« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015.03.30

ドバイ遠征は残念な結果に終わる

ドバイ遠征から昨晩帰国しました。ハープスターのレース結果は残念なものに終わったけど、ドバイは食べるものが美味しいし、カタコトの英語でもコミュニケーションが取れて治安も良く、ほぼ一通りの観光もできたし、面白い遠征でした。
Img_1800_3 Img_1808_5 Img_1886_2
Img_1870_2 Img_1772 Ke3a8497

◆3/28(土)阪神1R 3歳未勝利…△ノーブルソニック(内田)→10着
プラス2キロとほぼ変わらず。胴長で馬体そのものは均整がとれているけど、どうも歩様がぎこちなくて体の使い方がもう一つといった印象。ゲートの出・ダッシュともに鈍くて最後方から。向正面の地点から馬群の外に出して懸命に追われてもなかなか前へ進まず、4コーナーを回る頃には離れた最後方になってしまい、直線に向いてからはソコソコ差を詰めて2.0秒差の10着となった。スタートしてからゴールまでずっと追い通しで、ダートでは無理そう。かといってスタート地点の芝でもダッシュが鈍いし、この先かなり厳しくなってしまった。

◆3/28(土)メイダン8R ドバイシーマクラシック…◎ハープスター(ムーア)→8着
メイダン競馬場滞在中は、ずっとスタンドの席に座っていて、大型ビジョンでパドックの模様を見ていた。パドックでの歩様が硬かったし、この馬としては初めてイライラしながら馬場入りし、状態面はあまり良くないように見えた。ほぼ揃ったスタートを切り、馬なりで中団に付ける。かなり遅い流れになり、ハープスター向きの流れになったとニンマリ。ほぼ隊列が変わらないまま中団の外をキープして直線に入り、一瞬は外から伸びかけたかに見えたものの、外から並びかけられると全く抵抗できずに伸びを欠き、最後は完全に流して8着に終わった。本質的には距離が長いことが敗因だろうけど、京都記念と今回のレースを見る限りでは、マイル戦に短縮したところで好走できるとも思えず、走る気をなくしていないか心配。
Ke3a8259 Ke3a8281

◆3/29(日)阪神5R 3歳未勝利…◎ウェスタールンド(川田)→1着
ちょっと気性面に問題を抱えている馬なので、のんびりとパドックを周回していたのは好材料。相変わらず見栄えのする馬体で気配も上々。揃ったスタートを切って7~8番手あたりに付ける。内枠だったので出たなりに馬群の中で追走し、4コーナーを回るときも前が開かずに3列目のままでヒヤッとしつつも、直線に向いてからは狭い馬群をこじ開けて一気に伸び、残り200m地点からは後続を突き放し、ようやっと8戦目で待望の初勝利を挙げた。ここまで毎回いい競馬をしながらも何かに大駆けされ、なかなか勝ち運が向かなかったけど、どんな展開でも好勝負に持ち込める点は強みで、昇級しても引き続き好走してくれそう。「最強の未勝利馬」の称号を返上し、もう2着続きでも安心。

【次週出走予定】
◆4/4(土)中山2R 3歳未勝利…ゼロレボルシオン(内田)
◆4/4(土)阪神3R 3歳未勝利…レーヌドブリエ(未定)
◆4/4(土)阪神3R 3歳未勝利…ルーセントハート(水口)
◆4/4(土)阪神6R 4歳上500万下…ルヴァンカー(四位)
◆4/4(土)阪神8R 三木ホースランドパークJS…レッドアーヴィング(西谷)

| | コメント (1)

2015.03.27

国際G1タイトル獲得へ

現在、ドバイに滞在中で、今日この後は世界一高いタワーのブルジュ・ハリファなど、市内観光を楽しみ、明日はメイダン競馬場へ行ってきます。ララベルに続いてハープスターもビッグタイトルを獲得できますように。

◆ 3/28(土)阪神1R 3歳未勝利…△ノーブルソニック(内田)
前走は離れた最後方から直線だけソコソコいい脚で追い込み4着だった。もう少しポジションを取れるならさらに上位も狙えるだろうけど、どうも砂を被るのを気にしているような素振りもあって、今回も強気にはなれない。内田騎手にしっかり動かしてもらい、競馬の仕方を覚えて欲しい。

◆ 3/28(土)メイダン8R ドバイシーマクラシック…◎ハープスター(ムーア)
前走の京都記念が案外の結果に終わり、日本での評価はあまり高くないようだけど、海外のブックメーカーでは1番人気に設定されているようだし、太め残りだった馬体も一度使われて絞れ、明らかに状態も上向いている。9頭立てと少頭数になり、スムーズな競馬をしやすい大外枠を引いたのも好材料。京都記念で積極策をとって負けた経験が今回生きるはずで、ムーア騎手の腕にも期待したい。

◆3/29(日)阪神5R 3歳未勝利…◎ウェスタールンド(川田)
自分の中ではドバイシーマクラシック並みに重要な一戦。7戦して2着が5回と、未勝利馬ながら既に1200万円稼いでいる。いつもいいレースはするのに、何かに強い競馬をされてしまい、勝ち運がないだけ。展開に左右されず常に好走できるし、今回のメンバーの中では時計面・実績面とも断然で、初勝利の大チャンス。レース中はちょうどドバイから日本へ帰国する機内なので、日本に到着したら、競走成績にウェスタールンドの名前が一番上にあることを期待したい。

| | コメント (2)

2015.03.26

2歳女王の実力を見せつけて桜花賞制覇!

ララベル、期待以上の素晴らしい走りを見せてくれ、南関東牝馬クラシックを制覇!

◆3/25(水)浦和11R 桜花賞・・・◎ララベル→1着
休養中に背が伸びていたので、プラス10キロの馬体重は成長分。全く太く見えなかったし、以前に比べるとだいぶキビキビとパドックを周回できるようになり、今までのレースの中でいちばん気配は良く見えた。
20150325_01 20150325_02

わずかに出負け気味のスタートを切り、そこからいいダッシュを利かせて2番手のポジションを取った。逃げ馬を大名マークする理想的なポジションで、この時点で勝ち負けに持ち込めることを確信。やや遅い流れになり、向正面でマクってくる馬もなく、3コーナー付近でペースが早くなると、逃げ馬とララベルとで後続を突き放したマッチレースとなり、あとは逃げ馬を交わせば、という展開。4コーナーで先頭に並び掛けて直線で馬体を合わせると、持ち前の勝負根性でグイっと半馬身出て1着、嬉しい南関東牝馬クラシック制覇を成し遂げた。
20150325_03 20150325_04
20150325_05 20150325_06

前走の東京2歳優駿牝馬の後、一息入れるために山元トレセンへ移動したはずが、休ませずに山元の坂路で15-15を乗り続けられて右半身がガタガタになってしまい、レースの10日前までは桜花賞を回避する可能性もあったほど。そこからララベルの状態がだいぶ良くなり、出走にこぎ着けたという経緯だった(競馬新聞各紙の印が薄くて超弱気だったのはそのせい)。まだまだ万全ではないのに強い内容でクラシックも勝ってくれ、ララベル自身の凄さはもちろん、荒山先生や横山厩務員の尽力にも頭が下がるばかり。真島騎手も完璧に乗ってくれた。

まだまだ状態はこれから良くなるだろうし、レース中も全く掛かるところがなく意のままに走れるタイプなので、今回の反動さえなければ、次走の東京プリンセス賞も2冠獲得できるような素晴らしい走りを見せてくれるはず。

荒山先生、真島騎手、横山さん、ありがとうございました!

20150325_07 20150325_08

| | コメント (6)

2015.03.24

南関東クラシック戴冠へ

いよいよララベルが大一番を迎える。万全の状態ではないせいか、思いのほか競馬新聞の印は薄いけど、気で走るタイプなのでここも勝ち負けは必至。レース後は浦和競馬場からドバイへ直行予定なので、南関東クラシックと海外G1を連勝と行きたい。

◆3/25(水)浦和11R 桜花賞…◎ララベル(真島)
現在4戦3勝で、うちローレル賞・東京2歳優駿牝馬の2重賞を連勝している。負けた1戦にしても、世代最速のルックスザットキルを0.3秒差に追い詰めての2着で、むしろ負けて強しの内容だった。本来であれば、今回は休み明けでも圧倒的1番人気になって胸を貸す立場だったはずが、前走後に放牧した山元トレセンで酷い扱われ方をして馬がガタガタになってしまい、そこから1ヶ月かけて立て直したものの、まだ万全とは言いがたい状態。それでも調教では一応の時計では走っているし、過去4戦も決して完調ではない中で結果を出しており、今回も持ち前の勝負根性と地力で何とかなるのでは。前を行くトーコーヴィーナスが内の3番枠で、後ろから来るスターローズが外の8番枠に入り、ララベルの5番枠はレースがしやすい絶好の枠に思える。浦和の1600mはスタート直後にコーナーがあって紛れの多いコースなので、スムーズにレースを運べればいい結果に繋がるはず。

| | コメント (4)

2015.03.22

適条件も大敗

◆3/21(土)阪神2R 3歳未勝利…△ルフナ(菱田)→11着
前走と変わらず420キロと、相変わらず馬体が増えてこない。でもキビキビとした歩様で気配は良好に見えた。好スタートを決め、スタート直後の芝の地点ではいいダッシュを見せ、ダートコースに入ってからは頭を上げて砂を被るのを嫌がる仕草を見せ、徐々に後退してしまった。3コーナー地点では10番手あたりになり、馬群の外を回して直線に入っても全く伸びが見られず11着に終わった。砂を被らせないように外を回してもダメで、ダートをこなせないとなるとこの先がかなり厳しくなった。

◆3/21(土)中京5R 障害オープン…△レッドアーヴィング(平沢)→11着
いつもパドックではあまり良く見えないタイプなのに、この日は珍しくキビキビとした歩様で馬のやる気も感じられ、非常に良い状態だった。好スタート好ダッシュを見せて2番手に付ける。最初の障害をかなり慎重に飛びつつも、その後は低くて綺麗な飛越で障害をクリアし、これなら上位は確実と思って安心していたら、2周目の向正面から急に飛越が雑になり、障害を飛ぶたびに後続との差が詰まり、4コーナーを回る時には一杯となって、完走した馬の中では最下位に終わった。最後の直線では競走を中止したかのような止まり方だったし、どうも前走の派手な落馬が影響しているような走りで、中山グランドジャンプ出走は止めた方が良さそう。

【次週出走予定】
◆3/25(水)浦和11R 桜花賞…ララベル(真島)
◆3/28(土)阪神1R 3歳未勝利…ノーブルソニック(内田)
◆3/28(土)メイダン ドバイシーマクラシック…ハープスター(ムーア)
◆3/29(日)阪神5R 3歳未勝利…ウェスタールンド(川田)

| | コメント (0)

2015.03.21

飛越の巧さで上位を

障害オープン勝ちがあるレッドアーヴィング、もし今回好走するようなら次走は中山グランドジャンプに挑戦するプランも浮上しそう。

◆3/21(土)阪神2R 3歳未勝利…△ルフナ(菱田)
相当レベルの低かった新馬戦では3着に好走し、以降は芝で2戦して見せ場も作れていない。切れる脚もなくてスピード不足の現状ではダートの方が良さそうで、実際にお母さんもダートで初勝利を挙げており、もし一変するとしたら今回か。過去3戦とも先行できておらず、前が崩れて差しが生きるような展開になると理想的。おそらく1400mの距離も合うはず。

◆3/21(土)中京5R 障害オープン…△レッドアーヴィング(平沢)
雑な乗り方をする西谷騎手よりは、驚くほどピタリと折り合って障害オープンを勝った平沢騎手に戻るのは好材料。前走で馬体左側のあちこちが内出血するほどの転倒をしてしまい、休み明けでどこまで馬体が戻っているか不安があり、62キロの斤量も不利。とはいえ、もともと抜群に飛越は巧いし、オープン勝ちの実績は威張れるので、2走前のように折り合って体力のロスなく回ってくれば今回も好勝負できる。

| | コメント (0)

2015.03.20

力のあるところを再確認

ガーデンズキューはようやっと賞金を加算できたけど、まだ295万円なので次走も引き続き組は変わらず、平場戦への出走になりそう。

◆3/19(木)大井5R C3(四)(五)…×エンドゾーン(矢野)→10着
小柄な馬なので7キロ増えていたのは好材料。前走と同様にゲート入りを嫌がっていた。揃ったスタートを切り、じんわりと下げて後方5番手に付ける。バラけた展開になって終始スムーズに追走し、3~4コーナーでは外を回って差を詰めるも、直線に入ると脚色が鈍ってしまい、順位を上げられず10着に終わった。今回は不良馬場だったのに自分の時計で走れなかったし、ここ3戦はC3でも全く見せ場のないまま終わっていて、さすがにこれで引退だろうと思ったらもう1戦するとのこと。余程の凡戦にならない限り、浮上は厳しそう。

◆3/20(金)大井4R 3歳300万下…△ガーデンズキュー(笹川)→2着
ここ3戦は、パドックでチャカチャカ落ち着かずロクに写真が撮れなかったけど、今日はシャドーロール+メンコ+チークを装着していたせいか、チャカつきもだいぶマシになって周囲を見渡す余裕もありながらパドックを周回していたので、いつになく多くの枚数を撮れて、この時点で馬券圏内に入ることを確信した。あまり良いダッシュではなく後方から。1コーナーに入るまでにポジションを挙げて後方6番手あたりに位置する。向正面に入ったあたりからジョッキーの手が激しく動いていたので、今日もハミを取らずにダメかと思ったら、3コーナーでもかなり追われつつも徐々に前との差を詰めて5番手に上がり、直線に向いてからも馬群の外から懸命に追われながら徐々に差を詰め、3/4馬身差の2着となった。1600mくらいは距離があった方が良さそうで、笹川ジョッキーもずっと追い通しで馬を動かしてくれ、今日はイレ込みがマシだったのも好走の要因。力のあるところを確認できてホッと一安心。もし出走できるようなら東京プリンセス賞を目指すことになった。
Ke3a6688 Ke3a6782 Ke3a6804

| | コメント (0)

2015.03.19

あまり変わり映えせず

◆3/19(木)大井5R C3(四)(五)…×エンドゾーン(矢野)
1200mは1分15秒台後半なら何とか走れる馬。今回は楽に14秒台を出せる馬が何頭かいて、時計的には苦戦必至。中間の調教からも特に変わってきた感じはなく、昨夏から使い詰めなので上積みもなさそう。ただ、今回はブリンカーを装着してみるとのことで、もしかしたら行きっぷりは良くなるかもしれない。最下級条件なのに、ここのところ走るたびにレース内容が悪化していて、そろそろ首筋が寒くなってきた。

◆3/20(金)大井4R 3歳300万下…△ガーデンズキュー(笹川)
前走はスタート直後からハミを取らなくてマトモに走っておらず、その割には大敗せずに7着と盛り返している。時計的には2走前の桃花賞くらい走れば何とかなりそうなメンバー構成だけど、能力云々というよりは、テンションが高くなってレースまでに体力を消耗してしまうような気性面に課題があり、落ち着いてレースに臨めるかといったところ。早い時間帯のレースだと現地応援できないので、何とか賞金を加算して特別レースに出走させたい。

| | コメント (2)

2015.03.15

未勝利ながら1200万円を稼ぐ

 今年に入ってから二桁着順が多くて不振だったのが、今週は3勝・2着3回とようやく上向いた。連勝したストレンジクォークとグランシルクは次走で重賞挑戦が予定され、どんな走りを見せてくれるか楽しみ。その反面、ウェスタールンドはまたしても2着(5回目)。。。

◆3/14(土)中山3R 3歳未勝利…◎エリオットベイ(柴山)→2着
パドックの外をキビキビと気分良さそうに周回し、歩様にも力強さがあって申し分のない状態。ほぼ揃ったスタートを切り、逃げ馬の外の2番手に付ける。平均ペースの中、ピタッと折り合っていて今日は勝てると確信。道中の隊列はほぼ変わらないまま、4コーナーでは外から他馬に並びかけられたので仕方なく早めに動き、直線で突き放しに掛かったものの、道中すぐ後ろにマークされていた馬に交わされ、何とか2着は死守してゴールした。時計も悪くないし、未勝利卒業はもうすぐにでも。

◆3/14(土)阪神5R 3歳未勝利…◎ウェスタールンド(浜中)→2着
少し休ませたせいか馬体に柔らかみが出て好気配。ただし相変わらず気もそぞろにパドックを周回していて、精神面の成長が欲しい。揃ったスタートからほぼ馬なりでちょうど中団に控える。スローにはならず平均的な流れになり、道中は動かずに控えたまま。直線に向いてから満を持して追い出されると、馬群の外からいい勢いで差し込みながらも、先に抜け出していた馬の脚色が衰えず、またしても2着に終わった。後続には3馬身半と決定的な差を付けているし、この馬もいいレースはしているのに、毎回1頭だけいい競馬をされてしまう。これで獲得賞金が1200万円と、未勝利・500万平場を勝ったような額になってしまった。ここでダートを試してみるのも良さそう。
Ke3a6280 Ke3a6298 Ke3a6315

◆3/14(土)阪神7R 4歳上500万下…×レッドセイリング(浜中)→1着
デビュー以来、実馬を見るのは今回が初めて。500キロ超と、牝馬とは思えないほどスラッとした大柄な馬体ながら、非常にバランスも良く、500万条件で不振の馬には見えなかった。好スタートを決め、押してハナに立つ。1400m戦にしては落ち着いた流れになり、道中は時々ジョッキーに気合いを入れられながら1馬身ほどリードを取って逃げ、いつもレースを止めようとする4コーナー~直線入り口では浜中騎手にさかんに追われると、そこからは後続との差をじわじわと広げ、鮮やかな逃げ切り勝ちをおさめた。走る気をなくした成績不振の5歳牝馬で、時期的に今回が引退レースになるだろうと見ていたら、まさかの逃げ切り勝ちでビックリ仰天。過去のレースビデオを見て研究し、気を抜かないように導いてくれた浜中騎手のファインプレーで、かなり勝ち時計が遅くて展開も恵まれた面はあったにせよ、嬉しい勝利となった。
20150314_01 20150314_02

◆3/14(土)中山7R 3歳500万下…▲ストレンジクォーク(柴山)→1着
落ち着きつつも、パドックの外をキビキビと周回して好気配。揃ったスタートを切って持ったまま5番手あたりに控える。馬群の中に入れて、馬が行きたがるのを少しなだめながらの追走。道中は動かず、3~4コーナーで外から進出した馬をやりすごしながら、直線の入り口で馬を徐々に外へ出しながら追われると、馬群の狭いところを割りながらジリジリと先頭との差を詰め、ゴール直前でハナ差出て、未勝利・500万と連勝を飾った。着差こそわずかだったけど、いい勝負根性を見せてくれて今後が楽しみになるレース内容だった。次走はダービートライアルに挑戦予定で、上がり勝負では分が悪いけど、底力が問われるような展開になれば見せ場以上も十分ありそう。

◆3/14(土)中山12R 4歳上500万下…△レッドダニエル(柴山)→2着
ちょっとチャカつきながらパドックを周回し、トモにも力強さがなく、気配はあまり感心しなかった。ほぼ揃ったスタートを決め、押して4番手あたりに付ける。道中はビックリするくらいのいい手応えで、持ったまま直線の入り口で2番手に並びかけると、逃げ馬にはアッサリと突き放されつつも、最後までしっかりと脚を伸ばして2着となった。未勝利を勝ってからずっと不振だったけど、お母さんが得意とした1200m戦でガラリ一変してくれた。3歳未勝利戦よりも遅い時計で相当恵まれての2着だけど、これをキッカケに上昇してくれれば。

◆3/15(日)中京2R 3歳未勝利…×ノーブルソニック(松田)→4着
首を大きく下げながらの~んびりとパドックを周回し、明らかに気合い不足。ゲートを歩くように出て後方3番手から。行き脚も付かず向正面半ばあたりでようやく馬群に取り付き、後方3番手のまま直線に向いて馬群の大外に出すと、レースの前半で走っていなかった分、いい脚で差を詰めて0.3秒差の4着まで追い上げた。着順だけ見れば悪くないけど、速い流れで展開がハマった面もあり、もっと走る方に気が向かないと厳しそう。

◆3/15(日)中京4R 障害未勝利…×アイビーフォールド(金子)→14着
いつもパドックは非常に良く見える馬で、今日も力強くキビキビした歩様で文句無し。ほぼ互角のスタートを切りつつも後方に控える。少し行きたがるのをなだめながらの追走で、スムーズな低い飛越で道中は安心して見ていられた。ところが2周目向正面の障害を着地する時に躓いてポジションを悪くしてしまい、そこからは着地するたびに躓くような仕草を見せ、直線では追われずに最下位でゴールした。レース後、右前脚の繋靭帯不全断裂を発症していたことが判明し、引退することになった。右前脚はもともと傷めていたところだし、馬にかわいそうなことをしてしまった。8歳にして46戦もよく頑張ってくれた。

◆3/15(日)中山6R 3歳500万下…○グランシルク(戸崎)→1着
パドックに入ってきた当初から2人牽きで気負い気味。ただしイレ込んでいるほどではなかった。今までこういうことはなかったのに、馬場入りの時にも一暴れしていた。揃ったスタートを切り、持ったままピタッと折り合って中団に位置する。道中も中団のまま動かず、4コーナーに入ると持ったままいい手応えで外から先頭に並びかけ、直線に向いて満を持して追い出されると、後続に1馬身ほどの差を付けて連勝を飾った。レース前は気の悪さを見せてどうなるかヒヤヒヤしたけど、レースでは気の悪さは微塵も見せず完勝してくれた。次走はニュージーランドトロフィーに向かう予定で、中山のマイルを好タイムで連勝し、重賞でも期待が高まる。
Ke3a6499 Ke3a6557

【次週出走予定】
◆3/19(木)大井5R C3(四)(五)…エンドゾーン(未定)
◆3/20(金)大井4R 3歳300万下…ガーデンズキュー(笹川)
◆3/21(土)阪神2R 3歳未勝利…ルフナ(未定)
◆3/21(土)中京5R 障害オープン…レッドアーヴィング(平沢)
◆3/21(土)中京7R 3歳未勝利…ブライアローズ(北村友)

| | コメント (2)

2015.03.13

過去最多の8頭が出走

先週が出走ゼロだったこともあり、今週は大挙8頭が出走する。今までの最多は7頭だったはずで、おそらく8頭は過去最多。まだ現3歳世代は3頭しか勝ち上がっておらず、今週は2頭くらいの未勝利脱出を期待したい。

◆3/14(土)中山3R 3歳未勝利…◎エリオットベイ(柴山)
2走前はちょっと強引に仕掛け過ぎて3着、前走は再三に渡って外へ張られながらも良く粘って3着と、スムーズなレースさえできれば勝てるところまで来ている。今回も面倒くさそうな相手は何頭かいるけれど、前走のように好位追走ができれば自ずと結果は付いてきそう。調教の動きも良くなっているし、ここは力の入る一戦。

◆3/14(土)阪神5R 3歳未勝利…◎ウェスタールンド(浜中)
いいレースは出来ていながら、毎回何かに先着されている。今回は一息入れて馬の動きが良くなっているし、メンバーレベル的にもここ一連のレースと同様で、少なくとも引き続き上位争いは必至で、前走の3着・4着・7着馬がその後勝ち上がっているのも自信になる。積極的に先行させるよりは、控えて差す競馬をして欲しい。もう本当に今回こそは。

◆3/14(土)阪神7R 4歳上500万下…×レッドセイリング(浜中)
当初は芝のレースに出走させる予定が、除外対象だったのでダート戦に回ることになった。調教ではソコソコ動くのに、レースに行ってまるで走る気を見せない困った状況で、デビュー戦を逃げ切った以外はほぼ良いところがない。12頭立てで近走不振馬が多く、今までのレースよりは条件がいいけど、今までの成績からしてとても強気になれない。

◆3/14(土)中山7R 3歳500万下…▲ストレンジクォーク(柴山)
前走の未勝利勝ちが非常にいい内容で、同日のホープフルSと0.1秒差しかなかった。前走後、まだ体質がしっかりしていないとのことで放牧に出され、帰厩してもソフトな仕上げでまだまだ上昇余地は残しているけど、引き続き同じコース・距離で走れるので、上位争いには加われそう。重賞やオープン戦が多く組まれている時期で、ハッキリした強敵は見当たらない。

◆3/14(土)中山12R 4歳上500万下…△レッドダニエル(柴山)
未勝利を卒業してからは4戦連続で二桁着順と振るわず、2走前のレース後に去勢された。去勢明けの前走では多少なりとも気性面の改善は見られ、今回はお母さんが得意とした短距離戦に矛先を替えることになり、おそらくダート1200m戦はベスト条件で、今までよりは良いレースができそうな気がする。前走で馬券圏内に入った馬がおらず、メンバー的にも楽な構成。何とかメドの立つ競馬をして欲しい。

◆3/15(日)中京2R 3歳未勝利…×ノーブルソニック(松田)
前走は1コーナーで落馬寸前の不利があって大敗したけど、それがなくてもスタート直後から怪しい行きっぷりだったのが気になる。その後は放牧に出されて立て直し、今回は3ヶ月ぶりの出走となる。調教の動きがかなり良くなって古馬をアオり、状態面は申し分なさそう。1800mから1400mへと距離が短縮されて追走に苦労しそうな点が気になるのと、前走の内容からダートでやれるのか不安が残る。

◆3/15(日)中京4R 障害未勝利…×アイビーフォールド(金子)
今回が障害転向初戦となる。本来であれば12月中に使われる予定だったのが、障害練習で脚部に不安が出てしまい、一旦放牧されてここまで伸びた。飛越センスはなかなかありそうで、全くレースにならないようなことはなさそうだけど、今年で8歳になり、しかも脚元がモヤモヤしているので、ここは今後に期待が持てるレースを期待したい。

◆3/15(日)中山6R 3歳500万下…○グランシルク(戸崎)
1800m戦で一歩足りないレースをしていて、マイル戦に距離を短縮したところ、良い決め手を見せて未勝利を卒業した。前走後は一息入れられて、いい休養になったのか調教での動きが格段に良くなり、今回のメンバーを見渡しても抜けた存在は見当たらず、勝ち負けの競馬ができそう。中山のマイル戦なので内枠を引きたい。ただ、この馬は本質的にダートの方が良さそうな気がする。

| | コメント (0)

2015.03.12

グリーンファームの地方馬4頭に出資

グリーンファーム愛馬会で募集されている地方入厩馬4頭に出資してみた。出資割合は各馬50分の1で、馬代金や維持費は安いけれど、賞金・出走手当も安いので、収支を黒字にするのは相当難しそう。各競馬場とも、新馬を確保するために2歳戦に限っては賞金を高く設定しているため、新馬戦を勝ち上がり、その後は賞金の高いJRA認定競走や重賞で勝ち負けできるかどうかが、収支面のカギになる。もちろん黒字になれば文句なしだけど、この出資をキッカケにして、各競馬場のレース体系・賞金体系などの理解を深めつつ応援するのが目的。共有ではなく出資なので、トレセン訪問や口取りができないのは残念。

◆メジロシェダーの2013(メス2歳 父カジノドライヴ)
  名古屋 角田輝也厩舎所属予定 総額500万円
2歳牝馬にして509キロもあり、非常に見栄えのする馬。これだけ大きければ地方競馬の深い砂でもパワー負けしないはずだけど、名古屋の小回りコースで器用に立ち回れるか多少の不安は残る。カジノドライヴ産駒ということもあって脚捌きが硬いようで、今回の4頭の中では調教が遅れているけど、それでもハロン18秒ペースで乗られている。ノーザンファーム空港で育成されていて、多くの良血馬・素質馬に囲まれて力を付けていって欲しい。
1350_000

◆ギブスの2013(メス2歳 父スペシャルウィーク)
  佐賀 東眞市厩舎所属予定 総額450万円
2月下旬に早くも佐賀競馬場入りしていて、もうそろそろゲート練習を始める段階まで来ている。このまま順調なら4月12日に組まれている一番最初の新馬戦でデビューするプランもあるらしい。やや背が低くていかにも小回り向きの体型で、馬体重も440キロとまぁまぁ標準的なサイズ。ハロン17秒くらいまでしか乗られていないため、実力のほどは未知数。4頭の中ではこの馬が一番早くデビューできそう。
1351_000

◆トップアサーティンの2013(牡2歳 父バトルプラン)
  園田 田中範雄厩舎所属予定 総額400万円
唯一の男馬。ハロン15秒で乗られていて、もうそろそろ園田へ向けて移動することになるはず。455キロとこちらも中サイズ。筋肉質なパワータイプではなく、スラッと綺麗なシルエットをした馬体で、どちらかと言えば距離は長い方が良さそう。落ち着きのある性格だそうで、このまま順調に調教を進められそう。最近、園田競馬には素質のある新馬が続々と入ってレベルが高くなっているので、何とか早めに勝ち上がって園田の重賞路線に乗ってもらいたい。
1352_000

◆クイーンオブハルカの2013(メス2歳 父スパイキュール)
  園田(西脇) 田中道夫厩舎所属予定 総額350万円
徐々に成長しているものの、432キロと4頭の中では一番小柄な馬。今年に入ってからじっくりとハロン17秒くらいのペースで順調に乗り込まれ、もう今月中にも園田へ移動する予定。ただしちょっとテンションが高い馬だそうで、しかも小柄なのに園田まで輸送が必要な西脇の厩舎に入る点がネック。重心の低い、いかにも地方競馬向きの体型をしていて、気性面がいい方に向けばソコソコやれるのでは。このまま順調なら、5月くらいにデビューを迎えられそう。
1353_000

| | コメント (0)

2015.03.08

社台・サンデー2歳馬見学

今週末は1頭も出走がなかったため、半年ぶりに社台ファーム・ノーザンファームへ行き、2歳馬の見学をしてきました。

◆ブリージーウッズ13(メス 父:マンハッタンカフェ)
4きょうだい連続で共有している、地方競馬オーナーズの馬。先週金曜日に更新されたクラブのレポートに「スタッフからは姉以上との声も聞こえてきます」との一文があり、2歳女王に輝いたララベル以上とはどういうことだろうと、首をかしげつつも大きな期待をしてしまう。昨年9月に見学した時よりもハッキリと馬体に力強さが加わり、当初懸念してた線の細さがすっかり解消して文句なし。自ら走ろうという気力が旺盛とのコメントもあったけど、クラブがUPした動画を見ると抑えるのに苦労しているようで、それが良いことなのかは微妙なところ。兄ブリージーストームと姉ララベルは何があっても動じないほどのドッシリした気性で、この馬は姉ショコラヴェリーヌのようにちょっと敏感な面はある。ここまで全くのノートラブルで育成が進み、4月中には荒山厩舎へ入厩することが発表された。この後もとにかく無事にと願うばかり。
Ke3a5980 Ke3a5990

◆ユーアンミー13(メス 父:ヴィクトワールピサ)
サンデーのJRA入厩馬。牝馬ながら2歳の春にして既に530キロもある超大型馬。それでいて脚元に何ら不安が出ることなく育成が進んでいるし、気性難を抱えていたお兄さんのウェスタールンドとは違い、この馬はおっとりとした気性なのも心強い。姉兄と同様、素晴らしく均整の取れたグッドルッキングホースで、額の星がハートマークに見えるのもチャームポイント。今後もしばらく乗られて、順調に行けばおそらく夏くらいの入厩になるのではとのこと。これだけパワフルな馬体なら、少なくともダートはこなしてくれそう。
Ke3a6007 Ke3a6034

◆マチカネセキガハラ13(牡 父:ヴァーミリアン)
サンデーの地方入厩馬。まだまだ寒い時期なのにピカピカの毛艶で、内臓がしっかりしているのが見て取れる。500キロの雄大な馬体で、トモの歩様も非常に力強いのが特徴。見学中、全く無駄な動作をせずにピシッと立っていて、落ち着いた気性をしているのも好印象。体の形がお父さんによく似ていて、少しでもお父さんの実績に近づいて欲しい。この馬もここまで全く順調な育成過程で、そう遠くない時期に、まずはホッカイドウ競馬でデビューを目指すことになりそう。
Ke3a6071 Ke3a6063

【次週出走予定】
◆3/14(土)中山3R 3歳未勝利…エリオットベイ(柴山)
◆3/14(土)阪神5R 3歳未勝利…ウェスタールンド(浜中)
◆3/14(土)中京7R 4歳上500万下…レッドセイリング(未定)
◆3/14(土)中山7R 3歳500万下…ストレンジクォーク(未定)
◆3/15(日)中京2R 3歳未勝利…ノーブルソニック(松田)
◆3/15(日)中京4R 障害未勝利…アイビーフォールド(金子)
◆3/15(日)中山6R 3歳500万下…グランシルク(戸崎)

| | コメント (6)

2015.03.01

3頭とも着外に終わる

◆2/28(土)小倉3R 3歳未勝利…×ルフナ(藤岡康)→8着
420キロの小柄な馬で、小倉まで輸送しても減らなかったのは好材料。キビキビとした歩様で状態は悪くないように見えた。あまり良いスタートではなく、押して何とか中団あたりに付ける。道中は馬群の中を進みつつ、3~4コーナーでは外に出して進出を図るも、かなり外を回った分、ジリジリとしか伸びず8着に終わった。時計面も物足りず、芝で勝ち上がれそうなイメージは湧かない。次走はダートを試して欲しい。

◆2/28(土)阪神5R 3歳未勝利…△プリモレガーロ(浜中)→6着
かなりのんびりとパドックを周回し、歩様に力強さは感じるけど全体的に気合いが足りない。ダッシュが鈍い感じで後方2番手に位置し、向正面で押して前へ行き、3コーナーを回る頃には2番手まで押し上げた。比較的落ち着いた流れになり、位置取りは良さそうに思えたが、2番手をキープしたまま直線に向き、ペースが上がったところで反応できずに後退し、バテてはいないものの伸びず6着となった。出遅れが響いた格好だけど、決め手に欠けてこの先も厳しそう。

◆3/01(日)中山8R 4歳上500万下…×レッドダニエル(デムーロ)→11着
去勢の効果で馬体は10キロ減ったけど、落ち着いてパドックを周回できていた。ゲートの中でガタ付きつつも、何とか互角にゲートを出て、押してハナを切った。半馬身ほどリードしつつちょうどいいペースでの逃げとなったものの、3コーナーに入ったあたりで早々と手応えが悪くなり、直線に向いてからは完全に一杯になって11着に終わった。去勢してもあまりレースぶりは変わらず、お母さんが活躍した短距離の方がいいのかも。
Ke3a5856 Ke3a5942

【次週出走予定】
なし

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »