« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015.09.30

シルク2015年度募集馬申し込み

シルクホースクラブの2015年度募集馬、以下の9頭を1口ずつ申し込みました。

今年もシルクのツアーには参加せずにカタログとDVDのみで申し込み馬を決め、カタログでは良く見えたのにDVDではもうひとつだったり、その逆だったりと、今年は例年以上に馬選びが難しかった印象。ただそれでも募集馬の質はだいぶ上がっている気がする。

キャロットと同様、昨年よりもかなり申込数が増えていて、満口にならず無抽選で確定するのは14・29・31の3頭くらいで、残り6頭のうち1~3頭は実績で取れるかもしれず、残りは抽選になりそう。また申し込み各馬の印象を追記していきます。

◆14 カラヴィンカ14(メス 父:ディープブリランテ)
◆29 アンティフォナ14(牡 父:ダノンシャンティ)
◆30 ヒストリックレディ14(メス 父:ローエングリン)
◆31 ターシャズスター14(メス 父:MalibuMoon)
◆37 ペンカナプリンセス14(牡 父:ステイゴールド)
◆55 デイトユアドリーム14(メス 父:ゴールドアリュール)
◆57 アビ14(牡 父:エンパイアメーカー)
◆58 クーデグレイス14(牡 父:ゼンノロブロイ)
◆62 フィロンルージュ14(メス 父:アイルハヴアナザー)

| | コメント (2)

2015.09.29

徐々にレース内容は良化

デラニュースターも2着となり、残念ながら今月は勝ち星を挙げられなかった。

◆9/29(火)名古屋1R 2歳2組…▲デラニュースター(丸野)→2着
パドックでの気配は不明。プラス9キロと前走で減った分が戻り、それが好材料なのかは分からず。揃ったスタートを切って、この日はいいダッシュを決めて2番手に付ける。単勝1.1倍の圧倒的人気の馬をマークする形でレースを進めた。やや速い流れになったせいか、なかなか先頭に並び掛けるまでには至らず、半馬身くらいの差で何とか食らいつきながら3~4コーナーを回り、直線に向いてからはジリジリと差が広がってしまい、1馬身半差の2着となった。前走が全く見所のない大敗だったので心配したけど、今回のレース内容は過去4戦の中で一番良くなって一安心。メンバー次第では初勝利のチャンスもありそう。

| | コメント (0)

2015.09.28

相手関係は楽でも、勝ち負けまでは?

◆9/29(火)名古屋1R 2歳2組…▲デラニュースター(丸野)
前走は特別戦で強いメンバーが相手だったとはいえ、スタート直後から追走に苦しんで、ゴールまで一度も脚を使えずに惨敗した。今回はだいぶメンバーは楽になったし、状態面もこれまでで一番良いとのことで前進はできそうだけど、あまりにもレース内容が悪かったので、そう大きな変わり身が期待できるかは疑問。その前走を抜きにすれば、2走前・3走前はソコソコの時計では走れており、当時くらい走れるようなら2着くらいならあり得そう。グリーンの地方馬の中では一番高い500万円で募集され、今まで7万円しか賞金を稼げていないので、そろそろ今後に期待が持てる走りを見せて欲しい。

| | コメント (0)

2015.09.27

ハナに立って持ち味を生かせず

この土日も残念ながら勝利はならず。着順以上にレース内容が悪く、暗雲が漂う状況に。

◆9/26(土)中山4R 3歳未勝利…×ムーンセイル(三浦)→16着
マイナス4キロとあまり絞れず。でも引きずられるようにパドックを歩いていた過去2戦と違い、自ら進んで歩けるようになり、雰囲気は明らかに今回の方が良かった。揃ったスタートを切り、押して叩いて押しまくって1コーナーでは2番手に付けた。流れもそう速くならず、望外の位置取りで一瞬夢を見たものの、3コーナーの入り口で早くも後退しはじめ、直線に向いた頃には後方2番手まで下がってしまい、勝ち馬から7.2秒差の最下位に敗れた。ノドが鳴って急に手応えがなくなったそうで、このレースを最後に引退が決まった。スタート直後の先行争いで、全く譲らずに2番手を取りに行ってくれ、僅かな可能性に賭けて勝ちに行く競馬をしてくれた三浦ジョッキーには感謝するばかり。

◆9/27(日)阪神6R 2歳新馬…◎アーリードライヴ(戸崎)→5着
492キロと牝馬にしては大柄な馬体でも、特に太め感はなかったし、トモの踏み込みに力強さがあって仕上がりは良好。ただ、ボーッとしながらパドックを周回し、いかにもゲートで出遅れそうな雰囲気をしていた。案の定、ゲートをソロッと出てしまい後方4番手からの競馬に。かなりペースが速くなったので丁度いい位置取りに思えたけど、4コーナーの地点で前を行く2頭とは相当な差がついてしまい、直線でも伸びるというよりはバテた馬を交わした感じで5着止まり。着順こそ悪くなさそうに見えるけど、勝ち馬に3.7秒差もつけられてしまっては、この先厳しそう。1400mの距離ではスピード不足。

◆9/27(日)佐賀4R 2歳-2組…◎ローカルロマン(山口勲)→2着
時折小走りになりつつも、2人引きで落ち着いてパドックを周回していた。プラス5キロと馬体が回復していたのも好材料。ゲートを横に出てしまい、すぐに立て直したものの周囲が遅くてハナを切る形になってしまった。向正面まではジンワリと緩いペースに持ち込めつつも、3コーナー手前で外から一気に並びかけられてペースアップ。そこからはすぐ外に並ばれる厳しい形になってしまい、直線半ばまでは何とか先頭のまま持ちこたえていたものの、残り100mで力尽きて2着となった。控える競馬ができず格好の目標にされてしまい、九州ジュニアチャンピオンに向けてのレース経験という意味では、残念ながら収穫がなかった。距離が1750mに伸びるのも不安材料。

◆9/27(日)中山9R 芙蓉S…◎ストロングタイタン(三浦)→8着
実馬を見るのは今回が初めて。マイナス10キロでもまだ絞れる体つき。でもダート血統とは思えないほど柔らかい歩様で、十分戦えるデキに見えた。好スタート・好ダッシュを決めて逃げる形になった。引っ掛かるほどではないけど、後続を4馬身ほど離した逃げとなり、1000m通過は61秒くらい。4コーナーに入ったあたりで2番手にいた馬に外からピタッと並びかけられ、直線に入ると早々に手応えが怪しくなって8着に終わった。あまりにもダッシュが良かったのでハナに立ったことは仕方ないけど、こうなってしまっては持ち味の反応の良さは生かせないし、スタート直後の急坂で10.9秒の速いラップを刻み、その後も競り掛けられたわけでもないのに13.3 - 11.5 - 12.5という無意味な緩急を付けてしまっては馬も辛い。これは救いようがない駄騎乗。
Ke3a0722_2 Ke3a0969_2

【次週出走予定】
◆9/29(火)名古屋1R 2歳2組…デラニュースター(丸野)
◆10/03(土)阪神3R 2歳未勝利…レンベルガー(未定)
◆10/03(土)阪神8R 3歳上500万下…ノーブルソニック(戸崎)
◆10/03(土)中山10R 習志野特別…ストレンジクォーク(柴山)
◆10/04(日)中山6R 3歳上500万下…エリオットベイ(未定)

| | コメント (0)

2015.09.26

28ヶ月連続勝利なるか?

地方馬を入れると2013年の6月から毎月ずっと勝ち星を重ねているものの、今月は未勝利のまま。今週出走する4頭のいずれかが勝利し、記録継続なるかどうか。

◆9/26(土)中山4R 3歳未勝利…×ムーンセイル(三浦)
これが3戦目にしてラストチャンスとなる。過去2戦とも、全く覇気がなく後方のまま伸びずに1周回ってきただけのレースをしていて、この中間の調教でも時計を詰められず、良化気配が感じられない。ただ、馬格はあってパワー負けしないタイプだし、ちょっとまだ脚元がモヤモヤしているので、芝よりはダートの方が走れそう。今回はブリンカーを着用するとのことで、もしポンとゲートを出て先行できるようならソコソコ粘れるかもしれない。全くのノーチャンスとは言わないけど、1万回レースをやって1回勝てるかどうかのレベルに思える。

◆9/27(日)阪神6R 2歳新馬…◎アーリードライヴ(戸崎)
先週デビューしたデューズワイルズ同様、長いこと売れ残っていて入厩間近になってから出資したカジノドライヴ産駒。ゲート試験合格後、深管を気にして2ヶ月ほど外厩に出ていた。帰厩してから1ヶ月ほど乗り込まれ、ゲート試験も一発で合格したセンスの持ち主で、先週よりも手頃なメンバー構成になり、ここは好勝負が期待できそう。とはいえ、早い時期に勝ったとしてもダートの上級条件はレース数が少ないので、勝てずともモマれる競馬を経験してメドの立つ走りをしてくれれば。

◆9/27(日)佐賀4R 2歳-2組…◎ローカルロマン(山口勲)
JRA認定戦の勝ち馬は、再度認定戦には出走できないとのことで、今回は平場に出走することになった。1着賞金が29万円と安く、ここは10/25に組まれている重賞の九州ジュニアチャンピオンへの叩き台。本来であれば控える競馬を覚えさせるはずが、6頭立ての少頭数になってしまい、抑えきれずにハナに立ってしまう恐れも。ただ、意外とメンバー構成は骨っぽく、JRAからの移籍馬や、明らかに認定戦を勝てる実力を持った馬がいて、そう楽な競馬にはならなそう。ここは目標でも何でもないレースなので、調教扱いで後方からの差し脚を測る競馬をして欲しい。

◆9/27(日)中山9R 芙蓉S…◎ストロングタイタン(三浦)
期待馬が2戦目を迎える。デビュー戦の前走は、勝負所で一気に加速しつつ、直線で気合いを入れるとアッサリと先頭に立つなど、2歳馬とは思えない抜群のレースセンスを発揮してくれた。その前走の2着馬もすぐ次走で勝ち上がっており、レースレベルが低かったわけでもなさそう。2戦目で中山芝2000mのタフなコースを走るのは厳しいけれど、器用さを求められる中山コースなら前走同様のいい走りができるはずだし、ここで勝てるようなら一気に来春の皐月賞が見えてくるので、また想像以上の走りを見せて欲しい。

| | コメント (0)

2015.09.21

スーパー未勝利脱出ならず

ブライアローズ・プリモレガーロともに未勝利を脱出できずに引退へ。これでJRA所属の現3歳馬は17頭中10頭が勝ち上がり、6頭が未勝利引退、もう1頭は来週のスーパー未勝利に出走予定となった。

◆9/19(土)阪神3R 2歳未勝利…▲レンベルガー(藤岡康)→2着
418キロという数字以上に体を大きく見せ、クビを使ってキビキビと歩いて好気配。やや立ち後れるような形で後方3番手に。馬群の中に入れて道中は動かず、3コーナーではラチ沿いの後方3番手を進み、4コーナーでもまだ動かずに馬群の内側でじっと控えたままで、直線に入ってから満を持して追い出され、馬群を縫うようにスルスルと伸びたものの、先に抜け出した馬を交わす勢いはなく2着となった。やはり距離が1800mに伸びてレース内容が良くなり、馬群の狭いところを抜ける根性もなかなかのもので、もう少しペースが速くなっていれば、という印象。この内容なら初勝利は近い。

◆9/20(日)阪神11R ローズS…×レーヌドブリエ(吉田豊)→12着
プラス16キロと増えたのは好材料。終始チャカつきながらパドックを周回していた。揃ったスタートを切り抑えてジンワリと下げ後方3番手に付ける。馬群の中に入って口を割りながら追走するシーンもあり、やや速いペースになったこともあって3~4コーナーでは動かず控えたまま。直線に向いてから追い出されたものの、鋭く切れる脚を使えなかったせいか、進路取りがあまり上手くいかずに狭いところを抜け出せず、後方のまま12着に終わった。道中は勝ち馬とほぼ同じ位置にいたし、展開が向いたので外を回していればもう少し上位には来れたはず。とはいえ現状では重賞では荷が重い印象。馬体が成長していたので、また自己条件から頑張って欲しい。
Ke3a0116 Ke3a0159

◆9/21(月)阪神4R 3歳未勝利…▲ブライアローズ(☆松若)→15着
7ヶ月半ぶりでもプラス2キロと馬体は仕上がっていた印象。ただしパドックではずっとチャカチャカと歩いていて、気性面は全く成長していなかった。ほぼ揃ったスタートを切り、他の馬が行かないのを見て思い切って出して行き、3馬身ほど後続を離してハナを切る展開に。速すぎず遅すぎずちょうどいいペースで、いい手応えのまま4コーナーを回って一瞬だけ夢を見たものの、直線に入り残り300mの地点で脚色が鈍って後続に交わされてしまい、15着に大敗した。結果には繋がらなかったけど、勝ちに行くレースをしてくれて納得感は高い。ただし残念ながら休み明けで馬体の中身が出来ておらず、息が保たなかった。新馬戦で5着だったとはいえ、2着以下の馬は全馬未勝利のままでレベルが低かったことから、地方転出もなくこれで引退となりそう。
Ke3a0387 Ke3a0433

◆9/21(月)阪神4R 3歳未勝利…×プリモレガーロ(▲加藤祥)→6着
こちらはブライアローズと対照的に、相変わらずのんびりとパドックを周回して気合い不足。中1週でも馬体には張りがあり、十分力は出せる状態に見えた。こちらもほぼ揃ったスタートを切り、一瞬だけ行きかけたものの、外の方が速かったので控えて中団に位置する。内枠でも特にゴチャつくことはなくスムーズな追走で、3~4コーナーは動かずに直線に向いてから追い出されると、少し前が塞がる場面はあったものの、前が開いてからはジリジリとは伸びて6着まで。切れる脚はないし、内枠を引いて3キロ減だったことから、加藤騎手には1つ前のレースのように行くだけ行って欲しかった。これで7戦して勝てず、残念ながら引退となる。
Ke3a0173 Ke3a0451

◆9/21(月)阪神6R 2歳新馬…◎デューズワイルズ(デムーロ)→2着
なかなか均整の取れた馬体で仕上がりも良好。ただ、ずっとチャカつきながらパドックを周回していたし、馬っ気を出したり周囲の馬につられて鳴いたりと、幼さが目立った。伸び上がるようにゲートを出てしまい後方から。砂を被った途端にクビを上げて高脚を使ったりして、馬群の外に出したら何とか落ち着いた。道中も少し促しつつ追走し、3コーナーからジンワリと進出して前との差を詰め、4コーナーで先頭に並びかけると、直線の入り口では一旦半馬身ほど前に出たものの、内にいた馬の差し返しにあってしまい2着となった。パドックの段階から不安の方が先に立つ状態で、レースでも幼さばかりが目につき、まだレース慣れが必要な印象。素質があるのは分かったので、ここで勝てなかったのはかえって良かったように思える。
Ke3a0457 Ke3a0666

【次週出走予定】
◆9/27(日)阪神1R 2歳未勝利…ソーディヴァイン(川田)
◆9/27(日)阪神6R 2歳新馬…アーリードライヴ(戸崎)
◆9/27(日)中山3R 3歳未勝利…ムーンセイル(未定)
◆9/27(日)中山9R 芙蓉S…ストロングタイタン(三浦)
◆9/27(日)佐賀8R 2歳-1組…ローカルロマン(山口勲)

| | コメント (0)

2015.09.20

キャロットクラブ2015年度申し込み結果

キャロットクラブ2015年度の申し込み結果が出ました。

抽選対象となったシェアザストーリー・ペニーホイッスルは残念ながらハズレ。ブルーメンブラットは締め切り直前に申し込みが殺到し、抽選にすらならならず出資が叶わなった。ヒストリックスターは、バツ無しでも最優先で申し込んでいれば出資確定で、ほか3頭は満口になっていないため確定した。会員数がさらに増えているようで、1次申し込みと1.5次申し込みで満口になる馬が多くなりそうで、以前のように様子を見つつ出資時期を探るのも難しくなってきた。

----------------------------------------------------------
【最優先申し込み】
・50 ヒストリックスター14(メス 父:ステイゴールド)・・・確定

【一般申し込み】
・10 スナップショット14 (メス 父:ハービンジャー)・・・確定
・14 ヒシシルバーメイド14(メス 父:ダイワメジャー)・・・確定
・27 ペニーホイッスル14 (メス 父:ルーラーシップ)・・・ハズレ
・29 カドリーユ14    (牡 父:ヴィクトワールピサ)・・確定
・48 シェアザストーリー14(牡 父:ステイゴールド)・・・・ハズレ
・79 ブルーメンブラット14(メス 父:エンパイアメーカー)・ハズレ(非抽選)
----------------------------------------------------------

この後はシルクの募集があり、今のところ5~7頭くらいの申し込みになりそう。

| | コメント (0)

2015.09.19

偉大な母が勝った大舞台へ

新馬・スーパー未勝利・秋華賞トライアルと、力の入るレースが続く。何とかいい結果を。

◆9/19(土)阪神3R 2歳未勝利…▲レンベルガー(藤岡康)
デビュー戦の前走は、前半こそ追走に苦労したものの、直線では上がり最速の脚を使っていい伸びを見せたことから、1400mから1800mへの距離延長はプラスとなるはず。2ヶ月半ぶりでも特に痛いところがあったわけではなく、しっかり乗られていたので、いい仕上がりでレースを迎えられそう。ただメンバーを見渡すとかなりのスローペースになりそうで、あまり後ろすぎずにソコソコの位置ではレースを進めたい。差しの生きる流れになれば勝ち負けに加われる。

◆9/20(日)阪神11R ローズS…×レーヌドブリエ(吉田豊)
未勝利・500万と連勝した後に休養して秋華賞トライアルから始動することになった。前走の500万条件は8頭立てと少頭数だったうえ、1頭は九州産馬・3頭は未勝利馬とかなりメンバーレベルの低いレースで、桜花賞馬・オークス馬のいる重賞ではさすがに家賃が高い印象。とはいえ未勝利の頃から鋭い差し脚を見せている馬で、1800mの距離も最適なことから、流れが向けば上位争いできる余地はありそう。かなり小柄な馬で、420キロ以上には増えていて欲しい。お母さんのメジロドーベルの主戦だった吉田豊ジョッキーに引き続き乗ってもらえるのは好材料。現時点での実績はまだまだお母さんにはほど遠いけど、ここで優先出走権を獲得し、偉大な母が勝った秋華賞へ駒を進めたい。

◆9/21(月)阪神4R 3歳未勝利…▲ブライアローズ(☆松若)
デビュー戦5着後、2戦目の追い切り時に剥離骨折してしまい、何とかスーパー未勝利に間に合った。7月に入ってから乗り込み開始して9月頭に帰厩と、まだ仕上がり途上の印象は否めないけど、そのデビュー戦もまずまずいい内容だったし、もともと素質を高く評価されていたので、使い込まれている馬よりは上積みは大きく、意外とやれるのでは。前回はだいぶテンションが高かったことから、当日落ち着いていて欲しい。

◆9/21(月)阪神4R 3歳未勝利…×プリモレガーロ(▲加藤祥)
前走は積極策で4着を確保したものの、道中全く絡まれずに先行できていて、3コーナーで先頭に立っていればそのまま押し切れた公算大で、千載一遇のチャンスを逃してしまった。広い阪神コースでは早め先頭からの押し切りは困難で、かといって切れる脚もなく、ここは3キロ減でも厳しそう。ポンとゲートを出て、2番手くらいに付けられれば可能性はあるかも。

◆9/21(月)阪神6R 2歳新馬…◎デューズワイルズ(デムーロ)
ずっと売れ残っていて、入厩直前に出資した馬。全くトラブルなくここまで来れた。カジノドライヴ産駒ということもあり、ダートでデビューすることになった。9頭立てと手頃な頭数になったし、これといって目立つ動きをしている馬も見当たらず、ここは勝ち負けが期待できそう。入厩して1週間足らずでゲート試験に合格したし、追い切りでも2歳新馬離れした動きをしており、いい勝ち方をしてくれるようなら先々楽しみに。デムーロ騎手が鞍上というのも心強い。

| | コメント (0)

2015.09.18

JRA認定競走2戦目で前進を

◆9/18(金)園田7R JRA認定アッパートライ…△ハルカカナタ(中田)
当初は木曜日の園田プリンセスカップへ出走予定だったのが、相手が強いということでJRA認定戦に回ることになった。1着賞金はどちらも250万円。未勝利馬なのであまり強気にはなれないけど、過去2戦とも強い相手がいたこともあって時計面はなかなか優秀で、前走くらい走ればここも上位争いできそう。400キロそこそこの小柄な馬ながら、なかなかいい根性をしていて最後まで諦めずに走るのがセールスポイント。もう少しスタートダッシュが利くようになれば前走以上も十分。これから道営やJRAからの転入馬も増えるので、そろそろ初勝利のメドは立てたい。

| | コメント (0)

2015.09.17

着外に沈むも敗因が分からず

今回は巻き返してくれると思っていたブリージーストーム、終始行きっぷりが悪くて着外に終わった。

◆9/17(木)大井11R 池月・磨墨賞…◎ブリージーストーム(森泰斗)→6着
ここ2戦、馬体を絞っていい結果に結び付かなかったため、今回は喰わせてプラス12キロ。お腹周りは余裕があるように見えたけど、踏み込みに力強さが戻り、パドックの気配は明らかに前走より良化していた。今回は揃ったスタートを切り、いつものように先行させようとしても反応が鈍くて6番手に付ける。本来であれば少し抑えるくらいの余裕があるのに、向正面の半ばあたりからジョッキーの手が動き始め、3コーナーに入ったあたりでは5番手に上がったものの手応えに余裕がなく、先頭集団とはかなり離されてしまい、直線に入って馬群の外からジリジリと伸びかけて4着はあるかと思いきや、最後に脚が鈍って2.0秒差の6着に敗れた。反応のいい馬だったはずなのに、今日は最初から最後までずっと行きっぷりが悪く、果たしてどうしたことか、敗因が分からない。この後は一息入れられることになった。
Ke3a9809 Ke3a9889

| | コメント (0)

2015.09.16

勝ったと思ったら僅差の2着に

ガーデンズキュー、期待以上のレースをしてくれたけど、ほんの僅かの差で実に惜しい2着に。

◆9/16(水)大井9R あらかわ賞…○ガーデンズキュー(楢崎)→2着
3ヶ月ぶりでプラス2キロと好仕上がり。ホライゾネットが気になるのか、パドックでは終始横を向いて歩いていたものの、以前に比べるとチャカつくこともなく落ち着いていた。ほぼ揃ったスタートを切り、少し気合いを入れられながら中団のインに控える。道中はスローな流れとなり、向正面の半ばあたりでペースが上がった時にムチを入れられつつも、以前のような反応の悪さはなく4番手で追走し、4コーナーから少しずつ外に出して直線に向くと、外からいい脚で伸びて先に抜け出した同厩の1番人気馬に並びかけ、ほとんど同体でゴールした。

わずかに出ていたように見えたし、楢崎騎手・真島騎手ともにガーデンズキューの方が前に出ていたとの話で、勇躍口取りに向かったところ、長い写真判定の結果、惜しくも2着となった。一旦は勝ったつもりでいたので残念だけど、もともと勝ち馬はC1では抜けた能力の持ち主で、格付け初戦で僅かな差まで迫ったのだから大したもの。次走は川崎の10/20(火)ロジータ記念トライアルに出走予定で、距離が2000mに伸びてどのような競馬をしてくれるか楽しみ。
Ke3a9549 Ke3a9588 Ke3a9613

| | コメント (0)

2015.09.15

兄としてカッコいいところを

ララベル(牝3歳)・ブレッザフレスカ(牝2歳)姉妹が荒山厩舎に入厩し、ブリージーストーム(牡4歳)と3きょうだいが揃い踏み。まずはお兄さんにカッコいいところを見せてもらいたい。

◆9/16(水)大井9R あらかわ賞…○ガーデンズキュー(楢崎)
一息入れられ、ほぼ3ヶ月ぶりのレースとなる。今回の休養でだいぶ精神的に大人になったそうで、調教も前向きに走るようになったらしく、ここ一連のレースからさらに前進が見込めそう。前走もJRA所属馬を相手に小差の3着だし、初の格付け戦でもC1なら壁はなさそう。ただし今回は同じ荒山厩舎のピエールペガサスが時計的には断然の存在で、どこまで食らいつけるか。スタートが鈍くて後方からレースを進めるタイプなので、9頭立てと少頭数になったのは好材料。11月のロジータ記念に出走するためにも、ここはいい競馬をしてある程度は賞金を加算したい。

◆9/17(木)大井11R 池月・磨墨賞…◎ブリージーストーム(森泰斗)
前走は1400m戦で出遅れたとはいえ、終いの脚がピリッとしなかったし、パドックの時点からどうも力強さが感じられないのが気になった。ただ、その前走はレース前から荒山先生が「追い切りの迫力がもう一つ」と評していたのが、今回は「良いときの動き」とコメント内容が上昇し、少なくとも前走のようなことはなさそう。もともとA2戦でも1着・2着・3着・3着・8着の実績があり、1番人気が予想されるムサシキングオーは5走前に完封しているのも心強い。スタートさえマトモなら勝ち負けに。4連勝後、ちょっと足踏みが続いているので、重賞に駒を進めるためにもここは1着が欲しい。

| | コメント (0)

2015.09.13

今後のメドが立つ上々のレース内容

勝てはしなかったものの、3頭がなかなかいいレースをしてくれて今後が楽しみに。キルシュガイストは残念ながら出られるレースがなく引退することに。

◆9/12(土)中山7R 3歳上500万下…▲エリオットベイ(ルメール)→4着
一息入れても馬体に増減がなく、いつものように無駄な動作をせずキビキビとパドックを周回して好仕上がり。ほぼ揃ったスタートを切り、急かせず馬群の中に控える形で、6~7番手で1コーナーに入った。道中はほぼ隊列が動かず6番手のままで、3コーナーに入ってからはなかなか進路が取れず、馬群の中でじっとしたまま。直線の入り口でようやく馬群がばらけて追い出されるとジリジリとは伸びたものの、先に抜け出していた勝ち馬を脅かすほどではなく4着まで。馬群の中でモマれる厳しい競馬をしながら最後まで諦めずに走ってくれ、昇級初戦としては申し分ない内容で、500万卒業も近い。
Ke3a8813 Ke3a8862

◆9/13(日)阪神1R 2歳未勝利…▲ソーディヴァイン(川田)→2着
マイナス10キロと絞れて今回は太め感はなく、前肢の出・トモの踏み込みとも良く好気配だった。ゲートの出が悪く後方から。前に取り付こうとして押したら掛かってしまい、向正面の中ほどでは2番手に位置した。4コーナーに入るまでは抑え加減の追走で、直線に入る頃には我慢ならないとばかりに先頭に立ち、すぐ後ろに控えていた1番人気馬との併せ馬の形になった。後続を大きく引き離してのマッチレースとなり、残り100mあたりから手応えが悪くなり、2馬身差の2着となった。出遅れて掛かって早め先頭という荒削りな内容なのに、後続を大差引き離しての2着は価値が高く、このまま順調なら牝馬のダート路線でかなりやれそう。できればここを勝ってエーデルワイスSに駒を進めたかった。

◆9/13(日)中山4R 3歳未勝利…△キルシュガイスト(吉田豊)→11着
6キロ増えて606キロに。今回もの~んびりとパドックを周回して気合い不足。ただ歩様は前回よりも良くなっていた。ダッシュが鈍くて後方3番手からの競馬に。道中の行きっぷりが悪いようで終始ジョッキーの手が動いていて、直線に入る頃も先頭とは15馬身以上差が開いた後方3番手という絶望的な位置で、直線もバテはせず同じ位置取りのままゴールした。脚部不安が残っているし、大柄すぎて体の使い方も上手くなく、厳しい競馬になってしまった。スーパー未勝利で11着に終わったことを受け、これで引退することになった。
Ke3a9022 20150913_04

◆9/13(日)中山7R 3歳上500万下…×レッドクラリス(△石川)→11着
4キロ減って470キロと、昨年まで450キロ前後で走っていたのでフックラしてるはずなのに、妙に細く見えてお腹のあたりはガレ気味に見えた。なかなかいいダッシュを決めて一旦3番手に上がったものの、そこから下げて1コーナーでは6番手のインに控えた。道中もラチ沿いを回る形で控え、3コーナーではバテて下がってきた馬のアオリを受けてポジションを悪くしてしまい、4コーナーでは10番手あたりまで下がり、そこからは伸びずバテずで11着に終わった。ここのところなかなかレース内容が良くならず、次走は得意の東京コースを予定しているので、そこで巻き替えして欲しい。
Ke3a9268 Ke3a9307

◆9/13(日)中山11R 京成杯オータムハンデ…▲グランシルク(福永)→4着
イレ込むのを2人牽きで何とか我慢させている感じにパドックを周回していた。プラス12キロでも太い印象は全く受けず好仕上がり。ちょっとダッシュが付かない感じで一旦最後方まで下がり、2コーナーを抜けたあたりではやや掛かり気味に10番手くらいまで押し上げた。3コーナー手前ではしっかりと折り合い、馬群の内側からあとは進路を見つけられるかどうかという展開に。手応えよく直線に向いてもなかなか前がガラリとは開かず、残り200mあたりでようやく進路を見つけると、いい脚で伸びたものの、馬群の外から伸びてきた馬の方が勢いが良く4着となった。1着とはハナ・ハナ・アタマ差の僅差で、もうあと少しだった。今後重賞路線を歩むために賞金を加算したかったけど、内容的には文句なく、この先が楽しみになった。
Ke3a9346 Ke3a9412

【次週出走予定】
◆9/16(水)大井9R あらかわ賞…ガーデンズキュー(楢崎)
◆9/17(木)大井11R 池月・磨墨賞…ブリージーストーム(森泰斗)
◆9/18(金)園田7R JRA認定アッパートライ…ハルカカナタ(中田)
◆9/19(土)阪神3R 2歳未勝利…レンベルガー(藤岡康)
◆9/20(日)阪神11R ローズS…レーヌドブリエ(吉田豊)
◆9/21(月)阪神4R 3歳未勝利…ブライアローズ(未定)
◆9/21(月)阪神4R 3歳未勝利…プリモレガーロ(▲加藤祥)
◆9/21(月)阪神6R 2歳新馬…デューズワイルズ(デムーロ)
◆9/21(月)阪神10R 新涼特別…アメリ(菱田)

| | コメント (0)

2015.09.11

ダート短距離で大逆転を

今週末はスーパー未勝利から重賞まで幅広い条件で出走する。レッドクラリスは厳しそうだけど、ほかの4頭はチャンスがあり、どこまでやってくれるか楽しみ。

◆9/12(土)中山7R 3歳上500万下…▲エリオットベイ(ルメール)
ダートでは安定して3着以内に走れていて、先行力もあることから、昇級戦の今回でも好勝負には持ち込めそう。ただ、未勝利勝ち直後で2ヶ月ぶりなのに、ヘタすると1番人気になりそうなくらい新聞の印が厚いのは気になる。500万を勝つにはまだまだ時計を詰める必要があるし、ここはクラスが上がって速い流れを経験しつつ、近いうちに卒業できるくらいの走りを期待したい。ヘタにあっさり連勝して1000万で厚い壁に跳ね返されるよりは、着実に力を付けていった方が結果的に良さそう。

◆9/13(日)阪神1R 2歳未勝利…▲ソーディヴァイン(川田)
デビュー戦の前走はかなりのハイペースに付き合ってしまい、その割には崩れず3着に踏ん張ってくれた。既にレースを経験している馬ばかりなので、そうバカみたいに速いペースにはならないだろうし、引き続き調教の動きもいいようで、ここは順当に上位争いできそう。前走でモマれる競馬を経験しているのも強み。翌週に適鞍があるのに混合戦に回り、強そうな外国産馬が1頭いる点がどうなるか。もしここを勝てるようなら今後ダート路線でかなり楽しめるかも。

◆9/13(日)中山4R 3歳未勝利…△キルシュガイスト(吉田豊)
600キロでデビューしたほどの超大型馬で、慢性的に脚部不安があってノド鳴りの手術もしてなかなか順調に行かず、これがラストチャンスになる。前走はダート1800mでデビューして4.5秒差の大敗を喫し、常識的には中2週で変わり身を期待するのは酷だけど、この馬の兄姉は全て1200m以下の距離で好走している短距離血統で、今回のダート1200mという条件はおそらく最適なはず。前走は騎手を振り落として乗り替わりになったように、気性面は課題。でも、もしゲートを互角に出て先行できるようなら、意外と激走できる余地はあると思う。調教でも相変わらず破格の動きをしているし、まるで人気はなさそうだけど、一発大逆転の可能性も。

◆9/13(日)中山7R 3歳上500万下…×レッドクラリス(△石川)
前走は1コーナーで外に膨れてきた馬と接触し、そこでレースが終わって大敗した。でも致命的な不利ではなかったし、追われても全く反応せずに大敗したのは気がかり。福島コースよりは多少広いとはいえ、中山ダートのような小回りでは実績がなく、今回も苦戦必至。2キロ減のジョッキーに乗り替わり、いつもより好位に付けられれば多少は前進があるかもしれない。ここを使って次の東京コースでの期待か。

◆9/13(日)中山11R 京成杯オータムハンデ…▲グランシルク(福永)
NHKマイルカップ以来、4ヶ月ぶりの実戦となる。前走後すぐにここを目標とされ、全くトラブルなく順調に仕上げられた。ピッチ走法で走る馬なので、東京コースよりは中山向きで、開幕週の速い馬場がどうなるかはカギだけど、ここもうまくレースの流れに乗れれば上位争いは可能。スタート直後に2コーナーを迎えるコースで、幸いにもちょうどいい6番枠を引き、ゴチャつかずスムーズに進路を取れれば突き抜けまでありそう。ただ、ハンデ戦なので紛れはあるし、馬体がかなり成長しているらしく太めが残っているおそれも。秋のマイル重賞路線を歩ませるためにも、今後が楽しみになるレースを期待したい。

| | コメント (0)

2015.09.10

目も当てられない大惨敗

地方競馬に出走した2頭は、全く見所のない大惨敗。

◆9/08(火)川崎10R セプテンバー賞…×ゼロレボルシオン(黛)→10着
北海道からの輸送があっても、この馬なりにキビキビと歩いていて、状態は悪くなさそうに見えた。ゲートは五分に出ながらも全く進んでいかず、最後方からの競馬に。異常なハイペースになったこともあり、1コーナーまでにかなり離れたシンガリを追走し、向正面に入った頃には先頭から20馬身以上離されてしまい、さすがに勝負圏外に。最後方のまま直線に入ると、大バテした馬を少し交わして10着となった。着順はともかく競馬に参加できていなかったので、これは即引退かと思ったら、一旦放牧して今後について検討するそう。やたらと引っ張るクラブなので障害入りもあり得る。
Ke3a8759 Ke3a8779

◆9/10(木)名古屋9R 若駒特別…×デラニュースター(丸野)→7着
パドックの気配は不明。ようやくビシッと追えるようになったせいか、マイナス9キロと絞れていた。揃ったスタートを切り、出ムチをくれて何とか先行させようとしても、外から被され行き場をなくして後方3番手からの競馬に。1コーナーで口向きが悪くなって外に膨れかけ、向正面に入る頃には速くも手応えが悪くなり、鞍上が追い始めても前との差は詰まらず、むしろ差は開くばかり。その後も全く動かずに5.1秒差の7着に大敗した。強いメンバーのレースに入ったとはいえ、もう一方の組でも6着相当で、どちらにせよ賞金は稼げず。南関東以外の地方競馬は、基本的に1着になるか毎週出走するかしないと稼げず、この状況ではだいぶ厳しくなってきた。

| | コメント (0)

2015.09.09

キャロットクラブ2015年度募集馬申し込み

キャロットクラブ2015年度募集馬、以下のように申し込みました。基本的には先日書いた内容の通りに申し込みつつ、個人的に好みのタイプだったスナップショットを追加した形に。

【最優先申し込み】
◎ヒストリックスター14(メス 父:ステイゴールド)
昨年の全姉は最優先バツイチでも抽選でハズレるケースが多かったのに、今年は意外と人気がなく、最優先を使わなくても抽選対象にはなりそうな気配。馬体だけ見れば全姉の方が良かったように思えるけど、この14は何かただならぬ雰囲気をまとっていて、決して気性が悪いわけではないのに、ハープスターの募集当時のような威風堂々とした近寄りがたいオーラを発していて、どうしてもこの馬だけは確実に欲しいと思わせる。最優先バツイチを使ったので、間違いなく出資は確定する。
Img_2713  2015_3

【一般申し込み】
△シェアザストーリー14(牡 父:ステイゴールド)
△ブルーメンブラット14(メス 父:エンパイアメーカー)
○ヒシシルバーメイド14(メス 父:ダイワメジャー)
◎カドリーユ14(牡 父:ヴィクトワールピサ)
△ペニーホイッスル14(メス 父:ルーラーシップ)
○スナップショット14(メス 父:ハービンジャー)

シェアザストーリー14・ブルーメンブラット14もツアーで惹かれ、予定通り申し込み。ただ一般枠では低確率の抽選になりそうで、運が良ければどちらかが当選するかも。両方当選はかなり確率が低い。ヒシシルバーメイド14はカタログでの写真映りが悪く、気性面もまだだいぶ幼いため、あまり人気がなく1次から応募していれば当確しそう。カドリーユ14も1次なら当確で、母馬優先を持っているため確実に出資できる。ペニーホイッスル14は母馬優先対象になっているため一般での申し込みでは抽選になりそう。スナップショットはさほど人気がなさそうで出資確定するはず。

| | コメント (0)

2015.09.08

川崎の交流戦に格上挑戦

最近は地方競馬の出走機会も増え、平日でもなかなか忙しい。

◆9/08(火)川崎10R セプテンバー賞…×ゼロレボルシオン(黛)
未勝利の身ながら、500万条件の地方交流競走への出走が叶った。スーパー未勝利への出走資格はなく、これが本当にラストチャンス。南関東の交流戦は南関東所属馬のレベルがかなり高いので、JRAで成績が頭打ちの馬ではなかなか太刀打ちできず、それで出走枠が余っていたんだろうけど、未勝利馬がB2・B3クラスに入っては家賃が高すぎる印象。先行馬が揃っていてハナを切るのも無理。ただ、もしかしたら川崎の重いダートコースが合う可能性もあり、もしかしたら健闘くらいなら可能かもしれない。

◆9/10(木)名古屋9R 若駒特別…×デラニュースター(丸野)
2歳戦が2鞍組まれていて、その2鞍とも1着賞金が52万円と同じなのに、強いメンバーの方に回されてしまった。デビュー戦・2戦目で先着された馬がほぼ全てこのレースに出走していて、今回のメンバーに入ってしまっては、対戦比較・時計面ともにかなり見劣ってしまう。ただ、ようやく脚元が固まってきて、初めて直前にビシッと追い切りができたので、着順はともかくとしてレース内容的には上積みがあるかも。小柄な馬ばかりの中、480キロ超の馬格だけは他馬を圧倒しており、力の要る競馬になれば浮上余地も。

| | コメント (0)

2015.09.07

4着だらけのシルク祭り

今週末に3頭出走したシルクの馬はいずれも4着という結果に。これで今年のJRAでの成績は(16-10-14-9-9-68)となり、なんとなくバランスが取れてきた。ちなみに地方所属馬は(8-3-7-2-1-10)という成績。

◆9/03(木)園田8R JRA認定アッパートライ…△ハルカカナタ(中田貴)→5着
増減なしの405キロでも細い感じはしなかった。互角のスタートを切ったものの、右隣の馬にぶつかってしまい中団のインから。馬群の中に閉じ込められる苦しい展開ながら、向正面でペースが上がった時も置いていかれずに前進でき、4コーナーでは内側を通って4番手まで上がり、直線では少し脚色は鈍りながらも1.5秒差の5着をキープした。強力なメンバーが揃った割にはまぁまぁ悪くないレース内容で、牝馬同士なら重賞でも上位争いもできそう。

◆9/05(土)小倉4R 障害未勝利…▲キングオブタイム(北沢)→4着
ここ一連のレースと同様、特にイレ込むことなく落ち着いてパドックを周回できていたし、踏み込みに力強さもあって好気配をキープといった印象。ほぼ揃ったスタートを切り、ジンワリとハナに立つ。やや掛かり加減でジンワリと抑えながら各障害を無難に飛越していき、向正面に入ったところで2頭に交わされると一気に反応が悪くなって5番手まで下がってしまった。そこからはバテずに何とか馬群に食らいついて4着で入線した。レース内容は徐々に良くなってきているけど、このメンバーで4着となると今後の上がり目は薄そう。

◆9/05(土)新潟5R 2歳新馬…△ゴールドエフォート(戸崎)→4着
444キロと中サイズながら、トモの踏み込みが非常に力強くて好気配。歩くようにゲートを出てしまい、離れた後方2番手から。向正面のうちに徐々にポジションを押し上げ、3コーナーに入る頃には6番手あたりに付け、直線に向くと馬群の一番外からいい脚で差を詰めたものの、先頭を伺うほどの勢いではなく4着となった。道中早めに押し上げた割には上がり最速を記録していて、スタートさえもう少しマトモなら、といった印象。レースを覚えてくれば初勝利も遠くなさそう。

◆9/05(土)札幌7R 3歳上500万下…×ポリアフ(岩田)→除外
キョロキョロと周囲を気にしていたものの、キビキビとした歩様でパドックを周回し、決して悪くない気配に見えた。発走前にゲート付近まで来たときに、右前の歩様がおかしいとのことで競走除外となった。返し馬の時から右前の出が悪くて躓いていたとのことで、検査の結果は特に問題がなかったようだけど、ちょっと心配。
Ke3a8461 Ke3a8516

◆9/06(日)小倉6R 3歳未勝利…×プリモレガーロ(浜中)→4着
今回もいつも通り覇気がない感じでパドックを周回していた。揃ったスタートを切り、少し気合いを付けて2番手に付けた。向正面でマクる馬もおらず、2番手をキープしたまま3コーナーに入ると、外から押し上げてきた馬に被されて馬群の外に出せない形になってしまい、直線に向いても脚色は鈍らず4着を死守した。せっかくモマれない2番手を取れたし、道中もスローな流れで展開が向いていたので、リスクを取ってでも3コーナーから自ら先頭に立って押し切りを図るくらいの積極的な競馬をして欲しかった。

【次週出走予定】
◆9/08(火)川崎10R セプテンバー賞…ゼロレボルシオン(黛)
◆9/10(木)名古屋9R 若駒特別…デラニュースター(丸野)
◆9/12(土)中山7R 3歳上500万下…エリオットベイ(ルメール)
◆9/13(日)阪神1R 2歳未勝利…ソーディヴァイン(川田)
◆9/13(日)中山3R 3歳未勝利…キルシュガイスト(未定)
◆9/13(日)中山7R 3歳上500万下…レッドクラリス(▲石川)
◆9/13(日)中山11R 京成杯オータムハンデ…グランシルク(福永)

| | コメント (0)

2015.09.06

キャロットクラブ2015年度募集馬見学ツアー

キャロットクラブ2015年度募集馬見学ツアー、金曜日に行ってきました。簡単に感想をまとめると以下の通りで、申し込み馬もおおむね固まってきました。ただし週明けに更新される応募状況によってはガラッと変える可能性も。

(感想)
・参加者が増えすぎて写真を撮るのに一苦労
・魅力的な馬が多く、今年は人気が分散しそう
・安価でも面白そうな馬が多い

【最優先申し込み予定】
◆ヒストリックスター14(メス 父:ステイゴールド)
ハープスターの妹なので当初から注目はしていたけど、カタログを見るとどうも目つきがキツいのが気になっていた。ツアーで実馬を見てもやはり目つきは悪かったものの、気性難は微塵も感じられず、ツアー参加者にもみくちゃにされながらも威風堂々と立っていたのに一発で惹かれた。おそらく左側だけ白目がちなのでそう見えるのかと。お姉さんほどの馬格はなくて小柄だけど、この雰囲気はなにか大仕事をやってのけそうな予感がする。
50

【一般申し込み予定】
◆シェアザストーリー14(牡 父:ステイゴールド)
こちらは当初全くのノーマークだった馬。ツアーで各馬を見て回っている時に、ただ者ではないオーラを放っていた。ステイゴールド産駒なのに大人しく、キリッとしたいい眼をしているのが特徴で、馬の形も綺麗。脚部不安がついて回る血統なので、管囲が20cmあって脚の形も特に問題がないのがセールスポイント。ただ、ダートの方がいいのか芝向きなのかの判断は難しいところ。
48_3

◆ブルーメンブラット14(メス 父:エンパイアメーカー)
こちらはカタログ・DVDを見た時点では最優先候補だった馬。実馬を見てもやはり非常にいい雰囲気。一般申し込みにしたのは、別に減点したわけではなく、ヒストリックスターは最優先を使わないと抽選対象にすらならないため。肉付きのバランスがいいし歩様も文句なしに良く、この馬もなんとか出資したい。デビュー済みの兄姉3頭が活躍しているとは言いがたいので、そう人気は集中しないはず。
79

◆ヒシシルバーメイド14(メス 父:ダイワメジャー)
この血統が募集されるのをずっと待っていた。キャロットに入会した年に出資したニードルポイント(父:フジキセキ 4勝)の妹。大活躍した兄姉こそいないものの、堅実に走っている馬ばかりで、全姉に1億円を超える賞金を稼いだアミカブルナンバー(5勝)がいる。兄のニードルポイントはかなりハッキリとした直飛だったけど、こちらは特に気にならないレベルなので、芝もこなせるのでは。
14_2

◆カドリーユ14(牡 父:ヴィクトワールピサ)
お母さんはかつての出資馬。そのお母さんは2戦して未勝利のまま引退した。ダラカニ・サドラーズウェルズ・レインボウクエスト・ダンシンブレーブと、選手権距離で無類の力を発揮しそうな血が重ねられている点が最大の魅力。血統が重すぎておそらく日本の芝ではスピード不足で、未勝利戦でも苦労するはずだけど、初勝利さえ挙げられれば、距離が長くて底力が問われるようなレースで面白い存在になりそう。
29

◆ペニーホイッスル14(メス 父:ルーラーシップ)
背中の形はあんまり好きではないけど、大きくて柔らかい歩様をしていて、しかもいい顔をしているので申し込み予定に。ただ、現段階では柔らかすぎる印象で、これから乗り運動が始まってみっちり鍛えられて、馬体に芯が通れば楽しめそう。
57

【一般申し込み候補】
その他、申し込み・抽選状況によっては、もしかしたら以下の馬の中から少しだけ追加する可能性が。

◆スナップショットの14
◆フェルミオンの14
◆ケイティーズジェムの14
◆ヴェラブランカの14
◆Sweet Dreams Babyの14
◆ロンダドールの14(地方)
◆マンハッタンの14(地方)

| | コメント (6)

2015.09.04

シルク4頭出し

今日(9/4金)はキャロットの1日ツアーに行ってきます。少し雨の予報が出ているのがどうなるか。

◆9/05(土)小倉4R 障害未勝利…▲キングオブタイム(北沢)
今回も7頭立てと少頭数になり、前走入着馬はこの馬を含めて2頭だけ。レースを重ねるごとに飛越の安定性は増しており、もう少し積極的な競馬が出来ればさらなる前進も見込める。調教内容も引き続き良く、十分チャンスはありそう。ただ、もともと平地では引っ掛かる馬だったので、積極的に出していった時に掛かる面を見せないかは心配。

◆9/05(土)新潟5R 2歳新馬…△ゴールドエフォート(戸崎)
新潟最終週ということもあってか、フルゲートにはならず13頭立てとなった。新馬戦で実力の比較は難しいけど、調教も水準級の動きは見せたようだし、牝馬ながら気性面の問題はないようで、力は出せる状態にありそう。カンパニー産駒なので直線の長いコースも悪くないはず。関東リーディングの戸崎騎手が乗ってくれるのも心強い。1400m戦なので、スタートで後手を踏んだり、極端なスローペースになると辛いかも。

◆9/05(土)札幌7R 3歳上500万下…×ポリアフ(岩田)
前走は鮮やかな逃げ切り勝ちで未勝利を脱出してくれた。ただ、未勝利戦のなかでもタイムは相当低調で、1.5秒は時計を短縮しないと上位争いも厳しいレベル。今回は岩田騎手が乗ってくれるし、先手さえ取れれば下手にスローで逃げるよりもある程度飛ばした方がレースは楽になりそうで、全くのノーチャンスとも思えない。まだ3歳だし、昇級戦で厳しいレースを経験をしながら徐々に力を付けていって欲しい。

◆9/06(日)小倉6R 3歳未勝利…×プリモレガーロ(浜中)
何とか芝の未勝利戦への出走が叶った。ここ2戦はダートが合わず、芝に戻るのはプラスだし、小倉では3着の経験があるので、ある程度上がりのかかる流れになれば浮上余地はありそう。とはいえ時計的には勝ち負けできる水準にはほど遠く、展開がハマって、さらに余程の凡戦にならないと厳しそう。今回が7戦目で、6着以下になると引退が確定するため、ここは何とか入着を。

| | コメント (2)

2015.09.01

園田のJRA認定競走

グリーンファーム地方2歳馬、今度は園田のJRA認定競走に出走する。かなり強敵が揃ったけど、ローカルロマンに続けるかどうか。

◆9/03(木)園田8R JRA認定アッパートライ…△ハルカカナタ(中田貴)
こちらも園田競馬としてはかなり高額のJRA認定競走で、1着賞金は20万円。前走は820m戦で、最初はスピードに付いていけない感じだったものの、直線に向いてからは渋太く差を詰めていたので、距離が1400mになってもう少し走りやすくなるはず。とはいえ前走で0.7秒差つけられた勝ち馬も出走しているし、既にJRA認定戦を勝っている馬もいて、現段階での園田2歳ベストメンバーが揃った感。400キロそこそこの小柄な馬だけど、なかなかいい根性をしていたので、着順はともかくとして見所のあるレースは期待できそう。今回は3番枠に入り、後手を踏んでモマれ込んだ時は心配。

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »