« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.30

5月は未勝利に終わる

5月は17戦して未勝利に終わったけど、イルドロールが美浦トレセンに帰厩し、地方競馬オーナーズのエルヴィエントが大井競馬場に入厩したので6月以降が楽しみ。

◆5/29(土)東京2R 3歳未勝利…▲レッドアクセル(北村宏)→5着
歩様に力強さがなくやや気負い気味だったものの、馬体そのものは良く見えた。レースでは揃ったスタートからスンナリと先行して4番手の外から。そのままコーナーを回って直線に向くと、外の馬にアッサリと交わされてズルズルと馬群に沈むかと思ったら、意外とそこから粘りを見せ、5着は死守してゴール。レースぶりが良くなってきているし、このまま順調に使えれば初勝利はすぐ挙げられそう。
Bg2c2148

◆5/29(土)京都2R 3歳未勝利…×オファニエル(△國分恭)→12着
パドックの気配は不明。減っていた馬体もまだ戻りきっていない。終始後方のインでじっと控えて直線に向くも、これといった脚を繰り出すことなく12着に終わった。勝ち馬との着差は詰まってきているけど、まだまだ勝つには力不足。

◆5/29(土)東京8R 4歳上500万下…▲フライバイワイヤー(吉田隼)→3着
いつも通りややチャカつき気味でも、気配は近走の中でも一番良かった。揃ったスタートから抑え加減で中団の外に控える。いい雰囲気のまま直線に向き、後方から追い込むも、スローな流れに泣き惜しくも3着に終わった。残念ながら勝って同じクラスに降級するのは無理だったけど、だいぶ常識的な競馬ができるようになってきているし、500万卒業も近い。
Bg2c2352 Bg2c2417

◆5/29(土)東京12R 4歳上1000万下…×ローンジャスティス(北村宏)→13着
パドックでは珍しく馬にやる気が感じられて期待したが、レースでは押して先行させようとするも、スタート地点の芝でスピードが乗らず中団から。馬群にモマれながらも嫌気を差すことなく直線に向いたが、これといった伸び脚を見せることなく13着に敗れた。今回は最内を引いた時点で好走は厳しかったし、スタート地点の走りからして芝もイマイチ。ローカルのダート戦で先行できる展開に持ち込めればこのクラスでも面白そう。
Bg2c2460

(次週出走予定馬)
◆6/5(土)京都10R 天王山S…フライデイフライト(岩崎)
◆6/5(土)東京11R 湘南S…スピリタス(柴田善)
◆6/6(日)東京1R 3歳未勝利…ローテスクライト(横山典)
◆6/6(日)京都11R かきつばた賞…レッドバリオス(川田)

| | コメント (2)

2010.05.27

何とか勝ちたいけど・・・

土曜東京11Rの欅Sに投票して除外権利を得るはずだったフライデイフライトが、除外馬欄に名前がなかったので怪我でもしたのかと心配したら、「騎手を確保できず投票できませんでした」とのこと。障害戦のように騎手が限られてるわけでもなく、今週は2場開催で、さらにオープンは抽選5頭枠もないんだし、いくらでも空いてる騎手はいるだろうに、何やってんだか。。。

◆5/29(土)東京2R 3歳未勝利…▲レッドアクセル(北村宏)
トモが弱くてなかなかビシッとやれず、ようやっと今回が2戦目となる。入厩して1ヶ月経ってもまだデキは途上だけど、それでもデビュー戦で後方からいい脚で追い込んで来たように、未勝利を楽に勝てるくらいの素質はあるので、ここで一踏ん張りして勝ち星を挙げて欲しい。

◆5/29(土)京都2R 3歳未勝利…×オファニエル(△國分恭)
ヴィクトワールピサ・ローズキングダムと1.8秒差だったデビュー戦から、レースを重ねるごとに内容が悪くなっているし、先行力がないので今回も最下位争いになりそう。母がエンゼルカロで血統は悪くないだけに、繁殖入りさせた方がいいと思うけど。。。

◆5/29(土)東京8R 4歳上500万下…▲フライバイワイヤー(吉田隼)
前走は2番手の絶好位でレースを進められたのに直線伸びず、かなりガッカリしたし、蛯名騎手が同じクラブの他馬に騎乗するように、ちょっと状況は厳しい。でも今回は競馬ブックの追い切りピカイチで取り上げられたり、クラブで「去年の夏の頃と比べると馬が違ってきた印象です」とコメントされたりで、状態は更に上向いているようなので、降級前に2勝目を挙げるラストチャンスを何とかものにして欲しい。ただその同じクラブのミステリアスライトは相当強力。

◆5/29(土)東京12R 4歳上1000万下…×ローンジャスティス(北村宏)
東京のダート戦は初出走となる。前走はちょっと中途半端な競馬で大敗したけど、今まで厳しい流れの底力勝負になると好走しているように、コーナー2つで直線が長くてゴマカシの利かない東京ダート1600mなら意外とやれるかも。珍しく4戦も続けて使われてるくらいだから状態も良さそう。

| | コメント (0)

2010.05.23

今ひとつなレース結果

◆5/22(土)京都6R 3歳500万下…▲アイビーフォールド(川田)→5着
短期放牧明けでもキッチリと仕上がり、適度に気合いが乗ってパドックを周回し好気配。レースでは揃ったスタートから急かせず中団から。4コーナーまでじっくりと脚をためる形で控え、直線に向いてから外に出して追われたが、ジリジリとした伸びで5着となった。初めて抑える競馬になってもしっかりと伸びてきたので、この形でレース慣れすれば成績も安定してきそう。

◆5/23(日)京都7R 4歳上500万下…×アースグラヴィティ(佐藤友)→18着
パドックは良くも悪くも見えず、まぁまぁの気配。揃ったスタートから控える形で中団に位置し、3コーナーの下りから外を回して進出するも、さすがに外すぎて距離損が大きく、4コーナーでは手応えを無くして一杯になり、最下位に敗れた。大外枠が響いたし、勝ちに行く乗り方をされたのでこの着順は仕方なし。北海道の洋芝での巻き返しに期待。

◆5/23(日)京都8R 4歳上500万下…△ティフィン(岡部誠)→9着
プラス14キロで減った馬体は回復し、トボトボとパドックを周回してやる気が感じられないけど、これはいつも通り。今日は後入れの大外枠だったこともありゲートをマトモに出て、押してムチを飛ばして先行させようとしても反応が鈍く中団あたりから。3コーナーあたりから外を回して進出しようとしても、今日はずっと反応が悪く4コーナーでは既に勝負圏外に去って9着に敗れた。そろそろ芝を試してみて欲しい。

(次週出走予定馬)
◆5/29(土)東京2R 3歳未勝利…レッドアクセル(北村宏)
◆5/29(土)東京8R 4歳上500万下…フライバイワイヤー(未定)
◆5/29(土)東京11R 欅S…フライデイフライト(未定)

| | コメント (2)

2010.05.20

今週は入着級

↓昨日、シンガポール競馬の写真を投稿して初めて気がついたけど、建物の屋根など全体的に黄色やオレンジ色が多く、いかにもトロピカルな雰囲気が漂っている。韓国はなんか埃っぽい感じ。

◆5/22(土)京都6R 3歳500万下…▲アイビーフォールド(川田)
18頭フルゲートで頭数は揃ったけど、特別戦好走歴があって実績的には大威張りできるし、平坦コースならレースを止めるようなこともないので、好走はできるはず。とはいえ帰厩してから日が浅くてまだ仕上がり途上の感もあるし、上がりが速い競馬になると辛いかも。

◆5/23(日)京都7R 4歳上500万下…×アースグラヴィティ(佐藤友)
珍しく続けて使えるように状態は良さそうだし、特別戦2着があるようにこのクラスでも十分通用する実力はある。ただ現在の京都コースは超高速馬場で、時計がかかる洋芝向きのこの馬にとっては全く条件が合わない。今回は疲れを残さないように1周回ってくる程度にとどめ、次走の函館戦で大穴をあける展開が理想的。

◆5/23(日)京都8R 4歳上500万下…△ティフィン(岡部誠)
笠松の交流戦に選出されていたが、こちらに回ってきたからには少なくとも優先出走権(5着以内)は確保できる目算があるはず。牝馬限定戦で11頭立てでも、前走入着馬が多くて決してレベルは低くない。先行馬が少なく、うまく前の方に付けられれば上位も十分あり得る。

| | コメント (0)

2010.05.19

シンガポール競馬

シンガポールのクランジ競馬場に行ってきました。
国自体が非常に小さいせいか、シンガポールの競馬場はクランジの1箇所しかなく、すぐ隣にあるマレーシアの競馬とは交流があるようで、さらにこの日は香港競馬の場外発売も行っていました。30度以上あって湿度も高く、暑さが苦手な馬には非常に辛そうな気候だけど、出走各馬は意外と平気そうで、日本の新潟や小倉で見られるような夏負けしたような馬は皆無でした。先日行ってきた韓国競馬とは違い、基本的に英語表記なので馬券が買いやすいのもポイント。全体的に馬・騎手ともレベルは高めで、ほとんどのレースが芝で行われ、芝コースの内側にはオールウェザーのコースがあります。
01 02
03 04

ちょうどこの日は国際G1のシンガポール航空国際カップが行われ、日本からはシャドウゲイトとヤマニンキングリーの2頭が遠征していました。ただシャドウゲイトは発走直前にゲートから飛び出した際に脚を負傷し競争除外に、ヤマニンキングリーはレース前から降り出した雨による道悪がこたえて大差の最下位に敗れたのは実に残念。勝ったのは今年のドバイワールドカップ2着馬のリザーズディザイア(南アフリカ)、2着は昨年の勝ち馬で今年のドバイワールドカップも優勝したグロリアデカンペオン(フランス)。
05 06
07 08

| | コメント (3)

2010.05.18

ロールオブザダイス平安S優勝記念品

Bg2c2091 ロールオブザダイス平安S優勝記念のアクリルフォトパネルがクラブから送られてきました。横幅30cmほどの大きさの、かなり立派な作りの素晴らしい記念品で、どこに飾るか迷ってしまう。
こういうセンスある記念品を贈られると、また重賞制覇を目指して東京サラブレッドクラブの募集馬に色々と出資したくなるねぇ。

| | コメント (0)

2010.05.17

レース選択の幅が広がる2着

シンガポールから帰ってきました。競馬のレベルは高く、英語表記なので馬券も買いやすかった(シャドウゲイトの除外は残念)。気温35度・湿度80%以上で蒸し暑いというレベルを超えていたけど、雨が降れば少し涼しくなるし、どこへ行ってもエアコンが効いているので意外と過ごしやすい。
01 02

◆5/15(土)東京5R 3歳未勝利…×アイザーウェイ(勝浦)→10着
プラス10キロと数字上は戻ったけどまだ細く見える。チャカつきつつ厩務員さんに甘えながらパドックを周回しているのも感心しない。揃ったスタートからスッと先行し、外めの3番手から。注文通り緩い流れで展開が向いて、4コーナーもいい雰囲気で回ってきたが、直線に向いてからはこれといって伸びず、ジワジワと順位を下げて10着に終わった。スローペースでアッサリとバテたのは大不満だけど、労せず先行できる脚はあるのでいつかハマる時がくるかもしれない。距離はもっと長い方が良さそう。

◆5/15(土)新潟6R 3歳未勝利…▲オウカランマン(宮崎)→4着
ちょっと首が高いけどここ2走並みの気配で雰囲気は決して悪くない。希望通りに外枠を引き、好スタートから5番手あたりに付け、レースの後半から徐々に押し上げるが、もう一伸び足りず2着争いに敗れて4着となった。やはり芝の方が走りが断然いいし、直線1000mではなくローカルの1200m戦の方がゴマカシが効きやすい分、走りやすいと思う。

◆5/15(土)京都11R 鴨川特別…×ティルフィング(渡辺)→7着
今日も落ち着いてパドックを周回し、歩様もキビキビしていて好気配。揃ったスタートからそのまま急かせることなく最後方に位置する。上手いこと馬群の中に入れて気を抜かせないように乗っていて、ほぼ最後方のまま直線に向くと、ラチ沿いの最内に進路を取ったら前が塞がってしまい7着に終わった。スローで展開が向かなかった割には、別定戦で勝ち馬とは0.4秒差だし内容は悪くない。

◆5/16(日)東京10R 是政特別…△キャトルマン(内田)→12着
パドックの気配は不明。かなり気合いを入れて先行させようとしても今日は反応が鈍くて、外の7番手くらいがやっと。そのままの位置取りでレースが進み、いつものように早めに3コーナーあたりでムチが飛んで、そこからジリジリとした伸びに期待したが、今日は4コーナーで早々と一杯になってしまい、12着と大敗した。外枠と引いたせいで終始外を回らされたし、流れが向かなかった。

◆5/16(日)京都10R 栗東S…×フライデイフライト(鮫島良)→15着
半年ぶりでもキッチリと仕上がり、相変わらず惚れ惚れするような馬体をしていた。レースでは押して押して先行させて差のない4番手あたりに付けたが、3コーナーの入り口の時点で早くも手応えをなくし、ズルズルと下がる一方で15着に大敗した。もっと距離があった方がいいんだろうけど、3コーナーで一杯とは内容が悪すぎで、馬体だけなら優に重賞級なので何とか立ち直って欲しい。

◆5/16(日)京都11R 洛陽S…○スピリタス(浜中)→2着
プラス10キロで減った分が戻り、キビキビと歩いて好気配。レースではいつものように抑えたままで後方5番手くらいから。スローペースだったせいか馬群が密集して、手綱を引っ張ってスムーズさを欠くシーンもあり、ラスト3ハロン32.9秒の鬼脚を繰り出したものの逃げ馬は捕まえられず2着となった。1400mの距離をこなしたのは収穫で、これでレース選択の幅が広がった。次こそは決めたい。

(次週出走予定馬)
◆5/22(土)東京4R 障害オープン…プラテアード(大江原)
◆5/22(土)京都6R 3歳500万下…アイビーフォールド(川田)
◆5/23(日)京都7R 4歳上500万下…アースグラヴィティ(未定)

| | コメント (0)

2010.05.13

準オープン卒業に挑戦

今週末はシンガポールの国際レースを観戦してきます。この時期は航空券がアホみたいに安いため、調子に乗ってあちこち予定を立ててしまったけど、ここ1週間で韓国と北海道に行ってるし(3週間前は香港と中国)、既に相当ヘロヘロ。暑いのが苦手なので、赤道付近の高温多湿な国へ行って果たしてどうなるか。

◆5/15(土)東京5R 3歳未勝利…×アイザーウェイ(勝浦)
前走は降雪による延期のせいか馬体重が大きく減っていたものの、立て直して前走より状態面は良さそう。入着経験馬が5頭と少ないし、芝1400mならペースが落ち着くのは必至で、うまく先行できれば意外と粘れるかも。とはいえ勝ち負けまでは相当遠い。

◆5/15(土)新潟6R 3歳未勝利…▲オウカランマン(宮崎)
中山ダート1200mを2戦して6着・13着と大敗している。2戦ともスタート地点の芝では抜群のダッシュを効かせているのに、ダートに替わったところからズルズルと後退していることから、明らかに芝の方が向いている。だいぶ調教の時計もマトモになってきたし、少なくとも前走のようなことはない。これでうまく外枠を引ければ大穴炸裂の可能性もある。

◆5/15(土)京都11R 鴨川特別…×ティルフィング(渡辺)
前走は最後方から1周回ってきただけでも0.9秒差の9着と、内容は決して悪くなかった。今回は10頭立てと少頭数でも昇級馬やクラス実績のある馬ばかり揃い、全馬にチャンスがあるレベルの高い混戦で、そう強気にはなれない。ホントはローカル小回りが合っているけど、京都内回りで前が止まるような展開になれば浮上余地もある。

◆5/16(日)東京10R 是政特別…△キャトルマン(内田)
前走は初めてスンナリと先行できて、この馬なりに成長している。前走で先着された2頭とジャンバルジャンが出走し、メンバーレベルはかなり高めで、今回も先行できるかは微妙なところ。東京ダ2100mはベストコースとはいえ、時計面に限界があるし、上位に食い込むには何か展開面での助けが欲しい。

◆5/16(日)京都10R 栗東S…×フライデイフライト(鮫島良)
半年ぶりの出走となる。オープンに昇級してから3戦とも二桁着順と不振を極め、前走後は障害練習も取り入れて気分転換を図った。バリバリのオープン馬はいないけど、ここ3戦の内容が悪すぎるし激変は難しそう。強さと脆さが同居したタイプで、何とかそれが良い方に出ないものか。馬群にモマれるとダメなタイプで外枠が欲しい。

◆5/16(日)京都11R 洛陽S…○スピリタス(浜中)
1400m戦は初出走となる。差して届かず行って粘れずのレースを繰り返していたことから、今回の距離短縮はいい方に出そうな気がする。18頭フルゲートでメンバーレベルも高く、楽な競馬にはならなそう。でも、秋の大舞台に向けてもういい加減このクラスも卒業したいところ。ちょっと間隔が開いたし仕上がりも万全ではないので、次走の方がいいかもしれない。

| | コメント (2)

2010.05.12

NF・社台F 牧場見学

ノーザンファーム・社台ファームへ愛馬の見学に行ってきました。
見学予定だった地方競馬オーナーズのエルヴィエント(父ワイルドラッシュ×母ユアライフスタイル)は、大井競馬場への入厩に備えるため、ちょうど入れ違いで千葉県に向かっていったとのことで、見学できなかったのはちょっと残念だけど、順調にデビューを迎えられそうで嬉しい限り。

しかしこうして写真を見ると、全てダートが合いそうなパワフルな馬体の栗毛馬ばかりで(ちなみにエルヴィエントも栗毛のダート馬)、馬の好みがモロに分かってしまう。

--------------------------------------------------------------------------
◆アンティフォナ(社台 2歳牝馬 石坂正厩舎)
 父ソングアンドアプレイヤー×母スナッチド

重心が低くて筋肉量が素晴らしく、見るからにスピードタイプで、芝・ダート問わず1200m戦が一番合ってそう。秋くらいのデビューになりそうとのこと。常にじっとしていて非常に大人しく可愛いタイプ。スタッフの方々に人気があるといのも頷ける。
01 02

--------------------------------------------------------------------------
◆ジオノーシス(サンデー 2歳牡馬 粕谷厩舎)
 父ワイルドラッシュ×母エンジェルシード

こちらはどこをどう見てもダート専門馬。1歳時に見学した時よりは相当良くなっているけど、まだ体つきが幼くて成長の余地は大きそう。明らかに馬が怒っていたのでどうしたのかと思ったら、ちょうど飼葉を食べていたところだったとのことで、早々に退散。
03

--------------------------------------------------------------------------
◆イルドロール(サンデー 4歳牝馬 鈴木康厩舎)
 父ゴールドアリュール×母イルネージュ

一番お気に入りの馬。昨年11月に骨折して手術+休養していたが、今は復帰に向けて15秒くらいを乗り込まれている。さすがに現役の1勝馬だけあって他馬とはまるで体つきが違う。牧場見学の時だけはすごく大人しかったのに、今回はレースの時のようにチャカついていた。
04 05

--------------------------------------------------------------------------
◆スフィラータ(キャロット 3歳牝馬 松山将厩舎)
 父ゴールドアリュール×母インディパレード

まだ一度も実馬を見たことがなかったので見学させていただいた。2月の入厩直前に熱発し、その後皮膚病が出てしまって入厩が遅れているけど、15秒程度を乗られてだいぶ体つきは良くなっているし、このまま怪我さえなければデビューはできそうな雰囲気。
06

| | コメント (3)

2010.05.10

韓国競馬

金・土と韓国へ行き、釜山とソウルの競馬場を回ってきました。
3月と4月に行った香港&マカオは英語と漢字(広東語)表記なので、正確な意味は分からなくても何となくアタリは付けられて移動や食事でも苦労することはなかったけど、韓国はハングルばかりで難儀する場面が多くて困った。韓国には今回行った釜山・ソウルのほか済州島にも競馬場があり、しかも済州はポニーによる競馬が行われているので、いずれぜひ行ってみたい。

-------------------------------------------------------------------------
【釜山競馬場】
2005年にオープンした新しい競馬場で、「釜山慶南競馬公園」という正式名称の通り、広大な場内は公園のようになっていて、遠足で来たような幼稚園くらいの子供を多数見かけた。日本の盛岡競馬場に雰囲気がよく似ている。

馬を真っ直ぐ走らせる意識が低いようで、とにかくビックリするくらい蛇行が多く、クルマの運転が総じて乱暴な国民性がそうさせるのか、騎手の技量不足なのかは分からないけど、日本なら確実に審議のランプが点灯するような斜行も平気で行われる。ミスターピンクこと内田利雄騎手が釜山競馬場に短期遠征してアッサリとリーディングジョッキーに輝いたのも頷ける。

1周2000mの非常に大きなコースレイアウトで、直線も450mと長いため意外と差しも決まる。コースはダートのみ。
00 05
31_2 38_2

-------------------------------------------------------------------------
【ソウル競馬場】
1989年に移転オープンした競馬場で、ソウル中心部からちょっと南に位置している。こちらも「ソウル競馬公園」が正式名称で、コースの周囲や内馬場が公園になっていて、レンタルサイクルやフラワーガーデンなど家族向けのサービスが非常に充実している。土曜日に足を運んだせいか、特に大きなレースはないのに場内は非常に多くの人で賑わっていた。

このソウルは明らかに釜山よりも競馬のレベルが高く、少なくとも「蛇行」レベルの馬のフラつきは全く見られなかった。また人気馬の信頼度もかなり高め。

コースは1周1800mで釜山と同様に直線が450mと長く、逃げ馬がゴール寸前でバテて捕まるケースが目に付く。こちらもダートのみ。
Bg2c9990 Bg2c9776
Bg2c9826 Bg2c9807

| | コメント (1)

2010.05.09

今日は力負け

◆5/9(日)京都12R 4歳上1000万下…×ローンジャスティス(村田)→10着
マイナス12キロでもイライラしているようには見えなかったし、お腹周りがスッキリした感じで細くも見えず。揃ったスタートから特に行かせるでもなく、ちょうど中団あたりからレースを進め、わりと落ち着いたペースで3コーナー手前あたりから外を回して先団に取り付こうとするも、4コーナーで手応えが怪しくなり10着に敗れた。昇級戦だし、外を回して押し切るほどの力はまだない印象。ローカルで先行できるような展開になれば浮上余地もある。

(次週出走予定馬)
◆5/15(土)新潟6R 3歳未勝利…オウカランマン(未定)
◆5/15(土)京都8R 京都ハイジャンプ…プラテアード(大江原)
◆5/16(日)東京10R 是政特別…キャトルマン(内田)
◆5/16(日)京都10R 栗東S…フライデイフライト(鮫島良)
◆5/16(日)京都11R 洛陽S…スピリタス(浜中)

| | コメント (0)

2010.05.08

クラス慣れが必要?

スピリタスが回避し、フライデイフライト・オウカランマンは除外で、今週はちょっと寂しく1頭だけの出走となった。

◆5/9(日)京都12R 4歳上1000万下…×ローンジャスティス(村田)
前走は巧いペース配分で逃げ切り勝ちを収めたけど、時計そのものはそう速いものではなく、今回は1000万条件での実績がある馬が多いので、とりあえずはこのクラスでの慣れが必要か。ただ、この馬も4歳時はこの条件でソコソコやれてたし、珍しく続けて使えるくらいデキは安定しているので、入着くらいはあっても驚けない。逃げるのか控えるのか、展開面が難しい。

| | コメント (0)

2010.05.02

勝ち星を挙げられず

◆5/1(土)東京7R 4歳上500万下…◎フライバイワイヤー(蛯名)→5着
かなり調教を控えていたのにマイナス2キロと減ってしまったし、ちょっとカリカリしていてパドックの気配としてはあまり感心しない。レースでは、今日は好スタートを決めて少し下げて2番手に付ける。逃げ馬を終始マークし、4コーナーでは逃げ馬を捕まえるだけの態勢に入ったが、直線では逆に手応えが悪くなり突き放され、最後は内外から交わされて5着に敗れた。この馬には時計が速すぎたけど、あまり成長した感じもなく、2勝目を挙げて降級するのは厳しいか。
Bg2c8782

◆5/2(日)東京4R 障害オープン…△プラテアード(▲大江原)→3着
相変わらずパドックの外を回って絶好の気配。揃ったスタートから4番手あたりに付け、やや行きたがる格好を見せて馬群の内に入れ、道中で口を割ったりしていたが何とか抑えていた。今日は飛越が素晴らしく、踏み切りは安定しているし飛越も全くスピードが落ちず、後は仕掛けどころを間違えなければ勝てそうな雰囲気だったが、直線に入る時に外を回されたし、道中行きたがった分、最後の伸びがもう一息で3着となった。折り合いを気にしてやや大事に乗りすぎた印象もある。オープン平場のわりにはメンバーが揃っていたし、ここで3着なら先々楽しみ。
P1000825

◆5/2(日)東京9R 陣馬特別…△ティルフィング(柴山)→9着
特にイライラしたところも見せなかったし、馬体も仕上がっていた。揃ったスタートから意識的に下げて最後方から。ずっと最後方で脚をため、4コーナーから直線で外に出して追い込むも、スローな流れで展開がハマらず9着に終わった。やはり広いコースでの実力勝負ではなく、ローカルで展開の紛れに乗じて進出するレースが合っている。
P1000897

◆5/2(日)京都8R 舞鶴特別…▲ピースエンブレム(岩田)→5着
馬体そのものはいいし毛艶も悪くは見えなかったけど、どうも嫌々歩いているような雰囲気。好スタートからスッと3番手に付けたが、今日は逃げ馬がガンガン飛ばしてかなりのハイペースになり、直線に向いた時には手応えが怪しく、最後は何とか5着をキープしてのゴールとなった。今日は前に行ったのがアダになったし、そもそも時計が速すぎてこの馬にはかわいそうだった。いずれ栗東留学の効果も出てくるだろうから、しばらくはゆっくり休んで欲しい。

(次週出走予定馬)
◆5/9(日)新潟6R 3歳未勝利…オウカランマン(未定)
◆5/9(日)東京10R オアシスS…フライデイフライト(未定)
◆5/9(日)東京12R 東京サンクスP…スピリタス(安藤勝)
◆5/9(日)京都12R 4歳上1000万下…ローンジャスティス(村田)

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »