« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014.08.30

国際交流競走で戴冠を

今週はショコラヴェリーヌの応援にソウル競馬場まで行ってきます。実力的にはメンバーの中でも威張れるはずなので、何とかいい結果を。

◆8/31(日)小倉11R 小倉日経OP…△スピリタス(太宰)
もう9歳となり、ここ1年間は掲示板にも入らないレースが続いている。ただ、いずれのレースでも着順ほどは負けておらず、昨年のこのレースでは1番人気で3着と条件は合っているし直線平坦コースの方が良いタイプで、ここは久しぶりに上位争いに加われそう。12頭立てと比較的少頭数に落ち着いたのも好材料。

◆8/31(日)ソウル6R アジアチャレンジカップ…◎ショコラヴェリーヌ(真島)
韓国での国際交流競走に出走することになった。ソウルまでそう遠くないとはいえ慣れない航空機での輸送になるし、馬房・飼い葉・水・調教コースも普段とは異なるため、環境の変化にどれだけ対応できるかがカギになる。日本の検疫馬房に入った頃から飼い葉食いが悪くなり、ようやく木曜日あたりから食べるようになったとのことで、馬体がどれだけ減っているか心配。ただ、現地に入ってからも普段と同じような運動はこなしており、極端にガレてることはなさそう。ここ最近は休み明けの1戦を除いて全て連対しているし、時計の速い船橋コースの重賞で連対できたのも自信になり、ここも勝ち負けに持ち込めるはずだけど、韓国の競馬はテンから速いペースになりがちで、ソウル競馬場は直線も長いため、真島ジョッキーの手綱捌きにかかっている。何とかここでタイトルを取りたい。韓国の馬よりも、全馬初ダートになるシンガポール馬の方が不気味。

| | コメント (0)

2014.08.29

ガーデンズキュー能力試験

地方競馬オーナーズの共有馬ガーデンズキュー(メス2歳)が大井競馬の能力試験を受け、52.8秒の3位入線で合格した。

まだ全体的にメリハリがなくて幼い体つき。でも馬場に入っても無駄な動作が一切なくて安心して見ていられた。ゲートは互角に出て少し控える形で逃げ馬の後ろを追走し、直線に向いて最内から仕掛けるとグンと伸びて一瞬先頭に出かかるも、そこからはガッチリと抑えて3番手で入線した。かなり流れが遅くなったようだけど掛かる雰囲気はなかったし、ジョッキーの意のままに動けそうで、ステイブルメイトのララベルとともに今後の活躍が期待できそう。

このガーデンズキューは、素晴らしく澄んだ瞳をしている点に惹かれて出資したけど、今日も相変わらずいい顔をしていた。

Bg2c4987 Bg2c5018

Bg2c5039 Bg2c5055 Bg2c5098

| | コメント (0)

2014.08.27

3戦連続二桁大敗

着順自体は前走より2つ前進したものの、レース内容は更に悪化して厳しい状況に。

◆8/26(火)大井3R 3歳145万以下…×エンドゾーン(笹川)→10着
マイナス6キロと減ったけど、さすがに前走で一気に増えすぎた感もあり、これくらいが丁度いいのかも。ただ相変わらず動きが硬かったし、肩の出が悪いのも前走と変わらず。ほぼ揃ったスタートから押してハナに立とうとするも、先手を取りきれずに逃げ馬の後ろに位置する。この日も3コーナーの入り口で脚色が鈍りはじめ、4コーナーでは同じクラブの馬に少し被されて控えるシーンもあり、直線でも大バテはしなかったものの全く伸びず10着に終わった。

道中で多少不利があったにせよ、時計も詰められなかったし、実質C3相当の最下級条件で二桁大敗続きはいただけない。まだ向正面なのに一杯になった前走で「見せ場十分の競馬で、次のレースへ向けての手応えを感じました」とか、今回も「この体を維持できれば、次は勝ち負けの競馬になるでしょう」などと、見当外れのレース後の談話が出てるのにも疑問を感じる。もちろん次走も勝ち負けに加われる気がしない。

| | コメント (0)

2014.08.26

多少なりとも前進を

大井の下級条件で低迷しているエンドゾーン。ここに来て馬体は成長しているので、今後に期待の持てる走りを見せて欲しい。

◆8/26(火)大井3R 3歳145万以下…×エンドゾーン(笹川)
前走はプラス31キロと大きく馬体が増えていて、それでもようやく423キロ。相変わらず動きが硬く、ポンと先行できたものの3コーナー手前で早くも手応えが悪くなるひどいレース内容だった。一度使われたとはいえ中1週で激変するとも思えず、今回も苦戦必至か。内枠を引けたのはプラスで、スタートが抜群に巧い笹川騎手に引き続き乗ってもらえるのも好材料。休養明けの前走と出走を取消すか迷っていた2走前を除けば、時計面ではこのメンバーなら通用する余地はある。中1週ながら中間は時計を出しているし、多少は前進できるはず。

| | コメント (2)

2014.08.25

勇躍して凱旋門賞へ挑戦

ハープスターが想像を上回る素晴らしい勝ち方をしてくれて、凱旋門賞が大いに楽しみになった。期待のウェスタールンドはちょっと残念な結果に。

◆8/23(土)小倉4R 障害オープン…×レッドアーヴィング(平沢)→1着
パドックでは以前のように右トモが前に出ない歩様をしていたのが気がかり。レースでは、揃ったスタートから相変わらず抜群の飛越で第1障害を飛んだところで先頭に立つ。途中のタスキコースで一旦先頭を譲ったものの、折り合ったまま順周りに戻ったところでまた先頭に立ち、全く減速することのない見事な飛越でハードルをクリアしていき、後続が必至に追い上げようとする中、涼しい顔をして10馬身近いリードを保って直線に向き、最終障害も難なくこなして障害オープン勝ちを飾った。あまり期待していなかったのでこの圧勝には驚いたけど、とにかく平沢騎手が最高に巧く、特に飛越・着地時にジョッキーの体が全くブレず、馬への負担が非常に少ない乗り方だった。引き続き平沢騎手に乗ってもらえるなら、障害重賞でもチャンスは十分ありそう。

◆8/23(土)札幌9R 3歳上500万下…×レッドエンブレム(和田)→4着
肩の出がますます悪くなり、プラス6キロなのに馬体がしぼんだ印象で、パドックでの見た目は最悪に近かった。揃ったスタートから少し押して行き、逃げ馬の直後の4番手に付けた。同じ位置取りのまま2周目の向正面まで進み、3コーナーに入っても逃げ馬の直後を手応えのいいまま追走し、直線の入り口で前が開いて追い出すと、先頭に立った馬の内に入れてしまい、伸びあぐねて4着に終わった。直線で外に出していればとは思うけど、ようやくマトモなレースぶりになって一安心。

◆8/23(土)札幌12R 支笏湖特別…×アーカイブ(ローウィラ-)→4着
クビを使ってシャキシャキした歩様で、トモの踏み込みもなかなか良くて好気配。ほぼ揃ったスタートを切り、やや抑え加減で6番手の外に付ける。1周目の直線でグッと抑えて馬群の中に入れ、2周目の3コーナーに入ると馬群の中から徐々に押し上げて行き、直線に向くと馬群の外からジリジリと伸びるも、前との差はなかなか詰まらずに4着となった。道中掛かり気味の追走だった割には悪くないレース内容で、さすがにもう少し距離が短い方が良さそう。
20140823_01 20140823_02

◆8/24(日)札幌5R 2歳新馬…◎ウェスタールンド(柴山)→5着
柔らかい身のこなしで歩様もキビキビしていて、太め感もなく好気配に見えた。ちょっと出負け気味のスタートで後方から。コーナーワークで7番手あたりに付け、かなり緩い流れの中で3コーナーから進出を開始し、馬群の外を回して4コーナーでは一旦先頭を伺う勢いで上がったものの、直線に向くと完全に脚が鈍ってしまい5着に終わった。ちょっと前肢があまり前に出ずに突っ張るような走りだったのが気になり、ダートの方がいいのかも。
20140824_01 20140824_02

◆8/24(日)札幌11R 札幌記念…◎ハープスター(川田)→1着
馬体の張りとトモの踏み込みは良く見えたけど、この馬にしては珍しく前肢の出が非常に悪いのが気になった。ほぼ揃ったスタートを切り、スッと下げて後方2番手に控える。前が景気よく飛ばしていたので丁度いい位置取りとなり、折り合ったまま向正面を進み、3コーナーに入ってから気合いを入れると即座に馬が反応し、馬群の外から一気に進出して4コーナーでは先頭に並びかけ、直線の入り口で先頭に立つと、馬場の内に切れ込みながらゴールドシップの追撃を振り切って見事に1着となった。3コーナーで鋭い反応を見せ、終いまで脚色が鈍らずに勝ち切ったのは大収穫で、今日の内容なら凱旋門賞でもチャンスはありそうで、俄然楽しみになってきた。
20140824

【次週出走予定】
◆8/26(火)大井3R 3歳145万以下…エンドゾーン(笹川)
◆8/31(日)小倉11R 小倉日経OP…スピリタス(未定)
◆8/31(日)ソウル競馬 アジアチャレンジカップ…ショコラヴェリーヌ(真島)

| | コメント (4)

2014.08.22

ウェスタールンドのデビュー戦

今週・来週と、非常に重要なレースが目白押し。今週は超期待の2歳馬ウェスタールンドがデビューして、凱旋門賞を目指すハープスターが復帰する。来週は大井の期待馬ガーデンズキューの調教試験とショコラヴェリーヌの海外遠征があり、いずれも何とかいい結果をと祈るばかり。

◆8/23(土)小倉4R 障害オープン…×レッドアーヴィング(平沢)
前走は平地を使われたが、また障害に戻すことになった。飛越は抜群に巧いものの、道中引っ掛かるタイプでなかなか実力を発揮できない。小回りの小倉コースで障害オープン戦にしては距離が短い2900mなら、乗り方次第では何とかゴマカシながら上位を狙える余地はありそう。10頭立てと少頭数だけどメンバーレベルは高く、ジョッキーの乗り替わりも減点材料。

◆8/23(土)札幌9R 3歳上500万下…×レッドエンブレム(和田)
今年の3月に勝ったクラスでアッサリ卒業するはずが、休養後は上へ逃げるようなフットワークになってしまい、2戦続けて人気を裏切っている。前走は先行すらできなくなっていたし、4コーナーで早々と後退してしまったレース内容からの一変は難しそう。調教の内容からも変わってきそうな印象はなく、苦戦必至。

◆8/23(土)札幌12R 支笏湖特別…×アーカイブ(ローウィラ-)
1000万条件で2戦して着外に終わっている。2戦とも早めに動いて終いバテるレースをしていて、クラスの壁に当たっているとは思えないけど、今回は芝2600mでスタミナが問われるレースになることは必至で、展開的には前2走と同じ流れになりそう。中山と小倉で勝っていることから、札幌コースに変わるのはプラスになるはず。ただしこの条件にしてはかなり強力なメンバーが揃った。

◆8/24(日)札幌5R 2歳新馬…◎ウェスタールンド(柴山)
超期待馬がデビュー戦を迎える。先週はたった1頭だけ痛恨の除外を食らってしまったけど、先週の勝ち馬は強かったし、1週間さらに乗り込めてかえって良かったのかも。もともと募集当時から馬体の良さは絶賛されていたし、調教ではスピードに乗るとグッと馬体が沈み込んで素晴らしいフットワークで駆け抜けていて、これが走らないワケがないと思う。ただ、ネオユニヴァース産駒特有の気の悪さはあり、その調教でもちょっと口向きが悪くて、油断するとどこかへすっ飛んで行きそうな雰囲気もしており、デビュー勝ちを飾れるかは不安もある。この馬、ダートで追い切られた先週の動きが抜群で、もしかしたらダートの方がいいかもしれない。

◆8/24(日)札幌11R 札幌記念…◎ハープスター(川田)
凱旋門賞に向けての一叩きとなる。札幌コースは直線の短い小回りだけど、凱旋門賞を目指すからには、この馬の戦法を変えずに今まで通り後方から進めて終いに賭けるレースをして、前を交わせるかどうかというレースをするはず。相手も格段に強くなるし、ここが目標ではないので余裕残しの仕上げになるけど、これで好走できなければ凱旋門賞云々は言ってられない。札幌巧者のトニービン・ファルブラヴの血を引いているし、ゴールドシップが先行馬を一掃するようなレースをしてくれるはずで、展開も向いて意外とアッサリ勝ち負けになるのではと楽観している。

| | コメント (4)

2014.08.19

ショコラヴェリーヌ海外遠征

大井での共有馬ショコラヴェリーヌ(メス5歳)が、8月31日(日)に韓国のソウル競馬場で行われる「アジアチャレンジカップ」の出走馬に選定され、他の大井所属馬2頭とともに遠征することになった。

決して輸送に強いタイプではないし、普段の調教では乗り役さんを振り落とそうとする悪癖がある馬なので、ソウルまでの輸送と慣れない現地での調整には不安が残るけど、実績的には大威張りできるし、ダート1400mはこの上ない好条件なので、何とか環境の変化を克服して悲願のタイトル取得に向けて頑張って欲しい。

ソウル競馬場には4年前に一度行ったことがあり、左回りで直線が450mのコースで、逃げ残りもあれば追い込みが決まることもある、割と馬の実力がそのまま出やすい競馬場という印象だった。ショコラは折り合いには全く不安のないタイプだし、前走のように逃げ馬を行かせて番手に控えるようなレースができれば理想的。ここのところ2着続きで、何とかここで初のタイトルを獲得したい。もちろん当日は現地へ行って応援してきます。
Src_19142441 Src_19142503

| | コメント (2)

2014.08.18

レッドセインツ引退

東京サラブレッドクラブ所属の6歳牡馬レッドセインツ(父:ディープインパクト)が、屈腱炎再発のため引退することになった。

新馬戦と500万特別で2勝を挙げた後、4歳の春に重度の屈腱炎を発症してしまい、2年間の長期休養に入った。休養前は角居厩舎に所属していたものの、関東の鹿戸厩舎に転厩しての、2年ぶりの復帰戦ではいきなり2着と好走。復帰3戦目では3年3ヶ月ぶりの3勝目を挙げ、ようやく軌道に乗ったかに見えたが、8/9の藻岩山特別ではスタート直後に躓いて騎手が落馬し、カラ馬のまま1着でゴールを駆け抜け、マトモなら次走は確勝だと思った矢先に、屈腱炎が再発してしまい、引退が決まった。

調教師の判断かクラブの判断かは分からないけど、屈腱炎で長期休養していた馬が道悪で走った後に中1週で出走させること自体がそもそもの間違いで、さらに落馬競走中止の直後には調教師が連闘での出走を示唆していたほど。以前もこの厩舎はロールオブザダイスやレッドジールで不可解なレース選択をしていて、個人的なNG厩舎にしていたけど、今回の一件でますますその意を強くした。

新潟2歳Sで3着と好走したように、広いコースのマイル戦ならもう少し走れたように思え、今回の引退は残念。でも重度の屈腱炎を克服しての勝利は大したもの。

20100718_03 04
(写真左:2010年7月の新潟新馬戦)(写真右:2010年9月の新潟2歳S)

| | コメント (0)

2014.08.17

またしても惜しい2着

アナザーバージョン、またしても僅かに及ばずの2着。でもこの2着でサンデー3歳馬の中で賞金獲得額が3位になり、馬はよく頑張ってくれている。

◆8/16(土)小倉3R 3歳未勝利…△アップカレント(川須)→7着
カリカリとイレ込むこともなく、この馬としては落ち着いてパドックを周回できていた。揃ったスタートから、内枠の各馬の出方を見るように7番手くらいに控える。馬群の外を回しての追走で、3~4コーナーでも外から進出しようとしつつも、なかなか前との差は詰まらずに7着に終わった。せっかくいいスタートを切ったのになんで控えたのか疑問だし、馬場のいいところを走らせるために外を回したようだけど、逃げてラチ沿いを走った馬が勝っていて、全くの見当違い。未勝利戦も終わりに近いし、積極的に勝ちに行って欲しかった。

◆8/17(日)小倉6R 3歳未勝利…×グレンガイル(川須)→6着
マイナス10キロと更に減ってしまったけど、細い感じはなく動ける体つきで、踏み込みもしっかりしていて好気配だった。フラッとしたスタートでダッシュが付かずに後方から。向正面半ばを進んだあたりで後方3番手から進出を開始し、4コーナーでは一旦先頭を伺う勢いで見せ場を作ったものの、景気よく外を回しすぎたせいで直線に入ってからは一気に脚色が鈍り6着に終わった。積極策自体は悪くないけどいかにも中途半端で、向正面に入ったところで動くか、4コーナーではマクり切るくらいのレースをして欲しかった。このレースも最内を通った逃げ馬が勝っていて、前日のアップカレントといい乗り方に不満が残る。

◆8/17(日)小倉8R 3歳上500万下…×キングオブタイム(小牧)→15着
画面を通してもすぐに太いと分かるほどの余裕残しで、プラス12キロの数字以上に太く見えた。踏み込みはいつもと同様に良好。揃ったスタートから今日は抑えて中団からレースを進める。馬群の外でちょうどいい位置に思え、3コーナーに入ってから追い出されたものの、懸命にムチを入れて追われても馬が全く反応せず、むしろ4コーナーに入ると徐々に後退しはじめ、ブービーの15着に終わった。控える競馬では全く結果が出ず、ハナを切らないとダメなのかも。

◆8/17(日)小倉10R 西部日刊スポーツ杯…×アイビーフォールド(酒井)→6着
連闘でもいつも通り力強い歩様をしていて、パドックでは他の馬に見劣らず良く見えた。揃ったスタートからじんわり控えて後方3番手に位置する。3コーナーで前が塞がって手綱を引くシーンがあり、4コーナーでも馬群を割ろうとしたところを締められてしまうなど、スムーズな追走ができなかったものの、直線に入るとジワジワと伸びて6着となった。もう少し馬群を巧く捌ければという惜しいレースだった。2週間後に適鞍のハンデ戦があるので、出走できるようなら回りたい。

◆8/17(日)新潟10R 瀬波温泉特別…◎アナザーバージョン(エスポジート)→2着
10キロ減っていたけど細くはなく、前走で増えたのが戻った感じで、歩様は前走以上にしっかりしていて好気配だった。揃ったスタートから逃げ馬を行かせて外の3番手に付ける。砂を被らないちょうどいい位置取りで、道中の手応えも良く4コーナーから少し気合いを入れながら進出し、直線に入ってから追われると、一瞬モタついたところを後ろにいた馬に外から並びかけられ、そこから持ち直して2頭の追い比べに持ち込んだものの、半馬身及ばず2着となった。この馬のレースはできてるし、全く文句のない乗り方だったので、この結果は仕方ない。
Bg2c4147 Bg2c4230

【次週出走予定】
◆8/23(土)小倉4R 障害オープン…レッドアーヴィング(平沢)
◆8/23(土)札幌9R 3歳上500万下…レッドエンブレム(和田)
◆8/23(土)札幌12R 支笏湖特別…アーカイブ(ローウィラ-)
◆8/24(日)札幌5R 2歳新馬…ウェスタールンド(未定)
◆8/24(日)札幌11R 札幌記念…ハープスター(川田)

| | コメント (4)

2014.08.16

今度こそはキッチリと決めたい

16日(土)に札幌でデビュー予定だった期待馬ウェスタールンドが、15分の14の抽選にただ1頭だけハズレ、またもや痛恨の除外を食らってしまい、札幌の飛行機や宿泊を全部キャンセルする羽目に。先週レパードSに出走予定だったアナザーバージョンといいクジ運がない。翌週の札幌戦に回る予定で、ちょうどハープスターの札幌記念を見に行く予定だったし、丁度良かったのかも。

◆8/16(土)小倉3R 3歳未勝利…△アップカレント(川須)
前走は調教がバタバタで終い15秒を要していたのに、レースではハナを切っていい粘りを見せた。今回は調教内容もだいぶ良くなり、過去のレース内容からして平坦の1200mに短縮するのは大いにプラスのはずで、スッと先行できれば上位争いも十分可能。ただ道悪がプラスになるとは言えず、重馬場以上に悪化してしまうと微妙なところ。ダートはダメなタイプなので、今回は何としても5着以内が必要になる。

◆8/17(日)小倉6R 3歳未勝利…×グレンガイル(川須)
4戦してレースを重ねるごとに内容が悪くなり、坂路調教でも時計を詰められず、あまり変わりそうな感じはしない。今までは阪神コースしか走ったことがなかったので、平坦の小倉に変わって距離短縮で少しは前進できないものか。今までになくメンバー構成は楽になり、ある程度前の方でレースができれば入着くらいならあるかも。追って切れるタイプではなく、いっそハナを切るくらいの積極的なレースをして欲しい。

◆8/17(日)小倉8R 3歳上500万下…×キングオブタイム(小牧)
500万条件に昇級してから、こちらもレースを重ねるごとに内容が悪化している。それでも前走は悪いなりに走破時計は大幅に短縮しているし、行きたがる癖がついたので小倉のような小回りは向いているはずで、今回は積極策をとってどこまで粘れるかといったところ。前走よりは与しやすいメンバー構成で、今後につながる内容を期待したい。

◆8/17(日)小倉10R 西部日刊スポーツ杯…×アイビーフォールド(酒井)
連闘での出走となった。前走も道悪で外を回した割にはソコソコ走れていたし、今回も頭数はあまり多くならなかったので、またインにこだわる競馬で一発を狙って欲しい。この後は小倉開催が当分ないので、これが最後のレースになりそう。

◆8/17(日)新潟10R 瀬波温泉特別…◎アナザーバージョン(エスポジート)
先週はレパードSを除外され、改めての仕切り直しとなる。3歳馬ながら54キロと、実質トップハンデと見込まれてしまった。クラス2着馬や昇級馬が多くて相手も強いけど、前走で小回りコースも克服してくれ、ここ2戦はハイペースの中をよく粘って好走しているし、今回も強気のレースをしてキッチリと決めたいところ。先行力もあるので今なら内枠でも問題なさそう。湿ったダートになれば尚良い。

| | コメント (0)

2014.08.14

入着まであと一歩の6着

ブリージーストーム、十分見せ場を作れて人気以上に走ってくれ、今後が楽しみになった。

◆8/13(水)大井1R 3歳135万下…△エンドゾーン(笹川)→12着
プラス31キロと大きく増えていたのは好材料だけど、ようやっと423キロでまだ小さく見えるし、冬場使われていた頃と同様に動きが硬く、パドックの気配はあまり感心しなかった。好スタートから押して2番手に付ける。3コーナー手前の時点で早くもジョッキーの手が盛んに動き、3コーナーでは外から被せられてしまい、あとはズルズルと後退する一方で12着に大敗した。いくら休み明けとはいえ、下から3番目の組でこの着順・この時計ではいただけない。
Bg2c3798 Bg2c3848

◆8/13(水)大井10R 黒潮盃…▲ブリージーストーム(森泰斗)→6着
馬体の張り・艶も良く、歩様にも力強さが加わって、前走以上の好気配に見えた。ほぼ揃ったスタートから逃げ馬のすぐ後ろの、2列目内側に控える。早すぎず遅すぎず平均的な流れになり、馬群の内側に入っても道中の手応えが良く見えた。3~4コーナーでも馬群の内で逃げ馬をマークしながら進み、直線入り口では前が開けば抜け出しそうないい雰囲気だったものの、残り300m地点からはやや脚色が鈍って先頭争いからは脱落し、同じような位置にいた馬は交わしつつも6着となった。レースの流れに乗れて森騎手も非常に巧く乗ってくれたし、なかなかいい内容だった。欲を言えばもう1つ上の着順で賞金を獲得したかったけど、強い相手とレースした経験が今後に生きてくるはず。
Bg2c3943 Bg2c4040
Bg2c4089

| | コメント (0)

2014.08.11

初の重賞挑戦でも勝負圏内

今週は期待馬がズラリと揃って出走する。まずは重賞初挑戦のブリージーストーム。新聞を見ると人気はないようだけど、力は見劣らないはずなので大いに楽しみ。

◆8/13(水)大井1R 3歳135万下…△エンドゾーン(笹川)
軽度の骨折で5ヶ月ぶりの出走となる。前走は筋肉痛でレース前から出走を取り消しを検討したほどの状態で大敗した。380キロそこそこの小柄な馬なので、どれくらい馬体を増やして出てこれるかがカギで、さほど速い時計は出していないものの本数は乗られていることから、力は出せそう。2走前くらい走れば勝てる計算だし、ようやっと内寄りの枠を引けたので、レースの流れに乗れれば上位争い。上位人気馬が揃いも揃ってこの馬よりも内の枠に入ったのは減点。

◆8/13(水)大井10R 黒潮盃…▲ブリージーストーム(森泰斗)
初の重賞出走となる。レースを重ねるごとに走破タイムを短縮しているし、差す競馬もできて脚質に幅が出て一戦ごとに成長が見られ、今回はハッピースプリントのような抜けた存在が見当たらない混戦模様のレースで、乗り方ひとつで上位争いも十分可能に思えるし、そもそもこのメンバーに入っても素質は全く見劣らない。距離延長がプラスとは言えないだけに、距離損を少なくできる内の3番ゲートを引けたのは好材料。有力馬は中団・後方待機組が多く、せっかくの重賞出走なので、思い切ってハナを切るくらいの積極的なレースをして勝ちに行って欲しい。

| | コメント (0)

2014.08.10

馬がレースを知っている

◆8/09(土)札幌11R 藻岩山特別…△レッドセインツ(四位)→中止(1位入線)

パドックの時点からどうも前の出が硬いのが気になった。ただ、馬体は締まって引き続き良く見えた。ゲートを斜めに立ち上がるように出て、その直後に躓いたところで騎手が落ちてしまい競走を中止した。その後はカラ馬となって馬群をスルスルと抜け出してハナを切る展開。ラチ沿いを走って2周目の向正面まで進むと一旦馬群に飲み込まれたものの、3コーナーからまた行き脚が付いて内から先頭に立ち、そのまま一杯に粘って先頭のままゴールを駆け抜けた。騎手が乗っていないので重さの負担はないにせよ、道中はフラフラすることなく馬がレースの走り方を知っていて、これは上手くジョッキーが乗れば結構いいところまで行くのでは。レース後は他馬と一緒に戻ってきてすぐに捕まったとのことで、怪我もなく一安心。ただし他の馬には迷惑をかけてしまった。

◆8/10(日)小倉10R メイショウカイドウC…×アイビーフォールド(松山)→7着
増減なしの理想的な体重で出走できたし、いつものように力強い踏み込みをしていた。揃ったスタートからソロッと下げて後方2番手に控える。道中は馬群の外を走らせ、4コーナーでは後方2番手のまま先頭からあまり差のない位置まで進出し、直線では外に出してジリジリと伸びてきたものの、インでバテた馬を交わす程度の7着に終わった。強い雨が降っていたし、別定戦で大外を回して上位に食い込めるほどの力はない。ただ小倉コースなら常に小差で、連闘で出走させるプランもある模様。

【次週出走予定】
◆8/13(水)大井1R 3歳135万下…エンドゾーン(未定)
◆8/13(水)大井10R 黒潮盃…ブリージーストーム(森泰斗)
◆8/16(土)小倉3R 3歳未勝利…アップカレント(未定)
◆8/16(土)小倉6R 3歳未勝利…グレンガイル(未定)
◆8/16(土)札幌5R 2歳新馬…ウェスタールンド(柴山)
◆8/17(日)小倉8R 3歳上500万下…キングオブタイム(小牧)
◆8/17(日)小倉10R 西部日刊スポーツ盃…アイビーフォールド(未定)
◆8/17(日)新潟10R 瀬波温泉特別…アナザーバージョン(エスポジート)

| | コメント (0)

2014.08.09

今週も苦戦の予感

日曜新潟のレパードSに出走予定だったアナザーバージョンは痛恨の除外。出走できていれば間違いなく上位争いだっただけに残念。

◆8/09(土)札幌11R 藻岩山特別…△レッドセインツ(四位)
前走は3年3ヶ月ぶりの勝利を挙げ、中1週で出走する。もともと1000万条件でも再三好走していた馬で力は十分通用するはず。ただ、2000mを超える距離ではいずれも着外と、マイル~2000mくらいが合う馬なので、今回の2600mという距離が心配。すぐにコーナーを迎えるコースで大外枠を引いてしまったのも減点材料。四位ジョッキーとは相性が良く、うまく長距離を乗り切ってもらうことを期待したい。

◆8/10(日)小倉10R メイショウカイドウC…×アイビーフォールド(松山)
小倉なら常に小差で走れており、ここは狙い澄ました鞍。11頭立てと比較的少ない頭数に落ち着いたのも好材料だけど、馬場が渋ると良くないタイプで、どこまで馬場が悪化するかが心配。おそらくこの小倉開催で引退となるはずなので、何とかいいレースをして欲しい。馬場がどれだけ持つかがカギ。

| | コメント (0)

2014.08.05

想像以上の惨敗

東京サラブレッドクラブの1歳募集馬カタログた届いたというのに、クラブ所属の出資馬が2頭とも大惨敗を喫し、出資意欲が大幅に減退してしまった。

◆8/2(土)札幌9R 3歳上500万下…△レッドエンブレム(福永)→11着
もともとパドックではよく見えない方だけど、この馬としてはいつもよりキビキビとした歩様で悪くなかった。ほぼ揃ったスタートから先行させようとしても馬が反応せず中団あたりに位置する。向正面でジョッキーの手が動いてもなかなか前に進まず、ほぼ同じ位置取りのまま3~4コーナーを回ると早々と手応えをなくしてしまい、直線では下がる一方で11着に終わった。道中のフットワークを見てももがいている感じで良い頃の走りになく、福永ジョッキーからは飛節が悪いのではとの指摘があり、立て直すのにちょっと時間がかかりそう。

◆8/3(日)新潟8R 3歳上500万下…×レッドダニエル(北村宏)→15着
プラス8キロと増えても特に太め感はなく、グリーンチャンネルに映っている範囲では落ち着いてパドックを周回して好印象だった。近くの馬がゲートで暴れたのにつられてしまい、トモを落とした時にスタートを切られて後方から。少し勢いが付いて道中は後方4番手くらいに位置し、砂を被るのを嫌がって頭を上げながらの追走で、3コーナーからは馬群の外に出して追われて徐々に前へ進出したものの、4コーナーでは外に膨れてしまって位置取りを悪くし、万事休す。最下位でレースを終えた。今日はこの馬の悪いところが全部出てしまったようなレースで、これから気性面の成長が待たれる。

【次週出走予定】
◆8/09(土)札幌11R 藻岩山特別…レッドセインツ(四位)
◆8/10(日)小倉7R 3歳未勝利…グレンガイル(未定)
◆8/10(日)小倉10R メイショウカイドウC…アイビーフォールド(松山)
◆8/10(日)新潟11R レパードS…アナザーバージョン(エスポジート)

| | コメント (0)

2014.08.01

実力上位でも半信半疑

今年は中央が(17-12-5-4-4-33)、地方は(3-6-0-0-1-3)の成績。勝ち鞍は昨年と並び、獲得賞金は昨年の倍以上の水準にある。8月は4鞍の重賞出走を予定していて、この勢いを持続したい。

◆8/2(土)札幌9R 3歳上500万下…△レッドエンブレム(福永)
既に勝っていて3着を外したことのないクラスだったのに、前走は2番手追走であっけなく大バテしてしまった。もともと使われて良くなるタイプとはいえ、中1週で変わり身に乏しいし、ウォーエンブレム産駒だけに精神面が心配。しかも前走はどうも道中のフットワークがスムーズでなく、良い頃の走り方を忘れていないかも気がかり。2走前に強い内容で勝たせてくれた福永ジョッキーに戻るのは好材料か。本来なら完勝して当然の条件だけど、どうも半信半疑。

◆8/3(日)新潟8R 3歳上500万下…×レッドダニエル(北村宏)
未勝利を勝った後に放牧され、4ヶ月ぶりの出走となる。過去2走とも道中は抑え加減の追走で、仕掛けるとグンを反応して好走しており、昇級して速いペースになっても対応できそう。ただ500万条件となると時計を大幅に短縮しないと好走できないし、今回は追い切りの感触がもう一つだったことから、一度使われてからの方が良さそう。まだ気性面が幼いようで、使われつつ成長していって欲しい。

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »