« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015.10.30

望み薄のデビュー戦

ウェスタールンドの妹、プルミエエトワールがデビューを迎える。このデビュー戦を心待ちにしていたのに、どうも期待できそうにない状況で、レース前からガッカリ。

◆10/31(土)東京7R 3歳上500万下…×レッドクラリス(北村宏)
未勝利卒業後は6戦して全く良いところがなく、ここ最近は序盤でレースを止めてしまう悪癖が付いてしまった。前走も、今まで好走できていて東京コースでの変わり身を期待しても、砂を被った途端に最後方まで下がってしまい、ここも激変まではとても見込めず厳しそう。10頭立てと少頭数になったし、うまく砂を被らないようなレース運びができれば多少は前進の余地も。おそらく今回も全然ダメなら引退となりそう。

◆11/01(日)京都5R 2歳新馬…×プルミエエトワール(國分恭)
7月末に入厩後、少し脚に疲れが出て小休止した以外は、特にトラブルなくデビューまで進められた。牝馬ながら500キロを軽く超える大きさで、じっくり乗られてもなかなかピリッとした面が出てこないようで、初戦からというタイプではなさそう。でも火曜日の追い切りではようやっと水準級の時計が出ており、スタートを決めれば見せ場くらいは作れるかも。3場開催中でG1の裏開催とはいえ、新馬戦なのにリーディング66位の國分恭介騎手が鞍上というのはだいぶガッカリで、馬の脚元に不安があるわけではなく、減量特典があるわけでもないので、この起用はだいぶ納得がいかず、全然期待されていないのがありありと分かってしまう。とはいえ、先週の京都メインで12番人気の馬を勝たせるなど、人気以上の着順に持ってこれる騎手ではあるので、レース後、國分恭介騎手に平謝りするような結果になって欲しい。

◆11/01(日)東京9R 精進湖特別…▲ストレンジクォーク(岩田)
前走は4コーナーで馬群を捌くのにモタついてしまって惜しい3着。古馬相手に十分通用することを証明できたし、ここも引き続きチャンスは大きい。ただしこのレースはハンデ戦で、3歳馬ながら55キロと実質トップハンデを背負わされて有利とは言えず、1000万条件で勝ち負けしている馬も多く、そう強気にはなれない。東京コースより中山向きという点も減点材料。とはいえ岩田騎手に乗ってもらえるし、馬の状態は更に上向いているようなので、決め手を生かしていいレースを期待したい。

| | コメント (0)

2015.10.25

もうひとつの結果に終わる

名古屋競馬所属のデラニュースターが初勝利を挙げてくれた。他の馬は残念ながらもう一息。

◆10/22(木)園田7R JRA認定アッパートライ…△ハルカカナタ(中田)→4着
また馬体が減ってしまい392キロに。さすがにここまで減ってしまうと深いダートでは力を発揮できない。揃ったスタートを切り、押してポジションを取りに行き4番手に付ける。馬群の内に入れ、向正面からムチを飛ばして早めに進出を図り、直線では一番外に出してなかなかいい脚で差を詰めたものの、前を交わすほどの勢いはなく4着となった。徐々にレースぶりは良くなっていてもう少し前のポジションを取れるようなら初勝利も挙げられそう。ただ、馬体重が減り続けているのは心配で、最低でも400キロは欲しい。

◆10/23(金)名古屋2R 2歳2組…◎デラニュースター(丸野)→1着
中1週でも中間は併せ馬でしっかり追い切られ、調子は良さそうだった。今回は揃ったスタートを切り、労せず2番手に付けられた。持ったまま逃げ馬を追走し、4コーナーでも手応え十分に逃げ馬に並びかけ、直線の入り口で追われると後続をアッサリと5馬身突き放し、嬉しい初勝利を挙げた。持ち時計も更に短縮できたし、今後もスムーズな競馬ができるようなら出番がありそう。

◆10/24(土)新潟6R 3歳上500万下…▲ノーブルソニック(☆松若)→2着
新潟までの輸送があっても馬体重が変わらずに出走できたのは好材料。いつも通りのんびりとパドックを周回しつつも、歩様に力強さがあって好気配。揃ったスタートを切り、抑えて中団から。砂を被った途端に手応えが悪くなり、1コーナーから促しつつの追走となった。向正面でもジョッキーの手がさかんに動き、3コーナーに入るあたりでは最後方近くまで下がってしまい、ダメかと思われたが、馬群のかなり外を回して直線に向くと、大外からジリジリと差を詰めて2着まで押し上げた。いいスタートを切れたので行かせても良かったか。各コーナーで外に膨れていて、左回りは合わない。

◆10/24(土)東京11R 富士S…△グランシルク(福永)→6着
いつもどおり2人牽きでイレ込みそうなのを我慢させつつパドックを周回し、プラス2キロでも前走より体つきは良くなっていた。揃ったスタートを切り、じんわりと下げて中団のやや後ろから。少し行きたがるのをなだめながらの追走で、3コーナーあたりからは持ったまま馬群の外からポジションを押し上げ、直線に向くと外からいい脚で伸びてきて一瞬勝ったかと思いきや、坂を上がり切った残り200mからは脚色が鈍ってしまい6着まで。決して遅いペースではなかったのに、この馬自身は33.6秒で上がっていてよく頑張っている。やはり東京よりは中山の方が良さそう。
Ke3a3944 Ke3a4004

◆10/25(日)東京5R 3歳上500万下…◎アナザーバージョン(C・デムーロ)→3着
パドックではチャカチャカ落ち着かずに周回していたし、去勢をしたことで馬の横幅が薄くなっていてあまり感心せず。揃ったスタートを切り、行かせずに控えて中団からレースを進めた。3番枠だったのでラチ沿いの経済コースを取り、道中は折り合いを欠くこともなくスムーズに追走し、直線に向いてから追われ始めると、ラチ沿いからスルスルと抜け出して一旦は先頭に立ったものの、残り200mくらいで脚色が鈍って3着止まり。決して悪いレース内容ではないけれど、先頭に立ったらソラを使ってレースを止めてしまって、レースの仕方が難しい。
Ke3a4167 Ke3a4229

◆10/25(日)京都5R 2歳新馬…△クロークス(幸)→5着
VTRで映っていた範囲では、イレ込んだりチャカつくことなくパドックを周回し、踏み込みにも力強さがあって上々の気配に見えた。飛び上がるようにゲートを出てしまい、中団のやや後方から。馬群の外に出してレースを進め、道中動かずに控えたまま。3コーナーからジンワリと外を回して先頭との差を詰め、直線の入り口では2番手集団まで取り付いたものの、直線に入るとやや脚色が鈍ってしまい5着となった。見せ場も十分作れたし、もう少し上がりのかかるレースの方が合っていそう。平坦な京都よりは阪神向きか。

◆10/25(日)京都9R なでしこ賞…▲ソーディヴァイン(戸崎)→15着
チャカついて時折尻っぱねをしながらパドックを周回し、気配はあまり褒められず。今回もゲートの出は悪く、二の脚が速くてスッと先団に取り付いた。3コーナーの入り口で控えて2列目に下げると、3~4コーナーの中間あたりで口向きが悪くなってズルズルと後退してしまい、直線でも下がる一方で3.4秒差の15着に大敗した。ペースが速かったのでハナに立っても失速した可能性は高いけど、ダッシュ良く先頭に取り付いたのに、ハナに立たせずわざわざ下げた乗り方には大不満で、これでは何のために中1週でこのレースを使ったのか分からない。勝ち時計は1:25.2で、持ち時計だけ走っていれば今回も勝っていた。

◆10/25(日)佐賀11R 九州ジュニアチャンピオン…▲ローカルロマン(山口勲)→6着
このレースを目標にしっかり乗り込まれてマイナス4キロ。ただ、終始チャカつきながらパドックを周回していて、全体的な気配はもう一つ。好スタートを切り、抑えて3~4番手に控える。先行争いは激化せずちょうどいい位置取りに見えたけど、終始外から被される展開に。1周目は特に隊列が変わらず、2周目の向正面でペースが速くなると、なかなか外に出せずに逃げ馬の直後に位置したままで、3~4コーナーでも脚はあるのに進路がなくて追えず、直線に向いてようやく馬群がバラけて追われても、これといった伸びはなく6着に終わった。全馬目標にしているレースなので、さすがにいつものような楽な競馬はさせてもらえなかった。前走で控える競馬を試せなかったのも響いている。レース自体は直線で二転三転する見応えのある内容になった。

【次週出走予定】
◆10/31(土)東京7R 3歳上500万下…レッドクラリス(北村宏)
◆10/31(土)東京12R 3歳上500万下…レッドダニエル(未定)
◆11/01(日)京都5R 2歳新馬…プルミエエトワール(未定)
◆11/01(日)東京9R 精進湖特別…ストレンジクォーク(岩田)

| | コメント (0)

2015.10.24

ブレッザフレスカ能力試験

先週の10/16(金)に、地方競馬オーナーズの共有馬ブレッザフレスカ(メス2歳)が能力試験を受け、52.4秒の5位入線で合格した。

姉ショコラヴェリーヌ(6歳)、兄ブリージーストーム(4歳)、姉ララベル(3歳)に続き、このきょうだい4頭目の共有馬となる(1歳下の妹も出資済み)。このきょうだいは全馬とも右の股関節が弱いそうで、ブレッザフレスカは今夏に右トモを傷めてしまったこともあり、現状ではかなり緩さが気になるとのこと。この能力試験もマトモに走れるか心配していたけど、スタートで大きく出遅れつつも、3~4コーナーではラチ沿いをスルスルと進出して差を詰め、砂を被らせても嫌がることなく走り、思った以上の走りを見せてくれた。

11/5(木)の大井開催でデビュー予定で、どこまでやれるかちょっと不安もあるけど、兄姉は全て新馬勝ちしていることもあり、どんな走りを見せてくれるか楽しみ。
Ke3a2477 Ke3a2584
Ke3a2616 Ke3a2628

| | コメント (2)

2015.10.23

重賞でも上位争いは可能

今年に入ってJRAでは18勝していて、ルージュバックで「きさらぎ賞」を勝ったけど、残りの17勝は全て平場という状況。そろそろ特別・重賞勝ちが欲しい。

◆10/24(土)新潟6R 3歳上500万下…▲ノーブルソニック(☆松若)
昇級戦の前走は、レース前半で全く付いていけずに直線だけで差を詰めて3着まで押し上げた。とはいえ勝ち馬からは1.2秒も差があり、時計自体もあまり褒められたものではなく、500万勝ちの水準にはまだ達していない。今回は9頭立てと少頭数になり、比較的広い新潟コースに替わるため、また後方からの競馬になったとしても追走は楽になるはずで、前進は十分可能。乗れていて1キロ減の松若騎手に鞍上が変わり、いつもより前の方でレースを進められれば勝ち負けに加われるかも。

◆10/24(土)東京11R 富士S…△グランシルク(福永)
前走は直線に向いたところでなかなか進路を見出せず、ハナ・ハナ・アタマ差の4着だった。古馬相手に十分通用するところを見せてくれたし、今回はビシッと追われて前走以上に仕上がっており、今回も上位争いに加われるのでは。出走メンバーを見渡すと、抜けた馬こそ見当たらないものの全馬にチャンスがありそうな大混戦で、もともと東京よりは中山コース向きの馬だし、なにか展開の助けは欲しいところ。マイルチャンピオンシップに出走するためにもここで賞金を加算できれば理想的。

◆10/25(日)東京5R 3歳上500万下…◎アナザーバージョン(C・デムーロ)
去勢明けで3ヶ月ぶりの出走となる。気性が悪くて成績が伸び悩んでいたわけではなく、ここのところ面白くない騎乗が続いていただけで、去勢の効果はあまりなさそう。今回は12頭立てとフルゲートにならなかったし、前走入着馬が3頭しかおらず、ここはだいぶメンバーに恵まれた。時計面でも優位で、オニノシタブルとの一騎打ちムード。府中のダート1600mは最適条件だし乗り替わりも好材料で、最低でも連は外さない。

◆10/25(日)京都5R 2歳新馬…△クロークス(幸)
ここまで全くトラブルなく、順調に乗り込まれてデビューを迎えられた。コンデュイット産駒で芝2000mという条件は合ってそうだけど、この時期の2000mの新馬戦は素質馬が集まり、仕上がりの良さでどこまでやれるかといったところ。調教では水準級以上の時計を出しているし、動画を見た限りではなかなかいいフットワークをしているので、そこそこチャンスはあるはず。いいスタートを切って前の方のポジションを取れれば上位も。

◆10/25(日)京都9R なでしこ賞…▲ソーディヴァイン(戸崎)
中1週で500万条件に挑戦する。ここ2戦ともダート1400m戦を1:25.0で走っていて、単純な時計比較をすると、今回もそれくらい走れればぶっちぎれる計算。ただ、1勝馬が集まってレベルは格段に上がるし、もともとスタートが良くない逃げ馬なので、もしモマれ込んでしまうと思わぬ大敗もあり得る。逆に好スタートを決めてスンナリと先手を取れるようなら連勝の期待も十分。ここを勝って交流重賞の兵庫ジュニアグランプリに駒を進めたい。

◆10/25(日)佐賀11R 九州ジュニアチャンピオン…▲ローカルロマン(山口勲)
佐賀デビューの2歳馬が目標とするレース。5戦3勝と実績面では断然の存在だけど、今回は距離が1750mに伸び、1400mまでしか経験のないこの馬にとっては、抑えが利くかどうかがカギになる。前走は抑えるはずがスピードの違いでハナに立って後続の目標にされて2着に敗れ、今までと違う競馬を試せなかったのは減点材料。しかも今回は最内枠に入ってしまい、抑えるとモマれ込む危険性があるので、またハナに立って行けるだけ行ってみる競馬になるのでは。ここ5年で3回もこのレースを制している山口勲ジョッキーの腕前に期待したい。

| | コメント (0)

2015.10.21

そろそろ初勝利を

グリーンの地方馬2頭が出走する。日曜日には佐賀競馬のローカルロマンも重賞に挑戦予定で、いずれもいい結果を期待したい。

◆10/22(木)園田7R JRA認定アッパートライ…△ハルカカナタ(中田)
前走はJRA認定戦を渋太く2着と頑張ってくれた。時計もまずまずで、引き続き上位争いには加われそうだけど、前走では馬体重が400キロを割ってしまい、4戦目で上積みがあるかとなると疑問符が付く。馬群の中でモマれても怯まない根性の持ち主で、混戦になれば浮上余地も大きくなりそう。今回は偶数番を引き、スタートを決めてある程度はいいポジションでレースを進めたい。

◆10/23(金)名古屋2R 2歳2組…◎デラニュースター(丸野)
2走前は強いメンバーを相手に先行して速いタイムの2着と好走し、初勝利が期待された前走では追走に苦労して終い差を詰めただけの3着。今回はほとんど前走と同じメンバーで、相手関係はずいぶん楽になった。競馬新聞を見ると◎だけがズラリと並んでいるけど、スタート次第のアテにしづらいタイプなので、先行できるかどうかにかかっている。2走前くらい走れば楽勝できる計算だし、前走程度でも勝ち負けできそう。ここは初勝利を。

| | コメント (0)

2015.10.20

権利は取れなくてもレース内容は上々

ガーデンズキュー、ここにきて精神面の成長が見られ、レース内容が良くなってきた。今回は最良の結果ではなかったけど今後が楽しみ。

◆10/20(火)川崎10R サルビアカップ…▲ガーデンズキュー(楢崎)→3着
装鞍所にいた時点から落ち着いていたし、パドックでも今までになく堂々と周回していて、申し分のない気配。あまり良いスタートではなくシンガリから。すぐにポジションを押し上げて後方5番手で1コーナーを回った。縦に長い展開の平均ペースになり、最初の1周目は特に仕掛ける馬もなく淡々と進み、2周目の向正面でペースが上がってガーデンズキューも仕掛けてポジションを押し上げ、3~4コーナーでは4番手まで進出し、直線では大外に出してジリジリと伸びたものの、先頭を交わすほどの脚色ではなく3着となった。2000m・左回り・初コースをこなせたし、2周目の3コーナーで少しゴチャついたところをしっかりと伸びて来たのも収穫で、もうあと100m距離が長ければと思わせる惜しい内容だった。例年通りなら賞金的にロジータ記念出走は難しそうだけど、何とか滑り込みで出走枠が回ってくることを期待したい。
Ke3a3601 Ke3a3696 Ke3a3776

| | コメント (0)

2015.10.19

ロジータ記念に出走させたい

もともと距離が伸びて良さそうだと言われていたガーデンズキューが、ロジータ記念トライアルに挑戦する。ここで権利を取ってララベルとともに出走させたい。

◆10/20(火)川崎10R サルビアカップ…▲ガーデンズキュー(楢崎)
11/18(水)に行われる川崎S1「ロジータ記念」のトライアルレースで、1着馬のみに優先出走権が付与される。前走は、本来なら僅かに先着していて1着だったはずなのに、どういうわけか2着で確定した不可解なレース。とはいえ、連勝中のピエールペガサスと互角のレースができたし、4戦連続で最速の上がりタイムを計時していて、ここにきてだいぶ力を付けている。実力的にはこのメンバーに入っても十分通用するはずで、反応の悪い馬なので距離が2000mに伸びるのも好材料。ただし川崎は昨年12月から異常なまでに力の要る馬場になっていて、しかも先行馬が絶対的に有利なコースなので、先行できないこの馬にとって展開面がカギになる。1周目の直線である程度はポジションを押し上げておくか、2周目の向正面までは控えるか、いずれにせよ楢崎騎手の乗り方にかかっている。

| | コメント (0)

2015.10.18

クラシックを意識する鮮やかなデビュー勝ち

アグレアーブルが期待以上の走りを見せてくれ、否が応でも来年のオークスを意識してしまう。次走は東京スポーツ杯2歳Sを予定しているとのことで、そこで好走できれば戴冠がグッと近づく。

◆10/17(土)東京3R 2歳未勝利…○ゴールドエフォート(戸崎)→3着
コロンとした体型で442キロという数字以上に馬体を大きく見せ、落ち着いてパドックを周回して調子は良さそうだった。1頭だけ出遅れてしまい、後方2番手から。前走ほどのロスはなく、先頭からは8馬身くらいの差。後方のまま3~4コーナーはラチ沿いを回して、直線の入り口では馬群の中に入れようとしたもののハッキリとした進路は取れず、外の馬を行かせてから馬群の外に出すと、ジリジリと伸びて3着は確保した。ほぼ同じ位置にいた馬が勝ったし、最初から馬群の一番外に出していればもう少し際どかったはず。東京開催のあるうちに勝たせたい。
Ke3a2760 Ke3a2802

◆10/17(土)東京4R 2歳新馬…×サインズストーム(岩田)→9着
512キロの割には力強さが感じられず、全体的に覇気がなくて気配はもう一つ。ほぼ揃ったスタートを切り、外からジンワリと先行させて5番手に付ける。比較的落ち着いたペースとなり、5番手のいい位置取りのまま3~4コーナーを回り、直線に向いて追われても全く伸びず前との差が開く一方で、1.7秒差の9着に終わった。まだ調教の動きも物足りないし、現状ではスピード不足。ダートの方が良さそうに思える。
Ke3a2865 Ke3a2941

◆10/17(土)東京5R 2歳新馬…◎アグレアーブル(岩田)→1着
シルクは募集馬見学ツアーに行かないので、実馬を見るのは今回が初めて。牝馬のデビュー戦なのに落ち着き払ってパドックを周回し、馬体もキッチリと仕上がっていた。あまり良いスタートではなく、中団の後ろから。向正面に入ったあたりで馬群の外に出し、この時点で勝利を確信。1000m通過は1:05秒台とかなりのスローペースになり、後方4番手からジンワリと馬群の外を回して進出し、直線の入り口では先頭を完全に射程圏に捕らえると、直線では一番外からいい脚で伸び、2番人気馬をキッチリと1馬身ほど交わしてデビュー勝ちを飾った。スローペースだったとはいえ稍重の馬場で上がり33.8秒は優秀だし、道中も非常にスムーズなレース運びでケチの付けようがない。前評判以上のいい勝ち方で来春のクラシックを意識してしまうけど、ちょっと今回は仕上がりすぎの印象も受け、次走でさらなる上積みがあるかに注目したい。
Ke3a3186 Ke3a3268

◆10/18(日)新潟6R 3歳上500万下…◎ウェスタールンド(☆松若)→5着
5ヶ月ぶりでもプラス2キロとあまり増えていなかったし、馬体・歩様とも休養前と変わらず、残念ながらさほど成長した印象は受けなかった。あまり良いスタートではなく後方2番手から。馬の反応が悪くてスタート直後からジョッキーの手が動くシーンもあり、ラチ沿いを通って後方3番手で3コーナーに入り、直線に入ってから追われ始めると、スピードが乗るまで時間が掛かって残り300mあたりでようやく馬群を割って伸びたものの、先頭に迫るほどの勢いはなく5着止まり。かなり楽なメンバー構成だったので、5着という結果にはガッカリ。ただ、未勝利時代のようなムキになるような走り方はなくなっていたし、5着以内で最低限の権利は取れたので、走り慣れた阪神・京都コースで改めて期待したい。
Ke3a3358 Ke3a3517 Ke3a3553

【次週出走予定】
◆10/20(火)川崎10R サルビアカップ…ガーデンズキュー(楢崎)
◆10/22(木)園田7R JRA認定アッパートライ…ハルカカナタ(中田)
◆10/23(金)名古屋1R 2歳2組…デラニュースター(丸野)
◆10/24(土)新潟6R 3歳上500万下…ノーブルソニック(☆松若)
◆10/24(土)東京11R 富士S…グランシルク(福永)
◆10/25(日)東京5R 3歳上500万下…アナザーバージョン(未定)
◆10/25(日)京都5R 2歳新馬…プルミエエトワール(未定)
◆10/25(日)京都5R 2歳新馬…クロークス(幸)
◆10/25(日)京都8R なでしこ賞…ソーディヴァイン(戸崎)
◆10/25(日)佐賀11R 九州ジュニアチャンピオン…ローカルロマン(山口勲)

| | コメント (0)

2015.10.17

3レース連続出走

土曜は東京で3レース連続出走があり、もしかしたら3連勝の可能性もと一瞬思ったけど、サインズストームに一頓挫あったので難しそう。ウェスタールンドのレースも大いに楽しみ。

◆10/17(土)東京3R 2歳未勝利…○ゴールドエフォート(戸崎)
前走はゲートの出・ダッシュともに悪く、かなり離れた後方からよく差を詰めて4着まで押し上げた。もう少しスタートがマトモだったらという内容で、今回は距離が200m延びて1600mになるし、レース慣れした分は前進できるはず。カンパニー産駒で東京コースが合わないワケがないし、10頭立てと落ち着いた頭数になって抜けた馬もおらず、この馬にも十分チャンスはある。ただ、内枠の奇数番を引いてしまい、また前走のようにスタートが悪いとモマれ込んでしまう恐れも。

◆10/17(土)東京4R 2歳新馬…×サインズストーム(岩田)
ターファイトクラブ出資馬の初戦となる。社台系のクラブではなかなか募集されないスタチューオブリバティ産駒で、短いところが合いそう。早いうちから岩田騎手に乗ってもらうことが決まっていて、ソコソコ期待できそうだったものの、先週挫石で一頓挫があり、今週の調教もあまり褒められたものではなく、かなりの大型馬で使われるうちに良くなってきそうだけど、初戦からいきなり好走するのは難しい。おそらく芝よりはダートの方が合うはず。

◆10/17(土)東京5R 2歳新馬…◎アグレアーブル(岩田)
シルクで1次募集から出資していた2頭のうちの1頭(もう1頭はストロングタイタン)。母系に活躍馬が多く、いい眼をしていたのが出資理由で、それ以外はこれといって印象に残っていない。ただ、1歳当時から素質を高く評価されていて、今回もレースが近づくにつれて斎藤調教師から期待が大きそうなコメントが連発されていて、かなり見所はあるのかも。牝馬ながら500キロ超の大きな馬体をしていて、トビも大きく、府中コースは合っている。同じ父を持つルージュバックのような活躍を期待したい。

◆10/18(日)新潟6R 3歳上500万下…◎ウェスタールンド(☆松若)
青葉賞以来、5ヶ月ぶりに復帰する。特にどこかを傷めたわけではなく純粋な休養で、休ませたことで気性面がだいぶ成長したそうで、逆に大人しくなったことがどうレースに影響するか。未勝利戦では常に馬券圏内に走っていた堅実さもあり、18頭立てでもこれといって強い相手も見当たらず、ここは復帰初戦からいい結果を期待したい。乗れてる若手の松若騎手が鞍上というのも心強い。ただ新潟コースで長くいい脚を使えるかどうかは不安が残る。

| | コメント (0)

2015.10.16

秋初戦で理想的な勝利を飾る

馬体の不安がなくなったことでレース内容もすごく良くなり、全く申し分ない形で復帰戦を飾れた。

◆10/15(木)大井11R スターバーストカップ…◎ララベル(真島)→1着
プラス18キロの534キロと過去最高の馬体重。もちろん目標が次なので余裕残しではあるけれど、しっかりと乗り込まれていたので、状態面は何の不安もなかった。好スタート・好ダッシュを決め、労せず3番手の外に付ける。見るからに遅い超スローペースになり、さすがのララベルも抑え加減で向正面を進んだ。マクる馬も出てこずスローペースのまま、ほとんど隊列が変わらず3コーナーに入るとペースアップし、3番手のまま直線の入り口から追われ始めると、2番手のヴェスヴィオとマッチレースとなり、残り50mあたりから僅かにララベルが前に出て、ゴール前ではクビ差先着して1着となった。
Ke3a2155 Ke3a2206 Ke3a2269

休み明けで牝馬ながら56キロを背負い、ずっと3頭分外を回っての上がり勝負という、かなりの地力が問われるレースになったのに、しっかり勝ち切ったのは価値が高く、馬がしっかりしてきたことで、レース内容も更に良くなってきたことも非常に心強い。今回は上がり勝負となったため、地力は問われてもスタミナが問われる流れにはならなかった点もララベルに味方したとは言えるけど、このレース内容なら、次走のロジータ記念も正攻法の競馬で臨めるし、トモの不安がなくなった今なら川崎の重いダートも全く苦にしないはずで、今からレースが楽しみ。
Ke3a2299 Ke3a2357 Ke3a2446

| | コメント (2)

2015.10.15

不安材料が払拭されての復帰戦

今まで常に何かしら不安を抱えてレースに臨んでいたララベルが、ここにきてようやく体質が強化され、今回は申し分ない状態でレースに臨めそう。

◆10/15(木)大井11R スターバーストカップ…◎ララベル(真島)
東京ダービー以来、4ヶ月ぶりに復帰する。前走後は社台ファームへ移動し、1ヶ月ほどは文字通り放牧され、肉体的にも精神的にもすっかりリフレッシュできた模様。もともと股関節に弱さを抱えていた馬が、この放牧ですっかり馬が固まったそうで、調教後もクタっとすることがなくなり、ようやっと馬が完成に近づいている模様。先日、荒山厩舎に訪問してララベルを見せていただいた時も、惚れ惚れするような好馬体をしていたし、いい頃のキリッとした眼が戻っていたのが何よりも心強い。
Ke3a1091 Ke3a1133

今回は9頭立てとはいえ、羽田盃馬・東京ダービー2着馬3着馬・東京プリンセス賞馬が出走するとんでもなく豪華なメンバー構成で、ララベルもS1の桜花賞を勝っているため56キロを背負うのも有利とはいえず、距離の2000mも本質的には長い気がする。でも、デビュー以来最高の状態であることは間違いなく、馬体が固まったララベルが、この距離でこのメンバーを相手にどこまでやれるか楽しみでならない。

| | コメント (0)

2015.10.14

門別で流行の騎乗スタイル

競馬は負けて得ることも多くあり、着順が悪かったからといって必ずしもガッカリすることばかりではないけれど、今回の敗戦は何の課題もテーマもなく、ただ1周下らない乗り方をしてきただけなので、さすがに頭に来る。

◆10/03(火)門別11R サンライズカップ…◎ヴェルミオン(五十嵐)→7着
2ヶ月ぶりでも馬体に増減なし。以前ほどの緩さはなくなってもまだ力強さもなく、思ったほどは馬体が成長していない印象。過去2戦と同様に落ち着いてパドックを周回していた。あまり良いゲートの出ではなく、躓いたため後方から。ジョッキーが馬を促したら行きたがってしまい、宥めるために馬群の内へ入れて1コーナーに入った。向正面に出るあたりまでは掛かるのを抑えながらの追走で、ペースが上がった3コーナー手前から早くもジョッキーの手が動き始め、4コーナーあたりでは付いていけない感じで早々と勝負圏外まで下がってしまい、直線も踏ん張りきれず7着に終わった。

控えるならしっかり控えて脚をためるとか、行かせるならしっかり前へ行かせていいポジションを取ればいいのに、どうも道営ジョッキーの中では、自分から馬を促して行かせておきながら、道中の中途半端なところで抑えて馬と喧嘩するというアホな乗り方が流行ってるらしく(今年何回も見た)、これでは馬に無駄なストレスがかかるだけで、負けて得るものも無し。いわば、道中常にアクセルかブレーキのいずれかをかけてるような状態で、こんな乗り方で勝てるようなら、来年のUAEダービーで圧倒的本命に支持される。この敗戦で賞金的に北海道2歳優駿へ出走することも難しくなり、南関東へ転厩することになった。早めに南関東へ移動できる点だけが今回の収穫。
Ke3a1598 Ke3a1684

| | コメント (0)

2015.10.13

2ヶ月ぶりでも上積み十分

先週木曜のレースが順延になり、改めて門別へ行ってきます。予想気温が6度で、かなり寒そう。。。

◆10/03(火)門別11R サンライズカップ…◎ヴェルミオン(五十嵐)
強風の影響で火曜日に順延。出走メンバーはそのまま変更なく、枠順のみ変更されて9番ゲートから8番ゲートになった。まだ馬が全然固まっておらず、パドックで一目見ただけで緩いと分かるような状態なのに、レースに行ってなかなかいい根性をしていて2連勝を飾ってくれた。前走から2ヶ月ほど牧場でじっくり乗り込まれ、筋肉が引き締まっていい動きを見せたとのことで、更なる上積みが見込めそう。今回のメンバーを相手にして勝ち負けに持ち込むためには、持ち時計をかなり短縮する必要がある。でも先行力があって行きたがるタイプでもなくレースがしやすい馬なので、少なくとも恥ずかしいレースにはならないはず。もちろん連勝を3に伸ばせれば最高だけど、まだ6頭立ての少頭数のレースしか経験したことがなく、ここが目標というわけでもないため、先々を考えてモマれる競馬も経験しておきたい。

| | コメント (0)

2015.10.12

余裕綽々の逃げ切り勝ち

ソーディヴァインが余力十分に初勝利を挙げてくれ、これで不振を脱出できた。次週はララベルやウェスタールンドといった主力馬が復帰するので、ちょうどいい弾みがついた。

◆10/08(木)名古屋1R 2歳2組…◎デラニュースター(丸野)→3着
パドックでの気配は不明。ゲートは五分に出ても、その後のダッシュが付かずに5~6番手となる。1コーナーに入る時点から早くも追走に一杯となり、向正面ではムチが飛んでもなかなか前との差は詰まらず、もうこの時点で勝ちはなくなった。4コーナーかはジワジワと差を詰めて、直線でもバテた馬を交わして何とか3着には入った。レースだけ見ると最悪といっていい内容だけど、先着された2頭はJRAからの転入馬だし、まぁこんなものかも。順番が回ってくるのをひたすら待つしかない。

◆10/08(木)門別11R サンライズカップ…◎ヴェルミオン(五十嵐)→順延
強風のため2Rで開催中止。出走メンバーはそのままに、枠順のみ変更して10/13(火)に順延。ノーザンファームから移動していなかったそうで、順延の影響も少なく済みそう。

◆10/10(土)京都1R 2歳未勝利…◎ソーディヴァイン(川田)→1着
前走から増減なく、パドックの外めをキビキビと周回。ちょっと歩様が前走よりもこぢんまりとしていたのは気になった。この日はゲートを互角に出て、持ったままジンワリとハナに立った。終始抑え加減の逃げとなり、道中は競り掛けてくる馬もおらず、終始手綱を持ったまま1馬身のリードをキープ。直線に向いても余力十分で、少し気合いを入れた程度で後続を寄せ付けず、1馬身1/4差で鮮やかな逃げ切り勝ちをおさめた。勝ちタイムも前走と同じ1:25.0で、なかなか優秀。先日の大井で大怪我をして繁殖入りした姉のソーミラキュラスの分まで頑張って欲しい。

◆10/10(土)東京7R 3歳上500万下…×レッドクラリス(内田)→11着
キビキビとしっかりした歩様でパドックを周回し、調子は良さそうに見えた。ただ、相変わらず数字以上に体つきが細く見えるのは気になる。揃ったスタートを切り、一旦は先行しかけたものの、ダートコースに入ったあたりでズルズルと後退して最後方まで下がる。この時点で完全に勝負圏外となり、直線に向いてから外に出すと少しだけ差を詰めて11着となった。砂を嫌がったというより、馬混みを気にしてレースをやめてしまった。勝ち馬とは1.2秒差で、着順ほどは負けていないけど、ここのところ全くレースに参加できておらず、次走ブリンカー着用で変わり身がなければ終戦か。

◆10/10(土)東京9R 山中湖特別…△レーヌドブリエ(吉田豊)→3着
長距離輸送があっても2キロしか減らなかったのは好材料。ただ、チャカつきながらパドックを周回していた。ほぼ揃ったスタートから、ジワッと下げて中団の内側に控える。道中はかなりのスローペースとなり、やや抑え加減の追走。全く隊列が変わらないまま直線に向くと、外に出すスペースがなくラチ沿いを通って差を詰め、残り300mあたりで3番手までは上がったものの、終始逃げ馬と2番手の馬とで進路を塞がれたまま3着でゴールした。レースの上がりが33.4秒で、外に出せたとしても着順は変わらなかったように思える。

◆10/11(日)京都1R 2歳未勝利…◎デューズワイルズ(松山)→4着
少し尻尾を振ってイライラする面はあっても、前走のように落ち着きを欠くようなことはなく、無駄な動作をせずにパドックを周回できていた。あまり良いスタートではなく6番手に付ける。向正面に入ったあたりで後退する馬のアオリを受けてポジションを悪くし、3コーナーに入ったあたりで一気に加速して2番手まで押し上げたものの、そこから脚色が鈍ってしまい、4番手で直線に入っても前との差を詰められず、勝ち馬とは1.3秒差の4着に終わった。落ち着きはあったし、砂を被って嫌がる面もなかったけど、加減速が苦手な馬のようで、3コーナーで押し上げた時点で終わってしまった。今日のレースが限界だとは思わないけど、かなり乗り方は難しそう。

◆10/11(日)京都12R 3歳上1000万下…×レッドセイリング(浜中)→8着
馬体重に増減がなく、相変わらずの好馬体。でもこの日は珍しくチャカつきながらパドックを周回していた。好スタート・好ダッシュを決めて一旦先頭に立つも、内側の馬がハナを譲らずに2番手に控える。ダート1400m戦にしては平均的な流れになり、2番手をキープしたまま4コーナーを回り、いつものように直線の入り口で気合いを入れて追い始めると、しばらくは2番手で粘っていて入着があるかのように見えたものの、残り100mで外からドッと交わされて8着となった。以前よりはだいぶ粘れるようになったけど、前日のソーディヴァインよりも時計が遅く、決して褒められた内容ではない。

【次週出走予定】
◆10/13(火)門別12R サンライズカップ…ヴェルミオン(五十嵐)
◆10/15(木)大井11R スターバーストカップ…ララベル(真島)
◆10/17(土)京都1R 2歳未勝利…アーリードライヴ(浜中)
◆10/17(土)東京3R 2歳未勝利…ゴールドエフォート(戸崎)
◆10/17(土)東京4R 2歳新馬…サインズストーム(岩田)
◆10/17(土)東京5R 2歳新馬…アグレアーブル(岩田)
◆10/18(日)新潟6R 3歳上500万下…ウェスタールンド(松若)
◆10/18(日)東京10R 昇仙峡特別…レッドエンブレム(未定)

| | コメント (0)

2015.10.10

スタートを決めれば勝ち負けの期待

なかなか調子が上向かず、ここ5週間ほど勝てなかったので、今週こそは何とかしたい。2歳馬2頭は期待できそう。

◆10/10(土)京都1R 2歳未勝利…◎ソーディヴァイン(川田)
前走は、出遅れた上に掛かってしまい2番手まで押し上げ、勝ち馬とのマッチレースで後続に大差をつけての2着だった。良馬場発表でもやや湿った馬場だったので時計面は過信できないものの、それでももう少しだけスタートがスムーズならアッサリ勝てそうなメンバー構成で、ここは期待が高まる。ただ、前走後は中1週で出走する予定が挫石で予定が伸びた経緯もあって状態面は万全とは言いがたく、あまりスタートが良くない馬で後方のまま揉まれ込むと取りこぼすこともあり得る。

◆10/10(土)東京7R 3歳上500万下…×レッドクラリス(内田)
未勝利戦を勝ってからはレースを重ねるごとに内容が悪くなり、特にここ2戦は道中でちょっとした不利を受けただけでレースを止めてしまい、激変までは無理そう。とはいえ今回はようやっと得意の東京コースに替わり、今まで4戦して掲示板を外したことがないため、多少は巻き返す余地はある。明らかに実績上位の馬が2頭いて、その他のメンバーはほぼ横並びなので、ここのところの不振を払拭するようなレースを期待したい。

◆10/10(土)東京9R 山中湖特別…△レーヌドブリエ(吉田豊)
前走は展開が向いたにもかかわらず進路取りが上手く行かず、脚を余した感じの12着に終わった。今回は11頭立てと比較的少い頭数に落ち着いたし、2勝目を挙げた広い東京コースに替わり、さらに一度使った上積みはあるはずで、前走以上のレースが期待できる。5月に一度経験しているとはいえ、小柄な馬なので東京までの長距離輸送があるのは有利とは言えず、あまり馬体が減ることなくレースを迎えられるか、馬体重がカギになる。

◆10/11(日)京都1R 2歳未勝利…◎デューズワイルズ(松山)
デビュー戦は、出遅れて砂を被るのを嫌がりながら追走し、早め先頭に立ちながらも脚が鈍って2着だった。本来なら大敗してもおかしくないレース内容だったのに2着を確保したあたりは素質の証明で、一度レースを経験したことで前走よりはスムーズな競馬ができるはず。だいぶメンバーに恵まれ、前走入着馬は2頭だけだし、時計的にも威張れる水準で、ここは初勝利を期待したい。状態面は前走並みをキープしていて、スタートを決められるかどうかだけ。

◆10/11(日)京都12R 3歳上1000万下…×レッドセイリング(浜中)
前走は久々に芝のレースを使われ、軽ハンデを生かせず大敗した。2走前も着順こそ振るわないものの、最後まで諦めずに走って内容に進境が見られていたので、1000万条件でもダートなら展開次第ではぼちぼちやれそうな雰囲気はある。とはいえ決め手がある馬ではなく、先手を取らないと持ち味が生かせず、今回もハナか2番手あたりに付けられるかどうか。500万条件はダート1400m戦で勝ったけど、1000万条件ではスピード不足の印象があり、もっと距離が長い方がいいかも。

| | コメント (0)

2015.10.08

シルクホースクラブ2015年度申し込み結果

シルクの1歳募集馬への申し込み結果が出ました。

◆14 カラヴィンカ14(メス 父:ディープブリランテ)・・・・・・確定
◆29 アンティフォナ14(牡 父:ダノンシャンティ)・・・・・・・確定
◆30 ヒストリックレディ14(メス 父:ローエングリン)・・・・・当選
◆31 ターシャズスター14(メス 父:MalibuMoon)・・・・・・・・確定
◆37 ペンカナプリンセス14(牡 父:ステイゴールド)・・・・・・ハズレ
◆55 デイトユアドリーム14(メス 父:ゴールドアリュール)・・・当選
◆57 アビ14(牡 父:エンパイアメーカー)・・・・・・・・・・・確定
◆58 クーデグレイス14(牡 父:ゼンノロブロイ)・・・・・・・・ハズレ
◆62 フィロンルージュ14(メス 父:アイルハヴアナザー)・・・・ハズレ
 (「確定」は満口にならなかった馬)

シルクは、500口募集のうち300口が過去3年間の出資実績によって決まり(多く出資している会員が優先)、残りの200口は抽選で決まる方式。過去3年間の出資額を計算してみたところ80万円で、この結果を見ると屁の突っ張りにもならなかった模様。ヒストリックレディは抽選で当たったのでは。これで現1歳世代は合計19頭の出資となり、キリのいいところでもう1頭くらい出資してもいいかもしれないけど、キャロット・シルクともめぼしい馬は満口になっているので、元出資馬の仔ヴェラブランカ14(キャロット)を満口になる前に追加するかも。

| | コメント (0)

2015.10.07

無敗のまま連勝を3に伸ばせるか

木曜日は今年3回目の門別へ行ってきます。でも台風が近づいていて、雨の心配はないけど風がかなり強くなりそうで、飛行機が千歳に着陸できるか、予定通り門別競馬が開催されるか、非常に微妙なところ。

◆10/08(木)名古屋1R 2歳2組…◎デラニュースター(丸野)
中8日での出走となる。前走はブリンカーを着用してようやっと先行する競馬ができ、水準級の時計もマークできた。今回はビックリするくらいメンバーが楽になり、単純な時計比較では後続を10馬身以上引き離して勝てる計算になる。ただ、JRAからの転入初戦を迎える馬が1頭いて、ダートでは6.6秒差のタイムオーバー負けを喫しているものの、ここに入ると通用する可能性もあり、決して侮れない。モタモタしていると道営からの転入馬も増えてくるので、ここは初勝利が欲しい。

◆10/08(木)門別11R サンライズカップ…◎ヴェルミオン(五十嵐)
今回は重賞挑戦となる。現在の門別2歳馬ではほぼベストメンバーといっていい顔ぶれで、いずれも6頭立てだった過去2戦からは大幅に相手が強化されているけど、その2戦とも厳しい展開をものともせず勝ってきたし、緩かった馬体もここに来てかなり成長しているそうで、無敗のまま連勝を3に伸ばす可能性も十分。圧倒的1番人気が予想されるタービランスも、前走は2着馬のトロヴァオが直線でヨレなければ負けていたはずで、オッズほどの差はない。スムーズにレースを進められる大外枠を引いたこともあり、今回も積極策で勝ちに行く競馬をして欲しい。ここを勝って門別代表として北海道2歳優駿に駒を進めたい。ただ、過去2戦とも手綱をとってもらった藤井勘一郎騎手の短期免許が切れ、今回乗り代わりになるのは減点材料。

| | コメント (1)

2015.10.06

善戦止まりで勝つまでには至らず

残念ながらこの週も、上位争いはできても勝つまでには至らず。

◆10/03(土)阪神3R 2歳未勝利…▲レンベルガー(藤岡康)→7着
小柄な馬で6キロ増えて424キロになったのは好材料。ちょっと気負い気味にパドックを周回していた。1頭だけ出遅れてしまい最後方から。すぐにダッシュを利かせ、内からスルスルと5番手のラチ沿いに位置する。やや掛かり気味なのをなだめながら追走し、馬群の内に控えたままレースが進んで少しポジションを悪くして直線に向くと、なかなか前がガラっとは開かず、モタモタしているうちに脚をなくしてしまい、1秒差の7着に終わった。多少追いづらいシーンはあっても前が塞がるほどではなく、相手が強かったこともありまぁこんなところか。

◆10/03(土)阪神8R 3歳上500万下…△ノーブルソニック(戸崎)→3着
前肢と後肢がバラバラの歩様で、相変わらずのんびりと覇気なくパドックを周回していた。でもこの馬はいつもこんな感じ。ダッシュがつかず押してもポジションを取りに行けないまま後方3番手でレースを進める。平均的なペースなり、3コーナーに入ってから馬群のかなり外を回しつつ追撃を開始し、直線の入り口では後方5番手くらいまで押し上げつつ、大外からジワジワと伸びて3着となった。3コーナーから相当な距離損があったはずだし、前2頭とは5馬身離されたとはいえ昇級初戦でこれだけやれれば上出来に思える。

◆10/03(土)中山10R 習志野特別…◎ストレンジクォーク(柴山)→3着
プラス4キロと休み明けにしてはちょうどいい仕上がり。力強い踏み込みで気負いところもなく、見違えるほど馬が良くなってきた。揃ったスタートを切り、ちょうど中団あたりの内に控えた。やや縦長の展開になり、3~4コーナーで馬群が凝縮したところで徐々に馬群の外に出すと、直線の入り口で外から被されてブレーキをかけるロスがあり、そこからは改めて外に出していい脚で差を詰めたものの、先に抜け出した勝ち馬には1馬身ほど及ばず3着となった。4コーナーでもう少しスムーズに馬群の外へ出せていれば勝ってたように思えるけど、一瞬の脚はないので仕方なし。1000万条件は完全にメドが立った。ただ、府中開催で勝ち負けの競馬に持ち込めるかは微妙なところ。

◆10/04(日)中山6R 3歳上500万下…○エリオットベイ(ルメール)→6着
クビを使ってキビキビと歩き、前走同様のいい気配に見えた。揃ったスタートを切り、急かさず7番手の外に付けた。縦長の平均ペースになり、ちょうどいい位置取り。3コーナーから外を回して前との差を詰めていき、直線の入り口では馬群の外から先頭に並び掛け、まさに理想的なレース運びであとは抜け出すだけに見えたが、直線に入ってから早々に手応えが怪しくなり、結局前は交わせずに後方から来た3頭に交わされてしまい6着に終わった。勝ちパターンに持ち込めただけに6着は物足りず。でも前走のタイムからするとこんなものかも。十分見せ場は作れているし、こういうレースができればそのうちチャンスは来るはず。

【次週出走予定】
◆10/08(木)名古屋1R 2歳2組…デラニュースター(丸野)
◆10/08(木)門別12R サンライズカップ…ヴェルミオン(五十嵐)
◆10/10(土)京都1R 2歳未勝利…ソーディヴァイン(川田)
◆10/10(土)東京9R 山中湖特別…レーヌドブリエ(吉田豊)
◆10/11(日)京都1R 2歳未勝利…デューズワイルズ(松山)
◆10/11(日)東京6R 3歳上500万下…レッドクラリス(△石川)
◆10/11(日)京都12R 3歳上1000万下…レッドセイリング(浜中)

| | コメント (0)

2015.10.03

4頭いずれもチャンスあり

今週は4頭とも上位争いが期待できそう。先月は未勝利に終わったので、10月は第1週から幸先良く勝ち星を挙げたいもの。今月中旬にはララベルやウェスタールンドも復帰予定で楽しみ。

◆10/03(土)阪神3R 2歳未勝利…▲レンベルガー(藤岡康)
中1週での出走となる。前走は距離が1800mになって、いい脚を使って2着に差を詰め、もう少しいいスタートを切るかペースが上がっていればという内容だった。全く同じ阪神芝1800mで今回も期待できそうで、前走2着は威張れるものの、かなりレベルの高かった新馬戦から臨戦する馬が2頭いて、力関係はちょっと微妙なところ。先週は外を回すと全く延びない馬場状態だったので、あまり後ろから行くと、脚はたまっているのに伸びあぐねる可能性も。

◆10/03(土)阪神8R 3歳上500万下…△ノーブルソニック(戸崎)
今回が昇級戦で2ヶ月ぶりの出走。常識的には条件不利でも、フルゲートにならず近走不振馬が多いため、実力面ではこの馬も十分勝負になりそう。前走は後方一気の追い込み勝ちを決め、それ自体は実力がないとできない芸当だけど、そう何度も決まる戦法ではないし、昇級戦で大外をブン回して勝てるほど甘くはないので、今回はある程度前に付けられるかどうかがカギになる。モマれやすい最内枠に入ってしまったのも減点材料。

◆10/03(土)中山10R 習志野特別…◎ストレンジクォーク(柴山)
ラジオNIKKEI賞以来、3ヶ月ぶりに出走する。体質が弱くなかなか馬体が増えない悩みを抱えていたのが、今回はようやく満足のいく状態になったようで、ここは近走以上のレースが期待できる。もともと中山コースを得意としている馬で、特に芝2000mは5着・1着・1着と最適な条件。前走の重賞でももう少しスムーズに馬群を捌ければ2着はあったレースで、初の古馬相手でも全く遜色はない。ここでも控える競馬をするはずで、うまく馬群を捌けるかどうかだけ。

◆10/04(日)中山6R 3歳上500万下…○エリオットベイ(ルメール)
前走は昇級戦で馬群にモマれながらも最後まで諦めず4着と頑張ってくれ、500万条件卒業も近いレース内容だった。時計面もなかなか優秀で、今回はだいぶメンバー構成も楽になり、前走程度走れば勝ち負けに持ち込める計算。引き続きルメール騎手に乗ってもらえるのは心強く、さらに前進できそう。ただ、有力馬がいずれも先行脚質で、展開面がどうなるか。直線の入り口で早め先頭に立ち粘り込むレースができれば勝機。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »