« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015.08.31

超大物出現の予感

ストロングタイタン・ローカルロマンがともに期待を上回る素晴らしいレースを見せてくれ、今後が楽しみになった。

◆8/30(日)小倉5R 2歳新馬…◎ストロングタイタン(浜中)→1着
ダート血統で530キロの大型馬ながら、非常に柔らかい歩様をしていて、馬っぷりの良さは抜けて目立っていた。ただし、ちょっと気合い不足でのんびりした歩き方。好スタートを決めて外から先行させ、1コーナーでは外の3番手に付ける。道中はスローペースとなり、3コーナーの手前でペースが速くなった時にスッと2番手に押し上げ、逃げ馬にプレッシャーを掛けつつ直線に向くと、軽く気合いを入れた程度で楽に逃げ馬を交わし、嬉しいデビュー勝ちを飾った。この馬はとにかく体の使い方が上手くて、ルージュバック・ララベル・ヴェルミオンのように、素人目にも分かるほど素晴らしいフットワークをしていて、このまま順調なら相当な出世が見込める。この後は一息入れるそうで、次走はどこに向かうのか楽しみでならない。

◆8/30(日)札幌6R 3歳未勝利…×ルフナ(▲加藤)→12着
早めに札幌競馬場入りして、その効果かプラス8キロと馬体がフックラ。キビキビとした歩様で好印象も、今回から装着したブリンカーが気になるのか、しきりに横を向いて集中力は欠けていた。ゲート内でガタガタしてしまい、出遅れて後方から。1500m戦にしてはかなりのスローペースになってしまい、馬群の中でモマれて動けず後方のまま直線に向き、上がりの速い決着となってほとんどポジションを押し上げられないまま12着に終わった。通算6戦目で着外となり、これで引退が確定した。デビュー戦で単勝1.9倍の1番人気に支持されながら、出遅れて3着に敗れたのが痛かった。

◆8/30(日)佐賀8R JRA認定2歳-1組…○ローカルロマン(山口勲)→1着
マイナス5キロと、ここを目標にキッチリと仕上げられた印象。ただ、この馬にしては珍しくパドックでチャカつく面を見せていた。揃ったスタートから、テンのハナ争いが激しくなったのを見て3番手に控える。前を行く2頭がかなり飛ばす展開となり、5馬身ほど離れた位置をキープしてちょうどいい位置取り。あまり離されても馬のやる気がなくなるので向正面の半ばから追撃を開始し、4コーナーに入る頃には前の2頭が完全にバテて、楽々と先頭に立つと、その後はセーフティリードをキープしたまま5馬身差で1着となった。この馬の位置取りでもかなり速いペースだったようで、上がり3ハロンは42.5秒と完全に脚が上がっていたけど、目標のレースを勝てたのは何よりだし、展開が向いたとはいえ控える競馬で勝てたのも大きい。

【次週出走予定】
◆9/03(木)園田7R JRA認定アッパートライ…ハルカカナタ(未定)
◆9/05(土)小倉1R 障害未勝利…キングオブタイム(北沢)
◆9/05(土)小倉4R 障害オープン…レッドアーヴィング(平沢)
◆9/05(土)新潟5R 2歳新馬…ゴールドエフォート(戸崎)
◆9/05(土)札幌7R 3歳上500万下…ポリアフ(未定)
◆9/06(日)小倉6R 3歳未勝利…プリモレガーロ(浜中)

| | コメント (2)

2015.08.30

高額賞金のJRA認定競走

今週は新馬戦・未勝利戦・JRA認定競走と、盛りだくさんのレース内容。ローカルロマンが出走する佐賀のJRA認定競走は、現地の地方交流重賞並みに賞金が高いレースなので、特に力が入る一戦。

◆8/30(日)小倉5R 2歳新馬…◎ストロングタイタン(浜中)
仕上がりの早いダート短距離馬だと思って出資した馬。背中に乗った騎手・助手が口を揃えて芝でも行けると評したようで、まずは芝1800m戦でデビューすることになった。ここまでトラブルなく順調に進められたし、トレセンに入厩してからは調教でも古馬をアオる動きを見せ、なにより体の使い方が素晴らしく、いい素質を持っていることは間違いなさそう。8頭立てと少頭数になったし、これといった評判馬も見当たらないので、初戦から期待が高まる。

◆8/30(日)札幌6R 3歳未勝利…×ルフナ(▲加藤)
今回が6戦目で、5着以内に入れなければ引退が確定する背水の陣となる。前走は出遅れた上にマトモに挟まれて最後方からのレースを余儀なくされ10着に敗れた。今までのレース内容からすると芝の短距離に適性がありそうだけど、短距離戦では先行できていないのも事実で、今回の1500mなら追走が楽になる分、多少は前進できる可能性も。スタート直後にコーナーがある条件で、内の3番枠を引いたのは好材料。3キロ減を生かしてスタートダッシュを決め、そのまま粘り込みを図る競馬をして欲しい。

◆8/30(日)佐賀8R JRA認定2歳-1組…○ローカルロマン(山口勲)
佐賀競馬としては今年最初となるJRA認定競走に挑戦する。新馬戦の1着賞金が50万円、通常の2歳戦は1着賞金30万円前後で、認定競走の250万円は破格の賞金。JRAの小倉開催は残りあと1週で、この時期に認定を獲得しても意味がないけど、この賞金は魅力で各馬ともここを目標に進められてきた。5/31の新馬戦で1~3着に入った3頭による三つ巴戦の様相で、対戦比較・時計比較でもほぼ互角。もちろんこの馬も3頭の中に入っていて、ここ2戦はスンナリとハナを切っての逃げ切り勝ちをおさめたけど、今回もスムーズな競馬ができるかどうかがカギになる。幸いにも大外枠に入り、仮にハナを切れなかったとしても、砂を被らない外に付けられるので、レースはしやすいのでは。九州ジュニアチャンピオンという2歳の重賞が10月下旬にあり、2歳時はそこが最大目標になるため、出走を確実にするためにもここは賞金を加算したい。

| | コメント (0)

2015.08.29

気がかりな負け方

重賞以外では掲示板を外したことがなかったのに、残念ながらあまり良いところがなく8着に敗れた。

◆8/28(金)大井11R 東京中日スポーツ賞…◎ブリージーストーム(森泰斗)→8着
筋肉量の多い馬なのでもともと動きは硬く見えるけど、この日はいつになく肩の出が悪かったし、トモの踏み込みにも力強さがなく、不安の方が先に立つ雰囲気だった。ゲートの出が悪く後方からの競馬に。前半はややペースが速くなりかけたので、外には出さず内で控える選択に。向正面の半ばあたりでは流れが落ち着き、馬群が固まって内側に閉じ込められて、3コーナーでは最後方まで下がってしまった。さすがにこの時点で既に勝負圏外となり、4コーナーでもまだ後方2番手で、直線に向いてからもなかなか外に出せず、ジリジリとは伸びたものの8着に終わった。出遅れて流れが向かなかったのが敗因なのは明白で、ただそれにしても直線での伸びが物足りず、ちょっと今日の負け方は心配。続戦するようだけど、パドックの気配もデビュー以来いちばん悪かったし、ここで一息入れた方が良さそうに思える。
20150828_01 20150828_02
20150828_03

| | コメント (0)

2015.08.28

9戦連続馬券圏内の実力

ブリージーストーム、当初は今週末に行われる日韓交流競走を目標にしていたけど、今年は距離が1200mに短縮され、さすがに距離が短すぎることから大井の自己条件に回ることになった。

◆8/28(金)大井11R 東京中日スポーツ賞…◎ブリージーストーム(森泰斗)
4連勝の後、2着・3着・3着ともう一つの着順が続いているけど、それでもA2・準重賞だから大したもの。ここ2戦は川崎の力が要る馬場が合わなかったことも考えられ、地元の大井に戻る今回は巻き返したい。追い切りの動きがピリッとしなかったようだし、今回はフルゲートの16頭立てになり、しかも圧倒的外枠不利のコースで13番ゲートと、今回は減点材料も多い。それでもここ1年常に好走してきた実力は一枚上のはずで、ここは勝ち負けの期待が高まる。おそらく不良馬場でのレースになりそうで、重・不良では4戦3勝の実績があり、馬場状態はプラスに働くのでは。

| | コメント (0)

2015.08.26

グリーンファーム1歳出資馬確定

グリーンファーム愛馬会の1歳募集馬も、3頭申し込んで出資が確定した。地方入厩予定馬はまだ募集されておらず、これからオータムセールなどで購買するのかも。

◆ヴァニラシャンティ14(メス1歳 父:ワークフォース)総額800万円
ここ数年、馬を選ぶ時に眼をよく見るようにしたら成績が上がってきたけど、今回の募集馬の中で一番キリッとした眼をしているのがこの馬だった。お母さんが1戦未勝利で引退したせいか800万円と手頃な価格だし、曾祖母がスキーパラダイスで近親にエアトゥーレやゴールデンチケットがいる血統で、意外と面白いはず。スラッと均整の取れた中サイズの馬体をしている点も魅力的。
1407_000

◆サヴァーレ14(メス1歳 父:サウスヴィグラス)総額800万円
こちらもいい眼をしている馬。以前からサウスヴィグラス産駒を持ってみたかったのと、値段も手頃なので申し込んだ。いかにもダートの短距離戦が向きそうな、重心が低くていい筋肉をまとっている点にも惹かれた。ブラックタイプを見るとこれといった活躍馬は出ていないものの、堅実に勝ち星を挙げる血統で、ソコソコは楽しめるのでは。
1408_000

◆ファストアズライト14(牡1歳 父:キンシャサノキセキ)総額1500万円
お母さんはグリーンファームで募集されて芝1200mで5勝を挙げた短距離血統で、そこにキンシャサノキセキをかけた生粋のスプリンター血統。牡馬にしては1500万円と手頃な値段だし、栗東の須貝厩舎に所属という点もセールスポイント。ただ、馬体を見ると胴が長めで、それほど短距離っぽい印象は受けない点がどう出るか。
1411_000

| | コメント (0)

2015.08.25

ターファイトクラブ1歳出資馬確定

ターファイトクラブの1歳募集馬、3頭への出資が確定したので書いておきます。現5歳世代はインカンテーションが出たものの、現4歳世代は20頭が募集されて僅か1頭しか勝ち上がれないなど、ここのところ成績が下降しているのが気がかり。ただ、毎年地方馬も何頭か募集される点は魅力。

【ターファイトクラブ】
◆ラヴァーズレーン14(牡1歳 父:ステイゴールド)総額3200万円
当歳時から募集され、現1歳世代で唯一満口になっている馬。ステイゴールド産駒にしては落ち着きがあるらしく、キリッとした眼をしていることから、少なくとも扱いに困るような気の悪さはないはず。馬の形も非常に均整が取れていて、ターファイトの募集馬の中でもズバ抜けて良く見える。兄姉もJRAでなかなかの実績を挙げているし、栗東の昆貢厩舎に預託予定というのもポイント。
04

◆キープアンドゴー14(メス1歳 父:シニスターミニスター)総額400万円
道営の北川厩舎に入厩予定の地方馬。近親にホクトビーナス・ホクトペンダントがいる北海牧場の牝系でいかにもスピードがありそうだし、父はダート専門のシニスターミニスターで、ダートの短距離で面白そうな印象。体高が160cm近くあるのもセールスポイントで、広いコースの門別・大井あたりを得意にしそう。
12

◆チアリーダー14(メス1歳 父:タイキシャトル)総額600万円
こちらも道営の安田厩舎に入厩予定の地方馬。姉に浦和桜花賞を勝ったコテキタイがいる血統で、ブラックタイプにはスマートボーイの名前も見える、グランド牧場の牝系。1歳にしてボリュームのある馬体を誇り、兄には南関東で19勝を挙げているスマートジョーカーもいるので、順調なら結構楽しめるのでは。道営で早めに認定競走を勝てるなら、JRAのレースに挑戦するのも面白いかも。
17

| | コメント (0)

2015.08.23

4頭とも大敗の厳しい結果に

今週は4頭とも大敗を喫してしまい、ルーセントハートは現3歳世代で2頭目の引退が決まった。

◆8/22(土)小倉3R 3歳未勝利…×ルーセントハート(高倉)→15着
マイナス14キロという数字ほどは細く見えなかったけど、どうもゴトゴトと上下動が大きい感じでパドックを周回しているのは気になった。1頭だけハッキリと出遅れてしまい、追走にも苦労して大きく離れた最後方から。さかんに鞍上の手が動いてもなかなか前との差が詰まらず、ラチ沿いの経済コースを回って、直線でバテた馬を少し交わした程度の15着に終わった。1200mでは完全にスピード不足だし、1800mでは体力不足という結果で、これで4戦して全て二桁着順。スーパー未勝利への出走資格はあるけれど、実質的にダートのレースしか出られず、引退が決まった。

◆8/22(土)小倉11R TVQ杯…△アメリ(浜中)→10着
ここ数戦と同様、チャカつく面はほとんど見せずに落ち着いてパドックを周回していたし、軽やかな歩様で気配は上々だった。ちょっと飛び上がるようなスタートを切って中団から。馬群の外に位置して、道中は動かず向正面でも中団のまま。3コーナーに入ってから、持ったままでスッと前との差を詰め、直線に向いて大外から一瞬伸びかけたものの、残り100mからは完全に脚色が鈍ってしまい10着に終わった。着順は悪いけど勝ち馬とは0.5秒差だし、乗り方一つで何とかなりそうな感じはするけど、やはり1700mは距離が長く、1400mで昨年のような競馬ができるかどうか。

◆8/23(日)新潟3R 3歳未勝利…▲キルシュガイスト(吉田隼)→15着
600キロと思ったよりは絞れていた。でもの~んびりとパドックを周回し、力強いというよりは動きが重くてモッサリした印象。地下馬道で馬装整備した時にジョッキーが怪我をして、吉田豊騎手から吉田隼人騎手に乗り替わった。伸び上がるようなスタートを切って後方から。押して中団に付けて1コーナーを回った。ずっとジョッキーの手が動きっぱなしで、向正面に入ったあたりから明らかに手応えが悪く見え、3コーナーに入るあたりから速くも後退してしまい、直線に入った地点では最後方まで下がり、何とかタイムオーバーは免れて最下位でゴールした。坂路調教の時計が良かったのでもしかしたらと思ったけど、ノドが鳴ったのか大敗してしまった。残りもう1戦で激変するのは厳しそう。

◆8/23(日)札幌5R 2歳新馬…△クレスクント(川田)→8着
520キロの大きな馬体でも重苦しさは感じず、大きな歩幅でパドックを周回していた。歩くようにゲートを出てしまい後方から。1~2コーナーは内ラチ沿いを進め、向正面でペースが落ち着いたところを外に出して4番手まで押し上げたものの、3コーナーでペースが速くなると追走に苦労し始め、直線に向くと完全に脚色が鈍ってしまい8着に終わった。かなり平凡な時計で上がりも遅いのに勝負所で置かれてしまい、これは時間がかかりそう。

【次週出走予定】
◆8/28(金)大井11R 東京中日スポーツ賞…ブリージーストーム(森泰斗)
◆8/30(日)小倉4R 障害未勝利…キングオブタイム(北沢)
◆8/30(日)小倉5R 2歳新馬…ストロングタイタン(浜中)
◆8/30(日)札幌5R 3歳未勝利…ルフナ(未定)
◆8/30(日)佐賀10R JRA認定2歳1組…ローカルロマン(山口勲)

| | コメント (0)

2015.08.20

やけに遅いデビュー戦

今週は2歳のクレスクントのほか、3歳のキルシュガイストもデビュー戦を迎える。2頭ともチャンスはありそうで、どんな競馬を見せてくれるか楽しみ。土曜日は1年半ぶりに小倉競馬場へ行ってきます。

◆8/22(土)小倉3R 3歳未勝利…×ルーセントハート(高倉)
1800mの芝とダートで3戦し、いずれも二桁着順に大敗している。ダートの前走はタイムオーバー負けしているので、まだ芝の方が走れそうだし、距離が1200mに短縮されるのもプラスにはなるはず。調教でも以前よりはいい走りができている。ただ、兄のパドルウィールも中距離馬だし、今までのレースを見ているとスピード不足の感はあるので、1桁着順くらいならあるかもしれないけど、勝ち負けに持ち込むのはかなり厳しい。

◆8/22(土)小倉11R TVQ杯…△アメリ(浜中)
ここ4戦ほど芝を使われて結果が出ず、久しぶりにダートを使われることになった。今年の小倉ダートは時計が出やすい状態で、この馬にとっては好材料。1700mへの距離延長は微妙だけど、そのぶん先手は取れそうで、2年前にこの条件で2着に好走したこともあり、上位争いには加われるのでは。ただ、ベスト条件はダート1400mなので、一度使って阪神開催が目標か。もうあと半年くらいで引退となるため、ここはもう1つ勝てるメドが立つ競馬を見せて欲しい。

◆8/23(日)新潟3R 3歳未勝利…▲キルシュガイスト(吉田豊)
3歳の8月下旬にしてようやっとデビューを迎える。1歳9月の募集時に538キロもあり、あまりにも大きすぎて常に脚部不安が付いて回り、本格的な乗り込みが開始されたのは今年の5月。その後もノド鳴りの手術をして、ようやっとここに来てデビュー態勢が整った。ただ出走させるだけでなく、美浦の坂路調教で2位の時計を出していて、それなりに走れる状態にはあるし、メンバーを見渡すと近走不振馬ばかりで、初戦からいきなり激走する可能性もある。入厩直前の馬体重が672キロあり、どこまで絞れてくるかにも注目で、もしかしたらショーグンが持つ最高馬体重記録を更新できるかもしれない。

◆8/23(日)札幌5R 2歳新馬…△クレスクント(川田)
函館競馬場に入厩し、ゲート試験合格後は札幌競馬場へ移動し、合計1ヶ月半ほどじっくり乗り込まれた。牝馬にして500キロ超の大型馬で、しかもハービンジャー産駒ということもあり、力の要る洋芝の札幌コースは合っているはずで、この馬の実力は発揮できる状態にある。速いところにいくといいフォームで走るそうで、どこまでやれるか楽しみ。ただ、札幌記念当日の新馬戦なのでかなりメンバーが揃った印象を受け、スンナリと先行してスムーズな競馬ができるかどうかがカギになる。もしいきなり勝てるようなら来春の大舞台も視界に入ってくる。

| | コメント (0)

2015.08.19

距離延長でも見所なし

◆8/19(水)名古屋1R 2歳…▲デラニュースター(丸野)→4着
もともと前走は太くなかったとはいえ、プラス6キロはちょっと太かったか。ゲートの出はまぁまぁ良かったものの、ダッシュが付かず後方から。馬群がバラけてから外に出して、向正面から気合いを付けつつ前との差を詰めにかかり、3コーナーで4番手に上がると、そこからは明らかに脚色が鈍ってしまい、4コーナーから直線に向いてもバテてはいないものの伸びが見られず4着に終わった。前走の勝ち馬には1馬身差まで詰め寄ったけど、道営で3戦いずれも大敗の転入馬にもアッサリと突き放されてしまった。新馬戦が全然組まれておらず、当分は同じメンバーでのレースが続きそうで、これは初勝利までかなり時間がかかりそう。

| | コメント (0)

2015.08.17

11馬身差を詰められるかどうか

◆8/19(水)名古屋1R 2歳…▲デラニュースター(丸野)
前走は出遅れたこともあって、800m戦で11馬身もの大差を付けられての3着となり、1番人気に応えられなかった。今回は1400mに距離が伸びたことでレースはしやすくなるはずだけど、その前走で先着を許した2頭も出走し、果たしてその差を詰められるかどうか。カジノドライヴ産駒で繋が立ち気味なことから半鉄を装着してレースに臨むことになり、その点もどう影響するか。400キロそこそこの馬が多い中、480キロ台の圧倒的な馬格を生かして頑張って欲しい。

| | コメント (0)

2015.08.16

2歳オープンは3着

広尾の無料馬ゼロレボルシオンは、残念ながら未勝利を脱出できず引退は確定的。

◆8/12(水)園田4R 初出走2歳登録馬…▲ハルカカナタ(中田貴)→2着
405キロと小柄な馬体でも細い印象は全く受けなかったし、体重以上に大きく見せつつ落ち着いてパドックを周回し、十分力は出せる仕上がりだった。ややダッシュが鈍く中団からのレースとなり、押して3コーナー入り口では逃げ馬と1馬身差の3番手に付ける。そこからは外を回して懸命に食らい付こうとしても逃げ馬の脚色が衰えず、なかなか差は詰まらず2着となった。2着とはいえ最後まで食らいつこうとしていたし、もっと距離が伸びれば逆転も望めそう。

◆8/15(土)札幌10R コスモス賞…◎シャクンタラー(ルメール)→3着
6キロ絞れていい体つき。ただ、前走は落ち着いていたのに今回はチャカつき気味にパドックを周回していたのは気がかり。ゲートの中でもうるさい面を見せ、あまり良い出ではなく中団からの競馬になった。道中は馬群の中に入れて動かず控えたまま。3~4コーナーの勝負所ではなかなか前が開かず、直線の入り口でようやく馬群の外に出して伸びかけたものの、先に抜け出した2頭とは決定的な差を付けられてしまい、最後は内にモタれて脚色が鈍って3着となった。うるさい面とモタれる面が出てしまったとはいえ、3着を死守してよく頑張っている。もっと広いコースの方がいいかも。

◆8/16(日)札幌2R 3歳未勝利…×ゼロレボルシオン(黛)→6着
札幌までの輸送があってもマイナス2キロと減らず、キビキビとした歩様で状態は良さそうに見えた。揃ったスタートを切り、最初から抑えて後方2番手に控える。向正面に入ってから押して進出しようとしてもなかなか伸びず、3コーナーでようやく後方4番手まで少し位置を押し上げ、直線に向いて馬群の外に出すとジリジリとは伸びたものの、前との差はあまり詰まらずに6着まで。控えてマクる作戦だったようだけど、最内枠でいいスタートを切ったのに全く行く気を見せずに控えたあたりは、鞍上のレースセンスがなさすぎる。6戦目で着外となり、出られるレースがなくなってしまった。

◆8/16(日)新潟10R 豊栄特別…×レッドセイリング(大野)→17着
もともと胴が長い体型のせいか、前走と替わらない馬体重でもほっそりと見えた。揃ったスタートから先行させて外の3番手に付ける。平均ペースになってちょうどいい位置取りに思えたけど、3コーナーあたりから早くも手応えが悪くなり、4コーナーの地点でズルズルと下がり始めてしまい17着に終わった。いくら軽ハンデとはいえ芝の1000万条件では完全にスピード不足。

【次週出走予定】
◆8/19(水)名古屋1R 2歳…デラニュースター(丸野)
◆8/22(土)小倉4R 3歳未勝利…ルーセントハート(未定)
◆8/22(土)小倉11R TVQ杯…アメリ(川田)
◆8/23(日)新潟3R 3歳未勝利…キルシュガイスト(吉田豊)
◆8/23(日)札幌5R 2歳新馬…クレスクント(川田)

| | コメント (0)

2015.08.14

2歳オープン勝ちなるか?

2歳馬シャクンタラーがオープン特別に挑戦する。この時期に2勝目を挙げられたら夢が大きく広がるので、人気に応える結果を期待したい。

◆8/15(土)札幌10R コスモス賞…◎シャクンタラー(ルメール)
前走は4コーナーでかなり外に振られながらも、力強い伸び脚で新馬勝ちを飾った。中団に控えつつ差して勝つという理想的なレース内容だったし、520キロ台の大柄な馬体なので札幌の洋芝も合うはず。この中間も順調で、直前の追い切りではモタれる面も見せずに上々の動きを見せていて、ここも勝ち負けの競馬に加われるはず。もちろん既に勝ち星を挙げている馬が相手になるため、前走以上の厳しいレースになるけど、それを乗り越えて今後は重賞路線を歩めるように賞金を加算して欲しい。

◆8/16(日)札幌2R 3歳未勝利…×ゼロレボルシオン(黛)
前走は盛岡の芝で渋太い粘りを見せてくれた。今回はここのところ大敗続きのダートに戻って苦戦は必至。ただ、一応先行力はある馬なので、広い東京コースよりは小回りコースの方が粘りが増す可能性はあり、しかも今回はブリンカーを装着するとのことで、スンナリと先行できるようなら前進できるかもしれない。それでも時計に限界がある馬で、勝ち負けを期待するのは酷か。

◆8/16(日)新潟10R 豊栄特別…×レッドセイリング(大野)
2走前はアッと驚く逃げ切り勝ちをおさめた。でも勝ったのはダート戦でのことで、芝は過去1戦してシンガリ負けを喫しており、今回の芝1400mではスピード不足に終わる可能性が大。しかも1000万条件で再三好走している馬が何頭もいてレースレベルが高く、さらに先行馬だらけで前へ行くことも叶わなそうで、52キロの軽ハンデでも上位争いは厳しい。

| | コメント (0)

2015.08.12

新馬・オープンと連勝!

日帰りの強行軍で門別競馬場へ遠征し、その甲斐あって好内容で新馬・オープンと連勝を飾ってくれた。

◆8/11(火)門別9R カネヒキリ賞…◎ヴェルミオン(藤井勘)→1着
マイナス8キロと程良く絞れていい体つき。ただ前走と同様、どうも歩様に力強さが感じられなかったし、ピリッとした面が見られず、パドックだけ見るとちょっと大丈夫かなと不安になってしまう。好スタートを決め、やや抑え加減で一旦3番手に控え、1コーナーの入り口で逃げ馬に並びかける感じで2番手に付ける。1200m戦を使ったせいか掛かり気味で、向正面までは藤井ジョッキーも抑え加減。3コーナーからは3番手に控えていた1番人気馬に並び掛けられ、4コーナーに入ると早めに追われて逃げ馬を交わして先頭に立つと、終始1番人気馬に並び掛けられる苦しい態勢になりながらも、最後まで半馬身ほどの差をキープして1着でゴールした。

1頭取り消して6頭立てになったこともあり、今回も砂を被る展開にはならなかったけど、それでも外から終始マークされる精神的にキツいレースになっても、最後まで抜かせなかった根性はなかなかのもの。明らかに1200mよりは1800mの方が走りやすそうで、今後が楽しみになった。今回の1着で、大井に転入しても特別戦・トライアル戦を使えるだけの賞金が加算できたことも大きい。次走は10月のサンライズカップを予定していて、そこなら多頭数のモマれる競馬を経験できそう。
Ke3a7391 Ke3a7433
Ke3a7456 Ke3a7474

| | コメント (0)

2015.08.11

距離延長で真価を発揮

サンデーの地方馬ヴェルミオンが2戦目を迎える。もともと距離が伸びていいタイプと評されていて、どんなレースをしてくれるか楽しみ。

◆8/11(火)門別9R カネヒキリ賞…◎ヴェルミオン(藤井勘)
前走、1200mの新馬戦で圧勝したとはいえ、時計的には平凡だった。今回も1200m戦だったらよほどの上積みがないと苦戦必至だけど、今回は1800m戦で前走のレースぶりから距離延長はプラスになりそうで、引き続き上位争いできそう。ただ、そのデビュー戦は早めに並び掛けられる厳しい展開だったとはいえ、モマれない逃げ切り勝ちだったことから、ここは目標のレースでも何でもないので、先々を考えて控えてモマれるレースをしてみるのもいいかもしれない。もしここを好内容で勝てるようなら、道営の2歳重賞が非常に楽しみになってくる。

◆8/12(水)園田4R 初出走2歳登録馬…▲ハルカカナタ(中田貴)
グリーンファーム地方馬3頭目のデビューとなる。園田のレース体系やメンバーレベルがサッパリ分からないものの、西脇で行われた能力試験では800mを49.6秒で合格していることから、ある程度のスピードは持っていて、そう恥ずかしい競馬にはならないはず。能力試験でかなりの好タイムをマークした評判馬が1頭いるようだけど、出遅れる心配が減る大外枠を引いたので、ダッシュよく先行して粘り込むようなレースで上位を目指して欲しい。

| | コメント (0)

2015.08.09

逃げ切りと直線一気で未勝利脱出

正直なところ厳しいだろうと思っていた未勝利馬2頭がともに勝ってくれ、JRAの現3歳馬は18頭中10頭が勝ちあがった。例年のことながら、1着賞金が460万円に減額される時期になってからが強い。

◆8/8(土)札幌2R 3歳未勝利…×ポリアフ(福永)→1着
2ヶ月半ぶりでもキッチリ馬体が仕上がっていたし、以前のような非力さが感じられず好気配だった。ほぼ互角のスタートを切り、押してハナに立った。先行争いはさほど激化せず、1コーナーの入りではラチ沿いのインに入れられた。向正面でマクる馬はいなかったものの、3コーナーで外から並びかけられて福永ジョッキーの手が動き始め、それでも先頭をキープしながら直線に入ると、そこからは逆に後続を突き放し、3馬身差で嬉しい初勝利を挙げた。新馬戦で13.2秒差の大差タイムオーバー負けを喫した馬が、1戦ごとにレース内容が良くなり、ついには勝ち星を挙げてくれた。500万条件で即通用というわけにはいかないだろうけど、少しずつでも力を付けていって欲しい。

◆8/8(土)小倉3R 3歳未勝利…×ノーブルソニック(藤岡佑)→1着
過去3戦とも体の使い方がぎこちなかったのが、今回は前肢の出がだいぶスムーズになり、力は出せる状態に見えた。揃ったスタートを切り、押しても前に行けず仕方なく後方に控え、馬群にモマれる形で向正面に入る頃には後方2番手まで下がってしまった。3コーナーでもまだ後方3番手に位置し、馬群の外ではなくラチ沿いを回っていたため、この時点では完全に諦めていた。直線に入ってもまだ後方のままで、残り200m地点で馬群の外に出すと、ビックリするような脚で猛然と差してきて、最後は2馬身差を付けてこちらも初勝利を挙げた。未勝利戦とはいえ、ローカル小回りのダート戦でここまでの直線一気が決まるのは稀で、これで体質が強化されるようなら今後が楽しみ。脚元が固まったら芝のレースでも走らせてみたい。

◆8/9(日)小倉4R 障害未勝利…△キングオブタイム(北沢)→4着
いつもはうるさい面を見せてパドックを周回する馬が、今回は覇気がなくトモの踏み込みにも力強さが感じられず、もう一息の状態。ほぼ揃ったスタートを切り、最初の障害はいつものように高く飛んでしまい、そこからは4番手でレースを進める。2つめの障害からはスピードが落ちることなくスムーズな飛越でハードルをクリアし、これなら馬券圏内もあるかと思いきや、前との差を詰めるほどの脚は見られず、道中の順番通りの4着でゴールした。飛越はだいぶ上手くなったけど、今日のメンバーで4着ではまだかなり勝利は遠い。

◆8/9(日)新潟12R 3歳上500万下…△レッドダニエル(北村宏)→10着
パドックで見栄えする馬ではないけれど、この日はいかにも暑くて参ってるような感じで覇気なくパドックをトボトボ歩いていた。あまり良いスタートではなく、押して押してようやく3番手の外に付ける。さほど速いペースではなかったのに、4コーナーに入ったあたりから早くも手応えが怪しくなり、直線に入ると脚色が鈍って後続に交わされ、そこから大バテはせず10着に終わった。前へ行った2頭がそのまま1着・2着に粘り、理想的な位置取りに思えたけど、やはり状態面がもう一つだったか。

【次週出走予定】
◆8/11(火)門別9R カネヒキリ賞…ヴェルミオン(藤井勘)
◆8/12(水)園田4R 初出走2歳登録馬…ハルカカナタ(中田貴)
◆8/15(土)札幌10R コスモス賞…シャクンタラー(ルメール)
◆8/16(日)新潟10R 豊栄特別…レッドセイリング(大野)

| | コメント (0)

2015.08.08

苦戦必至も前進余地はあり

今週出走の4頭は単式圏までは厳しそうだけど、スムーズな競馬ができるようなら上位もあり得そう。

◆8/8(土)札幌2R 3歳未勝利…×ポリアフ(福永)
ほとんど1周追い通しだった2走前の松田騎手による闘魂注入が功を奏したのか、前走は好スタートから先行して2着に粘り、今までのレースぶりからは一変した。とはいえ走破時計は未勝利脱出の水準からは遠く、今回は先行馬も揃っていて展開面も微妙で、前走着外の馬が2頭しかいないように全体的なレベルも高く、あまり強気にはなれない。ズブい面があるためスマートに乗るタイプの福永騎手に替わるのも減点材料。ただポンと先行してスムーズな競馬ができるようなら、前走のようにいい粘りを見せてくれるかも。今回が5戦目なので、まだスーパー未勝利への出走資格はある。

◆8/8(土)小倉3R 3歳未勝利…×ノーブルソニック(藤岡佑)
トモを傷めてしまい4ヶ月半ぶりの復帰となる。過去3戦ともダートを使われ、2走前は4着に好走しているけど、前崩れの展開になったのがハマっただけで、未勝利脱出はポリアフ以上に遠い印象。時間がないのであまり乗り込まれないうちに使われることになり、馬体の中身ができているかも心配。過去3戦ともモマれる競馬をして、砂を被るのを嫌がっていたため、もしスタートを決めて先行できるようなら、激変する可能性も。

◆8/9(日)小倉4R 障害未勝利…△キングオブタイム(北沢)
障害転向後の過去2戦とも高い飛越で障害を飛ぶたびにスピードが鈍ってしまい、前走は多少の慣れはあったものの、後方から直線でバテた馬を交わしただけのレース内容で、こちらも全く勝てる気がしない。ただし今回はなんと7頭立ての少頭数となり、飛越が高い分だけ落馬する危険性は低く、しかも入着経験があるのはこの馬を含めて3頭だけで、無事に回ってくれば再度掲示板に載れる可能性も十分。平地では折り合いに難があったのに、障害ではそのような面を見せなくなったので、北沢騎手の手綱捌きで少しでも上位を目指して欲しい。

◆8/9(日)新潟12R 3歳上500万下…△レッドダニエル(北村宏)
お母さんが得意としたダートの短距離戦に矛先を変えてからは成績が安定してきた。ここ3戦とも時計面でもソコソコの水準には達しており、特に前走は直線で早めに交わされる厳しい展開ながら最後までよく粘っていて、新潟コースならさらに上位も十分狙える。もともとスタートは決して悪くない馬なので、今回も先行させて粘り込みを図る競馬をしたい。以前に比べてだいぶ気性面が成長したそうで、調教での動きも良くなっており、ここはいい結果を期待したい。

| | コメント (0)

2015.08.03

現3歳世代8頭目の勝ち上がり

イルミリオーネが未勝利を脱出してくれ、これでJRAの現3歳馬は18頭中8頭が勝ち上がりとなった。残りの現役馬9頭はよほど展開がハマらないと厳しいかも。

◆8/1(土)小倉6R 3歳未勝利…▲イルミリオーネ(パートン)→1着
一息後でも馬体重に増減はなく、落ち着いてパドックを周回し、なかなかいい仕上がりに見えた。揃ったスタートを切り、外からジワッと進出させて2番手に付ける。平均ペースで流れたせいか向正面でマクる馬もなく、3~4コーナーを持ったままいい手応えで周り、直線の入り口で早くも先頭に立つと直線では後続を引き離し、最後差し馬に迫られたものの、3/4馬身差で嬉しい初勝利を挙げた。2分ちょうどの勝ちタイムもなかなかのもので、昇級しても楽しみはありそう。もっとクビを使って走れるようになれば尚いい。

◆8/1(土)札幌11R TVh賞…▲レッドルーファス(ルメール)→8着
一頃見られたうるさい面も全くなく、力強い歩様で状態は良さそうだった。僅かにゲートの出が悪く中団からレースを進めた。道中は平均的な流れになり、向正面では持ったまま中団に控えつつ、勝負所の3~4コーナーでは馬群の外からいい雰囲気で上がってきて、これは上位間違いなしと期待したものの、直線に向いてからはまた内にモタれて追いづらいシーンもあり、伸びずバテずで8着に終わった。道中スムーズにレースを進められたのに8着では物足りないし、左回りじゃないとダメなのかも。

◆8/2(日)小倉10R 響灘特別…▲マズルファイヤー(松山)→15着
プラス14キロの570キロで、この体重で4着に入ったこともあったけど、全体的に動きが重苦しく、数字以上に太く見えた。ちょっと躓き加減のスタートから、押して先行させて3番手に位置した。切れる脚はないのでちょうどいい位置取りに思え、向正面は3番手をキープ。ところが3コーナーに入ったあたりから早くも手応えが怪しくなり、4コーナーからはズルズルと後退してしまい最下位に終わった。前へ行くのに脚を使ったし、結果的に流れが速くなったので大敗も仕方なし。青鹿毛の大型馬ということもあり、この暑さにかなり参っていたそうで、状態面ももう一つだったか。

【次週出走予定】
◆8/8(土)小倉3R 3歳未勝利…ノーブルソニック(藤岡佑)
◆8/9(日)小倉4R 障害未勝利…キングオブタイム(北沢)
◆8/9(日)新潟12R 3歳上500万下…レッドダニエル(北村宏)

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »