« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011.03.31

3度目の重賞挑戦

今週はスピリタスが重賞に挑戦する(3回目)。日曜日の特別登録の段階では出走順が27番目で除外確実だと思って、今週末は旅行を入れてしまい、現地応援できないのがちょっと残念。

◆4/2(土)小倉7R 4歳上500万下…△フローズンタイム(△川須)
3ヶ月ぶりの出走となるけど、どこか痛いところがあったわけではなく、休養中も牧場で乗り込まれていたため、仕上がりは悪くないはず。放牧先から小倉競馬場へ直接入厩できたのも好材料。ただ、今回はダート1000m戦で更に距離が短縮されるため、いつものように先行できるかどうかが心配。実績的には断然の存在だし、2キロ減を上手く生かしたい。

◆4/3(日)阪神12R ダービー卿CT…△スピリタス(小牧太)
抜けた存在が見当たらず、しかもハンデ戦だけあって、どの馬にもチャンスがありそうな混戦模様。4ヶ月ぶりでも、こちらも怪我をしていたワケではないので、しっかりとリフレッシュされているはず。本来は2週先のマイラーズCの予定だったのが、出走可能なこちらに回ったことで、少し追い不足の心配はあるけど、もともと仕上がりの速いタイプだし、この馬の力は出せそう。ハンデ55キロも有利。

| | コメント (2)

2011.03.27

優先出走権を確保できず

ドバイワールドカップでの日本馬ワン・ツーは素晴らしいとしか言いようがない。しかもヴィクトワールピサとトランセンドという、日本の馬場では対戦することのない馬同士の組み合わせだから尚更。今回の快挙をキッカケに、また海外遠征する馬が増えそうだし、自分もいつかはそういう馬を持ってみたいねぇ。

◆3/26(土)小倉3R 3歳未勝利…×テンヤードスカート(宮崎北)→12着
マイナス4キロと思ったほど減っていなかったけど、400キロの馬体重が示す通り力強さが感じられない。ゲートをポンと出た後の行き脚が付かずに後方から。道中は押しても伸びない代わりにバテもせず、同じ位置取りのまま12着でゴールした。残念ながらダート1700mを1:48.9の時計では全く勝負にならない。やはり非力なタイプなので芝の方がまだ良さそう。

◆3/27(日)小倉12R 熊本城特別…△アイビーフォールド(北村友)→7着
もともとパドックでは良く見えるタイプだけど、今日もキビキビと歩いていて好気配。揃ったスタートからちょうど中団あたりにつけ、3コーナーの手前あたりで進路が狭くなって後方まで下がり、直線に入ると内から追い出してもこれといった伸びがなく、7着に終わった。時計がかかる馬場状態で、この馬向きに思えたけど、今日はリズムを崩してしまい、優先出走権を確保できなかったのでしばらく間隔が開きそう。

【次週出走予定】
◆4/2(土)小倉8R 4歳上500万下…ティフィン(未定)
◆4/2(土)小倉11R 湯布院特別…キャトルマン(未定)
◆4/3(日)阪神12R ダービー卿CT…スピリタス(小牧太)

| | コメント (3)

2011.03.24

出走すらままならない

今年に入ってからの出資馬の成績は21戦1勝で、1/5の開催初日にフライバイワイヤーが優勝したのが唯一の勝ち星。今は出走すらままならない状況だし、2勝目はまだまだ遠そう。。。

◆3/26(土)小倉3R 3歳未勝利…×テンヤードスカート(宮崎北)
2場開催になり相変わらずひどい出馬ラッシュで、6分の1の確率を引き当てて何とか出走できることになった。出走できるだけ有り難いような気もするけど、400キロそこそこの小柄な牝馬を茨城から北九州まで輸送して、満足のいく状態で走れるワケがなく、ここは馬場掃除役にしかならない。仮に輸送がなかったとしても、芝ですらマトモに走れないほど非力なのに、ダートではより一層苦戦することは確実。先週のロールオブザダイスよりも勝ち目は薄いと思う。

◆3/27(日)小倉12R 熊本城特別…△アイビーフォールド(北村友)
完全に差す競馬が板について、途中でレースを止めるようなこともなくなり、小倉なら安定して掲示板争いができるようになった。ただ今回は帰厩してすぐの出走となるし、時計に限界のあるタイプで、メンバーを見渡すと持ち時計では見劣りがするので、掲示板争いはできても勝ち負けまでは厳しいか。5着以内に入って優先出走権を獲得して、小倉開催のあるうちに2勝目を挙げたい。

| | コメント (2)

2011.03.23

中山開催中止

4月の中山・福島開催の中止が正式に発表された。
これにより、しばらくは阪神・小倉の2場での開催となり、当分の間はひどい出馬ラッシュが続きそう。下級条件では優先出走権を持っている馬しか出走がままならないせいで、とんでもなくレースレベルが高く、5着以内に入って優先出走権を獲得することすら難しい(1000万条件は3着以内)。関東馬だと阪神までの長距離輸送があって余計にハードルが上がってしまう。

馬に出資している立場としては、とにかく出走できないことには馬のエサ代が出て行く一方なので、中山が中止になった分は京都に振り分け、京都・阪神・小倉の3場開催にして欲しいところだけど、関西圏で3場開催にしても馬券売り上げは厳しくなりそうだし、3場分の人馬が関西へ移動できるかという問題もあり、実現は困難か。

こういう状況が4月で終わるならガマンもできるけど、電力事情が大きく改善されるとも思えず、5月からの東京開催すら叶わない可能性も十分あり、自分だけでなく関係者も頭を抱えていそう。いっそ、芝は使わずダートコースだけでいいので、函館や札幌で開催できないものか。

| | コメント (4)

2011.03.22

名古屋競馬場

日曜日に阪神競馬場へ行ったついでに、月曜日は名古屋大賞典を観戦してきた。

お昼過ぎに競馬場へ到着したら場内・特別観覧席ともガラガラで、交流重賞開催日なのに大丈夫なのかと心配になったけど、さすがに祝日だけあって徐々にお客さんの数も増えて、メインレースの発走時には昨年よりもだいぶ場内が賑わっていた。

そのメインレースの名古屋大賞典は、エスポワールシチーが単勝1.1倍の断然人気に応え、余裕十分の貫禄勝ちをおさめた。パドックに出てきた時点で他の馬とは馬体の造りがまるで違っていたし、またこれからもダートG1路線で活躍してくれそうで、早くスマートファルコンやトランセンドとの対決を見てみたい。
Bg2c9256 Bg2c9292

この名古屋競馬場は、名古屋駅から20分もかからない好立地にあり、今までは概ね良好な経営状態で推移してきたものの、不況のあおりを受けて今年度からは赤字に転落することが確実となり、他の競馬場と同様に存廃論議が浮上してくる可能性がある。場内はB級グルメや定食類の質が非常に高いし、馬券面では連軸がしっかりしたレースが多くて当てやすく(JRAからの一時転入馬が多い)、個人的に好きな競馬場のひとつでもある。ちなみにこの日は、かつて東京サラブレッドクラブに所属していたレッドブリッツァー(5歳牡馬・父アグネスタキオン)が出走していて、アッサリと名古屋転入後2連勝を飾っていた。
Bg2c8879 Bg2c8963
Bg2c8935 Bg2c9055

| | コメント (4)

2011.03.21

前年の優勝馬と0.6秒差に健闘

ロールオブザダイスの芝レースへの挑戦は、さすがに無理があったようで最下位に敗れた。脚元に余計な負担がかかっていなければいいけど。。。

◆3/20(日)阪神11R 阪神大賞典…×ロールオブザダイス(蛯名)→13着
プラス15キロと馬体が回復していたのは好材料で、ちょうど良い馬体に見えた。ただ、珍しくトモの踏み込みに力強さがなく、まだ状態面はもうひとつなのかも。レースではソロッとゲートを出て、そのまま行かせず抑えず馬なりで5番手に位置する。終始ロスなくラチ沿いを進み、2周目の向正面までは流れに乗っていたが、3コーナーからペースが上がると徐々に位置取りが悪くなり、直線では最後方まで下がって、前年の優勝馬トウカイトリックとの追い比べに0.6秒敗れて最下位でゴールインした。残念ながら芝は全然ダメで、しばらく適鞍がないのが厳しい。
Bg2c8815_2 Bg2c8849

【次週出走予定】
◆3/26(土)阪神7R 4歳上1000万下…キャトルマン(柴山)
◆3/26(土)阪神10R 六甲S…スピリタス(柴田善)
◆3/27(日)小倉5R 4歳上500万下…ティフィン(未定)
◆3/27(日)小倉12R 熊本城特別…アイビーフォールド(丸山)

| | コメント (0)

2011.03.17

は、は阪神大賞典???

山元トレセン在厩馬は全馬移動完了し、トレセン帰厩に向けて調整が進められることになった。腱を傷めて山元で休養していたアンティフォナ(社台:3歳牝)は、北海道への移動かと思いきや、意外にもグリーンWへ移動することになり、そう遠くなくデビューできるのかも。

◆3/20(日)阪神11R 阪神大賞典…×ロールオブザダイス(蛯名)
月曜日に開催される名古屋大賞典と間違えて投票したわけではなく、中山のマーチSを予定していたところ開催のメドが立たず、間隔が開きすぎるのを避けるため、今回出走することになったらしい。ダートの長めの距離をこなしていたことから、仮に3000mは問題ないとしても、何せ34戦目にして初めての芝なので、スピード不足で付いていくのがやっとになりそう。悪天候でダート替わりにでもならない限りは難しい。

| | コメント (4)

2011.03.14

山元トレセン在厩馬

先週金曜日の地震発生当日は、東京湾沿いの埋め立て地にある家がどうなってるのか心配で(地震直後に近所で火事もあった)、少し早めに会社を出て家までの約10キロを2時間30分くらい歩いて帰ったところ、周辺は特に液状化した形跡もなく、家の中もリビングの本棚の一部が倒れていたのと、お風呂の水が半分くらいこぼれて洗面所が水浸しになっていた程度で、他は特に被害はなかった。倒れた本棚の下にはハムスターのケージがあったけど、先に崩れ落ちたCDなどがクッションになったようで、ケージにヒビが入った程度で中のハムスターも無事だった。
Rimg0003

1月末に山元トレセンへ行った時には常磐道から南相馬市や山元町をクルマで通ったし、1月上旬にフラっと青森へ行った時は仙台から気仙沼・釜石・大船渡・宮古・八戸など三陸を経由し、その時の各地域の景色が今なお目に焼き付いていて、報道されている惨状を見ると全く悪夢としか言いようがない。。。もう少し状況が落ち着き次第、何らかの支援をしたい。

地震で大きな被害に遭った宮城県山元町にある、山元トレセンには6頭の出資馬が在厩していて、トレセン自体は大きな被害は出ていないものの、周囲の道路が寸断されて完全に孤立しているようで、今後の状況が気がかり。

【山元トレセン在厩馬】
 ・アンティフォナ(社台 3歳牝馬)
 ・イルドロール(サンデー 5歳牝馬)
 ・ジオノーシス(サンデー 3歳牡馬)
 ・プラテアード(キャロット 6歳牡馬)
 ・カルカソンヌ(キャロット 5歳牡馬)
 ・レッドジール(東京 5歳牡馬)

| | コメント (6)

2011.03.10

距離延長がどうか

スピリタスが今週末に栗東トレセンへ帰厩することになり、他にも帰厩馬が続々と増えそうな気配で楽しみ。

◆3/12(土)中山3R 3歳未勝利…×テンヤードスカート
馬格がなくトモの力強さに欠け、芝のレースでも馬力不足でレースに全く付いていけず惨敗したのに、1800m戦なら多少のゴマカシは利いても、ダートの1200mでは更に引き離されることは必定。中間の調教からも全く変わった感じはせず、タイムオーバーを食らわずに済むかどうかといったところ。何の工夫もなく未勝利戦でデビューさせられたこともあり、今回タイムオーバーになったら抗議の意味を込めて権利放棄する。

◆3/12(土)中山10R サンシャインS…×ピースエンブレム
芝での良績があまりないのにハンデ53キロは見込まれた感じがする。3ヶ月ぶりでも中間はそう緩めることなく乗られていて、いい状態で出走できそう。ウォーエンブレム産駒らしく乗り難しい馬だけど、道中はインでじっとしていて直線だけ外に出して差す競馬が理想的。ただ2500mという距離は向いているとは思えず、スローに流れて、スタミナを問われないような上がりの競馬になれば出番があるかも。

◆3/13(日)中山12R 4歳上1000万下…△キャトルマン
1000万条件でも常に掲示板近辺のレースをしてくれる。前走の再戦のようなメンバーで、おそらく今回も割とスムーズに先行できるはずだし、中山なら2度の坂越えがあるため、必ず終いはバタバタになるため、切れる脚はないけどジリジリ伸びるタイプのこの馬なら、大崩れはしないはず。ただ、時計面には限界があるタイプで、勝ち切るまでは難しいか。

| | コメント (0)

2011.03.09

帯広「ばんえい競馬」

今度は、先週行ってきた帯広の「ばんえい競馬」をご紹介。

ばんえい競馬は、1000kg前後もの大きさの農耕馬が、途中2ヵ所の坂がある200m直線コースでソリを曳きながら競走するという、世界でも帯広だけで開催されている珍しい種類の競馬で、馬の力強さを間近で見られる点が魅力となっている。
05 06
07 08
09 10

地方競馬のご多分に漏れず、このばんえい競馬も非常に厳しい運営状況にあり、2007年からはソフトバンク子会社(オッズパーク)が主催の帯広市を支援しながら何とか現在まで開催が継続されているが、下級条件では1着賞金が8万円と全国最低額で、賞金水準が低いせいで所属馬が少なく、毎週同じような顔ぶれのレースになって面白みに欠けるという悪循環に陥り、売り上げは前年割れが続いている。

ただ、オッズパークという民間企業が運営に関わっていることから、他の競馬場にはないアイディアが生まれている。朝調教見学ツアーや出走前の馬の様子を見学できるバックヤードツアーが実施されたり、競馬場の入り口に「とかちむら」という商業施設を建設し、そこで一定額以上の商品を購入した人に対して複勝馬券100円分をプレゼントするなど、ファン獲得のためのイベントが続々と開催されている。その甲斐があって、昨年8月からは入場者数が大幅な増加に転じており、わずかながら光明を見出せそうな状況になってきた。

朝調教見学ツアーは毎週日曜日の早朝に、バックヤードツアー(PDFファイル)は毎開催日行われている。特に朝調教見学ツアーは、晴れの日に当たると、運動直後の馬から発せられる白い湯気と日の出の太陽が重なって、素晴らしいカメラの被写体になるとか。
01 02
03 04

| | コメント (4)

2011.03.08

高知競馬「夜さ恋ナイター」

先々週行ってきた高知競馬「夜さ恋ナイター」をご紹介。

高知競馬は、2003年に巻き起こったハルウララブームが去った後、売り上げ低迷で廃止寸前まで追い込まれた(2008年には高額賞金のダートグレード競走「黒船賞」を取りやめている)。2009年に、起死回生策としてインターネットでの馬券販売を主軸に置き、コースに照明を設置して通年ナイター競馬を開催したところ、狙い通りにネット経由での馬券売り上げが大きく伸びて、ひとまず廃止の危機からは脱した感がある。
01 02

JRAの競馬場に行っても、自分の馬が出走するレースが終わるとすぐに帰るけど、高知競馬は1レースから最終11レースまで場内にいても全く飽きることがない。地方競馬場の中で最も入場者数が少なく、その鄙びた感じが魅力的なのと、騎手や厩舎関係者が一生懸命やってるのが伝わってくる点が、飽きない要因のような気がする。
03 04

馬券の相性が非常に良い点も高知競馬が大好きな理由のひとつで、実は現地の競馬新聞に掲載されているタイム指数をもとにして、当日の馬場バイアスを加味して予想を立てると、面白いように馬券がズバズバと当たる。この日も、全くの無印の馬を1着固定にした3連単総流しが当たるなど、旅費を補って余りあるほどの大幅プラスで競馬場を後にした。
05 06

| | コメント (2)

2011.03.04

今週の出走馬は無し

今週は残念ながら出走馬がゼロになってしまった。3歳以上の現役出資馬が28頭いて、うち在厩馬はたったの5頭しかおらず、まだしばらくは出走ゼロの週があるかも。

【現在の入厩馬と出走予定】
・ピースエンブレム・・・(3/12土 サンシャインS)
・キャトルマン・・・(3/13日 4歳上1000万下)
・ロールオブザダイス・・・(3/27日 マーチS)
・ローンジャスティス・・・(3/27日 安房特別)
・テンヤードスカート・・・(次開催の中山未勝利戦)

| | コメント (4)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »