« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010.06.28

ユニオンオーナーズクラブ2010年度募集馬

ユニオンオーナーズクラブも現在1歳馬を募集していて、明日6/29(火)に会員向けの1次受付が締め切られる。ユニオン出資馬がまるで走らず、一時は全馬権利放棄して退会しようかと思ったこともあったけど、先日チャームドライフが待望の初勝利を挙げてくれ、それに気をよくして募集馬のカタログとDVDを見てみた。

今年は帝王賞を勝ったネームヴァリューの仔が募集され、やや大柄ながら重苦しさが全くないバランスのとれた馬体で、母もいかにも活力がありそうな異系の血脈だし、かなり惹かれてしまう。もう既に募集口数を上回る応募があるようで、せっかくだから1口だけ応募してみようかと思う(ただしツアー不参加で保障もまだ出ていないため、当選確率はかなり低い)。

その他、ノーザンアンジェラの09とボンヌマールの09が良く見えた。こちらの2頭はまだ応募は少ないようで当分様子を見れそう。

(良く見えた馬)
アグネスデジタル×ノーザンアンジェラ
26 アグネスタキオン×ネームヴァリュー
36 メイショウボーラー×ボンヌマール

| | コメント (2)

2010.06.27

3歳馬4頭目の勝利

◆6/26(土)阪神1R 3歳未勝利…○ヴェラブランカ(岩田)→1着
プラス30キロと馬体重が発表されたので太め残りを心配したら、全く太め感はなく好仕上がり。レースでは少し気合いを付けて先行させ5番手のインに付ける。大型馬で反応が鈍いのか、時折気合いを入れられていたけど、3~4コーナーで逃げ馬の直後に付け、直線で馬群を割って抜け出すと7馬身差を付けて圧勝した。時計は平凡だけど余力のある勝ち方で、少なくとも500万条件はすぐ好勝負できそう。

◆6/26(土)福島8R 3歳上500万下…▲イルドロール(中舘)→4着
パドックでは今までのようなチャカチャカとした落ち着きのなさを見せず、非常に雰囲気は良かった。今回は割とスムーズに先行できて4番手あたりに付ける。外枠を引いてしまったせいか、終始4頭分外を回らされて、直線に向いてからもアッサリ土俵を割らず意外と頑張って2着はありそうな雰囲気だったが、外から交わされて4着となった。自分の時計は走っているし、いずれチャンスが回って来そうだけど、スタート地点の芝での走りが良かったので、ダート戦を連闘で使うのではなく、芝のレースに回ると面白そう。
Bg2c4421 Bg2c4500

◆6/26(土)函館7R 3歳未勝利…×オファニエル(古川吉)→11着
滞在競馬でも連闘のせいかチャカチャカして落ち着きがない。今日は急かさずちょうど中団に位置し、向正面から徐々に押し上げ、3コーナーでは先頭を射程圏に入れる4番手まで進出し、4コーナーからは先頭を伺う勢いだったが、直線に向くと一杯になって11着に敗れた。時計は超平凡だし、鞍上が完璧に乗ってくれたのにこの結果はいただけない。

◆6/26(土)函館11R 奥尻特別…▲アースグラヴィティ(丸田)→7着
パドックではトボトボと歩く感じで力強さがなく、気配としてはあまり感心しない。好スタートを切ったが今日は抑える形で後方3番手に下げてレースを進める。平均遅めのペースで、4コーナーの地点でもまだ後方3番手に位置し、直線で追い上げようとしてもこれといった伸びを見せられず7着に終わった。力の要る函館の芝は合うだろうと、かなり期待していただけに残念。

◆6/26(土)函館12R 3歳上500万下…△ティフィン(柴山)→6着
グリーンチャンネルの録画に失敗し、パドックでの様子や詳しいレース展開は分からないけど、ちょうどゲートの後ろにもたれかかった時にゲートを開かれ最後方から。そのままマクるでもなく4コーナーでも最後方に位置していて、直線ではソコソコの脚を使ったものの6着に追い上げるのが精一杯。輸送がないのに8キロ減ったのは誤算だし、最近は徐々にレース内容が悪化しているのも気になる。

◆6/27(日)函館7R 3歳上500万下…△レッドジール(四位)→6着
相変わらず惚れ惚れするような馬体で、歩様も力強く、なぜこれで最下級条件をウロウロしているのか不思議でならない。今日はハッキリとハナを主張して逃げの展開に持ち込む。平均的なペースでちょうどいい流れに思えたが、直線入り口で並びかけられ、アッサリと後退して6着に終わった。相変わらず直線で手前を替えていないのか、それとも単純に距離が長いのか、レースぶりに全く進境が見られない。

◆6/27(日)函館9R 函館日刊スポーツ杯…×フローズンタイム(丸田)→7着
パドックの気配は分からず。53キロの軽ハンデだったせいかスンナリとハナに立って自分のペースに持ち込む、終始1馬身以上のリードと保ちながら4コーナーを回って直線に向き、残り150mくらいまでは先頭のまま粘っていたが、最後は一杯になって7着に敗れた。格上挑戦でこれだけやれれば十分だし、何より久しぶりにレースができたのは好材料。

【次週出走予定馬】
◆7/3(土)福島1R 3歳未勝利…オウカランマン(未定)
◆7/3(土)福島8R 3歳上500万下…イルドロール(中舘)
◆7/3(土)函館8R 大森浜特別…アースグラヴィティ(未定)
◆7/3(土)函館8R 大森浜特別…チャームドライフ(古川吉)
◆7/4(日)福島10R 猪苗代特別…ローンジャスティス(北村宏)
◆7/4(日)函館12R 3歳上500万下…アイビーフォールド(未定)

| | コメント (2)

2010.06.24

最低人気でドカンと一発

今週は2頭の出走予定だったはずが、少頭数のレースが多かったこともあり、予定を前倒ししたりで賑やかに7頭の出走になった。

◆6/26(土)阪神1R 3歳未勝利…○ヴェラブランカ(岩田)
馬体がガタッときて立て直すのに時間がかかり、1年ぶりの2戦目となる。デビュー戦は芝1400mで出遅れてしまい、スローな流れで後方のままというレース内容。父がクロフネでダートの方が良さそうだし、距離も1800mに伸びてレースはしやすいはず。長期休養明けがカギになるけど、この時期の未勝利戦なら素質で何とかして欲しい。

◆6/26(土)福島8R 3歳上500万下…▲イルドロール(中舘)
こちらは膝の骨折明けで7ヶ月ぶりの出走。このコースで2着があり条件的には悪くないはずだけど、ダッシュがあまり速くないタイプでかなり無理して先行させていたことから、また昨秋のように直線でバッタリ止まらないか不安が先に立つ。ただ今回はクラブのコメントで「精神的に落ち着いているなど、心身ともに成長がみられる」とあり、勝った時のように前に馬を置き直線抜け出す競馬ができれば。そのためにも内枠を引きたい。

◆6/26(土)函館7R 3歳未勝利…×オファニエル(古川吉)
連闘での出走となる。前走はうまいこと先行できて、レースぶりには進境が見られる。とはいえ未勝利勝ちの水準にはほど遠い時計で、200m短縮の今回もどこまでやれるか。ただ前走入着馬がゼロと、前回以上にレベルの低いメンバーなので、何とか掲示板を目指して欲しい。

◆6/26(土)函館11R 奥尻特別…▲アースグラヴィティ(丸田)
狙い澄ました一戦。前走は高速馬場・直前の雨で滑る状態・勝ちに行く競馬で最下位に敗れてしまったけど、もとより全く向いていない条件だったし、力の要る洋芝で距離も最適な今回は、低評価をあざ笑うような走りを見せてくれるはず。今回好走できないようでは、今後の好走は見込めない。たぶん最低人気かブービー人気。

◆6/26(土)函館12R 3歳上500万下…△ティフィン(柴山)
降級馬が1頭だけで、全体的には楽なメンバー。過去2走の大敗は、輸送・不良馬場と敗因がハッキリしていて、今回は10頭立てと少頭数で、ゲートさえ普通に出てくれれば入着程度は走ってくれそう。細いタイプで滞在競馬は合っているはずだし、徐々に良くなってくれれば。

◆6/27(日)函館7R 3歳上500万下…△レッドジール(四位)
こちらも連闘での出走となる。ここ2走、控える競馬で結果が出てないけど、今回はハナに立つつもりで行くとのことだし、先行馬が少ない組み合わせで、自分の競馬はできそう。前走入着馬がゼロで降級馬もこの馬を含め2頭だけど、メンバー構成も楽だし、ここは何とか格好をつけて欲しい。1700mの距離はちょっと長いか。

◆6/27(日)函館9R 函館日刊スポーツ杯…×フローズンタイム(丸田)
1000万特別に格上挑戦となる。芝は1戦して大敗と芝適性には疑問符が付くけど、函館の芝ならある程度こなせそうな気がするし、先手が取れそうな顔ぶれで、しかもハンデが53キロとあって、見せ場くらいなら作れるかも。

| | コメント (2)

2010.06.23

ノーヒットノーラン引退

ユニオンオーナーズクラブ所属の3歳牡馬ノーヒットノーラン(父:メジロライアン)が、能力不足で引退することになった。

2歳時の4月に産地馬体検査を受けていたので早めのデビューを期待したけど、トモが弱くて牧場での乗り込みに長期間かかってしまい、未勝利戦のリミットを考慮して今年4月頃に栗東トレセンへ入厩させた。トレセンで実戦的な乗り込みを重ねようとしたところ、未勝利馬との併せ馬で大差遅れたり、ソエが出て調教を手控えられたりと順調さを欠き、それでも何とか先週の土曜日にデビューにこぎ着けたところ、出遅れてダッシュが付かずそのまま置いてけぼりを食らい、勝ち馬から25.9秒差のダート1200m戦で1:38.7という衝撃のレースぶりで、わずか1戦だけでさじを投げられてしまった。

栗毛のかわいい馬で、1回も実馬を見るチャンスがなかったのは残念。

| | コメント (2)

2010.06.22

社台・サンデー2010年度申し込み内容

社台・サンデーの2010年募集馬の応募内容が決まりました。
今年は目に付いた馬が少ないせいか例年よりは迷わなかったけど、募集頭数が少ないため、上位指名馬でハズレると1頭も出資できなくなるおそれがあることから、指名内容は慎重にしたつもり。

---------------------------------------------------------------------------
【社台・サンデー】2頭申し込み

◆第1希望:129 ゴットザビートの09(父:ウォーエンブレム)
ベガの孫ヒストリックスターとどちらを第1希望にしようかもの凄く迷ったけど、初めて出資して4勝を挙げた思い入れの深い馬の初仔だし、ダートで確実に走ってくれそうな点も重視してこちらを選んだ。6/22(火)の時点で第1希望は5票とのことで、第1希望なら間違いなく出資できるはず。

◆第2希望:117 エスティメーションの09(父:スペシャルウィーク)
カタログ・DVD・ツアーのいずれでも好印象を受けた馬で、近親に活躍馬が少ないのは気になるけど、スラッとしつつも前後のバランスがいい馬体で、中距離もこなせそうなことから申し込んだ。こちらは6/22(火)の時点で第1希望が4票、第2希望が9票とのことで、第2希望申し込み者の中で抽選になりそう。
---------------------------------------------------------------------------
【地方競馬オーナーズ】1頭申し込み

◆第1希望:304 ブリージーウッズの09(父:ゴールドアリュール)
モロに好みの馬で、当初の予定通り第1希望で申し込み確定。ただ残念ながら、6/22(火)の時点で第1希望が既に7票あるらしく、地方の出資実績が35万なので4口の抽選枠に賭けるしかなさそう。
---------------------------------------------------------------------------
Rimg0050 Rimg0054

| | コメント (0)

2010.06.21

ユニオン出資馬初勝利

チャームドライフの優勝で、ユニオンオーナーズクラブ出資馬がようやっと初勝利を挙げてくれた。当日はリニューアルオープンしたスタンドを見物がてら函館競馬場へ行ってたけど、まず勝つであろう圧倒的1番人気の馬がいたし、スーツを着ていくのが面倒だったので口取りを申し込まなかったのは失敗だった。

◆6/19(土)阪神7R 3歳未勝利…×ノーヒットノーラン(高井)→14着
グリーンチャンネルの画面に映ったのはスタートで出遅れた時だけで、あとは馬群から遙か後方を追走していたので様子が分からず。勝ち馬から25.9秒差ではどうしようもない。もちろんタイムオーバーで出走停止。

◆6/19(土)函館6R 3歳未勝利…×オファニエル(古川吉)→12着
プラス2キロと減っていた体の回復具合ももう一つ。積極的にハナに立つ馬がおらず、今日はスンナリと2番手に付ける。速すぎず遅すぎない丁度いいペースに思えたが、距離が長かったようで4コーナーで一杯になり、ブービーの12着(同着)に敗れた。初めて先行策をとれたし、これで少しでも変わってくれれば。

◆6/19(土)函館10R 3歳上500万下…△レッドジール(池添)→8着
3ヶ月ぶりでも相変わらずの好馬体で気配も上々。そう急かせるでもなく3番手でレースを進め、注文通りに直線で先頭に立つ競馬ができそうだったけど、4コーナーで早々と手応えが怪しくなり、8着に終わった。今まではこういった競馬で押し切っていただけに、距離が長いのかもしれない。

◆6/20(日)函館1R 3歳未勝利…△チャームドライフ(古川吉)→1着
骨折明けで乗り出してから1ヶ月も経ってないわりには好仕上がり。ただパドックではイレ込んでいて目が完全にイっていた。レースでは最内枠を利してハナに立ち、道中はスローに落としつつ3~4コーナーからペースを上げ、外から圧倒的1番人気の馬が追い上げる中、一杯に粘り切って1着となった。ダ1400m戦では先行できず苦労していたけど、この距離に替わってレースぶりが一変した。今回は2番手の馬が早々にバテてくれ、人気馬が外を回らされるという恵まれた面はあるけれど、まだまだ上積みはあるはずだし、500万条件での走りに期待。
20100620_01 20100620_02 20100620_03

◆6/20(日)阪神4R 2歳新馬…▲ラバーフロー(酒井)→4着
406キロと想像以上に小柄だったし、パドックを引きずられるように歩いたり、ちょっと嫌がる素振りを見せたりといかにも新馬らしい雰囲気。揃ったスタートから先行させようとするが外から来られてちょうど中団あたりから。インコースでじっとして直線で追い出そうとしたら、前を走るシゲルシャチョウがフラフラ蛇行して追い辛い場面もあり、前とは差のある4着に終わった。大勢が決した後だったけど一脚は使ってくれたし、順調ならすぐ順番が回ってきそう。

◆6/20(日)阪神8R 3歳上500万下…△ガリアーノ(▲川須)→11着
前肢の出が堅かったけど、3ヶ月ぶりでも力は出せる仕上がり。いつも通りスタート後は控えて後方3番手から。向正面から徐々に押し上げて中団あたりまで進出しても、口向きの悪さを見せて4コーナーで伸びが止まってしまい11着に終わった。ちょっとここのところレースぶりが悪化してるのが気がかり。

【次週出走予定馬】
6/26(土)福島8R 3歳上500万下…イルドロール(未定)
6/26(土)函館11R 奥尻特別…アースグラヴィティ(未定)

| | コメント (0)

2010.06.17

番狂わせを期待

今週は2頭がデビューする。2歳新馬のラバーフローは、小柄な馬体でピリッとしたタイプとのことで、スピリタスみたいな活躍をしてくれないかと期待が高まる。

◆6/19(土)阪神7R 3歳未勝利…×ノーヒットノーラン(高井)
これがデビュー戦となる。未勝利馬との併せ馬で大差遅れたり、調教タイムが全く詰まってこない割にはソエが出て追い切りを手控えられたりと、好走できる要素がまるで見当たらず、とりあえず今回は使ってみるだけ。ゲートの出も甘いようだし、後方ままのレースぶりになりそう。何とかタイムオーバーだけは回避して欲しい。

◆6/19(土)函館6R 3歳未勝利…×オファニエル(古川吉)
フルゲート割れで、前走5着が2頭のみとビックリするほど低調な顔ぶれだけど、この馬も大敗続きでむしろレベルを下げてる方だし、全く先行できない現状では今回も苦戦必至。距離が2000mに伸びて流れが遅くなる分、叩いてでも先行できないものか。

◆6/19(土)函館10R 3歳上500万下…△レッドジール(池添)
500万クラスに降級となった。これが1400m戦なら勝ち負け必至でも、前走はスタートで出負けしたにせよ全く良いところがなかったので、1700mに距離が伸びて果たしてどこまでやれるか。先行して4コーナーで先頭に立って押し切る競馬がしたい。

◆6/20(日)函館1R 3歳未勝利…△チャームドライフ(古川吉)
骨折明けで7ヶ月ぶりの出走となる。2着が2回あるものの、いずれも勝ち負けの水準にはほど遠い時計で、しかもまだ乗り込み本数が少なく、本来ならとても強気になれないけど、こちらもビックリするほど楽なメンバー構成で、これなら入着くらいなら望めそう。滞在競馬だけに何とか優先出走権を確保したい。

◆6/20(日)阪神4R 2歳新馬…▲ラバーフロー(酒井)
2歳戦開幕週でのデビューとなる。このレースには早くからディープインパクト産駒やトールポピーの下も出走を表明し、全く話題に挙がることななかったけど、5/1に入厩して何のトラブルもなくしっかり乗り込まれ、坂路で52秒台を出したようにこの時期の新馬としては動きも十分合格点なので、話題馬に一泡吹かせて番狂わせ、というシーンもあり得なくはない。

◆6/20(日)阪神8R 3歳上500万下…△ガリアーノ(▲川須)
降級馬が2頭いて、先行タイプが少なく展開面も有利とは言えなそう。ただスタートからコーナーまで一番距離のあるコースで、強引に先行することも可能だし、ジリ脚で2000mの距離は向いてそうだから、3キロ減の恩恵もあってある程度やれそうな気がする。

| | コメント (3)

2010.06.13

4頭とも着外に沈む

今週は1頭も入着できず厳しい結果に。。。

◆6/12(土)東京2R 3歳未勝利…△レッドアクセル(北村宏)→6着
今日はパドックに入ってきてからずっとチャカチャカしていたし、馬体の割に力強さが感じられなかった。レースではスッと先行できて4番手の外に付ける。先頭を終始射程圏に入れながらコーナーを回ったが、前走と同じく外を回らされたせいか直線に向いた時点で手応えが怪しくなり、特に伸びもせず大バテもせず6着に流れ込んだ。枠順の不利はあったにせよ、この時期の未勝利戦で何とかならないようでは先が暗い。まだ非力だし、いっそ芝を使ってみるのもいいかもしれない。
Bg2c3502 Bg2c3530

◆6/12(土)東京3R 3歳未勝利…△オウカランマン(宮崎北)→13着
プラス6キロで馬体はフックラしていたけど、やや気負い気味。今日も抜群のスタートから急かせず5番手の外に控える。こちらも外を回らされたことでどんどん位置取りが悪くなり、直線に向いた時点で既に勝負圏外に下がり、13着に終わった。今日は距離を意識して控えたんだろうけど、ちょっと競馬っぷりが中途半端になってしまったし、やはり1400mは長かった。
Bg2c3635

◆6/13(日)京都6R 3歳500万下…△アイビーフォールド(川田)→8着
ここ最近と同様、張りのある馬体でパドックの外めを周回して好気配。今日もあまり良いスタートではなく中団あたりに付け、前走のように差す競馬を試みたが、直線に向いても特に伸びる感じはなく8着に終わった。雨脚が強くなり、良馬場発表でも滑る馬場になったのが誤算か。今後は函館に移動するとのことで、時計のかかる函館・札幌なら好走してくれそう。

◆6/13(日)京都12R 4歳上1000万下…×フローズンタイム(藤岡佑)→16着
半年ぶりでも馬体は仕上がっているように見えたけど、まだ覇気は感じられず。まぁまぁのスタートから先行集団に付けたが、外から他馬に来られるたびに位置取りを悪くし、直線に向くと完全に最後方まで下がってしまい、全く競馬にならなかった。降級前の一叩きにしても内容が悪すぎて、この分では降級しても好走はかなり厳しそう。

【次週出走予定馬】
6/19(土)阪神11R 城崎特別…ガリアーノ(未定)
6/20(日)阪神4R 2歳新馬…ラバーフロー(酒井)
6/20(日)福島10R 横手特別…ローンジャスティス(未定)
6/20(日)函館3R 3歳未勝利…チャームドライフ(未定)
6/20(日)函館5R 3歳未勝利…オファニエル(未定)
6/20(日)函館12R 3歳上500万下…レッドジール(池添)

| | コメント (0)

2010.06.11

社台・サンデー1日ツアー(2010年)

社台・サンデーの1日ツアーに行ってきました。オーナーズを含めると今年も200頭以上の募集馬が展示され、1日ツアーでは全馬は見きれないため、例年のように予め目星を付けた馬を中心にチェックしてます。現段階での候補馬や印象はこんな感じです。

【雑感】
・圧倒的にサンデーの方がいい馬が多いように思えた(個人的な感想です)。
・というより、社台サラブレッドクラブ募集馬で惹かれた馬が皆無に等しい。
・巷間で言われている通り、社台オーナーズの募集馬は粒揃い。
・圧倒的1番人気になりそうな馬が見当たらず、上位人気は割れると思う。
 (1番人気はビワハイジ、高実績者の人気はマンデラやドナブリーニと推測)
・ダイワメジャーの仔は全体的にデカくて筋肉質(カタログ・DVDを見ての通り)。

-------------------------------------------------
【1位指名候補】
◆129 ゴットザビートの2009(父:ウォーエンブレム)
いちばん最初に出資した馬で4勝を挙げ、一口馬主に大ハマりするきっかけとなったゴットザビートの初子。カタログ・DVDとも全く見栄えがせず、これは見送りかなとも思ったけど、実馬を見たらなかなかピリッとした性格で、馬体もまだまだ大きくなりそうで印象が変わった。貴重なウォーエンブレム産駒だし、いかにもダートで走ってくれそうで、地方交流重賞を荒らし回るようなタイプに育ってくれないかと期待。活躍を見込んだ積極的な1位指名候補というよりも、もし見逃して活躍したら立ち直れないほどショックを受けるからという、消極的な理由。
129

◆138 ヒストリックスターの2009(父:ディープインパクト)
母ヒストリックスターは名牝ベガ唯一の後継牝馬で、それにディープインパクトを配合したとあっては、走らない方がおかしい。ただし馬体を見ると母の父ファルブラブが強く出ていて、地方競馬オーナーズの募集馬かと見間違えるくらい体高が低くてズングリムックリしている(だから意外と安いんだと思う)。周囲を威圧するような雰囲気は一流馬のそれで、例年だったらハズレ覚悟で1位指名している。
138

-------------------------------------------------
【ドラフト2位・3位候補】
◆117 エスティメーションの2009(父:スペシャルウイーク)
なんでこの馬が1400万円なのかサッパリ分からない(ちょっと外向している?)。スラッとした体型ながら歩様は力強いし、初めてのツアーで鳴いている牝馬が多い中、1頭だけすごく落ち着きがあって展示馬の中でも目立っていた。
117_2 117_3

◆115 イルネージュの2009(父:ダイワメジャー)
骨太・筋肉質でいかにも丈夫そうだけど、とにかく落ち着きがなく常にチャカチャカ動いていて、良くも悪くもお姉さんのイルドロールによく似ている。大物感はないけど血統的に1勝は堅く見込めるし、芝・ダート兼用で堅実に走ってくれそうなタイプ。
115

-------------------------------------------------
【地方競馬オーナーズ指名馬】
◆304 ブリージーウッズの2009(父:ゴールドアリュール)
栗毛で筋肉質の馬体をしていて可愛いタイプと、モロに好みでこれは申し込まずにはいられない。キングスデライト・リトルディッパーの近親というのもポイント。父がゴールドアリュールだから、JRAの特別指定競走で芝のコースを走っても面白そう。
304

-------------------------------------------------
【その他の評判馬】
◆137 マンデラの2009
ノーザンファーム1番の期待馬だそうです。
137

◆141 ドナブリーニの2009
元調教師の矢野進先生も絶賛しておられました。
141

◆144 ビワハイジの2009
この一族はいつもこんな感じの上品な馬体をしている。
144

◆149 ローズバドの2009
「兄ほどではないんじゃない?」との矢野先生が語っていたそうです。まぁ兄は2歳チャンピオンですからね。
149

| | コメント (6)

2010.06.10

入着級が3頭

4歳1勝馬のガリアーノは除外となり、残念ながら降級前の2勝目はかなわず。

◆6/12(土)東京2R 3歳未勝利…△レッドアクセル(北村宏)
過去3着・5着と入着しているけど、走破時計が平凡だし、最後までバテずに走っているという感じで、まだちょっと勝てそうな雰囲気はない。とはいえこれといった強敵は見当たらず、上位争いには間違いなく加われそう。

◆6/12(土)東京3R 3歳未勝利…△オウカランマン(宮崎北)
前走は芝で変わり身を見せてくれた。レースを重ねるごとに調教内容も良くなっていて、今なら距離延長も対応してくれそうだけど、先週末からフケが出ているらしく、それがレースにどう影響するか。左に頼るところがあるとのことで、内枠が欲しい。

◆6/13(日)京都6R 3歳500万下…△アイビーフォールド(川田)
前走はスローペースを差す競馬で好走し、休み明けを叩いた今回は状態面も順当にアップしているようで、平坦コースなら崩れがないので期待が高まる。勝ち負けのライン上にある馬が結構多く、かなりの混戦模様。

◆6/13(日)京都12R 4歳上1000万下…×フローズンタイム(藤岡佑)
球節を傷めて休養し、半年ぶりの出走となる。かなり恵まれた展開で500万条件を勝ち、1000万ではまだまだスピード不足なので、今回はとりあえず回ってくるだけ。この条件のスピードに慣らしつつ、降級後の次走以降が狙い。

| | コメント (2)

2010.06.09

社台・サンデー1日ツアー攻略法

社台・サンデーの募集馬カタログが届き、早速DVDをチェックしてみたところ、今年は地方競馬オーナーズの募集馬がやたらと良く見えて目移りしてしまう。でも今年は価格設定が高いのが気になる。。。

さて今週末からは見学ツアーがあるので、過去3年連続で参加している1日ツアーのポイントをご紹介します。

【見学準備編】
◆見たい馬を事前にリストアップ
1日ツアーは、名前の通り1日で募集馬を全て見学するため、全ての馬をじっくり見て回る時間的余裕はないので、出資候補馬や見ておきたい馬をリストアップしておくといい。

◆歩きやすく濡れてもいい靴を
芝の上に募集馬が展示され、例え見学時は晴れていても前日の雨で芝が濡れていたりするので、歩きやすく滑りにくい靴で参加した方がいい。

◆デジカメは持って行った方がいい
1日で200頭以上の馬を見ることになり、最初の方に見た馬のことは忘れてしまいがちで、デジカメで撮影しておくと後で色々と思い出しやすい。

◆カタログは要らないかも
カタログは現地配布されないので、必要なら持って行くこと。ただ、せっかく募集馬を見学するんだし、実馬を見た印象を優先させる意味でもカタログは要らないかも。

◆あると便利な持ち物
ペン、デジカメ、タオル(雨が降った時用)、使い捨てのおしぼり(手を洗う機会が昼食時以外にない)

【見学当日編】
◆展示馬配置表にチェックを入れる
新千歳空港の集合場所で配布される展示馬の配置表を受け取ったら、まず見たい馬をマークしておくと便利(最新の馬体重・預託厩舎・募集価格も記載されている)。余白も多いので印象などのメモもできる。

◆牧場では出資候補馬から回る
各牧場での展示時間は20~40分くらいで、人気馬から見て回ると時間が足りなくなるため、まず出資候補馬から優先して見た方がいい。

◆社台ファームは展示時間が短いので注意
最後に回る牧場でちょっと疲れ気味だし、一部・二部の入れ替え制で展示されたり、地方競馬オーナーズの募集馬がまとめて展示されたりと、時間が短くて狙っている馬を見逃しやすいので注意が必要。

| | コメント (2)

2010.06.06

待望のオープン入り

ようやっとスピリタスが勝ってくれました。芝のメインレースだったからか、本馬場の芝の上で口取りできたのもいい記念に。

◆6/5(土)東京11R 湘南S…◎スピリタス(柴田善)→1着
いつも通り時々チャカつつも、馬体を大きく見せて好気配。揃ったスタートから今日はそう抑えずにちょうど中団から。馬群の内側でピッタリと折り合いつつ、4コーナーから徐々に外に張り出させ、直線で外に出すと、先に抜け出したソーマジックに着々と迫り、最後は1馬身1/4ほど先着して勝ち星を挙げ、待望のオープン入りとなった。抑えず最内に入れて折り合い、スムーズに外に出し、仕掛けどころとも完璧と、競馬の教科書があったらぜひ載せたいくらい理想的な騎乗で、勝ち時計が1:31.7で安田記念と同タイムというオマケ付き。時計が速すぎて怪我が心配になるけど、このまま順調にいけば秋が大いに楽しみ。
20100605

◆6/6(日)東京1R 3歳未勝利…×ローテスクライト(横山典)→10着
何とか前走と同じ馬体重をキープ。でもトボトボとパドックを歩いて雰囲気はあまり感心しない。スタートで後手を踏んでしまい後方4番手くらいでレースを進め、徐々にポジションを上げて直線に向いたものの、そこから特に伸びるでもなく10着に終わった。意外とダートの走りは悪くなかった。でも過去3戦とも先行できない現状で、追ってから全く伸びないし、この先はかなり厳しいと言わざるを得ない。

◆6/6(日)京都11R かきつばた賞…◎レッドバリオス(川田)→5着
プラス8キロでも全く太め感はなく相変わらずの好馬体も、珍しくパドックの内側をこぢんまりと歩いていた。今日はスタートから出ムチをくれてハナに立つ。1コーナーからスローに落とし、いいペースで逃げていたが、3コーナーから外に並びかけられ、残り200mくらいまでは頑張りつつも、最後ドッと来られて5着に終わった。今日のメンバーで5着は不甲斐ない決め手がないタイプなので展開的にローカルの方が合っているはず。

(次週出走予定馬)
◆6/12(土)東京2R 3歳未勝利…レッドアクセル(北村宏)
◆6/12(土)東京3R 3歳未勝利…オウカランマン(未定)
◆6/13(日)京都6R 3歳500万下…アイビーフォールド(川田)
◆6/13(日)京都7R 4歳上500万下…ガリアーノ(未定)
◆6/13(日)京都12R 4歳上1000万下…フローズンタイム(未定)

| | コメント (2)

2010.06.05

社台・サンデー2010年度募集馬

社台・サンデーの1歳募集馬カタログが、金曜日から会員向けに公開された。紙のカタログやDVD・見学ツアーで実馬を見るとガラッと印象は変わるけど、ザッと見て今のところこの5頭が良く見えた(例年より少ない)。これから出資馬が決まるまでの約1ヶ月間がまた何とも言えず楽しいですねぇ。

31 オリエントチャーム(父ファルブラヴ)
141 ドナブリーニ(父ディープインパクト)
117 エスティメーション(父スペシャルウイーク)
131 アクアプラネット(父ファルブラヴ)
109 ロレットチャペル(父ネオユニヴァース)

| | コメント (2)

2010.06.04

フライデイフライト引退

キャロットクラブ所属の6歳牡馬フライデイフライト(父:フサイチペガサス)が、調教中もしくは洗い場で脚をひねった時に右飛節の腱を断裂してしまい、競走能力喪失で引退することになった。

オーストラリア生まれの外国産馬で、ノーザンファーム空港での育成時には「(同期の馬の中で)1、2を争う素質がある」とか、デビュー前に滞在していたグリーンウッドでは「2歳馬の中では最高ランクに入るくらいの素質を持っている」とまで評価されていたことから、絶大なる期待を寄せていた。

520キロある筋骨隆々の大型馬で非常に見栄えがする馬だけど、馬体の割に気が小さい面もあって、勝つか大敗するかハッキリ分かれるタイプで、昨年5月に5勝目を挙げて晴れてオープン入りしてからは、二桁着順の惨敗を4戦繰り返し、障害練習も取り入れつつ浮上のキッカケを探っていた時のアクシデントとなってしまった。

もし順調だったとしても、オープンでガラリ一変するのは難しかっただろうけど、キャロットクラブの出資馬の中では一番好きな馬だっただけに、急な引退は残念でならない。

20090214_03 20090214_04_3
20081122_04_2 Img_9798 
(写真左上)2009/02/14 パドックで一際目立つ、いかにもダート向きの好馬体
(写真右上)2009/02/14 京都で1000万条件を横綱相撲の好タイムで優勝(4勝目)
(写真左下)2008/11/22 府中で5番人気の低評価を覆し500万条件を楽勝(3勝目)
(写真右下)2009/05/24 府中の1600万条件薫風Sを2番手から押し切る(5勝目)

| | コメント (0)

2010.06.03

勝ち味に遅い2頭

キャロットクラブの募集馬見学ツアーは、9/16(木)の日帰りコースに参加しますのでよろしくお願いします。
さて今週は勝ち味に遅い2頭が出走する。再来週にクラス再編成があるし、何とか2頭とも勝ってくれないものか。

◆6/5(土)東京11R 湘南S…◎スピリタス(柴田善)
夏競馬直前でかなり骨っぽいメンバーが揃ったけど、もうここは順番で勝っていいのでは。反応が鈍いタイプではないため、大先生が鞍上でも全く問題なく、先週までは差しが決まる馬場だったので、今週もその傾向が続いていれば大チャンス。ソーマジックが強敵。

◆6/6(日)東京1R 3歳未勝利…×ローテスクライト(横山典)
牝馬限定戦でかえって強いメンバーが集まってしまった。4ヶ月ぶりだし、相変わらず馬体減りに悩まされている現状で、しかも初ダートではとても強気になれない。400キロ程度しかなく、果たしてダートをこなせるかどうか。

◆6/6(日)京都11R かきつばた賞…◎レッドバリオス(川田)
こちらも勝ち味に遅いタイプだけど、500万条件で好走歴のある馬が他に1頭しかおらず、他は未勝利をようやく勝ち上がった馬が多く、今回は何とかなりそう。菊花賞を見据えて、3コーナーの下りで一気に仕掛けるくらいの競馬をして欲しい。

| | コメント (4)

2010.06.02

アイザーウェイ引退

ユニオンオーナーズクラブ所属の3歳牝馬、アイザーウェイ(父:サクラプレジデント)が、全治9ヶ月以上の屈腱炎を発症し、引退することになった。

昨年11月末にデビューし、そのデビュー戦ではスローの単騎逃げに持ち込めたにも関わらず6着に敗れ、以降4戦したもののデビュー戦が最高着順に終わってしまった。バランスの良い好馬体をしていたけど、芯が通っていないのが弱点で、パンとすればとの期待を持っていただけにちょっと残念。
09

| | コメント (2)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »