« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.30

出遅れて5着まで

ユニオンのマドモアゼルシッシ10は、満口にならず出資が確定しました。パワフルな馬体をしていて、主にダート路線で楽しみ。

◆6/30(木)大井9R 矢車草特別…▲エルヴィエント(山田信)→5着
パドックでは時々小走りになったりクビを振ったりしたけど、いつもに比べれば全然落ち着いている方で、今日は力を出せそうな雰囲気だった。ゲート先入れの奇数番がアダとなって、1頭だけモロに出遅れてしまい後方2番手から。3コーナー入り口では先頭からかなり差があり、これはダメかと諦めていたら、そこからソコソコの脚を使って直線では大外からジリジリと差を詰めるも、残り100mで脚色が鈍って5着まで。出遅れずにもう少しいい位置につけていれば勝ち負けできた感じもするけど、終いは脚が鈍っているし、どうもなかなか上手く行かない。
Bg2c1843 Bg2c1960

| | コメント (0)

2011.06.28

気の悪さを見せなければ好勝負

2勝目が遠いエルヴィエントが中2週で引き続き出走する。力はあるのでスムーズに実力を発揮して欲しい。

◆6/30(木)大井9R 矢車草特別…▲エルヴィエント(山田信)
前走は発馬直前でゲートを突進してしまい、レースにならなかったけど、2走前はかなりメンバーが揃った中で2着になり、実力的にはここに入っても十分通用するはず。前へ行きたい馬が揃って展開が向きそうだし、バリバリのスピード型でもないので1400mにも対応可能。先入れの奇数番を引いてしまったことからゲートに一抹の不安が残り、また気の悪さを見せないことを祈るのみ。

| | コメント (0)

2011.06.27

ユニオンオーナーズクラブ2011年度募集馬

ユニオンオーナーズクラブ2011年度募集馬をチェックしてみた。ユニオンも例年以上に魅力的な馬が多く、カタログ・DVDを見た感じでは、以下の7頭が気になった。昨年の募集馬を最後にして新たに出資せず、現役馬が引退したら自然退会しようと思っていたけど、補償とポイントがソコソコ残っているし、今年度の募集馬に出資しようかちょっと悩んでいる。

・23:マドモアゼルシッシ10(父クロフネ)牡
・08:カイロローズ10(父アドマイヤムーン)めす
・16:ムーンザドリーム10(父スウェプトオーヴァーボード)牡
・07:イサミステルス10(父マンハッタンカフェ)めす
・17:コスモリバー10(父ワイルドラッシュ)牡
・28:スズカミンクス10(父ゴールドアリュール)牡
・19:キングスベリー10(父タイキシャトル)牡

上記7頭の中でも、マドモアゼルシッシ10は、雄大な馬体をしている割には動きが大きくて柔らかく、ダートだけでなく芝もこなしてくれそうだし、サンデーの血が入っていないのも魅力的。ユニオンには日高らしい血統の馬に出資したくて入会したのに、上の7頭はいずれも社台系でも出資出来るような父ばかりなのも悩みどころ。申し込み締め切りが6/28(火)の17時で、マドモアゼルシッシは申し込み数が多いらしく、出資するかは早めに決めなくては。

| | コメント (6)

2011.06.25

嬉しい今年3勝目

ロックバルーンが勝ってくれて、ようやっと今年の3勝目となった。来週から期待馬が続けて出走するので、これで弾みがついてくれると嬉しい。

◆6/25(土)中山8R 3歳以上500万下…▲ロックバルーン(北村宏)→1着
今日はいつになくパドックでも落ち着いていたし、歩様が力強くて馬体も絞れ、出走取消の影響は全く感じられなかった。馬場入場の際にちょっと気の悪さを見せていたので、北村騎手が馬を落ち着かせるために1頭だけゆっくりと返し馬をしてくれた。レースでは、揃ったスタートから他馬が行くのを見て3番手に控える。流れが速くなったので、この時点で上位は約束されたようなもの。道中もずっと離れた3番手をキープしながら、4コーナーでジワジワと進出し、直線で前にいた馬を交わすと、1馬身抜け出て嬉しい3勝目を挙げた。今日の勝利は北村騎手の手腕によるところが非常に大きい。ある程度は先行力があるので、1000万条件でも2000m前後のレースなら掲示板争いには加われそう。
Bg2c1810

◆6/25(土)函館9R 3歳以上500万下…×チャームドライフ(古川吉)→6着
いつもパドックでは完全に眼がイッちゃってチャカつく馬だったのに、今日は全くの別馬のように落ち着いて周回していた。馬体もマイナス12キロで丁度いい感じ。好スタートから3番手の外に付け、道中は動かずピッタリと折り合いが付き、3コーナーでペースが速くなった時も、少し気合いを入れるとスムーズについて行けたし、直線では一瞬先頭に立つシーンもあり、2着くらいに粘れそうな勢いだったけど、休み明けのぶん最後は息が上がって6着となった。今日の内容なら500万条件でもソコソコやれるだろうし、叩いた次走は楽しみ。

【次週出走予定】
◆6/30(木)大井9R 矢車草特別…エルヴィエント(山田信)
◆7/02(土)中山11R 中山グランドジャンプ…プラテアード(未定)
◆7/02(土)中山12R 3歳上500万下…レッドジール(中舘)
◆7/03(日)中山2R 3歳未勝利…テンヤードスカート(未定)
◆7/03(日)京都2R 3歳未勝利…アンティフォナ(未定)
◆7/03(日)京都11R 米子S…スピリタス(高倉)

| | コメント (0)

2011.06.24

逃げてどこまで?

社台・サンデーの申し込みが終わったと思ったら、今度はG1サラブレッドクラブのカタログが今度の日曜か月曜に届く。こちらは一切迷うことなく「第1希望:ノーブルステラ10」で投函する。もしかしたら第2・第3希望を書くかも。

◆6/25(土)中山8R 3歳以上500万下…▲ロックバルーン(北村宏)
右肩跛行での取消から2週間後の出走となるので、状態面は万全とは言えないはず。ただ、10頭立てでまず間違いなく先手を取れそうなメンバー構成だし、500万条件でソコソコ走れているのがコスモロビン1頭だけしかおらず、ここは久々に勝ち星を挙げるチャンスに思える。逃げ馬だけに、交わされるとモロいので連を外すケースも考えられる。

◆6/25(土)函館9R 3歳以上500万下…×チャームドライフ(古川吉)
4ヶ月ぶりの出走。昨年も似たような臨戦過程で未勝利戦を勝ち上がっているけど、ダート1700m戦が多く組まれているわりに面倒なメンバーが揃い、仮にスンナリと先手を取れたとしても、ここは苦戦必至。ビシビシと追えていて、まだ馬体は重いかもしれないけど状態面は悪くなさそう。

| | コメント (2)

2011.06.22

社台・サンデー申し込み馬決定

社台・サンデーの申し込み馬がようやっと決まりました。

・第1希望:アゼリの2010

ベルベットローブとアゼリのどちらを第1希望にしようか、今までにないくらい散々迷った。2頭の良く見えたところとイマイチなところをまとめると下記のようになり、ベルベットローブを第1希望にすると実績でハズレる可能性があるし(アゼリを第2希望にしても抽選でハズレて2頭とも取れない可能性もある)、アゼリのキリっとした眼がどうにも忘れがたく、アゼリを第1希望にして申し込むことに決めた。

【ベルベットローブ】
○・・・父ステイゴールドで旬の血統
○・・・中サイズ以上にはなりそうだし、選手権距離に向きそう
△・・・ちょっと後肢の踏み込みが弱い(腰が甘そう)

【アゼリ】
◎・・・凛とした立ち姿と、賢そうでキリッとした眼に惹かれた
○・・・馬体・歩様とも素晴らしいとしか言いようがない
△・・・芝よりはダートの方が向いてそう

クラブに聞いてみたところ、6/21(火)時点での第1希望は5通とのことで(第2希望は11通)、まず間違いなく申し込みが確定するはず。
Rimg0003

| | コメント (2)

2011.06.19

行きっぷりが悪く8着

社台の3歳牝馬アンティフォナがゲート試験に合格した。未勝利戦も残り少ないし、スンナリと試験に合格したのは大きい。まだ速いところは乗られていないので、デビューはもう1ヶ月くらい先か。

◆6/19(日)阪神4R 3歳以上障害オープン…×プラテアード(横山義)→8着
半年ぶりでマイナス2キロと馬体は仕上がっているように見えたけど、今日は妙に歩様が堅く見えて、力強さが感じられなかった。揃ったスタートからじんわりと抑えて中団あたりから。いつものように引っ掛かることなく折り合っていて、飛越も上手だった。ただ、勝負処に入って仕掛けても馬が全く反応せず、バテず伸びずで8着に終わった。休み明けはダメなタイプなので、叩いた次走に期待だけど、パドックの時点から馬にやる気が感じられなかったのは気になる。

【次週出走予定】
◆6/25(土)中山8R 3歳以上500万下…ロックバルーン(北村宏)
◆6/26(日)函館7R 3歳以上500万下…チャームドライフ(未定)

| | コメント (0)

2011.06.17

折り合えば上位進出も

社台・サンデーの申し込み馬はまだ悩んでいて決まらない。かなり決断は早いほうなので、ここまで悩んだのは初めて。

◆6/19(日)阪神4R 3歳以上障害オープン…×プラテアード(横山義)
オープン平場なので抜けた存在は見当たらないけど、未勝利戦を勝った直後の馬が多く、各馬にチャンスがありそうな混戦模様のレース。今回は半年ぶりになるし、障害戦ではモロに引っ掛かる面を見せて直線でバテる競馬を続けているので、いまひとつ強気にはなれない。ただ、平地の脚はこのメンバーでも上で飛越も巧く、オープンを勝つだけの力はあることから、ソコソコは走ってくれそう。引っ掛からずに折り合えるようなら上位も十分。

| | コメント (0)

2011.06.16

【1日ツアー】早来ファーム・追分ファーム

社台・サンデーの1日ツアーで、気になった馬を挙げていきます。今回が最終です。

【早来ファーム】
◆24 オータムブリーズ2010(父:ステイゴールド)牡
白老ファームゆかりの血統で、ステイゴールド産駒らしいピリッとしたところのある馬。厩舎的にあまり人気は集中しなそうだけど、既に400キロ超あって力強い馬体をしていて、馬そのものはなかなか魅力的。
24

◆122 サルヴァドール2010(父:ウォーエンブレム)牡
血統的にはダートで良さそうだけど、馬体を見ると芝でも走れなくはないんじゃないかと思ってしまう。筋肉質だけど柔らかい歩様をしていて、粒ぞろいのウォーエンブレム産駒の中でも良く見えた。
122

◆164 アルーリングアクト2010(父:ウォーエンブレム)牡
産駒が全馬勝ち上がっている母に、これまた驚異的な勝ち上がり率を誇る父を配合され、誕生した馬。筋肉質で立派な馬体をしているし、芝ダート距離問わず万能な走りを見せてくれそう。
164

◆168 オリエンタルアート2010(父:ステイゴールド)牡
圧倒的な応募を集めている、ドリームジャーニー・オルフェーブルの全弟。コンパクトながらギュッと詰まった馬体が素晴らしいし、いかにも気が強そうな眼をしていて、兄の存在を抜きにしても気になってしまう1頭。
168


【追分ファーム】
◆22 オールピュール2010(父:スペシャルウイーク)牡
最近大活躍中の堀厩舎に預託予定なのに、なぜか総額1800万円と安価な牡馬。繋が立っているのは気になるけど、他に気になるところは見当たらないし、追分ファームリリーバレーの坂路で鍛えられれば面白そう。
22

◆37 ニキーヤ2010(父:ディープインパクト)牡
クラブスタッフも自身を持って薦めていた1頭。胴長で雄大な馬体をしていて、ディープインパクト産駒らしくない逞しさで、展示馬の中でも目立っていた。ただ、高齢出産の域に入る点は気がかり。
37

◆48 グレイトフルデイ2010(父:ネオユニヴァース)牡
全くのノーマークだったけど、デカい割にはバランスが良く、目を惹いた一頭。カタログの文句通り、芝・ダート問わず走ってくれそうで、第2・第3希望の候補としてはいいかも。
48

◆114 イルネージュ2010(父:フジキセキ)めす
この姉妹はとにかくチャカチャカ落ち着きがないけど、この馬は非常に穏やかな性格だそうで、展示初日でもチャカつくことはなかった。堅実に2勝くらいしてくれそうなタイプで、スタッフも推奨していた。
114

| | コメント (2)

2011.06.15

【1日ツアー】社台ファーム

社台・サンデーの1日ツアーで、気になった馬を挙げていきます。

【社台ファーム】

◆17 ダンスインザムード(父:チチカステナンゴ)オス
スカッとしたいい馬体をしているけど、こちらも芦毛なのでなかなか見分けが難しいタイプ。既に400キロちょっとあるわりには素軽い動きをしていて、走りそうな雰囲気を持っているけど、父が日本では未知数なのがどう出るか。
17

◆20 マンハッタンフィズ(父:ジャングルポケット)オス
写真では変な立ち方をしているので肩の形が悪く見えるけど、全体的な馬体のバランスがいいし、背中のラインも綺麗で、8000万円という強気な値付けも理解できる。動きが柔らかいのもポイント高い。
20

◆27 ペディクラリス(父:ホワイトマズル)オス
母系が世界的名血なので大いに注目していた。馬体がまだ華奢なのは父ホワイトマズルだからいいとして、前脚の繋が極端に寝ているのが気になってしまう。馬体はいいんだけど、今年は補償がないのでこの繋は怖い。。。
27

◆30 ラピッドオレンジ(父:ファルブラヴ)めす
ファルブラヴ産駒は馬体のバランスがいい馬が多いけど、この馬もその1頭。ダートだけでなく芝もこなせそうな雰囲気。ただ、1歳馬という点を考慮に入れても、後肢の踏み込みが甘かったのは気になる。
30

◆31 ダンスオールナイト(父:ファルブラヴ)めす
こちらも馬体のバランスの良さが目に付いた1頭。出資候補に入れていたけど、馬体に堅さが目立ち、歩いてもスムーズな感じがなくて、実馬を見ての印象はあまり良くなかった。
31

◆35 ダリシア(父:Mr.Greeley)オス
まだ冬毛が残っているけど、1歳の6月にしてこの馬体は素晴らしい。440キロとサイズも大きめ。これから調教が進んだらどんな馬体になるか楽しみな1頭。父が日本では実績がない点は気がかり。
35

◆38 レンドフェリーチェ(父:ディープインパクト)めす
皮膚の薄さと馬体の上品さが一際目立つ1頭で、この素晴らしい馬体を見てしまっては候補に入れざるを得ない。同じ父を持つ姉よりも600万高いのも頷ける。今後が非常に楽しみな好素材。
38

◆42 マンハッタンセレブ(父:キングカメハメハ)めす
ちょっと武骨な感じの馬体をしているけど、メス馬にしては全体的にサイズが大きくて、展示馬の中でも目立っていた。近親に活躍馬が多数いるし、これは第2~第3希望で狙い目かも。
42

◆50 ホワイトウォータアフェア(父:ネオユニヴァース)めす
ドバイワールドカップを勝ったヴィクトワールピサの全妹。まだ全体的に華奢で、これからの成長が待たれるところ。世界の角居厩舎に入厩予定なのはポイント高し。
50

◆60 プリンセスルシータ(父:チチカステナンゴ)めす
チチカステナンゴ産駒の中では、この馬が個人的には良く見えた。気性が穏やかで馬体がよくまとまっているけど、400キロある割にはまだ馬体が小さく見える。鍛えられてからの成長が楽しみ。
60

◆73 サニーサイドアップ(父:ウォーエンブレム)めす
地方競馬に出すのが勿体ないようなパワフルな馬体。ダート専門ではなく芝もこなせそうだから、道営で早期デビューして、札幌の芝コースで走らせたら面白そうな存在。
73

| | コメント (0)

2011.06.14

【1日ツアー】ノーザンファームYearling メス

社台・サンデーの1日ツアーで、気になった馬を挙げていきます。

【ノーザンファームYearling メス】
◆102 ミュージカルウェイ(父:ディープインパクト)
クラブスタッフが一押ししていた馬。上品で綺麗にまとまった馬体で、いかにもディープインパクトの仔といった雰囲気。芯がしっかりしていて歩様も柔らかく、総額3200万ならお買い得かもしれない。
102

◆107 クイックリトルミス(父:アグネスタキオン)
こちらは骨太な栗毛の馬体で、いかにもアグネスタキオンの仔らしい。お母さんが1.2億円で輸入された繁殖牝馬で、輸入後初めて種付けされた仔だから、今回が狙い所かも。値段も安め。
107

◆109 アイランドファッション(父:ネオユニヴァース)
芦毛の馬は善し悪しがなかなか見分けづらいけど、全体的なシルエットが綺麗で、窮屈なところが見当たらない、好馬体をしている。ネオユニヴァースの牝駒にまだ実績がない点だけが気がかり。
109

◆146 イントゥザグルーヴ(父:キングカメハメハ)
お腹のラインがボテっとしているし、まだ全体的にメリハリがないけど、背中のラインが美しく、乗り込みが開始されて馬体がスッキリしてくれば、かなり見栄えがしそう。芝の中距離で楽しめそう。
146

◆174 ラヴズオンリーミー(父:Danehill Dancer)
良血馬で馬体のバランスも良く、400キロソコソコと決して大きくないサイズながら、展示場でも目立っていた。筋肉量も十分。芝よりはダートの短距離っぽい血統なのがマイナス。
174

◆175 アゼリ(父:Distorted Humor)
凛とした立ち振る舞いが素晴らしく、G1を11勝もした歴史的名牝の仔らしい雰囲気をまとっている。牝馬で5000万は相当な高額だけど、この顔・この立ち姿を見てしまっては、出資候補の筆頭にせざるを得ない。
175

| | コメント (0)

2011.06.13

【1日ツアー】ノーザンファームYearling 牡

社台・サンデーの1日ツアーで、気になった馬を挙げていきます。

【ノーザンファームYearling 牡】
◆139 ロゼカラー(父:ディープインパクト)
例年は大人気の薔薇一族。値段の割に走っていないせいか、今年はあまり注目されていなかった。ただ馬体のバランスはいいし、むしろ兄弟の中では良く見える。周囲を威圧するような眼もポイント。
139

◆140 アドマイヤハッピー(父:ディープインパクト)
カタログではスラッとした体型に見えたけど、実馬を見るとそうでもなく、キッチリとまとまっていた。気性的には大人しくて手がかからないタイプとのこと。かなりの人気を集めそう。
140

◆148 ゴレラ(父:ネオユニヴァース)
今年の2~3番人気。誰が見てもいい馬だと分かるような馬体をしている。この時期にして既に歩様が力強く、ギャラリーを唸らせていた。2つ上の姉がまだ勝っていないけど、この馬は全然違う成績になりそう。
148

◆149 キッスパシオン(父:ネオユニヴァース)
これからの伸びしろという点では、ゴレラよりもこちらの方か。5月生まれでまだ全体的に幼さが残るけど、四肢のバランスが非常に良く、つまらない怪我をせずにデビューを迎えられそう。クラブスタッフの方も一押ししていた。
149

◆167 ベルベットローブ(父:ステイゴールド)
注目のステイゴールド産駒。既に420キロ近くあり骨太なこともあって、父のようにタフな競走生活を送れそうな印象。歩様もしっかりしているし、こちらも人気になりそう。牧場の方も力強く推奨していた。
167

◆183 アウトオブザウィム(父:アドマイヤドン)
地方入厩馬なので注目度は低かったけど、こちらのアドマイヤドン産駒は、ガッチリとした馬体をしていて、いかにも南関東のダートでパワフルな走りを見せてくれそうな面白い存在。
183

| | コメント (2)

2011.06.12

直線の伸びが見られず

レッドバリオスが1年ぶりに栗東トレセンへ帰厩した。ブランクが長くて仕上がるまでは時間がかかりそうだけど、マトモなら500万条件でウロウロする馬ではないので楽しみ。

◆6/11(土)阪神8R 4歳上500万下…×アイビーフォールド(幸)→8着
いつもパドックではよく見せるタイプだけど、この日もパドックの外めをキビキビと歩き、全体的な気配は上々に見えた。好スタートからジワッと抑えて中団のやや後ろから。馬群の内側に入れてジッとしていて、直線の入り口から追い出すと、馬群を突き抜けるような勢いはないけどジリジリと差を詰めて8着となった。着順は冴えないけど、今までは途中でレースを止めることがあったので、今回の内容は決して悪くない。

◆6/12(日)東京7R 4歳上500万下…△ロックバルーン(北村宏)→取消
右肩跛行のため出走取消。

◆6/12(日)東京8R 4歳上500万下…×イルドロール(三浦)→13着
いつも通りパドックではチャカつき気味。でもいつもよりは落ち着いている方で、中1週続きの割には調子も悪くなさそうだった。好スタートから抑えてちょうど中団あたりに控える。じっくりと折り合ったまま直線に向き、馬群の中に突っ込んで追い出しても全く反応がなく、伸びるどころか徐々に後退してしまい13着に終わった。気性面の成長がないし、ここ最近は入着もままならず、そろそろ進退について議論されそう。
Bg2c1726

【次週出走予定】
◆6/19(日)阪神4R 3歳以上障害オープン…プラテアード(横山義)

| | コメント (0)

2011.06.10

社台・サンデー1日ツアー(2011年)

今年も社台・サンデーの1歳募集馬1日ツアーに行ってきました(5年連続参加)。午前中から17時過ぎまで、一気に300頭近くの馬を見るので、さすがに疲労は濃いけど、これだけの頭数と一度に見る機会は滅多にないので、出資候補馬探しを抜きにしても単純に面白いし興味深い。さて、今年の雑感を軽くまとめておきます。写真の整理はいずれまた。

◆今回の募集馬は例年より明らかにレベルが高い(値段も高いけど)
カタログやDVDを見ている時から思ったけど、今年は目移りするくらい良さそうな馬ばかり。馬体に気になる個所がある馬がかなり少ないし、柔らかくてバネのありそうな動きをしていたり、バランスの良い馬体だったり、良い馬が目立って全体的なレベルは非常に高い印象。

◆オリエンタルアート10に、そう極端に応募は集中しないかも
やはり一番注目を集めていたのはダービー馬の全弟オリエンタルアート10。でも、ゴレラ・アゼリ・ニキーヤ・エアトゥーレなどの高額馬もさすがという馬体をしていたし、出資実績が高い人の応募はソコソコ分散するかも。

◆G1サラブレッドクラブの募集馬も展示されていた
まだカタログが公開されていないので事前にチェックできず、いきなり牧場で実馬を見て判断するしかないけど、パッと見てこれはいいと唸ってしまうような馬ばかりで、むしろ今年はG1サラブレッドクラブをメインにしてもいいのではと思ってしまう。スタッフの方のハナシによると、来年は80頭くらいの募集を予定しているそうで、来年いい馬に出資するために実績を積む意味でも、今年出資しておくといいのかも。

◆個人的に一番良く見えた展示馬は、G1のノーブルステラ10
今回のツアーで展示された馬の中で一番良く見えたのは、社台ファーム生産のノーブルステラ10(父ディープインパクト)で、G1サラブレッドクラブで募集予定の馬。406キロとこの時期にしては丁度良い大きさで、馬体に窮屈なところがないし、何よりもキリっとした眼が印象的で、おそらく精神状態も非常にいいんだと思う。

◆現段階の申し込み候補馬
まだ写真や見て回った印象を整理しきれていないけど、現段階の候補はこんな感じ。社台・サンデーを軽めにして、G1をメインにするという手もあるし、色々悩みそう。

【現時点の第1希望候補】
175 アゼリ10
167 ベルベットローブ10
146 イントゥザグルーヴ10
060 プリンセスルシータ10

【現時点の第2~3希望候補】
48 グレイトフルデイ10
109 アイランドファッション

167 175_2

146 G13
(写真左上)167番ベルベットローブ10
(写真右上)175番アゼリ10
(写真左下)146番イントゥザグルーヴ10
(写真右下)G1のノーブルステラ10

| | コメント (11)

2011.06.09

クラス再編前に好走を

明日は社台・サンデーの1日ツアーに行ってきます。どうも小雨模様で肌寒くなりそう。もし電波が拾えるなら、ツアーの模様を時折ツイッターに書いてみようかなと。
http://twitter.com/randnet


◆6/11(土)阪神8R 4歳上500万下…×アイビーフォールド(幸)
1200mでは崩れなく走れるけど時計面に限界があり、今なら1400mの方がレースはしやすいかもしれない。500万条件でも好走歴があるし、今回勝てばすぐまた500万条件に降級するので、何とか勝ち星を拾えないものか。今回は徹底先行型の馬が見当たらず、流れが落ち着いてしまうとこの馬にとっては厳しい。

◆6/12(日)東京7R 4歳上500万下…△ロックバルーン(北村宏)
東京最終週+クラス再編成直前で、駆け込み出走が多くてレースレベルは高め。この馬は1800m前後なら常に入着級の走りはできるし、今回も望めば先手を取れそうな組み合わせなので、引き続きソコソコ好勝負はできそう。前走は滑る馬場にノメってハミに頼る走り方をしていたので、馬場はあまり悪化しない方がいい。

◆6/12(日)東京8R 4歳上500万下…×イルドロール(三浦)
前走は後方からいい脚で追い込んで6着でも、4コーナー最後方の勝負圏外からのもので、もう少し前に付けると当然脚は鈍るだろうし、なかなかレースの仕方が難しい。今回はレースで舌を縛りつつ、また後方からの競馬をするようで、展開がハマってどこまで走れるか。

| | コメント (2)

2011.06.08

気の悪さを見せて大敗

2勝目を期待していたエルヴィエント、今回勝ったら今年も地方競馬オーナーズで出資しようかななんて考えてたら、そうは世の中甘くなかった。

◆6/08(水)大井9R あやめ賞…◎エルヴィエント(山田信)→8着
パドックに入ってきてからずっと、いつになくチャカついて落ち着きを欠いていた。ただ、後肢の踏み込みは力強くなり、調子そのものは良く見えた。スタート直前にゲート内で暴れて飛び出てしまい、何とか放馬は免れたものの、再度入れ直したところまたゲートで暴れてしまい、今度は出遅れて後方4番手くらいから。流れが速そうに見えたので内心ニンマリしていたものの、3コーナーでもまだ後方のままなかなか進出できず、4コーナーでも外に出さず内を回していることから余力がないのがありありで、直線もこれといった伸びがなく8着に終わった。まだクラブからのレポートがないので詳しい敗因は分からないけど、時折見せる気性面の幼さがモロに出た格好。ゲートに突進した時に怪我をしていないかちょっと心配。
20110608

| | コメント (0)

2011.06.06

勝って優駿スプリントへ

近走惜しい競馬が続いているエルヴィエント、今回はチャンスに思える。

◆6/08(水)大井9R あやめ賞…◎エルヴィエント(山田信)
ここにきて調教の動きが良くなっているし、レースでも終い確実に伸びていて、走破タイムや対戦比較からすると今回はもう勝つ順番が回ってきそう。ただ、先行激化しそうな組み合わせだけに、なし崩しに脚を使わされる恐れがあるのと、16頭フルゲートで巧く馬群を捌けるかがカギになる。火曜日のJRA交流戦の方が賞金が高いし相手も楽なのに、水曜日のこちらに出走するのは不満が残るけど、ここを勝てば6月29日の優駿スプリントに挑戦する予定なので頑張って欲しい。

| | コメント (0)

2011.06.05

久々に3着と好走

ミロス、テンヤードスカートなど、ユニオンオーナーズクラブの出資馬がまるで走らない。。。10頭に出資して通算41戦1勝ではどうしようもない。

◆6/4(土)東京5R 3歳未勝利…×ミロス(吉田豊)→15着
パドックでの気配は不明。最内枠から絶好のスタートでスッと前へ行き、そのまま抑えて3番手あたりに付ける。馬群の内にいたので徐々に位置取りが悪くなり、4コーナーから直線に向いた時には既に圏外へ去り、15着に終わった。勝ち馬から1.2秒差で着順ほどは負けていないけど、上位争いに加わるまでは程遠い。

◆6/4(土)新潟7R 4歳上500万下…△ガリアーノ(伊藤工)→3着
中1週でも、パドックの外を力強い歩様でキビキビと歩き、こんなに雰囲気のいいガリアーノは初めて見たくらい絶好の気配。レースでは揃ったスタートから意識的に最後方まで下げ、向正面でペースが落ちたときに一気に動き、向正面半ばで2番手まで押し上げ、一旦息を入れつつ4コーナーから追い出すと、仕掛けが早かった分だけ脚は鈍りつつも3着は死守した。展開次第では500万条件ならまだまだ走れそうだし、今回は鞍上が巧く乗ってくれた。

◆6/5(日)新潟1R 3歳未勝利…×テンヤードスカート(丸田)→13着
プラス10キロと増えたのは好材料で、今日は馬体の張りも良くなって気配は上々。好スタートから控えて中団のやや後ろから。そう速い流れではなかったものの、徐々に後方へ下がっていき、直線に向いても全く伸びることなく1周回ってきただけの最下位に終わった。せっかく好スタートを切ったので、押して叩いて前へ行かせればいいものを、変に控えて競馬にならなかったのは非常に不満。

【次週出走予定】
◆6/08(水)大井9R あやめ賞…エルヴィエント(山田信)
◆6/11(土)阪神8R 4歳上500万下…アイビーフォールド(幸)
◆6/11(土)東京8R 東京ジャンプS…プラテアード(未定)
◆6/11(土)新潟12R 栃尾特別…イルドロール(未定)
◆6/12(日)東京7R 4歳上500万下…ロックバルーン(未定)

| | コメント (1)

2011.06.04

社台・サンデーWEBカタログ

社台・サンデーの1歳募集馬WEBカタログが公開されたので、早速全馬をチェックしてみたところ、現段階では以下の馬が出資候補かなと思えた。

【社台サラブレッドクラブ】
18…サンクスアロットの10
27…ペディクラリスの10
30…ラピッドオレンジの10
31…ダンスオールナイトの10
60…プリンセスルシータの10

【サンデーサラブレッドクラブ】
107…クイックリトルミスの10
109…アイランドファッションの10
116…キャッチータイトルの10
122…サルヴァドールの10
125…マリアヴァレリアの10
140…アドマイヤハッピーの10
142…マンデラの10
148…ゴレラの10
167…ベルベットローブの10
169…マージナルグラマーの10
175…アゼリの10
176…ミセススノーの10
183…アウトオブザウィムの10

【地方競馬オーナーズ】
320…アイーンベルの10

間近で実馬を見ても善し悪しがサッパリ分からないのに、WEB用の小さな画像見ても分かるわけがないと思えるけど、例年、どういうわけかWEBカタログでの第一印象が良かった馬の方が走っている。小さい画像なので、自ずと馬の全体的な造りに目が行くからかもしれない。上記の馬の中から、敢えて5頭をピックアップするならば↓こんな感じ。もちろん、紙のカタログ・DVD・ツアを見てから申し込み馬を決めたい。

31…ダンスオールナイトの10
122…サルヴァドールの10
167…ベルベットローブの10
175…アゼリの10
176…ミセススノーの10

| | コメント (2)

2011.06.02

二桁着順続きの馬が3頭

今週は二桁着順続きの馬ばかり3頭が出走する。今は出走馬のレベルが一番低い時期なので、少しでも良い着順になるよう頑張ってもらいたい。

◆6/4(土)東京5R 3歳未勝利…×ミロス(吉田豊)
芝の中距離戦なので出走馬のレベルが高く、入着争いが精一杯だろうけど、ダートよりは芝の方が走れそうだし、この馬なりには徐々に上向いているところなので、着順はもう少しだけ上を目指せる。二桁着順続きの馬なのに、吉田豊騎手に乗ってもらえるのは好材料。

◆6/4(土)新潟7R 4歳上500万下…△ガリアーノ(伊藤工)
今週・来週と新潟はダートのレースしかないため出走馬のレベルが低く、しかも11頭立てで若手騎手限定戦。5戦連続二桁着順のこの馬でもチャンスはありそう。今までは全く先行できず、前崩れの展開になれば好走していたが、1400mの速い流れを経験したことで、今までよりは前の方で競馬ができるかも。

◆6/5(日)新潟1R 3歳未勝利…×テンヤードスカート(丸田)
じっくりとトレセンで乗り込まれ、「馬の雰囲気が変わってきた」と陣営のコメントがあり、過去2戦よりは走れるかも。デビュー戦は既走馬相手のレースで、前走は小倉まで長距離輸送があったので、変わり身が見られる余地はある。1700mと中途半端な距離なので内枠が欲しい。

| | コメント (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »