« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015.07.31

各馬ともチャンスはありそう

今週は3頭ともクラス好走実績があり、いずれもチャンスがありそうでレースが楽しみ。

◆8/1(土)小倉6R 3歳未勝利…▲イルミリオーネ(パートン)
前走は初めて掲示板を外してしまい、2ヶ月ほど立て直された。その前走は連戦の疲れがあったようで、リフレッシュして毛艶も冴えているとのことで、今回は上位争いが期待できそう。先行力はあるため、開幕週の綺麗な馬場も向いているはず。ただ、過去4戦ともかなりムキになって走る面があって直線ではフットワークがバラバラになっていたことから、もう少しリラックスしてレースに臨めるかどうか。過去の着順だけ見ると上位の存在だけど時計面は物足りないため、あまり自信はない。

◆8/1(土)札幌11R TVh賞…▲レッドルーファス(ルメール)
12頭立てと手頃な頭数になった。でもあまり準オープン戦が組まれていない時期のせいか、メンバーレベルは相当高い。準オープンは既に勝っているクラスでもあり、ここ2戦は2着・3着とあと少しのところまで来ていて、今回も上位争いには加われそう。前走は4コーナーからモタれてしまい、どうも右回りはあまり良くない可能性があり、ここのところ芝ではジリジリしか伸びず、開幕週の馬場が合うかどうかもちょっと心配。短い間隔で使えるように状態面はなかなか良さそうだし、積極的なレース運びができれば単式圏も十分。ここはルメール騎手の腕に期待したい。

◆8/2(日)小倉10R 響灘特別…▲マズルファイヤー(松山)
ここ3戦の着順だけ見ると今回も厳しそうだけど、心房細動・出遅れ・直線の長い東京で僅差と敗因がハッキリしていて、直線の短い小回りの小倉なら、持ち前の先行力を生かして粘り込む競馬ができるはず。この中間はビシビシと追われ、いつになくいい動きを見せて状態は申し分なく、もともとスタートは上手な方なので、ここは巻き返せそう。先行馬が多く、4~5番手あたりに付けて早めに前を捕まえに行くようなレースが理想。未勝利を勝ち上がって以来の、2年半ぶりの勝利を期待したい。

| | コメント (0)

2015.07.30

未勝利脱出に赤信号が灯る

◆7/26(日)中京3R 3歳未勝利…×プリモレガーロ(ルメール)→11着
いつも覇気なくパドックを周回する馬だけど、この日はまぁまぁキビキビとした歩様で、トモの送りにも力強さは感じられ、調子は悪くなさそうだった。少し躓き気味のスタートを切って後方からの競馬となった。1コーナーで外に出して前半は控える形に。向正面の半ばあたりから徐々にポジションを上げていき、4コーナーではいい雰囲気で中団よりも前にまで押し上げたものの、直線に入ってからは全く伸びず11着に終わった。先行できていればもう少し違ったかもしれないけど、外を回したにせよ2.6秒差ではどうしようもない。何とかもう1回芝の未勝利戦に出走できないものか。今回が6戦目でスーパー未勝利の出走資格がなく、レース選択を誤ると今回が最終戦となるおそれも。

◆7/26(日)福島8R 3歳上500万下…×レッドクラリス(内田博)→14着
プラス24キロと数字の上では大きく増えていた。でも胴が伸びたせいか太い印象は受けず、もっと増えてもいいくらいに見えた。揃ったスタートを切って、押して先行させようとしてもなかなか進まず中団の外から。1コーナーで外に膨れた馬と接触してしまい、向正面に入る頃には後方2番手まで下がってしまった。そこからは追っ付けても全く馬が反応せず、3コーナーの時点で既に勝負圏外となってしまい、直線に入っても離される一方で4.2秒差のブービー負けを喫した。接触はあったけどそう派手にぶつかったわけでもなく、仮に太め残りが響いて息切れするにしてもバテるのが早すぎるし、敗因がよく分からない。

◆7/27(月)盛岡10R JRA交流エメラルド賞…△ゼロレボルシオン(村上忍)→2着
パドックでの気配は不明。ほぼ揃ったスタートを切り、押して先行させようとしても前へは行けず、ちょうど中団あたりに付ける。1~2コーナーは中団に控えたままで、向正面に入ったあたりからジンワリと進出して3コーナーでは4番手の外まで押し上げた。外を回したせいか4コーナーからは伸び脚が鈍ってしまい、直線に入ると先に抜け出した馬とは差が開く一方で、それでもジリジリと渋太く伸びて2番手は死守してゴールした。芝の適性はありそうで、なかなかいい内容だったけど、勝たなければ意味がないレースだったので2着は残念。こちらももう1回芝のレースを使えるかどうか。一応、スーパー未勝利の出走資格はあるので、ダートならもう1戦はできそう。

【次週出走予定】
◆8/1(土)小倉6R 3歳未勝利…イルミリオーネ(パートン)
◆8/1(土)札幌11R TVh賞…レッドルーファス(ルメール)
◆8/2(日)小倉10R 響灘特別…マズルファイヤー(未定)

| | コメント (0)

2015.07.24

未勝利脱出のメドは立てたい

未勝利戦は今週を含めてあと7週しかないので、もう最低でも未勝利脱出のメドは立てないといけない。

◆7/26(日)中京3R 3歳未勝利…×プリモレガーロ(ルメール)
芝で4戦して、いずれも掲示板争いには加われるものの、切れる脚がなくて勝ち負けには加われなかった。ダートに転戦した前走は6着とはいえ勝ち馬に3.2秒もの大差を付けられてしまい、芝の方が良さそうに思えるけど、ルメール騎手によるとダートの方がいいそうで、再度ダート戦に回った。その前走は脚抜きのいい不良馬場だったので、力の要る馬場になればまた違う結果になる可能性も。今回が6戦目で、掲示板を外すと芝のレースに出走できなくなるので、5着以内を確保することが最低条件となる。砂を被らずに進められる外枠が欲しい。

◆7/26(日)福島8R 3歳上500万下…×レッドクラリス(内田博)
脚部不安で8ヶ月ぶりの出走となる。福島コースでは2戦して良いところがないのに、なんで新潟を待たずわざわざ福島の最終週を使うのか疑問が残る。ただ500万条件に昇級しても1秒以内の小差では走っているし、牝馬ながら渋太い脚を使える馬なので、今回もソコソコは走れるはず。牝馬限定戦でかえって出走馬のレベルが高くなった印象もあり、500万好走馬や降級馬ばかりで、ここはあまり自信がない。

◆7/27(月)盛岡10R JRA交流エメラルド賞…△ゼロレボルシオン(村上忍)
盛岡の芝コースでの交流戦に出走する。過去4戦いずれもダート戦に出走しているけど、東京ダートのスタート地点にある芝では抜群のダッシュを決めていることから、おそらく芝は合っているはず。ここのところ結果が出ていないものの、調教くらい走れればもっとやれるはずだし、先行力はある馬なので、ここは上位争いを期待したい。イライラする面のある馬なので、盛岡までの輸送がちょっと心配。

| | コメント (0)

2015.07.22

理想的なレース展開でも勝てず

ブリージーストーム、ここのところ勝てない競馬が続いてしまっている。でもいわゆる準オープンにあたるA2クラスで馬券圏内には毎回入っているし、大したもの。

◆7/22(水)川崎11R スパーキングサマーチャレンジ…◎ブリージーストーム(森泰斗)→3着
マイナス10キロとキッチリと絞れていたし、馬体の張り・艶も良く、パドックを気分よさそうに周回して、デビュー以来最高の状態に見えた。好スタートを決めて、逃げ馬を外からマークする形の2番手に付ける。レース前に描いていた通りの理想的な位置取りで、競り合いになるのを避けて、逃げ馬が快調に飛ばしていたので1~2コーナーでは少し距離を置いた。3コーナーに入ったあたりから仕掛けて徐々に前との差を詰め、これは勝っただろうと安心していたら、4コーナーでは逆に逃げ馬に突き放されてしまい、直線では一杯になりそうなところを何とか踏ん張って3着はキープした。控えずに競り掛ける形にしていれば相手も苦しくなって違う結果になったかもしれないけど、今回は勝ち馬が強かったし、2着に踏ん張れなかったのも勝ちに行くため動いてのもので仕方なし。川崎の重い馬場が合わないのかもしれない。スパーキングサマーカップの優先出走権を取れなかったため、今後のローテーションが難しくなってしまった。
Ke3a6869 Ke3a7002

| | コメント (0)

2015.07.21

御神本元騎手が最終追い切りに

ここ2戦惜しい競馬が続いたブリージーストーム、引き続きチャンスなので今後こそ。

◆7/22(水)川崎11R スパーキングサマーチャレンジ…◎ブリージーストーム(森泰斗)
前走は初の左回りに加え、過去最高馬体重で太め残りだったのが最後の伸びに響いた印象だけど、それでも準重賞で3着に好走しているのは大したもの。中間はしっかり乗り込まれ、最終追い切りには御神本元騎手が跨がるというオマケつきで、左回りコース2度目となる今回は、勝ち負けの競馬に持ち込める。距離が1600mになるのもプラス。メンバーを見渡すとハッキリとした逃げ馬がいて、その馬をマークしながら進められる点も有利。ここはキッチリ決めて、同じ舞台の重賞スパーキングサマーカップか、8月末の韓国遠征へと弾みを付けたい。

| | コメント (0)

2015.07.20

気のない騎乗で勝負圏外

アナザーバージョン、せっかく今回は状態が良かったのに消極的な乗り方で入着止まり。なかなかトンネルを抜け出せない。

◆7/18(土)中京4R 障害未勝利…×キングオブタイム(北沢)→5着
イレ込む面は見せず、力強い歩様でキビキビとパドックを周回し、文句のない状態。好スタートを切ってスタート直後は先頭に立ったものの、また躊躇しながら最初の障害を飛んでしまい、最後方まで下がった。その後はまぁまぁ悪くない飛越で障害をクリアしていき、後方2番手で3~4コーナーを回ると、最後の直線コースでジリジリと差を詰めてバテた馬を交わし5着でゴールした。前走よりは前進できたけど、まだ飛越がスムーズではなく、勝ち負けできるレベルにはほど遠い印象。

◆7/18(土)福島8R 3歳上500万下…◎アナザーバージョン(田辺)→4着
パドックでキョロキョロする面を見せずに集中して歩いていて、歩様にも力強さが加わり、ここ数戦の中では一番良く見えた。揃ったスタートを切り、急かせず持ったまま中団に控える。道中は特に動かず中団のままで、3コーナーの手前からジンワリと進出を開始し、4コーナーから懸命に追われてもなかなか前との差を詰められず、直線では大外に出してジリジリと伸びたものの4着まで。集中力を欠くレースぶりが続いているということで、レース後に去勢されることになった。ここのところ、暴ラップでハナを切るか、わざわざモマれるように中団で控えるかの極端な競馬しかしておらず、この日もとても勝ちに行くような乗り方ではなかったし、この馬に関しては昨夏からジョッキーへの不満が募るばかり。
Ke3a6413 Ke3a6465

◆7/19(日)佐賀1R 2歳-1組…◎ローカルロマン(山口勲)→1着
カイ喰いが悪くなって間隔を開けたので、プラス6キロと増えていたのは好材料。落ち着きを欠くことなくいい雰囲気でパドックを周回していた。揃ったスタートを切り、持ったまま自然とハナに立つ。1馬身くらいリードを取っての逃げで、道中は特に競り掛けてくる馬もなく、先頭をキープしたまま4コーナーに入ると他馬の手応えが悪くなり、直線に入って気合いを付けるとリードを広げ、単勝1.0倍の人気に応えて後続に6馬身差を付けての2勝目を挙げた。1400mに距離が伸び、力の要る良馬場になっても全く問題がなかった。そう遠くなく組まれるはずのJRA認定競走へいい状態で臨みたい。

【次週出走予定】
◆7/22(水)川崎11R スパーキングサマーチャレンジ…ブリージーストーム(森泰斗)
◆7/26(日)中京3R 3歳未勝利…プリモレガーロ(ルメール)
◆7/26(日)福島8R 3歳上500万下…レッドクラリス(内田博)

| | コメント (0)

2015.07.18

復調なら勝ち負け必至

前走でようやく復調の兆しが見えたアナザーバージョン、もともと500万条件では実力上位なので、ここは1年5ヶ月ぶりの勝利を飾りたいところ。

◆7/18(土)中京4R 障害未勝利…×キングオブタイム(北沢)
初障害戦の前走は、ブレーキをかけながらの高い飛越で、障害を飛ぶたびに差が開いてしまい大敗した。まだまだかなりレース経験を積む必要がありそうで、2戦目の今回は多少の前進はできたとしても、勝ち負けに加わるのは無理そう。8頭立てと少頭数になっても、良くて掲示板の下の方か。この馬としてはなかなか良い調教をこなしていたので、障害ではなく平地に戻して欲しい。

◆7/18(土)福島8R 3歳上500万下…◎アナザーバージョン(田辺)
1000万条件ではモマれて結果を出せなかったけど、前走は最内枠からあえて馬群の中に入れるレースをしても、嫌気を差すことなく最後までレースができていた。もともとオープン戦2着の実績もあり、500万条件なら大威張りできる実力の持ち主で、真ん中の偶数枠を引いた今回は存分に力を発揮できるはず。調教内容も良く、メンバーを見渡すと時計面でも有利。2~3番手から早めに抜け出す競馬ができれば、1年5ヶ月ぶりの勝利も近い。

◆7/19(日)佐賀1R 2歳-1組…◎ローカルロマン(山口勲)
佐賀競馬での3戦目を迎える。まだデビューした2歳馬がそれほど多くない状態で、各馬の力の比較がしやすい。デビュー戦でこの馬に先着したガンバルスマートを基準にすると、今回のメンバーでは時計面で圧倒的優位にあり、マトモなら勝ち負け必至。ただ、今回はハナは切らせず番手に控える競馬を試してみるようで、もし道中モマれ込むようなことがあれば取りこぼしの可能性も。ここは目標のレースでもなんでもないので、今後の成長に繋がるようなレースをしてくれれば。

| | コメント (0)

2015.07.16

期待以上の内容でデビュー勝ち!

2年ぶりの門別競馬、いい形で勝利を飾れました。

◆7/15(水)門別8R フレッシュチャレンジ…◎ヴェルミオン(藤井勘)→1着
能力試験当時からはマイナス11キロの504キロと絞れていた。でもまだ絞れる体つきだったし、歩様に力強さがなく、パドックから返し馬にかけてピリッとした面が見られず、不安が先に立つ状態だった。大外枠から好スタートを決め、少し押してハナに立つ。断然人気の馬が3コーナー手前で、外から被せるように並び掛けてきて、プレッシャーをかけられる嫌な展開になったものの、それでも抜群の手応えのまま動じずにハナをキープした。4コーナーに入ると明らかに相手の方が反応が鈍く、軽く仕掛けただけで直線に向いた時には後続に決定的な差を付け、6馬身差の嬉しいデビュー勝ちをおさめた。

この週の門別は、馬場の内側が全く伸びない状態だったので、ハナに立って馬をインに入れた時にはどうなることやらと不安で一杯になったけど(勝ちタイムが遅いのはそのせい)、そんなことはお構いなしに強い競馬をしてくれた。藤井ジョッキーの強気な競馬にも感謝するばかり。まだ馬体に余裕があったので一度使ってさらに上向くだろうし、もともと距離が伸びていい馬と評されていたため、道営でのオープン・重賞挑戦が楽しみ。JRAへの挑戦権を持って南関東に転入できるのも大きい。
Ke3a5986 Ke3a5996
Ke3a6077 Ke3a6098

| | コメント (2)

2015.07.14

2年ぶりに門別競馬場へ

サンデーの40口地方馬がデビューを迎えるので、2年ぶりに門別競馬場へ行ってきます。

◆7/15(水)門別8R フレッシュチャレンジ2歳新馬…◎ヴェルミオン(藤井勘)
ここまで全くトラブルなくデビューを迎えられた。能力試験はスタートで大出遅れをしながらも終い差を詰め、51.5秒の4番手で合格していた。その後はゲート練習を重ね、全く問題なくダッシュを決められるようになったそうで、今回は大外枠を引いたことから出遅れの可能性も低くなり、勝ち負けの競馬に持ち込めそう。500キロ超の大型馬でパワー負けする心配がないのもセールスポイント。海外・韓国で騎乗し、先月エスメラルディーナで韓国の重賞を制した藤井勘一郎ジョッキーが鞍上となった点も頼もしい。ここで認定を勝って、JRAのレースに挑戦できる権利をとっておきたい。あとは霧でレースが中止にならないことを祈るのみ。

| | コメント (0)

2015.07.13

単勝77.8倍の人気薄でアッと驚く激走!

入着くらいあれば御の字と思っていたラダームブランシェが、単勝77.8倍の12番人気という低評価をあざ笑うような強い競馬で、見事に未勝利を脱出。出資馬の最低人気勝利記録を更新した(従来の記録は42.2倍の8番人気での勝利)。ビワハイジの孫で、体質が強化されれば今後も楽しみ。

◆7/11(土)函館3R 3歳未勝利…×ルフナ(▲加藤)→10着
馬体重こそあまり増えていなかったけど、この馬なりに踏み込みに力強さが加わって、全体的にはいい気配に見えた。スタート直前にゲート内で突進し、タイミングが合わず後方から。しばらく進んでからマトモに挟まれて最後方まで下がってしまった。3コーナーから馬群の外を回してジンワリと進出し、4コーナーではあまり外を回さず馬群の中へ入れたものの、あまり前との差は詰められずに10着に終わった。スタートの不利が非常に痛かったし、前残りの決着になって展開も向かなかった。

◆7/11(土)福島4R 障害オープン…×レッドアーヴィング(西谷)→8着
プラス8キロでも特に太く見えず。ただ、いつものように右トモの踏み込みが甘いのは気になった。ほぼ揃ったスタートからハナを切ろうとしたものの、スンナリとは逃がしてもらえず襷コースに入ったあたりでようやくハナに立った。綺麗な飛越で各障害をクリアしていき、これは久々に好走できそうに見えたけど、3コーナーに入ったあたりで急激に手応えが悪くなって下がりはじめ、あとはズルズル下がる一方で8着に終わった。厳しい展開になったとはいえ、今日は道中スムーズにレースを運べたし、結果的には数字通り太めが残っていたのかも。いつも同じようなレースを繰り返して成長の跡が見られないのは気がかり。

◆7/11(土)中京6R 2歳新馬…△ソーディヴァイン(川田)→3着
牝馬ながら520キロの大きな馬体。まだ絞れる体つきでも、踏み込みに力強さが感じられて全体的にはまぁまぁ良く見えた。ちょっと立ち遅れ気味のスタートで、すぐにダッシュを利かせて6番手あたりに付ける。馬群の中に入れてもヒルむ面は見せず、内から2列目を進んで3~4コーナーを回り、直線に入って前が開いてからもジリジリとした伸びで、なかなか先に抜け出した馬との差を詰められず、ゴール前は脚が上がってしまい何とか3着を死守してゴールした。結果的にはハイペースになってしまい、前半で急かした分だけ脚色が鈍った印象。でも道中モマれる厳しい競馬をしても3着を死守するあたりは地力の証明で、今後が大いに楽しみ。

◆7/11(土)函館11R 五稜郭S…▲レッドルーファス(柴山)→3着
特にイレ込む面を見せずにパドックを周回できていた。厩務員さんを頼るように歩いているのは気になった。揃ったスタートを切り、持ったまま6~7番手の外に控えた。道中は隊列が変わることなく淡々と進み、ややスローな流れの中、3コーナーでは持ったまま馬群の外からスッと前との差を詰めていき、これは勝ったと思いきや、4コーナーではモタモタしてしまい前との差は詰まらず、直線に入ってからもジリジリとしか伸びず3着となった。直線では再三にわたって内にいた馬と接触し、斜めを向きながら走っていたのが響いたのかも。切れる脚がなく、今なら芝よりもダートの方が向いてそう。

◆7/12(日)福島3R 3歳未勝利…×ラダームブランシェ(嘉藤)→1着
しきりに首を振ったりして落ち着きは欠いていたけど、馬体に太め感はなかったしトモの踏み込みが力強くて、パドックの気配は前走と同様になかなか良かった。少しダッシュが鈍くて後方からのレースとなり、馬群の外に出して後方5番手あたりで1コーナーを回った。向正面に出てからジンワリとポジションを上げ、マクっていった馬の後に付けて向正面半ばからジョッキーに追われて進出すると、3コーナーでは7番手まで上がった。そこから馬群の外をを回し、直線に向いてからも大外から最後まで脚色が衰えることなくしっかりとした伸び脚を見せ、アッと驚く12番人気での初勝利を飾った。決して展開がハマったわけではなく自ら動いて掴んだ勝利で、見た目以上に強い内容だった。芝の適性が高く、今日の内容なら昇級しても通用する余地はありそう。もちろんこの勝ち星は、馬の力を信じた嘉藤ジョッキーの積極的な騎乗によるところが極めて大きい。

【次週出走予定】
◆7/15(水)門別8R フレッシュチャレンジ…ヴェルミオン(未定)
◆7/18(土)中京1R 障害未勝利…キングオブタイム(北沢)
◆7/18(土)福島8R 3歳上500万下…アナザーバージョン(未定)
◆7/19(日)佐賀2R 2歳-1組…ローカルロマン(山口勲)

| | コメント (2)

2015.07.11

スムーズな競馬ができれば

今年の2歳馬も全体的に順調な仕上がりを見せてくれ、ソーディヴァインがJRAでは3頭目のデビューとなる。ダートでどんな走りを見せてくれるか楽しみ。

◆7/11(土)函館3R 3歳未勝利…×ルフナ(▲加藤)
新馬戦は1番人気で3着だったものの、かなり恵まれてのもので時計も遅く、その後はサッパリの成績が続いている。ただ、今までのレース内容からすると芝の短距離がいちばん向いていそうだし、今回は3キロ減の若手騎手を起用してスタートを決めればもう少し前進があっても良さそう。スピード不足なので時計のかかる芝も好材料で、この馬なりに調教の動きも良くなりつつある。それでも展開がハマってようやく入着程度の期待か。

◆7/11(土)福島4R 障害オープン…×レッドアーヴィング(西谷)
気分良く道中走れれば好走し、少しでも気に入らないことがあるとすぐにレースを止めてしまう。この馬の場合は相手関係云々ではなく、いかにスムーズなレースができるかどうか。今回は9頭立ての少頭数となり、オープン勝ちの実績は大威張りできるメンバー構成だけど、先行馬が多くてスンナリとハナを切れるかは微妙。西谷騎手との相性が悪い点も気がかり。近走に比べると、福島コースに替わって障害が低くなったし距離も2750mに短縮されて条件は好転しており、決して可能性がないわけではない。

◆7/11(土)中京6R 2歳新馬…△ソーディヴァイン(川田)
2歳の早い時期はダートの新馬戦が極端に少なく、その分ダートの素質馬が集まりやすい。この馬も調教では古馬をアオるいい動きを見せていて、期待は持てる状態にある。ただ、ちょっとゲートの出に課題を抱えているようで、何とか中団あたりに位置できるかどうかがカギになりそう。血統的にダート1400mの条件はピッタリだし、先週勝ったシャクンタラー同様、牝馬なから非常に立派な馬体をしているので、初戦からいいところを見せて欲しい。

◆7/11(土)函館11R 五稜郭S…▲レッドルーファス(柴山)
勝ったクラスで2戦続けて不可解な凡走をした後、前走でようやっと復調してくれた。不得意なはずのスローの上がり勝負でも好走できたのは自信になり、函館コースに替わった今回はさらなる上昇が見込めそう。実力的には文句なしに勝ち負けできるはずだけど、この中間は疝痛を発症するなど順調さを欠いた面もあり、また函館までの長距離輸送もあったので、その点がどうか。相手もなかなか強力だけど、ここを勝って北海道開催中に重賞へ挑戦させたい。

◆7/12(日)福島3R 3歳未勝利…×ラダームブランシェ(嘉藤)
今回がようやく2戦目となる。5月のデビュー戦では、スタートでダッシュがつかずにダートの1400mを走っただけの内容だったけど、いかにも距離が伸びて良さそうだったし、ダートより芝の方が走れそうで、芝1800mで多少は前進が見込めるかも。とはいえ前走後は膝に熱感があってあまりビシビシと調教を重ねられず、今回のレースも当初の予定を1週間早めた経緯もあり、状態面の上積みはあまり見込めないかも。残された時間はあまりないので、見せ場程度は作りたい。

| | コメント (2)

2015.07.09

11馬身差をつけられての大敗

◆7/09(木)名古屋2R 2歳新馬…◎デラニュースター(丸野)→3着
パドックでの気配は不明。思った以上に馬体が絞れていて、仕上がりは決して悪くなかったはず。ただ、ゲート入り前からボーッとして気合い乗りが悪く、もっと前向きさが欲しい印象。案の定ゲートの出が悪く、ダッシュももう一つで先手を奪えず3番手でレースを進める。押して行ってもなかなか逃げ馬との差は詰められず、3~4コーナーではむしろ差を広げられてしまい、直線に向いても全く伸びる雰囲気はなく、2.3秒差の3着に大敗した。佐賀所属のローカルロマンの時と同じく、能力試験はポンとゲートを出て好時計で合格したのに、最内枠を引いてしまって実戦に行ってモロさが出た格好。これだけ離されてしまうと、認定競走などで勝ち馬を逆転するのは難しそう。

| | コメント (0)

2015.07.08

名古屋競馬のデビュー戦

名古屋競馬で今年最初に行われる新馬戦に、グリーンファームの地方所属馬デラニュースターが出走する。他馬が410~420キロと小柄な中、この馬だけ480キロ超あるので、パワーで圧倒してデビュー勝ちを飾りたい。

◆7/09(木)名古屋2R 2歳新馬…◎デラニュースター(丸野)
4頭出資したグリーンファーム地方所属馬のうち、2頭目のデビューとなる。弥富トレセンでの能力試験で、不良馬場だったとはいえ800mを49.9秒で走り、なかなかいいスピードを持っている。しかも今回のレースは5頭立てとなり、スタートさえ決めれば間違いなく勝ち負けに持ち込める。ただ、その能力試験は2頭立てで全く砂を被らずに走ってのもので、レースでモマれた時に不安が残り、今回は最内枠を引いてしまい、何が何でもハナを切るしかなさそうな点がどうか。競馬新聞を見ると◎だけがズラリと並んでいるけど、能力試験で同タイム併入した馬もいるし、そこまで堅いとは思えない。新馬戦で賞金は高いため、まずはキッチリと決めて欲しい。

| | コメント (0)

2015.07.05

来春が楽しみになる新馬勝ち

シャクンタラーが芝1800mでの新馬勝ちをしてくれ、早くも来春が楽しみになった。エリオットベイも惜敗続きにピリオドを打つ、嬉しい勝ち上がり。

◆7/04(土)福島4R 3歳未勝利…○エリオットベイ(ルメール)→1着
無駄な動作をせずパドックの外側を力強く周回していて好仕上がり。6キロ増えていても太め感はなかった。揃ったスタートを切り、急かせずジンワリと6番手の外に付ける。馬群の外側を回しての追走で、向正面の半ばあたりで最後方から一気にマクって進出した馬に合わせて、3コーナー手前で2番手まで押し上げ、そこからは抑えきれない手応えで4コーナーでは速くも先頭に立ち、直線に向くと早々と後続に決定的な差を付け、3馬身半差の嬉しい初勝利を挙げた。この馬には今回のような形が合っているし、広いコースよりも小回りの方がいい。
Ke3a5025 Ke3a5094

◆7/04(土)中京5R 2歳新馬…△レンベルガー(藤岡祐)→5着
パドックで前を周回していた馬が暴れて、そのアオリを受けて後ずさりした時に転んでしまい、パドックの歩様はよく分からず。ただ馬体はキッチリ仕上がっているように見えた。ややダッシュが甘いスタートで中団のやや後ろから。向正面の時点では反応が鈍くてジョッキーに促されながらの追走で、3~4コーナーは内を回しながら直線で外に出すとジリジリと差を詰め、勝ち馬に迫るほどの勢いはなくても坂上からはいい脚を見せて5着となった。前半で追走に苦労していたことから、もっと距離が伸びた方が良さそう。

◆7/05(日)福島3R 3歳未勝利…×ムーンセイル(戸崎)→11着
7ヶ月ぶりでもまだ体つきが変わらず余裕残し。それよりも、の~んびりとパドックを周回して全く覇気が感じられない点が気になった。ゲートの出はほぼ互角でもダッシュが突かずに後方3番手からのレースとなった。後方のまま特に動けず3コーナーではほぼ最後方まで下がってしまい、4コーナーに入ると馬群の大外をブン回して一瞬だけいい脚を使ったものの、直線に向くと周りと全く同じ脚色になってしまい、あまり良いところなく11着に終わった。もっとピリッとした面が出てこないと厳しいし、ダートも向いていない印象。
Ke3a5170 Ke3a5313

◆7/05(日)福島5R 2歳新馬…▲シャクンタラー(戸崎)→1着
528キロと想定以上の大きさだったけど、太い印象は受けなかったし、パドックでも力強い歩様で全くイレ込む面を見せず好気配。やや伸び上がるようなスタートを切って中団あたりでレースを進めた。縦長の展開になって特にゴチャつくこともなくスムーズに道中を進み、3コーナーから馬群の外に出して勢い良く先頭との差を詰めると、4コーナーで内の馬が膨れてかなり外に回されてしまい、そこからも脚色が衰えることなく馬群の外から差し切って新馬勝ちを飾った。4コーナーの不利にはヒヤッとしたけど、距離損はあっても脚色が衰えなかったことが勝ち切れた要因。この時期に牝馬ながら芝1800mを勝てたのは大きく、ぜひ来年のオークスに挑戦させたい。全兄のノーステアは東京芝2400mで4勝を挙げている点も心強い。
Ke3a5498 Ke3a5533

◆7/05(日)福島11R ラジオNIKKEI賞…×ストレンジクォーク(吉田豊)→7着
この馬もパドックでは終始覇気のない歩き方をしていて、馬体の張りももう一つに見えた。あまり良いスタートではなく、直後に両側から挟まれてしまい後方4番手でレースを進める。道中はじっと動かずに馬群の内側に入れ、3コーナーの入り口では後方2番手まで下がってしまった。そこからは勝ち馬の後を付けるように馬群の内めを周り、直線に入るとなかなか思うように進路を確保できずに内ラチ沿いの馬群の中へ突っ込み7着に終わった。2勝目を挙げた時に負かした馬が2着・3着だったので今回が力負けとは思えないけど、トップハンデながら3馬身半の差をつけた勝ち馬は別格で、どんなにスムーズな競馬ができても2着が精一杯だったはず。展開が向かなかったし、決して悲観するようなレース内容ではない。
Ke3a5637 Ke3a5733

【次週出走予定】
◆7/09(木)名古屋3R 2歳新馬…デラニュースター(未定)
◆7/11(土)函館3R 3歳未勝利…ルフナ(▲加藤)
◆7/11(土)福島4R 障害オープン…レッドアーヴィング(西谷)
◆7/11(土)中京6R 2歳新馬…ソーディヴァイン(川田)
◆7/11(土)函館11R 五稜郭S…レッドルーファス(柴山)
◆7/12(日)福島3R 3歳未勝利…ラダームブランシェ(嘉藤)
◆7/12(日)中京4R 障害未勝利…キングオブタイム(北沢)

| | コメント (0)

2015.07.04

JRAの2歳出資馬が2頭デビュー

今週はJRAの2歳馬2頭がデビューを迎える。シャクンタラーは各メディアでも取り上げられていて、ここはいい結果を期待したい。土日とも福島へ行ってきます。

◆7/04(土)福島4R 3歳未勝利…○エリオットベイ(ルメール)
ダートでは3着・3着・2着・3着・3着と、あともう一歩のところまで来ている。ただ、着順の割にあまり惜しくないレース内容で、早々と勝ち馬に決定的な差を付けられていたのは気がかり。でも今回は一旦放牧されてフレッシュな状態にあり、前走以上の走りは見込めるはず。先行力もあって福島の小回りコースは向いている。3番手あたりから早め先頭に立って一杯に粘り込むようなレースを期待したい。

◆7/04(土)中京5R 2歳新馬…△レンベルガー(藤岡祐)
新種牡馬アンライバルド産駒。410キロ前後のかなり小柄な牡馬で、調教でもなかなかいい反応を見せていて、ここに向けてキッチリ仕上がった印象。馬格がないぶん、開幕週の綺麗な馬場も向いているはずだし、意外とバカにしたものではなさそう。抜けた評判馬も見当たらず、仕上がりの早さを生かして頑張って欲しい。坂のある中京コースなので、スタートからあまり急かせずに差し脚を生かす競馬が理想的。

◆7/05(日)福島3R 3歳未勝利…×ムーンセイル(戸崎)
骨瘤が出たりトモがパンとしなかったりで、ようやっと2戦目を迎える。お母さんが得意としていたダートに替わるのは好材料で、まだ脚元が固まっていないので脚に響く芝コースよりはダートの方がいいはず。ただ昨年12月のデビュー当時から調教の内容が全く良くならず、以前に比べると力が要るとはいえ美浦の坂路で14秒台・15秒台を連発し、期待より不安の方が先に立ってしまう。今回は戸崎騎手にビシビシ追ってもらい、実戦の流れを体に叩き込んで欲しい。ダートなら全くのノーチャンスだとは思わない。

◆7/05(日)福島5R 2歳新馬…▲シャクンタラー(戸崎)
500キロを優に超える牝馬らしからぬ大型馬で、ここまでトラブルなく順調にデビューを迎えられる。気の悪さを見せることもなく、美浦トレセンへ入厩してからもすこぶる順調に調教が進み、最終追い切りでもいい動きを見せて十分力を出せる状態に仕上がった。大型馬だけに福島の小回りコースが多少不安なのと、この時期の牝馬にとって1800mは有利とは言えない点がどうか。逆に、ここで新馬勝ちを飾るようなら、一気にこの先が楽しみになる。

◆7/05(日)福島11R ラジオNIKKEI賞…×ストレンジクォーク(吉田豊)
青葉賞のレース直後からここを目標にされていた。まだ馬体が固まっていないためビッシリと仕上げられたわけではないけれど、追い切りでは古馬オープン馬を相手になかなかいい動きを見せたようだし、力を出せる状態でレースに臨めそう。同じ小回りの中山コースで2勝を挙げていて、しかも2勝目はゴチャついた中を鋭く抜け出すという味のある勝ち方をしていて、この福島芝1800mという条件は合っているはず。各馬横並びの大混戦かつハンデ戦なだけに強気になれないけど、道中スムーズに運べれば上位争いも可能なはず。

| | コメント (0)

2015.07.03

社台・サンデー2015年度出資馬確定

社台・サンデーの申し込み結果が到着しました。今年は希望通りのパーフェクトな結果で大満足。あとは大きなトラブルがなく順調に育成が進み、しっかりと走ってくれることを祈りたい。でも今回だけでで220万円を使ってしまい、もう今年はこの3頭で打ち止めになりそう。

----------------------------------------------------------------------
【サンデーサラブレッドクラブ】

○第1希望:153 オリエンタルアート14(メス 父:ステイゴールド)
-第2希望:140 ロージーチャーム14 (牡  父:キングヘイロー)
○第3希望:188 シーユーサンデー14 (牡  父:カジノドライヴ)

2頭希望、上限150万円で申し込んだため、全くの希望通りの内容で確定し、第1希望はおそらく実績で取れたのではないかと。第3希望は最終的に満口になっていたため、おそらく抽選になっていたはず。オリエンタルアート14は、まだ350キロと非常に小柄なのがネックだけど、馬体のバランスが素晴らしく良いし、キリッとしたいい眼をしているので気性的に大きな問題はないはず。とにかく馬体がある程度大きくなってくれることを祈るのみ。シーユーサンデーは荒山先生への預託が確定している点が非常に魅力的。どこに預けられるか分からないキャロットの地方馬を狙うよりも、最初から荒山厩舎と確約されている方が安心。こちらはサイズは問題なく、いかにも勝負根性がありそうなタイプで、早めに認定競走を勝って芝のレースに挑戦するのも面白そう。
1_2

----------------------------------------------------------------------
【社台グループオーナーズ地方馬】

○第1希望:312 ブリージーウッズ14 (メス 父:ゼンノロブロイ)

ショコラヴェリーヌ、ブリージーストーム、ララベル、ブレッザフレスカに続き、5きょうだい連続の共有が確定した。1次では満口にならず2口余っているらしい。デビューした姉兄は最低でもA2クラスに格付けされているので、この馬もそれ以上の活躍を期待したい。発表はされていないけど、この馬も間違いなく荒山先生に預かっていただけるはず。スラッとした造りだし、血統的に芝も行けるはずで、こちらも認定競走を勝ってJRAのレースに挑戦させたい。
2

----------------------------------------------------------------------

| | コメント (4)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »