« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015.02.28

積極的なレースで活路を

今週出走予定のレッドダニエルは後藤騎手が騎乗する予定だった。未勝利時代に熱心に調教をつけてくれてレースでも初勝利に導いてくれた後藤騎手に手戻りするので、不振脱出のキッカケをと期待していたのに、こんな悲しいことになるとは。。。出資馬に乗ってもらった時の成績も(5-3-0-1-1-6)と抜群に良く、積極的に乗ってくれる騎乗スタイルも大好きだっただけに、本当に残念。

◆2/28(土)小倉3R 3歳未勝利…×ルフナ(藤岡康)
芝1200mの新馬戦で3着後、1600mに距離を伸ばしたら良いところなく大敗した。今回はまた芝1200mに戻すけど、数少ない芝の短距離戦だけあってかなりメンバーレベルが強化されてしまい、ちょっとここでは厳しいか。お母さんも芝からダートに替えて好走したので、今回もスピード負けしそう。

◆2/28(土)阪神5R 3歳未勝利…△プリモレガーロ(浜中)
4着・3着と好走していて、ここも上位争いには加われる。お父さんがハービンジャーで、イメージ通りバテないけど切れ負けするタイプ。今週は阪神の開幕週で芝の状態が良さそうなことから、何とか早めに抜け出して一杯に粘り込むようなレースができないか。先行力があるので大崩れはしないはず。

◆3/01(日)中山8R 4歳上500万下…×レッドダニエル(デムーロ)
5ヶ月ぶりの出走となる。未勝利脱出後は気の悪さを見せて3戦連続で惨敗し、今回は去勢明けでどこまでレースぶりが改善されるかといったところ。ソコソコの先行力はあるし、メンバーを見渡してもハッキリとした逃げ馬が見当たらず、ここは前々でレースを進めたい。

| | コメント (2)

2015.02.27

見せ場を作れずに終わる

◆2/26(木)大井3R C3(四)(五)(六)…×エンドゾーン(的場)→11着
パドックの気配は不明。この馬にしては珍しくゲート入りを渋っていた。ほぼ揃ったスタートを切り、持ったまま中団でレースを進める。3コーナーに入る前から反応が悪いようで的場騎手の手が動くシーンもあり、徐々にポジションを悪くしながら3~4コーナーを回ると、直線の入り口ではほぼ最後方まで下がってしまい、そこからはバテた馬を交わした程度の11着に終わった。敗因はあるにせよ、最下級条件で内容が悪くなる一方ではどうしようもない。

◆2/27(金)大井3R 285万円以下…△ガーデンズキュー(笹川)→7着
マイナス10キロでも細くは見えず、むしろ絞れてちょうどいい体つきに見えた。ただ、チーク装着で視界が狭いのを嫌がってるのか、常にパドックでは横を向きながら歩いていたのは気になった。互角のスタートを切り、そこから馬の反応が鈍くてムチを入れてもなかなか進まず、向正面に入る頃には後方2番手に下がってしまった。馬群の外から徐々に進出はしたものの、反応が悪いのは変わらず、道中はずっと笹川騎手のムチが飛びっぱなしで、直線に向くと馬群の外からバテた馬を交わして7着となった。返し馬では気分良さそうに真っ直ぐ走っていたので、チークピーシーズが逆効果だったとも考えにくく、ちょっと敗因が分からない。時計が速すぎた面はある。
Ke3a5674 Ke3a5766
Ke3a5797 Ke3a5829

| | コメント (0)

2015.02.26

大外枠をどう克服?

◆2/26(木)大井3R C3(四)(五)(六)…×エンドゾーン(的場)
1200mなら常に1分15秒台後半走る馬。凡戦なら浮上して時計の速い決着になれば大敗する。今回は楽に15秒台を切れる馬が多く、仮に展開が向いたとしても苦戦必至。上位を狙うには、後方に控えつつ最内をロス無く回って、終いどこまで差を詰められるか、という競馬をするしかなく、いつかはハマる日が来るはず。

◆2/27(金)大井3R 285万円以下…△ガーデンズキュー(笹川)
実績・時計的に4頭での争いになりそう。もちろんこの馬も勝負圏内だけど、スタート直後にコーナーがある大井1400m戦で大外枠を引いてしまい、中途半端に控えるよりは、思いきって先行させるか後方に下げるかの極端な競馬をした方が良さそう。スタートの上手い笹川騎手に乗り替わったし、ここ2戦のレース内容を見ると追って味のあるタイプとも思えないので、ここは先行して粘り込むようなレースがいいのかも。自己条件でメドの立つ走りを期待したい。

| | コメント (0)

2015.02.25

ショコラヴェリーヌ引退

社台グループオーナーズの共有馬、ショコラヴェリーヌ(メス6歳:荒山厩舎)が、繁殖入りのため2/19(木)のレースを最後に引退することになった。

2歳8月の新馬戦を完勝して、その後も特別戦・重賞で3着を外したことがなく、クラシック戦線での活躍が期待された。ところが山元トレセンでバリバリ乗り込まれた反動で調子を崩し、3歳時は自己条件を1勝したのみで落胆しつつも、4歳になって短距離路線へ矛先を変えると強い内容で連勝して完全復活。5歳になってからはA2戦で優勝・重賞2着2回と好走し、5歳8月には韓国にも遠征する活躍ぶり(7着)。その韓国遠征時に、現地の飼い葉がひどい品質だったことと輸送減りで馬体がガレてしまい、走れる体に戻すことは困難で、ここが引き際と判断された。

重賞タイトルにもうあと一歩だけ及ばなかったのが残念だけど、2011年のグランダムジャパン2歳部門で1位となり、出資馬初の海外遠征まで経験するなど、本当にこの馬には楽しませてもらった。26戦全て現地で応援できたことも密かな自慢。現役期限いっぱいまで無事に走って繁殖入りできるケースは意外と少なく、本来であれば非常に喜ばしいことだけど、思い入れの強い馬なのでやはり引退は寂しい。ぜひいい仔を出して欲しいけど、乗り運動中に騎乗者を振り落とそうとする悪癖だけは遺伝しないことを祈りたい。

荒山先生、厩務員の江原さん、主戦の真島ジョッキー、本当にありがとうございました。

20100611_01 20110715_02

20110801_05 Bg2c6365

Bg2c5681 Ke3a5534

| | コメント (0)

2015.02.24

2頭ともシンガリ負け

◆2/21(土)京都8R 4歳上500万下…×キングオブタイム(熊沢)→16着
もともとパドックでは良く見える方だけど、中1週でも引き続き歩様に力強さがあり、なかなかの気配に見えた。外枠からポンと好スタートを切り、内の各馬を見ながら急かさず5番手に付ける。平均ペースで位置取りとしては良かったものの、馬群の外から3~4コーナーを回って直線に向くと、早くも手応えが悪くなってズルズル後退し、最下位の16着に終わった。どうせならハナを切って欲しかったけど、どう乗っても結果は変わらなかったように思える。先行力はあるので、地方交流戦を狙うのが良さそう。

◆2/22(日)京都2R 3歳未勝利…◎ファヴォリート(シュタルケ)→15着
中1週で馬体に増減はなし。ただ明らかに前走時の迫力はなく、トボトボとパドックを周回しているように見えた。ダッシュが付かず最後方からの競馬となり、この時点で既に反応の悪さを見せ、追走に一杯といった印象。そこからは鞍上が促しても全く進まず、4コーナーの地点では最後方でモガいてしまい、タイムオーバーのしんがり負けを喫した。仮にダート適性がゼロだったにせよ、あまりにも負けすぎで心配していたら、どうもトモを傷めていたのが原因だったよう。立て直しに時間がかかりそう。

【次週出走予定】
◆2/26(木)大井4R C3(四)(五)(六)…エンドゾーン(的場)
◆2/27(金)大井3R 285万円以下…ガーデンズキュー(真島)
◆2/28(土)小倉3R 3歳未勝利…ルフナ(藤岡康)
◆2/28(土)阪神5R 3歳未勝利…プリモレガーロ(未定)
◆3/01(日)中山8R 4歳上500万下…レッドダニエル(後藤)

| | コメント (0)

2015.02.21

ダート替わりで勝ち負け

放牧から帰厩する馬が増えてきて、3月中旬あたりからは出走数も多くなりそう。

◆2/21(土)京都8R 4歳上500万下…×キングオブタイム(熊沢)
1800mよりは1400mの方が競馬はしやすそうだけど、距離短縮で先行できるか疑問。新馬・未勝利で好走していた当時から追って味のあるタイプではなく、控えてもダメだろうから、外枠を生かして何が何でも先行させるしかなさそう。水曜の追い切りでもガツンと行って終いは大バテしてしまい、気性面でも不安が残る。

◆2/22(日)京都2R 3歳未勝利…◎ファヴォリート(シュタルケ)
芝でデビューして3着と好走した。もともとダートでの走りを期待されてた馬で、今回のダート替わりは間違いなくプラス。一度使われて中1週なら馬体も絞れるだろうし、先行馬がいないメンバー構成で、ここは積極的な競馬で初勝利を挙げておきたい。外枠を引ければ理想的。

| | コメント (0)

2015.02.20

完全燃焼 ショコラヴェリーヌ

ショコラ、理想的なレース展開に持ち込みつつも大敗し、ここが引き際。2歳8月から本当によく頑張ってくれた。

◆2/19(木)浦和11R 梅花賞…△ショコラヴェリーヌ(的場)→9着
31キロ増の520キロと、過去最高馬体重で太いくらいのはずなのに、トモのボリュームも今ひとつで腹回りも太い印象はなく、全体的に迫力不足。なにより目付きがすっかり優しくなっていた。レースでは、好スタートを決めて労せずスッと2番手に付ける。さほどペースは速くならず、ちょうどいい流れになった。向正面に入ったあたりから早くも的場騎手が追っ付け気味のアクションをしていて、向正面半ばでは早くも脚色が鈍って後退しはじめ、何とか直線に入るまではソコソコ頑張っていたものの、ゴール前は完全に脚が止まってしまい、2.8秒差の9着に敗れた。

いいダッシュを利かせて2番手に付け、この馬の形に持ち込めた時は入着くらいあるかもと期待したけれど、残念ながら見せ場はそこまでだった。もともと繁殖入りすることは決まっていたし、今回の馬の雰囲気やレース内容では素人目に見ても立て直しは困難で、ここがちょうど良い引き際。近日中に引退・繁殖入りが発表されることになりそう。ここまで大きな怪我なく、ほぼ現役期限一杯まで走ってくれたことに感謝するばかり。

Ke3a5319 Ke3a5440 Ke3a5472

Ke3a5534 Ke3a5573

| | コメント (0)

2015.02.18

適条件も状態一息

ララベル・ブリージーストームのお姉さんであるショコラヴェリーヌが半年ぶりに復帰する。規定の引退時期が迫っており、何とかもう一花咲かせるためにも、内容のあるレースを期待したい。

◆2/19(木)浦和11R 梅花賞…△ショコラヴェリーヌ(的場)
先行力があるし、道中で息を入れやすい浦和1400mは、この馬にとってベスト条件。上位人気が予想されるキョウエイロブストと比較しても時計ひとつ違うし、昨年の状態にあればここは圧倒的な本命になりそうな舞台。昨夏の韓国遠征で現地の水が合わずにかなり馬体が細化してしまい、半年経った今でも馬体重は戻っても、体つきや動きはまだまだとのことで、ここは勝ち負けまでは厳しそう。とはいえ、フルゲートにはならなかったし近走不振馬も多く、何とか入着くらいはできないものか。大外枠を引き、逃げ馬の外の2番手でレースを進める競馬が理想。

| | コメント (0)

2015.02.15

前へ行っては持ち味が削がれる

新たな戦法を試して伸びず+タイムオーバーの大惨敗と、今週は残念な結果に終わってしまった。

◆2/14(土)京都7R 4歳上500万下…×ルヴァンカー(四位)→8着
プラス8キロという数字以上に馬が大きく見え、歩様も力強くて好気配。揃ったスタートを決めてスッと先行して3番手に付ける。かなりスローな流れに落ち着き、丁度いい位置に思えた。4コーナーからペースが速くなると脚色が見劣りはじめ、直線に向いても外から来た馬に交わされて後退して8着に終わった。0.6秒差だし、この馬自身も34.0秒では上がっているけれど、さすがにスローの上がり勝負では分が悪く、ダートの方が良さそう。

◆2/14(土)小倉9R 4歳上500万下…×キープザサミット(黛)→15着
13ヶ月ぶりで数字上は10キロ増えていたけど太い印象はなく、馬体は悪くなかった。ただしパシュファイアー装着でチャカ付き気味にパドックを周回していたのは気になった。ゲートの中でガタガタして後方から。馬群の外に出して中団あたりで1コーナーに入った。砂を被らず丁度良い位置に思えたけど、向正面の半ばあたりで急激に手応えが悪くなり、3コーナーの入り口では後方2番手まで下がってしまい、そこからは離される一方で7.6秒差のシンガリ負けを喫した(タイムオーバー)。心房細動や鼻出血などのトラブルはなく、単純に早々とバテてしまっただけ。

両前脚の浮腫み(半月で解消)と左前脚血管の張り(1ヶ月ほどで解消)はあったけど、その程度の症状で丸1年も外厩に放置しつつ、ようやく厩舎に戻したらすぐに美浦から小倉へ移動させ、牝馬限定戦に出走させる予定が黛騎手が他の馬に騎乗するので牡馬混合戦に投票し、あげく向正面でバテるようなタイムオーバーを喫して、さらにレース後に3月開業の中舘厩舎へ転厩することになってと、馬のためにも会員のためにもならない酷い扱われ方には呆れるばかり。追分ファーム産が中心のクラブで、他の馬もこれといって活躍しておらず、早く退会したい。

◆2/15(日)京都11R 京都記念…◎ハープスター(川田)→5着
プラス14キロとこの馬にしては珍しく大きな増減で、遠征を前にして余裕残しといった雰囲気。パドックも、馬体は迫力があって踏み込みもなかなか良かったけど、ずっと厩務員さんに頼るような歩き方をしていて、全体的にはあまり感心しなかった。互角のスタートを決めて今回は抑えずに中団あたりに付ける。落ち着いた流れになって理想的な位置取りに思えたけど、終始外から被されて馬群の外に出せず、中団5番手のまま直線に向くと、相変わらず外に出せないので進路を内に取り、そこからは馬が内にモタれて矯正しながら懸命に追われるも、いつもの伸びが全く見られず5着に終わった。結果的には、今までの戦法である後方待機・大外強襲がいちばんこの馬に合っているようで、その点が分かったのは収穫だし、予定通りドバイへ遠征するようなので、一度使ったことで馬が良くなって欲しい。
Ke3a0116 Ke3a0335

【次週出走予定】
◆2/19(木)浦和11R 梅花賞…ショコラヴェリーヌ(本橋)
◆2/21(土)京都2R 3歳未勝利…ファヴォリート(未定)
◆2/21(土)京都8R 4歳上500万下…キングオブタイム(未定)
◆2/22(日)京都11R 洛陽S…スピリタス(北村友)

| | コメント (0)

2015.02.13

京都で2週連続重賞制覇を

157戦8勝の勝率5.1%と、個人的にものすごく相性の悪い京都競馬場でルージュバックが重賞制覇してくれたので、この勢いで京都で2週連続重賞制覇と行きたい。

◆2/14(土)京都7R 4歳上500万下…×ルヴァンカー(四位)
3ヶ月半ぶりの出走となる。4戦ぶりに芝を使われることになり、過去には一度だけ3着があるけどスローペースを先行して展開に恵まれただけだし、芝のスピード勝負でどこまでやれるか。とはいえ、デビュー戦を除けばいずれのデースでも先行はできていて、早めに抜け出して粘り込むようなレースができれば入着くらいならあるかもしれない。

◆2/14(土)小倉9R 4歳上500万下…×キープザサミット(黛)
特に悪いところはなかったけど調子がもう一つとのことで13ヶ月もレース間隔が開いてしまった。500万条件でも3着の実績はあり、スムーズに先行できればソコソコやれそう。モマれると弱いタイプなので、外枠を引けたのは好材料。本当は5レースの牝馬限定戦に出走するはずだったのに、普段調教を付けてくれている黛騎手が他の馬に乗るとのことで、出馬投票直前で牡馬混合戦に回ることになった。相手も強くなるし、小倉へ遠征する予定で飛行機の予約を取っていたところ、このレース変更で帰りのフライトに間に合わなくなるため、泣く泣くキャンセルしたので、何としても見所のあるレースを期待したい。

◆2/15(日)京都11R 京都記念…◎ハープスター(川田)
ドバイ遠征前の一叩となる一戦。今までの休み明けよりもはるかに順調に調整が進み、水曜日の追い切りでも非常にいい動きを見せ、ここが目標ではなくても十分動ける態勢が整った。確かにキズナは強敵だけど、ゴールドシップを完封した実績もあるし、ここまでの順調度も違うので、キッチリ結果を出しておきたい。馬場が渋ると減点が必要。

| | コメント (0)

2015.02.11

ララベルの見学に山元トレセンへ

ララベルが放牧されている山元トレセンにお邪魔してきました(3年ぶり)。
現在は15-15くらいを乗られているとのこと。スッキリとした体つきに見えるけど馬体重は520キロあり、ちょっと見ない間に背が高くなった印象で、今までは可愛らしい印象だったのが、だいぶ迫力が出てきた。実際に、前走の東京優駿2歳牝馬で勝利してからは、馬が自信を持ったようで、以前よりも我を出すようになったそう。あまりワガママになっても困るけど、気の強さはレースで必要な要素だし、普段は非常に扱いやすいままとのことで一安心。そう遠くなく荒山厩舎に帰厩予定で、3月25日に行われる南関東牝馬クラシック第1弾の桜花賞が非常に楽しみ。
Img_5189 Img_5237

昨日、東京2歳優駿牝馬を優勝した時の、クラブ公式クオカードが届いた。ゴール前写真・検量室前写真・口取り写真と成績表が入った台紙に、光沢仕上げのクオカードが封入された素晴らしい出来映え。ただ、共有オーナーからのトータル購入総数が意外と少なかったようで、1セットあたり1430円と想定よりお高くなってしまったのはご愛敬。横断幕のデザインを生かした、オリジナルのクオカードも制作してみた(デザインはプロに依頼)。
Img_1594 Img_1597

| | コメント (0)

2015.02.09

牝馬クラシックの大本命に

ルージュバックが、賞金面でのクラシック出走を確実にする重賞制覇を成し遂げた。桜花賞・オークスが本当に楽しみ。

◆2/7(土)小倉4R 3歳未勝利…○プリモレガーロ(松山)→3着
マイナス12キロでも細い印象は全く受けず、466キロという数字以上に馬体を大きく見せ、中1週のわりには気配は上々だった。揃ったスタートを切ってスッと先行させ2番手に付ける。ややスローな流れとなり理想的な位置取りで、特に動きがないまま3コーナーに入るとペースが上がり、4コーナーでは外から併せてきた馬と一緒に先頭に並びかけると、直線では残り200mまでは何とか踏ん張っていたものの、さらに外から来た馬に交わされて3着となった。

◆2/7(土)京都5R 3歳未勝利…▲レーヌドブリエ(菱田)→6着
パドックに入ってきた当初はチャカ付き気味。もともと400キロちょっとの小さな馬なのにマイナス12キロはさすがに減りすぎ。とはいえガレた感じはせず、踏み込みも力強くてまぁまぁ悪くない気配。飛び上がるようなスタートで最後方から。終始外から被される形で向正面を進み、3コーナーで一旦下げて外に出そうとしたら、必要以上にブレーキがかかって離れた最後方になってしまい、4コーナーあたりから懸命に追って差を詰めるも6着に終わった。いい脚は使っているけれど、未勝利戦で最後方から差し切れるような展開にはならない。

◆2/8(日)京都6R 3歳新馬…△ファヴォリート(シュタルケ)→3着
524キロという数字以上に大きく見せ、まだ絞れる体つき。でも歩様に柔らかさがあって力は出せる状態に見えた。好スタートを決めてジンワリと前へ行き4番手に付ける。スローな流れとなり、馬群の外に位置して4番手をキープしたまま3コーナーに入り、4コーナーでペースが上がったところで追われ始めると、前との差はなかなか詰まらずむしろ離されてしまい、ゴール直前で何とか逃げ馬は捕まえて3着となった。なかなか悪くないレース内容だったけど、芝よりはダートの方が良さそう。
20150208_01 20150208_02

◆2/8(日)小倉9R 4歳上500万下…×キングオブタイム(☆中井)→10着
落ち着いてパドックを周回し、いつも通りトモの踏み込みは力強かったけど、肩の出が悪いのは気になった。最内枠から好スタートを決め、押してハナに立つ。外から競ってきた馬がいたので3~4馬身ほどリードを取って向正面を進み、3コーナーに入ってからマクって進出した馬に交わされてしまい、直線に入ると余力がなく10着に終わった。結果的には早々とつぶされてしまったけど、この馬の形に持ち込むような積極的な競馬はできたし仕方ない。

◆2/8(日)京都11R きさらぎ賞…◎ルージュバック(戸崎)→1着
競馬場で実馬を見るのは初めて。スラッと均整の取れた馬体で、特に無駄な動作をせずに落ち着いてパドックを周回していた。揃ったスタートを決め、少し抑え加減で馬群の内に入れて3番手に付ける。特に隊列は変わらないまま向正面を進み、3コーナーの下りでは動かず、直線の入り口に入ってから追われはじめると、いったん外からポルトドートウィユに並び掛けられ、そこからムチが入るとグンと伸びて2馬身突き放し、3連勝で重賞初勝利を挙げた。休み明けで関西までの輸送と不利な条件ながらも、強い牡馬相手に上がり最速で2馬身差の完勝と、全くケチの付けようがないレース内容だった。この後は桜花賞を目指すとのことで、無事にレースを迎えられるように祈るのみ。
Bg2c6566 Bg2c6691

【次週出走予定】
◆2/14(土)小倉5R 4歳上500万下…キープザサミット(黛)
◆2/14(土)京都7R 4歳上500万下…ルヴァンカー(未定)
◆2/15(日)京都11R 京都記念…ハープスター(川田)

| | コメント (0)

2015.02.07

ハープスターを超え得る逸材

調教映像を見るだけでウットリしてしまうほどの大器ルージュバックがいよいよ重賞に挑戦する。ここが目標のレースではないし、強力なメンバーが揃ったけど、クラシック出走を確実にするためにも2着には入っておきたい。

◆2/7(土)小倉4R 3歳未勝利…○プリモレガーロ(松山)
前走は超スローペースの上がり勝負になってしまって切れ負けした。小倉1800m戦なら各馬とも仕掛けが早くなって多少は上がりがかかりそうだし、2走目の上積みもあるはず。前走入着馬が4頭しかおらず、ここは上位候補。前走と同様スムーズに先行させたいけど、また大外枠を引いてしまい、1コーナーまでに良いポジションを取れるかがカギになる。

◆2/7(土)京都5R 3歳未勝利…▲レーヌドブリエ(菱田)
前走は「重」という発表以上に力の要る馬場に切れ味を削がれてしまい7着に敗れた。良馬場なら確実にいい脚を使えるし、幸いにして土曜日は良馬場でレースを迎えられそうで、ここは好勝負に持ち込める。過去3走ともスタートで出遅れているので、互角のスタートを決めて中団のやや後ろあたりで競馬が出来れば勝ち負けになりそう。

◆2/8(日)京都6R 3歳新馬…△ファヴォリート(シュタルケ)
ノド鳴りの手術や輸送での熱発があってデビューが少し遅れてしまった。1月に栗東トレセンへ入厩してからは順調で、ゲート試験もすぐに合格して調教での動きも上々。ネオユニヴァース産駒だけにダートの方がいいかもしれないけど、スローの上がり勝負にならなければ上位争いに加われるのでは。かなりの大型馬で、馬場が渋るとプラスに。

◆2/8(日)小倉9R 4歳上500万下…×キングオブタイム(☆中井)
トモを鍛えるために障害練習を始めたはずが、障害試験を受けてみたら気の悪さを見せて途中で中止し、とりあえず平地のレースを使ってみるという、なんともチグハグな臨戦過程。まぁまぁ調教の動きは悪くなく、とはいえダート1800m戦では、掛かってバテるか馬群でモマれてレースを止めてしまうかというレースぶりで、1700mではとても強気になれない。

◆2/8(日)京都11R きさらぎ賞…◎ルージュバック(戸崎)
期待の2戦2勝馬が重賞に挑戦する。過去2戦とも直線で少し気合いを入れただけで次元の違う切れ味を見せてくれ、水曜日の追い切りでも全身を綺麗に使った素晴らしいフットワークで駆け、競馬ブックの調教評価も滅多に見ない「↑」になっていた。過去2戦のレース内容や調教の動きからすると、かなりの素質馬が揃った今回も文句なしに主役を張れるはずだけど、この馬に関してはとにかく怪我なくレースに出走できれば、いずれ結果は付いてくる。スローの上がり勝負になるよりも、好スタートを決めて抑えが利かずハナを切らされる展開になる方が怖い。

| | コメント (0)

2015.02.06

闘魂注入も効果なし

◆2/5(木)大井4R C3(四)(五)(六)…△エンドゾーン(的場)→10着
吉原騎手が病気のため的場文男騎手に乗り替わり。珍しく自分からグイグイと厩務員さんを引っ張るようにパドックを周回し、今まで見た中では一番走る気に満ちていた。ただし相変わらず歩様が硬くて歩幅も小さいのは気になった。揃ったスタートを決めて労せず先行し、5番手に位置する。前が狭くなって引っ張るシーンも2度あり、3コーナーの入り口では馬群の外めに出された。4コーナーでは外からいい手応えで前との差を詰め、直線の伸びに期待したものの、追われても反応がなくむしろ脚色が鈍って後退し、10着に終わった。400キロソコソコの小柄な馬なので、的場騎手に闘魂注入されても動けなかった。やはり先行させると終いが鈍るし、この馬にとっては時計も速かった。
Img_5080 Img_5163

| | コメント (0)

2015.02.04

セコい競馬で活路を

◆2/5(木)大井4R C3(四)(五)(六)…△エンドゾーン(吉原)
前走は後方に控えて直線だけで差を詰めて7着と、悪くないレース内容だった。今回は内めの4番枠を引けたし、前走よりも楽なメンバー構成になり、1400mも2戦目で前進が見込める。この馬は常に一定の時計で走れるタイプで、凡戦になれば浮上するけど時計が速くなれば凡走し、ちょっとアテにしづらい。残念ながら自分で動いて勝てるほどの実力はなく、今回もラチ沿いの経済コースをとって徹底的に控え、直線だけで追い込むセコい競馬をして欲しい。間違っても外を回してはダメ。

| | コメント (2)

2015.02.02

3頭とも入着止まり

今週は3頭とも入着したけど勝利には至らず。次週は今年のクラシック候補が出走予定で楽しみ。

◆1/31(土)東京3R 3歳新馬…△ゼロレボルシオン(内田博)→3着
太くなくキッチリと仕上げられ、パドックでもなかなかの気合い乗りで全体的には良く見えた。揃ったスタートを決め、押して先行させ4番手に付ける。2番手の馬の直後に位置し、ほぼ隊列が変わらないまま3~4コーナーを回った。直線に向いてもなかなか前が開かず、残り300mくらいからようやく進路が開いて追い出されると、ジリジリと伸びて3着となった。不良馬場の割にはかなり遅い時計の決着になったけど、モマれても渋太く伸びてきたし、内容は決して悪くない。経験を積めばそのうちチャンスが回ってきそう。

◆2/01(日)京都5R 3歳新馬…△ブライアローズ(シュタルケ)→5着
2人牽き。やや気負い気味にパドックを周回し、歩様もチョコチョコした感じであまり感心せず。ほぼ揃ったスタートを決め、内沿いの4番手を進める。1コーナーから向正面まではかなりスローな流れとなり、ピタッと折り合ったまま4番手をキープした。4コーナーに差し掛かってから一気にペースが早くなると、懸命に鞍上に追われても脚色が見劣り、直線で馬群の外に出しても差は詰められず5着となった。切れ味勝負で負けたというよりは、やはり牡馬を相手に2000mというのはちょっと距離が長い印象。

◆2/01(日)京都12R 4歳上1000万下…▲グレンガイル(四位)→5着
昨年末からコンスタントに使われても、引き続き力強い歩様をしていて状態は良さそうだった。この日も飛び上がるようにゲートを出てダッシュも付かず最後方から。馬群の外に出して持ったままポジションを押し上げ、向正面では3番手まで進出した。3コーナーでは2番手まで上がり、早めに仕掛けて直線の入り口では逃げ馬に並び掛けたものの、さすがに息を入れるところがなかったせいか直線での伸びはもう一つで5着に終わった。勝ちに行く競馬をしての結果だし、こういう厳しいレースの経験を積めば実力が付いてくるはず。

【次週出走予定】
◆2/5(木)大井4R C3(四)(五)(六)…エンドゾーン(未定)
◆2/7(土)小倉4R 3歳未勝利…プリモレガーロ(未定)
◆2/7(土)京都5R 3歳未勝利…レーヌドブリエ(菱田)
◆2/8(日)京都6R 3歳新馬…ファヴォリート(シュタルケ)
◆2/8(日)京都11R きさらぎ賞…ルージュバック(戸崎)

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »