« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010.10.31

1コーナーで勝利を確信

台風が迫る中、京都まで行ってきたけど、幸いにも土曜の京都競馬場は雨に降られることなく快適だった。

◆10/30(土)京都7R 3歳上500万下…◎ピースエンブレム(佐藤哲)→1着
1度使われてマイナス8キロと絞れていたし、ここ最近は引きずられるようにパドックを歩いていたのに、今日は自らグイグイと厩務員さんを引っ張る歩き方で、気配が一変していた。揃ったスタートからダッシュよく前の方に行き、2番手集団の内に付ける理想的な位置取り。内側に少しだけスペースを空けてレースを進め、4コーナーでジリジリと進出して直線入り口で逃げ馬の外から並びかけると、そこからはスッと抜け出して2馬身半差の完勝だった。内枠を引けたのもあったけど、1コーナーで勝利を確信したくらい、今日は佐藤哲騎手が完璧に乗ってくれた。佐藤哲騎手は、こういう風に1つずつ課題をクリアしていく乗り方をしてくれるジョッキーなので、ぜひ今後も手綱を取っていただきたい。
20101030_01 20101030_02

◆10/30(土)京都8R 3歳上500万下…▲レッドジール(池添)→6着
久しぶりに実馬を見たけど、500万条件で走ってるのが不思議なくらいいい雰囲気をしていたし、踏み込みも力強くて連闘の疲れを感じさせないほどの好気配。前の捌きが少し硬いのもいつも通りで、これはダート戦なので特に心配ない。レースでは押してハナを主張して逃げの手に出る。終始半馬身ほどのリードをキープしつつレースを進めたが、4コーナーで後続を引き離せないまま直線に向き、アッサリと外からの馬に交わされると、そこからよく粘ってはいたけど最後ドッと交わされて6着に終わった。
20101030_03 20101030_04

◆10/30(土)福島12R 秋元湖特別…×アイビーフォールド(上村)→10着
パドックでの気配は不明。揃ったスタートから中団のやや前に付け、3~4コーナーでは持ったまんまで外から4番手くらいに押し上げ、これは勝ちパターンに入ったかと思いきや、直線入り口で外から他馬に並びかけられると嫌気を差してしまい、そこからは全く伸びずズルズル下がって10着に終わった。毎回4コーナーまではすごくいいレースぶりなのに、直線に入るとまるでダメなレースを繰り返していて、精神面での成長が見られない。
176
(アイビーフォールドの写真は、ゆてっちさんにいただきました)

【次週出走予定】
◆11/6(土)東京4R 3歳上障害オープン…プラテアード(横山義)
◆11/7(日)東京7R 3歳上500万下…アースグラヴィティ(未定)
◆11/7(日)京都11R みやこS…ロールオブザダイス(浜中)
◆11/7(日)福島12R 二本松特別…ロックバルーン(未定)

| | コメント (4)

2010.10.29

今週は3頭が出走

今週に入ってからジオノーシス、フライバイワイヤー、イルドロール、エルヴィエントが一挙に入厩し、これからしばらく賑やかになりそうで楽しみ。その一方で、3週前に入厩したアンティフォナ(2歳新馬)が腱鞘炎になってしまい、長期離脱を余儀なくされそうなのは残念。

◆10/30(土)京都7R 3歳上500万下…◎ピースエンブレム(佐藤哲)
前走は注文を付けて逃げ、直線でアッサリ失速したけど、クラブのレポートによるとハナを切るようなレースをすると馬が苦しがるらしく、今回はできれば前に馬を置く形でのレースをさせるとのこと。うまいこと内枠を引ければいいけど、そもそも実績・持ち時計ともに断然の存在で、しかも一度使われた後だし、ここはスンナリと掲示板の一番上に載って欲しい。

◆10/30(土)京都8R 3歳上500万下…▲レッドジール(池添)
連闘での出走となる。やはりダート1400m戦ならペースが速くならない分、楽に先行できるし、決して道悪を苦にするタイプでもないので、今回も好勝負はできそう。ただ淡泊なレースぶりがなかなか解消されず、成績的にはアテにしづらい。

◆10/30(土)福島12R 秋元湖特別…×アイビーフォールド(上村)
時計面に限界があるタイプだけに、函館の芝で好走できなかったのは痛いし、今開催の福島は時計が速いので、ちょっとここでは厳しいか。特別戦で相手も骨っぽく、ここで掲示板に載れるようならこの先が楽しみになる。

| | コメント (2)

2010.10.24

勝ち星が遠い

今週も残念ながらこれといった成績を残せずに終わってしまった。

◆10/23(土)東京3R 2歳新馬…×ミロス(吉田隼)→15着
馬体は仕上がっていたし歩様も柔らかく見えたけど、落ち着いているというよりはこれから何が始まるか分かっていない感じで、の~んびりとパドックを周回していた。ゲートの出は良かったけどダッシュが鈍く後方に下がり、ダートコースに入ってからは砂を被って嫌気を差して最後方まで下がる。そのまま離れた最後方を追走し、最後は何とか馬群に取り付いたところがゴール。スタート地点の芝でのダッシュが鈍かったことから芝のレースでもあまり変わり身はなさそうだし、砂を被らないくらい馬群から離れても前進気勢に欠けていて、前途はかなり厳しい。
Bg2c1614

◆10/23(土)京都8R 3歳上500万下…△レッドジール(池添)→3着
見栄えのする馬体で、いつも通りパドックではいい気配で周回していた。今回はダート1400m戦になって追走に余裕ができ、押して逃げ馬の外に位置する。4コーナーから後続を引き離しにかかって直線に向き、一瞬だけ勝てそうな雰囲気はあったけど、最後は外から2頭に交わされて3着となった。有力馬の1頭が直前で競走除外になったこともあったけど、やはり先行できるこの距離は合っている。

◆10/23(土)東京11R 富士S…▲スピリタス(山田信)→6着
柴田善騎手が落馬負傷のため乗り替わり。パドックではあまりチャカチャカすることなく、いつもより集中力があって気配は上々に見えた。尻尾を上げながらゲートインしたので嫌な予感はしたけど、半馬身ほど立ち後れて最後方から。ジョッキーも全く急かすことなく折り合いに専念しつつ最後方のままで、4コーナーもピッタリ内側を回って直線入り口で大外に出すと、そこからはいい脚は繰り出したものの0.3秒差の6着が精一杯だった。調教師から騎手に「折り合いだけ気をつけて欲しい」との指示があったようだけど、多少は行きたがっても口を割るほど折り合いを欠くことはないのに、一息足りないのはこの指示が原因のことが多い気がする。
Bg2c1702 Bg2c1787_2

◆10/23(土)京都12R 3歳上1000万下…×キャトルマン(浜中)→5着
パドックでの気配は不明。揃ったスタートから押っつけつつ5番手あたりに付ける。終始馬群の内側でレースを進め、4コーナーから追い出すと切れ負けする感じで後方から差されたが、そこからはバテずによく粘って5着となった。最近はソコソコ先行できるようになって、レースぶりがだいぶ良くなってきた。展開次第ではこのクラスを勝てるチャンスも十分ある。

◆10/24(日)東京6R 3歳上500万下…◎ロックバルーン(北村宏)→8着
3ヶ月ぶりでも仕上がりは良好。ただちょっと集中力に欠ける感じがした。揃ったスタートから馬群のちょうど中団に位置する。うまく流れに乗れていたし、4コーナーでは外からいい感じに進出して、そのまま直線で伸びてきそうだったけど、坂下で脚が鈍ってしまい8着に終わった。決して止まってるわけではなく切れ負けした格好で、今週も馬場の内側が止まらない状態だったので、大外枠も響いた。
Img_0011 Img_0023

◆10/24(日)福島10R 飯坂温泉特別…×ローンジャスティス(武士沢)→11着
パドックの外側を周回して気配は良く見えたけど、良くを言えば馬体が増えて欲しかった。立ち上がるようにゲートを出て後方から。流れが速かったこともあり、追走に手一杯でこれといって順位を押し上げることなく、そのまま1周回ってきただけに終わってしまった。1000万条件に昇級してから同じようなレースを繰り返して進境が見られず、去勢の効果もこれといってなさそうだし、この先が厳しくなってきた。

【次週出走予定】
◆10/30(土)京都7R 3歳上500万下…ピースエンブレム(佐藤哲)
◆10/30(土)福島12R 秋元湖特別…アイビーフォールド(上村)

| | コメント (0)

2010.10.21

勝ってマイルCSへ!

今週は賑やかに6頭が出走する。中でも、スピリタスはここを勝ってマイルCSに駒を進められるか、レースが楽しみ。

◆10/23(土)東京3R 2歳新馬…×ミロス(吉田隼)
ユニオン所属馬のデビュー戦。ゲート試験合格後に放牧され、帰厩してからじっくりと乗り込まれて仕上がりは良さそうだけど、調教時計がこれといって強調できず、使っていくうちに徐々に良くなってくれればといったところか。今年の2歳馬は3頭デビューして3頭とも勝っているので、この馬も続いて欲しい。

◆10/23(土)京都8R 3歳上500万下…△レッドジール(池添)
1400m戦なら先行激化しにくく、割とスンナリ先行できそうだし、今回はメンバーを見渡してもハナを主張する馬がおらず、展開は向きそう。直線に向くまでにどれだけリードを広げて粘り込めるか。ただ、相手は結構手強い。

◆10/23(土)東京11R 富士S…▲スピリタス(柴田善)
6月に安田記念と同タイムで勝った舞台だし、本来なら強気になりたいところだけど、今回は調子が今ひとつ上がらず、何とかギリギリ出走態勢が整ったような感じなので、多少割引が必要か。東京で不利の少ないコースでも、逃げ馬がマイネルファルケくらいしか見当たらないので、また前走のようにスローな展開にならないか心配。

◆10/23(土)京都12R 3歳上1000万下…×キャトルマン(浜中)
ちょうど1年前に500万条件を勝ったコースで、ズブいこの馬にとっては今回も適条件となる。クラス好走馬が多くてそう簡単なレースにはならないだろうけど、上がりのかかる流れになれば浮上余地もある。ある程度前の方に位置しつつ、3コーナーの下りを利用して進出し、ジワジワとバテずに伸びる展開が理想的。

◆10/24(日)東京6R 3歳上500万下…◎ロックバルーン(北村宏)
マイル戦で勝ち上がっているし、ちょっと行きたがるタイプなので1600mに距離短縮となるのはむしろ好材料かも。このクラスは既に勝っていて実績上位だし、しかも今回は平場なので、キッチリと決めてもらいたい。

◆10/24(日)福島10R 飯坂温泉特別…×ローンジャスティス(武士沢)
去勢放牧明けとなる。1000万条件に昇級してからは全く良いところなく、先行すら叶わない状況での激変は厳しそうだし、もともと気性面に大きな問題があったわけではないため、去勢の効果も未知数。ただハンデ戦で53キロと恵まれたため、近3走よりは前進があっても良さそう。

| | コメント (3)

2010.10.20

追加出資馬の悲惨な成績

アラクレ魂さんの記事に刺激され、自分も追加出資馬の成績を算出してみた。

1次募集もしくはクラブ入会時に出資した馬の合計成績は、2010/10/19現在で472戦66勝(勝率0.140)と、角居厩舎のように優秀な勝率だった。それに対して、1.5次も含めて追加で出資した馬の合計成績は61戦2勝(勝率0.032)と、どうしようもなく悲惨な状態。

追加出資の方が、育成具合の様子見ができる分だけ有利な気もするけど、1次募集時には人気がなかった馬(悪く言えば売れ残り)でもあるので、やはり全体的には1次募集時の会員の見る目が正しいということなのかも。。。

ホントどうしようもないほど悲惨な成績なので、もう余程のことがない限りは追加出資しないつもり。

【追加出資した馬の一覧】
◆2003年産
・パタゴニアウインド(社台)父:サクラバクシンオー 3戦0勝

◆2004年産
・センティード(キャロットクラブ)父:スペシャルウイーク 4戦0勝
・オリジナルカラー(キャロットクラブ)父:アドマイヤベガ 8戦1勝
・シルエラ(キャロットクラブ)父:ホワイトマズル 未出走引退

◆2005年産
・ティフィン(キャロットクラブ)父:トワイニング 18戦1勝(現役)

◆2006年産
・オウカランマン(ユニオン)父:サクラバクシンオー 6戦0勝
・アイザーウェイ(ユニオン)父:サクラプレジデント 3戦0勝
・オファニエル(ユニオン)父:グラスワンダー 7戦0勝
・ノーヒットノーラン(ユニオン)父:メジロライアン 1戦0勝
・ローテスクライト(キャロット)父:アグネスタキオン 5戦0勝
・レッドアクセル(東京)父:ブライアンズタイム 6戦0勝

◆2007年産
・ジオノーシス(サンデー)父:ワイルドラッシュ 新馬(デビュー前)
・レッドライオット(東京)父:バゴ 新馬(デビュー前)

| | コメント (5)

2010.10.19

前途多難な3着

◆10/18(月)盛岡9R プロキオン賞B1…▲フローズンタイム(後藤)→3着
ネットでレースVTRを見たためパドックの気配は不明。スッと先行して逃げ馬の外に並びかけ、2番手に位置する。ちょっとプレッシャーをかけすぎたのか、3コーナーで早くも逃げ馬がバテたのが誤算で、4コーナーで先頭に立ってしまい、3番手にいた馬に外から並びかけられ、直線で追い出してもこれといった抵抗ができず3着に終わった。直線に向いて追い出しをガマンしたりでテン乗りが裏目に出たのと、やはり距離がちょっと長いというのはあるけど、このメンバー+この展開で勝てないようでは前途は多難。

| | コメント (0)

2010.10.18

盛岡のJRA交流競走

ダートグレード競走ではない、一般の交流競走に出走するのは初めてのケース。さすがに現地応援はしません。

◆10/18(月)盛岡9R プロキオン賞B1…▲フローズンタイム(後藤)
中央500万条件・盛岡B1クラスの交流競走に出走することになった。調子が上がってきたので急遽トレセンへ帰厩したことから、状態は良さそうだし、500万特別勝ちの実績はメンバーの中でも断然でも、一連の成績から1600mの距離は長く、その点がどう出るか。盛岡のコースは逃げ・先行が残りやすいし、楽に行かせてくれるようなら単式圏も。逆にモマれたり嫌気を差したら掲示板にも載れないような大敗もあり得る。

| | コメント (2)

2010.10.17

脚を使えず大敗

◆10/17(日)京都6R 3歳上500万下…△ガリアーノ(☆松山)→13着
マイナス14キロと大きく馬体が減り、心なしかトモが寂しく見えた。揃ったスタートから相変わらずダッシュが鈍くて後方2番手から。後方のまま向正面に入り、そこからマクり気味の進出を期待したところ、今日は押っつけても全く反応がなく、3~4コーナーも後方2番手のまま順位は変わらず、結局1回も脚を使うことなく13着に敗れた。この馬、ダメな時はいつもこんな感じなので仕方なし。

【次週出走予定】
◆10/18(月)盛岡9R プロキオン賞B1…フローズンタイム(後藤)
◆10/23(土)東京3R 2歳新馬…ミロス(未定)
◆10/23(土)東京11R 富士S…スピリタス(柴田善)
◆10/23(土)京都12R 3歳上1000万下…キャトルマン(浜中)
◆10/24(日)東京6R 3歳上500万下…ロックバルーン(北村)
◆10/24(日)福島10R 飯坂温泉特別…ローンジャスティス(武士沢)

| | コメント (2)

2010.10.16

レッドアクセル引退

東京サラブレッドクラブの3歳牡馬、レッドアクセル(父:ブライアンズタイム)が、未勝利戦を勝ち上がれず引退が決まった。

ずっとトモの甘さを指摘され続けて3歳になってからのデビューとなり、今年2月の新馬戦では後方からジリジリと伸びて3着に入線したものの、以降はソコソコ健闘はできても未勝利勝ちの時計水準には足りないレースが続き、結局デビュー戦が最高着順となり、通算6戦して未勝利のまま引退となった。期待の大きい馬だっただけに残念。
Bg2c4211

| | コメント (2)

2010.10.15

斉藤和義『ずっと好きだった』

元おニャン子クラブの河合その子が出演したことで話題になった、資生堂「IN&ON」のTV CMで使われている、斉藤和義『ずっと好きだった』がまた何とも言えず素晴らしく、最近は家でもiPodでもこればっかり聴いている。すごく綺麗にまとまった正統派のロックといった感じで、21世紀のベストソングを挙げろと言われたら、一瞬の躊躇もなくこの曲を挙げたい。

| | コメント (2)

2010.10.14

展開の助けがないと・・・

東京ハイジャンプに登録のあったプラテアードは、仕上がり途上のため投票せず回避となった。今週はガリアーノが急遽出走することに。

◆10/17(日)京都6R 3歳上500万下…△ガリアーノ(☆松山)
放牧から帰厩して1週間での出走となる。どこかが痛くて休んでいたワケではなく、小回りの小倉をパスするのが目的だったため、放牧中も乗り込まれていたし、もともと細身のタイプなので仕上がりは悪くないはず。ただ使って良くなるタイプだし、脚質的にアテにしづらいので、今回どこまでやれるかは未知数。持ち時計はあるし、展開がハマれば掲示板の上の方もあり得る。

| | コメント (3)

2010.10.10

4頭とも着外

今日は社台のパーティ開催日のせいか、東西で社台・サンデーの馬が大活躍していた。残念ながら我が縦縞の馬は蚊帳の外でブービー。。。

◆10/09(土)京都6R 3歳上500万下…×レッドジール(池添)→9着
相変わらずパドックでの雰囲気は良かった。1200m戦を一度使われた効果か、前走よりは反応が良く、押して6番手の外につける。そのまま3~4コーナーはいい感じで回って来たものの、直線ではいつものように伸びがなく、最後は外から交わされて9着に大敗した。直線入り口で先頭に立ってどれだけ粘れるかといったタイプなので、ハナを切れる距離じゃないと厳しい。

◆10/10(日)京都6R 3歳上500万下…×ティフィン(小牧太)→12着
1度使われてプラス2キロと増えていた。もっと増えていいくらいに見えたし、この馬にしては珍しくキビキビとパドックを周回していた。最近はゲート自体はマトモに出られるようになったけど、相変わらずダッシュが鈍くて後方から。後方3番手のままダラッと回ってきただけで、一脚も使えないまま12着に終わった。1700mくらいの距離で前が止まる展開にならないと好走は難しい。

◆10/10(日)東京8R 3歳上1000万下…×キャトルマン(柴山)→7着
体重こそ前走と変わらず540キロでも、動きが重苦しかった。うまいこと内枠を引けたため、押して5番手の内に位置する。3コーナーまでは折り合ったまま進め、4コーナーから追い出して、直線に向いた時には外から一瞬伸びそうな感じだったけど、意外とジリジリとしか伸びず、6着で入線した。鞍上の好騎乗もあってこの馬のレースはできているし、もっと上がりのかかる馬場・流れになればもっと上位も狙える。

◆10/10(日)京都9R 清滝特別…×キングスデライト(太宰)→8着
マイナス12キロでもまだ絞れる体つきに見えた。適度に気合いが乗っていて好気配。今日は珍しくゲートの出がマトモで、少し押しながら5番手の外に付ける。やや行きたがるのを抑えつつ、ジワジワと前の方に詰め、4コーナーあたりから先頭に並びかけようとしたが、直線では上がりの勝負になってしまい伸びあぐね、ブービーの8着に終わった。この馬は決め手がないので、3コーナーの下りで一気に仕掛けて先頭に立つくらいの勢いじゃないとダメ。ちょっと今日はテン乗りだったのが裏目に出た。

【次週出走予定】
◆10/16(土)東京9R 東京ハイジャンプ…プラテアード(未定)

| | コメント (0)

2010.10.09

キャロットクラブ申し込み結果

キャロットクラブの申し込み結果が届いた。
----------------------------------------
○・・・3 データの09(最優先枠・無抽選)
○・・・11 チャイナドールの09(無抽選)
○・・・84 ピンクキャンドルの09(無抽選)
×・・・85 フェリークの09
----------------------------------------
1次で満口にならなかった3頭は言うまでもなく出資が確定し、唯一抽選対象だったフェリークは残念ながらハズレ。。。結果的にはデータ09ではなく他の馬で最優先枠を使っていれば良かったけど、まぁデータ09が一番出資したかった馬なので仕方ないか。今まで追加で出資した馬の成績が惨憺たる内容なので、現1歳馬はこれで出資完了にする予定。

| | コメント (7)

2010.10.08

4頭とも厳しそう

期待の2歳牝馬アンティフォナ(社台)が、10/7に栗東トレセンへ入厩した。いいスピードを持っているようで楽しみ。

◆10/09(土)京都6R 3歳上500万下…×レッドジール(池添)
前走は1200m戦の流れに乗れず、ガラ空きのインを衝いても良いところ無く敗れたことから、今回の1200m戦よりはもう少し距離があった方が良さそう。既に勝っているクラスだし、ここでモタモタされても困るけど、ちょっと近走内容からは強気になれない。ハナを切れるかがカギになる。

◆10/10(日)京都6R 3歳上500万下…×ティフィン(小牧太)
中1週での出走。前走は久しぶりの1400m戦でテンに全く付いていけなかったことから、一度使われたくらいで激変までは厳しそう。牝馬限定戦で比較的楽なメンバー構成だけど、それでも持ち時計ではかなり見劣りするし、ちょっとこの辺で何かキッカケが欲しいところ。

◆10/10(日)東京8R 3歳上1000万下…×キャトルマン(柴山)
特に痛いところがあったわけではないけど、疲れが出て夏場は休養に充て、5ヶ月ぶりの出走となる。とにかくズブいこの馬にとって、東京ダート2100m戦はベスト条件で、このクラスでも上がりのかかる展開になれば突き抜けまであり得る。ただ、540キロの大型馬だけに一度使ってからの方が良さそう。

◆10/10(日)京都9R 清滝特別…×キングスデライト(太宰)
前走は直前の雨で滑る馬場になってもソコソコ頑張っていたし、6歳にしてだいぶ走りが良くなってきた。この馬は調教の動きが結果に直結するタイプで、今回は2歳馬に軽くアオられたように全く冴えない調教で、9頭立てと少頭数でも厳しそう。天気が怪しいのもマイナス材料だし、開幕週で高速決着になりそうなのも大幅減点。

| | コメント (0)

2010.10.07

ローテスクライト引退

キャロットクラブ所属の3歳牝馬ローテスクライト(父:アグネスタキオン)が、未勝利戦を勝ち上がれず引退することになった。
昨年10月に府中でデビューし、その時は苦しい位置から直線でよく伸びて3着に入り、勝ち上がりは近いと思わせたものの、その後はレースでイレ込むようになったり、400キロそこそこの小さな馬体で強い稽古が積めなかったりで成長が見られず、結局デビュー戦の3着が最高着順に終わってしまった(5戦0勝)。
Bg2c4308 20100207_04_2

| | コメント (2)

2010.10.06

また悪天候にたたられる・・・

金沢競馬場までクルマで行った。1日で1200キロ走ったのは初めてでクタクタ。

◆10/5(火)金沢10R 白山大賞典…○ロールオブザダイス(内田博)→6着
クラブのレポートでは「トモの踏み込みが硬い」など弱気なコメントが並んでいたけど、実際にはキビキビとパドックを周回して素晴らしい仕上がりで、むしろ今年一番のデキに見えた。重馬場でレースを迎え、発走直前に集中豪雨に見舞われて水が浮く馬場状態になってしまい、ロールオブザダイスにとって最悪のコンディションで、スタートして1周目の向正面で押してもなかなか前に進まず、残念ながらこの時点で今日のレースは終了。終始手応えが悪いまま1周半回って来て、最後には地元の馬にも交わされて6着に終わった。どうも天候に恵まれない。
Bg2c1055 Bg2c1138

| | コメント (4)

2010.10.04

白山大賞典

ロールオブザダイスにとって最適条件の白山大賞典への出走が叶った。今回も現地応援の予定だけど、東京から金沢って距離の割に行きにくいのが難点。

◆10/5(火)金沢10R 白山大賞典…○ロールオブザダイス(内田博)
ちょっと長めの2100mの距離は間違いなく向いているし、なにより金沢競馬場は湿った馬場になっても時計が速くならないという特性があるため(さすがに水が浮くような重馬場になると速くなる)、力の要る馬場が得意なこの馬にとってベストの条件になる。しかもちょうどダート重賞の谷間にあるため、これといった実績馬が見当たらないのも好材料。ただ、今回は珍しく調子が今ひとつなようで、陣営のトーンがなかなか上がらず、当日の気配には注意したい。

| | コメント (1)

2010.10.03

未勝利を卒業できず

レッドアクセル・ローテスクライトはともに勝ち上がれず、これで引退が確定的となった。

◆10/2(土)札幌3R 3歳未勝利…△レッドアクセル(北村宏)→4着
プラス14キロでも丁度良く見え、キビキビと歩いて調子も良さそうだった。気合いを付けても前に行けず中団のやや後ろから。ただ、スローに落ち着いた向正面でも馬の反応が鈍くて特に押し上げるでもなく、そのままダラッと回って、バテた馬を交わしただけの4着に終わった。常に入着圏内には走っているので、もしかしたら再ファンドの可能性もあるけど、相変わらず時計は平凡だし、とても500万では通用しそうにない。

◆10/3(日)札幌6R 3歳上500万下…×ローテスクライト(荻野琢)→16着
札幌までの輸送があってもプラス2キロだったし、パドックでの雰囲気もいつも以上に良かった。レースでは少し気合いを付けて先行させて3番手の外に位置する。3コーナーまではそのまま3番手で頑張っていたけど、4コーナーに入ると完全に失速してしまい、最下位の16着に敗れた。勝ちに行く積極的な競馬をしてくれたし、距離が長かったにせよ残念ながら実力不足。

◆10/3(日)阪神6R 3歳上500万下…◎ピースエンブレム(小牧太)→7着
休養明けでも馬体は良く見えたものの、相変わらず嫌々歩いている感じ。レースでは押して押してハナに立ち、スローに落として単騎の逃げを打った。そのまま4コーナーまではいい感じで進めて、直線に向いて外から他馬に並びかけられると、無抵抗で土俵を割ってしまい大差の7着に終わった。道中のラップタイムを見ると逃げ馬にとっては理想的なペースで、これで粘れないのは馬に実力がないからだけど、休み明けの降級馬を無理してハナに立たせた騎乗にも大不満(仮に勝っていても大不満)。今回のレースが後に引かなければいいけど。。。

【次週出走予定】
◆10/09(土)京都6R 3歳上500万下…レッドジール(未定)
◆10/10(日)東京8R 3歳上1000万下…キャトルマン(未定)
◆10/10(日)京都9R 清滝特別…キングスデライト(未定)

| | コメント (2)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »