックを周回していた。ただ、前走ほどの力強さは感じられず。僅かに立ち後れて最後方からの競馬に。道中は最内を走り、ペースもさほど遅くはならず後方に控えたまま3~4コーナーを回り、直線に向いて外に出すとジワジワと伸びて、先に抜け出した馬には及ばず4着となった。上がりタイムは2位タイを記録して、なかなかいい決め手は持っているけど、道中は勝ち馬とほぼ同じ位置にいたので内容的には物足りない。

◆11/07(土)東京6R 2歳新馬…◎アルーアキャロル(大野)→1着
ゴールドアリュール産駒らしい504キロの大型馬。気の悪さは全く見せなかったし、動けるいい体つきに見えたけど、前肢の出が悪くてパドックだけで何回も躓いていた。馬場に入っても、ジョッキーが再三促してようやっとキャンターに入ったほど。大外枠で最後のゲート入りだったのにハッキリと出遅れてしまい、ダートコースに入る地点でスッと取り付いて中団の馬群の中へ。道中は抑える余裕もあり、4コーナーでジンワリと外に出して直線に向くと、持ったまま抜群の手応えで抜け出し、後続に7馬身差を付けて圧勝した。

かなり出遅れたうえ、直線では内・外・内へと3回も大きくヨレて遊びながらのレースとなったのに、良馬場の新馬戦で勝ち時計1:39.1は相当優秀。しかも馬群の中に入れても全く問題なかったし、自ら馬群を割って抜け出す器用さもあり、末恐ろしいほどの素質を見せてくれた。出遅れて脚を使ったにもかかわらず、36.1秒の脚で上がったのは化け物のレベル。どんなに控えめに見てもダートの重賞を獲れる器であることは疑いようがなく、あとは怪我せずに気性面が成長してくれることを祈るのみ。この馬は結局満口にならずに募集が締め切られ、7月の入厩後もゲート試験を合格できないまま体力不足で放牧されたのに、短期間でここまで変わる馬も珍しい。
Ke3a4892 Ke3a5035

◆11/07(土)東京7R 3歳上500万下…×レッドダニエル(柴山)→12着
チョコチョコと手先だけで歩いているような感じで、パドックでの気配は全く感心できず。好スタートを決めて押してハナに立つ。特に絡まれることなくスムーズな逃げを打て、半馬身ほどのリードをキープしたまま直線に向くと、残り300mあたりで後続に交わされてしまい、そこからもレースをやめることなくソコソコの粘りは見せて、0.8秒差の12着となった。柴山ジョッキーが内枠を利して積極的な競馬をしてくれたし、これで次走変わってくれれば。
Ke3a5069 Ke3a5151

◆11/07(土)京都7R 3歳上500万下…▲ノーブルソニック(川田)→8着
中1週のせいかマイナス10キロと大きく減り、数字通り細く見えた。でもようやっとキビキビとした歩様でパドックを周回できるようになり、全体的な気配は上々。ゲートは互角に出たものの、二の脚がつかず後方2番手に。1コーナーから馬群の外に出して砂を被らない位置で追走し、向正面では先頭からかなり離されたものの、3コーナーで再び馬群に取り付くと、直線の入り口では砂を被る馬群の中に入れてしまい、そこからは伸びず8着に終わった。直線で大外に出していれば5着はあったように思えるけど、良馬場なのにかなり時計の速い決着となり、この馬にとっては厳しかったか。

◆11/07(土)東京8R 3歳上500万下…◎アナザーバージョン(C・デムーロ)→1着
2人牽きでもこの日は気の悪さを見せることなく、むしろ珍しく馬にやる気が感じられ、パドックの時点で今日は勝てると思ったほど。好スタートを切って、少し外に出しながら5番手の外をキープする。外から被されない位置を取れた時点で勝負あり。3~4コーナーをスムーズに追走し、持ったままのいい手応えで直線に向いて、残り300mの地点で満を持して追い出されると、内にいた2着馬と併走状態になり、クビ差抜け出して1年10ヶ月ぶりの3勝目を挙げた。いろいろと注文の付く馬だけど、もともとオープン特別2着もあるし、東京コースなら1000万条件でも十分やれる。
Ke3a5230 Ke3a5423

◆11/07(土)東京8R 3歳上500万下…×ルヴァンカー(シュタルケ)→3着
休み明けで長距離輸送があっても馬体重に増減がなかったし、歩様にも力強さがあり好仕上がり。ほぼ揃ったスタートを切り、主張してハナに立った。1馬身ほどリードをキープして絡まれることなくスムーズな逃げを打て、持ったままいい手応えで直線に向くと、残り300mあたりでは2馬身ほど後続を突き放したものの、残り200mでアナザーバージョンに交わされ、そこからも最後までよく粘って3着はキープした。やはりテンからあまり速くならない東京1600mは合っていて、ハナを切れれば渋太い脚を使える。この条件ならそのうち2勝目を挙げられそう。
Ke3a5221_2 Ke3a5349

◆11/07(土)東京12R 3歳上1000万下…×レッドエンブレム(吉田豊)→9着
5ヶ月ぶりでも珍しくキビキビとした歩様でパドックを周回していて、いつもよりは走れそうな雰囲気だった。まぁまぁのスタートを切り、ラチ沿いの6番手に位置した。かなり縦長のバラけた展開となり、ラチ沿いの経済コースにこだわった乗り方。ジンワリと4番手まで上がったものの、3コーナーでマトモに前が塞がる不利があって後方まで下がってしまい、そこからも諦めずに走って9着となった。不利がなければ掲示板はあったような雰囲気だけど、1000万条件でもまだやれそうな手応えを掴めたのは収穫。
Ke3a5549 Ke3a5633

◆11/07(土)京都12R 3歳上1000万下…△アメリ(川田)→8着
いつも通りチャカつきながらパドックを周回していたけど、これくらいの方が走れていて丁度いい雰囲気。揃ったスタートを切り、押してポジションを取りに行き5番手に付ける。モマれずいい雰囲気で3~4コーナーを回り、直線へ向いた時に外に出せず馬群の内に入れてしまい、いつものような伸びが見られず8着に終わった。道中は同じような位置にいた馬が上位に残っており、ちょっと物足りない内容。良馬場では速い時計を持っておらず、稍重以上の湿った馬場でもう1戦できるかどうか。

◆11/07(土)京都12R 3歳上1000万下…×レッドセイリング(岡田)→16着
いつもパドックでは良く見せるタイプなのに、この日はどうもトボトボとした歩き方をしていて、あまりいい気配ではなかった。好スタートを切り、押して押して2番手に付けた。3コーナーを迎える前に手応えが怪しくなり、そこから懸命に追われても直線に向いた頃には早くも勝負圏外となりって最下位の16着に敗れた。さすがに1000万条件ではそう簡単にハナは切れず、ローカルダート1700mの方がまだ可能性はありそう。

◆11/08(日)福島8R 3歳上500万下…×レッドクラリス(杉原)→14着
連闘のせいか馬に覇気が感じられず、力なくパドックを周回しているのは気になった。揃ったスタートを切り、押して先行させると、ダートに入った地点で行きっぷりが怪しくなり、3コーナーを回る頃には後方5番手まで下がってしまい、直線に向いてもバテはせず14着に終わった。スタート直後の芝の地点ではなかなかいい出脚を見せたので、芝の短距離を試す価値はあるかもしれない。

【次週出走予定】
◆11/11(水)笠松10R 安房峠特別…キングオブタイム(向山)
◆11/14(土)京都6R 3歳上500万下…ポリアフ(未定)
◆11/14(土)福島11R 福島放送賞…ポイントブランク(川須)
◆11/15(日)京都11R エリザベス女王杯…ルージュバック(戸崎)

| | コメント (0)

2015.11.06

過去最多の11頭が出走

今週は過去最多となる11頭が大挙出走する。しかもうち10頭は土曜日の出走で、ちゃんとタイムスケジュールを管理しておかないと、うっかりレースを見逃してしまいそう。

◆11/07(土)東京3R 2歳未勝利…△ゴールドエフォート(戸崎)
前走は出遅れて後方からの競馬となり、直線では外へ出すのにモタつき、あまり惜しくない3着だった。過去2戦とも出遅れていて、今回も後方からのレースとなりそう。12頭立てとあまり多くない頭数なのは好材料だけど、牝馬限定戦になったことでかえってメンバーレベルが高くなってしまい、前走で掲示板を外した馬が3頭しかいない。決め手はある馬なので、もう少しゲートの出がマトモになれば好勝負に持ち込めるはず。

◆11/07(土)京都4R 2歳未勝利…△クロークス(武豊)
水曜の段階では、福島の未勝利戦で鞍上が國分恭介と、今いちばん見たくない文字列で出馬想定されていたものの、京都で武豊ジョッキーを背に出走することになり一安心。前走はスローの上がり勝負になって5着となり、それでもメンバー中2位の上がりを記録し、なかなか見所はあった。もう少しペースが速くなってスタミナが問われる流れになれば、前走以上にやれそう。スタートを決めて、ある程度は前に位置してレースを進めたい。

◆11/07(土)東京6R 2歳新馬…◎アルーアキャロル(大野)
7月に一度入厩したものの、夏バテと体力不足で一旦立て直された。天栄の坂路で乗り込まれたのが功を奏したのか、9月下旬に再入厩してからは極めて順調で、調教でもオープン馬を軽くアオるなど、かなりいい動きを見せていて、デビュー戦から期待できそうな雰囲気。スタートはあまり速くないらしく、モマれずにスムーズな競馬ができるかどうかがカギになる。ゴールドアリュール産駒の牡馬で、先が楽しみになるレースを期待したい。

◆11/07(土)東京7R 3歳上500万下…×レッドダニエル(柴山)
前走後は夏バテ気味で少し緩められ、3ヶ月ぶりに出走する。他の馬に外から被されるとやる気をなくす馬で、馬群の外に付けてスムーズに先行できた時に好走パターンは限られていて、今回もそういったレースができるかにかかっている。一応、短距離戦でも先行できる脚はあるので、外枠を引いて3~4番手に付ける競馬をしたい。ただ、状態があまり上がってこなくて出否を迷っていたほどなので、スムーズな競馬ができたとしてもどこまで粘れるか。

◆11/07(土)京都7R 3歳上500万下…▲ノーブルソニック(川田)
状態が良いことから、急遽中1週で出走することになった。前走は反応が鈍くてほぼ1周ビッシリと追われ、左回りが合わずコーナーごとに外へ膨れていたのに、最後まで渋太い脚を使って2着に好走した。断然右回りの方がいいし、中央場所ならある程度は直線が長いため、差し脚も生きそう。牡馬混合戦になってメンバーレベルは格段に高くなるけど、以前よりはスタートダッシュも良くなっていて、砂を被らないポジションに付けられれば頭まであり得る。

◆11/07(土)東京8R 3歳上500万下…◎アナザーバージョン(C・デムーロ)
前走は一旦先頭に立ちながらも、ソラを使って脚色が鈍って3着に敗れた。ジョッキーも2度目になって今度は早め先頭に立つこともなさそうだし、相手も大幅に弱化され、今回もオニノシタブルとの一騎打ちムード。去勢したわりにはパドックでうるさい面を見せてあまり効果が感じられないし、今回は深いブリンカーを装着するとのことで、かえって逆効果にならないか心配な面も。時計・実績面ともに断然の存在で、そろそろ500万は卒業したい。

◆11/07(土)東京8R 3歳上500万下…×ルヴァンカー(シュタルケ)
右トモの疲れを癒やすのに時間がかかり、5ヶ月ぶりとなる。この馬も外から被されずにスムーズに先行できれば強さを発揮し、実際に2走前では、このレースで人気を集めそうなオニノシタブルと差のない2着に粘っている。今回は強力な先行馬が見当たらないし、アナザーバージョンはギリギリまで追い出しを我慢したいので、スムーズに先行できればかなり可愛がってもらえそうで、残り目もあり得る。ただ、使ってからの方がいい馬だし、まだ動きがピリッとしないので入着級か。

◆11/07(土)東京12R 3歳上1000万下…×レッドエンブレム(吉田豊)
これといって馬体にダメージがあったわけでもないのに、戸田厩舎お得意のムラセファームに幽閉されて5ヶ月ぶりの出走となる。もともと叩いて少しずつ良くなるタイプだし、1000万条件に昇級してからは全く良いところがなく、適条件のはずの東京ダート2100mでも苦戦必至。12頭立てとフルゲートにはならなかったので、スムーズに先行できるならある程度は走れるかも。とはいえ展開がハマっても入着が限界か。

◆11/07(土)京都12R 3歳上1000万下…△アメリ(川田)
ようやっと1年ぶりにダート1400mの適条件に出走できる。今回は逃げ馬が4頭いて、そのうちレッドセイリングは何が何でもハナに立つらしく、この馬向きの速い流れになりそうで、いつものように中団のいい位置をキープできるようなら浮上余地も十分。相性のいい川田騎手に乗ってもらえるのも好材料。ただ、クラス実績のある馬も多いし、久しぶりのダート短距離になり、馬が戸惑わないか一抹の不安はある。来年3月で引退を迎えるため、それまでに何とかもう1勝を挙げたい。

◆11/07(土)京都12R 3歳上1000万下…×レッドセイリング(岡田)
ダート1400mは2勝目を挙げた適条件で、スンナリ先行できるならソコソコは粘れそう。ただ、今回は逃げたい馬が他に3頭いて先行争いが激化しそうだし、そもそも1000万条件ではスピード不足で、ハナに立てるかは怪しいところ。以前ほどのモロさはなくなっているし、引き続き馬の状態はいいようなので、行けるだけ行って粘り込みを図るレースをしてもらいたい。この馬も5歳牝馬なので、アメリと同様にまもなく引退となる。

◆11/08(日)福島8R 3歳上500万下…×レッドクラリス(杉原)
馬に走る気が見られないとのことで、連闘することになった。ダート2100mでも先行できなかったのに、距離が半分近くに短縮されたダート1150mでは追走で一杯になることは明らか。若手騎手限定戦で出走馬のレベルは低いけど、それでもいつものように砂を被った途端にレースが終わってしまうはず。今回は速い流れを経験させ、馬の走る気を呼び戻すことが目的だそうで、何らかの形で次に繋がるレースができれば。

| | コメント (0)

2015.11.05

デビュー戦は見所のある3着

ブレッザフレスカ、残念ながらデビュー勝ちはできなかったけど、素質の片鱗は見せてくれた。

◆11/04(水)名古屋9R JRA認定セレクトゴールド…△デラニュースター(丸野)→7着
中1週でもマイナス1キロと、特に細くなった感じはなかった。ポンとゲートは出たものの、二の脚が遅くて中団あたりからの競馬に。馬群の中に入ってしまい、向正面に出たあたりで早くもムチが飛んで後退加減。そこからバテはしなくても、これといった伸びがなく7着止まり。前走で先着していた馬に対しては今回も先着していることから、実力的には順当な結果で、単に前走が恵まれただけだった模様。引き続きメンバーに恵まれるまで待つしかなさそう。

◆11/05(木)大井1R 2歳新馬…◎ブレッザフレスカ(真島)→3着
デビュー戦だけあって物見が激しく、しばしばパドックで立ち止まっていた。馬体はキッチリと仕上がっていたものの、一目見て分かるほど右トモの踏み込みが弱く、苦戦必至の雰囲気だった。揃ったスタートを切り、ダッシュが鈍くて後方から。馬群の内側を通ってスルスルとポジションを押し上げ、3コーナーを回るあたりではちょうど中団あたりまで押し上げた。その後もロスなく最内を通って4コーナーでは5番手まで上がって先頭を射程圏に入れると、直線に向いてからはしばらくモタモタと伸びあぐね、残り100mあたりからいい脚で先頭との差を詰めて3着まで押し上げた。3~4コーナーではいい脚色で進出し、直線に向いて手前を替えるとなかなか右トモが付いてこないので脚色が鈍り、しばらく走らせると右トモが付いてきて再び伸びる、といった感じだそう。なかなかいい根性をしていて見所があったし、右トモが良くなれば活躍してくれそう。残念ながら連続新馬勝ち記録は途切れたけど、決して悲観するレース内容ではなかった。
Ke3a4649_2 Ke3a4685 Ke3a4696

| | コメント (2)

2015.11.03

ブレッザフレスカのデビュー戦

5きょうだい連続で共有しているブリージーウッズの仔、ブレッザフレスカがデビューを迎える。姉ショコラヴェリーヌ、兄ブリージーストーム、姉ララベルのいずれも新馬勝ちを飾っていて、この馬にも期待がかかる。オーナーズの共有馬はエルヴィエントとガーデンズキューも含めて全て新馬勝ちしているので、連勝記録を更新したい。

◆11/04(水)名古屋9R JRA認定セレクトゴールド…△デラニュースター(丸野)
前走はスンナリと2番手でレースを進められて待望の初勝利を挙げた。徐々に時計面も良くなっているけど、さすがにJRA認定レースだけあって相手は格段に強くなり、3走前で先着された馬を基準にすると、ここは入着級といったところか。ペースがかなり速くなりそうで、今回はあまり前に行かず中団あたりに控え、渋太い脚で流れ込むようなレースが理想的。中1週でもしっかり追われていて、デキ落ちもなさそう。

◆11/05(木)大井1R 2歳新馬…◎ブレッザフレスカ(真島)
ララベルの妹がデビューを迎える。今年の4月頃、そろそろ大井へ移動しようかという時に、右トモを傷めてしまってデビューが遅くなった。もともとこの兄弟は右の股関節に弱点を抱えているとのことで、この馬も現段階では兄姉以上に右トモが弱いとのことで、どこまでやれるか少し心配。とはいえ能力試験では3~4コーナーでちゃんと加速できていたし、直前の追い切りでも盛岡のJRA認定競走を勝った馬を軽くアオり、一応の態勢は整ったように思える。今回は2番枠を引き、互角のスタートを切れれば距離損のない絶好枠になるけれど、能力試験の時のように大きく出遅れてしまうとモマれてしまう心配も。ララベルも、弱さを抱えながらも新馬戦は強い内容で勝っているので、ここは姉に続いていい結果を期待したい。

| | コメント (0)

2015.11.01

低い期待を更に下回るクソ騎乗

先日の門別に続き、今回もわざわざ京都まで遠征して腹を立ててきただけの結果に。

◆10/31(土)東京7R 3歳上500万下…×レッドクラリス(北村宏)→8着
中2週で増減がなく、相変わらず466キロある割にはお腹が巻き上がって見えて、いかにもパワー不足の印象。ほぼ揃ったスタートを切り、馬群の外からジンワリと中団に付ける。砂を被らないように馬群の外を回しての追走で、今回は途中でレースを止めることなく中団のまま3~4コーナーを回り、馬群の外から先団を伺う位置まで進出したものの、直線に向いたところで後退し始めて、4.5秒差の8着に終わった。レースぶりは多少の良化は見えても、さすがに距離が長かったか。

◆11/01(日)京都5R 2歳新馬…×プルミエエトワール(國分恭)→13着
入厩した頃は530キロあったのが、504キロまで絞れていた。無駄な動作をせずにしっかりとパドックを周回し、とても最低人気の馬には見えなかったけど、大型馬の割には歩様に力強さがなく、いかにもここを使ってからといった印象。あまり良いスタートではなく後方2番手から。馬群の中に入れての追走で、1000m通過が1分05秒のスローペースに落ち着いてしまった。終始外から被される形で道中は全く動けず、直線に向いてからようやっと追われても、レース上がりが34.8秒でこれといった伸びが見られず13着に終わった。
Ke3a4317 Ke3a4483

出遅れたのでいっそシンガリまで下げていつでも動ける場所をキープするとか、ビッシリ追って闘魂注入するとか、最内にこだわってロスのない競馬をするわけでもなく、何の工夫もなしに馬群の中に入れて直線で申し訳程度に追っただけで、これでは次に繋がるものがない。あげく「今日は展開がすべてでした」とコメントしているようでは全く救われない。普段調教に乗っていた様子はないし、厩舎の所属騎手でもなく、中谷騎手のように調教が巧いとの評判も聞かず、そもそもこのジョッキーを新馬戦に乗せる理由が分からない。もともと低かった期待を更に大きく下回るような乗り方をされてしまっては、これではイライラするために50万円払ったようなもの。ここのところ、サンデーの馬でレース選択のミスや恐ろしく下らない乗り方をされるケースが目立ち、この趣味もそろそろ潮時かもしれない。

◆11/01(日)東京9R 精進湖特別…▲ストレンジクォーク(岩田)→7着
中3週でマイナス2キロとほぼ変わらず出走できたし、キビキビと唸るような気合いでパドックを周回し、間違いなくデビュー以来最高のデキ。揃ったスタートを切り、外枠の馬が控えてくれたおかげで、全く労せずスッと5番手に付けて2コーナーを回った。やや掛かり気味だったのを抑えたところ、前を行く3頭が後続を引き離して快調に飛ばす展開となり、直線に向いて馬群の外から懸命に追われて一旦4番手に上がったものの、ゴール前で脚色が鈍ってしまい7着に終わった。ゴール前で後方から交わされているので、早めに動いていても同じような結果になっただろうし、この馬自身34.0秒では上がれているので、展開・コースともに向かなかったとしか言いようがない。

【次週出走予定】
◆11/04(水)名古屋9R JRA認定セレクトゴールド…デラニュースター(丸野)
◆11/05(木)大井1R 2歳新馬…ブレッザフレスカ(真島)
◆11/07(土)東京3R 2歳未勝利…ゴールドエフォート(戸崎)
◆11/07(土)東京7R 3歳上500万下…レッドダニエル(柴山)
◆11/07(土)東京8R 3歳上500万下…アナザーバージョン(C・デムーロ)
◆11/07(土)東京8R 3歳上500万下…ルヴァンカー(未定)
◆11/07(土)東京12R 3歳上1000万下…レッドエンブレム(福永)
◆11/07(土)京都12R 3歳上1000万下…アメリ(川田)
◆11/07(土)京都12R 3歳上1000万下…レッドセイリング(未定)
◆11/08(日)福島5R 2歳新馬…アルーアキャロル(大野)

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »