« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015.04.27

落ち着きを欠いて実力を発揮できず

気性的な問題で力を出せずに終わった馬が多かった。今まで落ち着いていたアナザーバージョンが、どういうわけか急にテンションが高くなってしまったのが気になる。

◆4/25(土)東京3R 3歳未勝利…×ゼロレボルシオン(武豊)→14着
前走同様に体つきは良く見えたものの、パドックでのテンションが高くて気配は感心せず。好スタートを切って2番手に付ける。芝からダートに替わった地点からポジションを悪くしてしまい、馬群にモマれて3コーナーに入るあたりでは中団のやや後ろあたりまで下がった。そこから馬群の外を回して前との差を詰めようとしたが、直線に向いても全く伸びず14着に終わった。正面からのレース映像を見たわけではないので何とも言えないけど、せっかくいいスタートを切ったのに消極的な乗り方でガッカリ。一度芝を試してみるのも良さそう。

◆4/25(土)京都4R 3歳未勝利…△レーヌドブリエ(佐藤友)→1着
プラス2キロと馬体を減らずにレースに臨めたし、時折チャカつきながらも力強い歩様で気配は上々。揃ったスタートから少し出していって中団の内側に位置する。ペースが落ち着いたし、向正面ではゴチャつく場面もあって万事休すかと思われたものの、3~4コーナーでは引き続きインを回ってジンワリとポジションを押し上げ、直線に向いてから馬群がバラけると鋭い脚を使って伸びて、待望の初勝利を挙げた。狭いところに入っても怯まなかったし、なかなかいい決め手を持っているので、昇級しても楽しみ。

◆4/25(土)東京12R 4歳上1000万下…×アメリ(内田博)→4着
終始チャカつきながらパドックを周回するのはいつものことで、長距離輸送があってもプラス8キロで出走できたのは好材料。少しだけ出負け気味で中団のやや後ろから。馬群の内側に位置してレースを進め、道中は特に掛かることもなくいい手応えで中団の内を追走し、直線に入ってもラチ沿いのままなかなか前が開かず、残り200mあたりでようやく進路を確保するとジリジリと伸び、3着争いをクビの上げ下げでわずかに及ばず4着となった。ここ2戦とも着外に沈んでいたのは気になったけど、芝でも走れるところは見せてくれたし、休ませて馬体もパワーアップしており、次走も楽しみになった。
Ke3a0554 Ke3a0667

◆4/26(日)東京7R 4歳上500万下…×ルヴァンカー(内田博)→4着
パドックの外めをキビキビと周回して好気配。抜群のスタートを決め、押してハナに立った。道中は1馬身ほどのリードを保ちつつ、やや落ち着いた流れの逃げを打っった。直線に向くと早々に2番手に控えていた1番人気の馬に並び掛けられてしまい、残り400m地点で交わされると、最後までいい粘りを見せて4着となった。道中もう少し可愛がってもらえればもっと粘れたはずで、今後も流れひとつで勝ち負けできそう。府中よりはローカル小回り1700mの方が合ってるかも。

◆4/26(日)東京10R 府中S…▲レッドルーファス(柴田善)→5着
馬体そのものは好仕上がり。いつもそんなに気負うタイプではないのに、終始チャカつきながら落ち着きなくパドックを周回し、走る方に気が向いていなかった。揃ったスタートを切って、じんわり控えて後方3番手に位置する。バラけた隊列になって道中の追走はスムーズ。3~4コーナーでは後方3番手のまま馬群の外を回り、直線に向いてからは大外からジリジリと伸び掛かったものの、坂上からは脚色が前と同じになってしまって5着止まりとなった。デキ云々というよりは、上がりの速いレースに対応できなかった印象。馬場が渋るか、もっとペースが速くならないとダメか。芝ではなく昨年2月に勝っているダートを使うのも面白そう。
Ke3a0791 Ke3a0927

◆4/26(日)東京12R 4歳上1000万下…△アナザーバージョン(田辺)→9着
いつもは落ち着いている馬なのに、この日はどういうわけかアメリが乗り移ったかのように終始パドックでチャカつき、気性面に不安が残る状態。馬体は休み明けでも太め感なく仕上がっていた。揃ったスタートを切って先行させ4番手に付ける。行きたがっていたのを抑えずに行かせ、3コーナー手前でハナに立った。さすがに速い流れになってしまい、かなり縦長の隊列になった。1馬身ほどリードしたまま直線に向くと、残り400m地点で2番手の1番人気馬に交わされ、そこからは粘り腰を見せられずに9着と大敗した。ハナに立たせず2番手に控えたとしても、結果は変わらなかったように思えるし、パドックから終始テンションが高かったのはどうしたことか。ちょっと出口が見えなくなってきている。
Ke3a1101 Ke3a1129

【次週出走予定】
◆5/2(土)東京11R 青葉賞…ストレンジクォーク(柴山)
◆5/2(土)東京11R 青葉賞…ウェスタールンド(三浦)
◆5/3(日)新潟1R 3歳未勝利…ポリアフ(未定)
◆5/3(日)新潟3R 3歳未勝利…エリオットベイ(柴山)
◆5/3(日)京都4R 3歳未勝利…イルミリオーネ(浜中)
◆5/3(日)京都7R 4歳上500万下…サンタエヴィータ(川田)

| | コメント (2)

2015.04.26

惜しいレースも2勝目はならず

◆4/24(金)大井7R 3歳310万円以下…◎ガーデンズキュー(笹川)→3着
引き続き馬体の張り・艶は素晴らしくても、今回はパドックに入ってからずっとチャカついて、前走の方が落ち着いていた。ほぼ揃ったスタートから二の脚があまり速くなく中団に位置する。馬群の内に位置して向正面に入り、またいつものように反応が鈍いようで時々ステッキが飛び、それでも3~4コーナーでは徐々に前との差を詰めた。直線に向いてからはなかなか進路を取れず、狭い馬群をこじ開けて伸びてきたものの、先頭に立つほどの勢いではなくクビ差・クビ差の3着となった。もう少し立ち回りが上手く行けば勝ってたかのレースぶりで、走り方もだいぶ良くなってきている。これで道中の反応がよくなればもっと上のクラスでもやれそう。
Ke3a0253 Ke3a0321

| | コメント (0)

2015.04.25

前走大敗からの巻き返しを

今週末はJRA所属馬も賑やかに6頭が出走する。前走で思わぬ大敗を喫した馬が多く、改めて今後が楽しみになるような走りを期待したい。

◆4/25(土)東京3R 3歳未勝利…×ゼロレボルシオン(武豊)
初戦で3着と好走したけど時計が遅くて恵まれてのもので、前走は道中モマれ込んで9着と大敗してしまった。調教の内容からすればもっと走れるはずだし、陣営は最初から中山を叩いて今回で勝負と語っていて、前進は期待できそう。ただ、かなりズブいタイプの馬で、デビュー戦も内田博幸騎手が押して押して押しまくって何とか3着に上がっていたことから、スマートに乗る武豊騎手では馬を動かせない懸念も残る。外枠を引き、モマれるおそれが少ないのは好材料。

◆4/25(土)京都4R 3歳未勝利…△レーヌドブリエ(佐藤友)
いつも差のない競馬はできているけど、控えると届かず、前へ行くと脚が鈍りと、なかなか突き抜けるまでには至らない。時計面では見劣るため高速決着になった時に不安が残るのと、開幕週の馬場でスローの上がり勝負になった時に切れる脚が使えるかどうか。前走でようやく先行策を取れたので、今回も積極的にポジションを取りに行って勝ちを狙って欲しい。かなり小柄な馬で、体重がキープできているかもカギとなる。

◆4/25(土)東京12R 4歳上1000万下…×アメリ(内田博)
一息入れて、再び芝のレースに出走する。前走は久々に芝を使われて10着と、着順こそ悪いけど勝ち馬とは0.6秒差で、まぁまぁ悪くない走りはできているし、デビュー当初は芝のレースでも好走していることから、展開ひとつでは上位に加われる余地はありそう。過去に小倉・福島へ長距離輸送しても問題なかったことから、今回の府中遠征も問題なくこなしてくれそうだけど、カリカリしやすいタイプなので、当日の気配次第な面はある。牡馬混合の1000万特別で好走した馬が3頭いてメンバーレベルが高く、あまり強気になれないし、根本的にはダートの方が良さそう。

◆4/26(日)東京7R 4歳上500万下…×ルヴァンカー(内田博)
芝を2回使って良いところがなく、再度ダートを使われることになった。3走前に今回と同じ東京ダート1600m戦を使われ、直線半ばまでいい粘りを見せて6着だった。当時の時計もなかなか優秀で、スンナリと先行できるようなら意外と面白いかもしれない。ハッキリとした逃げ馬が見当たらない点はプラス。ただ、レースを重ねるごとに内容が悪くなっていて、今回もスムーズな競馬ができないと厳しそう。

◆4/26(日)東京10R 府中S…▲レッドルーファス(柴田善)
3連勝後、一息入れて臨んだ前走は直線全く伸びずに思わぬ敗戦を喫した。今回はじっくりと乗り込まれて得意の東京コースに替わり、しかも既に準オープンは勝っているクラスなので、ここは順当に巻き返しを図れそう。休み明けも問題なし。ただ、現状では連勝当時のデキには及ばないようだし、開幕週で差しの生きる流れになるかどうか。東京芝2000mコースなので、内めの枠を引いてスムーズに流れに乗りたい。

◆4/26(日)東京12R 4歳上1000万下…△アナザーバージョン(田辺)
3戦連続で良いところなく敗退しているけど、もともとオープン2着・古馬混合1000万で2着2回と、実績面は上位にある。レッドルーファスと同じくこの馬も東京コースを大得意としており、ゲートさえ互角に出ればレースの流れに乗っていい競馬ができるのでは。まだ馬体が太いとのコメントもあり、いきなり勝ち負けは難しいかもしれないけど、消化不良のレースが続いた近走のモヤモヤを吹き飛ばすような走りを期待したい。何が何でも逃げそうな馬もいて、レースはしやすいはず。

| | コメント (0)

2015.04.24

落ち着いていれば好勝負必至

賞金が足りず東京プリンセス賞への出走が叶わなかったガーデンズキュー。牧場で育成されていた頃から素質を高く評価されていたので、賞金を重ねていって、いずれは重賞に挑戦させたい。

◆4/24(金)大井7R 3歳310万円以下…◎ガーデンズキュー(笹川)
デビュー戦を快勝後は、レース前にイレ込んで体力を消耗してしまい、3戦連続で凡走していた。それが前走では落ち着きを取り戻して2着に好走し、今回も落ち着いてレースに臨めれば、時計的にも威張れる水準にあるので勝ち負けに持ち込める。笹川ジョッキーによると乾いた馬場の方が良いタイプとのことで、おそらく良に近い馬場でレースを迎えられそうなことも好材料。ただ、ここのところ道中ずっと追い通しで反応が鈍い点は心配で、またスタートからゴールまでずっと笹川騎手に馬を動かしてもらうことになりそう。

| | コメント (0)

2015.04.23

もうひとつ伸びきれずに3着

ララベル、残念ながらクラシック2冠制覇はならず。とはいえ3着を死守するあたりは実力の証で、今回の敗戦を糧にまた実力を磨いて欲しい。

◆4/23(木)大井1R C3(四)(五)(六)…×エンドゾーン(吉原)→12着
一目見ただけで分かるほど馬体が硬かったし、中間は時計を出していないのに7キロ減り、ゴトゴトして返し馬もできていなかった。やや出負け気味にゲートを出て、控えたというよりはスピードに乗れない形で後方に位置する。3コーナーの入り口では後方2番手に後退し、そのまま直線に向いても全く脚を使えず12着に終わった。使い詰めで走れる状態ではなかったし、この日最初のレースで速い時計となったのも応えた形で、今回のレースを最後に引退することになった。
Ke3a9817 Ke3a9843

◆4/23(木)大井11R 東京プリンセス賞…◎ララベル(真島)→3着
馬体の張りは上々ながら、どうも馬に覇気が感じられない歩き方で、パドックだけなら桜花賞当時の方が良く見えた。好スタートを決めて前の方に行くも、ハナには立たず2列目の4番手に控える。1~2コーナーでは引っ掛かってなだめるのに苦労し、向正面に入るとようやく折り合って、逃げ馬の直後の4番手をキープ。いい手応えで3~4コーナーを回って、逃げ馬が後退してポッカリ開いた最内を突いて直線に向くと、ジリジリと懸命に前との差を詰めたものの、残り100m地点で脚色が衰えてしまい、差し馬にも交わされて3着となった。

初めてレース中に掛かってしまい、その点が最後の伸びに響いた印象。直線で馬体を併せる形になればもう少しは違ったかもしれないけど、それでも崩れずによく頑張っているし、単勝1.7倍の人気に応えられなかったとはいえ、クラシック3着は立派な成績。兄・姉とも4歳になってから飛躍的に成長しており、この馬もこれからまだまだ強くなる。
Ke3a0119 Ke3a0138
Ke3a0170 Ke3a0188

| | コメント (2)

2015.04.22

妹にレースのお手本を見せての4連勝!

ブリージーストーム、休養を挟んでますます好馬体に磨きがかかり、今後のさらなる活躍が大いに楽しみ。

◆4/22(水)大井12R ギャロップ新装刊…▲ブリージーストーム(森泰斗)→1着
マイナス4キロという馬体重を見た時点で勝ち負けを確信。馬体の張り・艶ともに全く申し分なく、A2混合戦でも馬っぷりは一際目立っていた。好スタートから押してポジションを取りに行き2番手に付ける。外部から無線で指示を受けているかのような、森騎手の素晴らしい位置取りで、この日の馬場状態からするとこれがベストポジション。ペースも比較的落ち着き、隊列が崩れることなく向正面を進んだものの、3コーナーの入り口で逃げ馬が後退し始めた。図らずも早め先頭に立たされてしまい、外から2頭に並びかけられる展開になり、さすがに厳しいかと思ったら、直線に向いてからも脚色が衰えることなくジリジリと伸び、クビ差で1着となり4連勝を飾った。翌日に出走を控えているララベルに対し、こういうレースをすれば2冠達成だと、お兄さんがお手本を見せたかのよう。

少頭数だったとはいえ、オープンや重賞で好走実績のあるメンバーを相手に勝ったのは極上で、昇級戦を3回連続で一発クリアするのも大したもの。昨夏までは競り負けることも多かったけど、ここ4戦は素晴らしい勝負根性を発揮しているし、これで重賞制覇も見えてきた。今回の勝利でまたA2クラスに昇級し、大井の次開催では適鞍がないのも嬉しい悩み。お兄さんが4連勝を飾ったので、ララベルも4連勝を期待したい。荒山先生、森騎手、ありがとうございました!
Ke3a9659 Ke3a9725

| | コメント (0)

2015.04.21

南関東牝馬クラシック2冠制覇へ

ララベルが南関東牝馬クラシック第2戦に挑む。少なくとも前走と同じくらいの状態にはあるようなので、人気に応えられる競馬をして2冠制覇といきたい。

◆4/22(水)大井12R 週刊ギャロップ新装刊記念…▲ブリージーストーム(森泰斗)
一息入れて4ヶ月ぶりの出走となる。休み明けでまだ太め残りの可能性はあるけれど、3連勝中で時計面も見劣らず、B1クラスなので55キロで出走できることから、今回も好勝負できそう。A2とB1の混合戦とはいえ、10頭立てと手頃な頭数になったのはプラスで、前走でダンスパフォーマーに先着している点も自信になる。先行馬2頭を内に見ながらレースを進められそうなのも有利。今年の夏は韓国遠征を予定しているので、まだここは仕上がり途上だろうけど、休ませて馬体もさらにパワーアップしているとのことで、まずはこの先が楽しみになるようなレースを期待したい。

◆4/23(木)大井1R C3(四)(五)(六)…×エンドゾーン(吉原)
前走は1200m戦を除外されて不本意ながら出走した1500m戦で、一瞬だけ見せ場は作れた。今回は適距離になるとはいえ、昨年8月から12戦も使われてさすがに上がり目はないだろうし、時計面も悪化する一方で、1200mですら距離が長いようなレースが続き、展開がハマったとしても掲示板の下の方が関の山か。最下級条件でメドの立たないレースが続き、もともとは2走前で引退するはずだったので、ここはロスなく内を回る競馬で悔いのないレースをして欲しい。

◆4/23(木)大井11R 東京プリンセス賞…◎ララベル(真島)
いよいよクラシック2冠目に挑戦する。前走の桜花賞当時は、放牧先で馬体がガタガタになってしまい万全な状態とは言いがたく、そこからはもう調子は上向く一方になるかと思いきや、この中間も強めに追い切ると蕁麻疹が出てしまい、なかなか思うような調整ができず、相変わらず状態面は不安が残る。ただ、状態が今ひとつでも川崎・大井・浦和で重賞を3連勝してきたし、広い大井コースになって紛れも少なくなるだろうから、ここも期待に応えて2冠制覇してくれるはず。直前の追い切りもなかなかいい動きに見えたし、ロスなく立ち回れる4番枠に入った点も好材料。年末の東京2歳優駿牝馬の時のように、他の馬を行かせて2~3番手でレースができれば理想的。前走で好勝負を繰り広げたトーコーヴィーナスが名古屋で非常に強い勝ち方をしたので、ララベルもさらなる強さを見せつけたい。

| | コメント (0)

2015.04.20

今週の出走予定

4/18(土)・19(日)は出走がゼロだったのに対し、今週は社台・サンデーの馬がズラリ勢揃いする(ウェスタールンドのみ翌週の青葉賞に出走予定)。中でも、ララベルの南関東クラシック2冠制覇・重賞4連勝なるか大いに楽しみ。3連勝中のブリージーストームもこの開催から復帰し、今回のA2混合戦でいきなりメドを立てられれば、こちらも重賞が視野に入ってくる。各馬いい結果を期待したい。

【今週の出走予定】
◆4/22(水)大井12R 週刊ギャロップ新創刊記念…ブリージーストーム(森泰斗)
◆4/23(木)大井2R C3(四)(五)(六)…エンドゾーン(吉原)
◆4/23(木)大井11R 東京プリンセス賞…ララベル(真島)
◆4/24(金)大井7R 3歳310万円以下…ガーデンズキュー(笹川)
◆4/25(土)京都4R 3歳未勝利…レーヌドブリエ(未定)
◆4/25(土)京都8R 4歳上500万下…ルヴァンカー(未定)
◆4/25(土)東京12R 4歳上1000万下…アメリ(戸崎)
◆4/26(日)東京3R 3歳未勝利…ゼロレボルシオン(武豊)
◆4/26(日)東京10R 府中S…レッドルーファス(柴田善)
◆4/26(日)東京12R 4歳上1000万下…アナザーバージョン(未定)

| | コメント (0)

2015.04.12

モマれる競馬をしていない弱点が露呈

ハッキリと出遅れてしまったり揉まれ込んだりと、ちょっと残念なレースが続いてしまった。でも大出遅れしながら2着に追い込んだグランシルクは見所があり、NHKマイルCでもチャンスはありそう。

◆4/11(土)阪神4R 3歳未勝利…○イルミリオーネ(浜中)→3着
548キロとかなりの大型馬でもう一絞り欲しい印象も、トモの踏み込みが非常に力強くて全体的にはなかなかの気配。あまり良いスタートではなく、やや口を割りながら前へ行き6番手あたりに付ける。スローな流れになってちょうどいい位置取り。隊列がほとんど変わらないまま4コーナーを迎え、馬群の外からジリジリと進出して直線の入り口では先頭に並びかけるも、直線に入ってからは伸びそうで伸びずに3着となった。重馬場で走りづらそうにしていたし、一度使って馬体が絞れればもっといい脚を使えるはず。

◆4/11(土)中山8R 4歳上500万下…◎レッドダニエル(柴山)→6着
2人牽きでパドックを周回し、チャカついたり首を傾げながら歩いたりと、前走に比べて落ち着きを欠いているのは気になった。ゲートの出・ダッシュとも悪くて後方4番手に位置した。向正面の時点で追っ付け気味であまり余裕がなく、後方のまま直線に向いて馬群の外に出してからはなかなかいい脚で差を詰めたものの、直線に入った時点で決定的な差を付けられていたので6着止まりだった。脚抜きのいい不良馬場になって余計に追い込みづらくなったのも敗因か。

◆4/11(土)中山11R ニュージーランドT…○グランシルク(戸崎)→2着
パドックの最後を周回。首をグッと下げて気合いが入り、キビキビとした歩様で好印象。ゲート内で立ち上がったところでスターをを切られて最後方から。淡々とした平均ペースでレースは流れ、3コーナーの時点でもまだ離れた最後方のまま。4コーナーでは馬群のかなり外を回して差を詰め、直線に入ってからもまだ最後方という絶望的な位置にいながら、終いは抜群の切れ味で前との差を詰めて2着となった。もう少しだけでもスタートがマトモならというレースぶりで、想像以上に強い内容だった。NHKマイルカップの優先出走権を獲得できたし、ゲート再審査も課されなかったので、次走が楽しみに。ただし府中のG1で出遅れるとさすがに届かないので、気性面の成長が欲しい。

◆4/12(日)阪神8R 天王寺特別…△マズルファイヤー(デムーロ)→11着
プラス4キロと思ったほどは太くなく、ダイナミックな歩様で力は出せるデキに見えた。この馬もかなりハッキリと出遅れてしまい最後方から。向正面では特に動かずじっとしていて、3~4コーナーでは馬群の外に出して少しだけポジションを押し上げた。直線に入ってからは懸命に追われても回りと同じ脚色で前との差を詰められずに11着と大敗した。もともと切れるタイプではなく、しかも重馬場だったので先行できなかった時点で好走は望めず。3歳になってからはスタートが悪かったことはないのに、いったいどうしたことか。

◆4/12(日)阪神11R 桜花賞…◎ルージュバック(戸崎)→9着
落ち着いてパドックを周回していたものの、前肢の出が硬かったし、マイナス6キロという数字以上にお腹のあたりが細く見え、ずっと顔を内側に向けて歩いていて、きさらぎ賞当時のデキには及ばなかった。戸崎騎手を背中に乗せた途端にクビを上下に振り始め、嫌がっているようにも見えた。好スタートを決め手中団よりも少し前に位置する。すぐにスローな流れになって馬群が密集し、3コーナーに入るまでに何回も引っ張るシーンがあり、後方4番手まで下がってしまった。4コーナーの時点で早くもジョッキーの手が動き始め、直線に向いてもスムーズに外へ出せずに馬群の中で懸命に追われ、決して前が塞がっていたわけではないのに全くといっていいほど伸びが見られず9着に終わった。

最終追い切りで想定よりもかなり速い時計が出たせいか、馬が疲れていたようにも思えるし、道中はレースが壊れるほど各馬入れ替わり立ち替わり非常に厳しいマークにあって、3コーナーに入るまでに馬が嫌気を差してしまったのかも。もともとスローな流れで結果を出してきて、少々の不利はあったとしても2着争いに加われる実力はあったはず。もし仮に、道中いいポジションを取ってレースを進められたとしても、徹底マークされただろうし、結果はあまり変わらなかったのでは。過去3戦ともモマれる競馬をしていないという弱点が露呈してしまった。また出直しが必要。
Ke3a9430 Ke3a9486

【次週出走予定】
・なし

| | コメント (0)

2015.04.11

2年連続の桜花賞制覇へ

昨年のハープスター、今年のララベル(浦和)に続き、ルージュバックで桜花賞3連勝と行きたい。土曜日のグランシルクも重賞制覇のチャンスがありそうで非常に楽しみ。

◆4/11(土)阪神4R 3歳未勝利…○イルミリオーネ(浜中)
デビュー戦で2着後、リンパ腺が腫れてしまい5ヶ月ぶりの出走となる。久々でも休ませていた期間は短く、じっくりと乗り込まれていたので馬体も成長しているだろうし、一度使われて体の使い方も覚えただろうから、上積みは見込めるはず。ただ、そのデビュー戦はメンバーレベルがかなり低調だった点と、この馬も中間は少し歩様が乱れるところもあったので、確勝級とまでは言えない。抜けた馬が見当たらないし、新馬2着の実績は大威張りできるので、チャンスは十分ありそう。

◆4/11(土)中山8R 4歳上500万下…◎レッドダニエル(柴山)
お母さんが得意としていた1200mを使ったところ、ガラリ一変して短距離適性を見せてくれた。あまり時計面は褒められないものの、前走ほど走れば勝ち負けに持ち込めそうなメンバー構成だし、前走の勝ち馬が1000万で2着に入って3着馬は次走で500万を勝っているのも自信になる。あまり調教で動かなかった馬が、今回は非常にいい動きを見せたのも好材料。湿った脚抜きのいい馬場になれば尚いいはず。ララベルのいとこの仔にあたり、ここはキッチリと2勝目を挙げて6月に降級したい。

◆4/11(土)中山11R ニュージーランドT…○グランシルク(戸崎)
今回と同じ中山芝1600mを連勝してこの舞台に駒を進めた。2走前は圧倒的に不利な大外枠を克服して勝利を挙げ、前走は勝ち時計が優秀で、重賞の今回も実力的には十分通用する。5枠9番もちょうどいい枠順。例年このレースは重賞未経験馬が苦戦している点と、馬場が渋りそうな点がちょっと気がかり。前走は馬場入りの際に暴れたため、落ち着いてレースを迎えられるかもカギになる。調教では非常にいい動きを見せてくれたし、何とか3着以内に入ってNHKマイルCの優先出走権を獲得したい。

◆4/12(日)阪神8R 天王寺特別…△マズルファイヤー(デムーロ)
前走はレース中に心房細動を発症して大差しんがり負けを喫した。そのレースを除けば、ダート1000万条件で4着・3着と差のない競馬ができているし、マトモならここでも上位争いできる力はある。2月から乗られていて仕上がりはそう悪くないはずだけど、もともとかなりの大型馬で休ませている間は600キロを超えていたこともあり、馬体が絞れているかどうか。2走前くらい走れば圧勝できる計算だけど、とりあえず今回は次に繋がるような走りを期待したい。

◆4/12(日)阪神11R 桜花賞…◎ルージュバック(戸崎)
いよいよ大一番を迎える。今回もド迫力の追い切りを敢行し、体の使い方・伸びやかなフォームにはウットリするばかり。その追い切りで想定以上に速いタイムが出てしまい、木曜時点の馬体重が前走と同じ450キロと発表されたけど、もともと飼い葉食いのいい馬なのでほとんど馬体を減らさずにレースを迎えられるはず。実力が抜きん出ていることは疑いようがないし、不利なくスムーズな競馬ができれば自ずと結果がついてくる。

| | コメント (2)

2015.04.10

スピリタス、キープザサミット引退

キャロットクラブ所属のスピリタス(騙10歳:岡田厩舎)が、左前の肉離れと膝裏の熱感で引退することになった。

1歳の募集当時から気性難で、なかなか人を乗せての運動ができず、しかも放馬することが多かったため、2歳の6月に去勢された。それが良かったのか、去勢後は順調に育成・調教が進んで3歳の1月にデビューして2着と好走すると、2戦目で初勝利を挙げた。3歳の夏になると好時計でさらに2勝して、3歳10月の準オープン戦ではハナ差及ばずにG1挑戦はならなかった。以降、常に好走はするものの勝ち味に遅く、オープン特別では2着、重賞では3着までは走っても、なかなか賞金を加算できずにとうとうG1出走はならなかった。昨年12月の中山戦では、9歳にしてオープン特別で2着と好走し、まだまだ展開次第ではやれるところを見せてくれ、明け10歳の今年になってから帰厩態勢を整えているところに、今回の怪我を発症してしまい、引退が決まった。50戦もタフに走ってくれつつも(5-13-7-25)と入着率が極めて高く、オープン勝ちのタイトルはなくても獲得賞金が2億円を超え、大きな怪我もなく、無事是名馬を地で行く馬だった。
20080628_03 20141221_02

G1サラブレッドクラブのキープザサミット(牝5歳:中舘厩舎)も、山元トレセンからの帰厩直後に右後肢副管骨の骨折を発症して引退することになった。

これといって大きなトラブルはなかったものの、スクミやすい体質でデビューが遅れ、3歳の5月に芝でデビューして12着と大敗し、ダートに矛先を変えると4着・6着とソコソコの走りを見せた。その後、背水の陣でスーパー未勝利を使ったところ8馬身差で圧勝し(出資馬の着差最高記録)、昇級しても3着に好走。その後は気性難を見せてレースを止める癖が付いてしまい、1年間も外厩で放置された後に復帰した今年2月にはタイムオーバーのシンガリ負けを喫し、中舘厩舎に転厩して早々に怪我をしてしまった。初勝利に立ち会えなかったのが心残り。
Bg2c0604 Bg2c3761

| | コメント (0)

2015.04.09

最下級C3クラスで5戦連続着外

◆4/09(木)大井2R C3(四)(五)組…×エンドゾーン(笹川)→8着
調教で動いてもマイナス4キロとあまり減らなかったのは好材料。パドックではこの馬なりにはキビキビと周回していたけど、全体的に歩様が硬いのは気になった。ゲート入りをゴネつつ、ほぼ揃ったスタートを切って、押してポジションを取りに行き5番手に付ける。先行集団4頭を見つつ、内から2頭目のポジションでレースを進め、道中は動かずじっと控える形。3コーナーからは押して先頭との差を詰め、直線の入り口では並びかけて一瞬大きな期待をしたものの、直線に入ってからは特に伸びがなく8着に終わった。久しぶりに見せ場を作れたとはいえ本質的に距離が長いし、最下級のC3クラスで5戦連続着外ではやはり厳しい。
Ke3a8699 Ke3a8769 Ke3a8797

| | コメント (0)

2015.04.08

インを強襲するような競馬を

エンドゾーン、適鞍を除外されてしまったけど、かえって好走確率は高まったような気がする。何とか勝ち負けの競馬に持ち込んで、続戦になるくらいの走りを見せて欲しい。

◆4/09(木)大井2R C3(四)(五)組…×エンドゾーン(笹川)
1200m戦に出走するはずが除外され、1500m戦に回ることになった。2歳時から1200mでも距離が長そうなレースぶりで、この延長は大幅減点が必要。でも予定していた1200m戦はかなりメンバーが揃っていて、仮に展開がハマったとしてもせいぜい入着程度だったのが、こちらはまだ何とかなりそうな相手だし、ワンターンの1200mよりはコーナーが4回ある1500mの方が、ジョッキーの腕や展開次第では上位に食い込む可能性が高まる。ここが引退レースとなる予定なので、一発大駆けを狙うべく、出遅れてでもいいから最内に潜り込み、道中ロスなくラチ沿いを回ってインを強襲するようなレースを期待したい。この馬にしては珍しく調教で動いており、状態は悪くないはず。

| | コメント (0)

2015.04.07

入着はしても未勝利脱出が遠い

上位人気を裏切る形の敗戦が2鞍に、シンガリ負けも2鞍あって、厳しい結果に終わってしまった。現3歳馬は18頭いて(引退1頭)、入着経験馬は12頭いても勝ち上がりは4頭と、まだまだの成績。

◆4/4(土)中山2R 3歳未勝利…○ゼロレボルシオン(内田)→9着
マイナス2キロと一度使われて馬体が締まった印象。トモの踏み込みも力強い。ただしキョロキョロしながらパドックを周回していたし、返し馬でもジョッキーを手こずらせていて、気性面はもっと成長して欲しい。ほぼ揃ったスタートからダッシュが鈍くて中団から。コーナーワークで1コーナーでは4番手に付けた。ほぼ隊列が変わらないまま4コーナーに入り、前を行く馬が下がったアオリを受けて位置取りを悪くしてしまい、直線に向いてからは押しても全く伸びずに徐々に後退し、9着に終わった。初戦は脚抜きのいい馬場なのに時計がかなり遅かったので、まぁこんなものかも。

◆4/4(土)阪神3R 3歳未勝利…▲レーヌドブリエ(菱田)→3着
プラス8キロと増えていたけどまだまだ細いし、チャカつきながらパドックを周回していて相変わらず気性面の成長が見られない。好スタートを決めて、今回は下げずに4番手に付けた。スローな流れになってこの位置取りは正解で、道中は馬群の内側で動かず4~5番手をキープしたまま直線に向き、しばらくは前が開かず、残り300mあたりから馬群の外に出してジリジリと差を詰めたものの、前を交わすような脚色ではなく3着止まり。レース内容は悪くないし、展開次第ではチャンスが回ってきそう。

◆4/4(土)阪神3R 3歳未勝利…×ルーセントハート(水口)→15着
デビュー戦ということもあってか、のんびりとパドックを周回して気合い不足。馬体はまぁまぁ仕上がっているように見えた。スタートが悪くて後方から。3コーナー手前で馬群がゴチャついた時に位置取りを悪くし、3コーナーの入りでも更に後退してしまい、後方3番手まで下がる。ポジションが変わらないまま直線に入って、懸命に追われても全く伸びず15着に終わった。これといって見所もなく、チチカステナンゴ産駒で切れる脚もないだろうから、スタートを決めて粘り込むレースをしたい。

◆4/4(土)阪神6R 4歳上500万下…△ルヴァンカー(四位)→18着
マイナス10キロと減っていたけど、いつもの馬体重に戻っただけでちょうど良く見えたし、首を使ってシャキシャキとパドックを周回して気配も良好。揃ったスタートを切り、隣の馬に前へ入られたので中団で控える形に。馬群の外に位置して道中はスムーズに追走できているように見えたけど、3コーナーあたりから鞍上の手が動き始め、4コーナーではムチを入れられながらもズルズルと後退してしまい、あとは下がる一方でシンガリ負けを喫した。先行できなかったにせよ、道中はなんら不利はなかったし、そう速い決着でもなく、いくら芝でもここまで負ける馬ではない。とはいえダートの方が良く、もう地方交流戦に活路を見出すしかなさそう。

◆4/4(土)阪神8R 三木ホースランドパークJS…×レッドアーヴィング(西谷)→14着
ずっと悩まされていた右トモの弱さも前走あたりから消え、パドックの気配は上々。ゲートでガタついて飛び上がるようなスタートを切ってハナに立った。後続を常に5馬身くらい離した逃げとなり、この日は飛越もスムーズ。昨夏の小倉のような逃げ切りもあるかと思いきや、3コーナー手前の障害でちょっとミスをして、そこから手応えが悪くなり、直線の入り口では内側から他馬にぶつけられてしまい、そこからは完全に流して最下位となった。着順はともかく、ここ2戦はバテ方が急すぎるのが気になる。

◆4/5(日)中山3R 3歳未勝利…◎エリオットベイ(柴山)→3着
プラス10キロでも太くは見えなかったけど、ちょっと肩の出が悪いのは気になった。ほぼ揃ったスタートを切り、速い脚はなく5番手あたりに付ける。馬群の中に入る形となり、向正面でも動けずに5番手のまま。インでじっとしたまま直線に向き、馬群がばらけてから外に出すと、ジリジリとは伸びたもののゴール前では脚色が鈍り、何とか3番手を死守してゴールした。時計的には前走より1.5秒も遅かったし、本来は楽に走れるはずが首をかしげる敗戦。もっと積極的に行かないとダメなのかも。

【次週出走予定】
◆4/09(木)大井1R C3(四)(五)組…エンドゾーン(未定)
◆4/11(土)中山8R 4歳上500万下…レッドダニエル(柴山)
◆4/11(土)中山11R ニュージーランドT…グランシルク(戸崎)
◆4/12(日)阪神8R 天王寺特別…マズルファイヤー(デムーロ)
◆4/12(日)阪神11R 桜花賞…ルージュバック(戸崎)

| | コメント (0)

2015.04.04

そろそろ未勝利を卒業したい

今週は賑やかに6頭が出走する。来週は土曜日にニュージーランドT、日曜日に桜花賞への出走が控えているので、ここで勢いを付けたい。未勝利馬4頭のうち、3頭にチャンスがありそう。

◆4/4(土)中山2R 3歳未勝利…○ゼロレボルシオン(内田)
広尾の無料馬(2000分の1)。デビュー戦の前走は馬群にモマれながらジリジリと伸び、時計は遅かったけど見所のあるレース内容だった。距離が200m伸びて1800mになるのは微妙なところ。でも中間の調教もガラリと良くなったし、渋太くバテないのは中山向きで、スムーズに前の方に付けられれば意外と面白いのでは。陣営はここを一叩きして府中で勝負のようなことを言ってるけど、抜けた馬が見当たらず、意外と頭まであるのでは。一口のファン層を拡大するためにも頑張って欲しい。

◆4/4(土)阪神3R 3歳未勝利…▲レーヌドブリエ(菱田)
今まで1400~マイル戦を走っていた馬なので、1800mへの延長は有利とはいえない。出脚が鈍くて後方から追い込むレースをしていて、直線の長い阪神の外回りコースに替わるのは好材料。前走は大幅に馬体が減ってしまい、420キロくらいまで戻せるかどうか。こちらも抜けた馬が見当たらず、上位人気が予想される馬がいずれも差し・追込脚質で、決め手勝負ならヒケを取らない。極端なスローペースになると差し届かない危険性も。

◆4/4(土)阪神3R 3歳未勝利…×ルーセントハート(水口)
レーヌドブリエと同じレースに出走し、今回がデビュー戦になる。どこか痛いところがあったわけではないけど、発馬に難があってゲート試験合格までかなり時間がかかってしまった。これといった先行馬が見当たらず、ゲートをポンと出てハナを切る流れになれば多少のチャンスはありそうだけど、既走馬相手では厳しいか。調教でもあまりピリッとしたところがなく、まずは一度使ってレース慣れが必要か。

◆4/4(土)阪神6R 4歳上500万下…△ルヴァンカー(四位)
前走は久しぶりに芝のレースを使われ、先行して8着。スローな流れを0.6秒差と、着順ほどは悪くない内容だった。本質的にはダートの方が良さそうだけど、芝でも先行できる脚は持っているし、18頭立てでも前走入着馬が3頭しかおらず、ここも展開次第ではソコソコやれるかも。調教でも動けるようになったし、6月に降級できるようになりたい。控えても味がないので、ここはハナを切るレースをしたい。

◆4/4(土)阪神8R 三木ホースランドパークJS…×レッドアーヴィング(西谷)
中1週での出走となった。2走前の落馬が影響してか、前走は馬が障害飛越を怖がるような仕草を見せ、今まで抜群に上手かった飛越も危なっかしく、最下位に敗れた。この短期間でガラリ一変を期待するのは酷に思えるし、綺麗に乗ってくれる平沢騎手から乗り替わるのも減点材料。もともと右前に不安を抱えているため、障害戦の中1週では脚への負担が心配。

◆4/5(日)中山3R 3歳未勝利…◎エリオットベイ(柴山)
ダートに矛先を変えてからは3着・3着・2着と惜しいレースが続いている。特に前走は勝つために早めに動いた分、勝ち馬に差されてしまった。今回は実績・時計面とも最上位で、マトモなら未勝利を卒業できるはず。ただ、過去のレースぶりから湿ったダートよりも、力の要るダートでの消耗戦になった方が良さそうで、ちょっと天気が心配。

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »