« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010.11.29

東京2歳優駿牝馬に向けて

ちょっと一頓挫あったエルヴィエントがようやく2戦目を迎える。新聞の印は△が少し付くくらいになりそうだけど、斤量差もあるしここは好走を期待したい。

◆11/30(火)大井10R 千鳥特別…▲エルヴィエント(山田信)
7/16の新馬戦を快勝後、脚が腫れてしばらく休養し、今回が2戦目となる。南関東なので力の比較が難しいけど、新馬戦の勝ちタイムかかなり優秀だったし、同じ日に別の新馬戦を勝ったリアンローズを物差しにすると、2勝馬とそう遜色ない勝負ができそう。かかるタイプではなく距離延長は全く問題なし。ここを勝たないと年末の東京2歳優駿牝馬に出走できそうもないので、何とか頑張って欲しい。逆に、もし勝てば本番でも一躍有力馬になる。

| | コメント (3)

2010.11.28

思わぬ大敗

期待のレッドセインツ・スピリタスともに好走できず残念な結果に終わってしまった。

◆11/27(土)京都9R 京都2歳S…◎レッドセインツ(四位)→5着
馬体重は前走と変わらず、歩様はもう少しトモの踏み込みに力強さが欲しいところ。揃ったスタートから特に急かせず4番手の外に付ける。ペースが緩んだところで後ろからドッと来られ、3コーナーでも同様に一気に外から来られたり、出入りの激しい競馬となり、最後は手応えが怪しくなりつつも、馬群の内側に入れて掲示板は確保した。レースの後半が平均的に速いラップになったし、何度も引っ張っるシーンがあって、今日のところは仕方なし。

◆11/28(日)京都8R 3歳上1000万下…×ティルフィング(☆國分恭)→8着
追い切りの本数が足りない割にはプラス2キロとそれなりに仕上がっていた。レースではこの馬にしては良いスタートを切り、いつもよりは前めのちょうど中団あたりに位置する。ジッとして動かないまま3コーナーに入り、外からジワジワと進出して4コーナーでは先頭を伺う勢いに見えたが、直線は全く伸びずにブービーの8着に終わった。実力では劣るので、今回のような教科書的な乗り方ではなく、最後方に控えたまま直線でインを強襲するとか、いっそ向正面でマクるなど一工夫が欲しい。

◆11/28(日)東京9R キャピタルS…◎スピリタス(柴田善)→11着
馬体重こそマイナス4キロで大きな変化はなく、歩様もキビキビとしていたけど、うるさい仕草がなかったし毛艶が悪いのも気になった。レースでは少し立ち後れる形で後方から。向正面で持って行かれる感じで中団まで進出し、そのまま3~4コーナーを回って直線に向いても、今日は外から来た馬にもアッサリと交わされて全く伸びる気配がなく、デビュー以来初めて二桁大敗の11着に終わった。最後方から中団まで上がった時に脚を使ったとはいえ、直線で全く伸びなかったのは初めてのことなので、今後に尾を引かないか心配。

◆11/28(日)京都10R 北国新聞杯…△キャトルマン(浜中)→6着
パドックでの気配は不明。今日もスタート自体は無難に決めたものの、外枠がたたって中団のやや後ろから。スローな流れで向正面まで進み、3コーナー入り口で外から被されて前が塞がったり、4コーナーでも行き場所がなくて後方まで下がったりとロスの多い競馬になり、それでも直線ではこの馬の持ち味であるジリ脚を発揮して6着まで順位を上げた。軽ハンデの恩恵もあったけど、ちょっと今日はもったいない競馬だった。

【次週出走予定】
◆11/30(火)大井10R 千鳥特別…エルヴィエント(山田信)
◆12/04(土)中山8R 3歳上1000万下…ローンジャスティス(未定)
◆12/04(土)小倉12R 小月特別…アイビーフォールド(上村)

| | コメント (2)

2010.11.27

栗東:昆厩舎→美浦:浅野厩舎

ユニオンオーナーズクラブ所属の2歳牝馬テンヤードスカート(父:ネオユニヴァース)の預託予定厩舎が、栗東の昆厩舎から美浦の浅野厩舎へと変更された。2歳のこの時期でも400キロソコソコしかなく、ちょっと強めの調教をするとすぐに飼い葉を喰わなくなるので調整が遅れていた。とはいえ特に痛い個所があるわけではないので、厩舎でじっくりと鍛えられることになり、人気の昆厩舎では馬房に余裕がないことから、今回の変更となった。

日高の生産馬で良績を挙げている昆厩舎予定という点が魅力で出資したのに、6年連続一桁勝利の厩舎に変更となるのは正直嬉しくはないけれど、競走馬は走ってナンボの世界ではあるので、ちゃんと鍛えてもらえるならば結果的に悪くない変更になるかも。ただ、月々の預託料は高くつきそう。。。

| | コメント (5)

2010.11.26

クラシックへの試金石

今週は期待馬レッドセインツが出走する。ここで勝つようなら来春のクラシックへの展望が一気に開けて楽しみ。

◆11/27(土)京都9R 京都2歳S…◎レッドセインツ(四位)
評判馬も出走しているけど、過去2戦とも上がりの競馬に対応できているし、特に前走はただ1頭だけ荒れた内を突いて伸びてきたこともあり、決め手勝負なら全くヒケを取らない。あまり馬体は増えていないようなのがちょっと気がかりではある。ここで好走できれば今後がグッと楽しみになるので頑張って欲しい。

◆11/28(日)京都8R 3歳上1000万下…×ティルフィング(☆國分恭)
左前が少し腫れが残って18秒ペースの調整をしていたのに急遽帰厩し、2週間で出走となった。この出走の経緯はよく分からないけど、今週は一杯に追われているし、少なくとも脚はもう問題なさそう。2400mの距離は向いているものの、9頭立てと少頭数で先行馬が全く見当たらずスローは必至なため、どこまでやれるか。2走前のように向正面で一気にマクるか、いっそ逃げても面白い。

◆11/28(日)東京9R キャピタルS…◎スピリタス(柴田善)
先週のマイルCSを除外され、今回も危うく除外されかけた。今回は先行馬が多く、東京開催も最終週で外差しも決まっているため、この馬の末脚を存分に見せつけられるはず。オープン特別だけあって、過去2走よりはメンバーもだいぶ楽になり、ここは是非とも勝っておきたいところ。レッドシューターとオセアニアボスが相手。

◆11/28(日)京都10R 北国新聞杯…△キャトルマン(浜中)
本当は京都ダート1900m戦か阪神の2000m戦が最適距離。ただここ最近はある程度先行できているし、1800m戦の方が流れは速くなりやすいので、この馬にとってはむしろレースがしやすいはず。切れないけどバテない脚を持っているので、前が完全に止まるような流れになれば突き抜けるシーンもあり得る。ハンデ54キロもかなり有利。

| | コメント (2)

2010.11.25

ショッキングな敗戦

本気で2着は堅いと思っていたロールオブザダイスは、全く良いところなく6着と大敗してしまった。

◆11/24(水)浦和10R 浦和記念…○ロールオブザダイス(岩田)→6着
リアルタイムでレースを見られなかったため、パドックの気配は不明。減っていた馬体重が1キロしか戻っておらず、状態としてはあまり褒められたものではなかった模様。馬場は稍重まで回復し、揃ったスタートからあまり行き脚がつかないような感じで先行集団の後ろから。1周目から行きっぷりが悪く、2周目に入ってからはラチ沿いの経済コースに馬を入れて完全に入着狙いに切り替えたものの、それでも前へ進む感じはなく6着に終わった。

パサパサの良馬場が理想ではあるけれど今日の馬場状態なら十分守備範囲だし、スローで決め手が要求される流れになって展開も向き、しかも56キロで走れたのに、この結果はショックとしか言いようがない。名古屋大賞典で大敗後、立て直して盛岡で3着に入ったように、またしっかりと休養をとって佐賀記念あたりに出走して欲しい。

| | コメント (4)

2010.11.24

10回目の交流重賞挑戦

佐賀・船橋・大井・佐賀・船橋・名古屋・盛岡・門別・金沢と、ロールオブザダイスの地方遠征は9回とも全て現地応援していたけど、残念ながら今回は都合で無理っぽい。

◆11/24(水)浦和10R 浦和記念…○ロールオブザダイス(岩田)
さすがにスマートファルコンに勝てるとは思わないけど、昨年は展開がハマっただけのブルーラッドや、中央所属時代には常に先着していたボランタスに負けるとも思わない。むしろ、初ダートで強い競馬をしたドリームトレジャーの方が余程怖い。自身を含めてJRA勢がたったの2頭と少ないし、久々に地方のレースを良馬場で走れそうなので、ここはキッチリと賞金を加算しておきたい。馬体重が12キロくらい増えていると理想的。

| | コメント (4)

2010.11.21

4頭とも馬券圏外

今週は残念ながら4頭とも馬券圏内には入れず。とはいえ、キャロット所属馬は実力以上に人気してしまい全く妙味がないので、最近は馬券をほとんど買わなくなった。

◆11/20(土)東京8R 秋陽ジャンプS…△プラテアード(横山義)→8着
中1週でもプラス6キロと回復し、パドックでもいつも通り大きな歩様で好気配。今日もスタート直後から引っ掛かって先団に取り付いたが、飛越が雑で障害を飛ぶたびに少しずつポジションを悪くしていき、4コーナーから追われても全く余力がなく8着に終わった。去勢した効果があまり見られず、掛かり癖がついてしまったのは気になる。ゴマカシが利きやすい中山のオープン戦でどこまでやれるか見てみたい。

◆11/20(土)福島12R 岩谷特別…×ロックバルーン(吉田隼)→13着
使われているせいか、ちょっとトモに力強さが欠けている印象で、気配はあまり感心しない。ちょうど横を向いている時にゲートを開かれて後方から。やはり短距離戦のスピードについていけず、終始追われ通しだったが、1200m戦にしては超の付くスローペースだったため、直線でも全く伸びず13着に終わった。これをキッカケに馬が変わってくれれば。

◆11/21(日)福島10R 福島2歳S…×ラバーフロー(村田)→12着
小柄な馬でプラス12キロと増えていたのは好材料で、いつもより落ち着いてパドックを周回していた。揃ったスタートから今日もスピード負けする形でちょうど中団から。内枠を引いたので外から追い上げることもできず、そのままダラっと回って来ただけの12着に終わった。この条件で100回レースをやっても勝てそうになく、やはり距離を伸ばして粘り込むような形に持ち込むのが良さそう。

◆11/21(日)福島11R 福島放送賞…▲ヴェラブランカ(吉田隼)→4着
中1週で福島まで輸送してもマイナス4キロで、キビキビした歩様をしていて気配は引き続き良好。揃ったスタートから押して先行させ、外の6番手あたりにつける。終始外をからスムーズな競馬をして、4コーナーでもいい感じで上がってきたものの、外枠の距離損は大きく、直線ではこれといって伸びずに4着となった。好メンバーが揃った中、正攻法の競馬でこれだけやれたのだから大したもの。

【次週出走予定】
◆11/24(水)浦和10R 浦和記念…ロールオブザダイス(岩田)
◆11/27(土)京都9R 京都2歳S…レッドセインツ(四位)
◆11/28(日)京都8R 3歳上1000万下…ティルフィング(未定)
◆11/28(日)東京9R キャピタルS…スピリタス(柴田善)
◆11/28(日)京都10R 北国新聞杯…キャトルマン(浜中)

| | コメント (1)

2010.11.18

福島最終週

マイルCSを予定していたスピリタスはあと1頭だけ枠が足りずに除外され、500万下のイルドロールは抽選でただ1頭の除外馬になってしまった。浦和記念に登録していたロールオブザダイスは、最終的にJRAから僅か2頭のエントリーとなり、出走が叶って楽しみ。

◆11/20(土)東京8R 秋陽ジャンプS…△プラテアード(横山義)
前走は休み明けで散々引っ掛かっても5着には粘ったし、もともと叩いて良くなるタイプなだけに今回は順当に前進できそう。ただ、広い府中コースよりは中山のようにコーナーが多い方が馬をなだめやすいのも事実で、単式圏まではちょっと厳しいか。飛越は非常に巧く、もしここを勝つようなら中山大障害も視野に入ってくるかも。

◆11/20(土)福島12R 岩谷特別…×ロックバルーン(吉田隼)
初の1200m戦出走となる。いつもスッと先行できる脚はあるし、マイル戦でも引っ掛かるくらいだから1200m戦のスピードに対応はできそうだけど、この距離が最適かとなると微妙。ここ最近は切れ味で負けてる印象から、上がりがかかって前が止まるような流れになれば浮上余地もある。

◆11/21(日)福島10R 福島2歳S…×ラバーフロー(村田)
京都の500万条件戦とあまり差のないメンバーで、どの馬にもチャンスがある混戦模様。重馬場で勝ち上がったため、今の福島のようにちょっと時計がかかる馬場は合っていると思うけど、前走の小倉2歳Sでは完全にスピード負けして先行すら叶わなかったので、展開が向いてくれないと厳しそう。

◆11/21(日)福島11R 福島放送賞…▲ヴェラブランカ(吉田隼)
前走は牝馬限定戦とはいえ破格のタイムで楽勝し、時計面ではここでも大威張りできる。とはいえ、前走のようにモマれずに先行できるかがカギになるし、クラス実績馬や昇級馬だらけでかなりメンバーが揃っているため、ちょっと今回はそう強気にはなれない。逆に、もしここもアッサリ勝つようなら今後が非常に楽しみになる。

| | コメント (2)

2010.11.15

昇級戦でも好レース

今週は3鞍とも勝負所で寄られたり前を塞がれたりで、ちょっと着順を損してしまった。

◆11/14(日)東京7R 3歳上500万下…×アースグラヴィティ(戸崎)→6着
競馬場でこの馬を見るのは今回が初めて。プラス22キロでも、もともとコロンとした体型なので特に太くは見えず、歩様もしっかりしていて気配は良かった。好スタートから抑え気味に後ろから5番手くらいまで下げる。後方でじっとしたまま4コーナーから直線に向き、追い出すと同じ勝負服の前の馬がフラフラしてなかなか前に行けず、残り200mで進路が開いてからはいい伸び脚を見せ、前とはあまり差のない6着まで押し上げた。多少展開に恵まれた面はあったにせよ、短い距離の方が集中力を切らさずに走れてこの馬には合っていそう。
20101114_01 20101114_02

◆11/14(日)東京8R 3歳上1000万下…△フライバイワイヤー(吉田隼)→4着
マイナス体重で出てきたのは気になったけど、いつもに増して踏み込みが力強くて好気配。飛び上がるような形でゲートを出て後方3番手から。後方のまま3~4コーナーを回り、直線で外に出すといい脚で追い込んで来て、坂上では勝ったかの勢いに見えたが、内にいた同じ勝負服の馬に寄られてからはやや脚が鈍って4着でゴールした。平場戦の割にはかなりいいメンバーが揃っていたし、昇級戦でこれだけのレースができたのだから、今後が楽しみになった。
20101114_03 20101114_04

◆11/14(日)京都8R 3歳上1000万下…◎ピースエンブレム(佐藤哲)→3着
パドックでの気配は不明。揃ったスタートから労せず5番手の内側に付け、前走と同様の理想的な位置取り。ペースが速くなっても持ったままの手応えでレースの流れに乗って3番手まで進出し、直線入り口でスッと外に出そうとした時に前へ入られてヒヤッとしたが、そこからも諦めずにジリジリと伸びて3着で入線した。前走から1秒もタイムを短縮しているし、今日は勝ち馬が強かった。レースぶりが安定してきたので、次走もいい競馬ができそう。

【次週出走予定】
◆11/20(土)東京8R 秋陽ジャンプS…プラテアード(横山義)
◆11/20(土)福島12R 岩谷特別…ロックバルーン(吉田隼)
◆11/21(日)福島6R 3歳上500万下…イルドロール(中舘)
◆11/21(日)福島10R 福島2歳S…ラバーフロー(未定)
◆11/21(日)東京10R 晩秋特別…ティルフィング(熊沢)
◆11/21(日)京都11R マイルCS…スピリタス(未定)
◆11/21(日)福島12R 福島放送賞…ヴェラブランカ(石橋脩)

| | コメント (2)

2010.11.12

昇級戦でも好勝負必至

京王杯2歳Sに登録のあったラバーフローは、来週の自己条件に回ることになった。東サラ所属レッドライオット(父バゴ)が美浦トレセンに入厩し、早速ゲート試験を合格して12月の中山でデビューできそうで楽しみ。

◆11/14(日)東京7R 3歳上500万下…×アースグラヴィティ(戸崎)
決め手が皆無なのでダートは合っていると思う。でも、押しても叩いても先行できない馬が距離短縮というのはちょっと無理がある。いっそ1200m戦なら、先行馬総崩れで展開がハマることもあるけど、1400m戦では流れが落ち着くので、それも望み薄。外国産馬でただでさえ出走可能なレースが限られるのに、5歳のうちに2勝目を挙げておかないと、来年からは中央場所で出走できなくなるので、何とか優先出走権は確保したいが。。。

◆11/14(日)東京8R 3歳上1000万下…△フライバイワイヤー(吉田隼)
平場の割には好メンバーが揃ってしまった。今回が昇級戦になるけど、ここ4走ほどかなり強い相手と戦ってきていて、格負けはしないはず。ただ、現在の東京コースは相変わらず内側の逃げ先行馬が残る馬場状態で、この馬にとっては脚質的に厳しいか。最近になってようやくカイ食いが良くなって馬体減りしなくなり、体調もかなり良さそうなので何とかクラスにメドの立つ競馬をして欲しい。

◆11/14(日)京都8R 3歳上1000万下…◎ピースエンブレム(佐藤哲)
前走は着差以上の完勝で、内枠で前に馬を置く形の理想的な競馬ができた。今回も内枠を引ければまた同じような競馬ができそうだし、もともと1000万条件でも好走していたので、昇級戦でもクラスの壁はないはず。追い切りでも圧巻の動きを見せ、ますます快調といったところで、ここをスンナリ勝って来年1月のTCK女王盃に出走したい。

| | コメント (0)

2010.11.07

7馬身差の勝利

大井のエルヴィエントは仕上がり途上とのことで今週は出走せず、11月下旬~12月頭の開催へ回ることになった。

◆11/6(土)東京4R 3歳上障害オープン…○プラテアード(横山義)→5着
休み明けでもマイナス2キロで仕上がりは良好。好スタートからスッと先行し、行きたがるのを何とかなだめながら5番手あたりに下げる。1周目の直線で起きた落馬には何とか巻き込まれずに済み、終始抑えつつ最後の直線に向き、そこからいざ追い出しても伸びを欠いて5着に終わった。行きたがる面は去勢しても変わらなかったけど、飛越は抜群に巧いので今回一叩きしたことで次走は良くなりそう。

◆11/7(日)福島4R 3歳上500万下…◎ヴェラブランカ(石橋脩)→1着
福島までの輸送があってもプラス6キロだし、パドックの外めをキビキビと周回して好気配。今日は好スタートから労せず先行できて3番手の外に付ける。先頭を射程圏に入れつつ、3コーナー入り口で強めに追い始めると、いい反応で先頭に並びかけ、直線入り口で逃げ馬を交わしても、気を抜かせないようにムチを入れて追われ続け、2着に7馬身の差をつけてゴールした。今日はデキが良かったし、鞍上が巧いことモマれずスムーズなレースをしてくれた。時計面も優秀だけど、楽勝ムードの中を最後まで追い続けたことで時計が出た面もあるし、自分のペースで走れないともろいので、次走も同じように走れるかはちょっと微妙。

◆11/7(日)福島8R 3歳上500万下…▲イルドロール(中舘)→12着
プラス24キロの498キロで過去最高馬体重。ただ数字ほど太くは見えなかったし、グリーンチャンネルで映った範囲内ではパドックでも比較的落ち着いていた。今日は揃ったスタートからいいダッシュを見せて3番手に付けたが、3コーナーで早くも手応えが怪しくなり、そのままズルズルと後退して12着に終わった。入厩して日が浅かったし、まだ仕上がり途上だったのかも。労せず先行できたことから、走り自体は芝の方が断然いい。

◆11/7(日)京都11R みやこS…×ロールオブザダイス(浜中)→14着
前走から更に馬体が減ったけど、いつも通りキビキビとパドックの外を周回して好気配。ただ、いつもより後肢の踏み込みが浅いのは気になった。気合いを入れつつ先行させ、逃げるトランセンドのすぐ後ろに付けた。トランセンドならそう簡単にはバテないし、ラチ沿いで距離損がなく、ケチの付けようがない理想的な位置取りに思えたが、3コーナーでムチが飛ぶと、そこからはいつものようなジリジリとした伸びが見られず、そのまま後退してしまい14着に終わった。重賞を勝っている舞台だし、パサパサのダートでペースもそう速くなかったので、この大敗は心配。

◆11/7(日)福島12R 二本松特別…△ロックバルーン(田面木)→4着
パドックでの気配は不明。横を向いている時にゲートが開き、少し後手を踏んで中団から。馬場の内側に潜り込んで向正面からジワジワと前に進出し、3~4コーナーもラチ沿いを進んで直線入り口で外に出すと、外から2着はありそうな勢いで伸びてきたものの、切れ負けするような形で内から交わされて4着に終わった。ロスなく巧い立ち回りだっただけに、この着順では物足りなさは残る。

【次週出走予定】
◆11/13(土)東京11R 京王杯2歳S…ラバーフロー(未定)
◆11/14(日)東京7R 3歳上500万下…アースグラヴィティ(未定)
◆11/14(日)東京8R 3歳上1000万下…フライバイワイヤー(吉田隼)
◆11/14(日)京都8R 3歳上1000万下…ピースエンブレム(佐藤哲)

| | コメント (2)

2010.11.05

重賞・特別・障害・平場

大井所属のエルヴィエントが、来週の「おおわし特別」と「ハイセイコー記念」に登録している。前者は1着280万、後者は1着2000万で、賞金の差ほどメンバーに差はなさそうだし、出走できるものならハイセイコー記念に回って欲しい。

◆11/6(土)東京4R 3歳上障害オープン…○プラテアード(横山義)
軽度の骨折で半年ぶりの出走となる。意外にも飛越のセンスはあるし、かなり強いメンバーが揃った前走で3着と好走したことから、実力的にはここでも上位。9月中旬に入厩してからじっくり乗り込まれてきたものの、休み明けは走らないタイプで、いきなり勝つまでは厳しいか。とはいえ好勝負はできそう。

◆11/7(日)福島4R 3歳上500万下…◎ヴェラブランカ(石橋脩)
ここ3走不甲斐ない競馬が続いているけど、500万条件にしてはメンバーが揃っていたのも事実で、時計面から見ても上位だし、今の時期の牝馬限定戦なら巻き返し必至。現在かなり調子が良いらしく、ここは確実に決めてもらいたい。

◆11/7(日)福島8R 3歳上500万下…▲イルドロール(中舘)
久々に芝の出走となるけど、もともと勝ち上がったのは芝のレースだったし、ダート戦のスタート地点での芝でもダッシュの利いた走りを見せていたので、むしろ芝の方が良さそう。どこか傷めて間隔が開いたのではなく、牧場でも十分乗り込まれていたので、仕上がりは良いはず。実績的に全然人気はないだろうけど、ゴールドアリュール産駒はダートから芝へ替わる時に大穴をぶちかますことがままあり、密かに期待している。

◆11/7(日)京都11R みやこS…×ロールオブザダイス(浜中)
今回は良馬場でレースを迎えられそうだし、良馬場なら東京大賞典3着・平安S1着・マーキュリーC3着と常に好走しているので、実力的にはここに入ってもヒケをとらない。ただ今回は上がり馬がズラリ揃ってしまい、出馬表を見るとちょっと強気には。。。決め手が要求される流れになれば浮上余地も十分ある。

◆11/7(日)福島12R 二本松特別…△ロックバルーン(田面木)
既に勝っているクラスだし、芝1800mに良績があるので好勝負にはなりそう。ただ、かなり久しぶりの右回りコースだし、前走は外枠が災いしたとはいえ物足りない内容だったことから、あまりアテにはしづらい。田面木騎手が鞍上というのはかなり珍しい。

| | コメント (0)

2010.11.04

JBCスプリント・クラシック

地方競馬の祭典、JBCスプリント・クラシックが開催される船橋競馬場へ行ってきた。1日に2つのジーワンレースが組まれているだけあって場内は大混雑。馬券はもちろん、食べ物・飲み物を買うのにも行列ができていて、何でも3万人もの来場者があったらしい。ゴールデンウイークに開催される、かしわ記念でも1万人ちょっとだから、馬券の売り上げも好調だったのでは。

JBCスプリントは、ユニオンオーナーズクラブ所属のサマーウインドが圧倒的なスピードで逃げ切り、人馬ともに初のジーワン勝利となった。順調さを欠いて3歳時に未勝利を勝ち上がれず、地方競馬に転出した後に再ファンドでJRAに再登録され、あれよあれよと勝ち進んで今日の大舞台まで制覇してしまった。これは出資会員さんは嬉しいだろうし、何よりクラブはあのサンドピアリス以来のG1級勝利となった。
20101103_01 20101103_02

JBCクラシックの方は、スマートファルコンがとんでもないハイペースで飛ばして逃げ、後続になし崩しに脚を使わせてそのまま7馬身差で逃げ切り勝ちをおさめた。交流重賞は10勝していたけど、Jpn2・Jpn3を中心に走って賞金を重ねていたため、Jpn1は今回が初勝利となった。ゴールドアリュール産駒だけあって、自分の型に持ち込めば凄く強いレースができるので、まだまだ大きいレースで活躍してくれそう。武豊騎手はこのレース4連覇で、今日の逃げはフリオーソを向正面で圏外にぶっ飛ばすような名人芸としか言いようがない芸術的なペースだった。単勝馬券もタップリといただき、馬券的には久々のスマッシュヒットとなった。
20101103_03

| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »