« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014.12.31

今後の成長に期待の7着

ガーデンズキュー、残念ながら上位入線はならず。でも見所のあるレース内容だったし、今後の成長に期待したい。

◆12/30(火)大井9R たんちょう特別…▲ガーデンズキュー(真島)→7着
プラス12キロと増えていても太い印象は全く受けず、むしろちょうどいい体つき。ただ、チャカついたり厩務員さんに頼るように歩いて、デビュー戦よりも落ち着きを欠いていたのは気になった。出遅れて後方からの競馬に。逃げ馬がぶっ飛ばし、速い流れで縦長の展開となり、向正面の時点からジョッキーも追っ付け気味。3~4コーナーでもなかなか前との差は詰められず後方のままで、直線に向いて馬群の内に入れると、最後まで諦めずにジリジリとは差を詰めて7着となった。相当なハイペースで底力の問われる流れになり、この7着は現時点での実力。でも手強いメンバー構成だったし、砂を被って泥だらけになりながらも差は詰めているので、この厳しい経験が今後に生きてくるはず。
Bg2c4672 Bg2c4699 Bg2c4725

| | コメント (0)

2014.12.30

レース選択の幅が広がる3連勝!

ブリージーストームが好内容で3連勝を飾ってくれた。これで荒山厩舎所属の共有馬は4連勝中。ガーデンズキューとララベルも続きたい。

◆12/29(月)大井12R イヤーエンド賞…◎ブリージーストーム(森泰斗)→1着
相変わらず見栄えのする好馬体で毛艶も良好。前走以上の気配に見えた。ほぼ揃ったスタートから押して2番手に位置し、外から来た馬を先に行かせて1コーナーは4~5番手で入った。ここで先頭から3列目に控えたのは森騎手さすがの好判断で、この時点で勝ちを確信。比較的速い流れになり、向正面でも外めの4番手をキープし、3~4コーナーでは持ったまま外から先頭に並びかけ、外回りの長い直線でもギリギリまで追い出しを我慢して、残り200m地点からようやく追い出されると、外から差してくる馬はおらず、逆にいつでも交わせそうだった内側の先行馬の粘り込みに手こずり、ゴール前でようやく頭差交わして3連勝を飾った。

1800mのレースで勝てたのは自信になるし、少し長めの距離の方が賞金が高いレースが多く、今後のレース選択の幅が大きく広がった。3歳馬ながら古馬混合のB3・B2・B1で3連勝とは大したもので、来年は是非また重賞に挑戦させてみたい。ますます状態が上がってるのに、次開催の大井競馬に適鞍がないのが悩みどころ。荒山先生、森騎手、ありがとうございました!
Bg2c4391 Bg2c4417

| | コメント (0)

2014.12.29

2歳最優秀牝馬のタイトルは譲れない

非常に力の入るレースが年末の大井開催で3日間続く。特にララベルはビッグタイトルを獲得する大チャンス。

◆12/29(月)大井12R イヤーエンド賞…◎ブリージーストーム(森泰斗)
1600m以下のレースなら「4-4-2-0」と3着を外したことがないのに対し、1700m以上では「1-0-0-4」と着順が悪化する。とはいえ重賞の黒潮盃こそ6着に敗れたものの、その他はいずれも掲示板を確保していて、常にそれなりの格好は付けられている。5月以来コンスタントに使われていても、今回更に状態は良くなっているようだし、大型馬なので少し時計のかかるこの時期の馬場は向いているはずで、3連勝への期待が高まる。スタートからしっかり押して行くと最後まで気を抜かずに走れる馬だから、ヘタにスローペースの決め手勝負になるよりは、いっそハナを切っても面白いかもしれない。

◆12/30(火)大井9R たんちょう特別…▲ガーデンズキュー(真島)
休ませたことでだいぶ馬がしっかりしてきたようだし、調整過程でも前走のような不安はないとのことで、状態面は確実に前走以上。ただ、ルックスザットキルやステラルーチェなど、スピード馬が多くてレベルの高いメンバー構成になり、2戦目でこのメンバーに通用するかどうか。ただ、大井の1400mはスピードだけでは押し切れないコースで、距離に不安がある馬も多く、大井の1400mの持ちタイムはガーデンズキューが唯一30秒を切っており、通用する余地は十分ある。速い馬が内枠に入ったので、展開面がどうなるか。ハイペースになって底力が問われる展開になれば連勝の期待もできる。来年の牝馬クラシック路線で、ララベルのライバルになりたい。

◆12/31(水)大井10R 東京2歳優駿牝馬…◎ララベル(真島)
いよいよ大一番を迎える。前走は、狭いところを通ったり直線で馬体をぶつけられながらも、素晴らしい勝負根性を見せて重賞を制覇した。2歳牝馬であれだけのレースができる馬は見たことがなく、2着に敗れた2走前にしても一旦は決定的な差を付けられながら最後盛り返す脚を見せ、少々の不利があってもそれを撥ねのける精神力があるのが心強い。もともと非常に大人しい馬で、レース中に折り合いを欠くようなこともなく、大外枠もモマれる心配が減る分、かえって有利に働くはず。中間の調整も、今までよりはるかに順調に進んだ。前走後もこれといった新興勢力は現れず、この馬のレースができればビッグタイトルを手中にできる。グランダムジャパンの2歳部門は事実上ジュエルクイーンで確定するけど、NARグランプリの2歳最優秀牝馬のタイトルは誰にも渡さない。

| | コメント (2)

2014.12.28

好内容で連勝して今年25勝目に

ここのところ勝ちきれないレースが続いていたJRAの出資馬も、最後の最後で連勝を飾ってくれ、今年通算で25勝となった。

◆12/27(土)中山2R 2歳未勝利…▲エリオットベイ(柴山)→3着
落ち着きつつも力強い歩様でパドックを周回し、気配は上々だった。ソロッとゲートと出てしまい、その直後に両サイドから挟まれて後方3番手に。向正面に入って馬群の外に出すと少し掛かり気味に進出して、持ったまま大外を回しつつ直線の入り口で先頭に並びかけ追い出すと、さすがにかなり長く脚を使ったのでこれといった伸び脚は見られず、それでもバテずによく踏ん張って3着となった。ゲートがもう少しマトモならと思わせる走りで、もちろんダートも全く問題ないし、初勝利は近い。

◆12/27(土)阪神12R 3歳上1000万下…△アメリ(川田)→10着
いつも通りチャカつきながらパドックを周回していた。でもイレ込んでるわけでなく、馬場入りの時も暴れることなくいつもよりスムーズだった。好スタートを決めてもったままスッと先行し、5番手あたりに付ける。3コーナーの入り口あたりから口を割るようなシーンが続き、4コーナーでようやく落ち着きつつ、直線に入って追い出されるとなかなか進路を見出せず、伸びずバテずの10着に終わった。さすがにここ2年近くダートだけ走っていた馬なので、上がり33秒台のレースになってしまっては厳しい。でもスタート後にいいポジションを取れたし、10着とはいえ0.6秒差と大敗しているわけではなく、芝のレースぶりも決して悪いとは思わない。
Bg2c3579 Bg2c3630

◆12/28(日)中山3R 2歳未勝利…△ストレンジクォーク(岩田)→1着
中1週でも馬体に増減がなくて張りも上々。余計な動作をせずグッと集中してパドックを周回していた。この日もあまり良いスタートではなく、抑えて後方に控える。今日も馬群の中に入れ、3コーナー入り口でもまだ後方5番手あたりに位置していたものの、3~4コーナーでは馬群がバラけたところをスルスルと進められ、直線の入り口あたりではスッとスムーズに馬群の外に出せ、そこからは一気の脚を見せて先頭に立つと、後続に3馬身半差を付ける快勝劇で初勝利を挙げた。全体的なレベルはかなり高い1戦だったのに、1頭だけ次元の違う脚を見せてくれたし、同じ舞台のホープフルSで2着相当の時計で勝っていて、今後も楽しみになった。中山開催があるうちに2勝目を挙げたい。

◆12/28(日)阪神6R 3歳上500万下…△グレンガイル(四位)→1着
プラス8キロと増えていても成長分で仕上がりは上々。歩様も力強くて、前走あたりから完全に馬が変わった印象。ゲート内でごそごそしていたもののスタートのタイミングは合い、押して5番手のポジションを取りに行った。前の2頭が大きく離して逃げる形になり、持ったまま3~4コーナーの中間で馬群の外から先頭に並びかけ、直線に入って抜け出すと、後続に差を詰めさせない力強い脚色で2馬身半差リードして連勝を飾った。ちょっとまだスタートに課題はあるものの、早めに動いて脚色が衰えずに粘り込むような強いレース内容で、この内容なら1000万条件に昇級しても十分楽しみはありそう。

◆12/28(日)大井3R 3歳190万円以下…△エンドゾーン(吉原)→6着
小柄な馬なのでプラス4キロと少しでも増えたのは好材料。ただ、1開催空けても相変わらず歩様に硬さが残るし、返し馬でも体全体を使えずに立ち姿のまま手先だけで走っている印象で、あまり変わった印象は受けなかった。揃ったスタートを決め、行かせずに持ったまま控えて6番手あたりに付ける。同じ隊列のままレースが進み、4コーナーで馬群の外から追い始めると、直線に向いても伸びてくる脚色ではなく、そのままの順位をキープしたまま6着に終わった。一応、今回も自分の持ち時計だけは走っているし、凡戦になって浮上するのを待つしかなさそうだけど、もっと体全体を使った走りにならないと厳しい。
Bg2c4002 Bg2c4023

【次週出走予定】
◆12/29(月)大井12R イヤーエンド賞…ブリージーストーム(森泰斗)
◆12/30(火)大井9R たんちょう特別…ガーデンズキュー(真島)
◆12/31(水)大井10R 東京2歳優駿牝馬…ララベル(真島)

| | コメント (0)

2014.12.26

有馬記念を見ずに大井競馬場へ

今週が最後の開催となるJRA勢は4頭が出走し、いずれも上位争いは可能だろうけど勝ち切るまでは微妙なところ。ちょうど有馬記念がスタートするくらいの時間にエンドゾーンが出走するので、日曜日は有馬記念には目もくれず中山3Rの後に大井へ移動する。

◆12/27(土)中山2R 2歳未勝利…▲エリオットベイ(柴山)
前走のデビュー戦は、スタートで後手を踏んで直線でも前が開かず、それでも一応の格好は付けた。間違いなくダートの方が合う血統だし、ネオユニヴァース産駒が得意としている中山コースに替わり、ここは前進が見込める。とはいえ初ダートで砂を被って嫌気をささないかは心配で、道中もスムーズな競馬ができるかどうかがカギになる。実力的にはここでアッサリ勝っても不思議はない。

◆12/27(土)阪神12R 3歳上1000万下…△アメリ(川田)
未勝利クラスの時以来、15戦ぶりに芝のレースへの出走となる。当時は後方からいい脚で上位まで差してきて、むしろ芝向きではと思わせる走りを見せていたけど、ここ最近はスタート地点の芝でダッシュが利かないことが多く、不安の方が先に立つ。とはいえ勝ちきれないレースが続いていて新たな条件にチャレンジするのは歓迎だし、1600mという距離もレースでは気の悪さを見せなくなった今なら、かえって向いているのかも。あまり人気はなさそうだけど、ここで好走できれば出走できる条件が広がるので、内容のあるレースを期待したい。

◆12/28(日)中山3R 2歳未勝利…△ストレンジクォーク(岩田)
前走は折り合いを重視するために馬群に入れたところ、勝負所で身動きが取れずに5着となった。スムーズならもう少し上位に来ていたはずだし、中1週ながら引き続き調教の内容も良く、前進は可能な状態にある。ただ、年末開催のせいか18頭中16頭が前走入着馬というかなりハイレベルなメンバー構成になってしまい、あまり強気にはなれない。馬群を割るのが上手い岩田騎手の手腕にも期待したい。

◆12/28(日)阪神6R 3歳上500万下…△グレンガイル(四位)
見せ場のないレースを続けていたのが、スーパー未勝利でアッと驚く快勝劇を見せてくれた。その後一息入れての復帰戦となる。2走前にマクるレースをしてから、ようやっと馬もレースの仕方が分かったようで、今回の追い切りでも非常にいい動きを見せていて、3ヶ月ぶり+昇級初戦でも通用しそうな雰囲気。前走大敗馬も多くてメンバーにも比較的恵まれた。ただ、スタートが悪い馬で、仕掛け所は難しい。

◆12/28(日)大井3R 3歳190万円以下…△エンドゾーン(吉原)
ここで1着にならない限りは、年明けから最下級条件のC3クラスに格付けされる。1開催空けて馬体はフックラとしているようだけど、追い切りでは久々に一杯に追われたものの今ひとつの動きだったようで、あまり変わってきた感じはしない。ただ、金沢の名手である吉原騎手に乗ってもらえ、時計的には通用しそうなメンバー構成で、展開の助けがあれば上位に食い込めるかも。2着に入った3走前のような差す競馬をして欲しい。

| | コメント (2)

2014.12.21

古豪スピリタス激走

今週も残念ながら勝てず。でも古豪スピリタスが素晴らしいレースを見せてくれ、溜飲が下がった。

◆12/20(土)中京5R 2歳新馬…○ノーブルソニック(川田)→8着
480キロと牝馬にしては大柄でも、太め感はなく馬体はできていた。ただまだ力強さに欠ける歩様で全体的に成長途上といった印象。ほぼ揃ったスタートから、行かせずに控える形。砂を被ってからは行きっぷりが悪くなり、1コーナーで外から他馬に寄られて立ち上がる不利があり後方に下がってしまう。3コーナーでペースが落ちたところで馬群の外から押し上げたものの、直線の入り口では完全に脚色が一杯になり、大差の8着に終わった。1コーナーに入る前から追走に一杯になっていたし、仮に不利がなかったとしてもせいぜい掲示板くらいだったかも。マトモにぶつけられていて、精神的なダメージを受けていないことを祈るのみ。

◆12/21(日)中京6R 2歳未勝利…◎レーヌドブリエ(藤岡康)→7着
中1週でも馬体が減らなかったし、キビキビとした歩様で好状態をキープしていた。少しスタートで遅れたものの、過去2走にくらべればかなりマシな方。向正面では行きたがるのをなだめながら10番手あたりを追走した。押さえたまま3~4コーナーを回り、直線では馬群の外に出していい勢いで伸びかけたものの、坂を苦にして残り200mからは完全に脚色が鈍ってしまい7着に終わった。懸念していた通り道悪が応えた感じで、距離も1400mよりは1600mの方が走りやすそう。

◆12/21(土)中山11R ディセンバーS…×スピリタス(丸田)→2着
もともとパドックでの気配は良く見える方だけど、今日はイラつく面が全くなく、走る気満々のキビキビとした歩様で文句なしの状態。返し馬でも体全体を使った大きなストライドで駆けていて、この時点で好走を確信したくらい。揃ったスタートから持ったままジンワリと下げて後方3番手から。序盤は比較的速い流れになり、道中は動かず控えたままで後方2番手に位置する。3コーナーで馬群がグッと凝縮されたところで進出を開始し、直線で外に出してからはいい脚を使って差を詰め、先に抜け出した勝ち馬を交わしそうな勢いはなかったものの、2番手争いは完全に制して2着となった。

ここのところ好走できていなかったし、今日が通算50戦目の区切りのレースで、さらに明けて10歳になるので、今回が引退レースになるかと思って中山競馬場へ行ったものの、まだまだ十分やれるところを見せてくれ、頭が下がるばかり。先日、7歳下の妹ピンクブーケが強い競馬で新馬勝ちしたかと思いきや、カフェイン騒ぎで失格になってしまう不運な出来事があり、お兄さんが全く同じコースでビシッと実力のあるところを見せてくれた格好。これで通算獲得賞金も2億1千万を超えた。前が止まるような流れになればまだ上位争いはできそうだし、中山コースも合っている。
20141221_01 20141221_02

【次週出走予定】
◆12/27(土)中山2R 2歳未勝利…エリオットベイ(柴山)
◆12/27(土)中山8R 3歳上1000万下…アナザーバージョン(未定)
◆12/27(土)阪神12R 3歳上1000万下…アメリ(川田)
◆12/28(日)阪神6R 3歳上500万下…グレンガイル(四位)
◆12/28(日)大井3R 3歳190万円以下…エンドゾーン(笹川)

| | コメント (0)

2014.12.20

スタートが互角なら好勝負

ここのところ好走はできても勝ちきれないレースが続いているので、今週はスッキリと勝ち上がりたい。

◆12/20(土)中京5R 2歳新馬…○ノーブルソニック(川田)
9頭立てと意外な少頭数になった。フレンチデピュティの肌に父がネオユニヴァースとダート向きの血統で、ここまで特にトラブルもなくデビューを迎えられ、今週の追い切りでも余力十分の動きを見せ、初戦から力を出せそうな気配。牝馬ながら500キロ前後の馬格があり、ダート戦でもパワー負けする心配はなさそう。ゲートさえ互角なら勝ち負けできるはず。

◆12/21(日)中京6R 2歳未勝利…◎レーヌドブリエ(藤岡康)
ここ2戦、後方から素晴らしい追い上げを見せながらも勝ちきれないレースが続いている。前走もかなり出遅れながら僅差の3着で、もう少しゲートがマトモならといった印象だった。中1週でも特に状態は変わりないようで、実力的にはここも十分勝ち負けになる。ただしこちらは410キロ台の小柄な馬で、馬場が渋るようだと切れ味が削がれて大幅に減点が必要。

◆12/21(土)中山11R ディセンバーS…×スピリタス(丸田)
メンバー的には阪神のリゲルSに回った方が楽だったけど、コーナーを4回あるこちらの方がレースはしやすそう。もう年が明けると10歳になり、今年は2着が1回あるものの、直線で伸びあぐねるレースが目立ち、さすがに力の衰えを感じる。距離が長すぎた2走前、超スローに泣いた前走に比べると前進できる余地はあるけれど、もともと冬場も良くないタイプで、ここも苦戦必至。

| | コメント (0)

2014.12.14

人気ほどは走れず好走止まり

今週も好走はできたものの勝ち上がるまでには至らず。

◆12/13(土)中山4R 2歳未勝利…△ストレンジクォーク(ブノワ)→5着
歩様に硬さもなくキビキビとパドックを周回し、状態は良さそうに見えた。やや立ち後れ気味のスタートを切り、二の脚は速くて5番手あたりで1コーナーに入った。ちょっと掛かり気味だったせいか馬群の中に入れ、終始5番手に位置したままレースが進んだ。4コーナーから直線に向いたあたりでは進路がなくて全く終えず、残り100mでようやく外に出したらいい脚で差を詰めて5着となった。スムーズな競馬ができていれば、という脚色だったし、この分なら勝ち上がりは近い。
Img_4681

◆12/13(土)阪神5R 2歳新馬…△ルフナ(浜中)→3着
422キロと小柄な馬体でも、バランスが取れて力強い歩様をしていた。完全に立ち後れてしまい後方3番手から。そのまま後方に控える形で4コーナーから徐々に追われはじめ、直線に向くと馬群の外から一瞬伸びかけたものの、先頭を脅かすほどの脚色はなく3着に終わった。この日のメンバーなら勝っておきたかったけど、もっと距離があっても良さそうだし、お母さんのように常に善戦してくれるタイプになりそう。

◆12/14(日)中山4R 2歳未勝利…◎グランシルク(戸崎)→3着
クビをグッと下げたままパドックを周回し、前走のようにオドオドすることもなく好気配。揃ったスタートからスッと持ったまま先団に取り付き6~7番手の外に付ける。3コーナーでは持ったままポジションを押し上げて3番手あたりまで上がったものの、4コーナーの勝負所で外の馬に被されてしまい、直線に向いて追われても盛り返す脚は残っておらず、ゴール直前も外から来た馬に交わされて3着となった。今日は目標にされた分の負けで、次走に改めて期待。
Bg2c3024 Bg2c3112

◆12/14(日)中山6R 2歳新馬…△ムーンセイル(後藤)→7着
スラッと背の高い馬で、踏み込みが深くて見栄えはしたけど、厩務員さんに引っ張られるようにのんびりとパドックを周回し、気合い不足に見えた。ほぼ互角にゲートを出て、控える形で7~8番手あたりに位置する。道中はかなり緩い流れに落ち着いたものの、道中は動かずに7番手のまま。3コーナーでペースが上がると、馬群の外を回って一瞬伸びかけたものの、直線に入ると周りと同じ脚色になり、7番手のままゴールした。着順ほど負けておらず、レース内容もソコソコ見所はあったので、一度使われたことで馬に走る気が出てくれば。
Bg2c3212 Bg2c3335

【次週出走予定】
◆12/20(土)中京5R 2歳新馬…ノーブルソニック(川田)
◆12/20(土)阪神11R リゲルS…スピリタス(未定)
◆12/21(日)中京6R 2歳未勝利…レーヌドブリエ(未定)

| | コメント (0)

2014.12.12

現2歳馬2頭目の勝ち上がりを

今週は2歳馬4頭が出走する。現2歳馬は、常に好走してくれるものの、JRAで勝ったのはルージュバック1頭だけ。もう芝のレースが少なくなるし、キッチリとチャンスをものにしておきたい。

◆12/13(土)中山4R 2歳未勝利…△ストレンジクォーク(ブノワ)
想定以上に状態が良いらしく、予定を早めて今週出走することになった。前走は出遅れて後方からマクり気味に進出し、直線入り口では先頭に並び掛けつつも6着と、着順以上の好内容だった。メイショウサムソン産駒で、切れ味勝負よりは持久力勝負の方がプラスのはずで、新潟よりは中山の方が向いている。スタートがマトモなら前走以上に走れる。掛かる心配もあるので真ん中より内の枠を引きたい。

◆12/13(土)阪神5R 2歳新馬…△ルフナ(浜中)
かつての出資馬ティフィンの仔。6月に一度入厩したものの、ゲート内でひっくり返る悪癖があり、一度放牧してゲート試験を受けるなどしてここまで遅くなった。10月に再入厩してすぐにゲート試験は全く問題なく合格し、追い切りでも水準以上の動きを見せていたようで、期待しても良さそうな気配。でも本来は2週前にデビュー予定だったのが熱発でここまで伸びたし、お母さんは勝ち味に遅いタイプで初勝利まで9戦を要しており、新馬勝ちできるかとなると微妙かも。

◆12/14(日)中山4R 2歳未勝利…◎グランシルク(戸崎)
前走のデビュー戦はいい雰囲気で直線に向き、坂下でモタついて終い差を詰めたものの2着だった。レース後も順調で上積みはあるはずだし、16頭フルゲートになったわりには前走入着馬が他に2頭しかおらず、ここはメンバー的にもチャンス大。その前走を見ると坂を苦にする可能性がある点は不安材料。ステイゴールド産駒にしては落ち着いていて、道中の折り合いに不安のないタイプ。こちらも真ん中より内の枠を引きたい。

◆12/14(日)中山6R 2歳新馬…△ムーンセイル(後藤)
キャロットクラブの現2歳世代で最優先申し込みした馬。7月に一度入厩してゲート試験に合格したものの、トモの緩さが解消せずここまで待った。まだシャキッとした動きにはなっていないようだし、ここまでの追い切りの時計も一杯に追われながら上がりを要していて、まだ成長途上といった印象。でも鞍上が後藤騎手なので、早め早めに動いていいポジションをキープしながらの競馬になるだろうし、ゲートは全く問題ない馬なので、十分上位争いには加われるはず。まずはメドの立つ競馬をして欲しい。

| | コメント (0)

2014.12.09

またしても2着に敗れる

ウェスタールンドはまたしても2着。冬の間は芝のレースが少なくなるし、次こそは決めたい。それにしてもサンデーの出資馬は2着がやたらと多い(今年21戦2勝で2着は10回)。

◆12/6(土)阪神5R 2歳未勝利…◎ウェスタールンド(浜中)→2着
馬体の張りが良く、踏み込みもしっかりしていたけど、この馬にしては珍しくパドックでうるさい面を見せていて、単勝1.6倍ほどの信頼感はなさそうだった。この日もあまり良いスタートではなかったけど、行き脚がついて4~5番手あたりでレースを進める。かなり遅い流れに落ち着いて丁度良い位置取りで、折り合いを欠くこともなくレースの流れに乗り、ラチ沿いの4番手をキープしたまま直線に向くと、馬群を割るスペースを見つけてからはいい脚で先頭との差を詰め、一旦は先頭に立ったもののゴール直前でフワッとしてしまい、またもや2着に敗れた。この日はいい位置を取れたし、道中もほぼ理想的なレースができただけに勝てなかったのは痛い。
Bg2c2291 Bg2c2353

◆12/6(土)阪神10R 赤穂特別…△アナザーバージョン(國分優)→7着
輸送があってもプラス2キロと減らなかったし、休ませた効果があって非常に深い踏み込みで、申し分ない状態だった。揃ったスタートから鞍上の腕が全く動かず、馬なりのまま6番手あたりに付ける。ラチ沿いの内側に入り、1コーナーで極端にペースが落ちて外からドッと来られたこともあり、向正面に入る頃には9~10番手くらいまでポジションが悪くなった。その後も動くに動けないままラチ沿いを進め、直線に入ってもなかなか進路が開かず、最後100mくらいはソコソコいい脚を使って7着に終わった。せっかく内枠を引いていいスタートを切ったのに、スタート直後からポジションを取りに行く姿勢が一切見られず、逆に控えて後方に下げるでもなく、完全に馬任せの乗り方には呆れるばかり。中山にも適鞍があったのに、これでは何で阪神へ遠征したのかサッパリ分からない。
Bg2c2659 Bg2c2797

◆12/6(土)阪神11R 逆瀬川S…◎レッドルーファス(ブノワ)→8着
実馬を見るのはデビュー戦以来。相変わらずうるさい面を見せていたものの、力強い歩様で馬体の良さも目立ち、全体的な気配は非常に良く見えた。揃ったスタートからスッと下げて後方4番手でレースを進める。馬群の外に位置して3コーナーではジンワリと前との差を詰め、平均ペースでいい位置取りに思えた。4コーナーでも外から徐々に進出し、直線に向いて馬群の一番外から突き抜けるかに思えたが、そこからはクビを外に向けて反抗したり、フットワークがバラバラになってまるで前に進まず、離れた8着に終わった。状態面は全く問題なさそうだったし、道中は何の不利もなかったのに、直線では全く伸びずに不可解な敗戦。右回りはあまり良くないのかもしれない。
Bg2c2971 Bg2c2989

◆12/7(日)中京4R 2歳未勝利…△レーヌドブリエ(田辺)→3着
マイナス16キロと数字を見た時はビックリしたけど、馬体のバランスは取れていて細くは見えず、むしろ走れる体つきになった印象。この日も1頭だけハッキリと出遅れてしまい最後方から。馬群の外に出して、向正面の半ばあたりでは後方3番手まで押し上げ、いかにも手応えが良さそうに3~4コーナーを回り、直線の入り口で大外に出してから追い出すと、1頭だけ違う脚色で突っ込んできたものの、わずかに届かず3着となった。もう少しスタートがマトモになればすぐに勝ち上がれるし、いい決め手を持っていて今後が楽しみに。

【次週出走予定】
◆12/11(木)笠松9R 十六銀行Smile杯…レッドラウディー(今井貴)
◆12/13(土)中山4R 2歳未勝利…グランシルク(戸崎)
◆12/13(土)阪神5R 2歳新馬…ルフナ(浜中)
◆12/13(土)中山8R 3歳上500万下…レッドエンブレム(三浦)
◆12/14(日)中山6R 2歳新馬…ムーンセイル(後藤)

| | コメント (2)

2014.12.06

もう未勝利クラスを卒業したい

今週は4頭が出走し、いずれも上位争いできそうで楽しみ。特にウェスタールンドはここで確実に勝っておきたい。

◆12/6(土)阪神5R 2歳未勝利…◎ウェスタールンド(浜中)
ここ2戦は連続して2着に来ているし、時計面でも未勝利は楽に卒業できるレベルにあり、今回はメンバー的にだいぶ楽になって、引き続きチャンス大。ただ、過去3戦ともスタートダッシュが鈍くて後方からの競馬を余儀なくされていて、阪神の開幕週の馬場で前が止まらない流れになると厳しくなりそう。手前を変えるのがヘタなので、コーナーが2回のコースに替わるのも好材料。ある程度は前でレースを進めたい。

◆12/6(土)阪神10R 赤穂特別…△アナザーバージョン(國分優)
当初は日曜中山の松戸特別に回る予定が、メンバーが楽な方ということで阪神へ遠征することになった。確かにメンバー的にはこちらの方が与しやすいけど、実質トップハンデになったし、阪神までの長距離輸送の不利もあり、中山なら柴山騎手の予定だったのが國分優作騎手になったりと、微妙に少しずつ不利な材料が重なり、結果的に中山の方が良かった感じもする。1000万条件入着馬が多くてなかなか強気にはなれない。でも実績面では威張れるし、一息入れて状態はかなり上向いているとのことで、スムーズな競馬ができれば単式圏も十分。

◆12/6(土)阪神11R 逆瀬川S…◎レッドルーファス(ブノワ)
ここまで3連勝中。9月末に帰厩してからここまで入念に乗り込まれているし、先週のレースに出走しようとしたほどで(除外)、半年ぶりでも十分仕上がっている。神戸新聞杯・菊花賞で上位入線したサトノアラジンが人気のようだけど、こちらも素質面では全くヒケを取らず、ここでも十分好勝負に持ち込める。早めに栗東トレセン入りしていて、輸送のリスクがないのもプラスに。4連勝を飾って勇躍して重賞へ挑戦したい。

◆12/7(日)中京4R 2歳未勝利…△レーヌドブリエ(田辺)
前走は上がり32.7秒の脚を使ったものの、位置取りが後ろすぎて5着に敗れた。今回の出走メンバーを見渡すと、前走で馬券圏内に入っていた馬が1頭だけと少ないものの、4着・5着馬がやたらと多く、地味にレベルが高い一戦。中京コースなら直線の坂がキツいので差しが生きる流れになりそうだし、前走後も緩めずにしっかり乗られて状態は良さそうで、上位争いには加われそう。おそらく馬場が渋った方がいいタイプに思える。

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »