« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011.09.30

3歳未勝利最終週でのデビュー

今週は5頭が出走する。ルアスのデビュー戦かつラストラン(?)を現地で応援したかったけど、多少勝ち目のあるイルドロールが中山で出走するので、そちらを現地応援予定。

◆10/1(土)阪神3R 3歳未勝利…×ルアス(☆川須)
未勝利戦最終週にして、ようやっとこれがデビュー戦になる。大きな怪我をしたわけではなく、体力がなくて速い時計を出せず、ここまでデビューが遅れてしまった。補償減らしに出走するだけかと思いきや、調教では未出走馬の割にソコソコいい時計を出していて、おそらくミロスよりは上の着順になるのでは。勝ち負けまでは無理にしても、ゲートさえマトモなら見苦しい競馬にはならないと思う。

◆10/1(土)中山3R 3歳未勝利…×ミロス(大野)
トモを傷めて4ヶ月ぶりの出走となる。ただでさえ5戦して全て大敗しているのに、かなりの急仕上げで、しかも調教では2歳未勝利馬に軽くアオられてしまい、全く良いところはなさそう。非力な馬でダートよりは芝の方がいいタイプだし、果たして何頭交わせるかといったレベル。

◆10/1(土)札幌6R 3歳上500万下…△ガリアーノ(丸田)
未勝利馬が何頭か回ってきてソコソコの頭数が揃った。ここ最近はまったくふるわないレース内容で、何とか芝での新味を求めてここに回ることになった。芝の2600m戦は1回走ってスローに泣かされて9着だったけど、マクるタイプなので本来はこの条件が合っているはずだし、前がつぶれるような展開になれは上位も十分あると思う。2周目の向正面までジッとしていて欲しい。

◆10/1(土)中山12R 3歳上500万下…△イルドロール(田中勝)
最近は直線で追い込む競馬が板に付いてきて、前走は非常に惜しい4着で、時計も優秀だった。脚質的に、相手云々というよりは展開がハマるかどうかが重要で、有力どころに先行脚質の馬が多い今回も、流れは向きそうで意外といいところまで来てくれるかも。4コーナーをいかに巧く回ってこれるかがカギになる。

◆10/2(日)阪神11R ポートアイランドS…△スピリタス(高倉)
特別登録した15頭全馬が出走してきた。重賞ではないので、抜けた存在こそ見当たらないけど、この馬もオープンに昇級してからは、掲示板に載ったのは前走だけだし、その前走も凡戦に助けられた面があったので、ちょっと今回は強気になれない。常に33秒台の脚は使えるので、極端なスローにはならないで欲しい。

| | コメント (6)

2011.09.28

プラテアード引退

キャロットクラブ所属の7歳牡馬、プラテアード(父Silver Deputy)が、左前の剥離骨折のため引退することになった。

藤沢厩舎所属馬で、出走レース数は限られるかと思いきや、10月のデビューから非常にコンスタントに使ってもらえ、2戦目で勝ち上がり、3歳4月に2勝目を挙げると、連闘で臨んだプリンシパルSで2着に入ってダービーの優先出走権を獲得。ダービー本番では残念ながら最下位の18着となったものの、どの馬も目標にする一番大きな舞台に立てたのはこの上ない喜びだった。無理がたたったのか、ダービー後は脚部不安で1年ほど休養。復帰すると芝で3戦凡走し、ダートの矛先を変えると圧倒的な強さで連勝した。ダートでの活躍が大いに期待されたものの、準オープンに昇級すると精彩を欠いて、障害入りすると引っ掛かるようになってしまい、障害未勝利を勝った後は好走程度に留まった。今年7月の中山グランドジャンプがラストランとなり、放牧先から帰厩した直後に骨折が判明。骨折自体は大したことがないものの、高齢ということもあって引退することになった。

キャロットクラブ入会初年度に出資した1頭で、この馬とニードルポイントが早いうちから活躍してくれたのがキッカケで、毎年10頭程度に出資するようになった。勝つは持ったままの大楽勝をするものの、大柄な馬体に似合わずかなり気が小さい面があり、負ける時は非常にモロいのが特徴だった。平地競走の最高峰であるダービーと、障害競走の最高峰である中山グランドジャンプの両方に出走して、大いに楽しませてくれ、非常に思い出深い馬になった。

P1000858 Plateado_2

Plateado_3_2 Rimg0131

・写真左上…2006/10/01 デビュー戦パドック。馬群の中で周りを気にして3着
・写真右上…2007/04/29 10戦目で2勝目を挙げた。手綱を持ったままの大楽勝
・写真左下…2007/05/05 プリンシパルSパドック。2着でダービー出走権獲得
・写真右下…2011/07/02 結果的にラストランとなった中山グランドJパドック

| | コメント (2)

2011.09.23

ピースエンブレム引退

キャロットクラブ所属の5歳牝馬、ピースエンブレム(父ウォーエンブレム)が、蹄の炎症で引退することになった。

1400万円と格安な馬ながら、デビュー直前に1歳上の全姉ブラックエンブレムが秋華賞を勝ったことで、期待が高まった。芝の新馬戦でソコソコ好走した後、3走目のダート戦で勝ち上がった後、オークストライアルに出走してもあまり良い成績を収められなかった。ダートの500万条件で2勝目を挙げ、1000万条件のダート戦では常に善戦止まりだったのの、昨年の秋に500万条件・1000万特別と2勝して、今年の活躍が期待されたところ、3/12の出走予定が震災で中止になり、その後は調子を落としたまま1回芝のレースに使われただけで、函館で調整が進められていた時に蹄にトラブルを発症し、そのまま蹄の炎症が癒えずに引退することになった。

昨年までは特に大きなトラブルなく順調で、しかも昨年秋に好内容で1000万特別を勝ったことで飛躍が期待されたものの、今年に入ってからは延べ5ヶ月間入厩してわずかに1回しか出走できず、その1回も実績のない芝のレースで全く競馬にならず大敗したため、どうしてもも消化不良な印象は否めない。ただ、通算4勝したし、G1のトライアル戦にも2回出走できたので、全体的にはいい競走生活だったように思える。ダートの重賞に出走することなく引退となった点だけは残念でならない。

20081101_01_2
 20101030_02_2

Bg2c4285_4 Bg2c0595

・写真左上…2008/11/01 デビュー戦のパドック。芝1400m戦でスローに泣き4着
・写真右上…2010/10/30 京都にて佐藤哲三ジョッキーの好騎乗で3勝目を挙げる
・写真左下…2010/12/12 中山の特別戦で4勝目。わずかにハナ差の差し切り勝ち
・写真右下…2011/05/21 ラストランとなった京都の準OP戦。芝で10着と大敗した

| | コメント (0)

2011.09.22

今週の出走馬はなし

今週出走予定だったイルドロールは、テンションが高くて落ち着かないとのことで来週に回ることになり、今週の出走馬はゼロになってしまった。来週は大挙6頭が出走を予定している。

【次週出走予定】
◆10/1(土)阪神3R 3歳未勝利…ルアス(未定)
◆10/1(日)札幌6R 3歳上500万下…ガリアーノ(未定)
◆10/1(土)中山12R 3歳上500万下…イルドロール(田中勝)
◆10/2(日)中山3R 3歳未勝利…ミロス(未定)
◆10/2(日)札幌1R 2歳未勝利…チャイナキッス(未定)
◆10/2(日)阪神11R ポートアイランドS…スピリタス(高倉)

| | コメント (0)

2011.09.19

東京サラブレッドクラブ2011年募集馬

東京サラブレッドクラブ2011年度募集馬の申し込み候補がほぼ決まった。募集頭数は32頭と例年よりも多いけど、今年もほとんど迷うことなくスンナリと2頭に絞り込まれた。

キャスケードブーケ10(父ウォーエンブレム)は、父譲りのパワフルな馬体をしていながら、脚が長くてスラッとして捌きが軽いので、ダートだけでなく芝でも活躍してくれそうなことから、申し込みたい。祖母がスカーレットブーケだし、少なくとも大ハズレということはないはず。

マンダララ10(父アグネスタキオン)は、出生時の母馬の年齢が13歳なので出資基準からは外れているけど、馬体のバランスの良さとアグネスタキオン産駒らしい歩様の柔らかさが目を惹いたので、こちらも申し込みたい。明るい栗毛で一際目立つ派手な馬体をしているのもポイント。

その他、カタログやDVDで良く見えた馬のうち、プラウドビューティー10は、兄のレッドガルーダが好馬体だったのに良績を挙げられず引退したので見送り。アドマイヤリッチ10も大物感はなさそうなので見送りたい。

【チェックポイント】
◆母齢・・・出生時の母馬の年齢が10歳以下は○、12歳までなら△、13歳以上なら無印。
◆馬体・・・前後のバランスを重視。前が勝ちすぎても、トモだけが力強くても減点。
◆歩様・・・前肢が良く出ていて、歩様自体もスムーズで大きければ○。

NO 母齢 馬体 歩様 名前
1     コートアウト10
2 デルモニコキャット10
3   マンダララ10
4   エリモピクシー10
5   ショウダウン10
6     マンボスルー10
7 アドヴァーシティ10
8 プラウドビューティー10
9 スタイルリスティック10
10     ガゼルロワイヤル10
11 アドマイヤリッチ10
12       ヤナビ10
13 サンターナズソング10
14   × クレイジーフォユー10
15   サンシェル10
16     スターペスミツコ10
17       エナジーストーン10
18 チャールストンハーバー10
19   サセッティ10
20 キャスケードブーケ10
21       グレースアンドグローリー10
22     × スティンガー10
23   リビングデイライツ10
24       オールザチャット10
25     ヴィヴァチッシモ10
26 リンガフランカ10
27   マルカフローリアン10
28       マジックコード10
29     ゲイリーレディ10
30     ダンスオブザマンボ10
31 ロリータ10
32     フレンドリー10

| | コメント (1)

2011.09.18

最後方から差を詰める

◆9/18(日)中山11R セントライト記念…×レッドセインツ(石橋脩)→7着
輸送してプラス6キロと増えたのは好材料だけど、いつものように踏み込みが甘いのは気になった。前走同様にゲート内でガタついて最後方から。1頭だけかなり離れた最後方を追走しつつ、3コーナーで馬群に取り付いてもまだ後方2番手に位置し、直線で大外に出していい脚で差を詰めるも、勝ち負けに加われるような感じではなく、バテた馬を交わした程度の7着となった。逃げ馬がかなり飛ばしていたけど、全体的にはスローペースで、もう少しいい位置に付けたかった。ただ、速い上がりは使えているし、レース内容は悪くない。

【次週出走予定】
◆9/25(日)中山12R 3歳上500万下…イルドロール(田中勝)

| | コメント (2)

2011.09.17

あまり気分が盛り上がらない重賞出走

フライバイワイヤーが、両膝骨折の傷が癒えて美浦トレセンへの帰厩体制が整い、東京開催でレースに復帰できそうで大いに楽しみ。

◆9/18(日)中山11R セントライト記念…×レッドセインツ(石橋脩)
ベルシャザール、サダムパテックらのクラシック好走馬もいて、なかなかレベルの高いメンバー構成になった。中間の調教から状態は良さそうだし、休み明けの方が走るタイプなので、今回は力を出せると思う。ただ、事実として過去2回重賞に出走して2回とも最下位に敗れていて、中山よりは直線の長いコースの方が実績があるし、残念ながら菊花賞の権利が取れるイメージは全く湧いてこない。中山芝2200mは厳しい流れになりやすいし、また後方からいい脚を使って少しでもいい着順に来て欲しい。

| | コメント (0)

2011.09.15

好タイムで連勝!

エルヴィエントが連勝で嬉しい3勝目を挙げてくれました。最近は気性面が成長して、ゲートの出が良くなったのが大きい。

◆9/15(木)大井10R セプテンバー賞…▲エルヴィエント(山田信)→1着
今日もパドックに入ってきた当初から落ち着いていて、プラス5キロでもスカッとした馬体で好気配だった。懸念されたゲートも問題なく揃って出たものの、周りが速くてあまり前に行けず、ムチを入れつつ5番手くらいに位置する。前の3頭が大きく後続を離す展開になり、内心ほくそ笑んでいた。4コーナーで追撃を開始し、外からいい脚を使って前との差を詰め、残り150mくらいで先頭に立つと、そのまま押し切ってB3クラスへの昇級初戦を勝利で飾った。展開が向いた面はあるにせよ、時計もなかなか優秀だし、B2へ昇級しても十分通用しそう。
20110915_01 20110915_02

| | コメント (0)

2011.09.14

B3クラスへの昇級戦

前走で久々の勝利を挙げたエルヴィエントが出走する。相変わらずゲートの中でうるさいので、普通のスタートが切れるかがカギになる。

◆9/15(木)大井10R セプテンバー賞…▲エルヴィエント(山田信)
今回がB3クラスへの昇級戦となる。メンバー的にはわりと恵まれた感じだし、前走の時計がなかなか優秀だったことから、マトモに走れば好勝負になるはず。実際に競馬新聞でも重い印が結構並んでいる。先行馬が揃っていて流れが速くなりそうで、ちょっと今回は展開的に乗り難しさはあるかも。偶数番を引けたし、ある程度は前の方へ行って欲しい。

| | コメント (2)

2011.09.12

キャロットクラブ出資申し込み完了

キャロットクラブの2011年度募集馬、当初の予定通りこの6頭を申し込みました。
ディアデラノビアは最優先でも抽選になる可能性が高く、何とか当選して欲しい。
一般枠ではヴァレラあたりも応募数がかなり多くなりそう。

-----------------------------------------------------
【最優先】
◆44 ディアデラノビアの10(父:キングカメハメハ)メス

【一般枠】
◆35 ジンジャーパンチの10(父:Bernardini)メス
◆36 ダンスザクラシックスの10(父:Dalakhani)メス
◆51 エンシェントヒルの10(父:ダイワメジャー)メス
◆83 ササファイヤーの10(父:ホワイトマズル)牡
◆84 ヴァレラの10(父:マンハッタンカフェ)牡
-----------------------------------------------------

あとは東京サラブレッドクラブで2~3頭くらいかな。
キーンランドセールでいい馬を落札したみたいなので、もっと増えるかも。

| | コメント (7)

2011.09.11

文句なしの内容で新馬勝ち

レッドアーヴィングが素晴らしい内容で新馬勝ちしてくれた。今までの出資馬で新馬勝ちしたのは4頭いて(ロールオブザダイス、レッドバリオス、レッドセインツ、レッドアーヴィング)、いずれも東京サラブレッドクラブの所属馬ばかり。

◆9/11(日)札幌5R 2歳新馬 ○レッドアーヴィング(四位)→1着
まだ体つきに多少の余裕があって、少しうるさい面を見せつつパドックを周回し、なかなかいい雰囲気だった。ちょっとだけゲートから出遅れて中団でレースを進め、特に折り合いを欠くようなこともなく、4コーナーで仕掛けると一気に外から先頭に並びかけ、直線では楽に後続を突き放して完勝した。文句の付けどころがない内容で、この先が非常に楽しみになった。成長を促すために一旦放牧するとのことで、復帰は年末のラジオNIKKEI杯2歳Sあたりか。

◆9/11(日)中山12R 3歳上500万下 △イルドロール(田中勝)→4着
前走はいつになく落ち着いていたのに、今日はいつもに増してチャカつきがひどく、田中勝春騎手が返し馬で馬場を1周して落ち着かせてくれた。ゲートの出は良かったけど、今日も抑えて後方から。3コーナーまでは後方のまま控え、4コーナーで外に出して仕掛けると、直線は凄い脚を使って0.1秒差の4着まで差し込んだ。時計も速いし今日の内容は上々で、こういうレースができれば、いつか展開がハマって突き抜ける日が来るはず。
Bg2c5830 Bg2c5989

【次週出走予定馬】
◆9/15(木)大井10R セプテンバー賞…エルヴィエント(山田信)
◆9/18(日)中山11R セントライト記念…レッドセインツ(石橋脩)

| | コメント (10)

2011.09.10

キャロットクラブ2011年募集馬見学ツアー

キャロットクラブ1日ツアーで見てきた馬をご紹介します。

【雑感】
・昨年はアブが大量発生した関係で、見栄えがしない馬が多かったけど、今年はそういうことはなかった
・今年は非常に値付けが巧い印象
・例年以上に申し込み総数は多そうだけど、たぶん人気は割れると思う
・おおむねカタログ・DVDと、牧場で実馬を見た印象が近かった
・ノーマークだったけど牧場で良く見えた馬
 ディアデラノビア、ムーンライトダンス、エンプレスティアラ、ライラックレーン

◆3 バランセラの10(父ディープインパクト)メス
いかにもディープインパクト産駒らしい、スラッとした上品な馬体をしている。一昨年のツアーで見学した、結果的に現在走っているディープ産駒を思い出すと、なんかこんな雰囲気だったような記憶がある。キャロットクラブもスタッフも一押ししていたし、ディープ産駒を1頭選ぶなら自分もこの馬にする。
3

◆5 キューの10(父ウォーエンブレム)牡
ウォーエンブレム産駒はボテっとした馬体をしているけど、付くべきところに筋肉がついたような感じで見栄えがする。芝よりはダートの方が向いてるかも。
5

◆7 ライラックレーンの10(父キングカメハメハ)牡
最初の展示場である早来ファームで一際目立っていたのがこの馬。スッキリと均整の取れた馬体で、さすがに高馬だけある。馬格の割に前脚が細く、怪我だけが怖い。飛節の折れが深くてハッキリと芝向き。
7

◆39 ガヴィオラの10(父ディープインパクト)牡
今年の最高額馬。昨年の募集馬アーカイブ(データの09)のようなオーラ。牧場スタッフの方の話では、身体がすごく柔らかいとのことで、お兄さん(メテオライト)よりも上だとか。
39

◆42 オールザウェイベイビーの10(父ディープインパクト)メス
かなりの人気を集めそうな馬。肩から胸前にかけての形が素晴らしい。写真ではそう見えないけど、実馬を見るとトモの肉付きも立派で、しかも松田博厩舎とあっては、人気になって当然か。
42

◆45 トゥザヴィクトリーの10(父キングカメハメハ)メス
現時点で1番人気で、早くも抽選が確定している。馬体のバランスはいいし、脚の角度も申し分ないけど、馬格の割に脚が細く見えてしまう。でも、俗に言う「脚の乾燥具合」は良く見える。
45

◆46 ルミナスポイントの10(父クロフネ)牡
いかにも馬力型の馬体だけど、カタログのコメント通り、飛節の折れが深くて芝でも走れそう。近親が活躍馬だらけで、募集価格は高めなのにも納得。出資しようか迷っている。
46

◆52 ブルーメンブラットの10(父シンボリクリスエス)牡
肉付きが良くて、今のところお母さんに似ているとのこと。全体的に馬の造りが大きいし、つまらない怪我をせずに長く走ってくれそうな印象。
52

◆53 シーザリオの10(父シンボリクリスエス)牡
普段は非常に扱いやすいタイプらしいけど、この日はツアー初日だったせいか、終始鳴いていたり落ち着きがなかった(綺麗な立ち姿を撮れなかった)。お父さんがシンボリクリスエスになって、華奢なところがなくなり、いかにも狙い通りの配合といった感じがした。
53

◆56 フサイチパンドラの10(父シンボリクリスエス)メス
こちらも展示中はうるさい面を見せていた。青毛ということもあり、馬体がギュッと詰まったように見えて、すこぶる見栄えがするタイプ。
56

◆60 エンプレスティアラの10(父フジキセキ)牡
フジキセキ産駒にしては珍しく均整の取れた馬体をしていた。お兄さんのレッドアーヴィングに雰囲気が似ているし、こちらはよりダート適性が高そうで、祖母のように地方交流重賞での活躍が期待できそう。この馬も出資しようか迷っている。
60

◆67 ムーンライトダンスの10(父ネオユニヴァース)メス
出発時間ギリギリで見たのでうまく写真が撮れなかったけど、この馬、実はかなりいいのでは。2つ上のお兄さんがオープンでも好走したし、人気ないのが不思議なくらい。担当の牧場スタッフの方も是非出資したいとのこと。
67

◆69 アドマイヤサンデーの10(父ジャングルポケット)メス
明るめの栗毛で個人的には好みのタイプ。DVDでは内向が気になったけど、実馬を正面から見ても別にどこが内向なのかはよく分からなかった。
69

◆70 グレイトフィーヴァーの10(父スペシャルウイーク)牡
グレーの綺麗な芦毛で、結構人気を集めそう。スペシャルウイーク産駒があまり走ってないのは気になるけど、四肢がしっかりしているし、堅実に稼いでくれそう。
70

◆80 ドリーボンズレガシーの10(父Hat Trick)牡
話題のハットトリック産駒。ちょっと繋が寝ているのは気になる。見た目以上に馬体に厚みがあって、混戦に強そうなタイプ。
80

| | コメント (0)

2011.09.09

現2歳出資馬初の勝ち上がりを

アドマイヤムーン産駒のレッドアーヴィングがデビューを迎える。各メディアの期待の新馬として取り上げられているようで、レースが楽しみ。

◆9/11(日)札幌5R 2歳新馬 ○レッドアーヴィング(四位)
8頭立てと少頭数でも、札幌芝1800m戦で素質馬が揃うだろうから、そう簡単には行かないだろうけど、鞍上の四位ジョッキーもかなりの手応えを感じてくれてるようで、かなり色気を持ってレースを迎えられそう。非常にバランスのとれたいい馬体をしているし、この先が楽しみになるようなレースを期待したい。

◆9/11(日)中山12R 3歳上500万下 △イルドロール(田中勝)
前走はポツンと離れた最後方から、直線だけでいい脚を使って5着まで差し込んできた。新潟よりも中山の方が追い込みは利きやすいし、そう強いメンバー構成でもないので、前崩れの展開になることを願うのみ。前が詰まっても構わないので、インを強襲するようなレースをしてもらいたい。

| | コメント (0)

2011.09.08

キャロットクラブ2011年度申し込み馬

キャロットクラブ1歳募集馬の1日ツアーに参加してきました。
今年はいやにアッサリと、当初の申し込み候補馬5頭に1頭プラスして、以下のように申し込み馬が決まった。もしかしたらあと少し追加する可能性がなきにしもあらず。他の展示馬については明日あたりにレポートします。

【最優先枠で申し込み予定】
◆44 ディアデラノビアの10(父:キングカメハメハ)メス
当初はノーマークだった。今年のキャロットの募集馬は例年以上にレベルが高いと思うけど、その中でも馬体が抜けて良く見えたのがこの馬。もし仮に、値段も人気も関係なく好きな馬を1口だけもらえるとしたら、全く迷うことなくこの馬を選ぶ。1つ上のディアデラバンデラはシンボリクリスエス産駒の割に、妙に馬体が薄いのが気になって結局申し込まなかったけど、父がキングカメハメハに変わったことと2番仔のせいか、力強さがみなぎってる印象を受ける。ただ、肩の出が硬い歩き方をしているのだけはマイナス。
44


【一般枠で申し込み予定】
◆35 ジンジャーパンチの10(父:Bernardini)メス
ツアーのように多くの人に囲まれるのは初めてなので、ずっと落ち着かず2人がかりで展示されていた。初仔だけあって馬体はコンパクトだけど、ダートだけでなく芝も行けそう。某社長が「ドバイで走ってもおかしくないね」とつぶやいていた。確かに血統だけならどこへ出しても十分通用する。牧場スタッフの方も出資したがっていたのが印象的。
35

◆36 ダンスザクラシックスの10(父:Dalakhani)メス
カタログでは胴が詰まって見えたけど、実馬を見るといかにも中長距離向きのスラッとした馬体をしている。スピード不足で未勝利でも苦戦する可能性は十分あるけど、もし仮に牝馬限定3000m戦なんてレースがあったら、間違いなくこの馬が勝ちそうなほど、長距離適性が高く、うまいこと早めに2勝を挙げて長距離戦線で活躍してくれないものか。未勝利で終わったとしても、母馬優先権を持っておくといいことがありそう。
36

◆51 エンシェントヒルの10(父:ダイワメジャー)メス
現3歳のお姉さんは未勝利でも苦戦しているけど、この馬は脚捌きが非常に柔らかくていい歩き方をしていて、お母さんが活躍したダートよりむしろ芝の方が走るかも。牧場スタッフの方の話でも、体質が強くて早期デビューが期待できるとのこと。今話題のダイワメジャー産駒だし、これはお買い得なのでは。
51

◆83 ササファイヤーの10(父:ホワイトマズル)牡
圧倒的にデカく、大きさだけなら牧場でも一際目立つ1頭。ホワイトマズル産駒らしく、馬体のバランスが悪くて不格好だけど、これから調教で鍛えられればもっとスッキリと見せてくるはず。とにかくトモの運びが柔らかい上に力強くて、それだけで出資意欲が湧いてしまうほど。既に500キロを超えていても、脚が太くていかにも頑丈そうなので、特に心配は要らないのでは。
83

◆84 ヴァレラの10(父:マンハッタンカフェ)牡
こちらも500キロあり、大きくて目立つ1頭。ただ大きいだけでなく馬体のバランスが良くて、全体的にガッチリしているので、つまらない怪我はしないはず。ガッチリしている割に歩様が柔らかい点は特筆モノで、これは申し込まない理由が見当たらない。芝の中長距離で楽しめそう。
84

| | コメント (4)

2011.09.06

テンヤードスカート引退

ユニオンオーナーズクラブ所属の3歳牝馬、テンヤードスカート(父:ネオユニヴァース)が、成績不振により引退することになった。

栗東の昆厩舎に入厩予定と謳われて募集されたものの、体力不足を理由に美浦の浅野厩舎へ預託されることになった。新馬戦が組まれている時期なのに、わざわざ未勝利戦でデビューさせたり、400キロソコソコしかない細身の馬なのに、小倉や函館へ遠征させたりとチグハグで、5戦して全て二桁着順と、まるで良いところがない競走成績に終わってしまった。
Bg2c7060 Bg2c7083_3

| | コメント (2)

2011.09.05

キャロットクラブ2011年募集馬

また例年のように、キャロットの2011年度1歳募集馬をチェックしてみた。
相変わらずシンボリクリスエス産駒が良く見えて、シーザリオの10やフサイチパンドラの10にも出資したくてウズウズしてしまう。1日ツアーで実馬をよく見てから最終的に決めたい。出資候補馬はいつもより絞っているつもりだけど、例年よりもいい馬が多いような気がする。

【現段階の出資候補馬】
35 ジンジャーパンチの10(父Bernardini)
36 ダンスザクラシックスの10(父Dalakhani)
51 エンシェントヒルの10(父ダイワメジャー)
83 ササファイヤーの10(父ホワイトマズル)
84 ヴァレラの10(父マンハッタンカフェ)

【チェックポイント】
◆母齢
出生時の母馬の年齢が10歳以下であること。
母馬が若い方が、運動量が豊富で、体質が強化される傾向にある。
12歳までなら許容し、13歳以上なら×。

◆馬体
完全に個人的な好みで印を付けた。
前後のバランスを重視。前が勝ちすぎても、トモだけが力強くても減点。
やはりどこか窮屈なところがある馬は、そこに負担が掛かって怪我をしやすい。
繋が立ち気味でもダート向きの馬なら気にしないけど、寝過ぎは×。
スラッとした馬よりは、筋肉質な馬体が好み。

◆歩様
こちらも全くの個人的な好みで印を付けた。
前肢が前の方に良く出ていて、歩様自体もスムーズで大きければ○。
さらに後肢も前の方にグッと踏み込んでいたら尚良い。
チョコチョコした手先だけの歩きや、トモを上げずにすぐ下ろす歩き方は×。

NO 母齢 馬体 歩様 名前
1 クラシックローズの10
2     フレンチバレリーナの10
3 バランセラの10
4   ショアーの10
5     キューの10
6     ティエッチマンボの10
7   ライラックレーンの10
8   ペニーホイッスルの10
9 ファインセラの10
10   スプレッドウィングの10
11   ベビーグランドの10
12   モンプティクールの10
13   グレイスルーマーの10
14     スターミーの10
15 ヴィートマルシェの10
16     ミスコンチェルトの10
17 スルーレートの10
18   ハナランマンの10
19   ファーストチェアの10
20   プレラットの10
21     メジロルルドの10
22   イージーラヴァーの10
23   ドゥルセデレーチェの10
24   アビラの10
25 シンプルザベストの10
26   カツラドライバーの10
27     ベルグチケットの10
28 ジェリクルの10
29     アイルドフランスの10
30   ミラクルレイザーの10
31     キトゥントリックスの10
32   ハリウッドレビューの10
33     スウィートマフィンの10
34     マチカネエンジイロの10
35 ジンジャーパンチの10
36 ダンスザクラシックスの10
37   ルシルクの10
38   フォルテピアノの10
39   ガヴィオラの10
40     シーズライクリオの10
41     ポトリザリスの10
42 オールザウェイベイビーの10
43   スターパレードの10
44   ディアデラノビアの10
45       トゥザヴィクトリーの10
46 ルミナスポイントの10
47     ビスクドールの10
48     ブロードアピールの10
49     グッドゲームの10
50   ダークサファイアの10
51 エンシェントヒルの10
52 ブルーメンブラットの10
53 シーザリオの10
54     ドルチェリモーネの10
55 モンローブロンドの10
56 フサイチパンドラの10
57       ピノシェットの10
58   プンティラの10
59   プリンセスミラクルの10
60     エンプレスティアラの10
61     ヴィアンローズの10
62   アウトオブタイムの10
63 リッチダンサーの10
64   ラフィントレイルの10
65   スムーズセイリングの10
66   ヒカルアモーレの10
67   ムーンライトダンスの10
68 ×   アドマイヤメガミの10
69   × アドマイヤサンデーの10
70   グレイトフィーヴァーの10
71     フィックルフレンズの10
72     クリソプレーズの10
73   シンコウエンジェルの10
74     マリスターⅡの10
75     インディスユニゾンの10
76       ブルーラスターの10
77   レースの10
78 スターアイルの10
79     マチカネモユルの10
80   ドリーボンズレガシーの10
81     ハンドレッドスコアの10
82     ジェイズジュエリーの10
83   ササファイヤーの10
84 ヴァレラの10
85     マチカネササメユキの10
86 ポイントアシュリーの10
87     Tadwigaの10
88     クリスタルコーストの10
89       キャンディーストアの10
90     エンジェルローブの10
91     マチカネヤマザクラの10

| | コメント (8)

2011.09.04

後方のまま全く脚を使えず

期待のリズムディヴァインが全く良いところなく敗れてしまい、すっかり意気消沈。。。

◆9/3(土)新潟1R 2歳未勝利…▲リズムディヴァイン(柴田善)→13着
もともと非力なタイプで、マイナス6キロとまた減ってしまったけど、今回は力強い踏み込みをしていたし、気が散るような仕草を見せず、パドックの気配は上々だった。揃ったスタートからスピードに付いていけない感じで置かれはじめ、3コーナーでは後ろから3番手まで下がってしまい、かなり大きく外を回りつつ直線に向いて、そこから全く脚を使えずむしろ離されてしまい13着に終わった。芝の2戦は特に見所がなく、母が得意としていたダート戦での巻き返しに期待したものの、後方のまま全く脚を使うことなく惨敗してしまい、まだあと1年あるとはいえ、この先が非常に厳しくなった。
Bg2c5385

◆9/4(日)札幌4R 3歳未勝利…×テンヤードスカート(小林徹)→13着
除外続きだったせいか馬体がほとんど増えず、相変わらず非力に見えたけど、今日は珍しくトモの踏み込みが良く見えた。ソロっとゲートを出てしまい、ダッシュも鈍くて最後方から。向正面で鞍上が押し上げようとしても、どうもフットワークが空回りするような感じで前に進まず、結局はむしろ馬群から離されてしまい、大差のシンガリ負けを喫した。これで引退が確定するはずだけど、馬房が埋まらない厩舎なので、スーパー未勝利への出走を伺うかも。

【次週出走予定馬】
◆9/11(日)札幌5R 2歳新馬 レッドアーヴィング(四位)

| | コメント (2)

2011.09.01

ダート戦で巻き返しを

今週末はリズムディヴァインの応援に新潟へ行ってきます。どうやら台風の直撃は避けられそうで一安心。今回はお母さんが得意としていたダート戦なので、何とかいいところを見せて欲しい。

◆9/3(土)新潟1R 2歳未勝利…▲リズムディヴァイン(柴田善)
お母さんが芝はからっきしダメだったので、この馬もダートの方が向いている可能性は十分。遅生まれのせいか馬体に力強さがなく、ダートに替わりで激変するのは難しいかもしれないけど、調教の時計もだいぶ詰められるようになってきたし、何より栗田厩舎の馬に相談役が乗る時は勝負懸かりなので、今回は好走を期待できそう。もし大外枠を引けるようならかなり楽しみ。

◆9/4(日)札幌4R 3歳未勝利…×テンヤードスカート(小林徹)
今まで芝・ダート距離を問わず4戦していずれも二桁着順、しかも勝ち馬とは最低でも2.3秒差と、全くお話にならないような戦績で、しかも中間の調教からも変わってきた印象はなく、今回も厳しいレースを強いられそう。ただ、前走で直線芝1000m戦を使ったので、もしかしたらスタートダッシュがいつもよりマシになる可能性も。

| | コメント (3)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »