« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010.07.31

東京サラブレッドクラブ2010年度募集馬

東京サラブレッドクラブ2010年度募集馬の申し込み候補が決まった。

今年は26頭がラインアップされているけど、カタログでは素晴らしく見えるのにDVDを見たらガッカリしたり、逆にカタログだけでは完全スルーなのにDVDでは素晴らしく見えたりと、「コレ!」という馬があまり多くない。

そんな中で良く見えたのがエンプレスティアラ09(父:アドマイヤムーン)。母の母がダート重賞で大活躍したゴールドティアラで、母はわずか2戦しただけで繁殖入りして、5歳時に生まれた初子で活力があるだろうし、DVDでも歩様がしっかりしていてこれといった欠点も見当たらず、これは申し込み確定。血統面からダートの方が向いていそう。

もう1頭はシシーダルザス09(父ダイワメジャー)で、母が14歳の時に生まれ、新種牡馬ダイワメジャーの産駒なので、先日書いた出資馬選びのポイントからは外れているけど、とにかくパワフルで可動域の大きい歩様に惹かれ、いかにも父の産駒らしい骨太で筋肉質な馬体も魅力的。大きくなりすぎると故障が怖いけど、ダートでいい走りを見せてくれるのではと期待してしまう。

今年は上記の2頭を申し込むつもり。このクラブでは4年連続で角居厩舎所属の馬に出資していて、5頭中4頭が勝ち上がって相性が良かったけど(残る1頭も再ファンド後に1勝)、今年は募集馬3頭ともあまりピンとこなかった。

| | コメント (2)

2010.07.30

展開がハマれば

東京サラブレッドクラブのカタログが届き、どの馬を申し込むか鋭意検討中。バイヤー系のクラブだけあって、個性的なラインアップで迷ってしまう。

◆7/31(土)函館10R 3歳上500万下…△アースグラヴィティ(吉田隼)
今週はダート1700m戦が3鞍組まれているせいか、8頭立てと少頭数になったし、前が堅いフットワークをしているのでダートの方が向いている可能性もあり、意外と好走できるかも。うまいこと先行できればそう簡単にはバテない。

◆7/31(土)小倉10R 高千穂特別…×ティルフィング(幸)
12頭立てだけどクラス入着馬がズラリ揃って、かなりハイレベルなメンバー構成になった。この馬の場合は相手云々よりは上がりのかかる展開になるかどうかで、今回も最後方から行って展開がハマるのを祈るのみ。

◆8/01(日)新潟7R 3歳未勝利…△オウカランマン(宮崎北)
直線芝1000mの出走歴があるのはこの馬だけなので、相手との比較が難しいけど、着順が冴えない馬が多く、また今回も外枠を引ければ好勝負になるはず。スタートダッシュが速いので、早め先頭から押し切る競馬をしたい。

| | コメント (0)

2010.07.29

出資馬選びのポイント

あちこちのクラブで1歳募集馬のカタログが発送されたり、募集馬リストが発表されたりしているので、毎年書いている出資馬選びのポイントを改良しつつまとめてみた。
一発大物を引き当てるのではなく、勝ち上がり率や回収率を重視したい場合は参考になるかも?

------------------------------------------------------------
<出資馬選びのポイント>

【1】母馬が若い時に生まれた仔であること
実はこれが一番重要なポイントで、母馬が若い時に生まれた仔の方が体質が強く、結果として競走成績が良いらしい。実際に2009年JRA平地重賞勝ち馬の、出生時の母馬の年齢を調べたところ、驚くほどハッキリと若い方が良いという結果が出た。若い繁殖牝馬の方が数が多いという点を踏まえても、その差は歴然としており、できれば出生時の母馬の年齢が5歳~10歳の馬を選びたい。それ以上は大幅減点。
(文末に資料あり)

【2】できれば関西所属馬
2009年の年間勝利数は、関東所属馬1466勝に対し関西所属馬は1987勝と、前年に続いてかなりの差が付いている(2008年は関東1459勝・関西1989勝)。栗東トレセンの坂路構造や逍遥馬道が原因とか、小倉競馬場の立地問題(関西馬が福島に遠征するよりも、関東馬が小倉まで遠征する方が圧倒的に困難)など諸説あるが、事実としてこれだけ勝利数に差がある以上、関西馬を狙わない手はない。

【3】牡馬よりも牝馬
クラブ所属の牝馬は概ね6歳春で引退させて牧場へ戻す契約になっているため、良い馬でも積極的にクラブへ出しやすい。そもそも牝馬の方が募集価格が安いし、いわゆる「引っ張り」がないので、コストパフォーマンスを重視するなら牝馬も見逃せない。

【4】牝馬は、より関西所属馬を狙うべき
牝馬のG1レースのうち、関西では阪神JF・桜花賞・秋華賞・エリザベス女王杯の4レースが行われ、それに対して関東ではオークスとヴィクトリアマイルの2レースのみ。牡馬に比べると牝馬は輸送減りのリスクが大きいため、牝馬は関西所属馬の方がいい。

【5】ダート馬を嫌がらない
一口馬主は決して安い出資額ではないし、せっかく出資するからにはクラシック出走の夢は捨てがたく、どうしてもダート馬はスルーしがち。ただ、特に冬場の開催は圧倒的にダートの方がレース数が多いため、芝専用馬よりはダートもこなせる馬の方が勝ち上がり率は高くなるはず。芝よりは故障が少ないし、活躍できる期間も長い傾向にあるため、いっそワイルドラッシュなどのダート専用血統を狙うのも面白いかもしれない。

【6】新種牡馬の仔は減点
新種牡馬の仔は、配合段階・育成時ともにまだ産駒の特徴が掴めずノウハウが蓄積されていない段階なので、2年目以降に比べると回収率の面ではどうしても劣るはず。

【7】気に入った馬は欠点に目をつむって出資
上記【1】~【6】や馬体の欠点に関わらず、カタログ・DVD・ツアーを見てピンと来る馬がいたら、自分の眼力を信じて積極的に出資すべし。

------------------------------------------------------------
【1】の参考資料

<2009年JRA平地重賞勝ち馬 出生時の母馬の年齢>

◆母が5歳時に出生…7頭・8勝
アーリーロブスト、エイシンアポロン、サクラメガワンダー、サンライズマックス、スズカコーズウェイ、タマモサポート、ロジユニヴァース

◆母が6歳時に出生…12頭・15勝
イコピコ、サクセスブロッケン、サニーサンデー、サンダルフォン、サンディエゴシチー、ジョーカプチーノ、シンゲン、スーパーホーネット、ストロングガルーダ、ダブルウェッジ、マチカネニホンバレ、ローレルゲレイロ

◆母が7歳時に出生…14頭・20勝
アパパネ、アルティマトゥーレ、ウォータクティクス、エスポワールシチー、コスモプラチナ、ジェルミナル、スマイルジャック、チェレブリタ、テイエムプリキュア、ドリームジャーニー、ブラボーデイジー、ミヤビランベリ、ミリオンディスク、ワンダースピード

◆母が8歳時に出生…11頭・12勝
アーバンストリート、アサクサキングス、アントニオバローズ、キャプテントゥーレ、ザレマ、ステラリード、タガノエリザベート、ナカヤマフェスタ、フェラーリピサ、レッドディザイア、ワンカラット

◆母が9歳時に出生…12頭・15勝
アプレザンレーヴ、キンシャサノキセキ、サクラオリオン、サンカルロ、スリーロールス、ダンスアジョイ、ピエナビーナス、ブレイクランアウト、ランザローテ、リーチザクラウン、リディル、ローズキングダム

◆母が10歳時に出生…11頭・12勝
アイアンルック、アドマイヤフジ、ヴィーヴァヴォドカ、カノヤザクラ、ジュエルオブナイル、シルクメビウス、シンメイフジ、ビービーガルダン、ベストメンバー、マイネルキッツ、リトルアマポーラ

◆母が11歳時に出生…6頭・12勝
アーネストリー、アクシオン、ウオッカ、カンパニー、ホッコーパドゥシャ、ワンダーアキュート

◆母が12歳時に出生…6頭・7勝
アブソリュート、オウケンブルースリ、クィーンスプマンテ、グランプリエンゼル、ブロードストリート、マツリダゴッホ

◆母が13歳時に出生…5頭7勝
ジョリーダンス、ブエナビスタ、フォゲッタブル、ムードインディゴ、ヤマニンキングリー

◆母が14歳時に出生…2頭・2勝
アルナスライン、ヴィクトワールピサ

◆母が15歳時に出生…1頭・1勝
モンテクリスエス

◆母が16歳時に出生…3頭・5勝
キストゥヘヴン、ディアジーナ、プレミアムボックス

◆母が18歳時に出生…2頭・3勝
ネヴァブション、アンライバルド

◆母が21歳時に出生…1頭・1勝
タケミカヅチ

◆母が22歳時に出生…1頭・1勝
アーバニティ

| | コメント (0)

2010.07.28

桑田佳祐 回復祈願

今日の昼休みにサザンオールスターズ応援団(ファンクラブ)の会費を払い込んできた直後に、桑田佳祐が食道ガンで療養するとのニュースを聞いて唖然呆然。。。

食道ガンという場所と、しかもまだ若いから進行の早さが気になるけど、つい1ヶ月前も原由子のライブに顔を出して「いつでも夢を」歌ったくらい元気だったようだし、本当に早期発見であることは間違いなさそう。今はとにかくしっかりと療養して、またいつもの名調子を聴かせて欲しい。

以前にも書いた記憶があるけど、桑田佳祐の偉大さは、自身の楽曲の素晴らしさはもちろんのこと、他人の楽曲をあたかも自分の持ち歌のように歌える点で、毎年12月初旬に行っているAct Against AIDSのイベントでは、古今東西の名曲を演奏する機会が多く、それをキッカケに日本や海外の名曲に触れて、音楽の世界が大きく広がった。

以前YoutubeにアップされていたWOWOWの中継はほとんど削除されてしまっているため、今となってはDVDでしかそういった名プレイは見られないけど、特に音楽寅さんのDVDは収録曲も多くて秀逸で、是非購入をお勧めしたい。

◆桑田佳祐の「音楽寅さん」DVD
http://www.amuse-s-e.co.jp/music_tiger/

◆「昭和八十三年度ひとり紅白歌合戦」DVD
http://www.sas-fan.net/AAA09dvd/index.html

12月の桑田佳祐東京ドーム公演のチケットを購入済みだったので、ツアーのキャンセルは非常に残念だけど、今回の休養をキッカケにしてまたサザンが復活するなどの楽しい展開を期待したい。

| | コメント (0)

2010.07.26

次走にメドの立つ競馬

休み明けのキングスデライト・ロックバルーンともにレース内容は良く、次走は前進できそう。

◆7/24(土)函館12R 3歳上500万下…×キングスデライト(吉田稔)→7着
前走と変わらない530キロまで絞れていたし、歩様が大きくて集中力を欠くこともなく、パドックの気配としては文句なし。スタート直後から押して先行させて3番手につける。淀みのない平均ペースのレースになり、4コーナーから直線に向いた時は前にいた2頭がバテて一瞬先頭に立つシーンもあったけど、そこからはドッと差し馬にやられて7着となった。叩いて良くなるタイプだし、久々にしては内容が良くて次走は期待できるかも。

◆7/25(日)小倉8R 3歳上500万下…×ガリアーノ(松山)→10着
プラス16キロでも近走で減っていた分が戻った感じで、太め感は全くなし。揃ったスタートでも相変わらず先行力がなく最後方から。いつものように向正面から進出しようとしても、全然進んでいかず、直線に向いた時もまだ最後方で、最後はバテた馬を交わしただけの10着に終わった。やはりこういう狭いコースだとマクりにくいし、小倉ならいっそ芝2600mの方が好走できそう。

◆7/25(日)新潟9R 尖閣湾特別…×ロックバルーン(内田博)→6着
パドックの気配は不明。プラス10キロでも過去に走ったことのある馬体重だし、仕上がりは良かったはず。揃ったスタートから少し行きたがるのを抑えつつ7番手あたりに位置する。そのままの位置で直線に向き、馬群に囲まれる形で抜け出すのが遅れたり、前が開いてからも反応が鈍くて大敗しそうな勢いだったけど、最後の200mでエンジンがかかって6番手まで押し上げた。長期休養明けでこの内容なら申し分なし。次走は順当に良くなるはず。

【次週出走予定馬】
◆7/31(土)小倉10R 高千穂特別…ティルフィング(未定)
◆7/31(土)函館12R 3歳上500万下…アースグラヴィティ(未定)
◆8/01(日)新潟7R 3歳未勝利…オウカランマン(未定)

| | コメント (0)

2010.07.24

懐かしのNintendo64ソフト

土曜日から、前の職場のメンバー(64ドリーム編集部)で那須塩原にてゲーム合宿を敢行するので、秘蔵のゲームコレクションの中から、Nintendo64ソフトとバーチャルボーイソフトを出してみた。こうしてコレクションを広げてみるのは3年ぶりくらい。特にバーチャルボーイは全タイトル19本コンプリートしているのがちょっと自慢。64ソフトは全208タイトル中、持ってるのは170本くらい。

64ソフトの『どうぶつの森』を起動したところ、森の住人に「102ヶ月ぶり」とか言われ、前回遊んでから8年半が経過していた(バッテリーバックアップがちゃんと残ってるのが凄い)。昔大好きだった『ウェットリス』をやってみても腕が衰えておらず、懐かしさのあまり色々と5時間くらい遊んでしまった。

こうしてみると、64をはじめとした昔のゲームについて色々と語りたくなる衝動に駆られる。8年前まで運営していたゲームサイトを復活させるという手もあるなぁ。
Bg2c6878 Bg2c6888

| | コメント (0)

2010.07.23

500万条件3鞍

今週は3頭が出走する。ちょっと各馬とも恵まれて入着くらいかなぁと。

◆7/24(土)函館12R 3歳上500万下…×キングスデライト(吉田稔)
特に怪我をしていたわけではないものの、最下級条件で後回しにされて4ヶ月ぶりの実戦となる。放牧中に560キロまで増えていたし、それでなくとも叩き良化型なので、ここはとりあえず一度使うだけ。今の函館は出走頭数が多くなく、大敗してもまたすぐ出走できそうだし、上がりのかかる函館コースは間違いなく合うはずで、着順はともかく内容的にメドの立つ競馬を期待。

◆7/25(日)小倉7R 3歳上500万下…×ガリアーノ(松山)
前走2着は大威張りできるけど相当時計が平凡で、メンバーを見渡すと時計面からはとても強気になれない。マクるタイプだけに狭い小倉コースが合うかどうかも不安だし、馬格がある方でもないからパサパサの良馬場になると辛いかも。ただ、引き続き好相性の松山騎手に乗ってもらえるのは心強い。

◆7/25(日)新潟9R 尖閣湾特別…×ロックバルーン(内田博)
屈腱炎で1年2ヶ月の休養明けとなる。もともとこのクラスは勝っている条件だし、新潟で勝ち鞍があるようにコース・距離ともに向いているけど、何せ休養期間が長かったので、上がりが速くなる今回は即勝ち負けまではどうか。そう重い屈腱炎ではなかったし、早めにこのクラスは勝ち上がれると思う。

| | コメント (0)

2010.07.22

スフィラータ引退

キャロットクラブ所属の3歳牝馬スフィラータ(父:ゴールドアリュール)が、鼻出血(肺出血)のため未出走のまま引退することになった。

ゴールドアリュール産駒らしく募集当時からパワフルな馬体をしていたけど、出資確定の1ヶ月後くらいから右トモが弱くて整体治療が行われ、その後も大きく改善することなく3歳春まで緩いペースでの乗り込みに終始していた。今年の5月下旬にようやくトレセンへ入厩し、まもなくゲート試験は合格したが、15-15くらいの調教を開始した途端に右トモを傷めてしまい、残された時間が少ないためケアしつつも早めの追い切りをしたら、鼻出血を発症して引退が確定した。

ダートで良さそうなタイプだっただけに、一度も走りを見られなかったのは残念。
06

| | コメント (2)

2010.07.21

先週のレース結果

元出資馬パタゴニアウインドの仔(父ハーツクライの牡馬)がグリーンファームで募集予定で、ちょっと気になる。元出資馬としては他にもデルフィーネの仔がキャロットで募集予定だし、時の流れを感じてしまう。

◆7/16(金)大井4R 2歳新馬…◎エルヴィエント(山田信)→1着
レース後、リフレッシュ放牧に出されて12/31の東京2歳優駿牝馬Sを目標にローテーションが組まれるとのこと。気性面に問題がないので、距離が伸びても対応できそうで楽しみ。

◆7/17(土)新潟8R 3歳上500万下…△イルドロール(中舘)→14着
時期的なものもあって毛艶が悪いし、また悪い頃の落ち着きのなさが出ていて、パドックの気配は最悪。ゲートで暴れた馬が外枠発走になり、大外枠ではなくなってゲート先入れになる不運も。揃ったスタートから押っつけつつ4番手の外につけ、3コーナーで早くも手応えが怪しくなり、4コーナーで一杯になってブービーの14着と大敗した。外枠を引いた時点で好走は厳しくなったし、今日は時計が速いしメンバーも強かった。今ならダートよりも芝の方が走れるはず。
Bg2c5527 Bg2c5551

◆7/17(土)函館8R 登別特別…○アイビーフォールド(安藤勝)→7着
いつもに増してキビキビと気合いの入った状態でパドックを周回し、抜群の気配。レースでは少し行きたがるような感じで先行して3番手に付ける。そのまま3コーナーを回り、4コーナーでは2番手に位置する理想的な展開で、そこからの伸びが期待されたが、悪い癖が出てそこからサッパリ伸びずに7着に終わった。どうにもアテにし辛い。

◆7/18(日)新潟6R 2歳新馬…○レッドセインツ(浜中)→1着
こちらもレース後はリフレッシュ放牧に出されるとのこと。マイル戦で結果を出してくれたし、10月のデイリー杯2歳Sなんて面白そう。

◆7/18(日)函館8R 駒ヶ岳特別…△アースグラヴィティ(大野)→9着
使い詰めの割には疲れた感じはしなかったけど、トモの踏み込みに力強さがないのは気になった。レースでは揃ったスタートから馬の行く気に任せて後方4番手くらいから。3コーナーでは先頭と差のない位置まで押し上げたものの、これといった脚は繰り出せず、結局はスタート時の位置取りのまま、後方4番手の9着でゴールした。前肢の出が堅いフットワークをしているのでダートの方がいいのかもしれない。3戦してレースぶりに進境が見られないのは残念。

◆7/18(日)小倉12R 3歳上500万下…◎ヴェラブランカ(藤岡康)→5着
プラス4キロの534キロはさすがに増えすぎか。ただグリーンチャンネルのVTRではそう太くは見えなかった。揃ったスタートから押して先行させ4番手くらいに付ける。今日は昇級戦だったせいか反応が悪く、3コーナーで早くもムチが飛んでそのままズルズル後退しそうな勢いだったが、伸びずバテずで5着には踏ん張った。クラス実績のある馬ばかりで、さすがに前走とは相手が違いすぎたか。

◆7/19(月)盛岡9R マーキュリーC…△ロールオブザダイス(岩田)→3着
残念ながら賞金を加算できなかったので、次走は微妙だけど、出走できるようなら門別のブリーダーズゴールドCが良さそう。でもカネヒキリも出走予定。

【次週出走予定馬】
◆7/24(土)小倉7R 3歳上500万下…ガリアーノ(松山)
◆7/24(土)函館12R 3歳上500万下…キングスデライト(未定)
◆7/25(日)新潟9R 尖閣湾特別…ロックバルーン(内田博)

| | コメント (0)

2010.07.20

マーキュリーC3着

盛岡競馬場から帰ってまいりました。とりあえずマーキュリーCの結果だけ。

◆7/19(月)盛岡9R マーキュリーC…△ロールオブザダイス(岩田)→3着
プラス15キロでも太い感じはせず、むしろちょうどいいくらい。休養を挟んで馬体の張りが見違えるように良くなっていた。揃ったスタートからあまり押し上げずに4番手に控える。マチカネニホンバレの行き脚が悪くて1コーナーで既に後退する中、離れた3番手に位置し、向正面から徐々に押し上げて先頭を射程権に入れると、逃げていたマコトスパルビエロが後退しはじめたので、2着はありそうだと期待したが、外から後方に控えていたブルーラッドに交わされてしまい、3着となった。結果的にカネヒキリのペースにつきあった馬は全滅した格好に。それにしてもカネヒキリは笑っちゃうくらいの強さだった。
20100719_01 20100719_02

| | コメント (2)

2010.07.18

レッドセインツデビュー勝ち!

エルヴィエントに続いてレッドセインツもデビュー戦を飾ってくれた。

◆7/18(日)新潟6R 2歳新馬…○レッドセインツ(浜中)→1着
420キロでも細くは見えなかった。パドックでは非常に落ち着いていたし、上品な馬だなという印象。スタートで半歩くらい出遅れて、押っつけて中団あたりに付ける。いつの間にか最内に入って4コーナーを回り、直線では前が塞がって躊躇する場面もあったけど、前が開いてからは鋭い脚を繰り出して見事にデビュー勝ちをおさめた。馬群にモマれても怯むことなく割って抜け出したし、上がりの早いレースにも対応できたことは大きく、今後が楽しみになった。
(写真はご自由にお使いください)
20100718_01 20100718_02
20100718_03 20100718_04

| | コメント (16)

2010.07.16

嬉しい新馬勝ち!

地方競馬オーナーズのエルヴィエントがやってくれました!

◆7/16(金)大井4R 2歳新馬…◎エルヴィエント(山田信)→1着
能力試験からマイナス6キロでも、太め残りでまだまだ良くなる。前の馬がトボトボ歩いていたので、ちょっと歩様に力強さがないように見えた。レースでは期待通りの好ダッシュで内からハナに立つ。3コーナーで口向きの悪さを見せてヒヤッとしたけど、4コーナーで追い出すと後続を突き放して4馬身差で逃げ切り、嬉しいデビュー勝ちを挙げた。新馬戦だと賞金が段違いに高くて嬉しいし(今日のメインレースより高額)、年内は地方重賞に出走できるチャンスがありそうで楽しみ。
20100716_01 20100716_02
20100716_03 20100716_04 

| | コメント (6)

2010.07.15

地方競馬オーナーズのデビュー戦

連休中は韓国の済州へ行って、リゾート&ポニー競馬を楽しむ予定だったけど、エルヴィエント・レッドセインツのデビュー戦と、ロールオブザダイスの交流重賞出走は見逃せないので急遽キャンセルした。チャンスのある馬が多く、どういう結果になるか楽しみ。

◆7/16(金)大井4R 2歳新馬…◎エルヴィエント(山田信)
これが大井競馬でのデビュー戦。能力試験では終始馬なりだったため時計は遅いものの、発馬からゴールまで余裕のある動きで、マトモなら好勝負になるはず。絶好の2番枠を引いたのも好材料。能力試験の時に砂を被っていないことから、スタートで後手を踏むと辛いかも。競馬新聞ではあまり重い印はついておらず、▲や△ばかり。

◆7/17(土)新潟8R 3歳上500万下…△イルドロール(中舘)
前走の再戦のようなメンバー構成。その前走は比較的レベルの高い組み合わせで、終始外を回らされた分だけ敗れたけど、先行馬が少なくて自分の競馬はできそう。気性面に成長が見られたし、内枠の偶数番を引いて前に馬を置く形でレースをしたい。

◆7/17(土)函館8R 登別特別…○アイビーフォールド(安藤勝)
10頭立てと少頭数で、特別戦にしてはかなり楽なメンバー構成。意識的に控える競馬をしてから直線で伸びあぐねるレースが続いているけど、10頭なら馬群を捌きやすくなり、時計的に通用の余地はあるし、ある程度前に行く競馬をすれば上位争い必至。

◆7/18(日)新潟6R 2歳新馬…○レッドセインツ(浜中)
18頭フルゲートで、芝のマイル戦だけに評判馬も多く、上位争いはそう簡単ではないだろうけど、坂路で51秒台を出していることから、勝ち負けに加われる水準にはあると思う。410キロくらいの小柄な馬体で輸送面に多少の不安があるのと、大跳びなので道悪が残ると減点。ディープインパクト産駒なのにあまり話題にならないのは寂しい。

◆7/18(日)函館8R 駒ヶ岳特別…△アースグラヴィティ(大野)
函館で2回使っても特に変わり身はないけど、決め手に欠ける分だけ函館の重い芝は合っているはずだし、上位2頭を除けばほぼ横一線の争いで、積極策なら上位進出も不可能ではない。5歳のうちにもう1勝できないと、ただでさえレース選択が不自由な外国産馬が更にローカル場所しか出走できなくなるし、出走手当も半額になるので、後先考えずにビシッと競馬をして欲しい。

◆7/18(日)小倉12R 3歳上500万下…◎ヴェラブランカ(藤岡康)
前走は時計こそ平凡だけど、直線だけで突き放す余裕の勝ち方をしたし、今回が3戦目でまだまだ上積みは十分見込めるので、500万条件にしてはメンバーが揃った今回もスンナリと通過してくれそう。前走プラス30キロでも太め感はなかったので、更に増えていてもいい。

◆7/19(月)盛岡9R マーキュリーカップ(Jpn3)…△ロールオブザダイス(岩田)
1着賞金2300万とオープン特別並みのレースにカネヒキリが出てきた。マコトスパルビエロ・マチカネニホンバレのJRA勢残り2頭にも昨年のブリリアントSで先着を許していて、ちょっと馬券圏内は厳しそう。4ヶ月休ませて状態はすこぶる良さそうだし、良馬場で力の要る馬場になれば3着くらいならあるかも。

| | コメント (4)

2010.07.11

蹴りを食らって7着

◆7/11(日)福島3R 3歳未勝利…▲レッドアクセル(北村宏)→7着
パドックでは相変わらずチャカチャカしてるし、まだ力強さも足りない。レース直前に他馬に蹴られて馬体検査。スタートで躓いて先行できず中団から。向正面から少しずつ動かして前に迫り、4コーナーではさかんに鞍上の手が動くも徐々に後退して7着に終わった。蹴られた影響がどこまであったかは分からないけど、4コーナーで一杯になるレースを繰り返していて前途は厳しい。

【次週出走予定馬】
◆7/16(金)大井4R 2歳新馬…エルヴィエント(未定)
◆7/17(土)新潟8R 3歳上500万下…イルドロール(中舘)
◆7/17(土)函館8R 登別特別…アイビーフォールド(未定)
◆7/18(日)新潟6R 2歳新馬…レッドセインツ(未定)
◆7/18(日)函館8R 駒ヶ岳特別…アースグラヴィティ(丸田)
◆7/18(日)小倉12R 3歳上500万下…ヴェラブランカ(未定)
◆7/19(月)盛岡9R マーキュリーカップ…ロールオブザダイス(未定)

| | コメント (0)

2010.07.08

4週連続勝利なるか?

今週は1頭だけの出走となった。6頭・7頭・6頭と大量出走が続いていたので、ここ3週連続で勝ち星を挙げているけど、果たして4週連続勝利が達成できるかどうか。

◆7/11(日)福島3R 3歳未勝利…▲レッドアクセル(北村宏)
今週3鞍ある福島ダート1700m戦の中では一番メンバーが揃ってしまった。過去2戦、いい感じで直線に向きながらサッパリ伸びないレースが続いている。広いコースでコーナーが2回の東京マイル戦よりも、コーナー4回でゴマカシが利きやすい福島ダート1700mの方が浮上余地はありそうだし、スッといい位置に付けられる先行力はあるので、馬券圏内に入っても不思議はない。

| | コメント (0)

2010.07.06

過去の社台・サンデー申し込み結果

過去の社台・サンデーの申し込み馬と、その後の結果を調べてみた。
2006年までは、とにかく欲しい馬を順に書いて応募していたので、抽選負けがひどい。こうして見ると、今のところ希望馬に重賞勝ちの実績馬はおらず、何とも微妙なところだけど、パタゴニアウインドを除いて、出走さえすれば勝ち上がっているのは意外と凄いかも?

◆2003年(途中入会)
ゴットザビート(23戦4勝)5533万

◆2004年
第1希望:×ジェネチックコード(未出走引退)
第2希望:×フサイチミニヨンの03(未出走引退)
第3希望:×マクシマール(4戦1勝)780万
1.5次:パタゴニアウインド(3戦0勝)0万

◆2005年
第1希望:×ジャンバルジャン(20戦3勝)5627万 ※現役
第2希望:×ヴェルトマイスター(27戦2勝)3966万 ※現役
第3希望:○キングスデライト(26戦2勝)3091万 ※現役

◆2006年
第1希望:×ネオスピリッツ(17戦3勝)4685万 ※現役
第2希望:×シリコンフォレスト(9戦1勝)1445万 ※現役
第3希望:○リトルディッパー(17戦2勝)2561万

◆2007年
第1希望:○フライバイワイヤー(8戦1勝)874万 ※現役
第2希望:-ウルスラグナ(7戦1勝)586万 ※現役
第3希望:○イルドロール(11戦1勝)1276万 ※現役

◆2008年
第1希望:×セイルラージ(5戦1勝)980万 ※現役
第2希望:○フォアシュピール(未出走引退)
第3希望:×ベッラフィーリア(4戦1勝)570万 ※現役

◆2009年
第1希望:○タイトルドの08(未出走引退)
第2希望:○アンティフォナ(デビュー前)
第3希望:-オリファン(デビュー前)
2次:ジオノーシス(デビュー前)
地方:エルヴィエント(デビュー前)

| | コメント (0)

2010.07.05

社台・サンデー申し込み結果

社台・サンデーの申し込み結果が届いた。

【社台・サンデーサラブレッドクラブ】
○第1希望:129 ゴットザビートの09(父:ウォーエンブレム)
○第2希望:117 エスティメーションの09(父:スペシャルウィーク)

【地方競馬オーナーズ】
○第1希望:304 ブリージーウッズの09(父:ゴールドアリュール)

今年は綺麗に申し込み全馬が出資確定した。エスティメーションは第2希望での抽選で当選したのでは。ブリージーウッズは第1希望で満口になったはずで、しかも地方オーナーズの出資実績が低くてハズレを覚悟していたため、意外にも○が付いていて嬉しい(ちなみに会員番号の末尾は6)。今年はもう既に予算オーバー。キャロットクラブと東京サラブレッドクラブは今年も少頭数に絞らないと。。。

ご一緒の方、よろしくお願いします。
Rimg0056

| | コメント (10)

2010.07.04

過去最速の勝ち上がり

2歳馬ラバーフローが勝ち上がってくれた。こんなに早い時期に出資馬が勝ったのはもちろん初めてで(キングスデライトが8月下旬に勝ったのが過去最速)、これからしばらくは重賞やオープンに出走する機会がありそうで楽しみ。

◆7/3(土)阪神1R 2歳未勝利…◎ラバーフロー(酒井)→1着
小柄でもピリッとした感じでキビキビとパドックを周回していて好気配。いいスタートからそのままハナに立ち、良い手応えのまま直線に向くと、ワザとインを明けて1番人気馬を外から併せる形にする味な騎乗で、そのまま首差押し切って見事に勝ち上がった。一息入れてから問題がなければ小倉か新潟の2歳Sに向かうとのことで、追って渋太いタイプだし大いに楽しみ。

◆7/3(土)函館8R 大森浜特別…△アースグラヴィティ(北村宏)→7着
前走と同様、なんかトボトボと仕方なく歩いている感じで気合い乗りが悪く、あまり感心しない。好スタートを切って急かせず持ったままで中団から。終始インでジッとしていたものの、3コーナーでペースが上がった時に反応できず、そのままポジションを悪くしてジリジリとした伸びしかなく7着に終わった。函館で2戦して見所がなく、ハナに立つ勢いで競馬を進めた方がいいかも。

◆7/3(土)函館8R 大森浜特別…×チャームドライフ(古川吉)→10着
相変わらず白目を剥いていたけど、まぁいつも通りの気配。揃ったスタートから少し気合いを入れつつハナに立つ。スローに落としてちょうどいいペースでの逃げに思えたが、3コーナーで流れが速くなって外からドッとこられると、無抵抗で土俵を割ってしまい最下位に敗れた。これ以上ない乗り方だったし、現状ではダートが合っている。

◆7/3(土)阪神12R 3歳上500万下…×ガリアーノ(☆松山)→2着
マイナス6キロでも細い感じは受けず、なかなかの気配に見えた。いつも通りにスター度ダッシュが鈍く後方3番手から。そのままの位置で向正面に出ると一気に仕掛けて3コーナーでは3番手まで押し上げ、そのままビッシリと追われて勝ち馬からは7馬身差を付けられたものの、2着に流れ込んだ。鞍上が好相性の松山騎手に替わって良い競馬ができた。

◆7/4(日)福島10R 猪苗代特別…×ローンジャスティス(北村宏)→14着
マイナス8キロでも細くは見えなかったけど、前の捌きが堅くて気配はあまり褒められない。揃ったスタートから押して先行させようとしても全く伸びずに中団から。向正面の時点で既に手応えが悪くて鞍上の手が動き始め、3コーナーでは既にズルズルと下がってしまい、そのままブービーに大敗した。ここのところ馬に走る気がなく厳しい状況。

◆7/4(日)函館12R 3歳上500万下…▲アイビーフォールド(藤岡佑)→5着
キビキビとパドックの外を周回して好気配。いいスタートを切っても急かせず中団の外に付ける。そのままいい感じで押し上げ、4コーナーでは外から先頭に並びかける勝ちパターンに入ったが、直線では伸びそうで伸びず、外からも交わされて0.2秒差の5着となった。レースぶりは良くなっているけど、決め手のないタイプで、もうワンパンチ足りない。

【次週出走予定馬】
◆7/11(日)福島2R 3歳未勝利…オウカランマン(未定)
◆7/11(日)福島3R 3歳未勝利…レッドアクセル(未定)

| | コメント (8)

2010.07.03

ユニオンオーナーズクラブ申し込み結果

ユニオンオーナーズクラブ2010年度募集馬の結果が届き、1頭だけ申し込んだネームヴァリュー09(父:アグネスタキオン)への出資が確定した。
母は2歳時に札幌の新馬・コスモス賞を連勝し、その後船橋競馬へ移籍して5歳時に帝王賞を制覇するなど、芝・ダート問わず走ったし、4歳夏からの大活躍も非常に印象が強く、今回出資した仔にもその資質が受け継がれていれば非常に楽しみ。

| | コメント (2)

2010.07.02

エルヴィエント能力試験

今朝、大井競馬所属の2歳牝馬エルヴィエントの能力試験を見学してきた。
800mを54秒以内に走って合格しないとレースに出走できないので、まずはデビュー前に越えなければいけない関門となる。1頭だけ抜群のスタートを切ってハナに立ち、鞍上の的場直之騎手がずっと抑えたままでコーナーを回って直線に向き、そのまま持ったままの馬なりで流して僅差の2着でゴールを通過した。走破タイムは52.8秒で無事に合格。このまま順調ならば7/16(金)にデビューすることになった。スタートセンスが良く、二の脚も速かったので実戦でも楽しみ。

この能力試験、馬場に入場してすぐに返し馬の形でゲート付近に向かい、ほとんど時間をおかずにゲートに入れてスタートし、しかもジョッキーは勝負服を着ていないので、帽子の色とゼッケン番号を頼りにするしかなく、うっかりすると見逃してしまいそう。
20100702_01 20100702_02
20100702_03 20100702_04

| | コメント (4)

2010.07.01

2歳戦の勝ち上がりを狙う

今週も6頭と大挙出走する。順調に出走できてるのは良いことだけど、勝ち負けになる馬が少ないのが気がかり。

◆7/3(土)阪神1R 2歳未勝利…◎ラバーフロー(酒井)
2歳世代最初の未勝利戦で7頭立てと少頭数だし、強そうなメンバーも見当たらないのでここはチャンス。前走のマイル戦から1200mに短縮となるけど、最内枠からいいダッシュを見せていたし、坂路調教で好時計を出していることから、距離は問題なさそう。ここで勝って、オープンや重賞へと駒を進めて欲しい。

◆7/3(土)函館8R 大森浜特別…△アースグラヴィティ(北村宏)
前走は流れに乗れず見せ場も作れなかった。ただ、その前走よりもメンバーはだいぶ楽になるし、連闘してきたように状態面は問題ないので、レースの流れに乗れれば巻き返しも十分あり得る。後方から行く馬が多く、多少引っ掛かってでも先行させた方がいいように思える。

◆7/3(土)函館8R 大森浜特別…×チャームドライフ(古川吉)
目が完全にイッてるほどイレ込んでた割にはスムーズな競馬で逃げ切り勝ちをおさめた。滞在競馬でも相変わらず落ち着きはないようだけど、今回も行けばハナに立てそうなメンバー構成で、函館開催で既に6勝を挙げているフルキチジョッキーなら、巧いペースで逃げてくれそう。

◆7/3(土)阪神12R 3歳上500万下…×ガリアーノ(☆松山)
ここのところ凡走が続いていて強気にはなれないけど、今回は相性の良い松山ジョッキーが乗ってくれ、13頭立てとフルゲート割れで、向正面からマクりやすくなり、状態面もいいのでもう少しは前進できそう。前走で口向きの悪さを見せていたのは気がかり。

◆7/4(日)福島10R 猪苗代特別…×ローンジャスティス(北村宏)
1000万条件に再昇級してから2戦して全くいいところなく大敗が続いている。このクラスを勝っている馬が5頭いて、先行馬も多く、ちょっと今回も厳しいか。ただ広い東京よりは中山や福島のような小回りコースの方が実績があり、立ち回り次第では賞金圏内くらいは走れるかも。

◆7/4(日)函館12R 3歳上500万下…▲アイビーフォールド(藤岡佑)
降級馬は1頭だけと比較的楽な組み合わせで、この馬もクラス好走歴があって、しかも時計のかかる馬場の方が向いていそうで、ここは上位争いに加われる。ただ今回も差す競馬をするとなると、直線の短い函館では末脚が不発に終わるケースも。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »