« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015.06.30

圧倒的人気に応えられず

ブリージーストームは単勝1.6倍の圧倒的に人気に支持されて勝てず。今年は1番人気で25回出走してわずかに5勝だけ。単勝1倍台では8回出走して2回しか勝っていない。

◆6/30(火)川崎11R デイリー水無月杯…◎ブリージーストーム(森泰斗)→3着
プラス7キロの数字通りに余裕のある馬体。出走各馬ゆっくりとパドックを周回していたせいか、いつもに比べるとのんびりとしていて気合い不足。でも馬体の張り艶は良く見えた。揃ったスタートを切り、押して先行させ外めの3番手を取りにいった。モマれず外すぎずちょうどいい位置取りで、ペースもさほど速くならず平均的。向正面に入って3回ほど手前を変えさせるアクションがあり、3コーナーから押し気味に先頭に並びかけ、直線に向いて前を行っていた2頭を交わして一旦先頭に立ったものの、道中すぐ後ろに控えていた馬に内外から一瞬のうちに交わされてしまい、最後まで踏ん張ったものの3着となった。位置取りは理想的だったので、馬体が増えていたのが終いの脚に響いたか。向正面で手前を変えなかったのは初の左回りが影響したのかも。それでも大して負けてないし、準重賞でよく頑張っている。
Ke3a4833 Ke3a4916

| | コメント (0)

2015.06.29

充実一途で勝ち負け必至

前走で惜しくも連勝が途切れてしまったブリージーストーム、メンバーを見渡すと今回はチャンス大で、改めて勝ち星を重ねていきたい。

◆6/30(火)川崎11R デイリー水無月杯…◎ブリージーストーム(森泰斗)
前走はスタート直後に不利があり、後方から差して2着だった。1400mに距離を短縮しつつ、馬群にモマれる競馬をして好走できたのは収穫。川崎競馬場・左回りは初めてになるけど、姉が得意としていたコースでもあるし、環境の変化に動じないタイプでもあるので、全く問題なくこなしてくれるはず。川崎は昨年12月から極端に時計がかかる馬場になっている点も、大型馬でパワー負けしないこの馬にとっては有利。この中間もすこぶる順調だったようだし、今回は近走不振馬ばかりなので、キッチリと勝利を挙げて韓国遠征もしくは重賞挑戦に弾みをつけたい。

| | コメント (0)

2015.06.28

あまり変わり映えしないレース内容

アナザーバージョンは不振脱出のキッカケは掴めた感じがするけど、他の4頭はレースぶりが変わらず次走も苦戦必至。

◆6/27(土)阪神2R 3歳未勝利…△プリモレガーロ(ルメール)→6着
トモの踏み込みには力強さが感じられたけど、全体的に覇気がなくボーッと歩いているのは気になった。揃ったスタートから急かせず馬なりで3列目の内側に位置する。初ダートで砂を被っても特にヒルむ様子はなく、3コーナーの入りから徐々に鞍上に促されても反応が鈍く、直線に向いた時点では先頭とは決定的な差が付いてしまい、その後は大バテはせず3.2秒差の6着に終わった。さほど流れは速くなかったのに追走で一杯になってしまい、芝の方が良さそう。

◆6/27(土)阪神2R 3歳未勝利…×ルーセントハート(☆松若)→14着
こちらはキビキビとしっかり歩けていてイライラする面も見せず、この馬なりには状態は良さそうだった。ほぼ揃ったスタートを決めたものの、砂を被って頭を上げ、1コーナーでは中団まで下がってしまった。その後も鞍上の手が動きながらの追走で、向正面では後方3番手まで後退し、3~4コーナーでもポジションを押し上げる余力はなく、6.0秒差の14着となりタイムオーバーとなってしまった。3戦して15着・13着・14着ではもう上がり目はなさそうだし、不良馬場のダートでここまで大敗しては地方交流戦でも無理。

◆6/27(土)東京4R 3歳未勝利…×ゼロレボルシオン(松岡)→15着
チャカつきながらパドックを周回していたけど、イレ込むほどではなく、踏み込みもしっかりしていて状態は良さそうに見えた。揃ったスタートを切り、押してムチを入れながら先行させて2番手に位置する。3コーナーに入る前から時折気合いを入れられてあまりスムーズな追走ではなく、4コーナーでは速くもムチが飛び、直線に入った途端に後退し始めて15着に終わった。デビュー戦の走破時計からして、ほぼこんなものだと思う。スタート地点の芝でのダッシュは悪くなかったので、芝のレースを試すしかなさそう。

◆6/27(土)東京9R 日野特別…△アナザーバージョン(田辺)→5着
前走はパドックの時点からイライラしていたのに、今回は非常に落ち着いていたし、踏み込みにも力強さが戻って好気配。揃ったスタートを切り、急かさず中団に控える。馬群にモマれる形になったものの、反応の鈍さを見せずスムーズに追走していた。ラチ沿いの経済コースを通ってジンワリと先頭との差を詰め、7番手あたりで直線に向くとなかなか進路が開かず、残り200mからジリジリと伸びたものの5着に終わった。着順は不満だけど、レース中に嫌気を差すことなくしっかり走ってくれたのは収穫。これならまた好走してくれそう。
Ke3a4713 Ke3a4790

◆6/28(日)阪神6R 3歳上500万下…△グレンガイル(浜中)→8着
気合いを前面に出して全体的な雰囲気は上々。ただ数字以上に太く見えてまだ絞れそうな体つき。ゲート内で膠着するような形で大きく離れた最後方から。向正面に入ってから少しずつ馬群に取り付き、馬群の外を回して3コーナーでは後方3番手まで上がる。そこからもジンワリと差を詰め、直線に向いて大外からソコソコの脚を繰り出して8着となった。さすがに大きく出遅れて8着は仕方ないけど、後方から進めた割にピリッとした脚を使えなかったのは気がかり。

【次週出走予定】
◆6/30(火)川崎11R デイリー水無月杯…ブリージーストーム(森泰斗)
◆7/04(土)福島4R 3歳未勝利…エリオットベイ(ルメール)
◆7/04(土)中京5R 2歳新馬…レンベルガー(藤岡祐)
◆7/05(日)福島5R 2歳新馬…シャクンタラー(戸崎)
◆7/05(日)福島11R ラジオNIKKEI賞…ストレンジクォーク(吉田豊)

| | コメント (0)

2015.06.26

降級で不振脱出のキッカケを

今週は5頭が出走する。今ひとつアテにしづらい馬ばかりで、どこまでやれるか。降級馬2頭も不振脱出のキッカケくらいは掴みたい。

◆6/27(土)阪神2R 3歳未勝利…△プリモレガーロ(ルメール)
芝で4戦していずれも伸びそうで伸びないレースが続き、今回は初めてダートに転戦する。芝向きの決れる脚はないのでダートの方が合いそうだけど、ハービンジャー産駒の勝鞍は今のところほとんどが芝で、ダートでの良績がない点が気になる。最内枠を引いてしまい、後手を踏んだ瞬間終わってしまうので、いつものようにスタートを決めて先行させたい。ダートの良馬場よりは脚抜きのいい重馬場の方が走りやすいはず。

◆6/27(土)阪神2R 3歳未勝利…×ルーセントハート(☆松若)
芝で2戦していずれも二桁着順に大敗し、こちらも今回が初ダート。デビュー戦は後方のままで、前走は果敢に先行してレース内容は良くなっていた。こちらは血統的にダートも問題なく、スンナリと先行できるようなら前進が見込めそうだけど、1800mの距離はちょっと長そうだし、調教の内容からもあまり変わってきた印象はなく、どこまでやれるか。あまり馬格はなく、脚抜きの良い馬場はプラスになる

◆6/27(土)東京4R 3歳未勝利…×ゼロレボルシオン(松岡)
かなりレベルの低い新馬戦で3着となった後は苦戦している。今回は、その新馬戦で好走した府中の最終週に何とか間に合わせた印象で、前走からの上積みも見込みづらそう。ただ、調教ではソコソコ動ける馬で、調教の良さを実戦で生かせれば入着くらいあっても驚けない。もう未勝利脱出まであと3戦くらいしか余裕がなく、得意コースでメドは立てたい。

◆6/27(土)東京9R 日野特別…△アナザーバージョン(田辺)
3歳限定戦とはいえこのコースでオープン2着がある馬で、1000万条件でも好走しており、本来であれば500万に降級したここは確勝級のはず。ここ4戦はチグハグな騎乗が応えたとはいえ、レースぶりにあまり良いところがなく、気性面で落ち着きを欠くようになってきたのも気がかり。今回もモマれやすい最内枠を引いてしまい、スムーズな競馬をするのが難しくなってしまった。調教の動きから状態面は何も問題ないので、何とか1年前のような強い競馬を見せて欲しい。

◆6/28(日)阪神6R 3歳上500万下…△グレンガイル(浜中)
今回から500万条件に降級となる。ダッシュが鈍くてどうしても先行できない馬なので1000万条件では苦戦したけど、500万ならひとマクりして早め先頭という競馬もしやすくなりそう。連勝した阪神ダート1800mに替わるのも好材料で、先週除外されたことによって調教の内容も良くなり、上位争いが期待できそう。ただ、いくら降級するとはいえ先行できないのは不利だし、前走負けすぎなのも気がかりで半信半疑。

| | コメント (0)

2015.06.25

レース内容はだいぶ良化

サンデーの地方40口シーユーサンデー14を第3希望で追加申し込みしました。

◆6/24(水)大井9R JRA交流あじさい特別…▲ガーデンズキュー(真島)→3着
落ち着いてパドックを周回できていたし、馬体の張り艶ともに良好で好仕上がり。ただ、クビを厩務員さんの方に向けて周回している点は気になった。今回はレース前にパシュファイアーを取った。ゲート内で突進した後にスタートを切られてしまい後方から。ラチ沿いに進路をとってコーナーワークで徐々にポジションを上げ、向正面では後方4番手まで上がった。いつもならさかんにムチが飛んでいるのに今回はスムーズに追走できていて、3コーナーあたりから追われると徐々にポジションを押し上げ、4コーナーでは前から4番手まで上がって先頭を射程圏に入れた。直線に入ると外に出してジリジリを差を詰めたものの、前を交わすほどの勢いはなく3着となった。レースぶりがかなり良くなっているし、道中の進路取りも良く、走破時計もなかなかのもの。でも、JRAの骨っぽい馬を相手にして後方に控える競馬をしては勝てるレースも勝てず、せめて中団あたりには位置して欲しかった。
Ke3a4600 Ke3a4622

| | コメント (0)

2015.06.24

社台・サンデー申し込み内容

社台・サンデーと地方競馬オーナーズの1次募集、以下のように申し込みました。

【社台・サンデーJRA40口】
◆第1希望:153 オリエンタルアート14(メス 父:ステイゴールド)
◆第2希望:140 ロージーチャーム14(牡 父:キングヘイロー)

JRA40口は、オリエンタルアートとスタセリタの2頭が候補で甲乙付けがたかった。スタセリタは十分な馬格があるのが強みで、血統的にもこれ以上は滅多にない超良血。ただ、ここのところ社台ファーム生産馬・育成馬が不振であることと、お父さんのフランケルの初年度産駒にあたるため育成が手探りになる点がネック。オリエンタルアートは、とにかく馬体が小さい点が気になるけど、素晴らしく均整のとれた馬体とキリッとした眼に惹かれ、悩んだ結果オリエンタルアートを第1希望で申し込むことに。実績的にちょっと足りないかも。第2希望には、ダート向きのパワフルな馬体をしているロージーチャームを。
2

【地方競馬オーナーズ】
◆第1希望:312 ブリージーウッズ14(メス 父:ゼンノロブロイ)

こちらは予定通り、4きょうだい連続で出資しているブリージーウッズを第1希望で申し込み。5きょうだい連続出資なるかどうか。今年は募集頭数が多かったせいか人気が分散していて、このまま第1希望で申し込めば確定しそうなので、第2希望・第3希望は選ばなかった。
1

| | コメント (0)

2015.06.23

距離延長でさらに前進

ガーデンズキュー、大井の外回りは向いているはずで、ここは期待が高まる。前残り頻発の馬場が合うかどうか。

◆6/24(水)大井9R JRA交流あじさい特別…▲ガーデンズキュー(真島)
すぐに走るのをを止めようとして、ジョッキーに気合いを入れられるとようやく少しのあいだ走るようなレースぶり。それだけに、距離が1800mに伸びるのと、直線が長い外回りコースに替わるのはプラスのはずで、あとは道中どれだけ真面目に走るかどうか。ここ最近は落ち着いてレースに臨めるようになり、成績が上向いてきた。今回も状態は良さそう。このメンバーに入っても実力的には全くヒケをとらないけど、大井の馬場を知り尽くした内田・戸崎両ジョッキーがJRAの馬に乗る点と、今開催は内側の前残りが頻発していて差しが決まりづらい点がどうか。秋のロジータ記念を目指すためにもここは賞金を加算しておきたい。

| | コメント (0)

2015.06.22

社台・サンデー2015年度 第1希望候補

6/19(金)の社台・サンデー1歳募集馬見学ツアーに行ってきました。海外旅行から帰ってきたばかりで疲れが残っていたせいか、チケットトゥダンスの14など第1希望候補にしていた馬を見逃したり、例年より集中力に欠ける内容になってしまったけど、今のところ以下の馬を第1希望申し込みとして考えている。

------------------------------------------------
【JRA入厩馬】
◆153 オリエンタルアート14(メス 父:ステイゴールド)
言わずと知れたオルフェーヴルの全妹。2月生まれで体高146cm・体重350キロとかなり小柄なのがネックだけど、これ以上ないほど均整の取れた馬体と、聡明そうな顔つきが素晴らしい。1歳のこの時期に、姿勢を崩さずピシッと綺麗に立っていられることも実は凄いこと。オリエンタルアートの仔ではなかったとしても、間違いなく第1希望候補にしている。
Ke3a3798

◆42 スタセリタ14(メス 父:Frankel)
カタログの時点ではスルーしていた馬。社台ファームの展示の際、何気なく馬を見て回っていたら、圧倒的なオーラを放って一際目立っていたのがこの馬。展示中に少し落ち着きを欠く面はあったけど、肉付きが良くて顔立ちも綺麗、馬体の張り艶も素晴らしく、歩き方も威圧感タップリ。さらにお父さんが14戦無敗のフランケル、お母さんは仏オークス馬・米芝牝馬チャンピオンのスタセリタとあっては、心が躍らない方がおかしいくらい。ちょっと写真映りの悪いタイプで実馬はもっと凄く、現段階で4番人気というのも頷ける。
Ke3a3951

今のところ上記2頭のいずれかを第1希望にするつもり。ただ、いずれもかなりの上位人気なので、もしかしたら確実に獲れるところを狙って以下を第1希望にするかも。第2希望・第3希望は検討中だけど、このまま人気がないようなら「48 サプレザ(父:ディープインパクト)」が有力候補に。
・119 マンデラ14(メス 父:ダイワメジャー)
・140 ロージーチャーム14(牡 父:キングヘイロー)

------------------------------------------------
【地方入厩馬】
◆312 ブリージーウッズ14(メス 父:ゼンノロブロイ)
何があっても第1希望で申し込むと決めていた馬。体高147.5cm・体重356キロと発表され、どれだけ小さいのやらと不安だったけど、実馬を見るとそこまで小さくなく、既に390キロ近くに増えているようで一安心。背もそこまで低くはないはず。ツアー時に大暴れしていたショコラヴェリーヌ・ブレッザフレスカ(1歳上の姉)とは違い、ブリージーストームやララベルのように、この時期の1歳馬にしては落ち着いて立っていた。姉兄と同様に人懐っこい性格で、なかなか軽やかな歩様をしていて、このまま順調に中サイズ以上に育ってくれれば楽しみ。
Ke3a4211 Ke3a4223

高めの値段設定だし現段階では馬体が華奢なので、第1希望で出せば問題なく確定するはず。念のため大井に入厩しそうな馬を第2希望・第3希望に書いておく予定。

| | コメント (0)

2015.06.21

2歳世代の初勝利は佐賀競馬

現2歳世代の初勝利は佐賀競馬所属のローカルロマン。1着賞金は33万円とJRAや南関東に比べると少額だけど、やはり1着は嬉しいもの。

◆6/20(土)佐賀2R 2歳-1組…▲ローカルロマン(山口勲)→1着
マイナス10キロでも細くは見えず、一度使われていい体つきになった印象。前走よりも落ち着いてパドックを周回していた。ほぼ揃ったスタートを切り、押してハナを主張する。前回の勝ち馬が競り合いを避けてくれ、何とか逃げの手に出られた。向正面の入り口で外から並びかけられると、少し気合いを付けて2馬身ほど引き離し、早くも2頭のマッチレースのような状態に。直線の入り口で再度外から並び掛けられてさすがに一杯になるかと思いきや、そこからもうひと伸びして3/4馬身差をつけ、嬉しい初勝利を飾った。2歳の6月にしては優秀な勝ち時計で、レース内容もなかなか良かったので今後が楽しみになった。差す競馬を覚えさせてJRA認定競走を勝たせたい。

◆6/20(土)東京10R 相模湖特別…△アメリ(内田博)→7着
今回はパシュファイアーを外していた。そのせいかチャカつく面がほとんどなく非常に落ち着いてパドックを周回し、マイナス10キロと絞れていながら歩様に力強さもあり、一目見て生涯最高と分かるデキだった。好スタートを決めてじんわりと下げ、ちょうど中団あたりでレースを進める。最内枠を生かしてラチ沿いを進め、直線に向いてから追われるとジリジリと前との差を詰めたものの、坂を上がってから進路がなくて追いづらいシーンもあり、ゴール直前でも両側から挟まれる形になり7着に終わった。ゴール前の不利がなければ最低でも5着には入れていたけど、もし終始スムーズに運べていても勝ち負けまでは持ち込めなかったし、やはり芝ではなくダート路線を使って欲しい。
Ke3a4350 Ke3a4413

◆6/20(土)東京11R ジューンS…△レッドルーファス(柴田善)→2着
前走のように落ち着きを欠くこともなく、力は出せる状態。ただしトモの踏み込みに力強さがなかったのは気になった。揃ったスタートを切り、6番手の外に付ける。向正面では馬群がバラけていたので追走はスムーズ。3コーナーで馬群が凝縮すると少し抑えるシーンもあり、直線に向いて馬群の外に出すと、ジリジリと最後まで渋太い脚で伸びて2着となった。ここ2走は不可解な敗戦をしていたので、今回はかなり骨っぽいメンバーの中で好走してくれ、まだまだ十分やれることが分かって一安心。上がりの速い競馬では分が悪いので、北海道開催で使うのも面白そう。
Ke3a4476 Ke3a4485 Ke3a4518

【次週出走予定】
◆6/24(水)大井9R JRA交流あじさい特別…ガーデンズキュー(真島)
◆6/27(土)阪神2R 3歳未勝利…プリモレガーロ(未定)
◆6/27(土)東京4R 3歳未勝利…ゼロレボルシオン(松岡)
◆6/27(土)東京9R 日野特別…アナザーバージョン(未定)

| | コメント (0)

2015.06.19

積極策で上位を

社台の1歳馬募集シーズンなので、ここで一発アメリに頑張ってもらいたい。

◆6/20(土)佐賀2R 2歳-1組…▲ローカルロマン(山口勲)
前走はハナを切れず、3コーナーで外から被されると怯んでしまい3着と敗れた。外枠を引いていれば、番手でも砂を被らずスムーズな競馬をしやすかっただろうけど、今回は最内枠に入ってしまい、何が何でもハナを切るしかなくなった。900mから1300mに距離が伸びたので、乗り方次第では何とかなるかも。名手の腕に期待したい。

◆6/20(土)東京10R 相模湖特別…△アメリ(内田博)
抜けた馬が見当たらない混戦模様のレースで、12頭立てと落ち着いた頭数になって、各馬にチャンスがありそう。アメリも上位争いに加われる資格はあり、2走前の走破時計がなかなか優秀で、それくらい走れば特別戦の今回でも好勝負に持ち込める。今回は積極策を匂わせていて、少し道悪が残るようなら面白いかも。芝に転向して4戦目となり、そろそろ結果が欲しい。

◆6/20(土)東京11R ジューンS…△レッドルーファス(柴田善)
ここ2走、伸びそうで伸びないレースが続いていてハッキリした敗因も分からないけど、1600万条件は勝っているクラスでもあり、府中は得意としているコースでもあるので、ここは巻き返したい。道悪は得意で渋れば渋るほど良いはず。ただ、かなり手強いメンバー構成だし、この中間も順調さを欠いてしまい、完調とは言えない点がどうか。

| | コメント (0)

2015.06.18

好タイムでの2勝目

明日(6/19金)、社台の募集馬見学ツアーに行ってきます。つい先ほどまで海外にいたので、今年はカタログ・DVDともロクに見ておらず、WEB版カタログの第一印象と、ツアーのぱっと見で決めることになりそう。

◆6/13(土)東京9R 八王子特別…×レッドエンブレム(内田博)→11着
ソロソロと静かな歩き方で力強さが感じられなかったし、マイナス4キロという数字以上に細く見えたのは気になった。ほぼ揃ったスタートを切り、押して先行させ3~4番手を取りにいった。1コーナーの入りで上手く最内に潜り込み、そこからはラチ沿いの経済コースを通る。馬群の中に入っても抑える余裕もあり、隊列が崩れることなく4コーナーに向いて直線の入り口から追われると、決してバテてはいないものの伸び脚は見られず11着に終わった。前走から時計を1秒短縮していて、この馬なりには頑張っているけど、1000万条件で上位争いに加わるにはまだまだ時計の短縮が必要。

◆6/14(日)阪神7R 3歳上500万下…△サンタエヴィータ(川田)→1着
多少ムダな仕草はしていたものの、前走のようにチャカつく面は見せずなかなかいい雰囲気でパドックを周回していた。マイナス4キロでも全く細く見えないし、トモの運びも力強い。揃ったスタートを切り、特に急かすことなく馬なりのまま先団のやや後ろに付けた。縦長の展開になり、3コーナーでは労せず内目の3番手といういいポジションを取れ、直線に向いてから満を持して追われ始めると、先に抜け出していた2頭の間を割って力強く抜け出し、嬉しい2勝目を飾った。前走の大敗がなんだったのかというような勝ち方で、良馬場の阪神ダート1800m500万条件で1:51.4という時計も優秀。これなら昇級しても十分通用するはずで楽しみになった。

【次週出走予定】
◆6/20(土)佐賀2R 2歳-1組…ローカルロマン(山口勲)
◆6/20(土)東京10R 相模湖特別…アメリ(内田博)
◆6/20(土)東京11R ジューンS…レッドルーファス(柴田善)

| | コメント (2)

2015.06.12

クラス再編直後で苦戦必至

社台の募集馬見学ツアーは6/19(金)の1日ツアーに行ってきます。ララベルの妹であるブリージーウッズの14、かなりサイズが小さくて第1希望で申し込めば確定しそう。

◆6/13(土)東京9R 八王子特別…×レッドエンブレム(内田博)
前走は半年ぶり+昇級戦で、内々をロスなく立ち回っても15着と大敗した。使って良くなるタイプで前走以上は見込めるけど、近走好走馬が多くて家賃が高い印象。2走前くらい走ってもようやっと掲示板に乗れるかどうかというレベルで、持ち時計を大幅に短縮しないと1000万条件では厳しい。東京コースよりもローカルのダート1700mの方が、展開的にゴマカシが効くので好走できそう。

◆6/14(日)阪神7R 3歳上500万下…△サンタエヴィータ(川田)
残念ながら500万条件を勝てず、クラス再編の恩恵を受けられなかった。降級馬や勝って同条件の馬もいて、なかなかレベルは高め。この馬も2走前に3着だった時は優秀な時計で、それくらい走れればこのメンバーでも上位争いに持ち込める計算。前走は先行できずモマれ通しだったのが敗因で、スムーズにレースを運べれば差はないはず。前走はかなりチャカついていたので、パドックを落ち着いて周回できるかがカギ。

| | コメント (0)

2015.06.06

社台・サンデー2015年度募集馬

昨日、社台・サンデーの1歳募集馬カタログのPDF版が公開されたので、さっそく一通りチェックしてみた。2011年以降、このWEB版(PDF版)のカタログを見た印象で出資候補を絞り、その後DVDやツアーに参加して最終的な申し込み馬を決めるようにしている。このやり方に変えてから未勝利で終わった馬はおらずソコソコ上手くいってるけど、やはりツアーで強烈に惹かれる馬がいたらそちらを優先するかも。
-----------------------------------------------------------
【JRA入厩馬】

153 オリエンタルアートの14(父:ステイゴールド)
148 ビリーヴミーの14(父:ハーツクライ)
126 ミクロコスモスの14(父:クロフネ)
119 マンデラの14(父:ダイワメジャー)
140 ロージーチャームの14(父:キングヘイロー)
084 チケットトゥダンスの14(父:キャプテントゥーレ)

社台Fの募集馬は今年から冬季夜間放牧を止めたようで、冬毛が目立つ馬はいなくなったけど、相変わらずノーザンF産馬に比べると見栄えがしない。ピックアップした6頭の中ではオリアンタルアート14が一番よく見え、特に聡明そうな目付きが素晴らしく、これなら気性面の問題もないのでは。ただし1歳上の全姉が7000万だったのに対して今回は5000万円と、2000万円安くなった点は気になる。ウェスタールンドらのいとこにあたる、ミクロコスモス14も素晴らしく綺麗な馬体をしている。ビリーヴミーも一発長打がありそう。追分ファームの馬は基本的にはNGにしているけど、ロージーチャームのパワフルな馬体は実に魅力的。
-----------------------------------------------------------
【地方入厩馬】

312 ブリージーウッズの14(父:ゼンノロブロイ)
306 フライトオブスワンの14(父:ゴールドアリュール)
307 ラインステッチの14(父:ゴールドアリュール)
303 ドメーヌの14(父:ダイワメジャー)
316 キャスケードブーケの14(父:カジノドライヴ)

地方入厩馬は「例え3本脚でも絶対に第1希望で申し込む」と宣言していたブリージーウッズ14で決まり。姉兄に比べると線の細さが目立つけど、馬体のバランスがすこぶる良いので、中サイズ以上に成長してくれればかなり楽しめそう。果たして5きょうだい連続出資が叶うかどうか。第2希望はフライトオブスワン14が候補だけど、おそらく人気しそう。地理的な問題で応援に行きづらい、船橋所属となりそうな馬を除外して申し込みたい。
-----------------------------------------------------------

| | コメント (2)

2015.06.05

痛恨の取りこぼしも収穫はあり

ブリージーストーム、デキの良さを生かせず連勝がストップ。でも不利がありながら2着と内容は決して悪くない。

◆6/4(木)大井11R ムーンストーン賞…◎ブリージーストーム(森泰斗)→2着
目標はまだ先なので余裕のある造りながら、馬体には張りがあって歩様も力強く申し分ない状態。スタート直後に隣の馬に寄られてモロに挟まれてしまい、後方からのレースとなった。すぐに先行集団直後の2列目に取り付いてレースを進め、3~4コーナーでは内外ともに進路を取れずモタモタしているうちに後方3番手までポジションを下げてしまい、直線に向いてからは馬場の内側に進路を取り、馬群を割ってジリジリと伸びたものの、大外から一気に抜け出した勝ち馬には半馬身及ばず2着となった。

この日は外が伸びる馬場状態で、どこかのタイミングで馬群の外へ出すか、勝ち馬に馬体を併せる形に持ち込んでいれば確実に勝っていたレース。5連勝を飾れずこの取りこぼしは残念。とはいえ、ここのところ先行して馬群の外に付けて抜け出すような綺麗な競馬で勝っていたので、今回のような砂を被ってモマれながら馬群をこじ開ける厳しいレースも、今後重賞で上位争いするためには必要な経験か。1400mのレースにも問題なく対応できたし、負けたけど収穫はあった。
Ke3a3535 Ke3a3553

| | コメント (0)

2015.06.04

最高の乗り方で、文句なしの4着!

一瞬、東京ダービー制覇か!?と夢を見るような、勝ちに行って見せ場タップリのレースで4着。大満足!

◆6/3(水)大井11R 東京ダービー…◎ララベル(真島)→4着
一目見てデビュー以来最高の仕上がりと分かるほど馬体の張り艶が良く、この馬としては踏み込みにも力強さがあり、申し分のない状態。ほぼ揃ったスタートから持ったままスッと6番手に付ける。折り合いを欠くことなく、速い流れになったのでちょうどいい位置取り。やや縦に長い展開となり、馬群の内に入れてもモマれ込むことはなく向正面までスムーズに進み、3コーナーに入ると先頭集団が横にズラッと並び、ララベルはその集団の直後に虎視眈々と位置する。ちょうど周囲に他馬がいないエアポケットのような状態となり、直線の入り口では実にスムーズに馬群の外に出せて、直線に入ってから満を持して追われるといい感じで先頭との差を詰め、残り200m地点では一旦2番手に上がったものの、残り100m地点では脚色が鈍ってしまい、外から差を詰めてきた2頭に交わされて4着となった。

折り合ってモマれることなく6番手に付け、先頭集団が動くのを待ってから仕掛けて、内に控えつつも直線ではスムーズに外に出し、この日よく伸びる外めの進路取りで差を詰めてと、これ以上は考えられないような勝つための理想的な乗り方をしてくれた。直線に向いた時は勝ったと思ったけど、それでもやはりララベルにとっては距離が長かったようで4着となった。人馬とも力を出し切っての結果で、文句の付けようがなく感謝しかない。この後は北海道の社台ファームに放牧され、秋の牝馬重賞路線に進む予定とのこと。全姉・全兄が本格化したのは4歳になってからだし、この馬も体に弱いところがなくなって、しっかりと調教で負荷を掛けて鍛えられるようになったら、どこまで強くなるのかと楽しみでならない。
Ke3a3201 Ke3a3223
Ke3a3260 Ke3a3320 Ke3a3332_2

| | コメント (0)

2015.06.03

距離短縮でさらに前進

ララベルの東京ダービーも楽しみだけど、4連勝中のブリージーストームもいよいよ本格化の兆しがあり、大いに楽しみ。兄妹ともにいい結果を。

◆6/4(木)大井11R ムーンストーン賞…◎ブリージーストーム(森泰斗)
休養を挟みつつ現在4連勝中。前走は休み明けで余裕がある状態で快勝して、一度使われた今回はさらに上昇できるはず。その前走は準重賞勝ち馬が2頭いたし、2着馬・6着馬が次走の大井記念でそれぞれ5着・3着と好走している点も自信になる。今回は初の1400m戦になるけれど、道営在籍時も1700mより1200mの方がいい走りをしており、この馬はテンから気合いを付けると集中して走れるので、距離短縮はかえってプラスになるはず。調教も本格化を感じさせる内容で、ぜひここは5連勝を飾り、夏の海外遠征に弾みを付けたい。

| | コメント (0)

2015.06.02

勝ちに行く競馬でビッグタイトルを

ララベルが東京ダービーに挑戦する。デビュー以来、ここまで順調にレースへ臨めるのは初めてで、今まで以上の走りでビッグタイトル戴冠といきたい。

◆6/3(水)大井11R 東京ダービー…◎ララベル(真島)
速い時計を出すと蕁麻疹が出てしまい、満足の行く仕上げで臨めなかった前走の東京プリンセス賞でも3着で、羽田盃の勝ち時計と同じタイムだった。今回は全くといっていいほど不安がなく、順調な調整過程で大一番に臨め、間違いなくデビュー以来最高の状態にある。いくら時計が同じとはいえ牡馬が相手になるし、東京プリンセス賞を勝ったティーズアライズもこちらに回り、距離がさらに伸びて2000mとなるのも有利とは言えず、超えるべきハードルは高い。ただ、どんな条件でも3着を外したことがないのは実力の証だし、並んだら絶対に抜かせない勝負根性があり、上積みはメンバー中でも随一で、運が味方してくれれば先頭でゴールできるはず。このような大舞台に挑戦するからには、折り合いを欠くことを恐れず、バテることも恐れず、積極的に勝つためのポジションを取りに行ってレースを進めて欲しい。勝ちに行った結果、武運つたなく大敗したとしても何も問題なし。

| | コメント (0)

2015.06.01

能力検査とレースは別物

楽しみにしていた佐賀競馬、福岡行きの飛行機がエンジントラブルで出発が大幅に遅れてギリギリの到着となり、レースは3着に終わり、特観席が分煙されておらず居心地が悪くて第3レースで撤収するなど、散々な結果に。

◆5/30(土)京都3R 3歳未勝利…△プリモレガーロ(浜中)→8着
トモの踏み込みは力強く見えたけど、プラス12キロという数字以上に太かったし、いつもながら覇気が感じられずのんびりとパドックを周回していた。ほぼ揃ったスターを切って先団へ付ける。1コーナーで2列目に下げたところ、すぐ前に位置していた1番人気馬が下げたり外に膨れたりとフラフラ落ち着かず。そのアオリで徐々にポジションを悪くしてしまい、3コーナーに入る頃には7番手に下がり、直線に入って外に出したものの、全く伸びず8着に終わった。ペースが遅かったのに、全く脚を使えていないので芝ではダメそう。

◆5/30(土)京都7R 4歳上500万下…×ルヴァンカー(武豊)→13着
コンスタントに使われている割には疲れを感じさせずにキビキビと歩いて全体的な気配は上々。好スタートを決め手もダッシュが見劣り5番手あたりに位置する。懸念した通り内枠で揉まれ込むレースになってしまい、それでも4コーナーまでは馬群の最内で我慢は効いていたものの、直線に向くと全く伸びずに13着と大敗した。1400mでは距離が短いし、モマれずに先手を取れる展開にならないとダメ。ローカルのダート1700mは合ってるはず。

◆5/31(日)佐賀1R 2歳新馬…◎ローカルロマン(山口勲)→3着
一瞬チャカつく場面はあったけど、出走馬6頭の中では落ち着きがあったし、馬体の造りもなかなか良くて実力を発揮できる状態。ちょっと躓き加減のスタートを切り、押してハナに並びかける。外枠の馬がダッシュ良くハナに立っていて、その内で被される苦しい展開。結局ハナには立てないまま3コーナーを迎えると、早々と手応えが怪しくなって3番手に後退し、砂を被ると頭を上げて完全に一杯になってしまい、直線は何とか3着を死守してゴールした。能検のタイムが良かったので押し切れるかと思ったけど、その能検ではスムーズな展開になりすぎて、砂を被るような厳しい経験をさせられなかったのが響いた。今回の経験が生きてくれれば。
Ke3a2930 Ke3a2983
Ke3a2994 Ke3a3025

◆5/31(日)京都12R 與杼特別…×グレンガイル(四位)→15着
こちらはしっかり乗り込まれてちょうどいい馬体。ただ、この馬もトモの歩様が甘くてあまり感心せず。飛び上がるようなスタートを切って後方3番手から。砂を被らない馬群の外に位置して、2コーナーあたりから徐々にポジションを押し上げ、3コーナーではちょうど中団あたりまで上がったものの、ずっと脚を使っていたせいか4コーナーでは早くも一杯になり、直線では下がる一方で15着に大敗した。スタートダッシュが良くならないと1000万で好走するのは難しい。翌週から500万に降級するので、そこでレースの進め方を覚えて欲しい。

◆5/31(日)京都12R 與杼特別…◎ポイントブランク(川須)→6着
プラス18キロの馬体重通りにまだ余裕があるし、どうも歩様に力強さが感じられなかった。ちょっと立ち遅れ気味のスタートを切り、行きたがるのをなだめながら8番手くらいに付ける。向正面で馬群の中に入れるとようやく落ち着き、3コーナーからは馬群の内を突いてじわじわと前との差を詰め、4コーナーでは他の馬が外を回す中、コーナーワークでポジションを押し上げ、一瞬やったかと思いきや、直線の伸びが案外で6着に終わった。初めて掲示板を外してしまったけど、かなり引っ掛かったし長期休養明けでは仕方ないか。叩いた次走に期待。

【次週出走予定】
◆6/3(水)大井11R 東京ダービー…ララベル(真島)
◆6/4(木)大井11R ムーンストーン賞…ブリージーストーム(森泰斗)

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »