« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010.04.29

取りこぼせない一戦

プラテアードに大江原騎手が騎乗することになった。口取りできる可能性もあるし、日曜日も府中へ行かなくては。

◆5/1(土)東京7R 4歳上500万下…◎フライバイワイヤー(蛯名)
前走はレースレベルが非常に高く、3着・5着・7着馬が次走で勝っていて、大きく出遅れながら直線だけで4着に追い込んで来たこの馬も今回はもう順番か。当初は想定が6頭だったこともあり前走よりは随分と楽なメンバー構成になり、いい脚を長く使えるタイプなので東京コースも合っているはず。ここは取りこぼせない。

◆5/2(日)東京4R 障害オープン…△プラテアード(▲大江原)
オープン勝ちの実績がある馬が揃い、かなりレベルの高いレースになった。行きたがるタイプで、コーナーが少ない東京コースで抑えきれるかどうか不安が先に立つ。ただ平地の脚は上位だし、3キロ減の鞍上に替わり、最後の直線で決め手勝負に持ち込めるようなら上位も十分あり得る。

◆5/2(日)東京9R 陣馬特別…△ティルフィング(柴山)
前走は特別戦で3着と好走したものの、長谷川騎手の最内を突いた好騎乗によるところが大きく、今回も続けて好走できるかとなると疑問符が付く。上がりのかかる競馬になると浮上するタイプで、広い東京コースよりはローカルの方が合っていそうだけど、ハンデ戦だし掲示板くらいはあっていい。

◆5/2(日)京都8R 舞鶴特別…▲ピースエンブレム(岩田)
前走は大事に乗って直線で突き放さる完敗を喫し、当時の2着馬も出走しているだけにそう強気にはなれないけど、今回は早めに動くとのことで、先行馬が少ないし展開が向きそうで逆転も可能。中間、トモが少し腫れたのが気になる。

| | コメント (2)

2010.04.28

競馬ゼッケンの飾り方

一口馬主をやっていると、プレゼントなどで競馬ゼッケンをもらう機会があるけど、そのまま壁に貼って飾るとホコリが付着して汚らしくなり、かといってタンスに仕舞っておくと虫がつかないか心配だし、意外と扱いに困りがち。

額縁に入れて飾るなら、2万円以上する競馬ゼッケン専用の額縁を買うのではなく、ナカバヤシの「ACH-B2」というB2サイズのアクリル製ピクチャーフレームがオススメ。実勢価格7000円前後とそんなに高くないし、3mm厚のアクリル板2枚でゼッケンを挟んでネジ留めするだけの簡単な構造になっているのもポイント。ネットで「ナカバヤシ ACH-B2」と検索すると、取り扱いショップがズラっと表示されます。

このピクチャーフレームで、最初の出資馬であるゴットザビートのゼッケンと、1月の平安Sで初重賞制覇を果たしたロールオブザダイス(写真)のゼッケンを飾っています。
01 02

【2015/9/19追記】
ゼッケンを取り出す際、馬番・馬名の文字が剥がれてしまったとコメント欄でご指摘いただきました。自分の手元にあるものは、文字がアクリル板に貼り付くことなくスムーズに取り出せました(ゼッケンは片面です)。ただ、もしかしたら裏表ある両面のゼッケンを飾ると、ゼッケンの厚みで強く圧迫され、文字が貼り付いてしまうかもしれません。ご注意ください。
Img_2739

| | コメント (11)

2010.04.27

レース内容は悪くない

香港競馬から帰ってきました。競馬の仕組みは日本と全く同じだけど、広東語の競馬新聞はそうスムーズには読みこなせないし、馬の気配だけで馬券を買おうとしても、パドックには馬がバラバラに入ってきて、しかも5分くらいで馬場へと出て行ってしまうのでなかなか観察しきれず、結局7レースやって馬連が1回当たっただけに終わった。大きなレースのある日ではなく、普通の開催日にもう一度行ってみたい。
Bg2c8090 Bg2c8348
【写真左】チャンピオンズマイルのゴール前。エイブルワンが優勝
【写真右】ネヴァブション(最内)が出走したクイーンエリザベスII世カップ

◆4/24(土)京都8R ムーニーバレーRC賞…◎レッドバリオス(岩田)→6着
496キロとデビュー以来最少の馬体重になったけど、全く細い感じはなく、むしろ惚れ惚れするような好馬体。スタートから気合いを入れつつ先行させ、4番手あたりに付ける。道中は巧くレースの流れに乗っていて、3コーナー入り口からは2番手まで上がったものの、4コーナーからは外から他の馬も並び掛けてきて、直線では切れ味勝負に負ける形で6着になった。どうにも一息足りないレースが続いているけど、展開ひとつですぐ勝てる位置にはいる。

◆4/24(土)東京12R 4歳上1000万下…△キャトルマン(柴山)→4着
前走と馬体重の増減はなくても、見るからに馬体が締まって好気配。レースでは珍しくスンナリと先行できて4番手に位置し、4コーナーあたりまでは手応えが良くて抑える余力もあり、直線ではさすがに切れ味で見劣る格好で4着となった。今までは押して押してようやくエンジンがかかる競馬を繰り返していたのに、先行できてレースの流れにも乗れるようになり、1000万条件卒業も見えてきた感じがする。

◆4/25(日)福島12R 浄土平特別…△アースグラヴィティ(田辺)→6着
5ヶ月ぶりの割には気配が良く見えたけど、ちょっと前肢の捌きが堅いし、胴が詰まっていてもう少し距離が短い方がいいのかも。レースではスッと4番手あたりに付け、引っ掛かるところも見せず、いい感じでレースを進めていたが、最後は内に入れたせいか伸びあぐねる形で7位で入線した(5着馬が降着して6着に繰り上がった)。体質が弱くてなかなか前進できないけど、このまま続けて使えるようなら次走はもう少しやれそう。

(次週出走予定馬)
◆5/1(土)東京7R 4歳上500万下…フライバイワイヤー(蛯名)
◆5/2(日)東京4R 障害オープン…プラテアード(未定)
◆5/2(日)東京9R 陣馬特別…ティルフィング(未定)
◆5/2(日)京都8R 舞鶴特別…ピースエンブレム(岩田)

| | コメント (0)

2010.04.22

ダービーTRに向けて

今週末は香港のクイーンエリザベスII世カップを観戦してきます。東京はやたらと寒いのに香港は蒸し暑いので、気温差にやられて具合が悪くなりそう。

◆4/24(土)京都8R ムーニーバレーRC賞…◎レッドバリオス(岩田)
前走1.3秒差の完敗を喫したマコトヴォイジャーは強敵だけど、もう少し時計がかかる展開になれば逆転できそうだし、陣営から「気持ちがシャキッとした」「かったるさが抜けた」などと好感触のコメントが連発していて、今回は勝ち負けに持ち込めそう。ここで勝っておけばダービートライアルに挑戦するチャンスも出てくるし、そうでなくとも秋が楽しみになるので、何とか頑張って欲しい。

◆4/24(土)東京12R 4歳上1000万下…△キャトルマン(柴山)
前走3着でもかなり展開に恵まれてのもので、時計面も褒められたものではなく、続けて好走できるかは非常に微妙なところだけど、広いコースは間違いなく合っているし、上がりのかかる流れになれば再度浮上する可能性も十分。

◆4/25(日)福島12R 浄土平特別…△アースグラヴィティ(田辺)
特別戦にしてはフルゲート割れで近走不振馬が揃い、かなりの混戦模様。クラス2着の実績は上位でも、5ヶ月ぶりでまだ状態万全とは言い難く、とりあえず使ってからの期待だけど、力の要る馬場は得意でソコソコ掲示板くらいならやれるかも。

| | コメント (2)

2010.04.19

ちょっと恵まれた勝利

ローンジャスティスが1年半ぶりの勝利を挙げた。今回のような先行策がとれれば昇級しても面白そう。

◆4/17(土)中山8R 4歳上500万下…▲ローンジャスティス(北村宏)→1着
前走も決して太くは見えなかったけど、8キロ減って数字の上でも丁度良さそうな馬体。歩様からするとダートではなく芝を走らせてみたいタイプ。レースでは好スタートから押して先行し、最内枠を利してハナに立つ。終始1~2馬身離した逃げを打ち、そのまま逃げ切り勝ちを収めた。2番手の馬が早々にバテたり、後方から急追してきた馬がゴール前で内にモタれて脚が鈍ったりと、ちょっと恵まれた面は否めないけど、既に勝っているクラスだし、4歳時に1000万条件でもソコソコやれていたので、また頑張って欲しい。
Rimg0055

◆4/17(土)阪神12R 4歳上1000万下…○ピースエンブレム(岩田)→3着
マイナス8キロと絞れたものの、珍しくパドックでは元気がなさそうに見えた。レースではちょうど中団に位置して1~2コーナーを回り、向正面では外に出して徐々に先頭との差を縮めつつ、4コーナーでは後方から来た馬に併せて一気に先団に取り付いたが、やや決め脚に欠けて外から来た馬に突き放されて3着に終わった。ちょっと今日は仕掛けが遅かったか。

◆4/19(月)福島2R 3歳未勝利…×アイザーウェイ(村田)→14着
もともと馬体重の割に細く見えるタイプなのに、降雪のため月曜日に順延された影響でマイナス14キロと一段と細くなってしまった。イレ込むことなくパドックを周回していたけど、落ち着いているというより元気がない印象。レースでは揃ったスタートから労せず先行できて2番手に付ける。逃げ馬の外に並びかけていたが、4コーナーに入ってからはクチ向きが悪くなってそのままズルズル下がり、14着と大敗した。着順は悪いけど短距離で先行できたのは収穫で、ローカルのダートで先行できれば初勝利も夢ではない。

(次週出走予定馬)
◆4/24(土)京都8R ムーニーバレーRC…レッドバリオス(岩田)
◆4/24(土)東京12R 4歳上1000万下…キャトルマン(柴山)
◆4/25(日)東京9R 石和特別…ティルフィング(未定)
◆4/25(日)福島12R 浄土平特別…アースグラヴィティ(田辺)

| | コメント (0)

2010.04.15

栗東留学の効果?

◆4/17(土)福島2R 3歳未勝利…×アイザーウェイ(村田)
非力なタイプなので、ローカルの芝は一応最適条件ではある。ただ1200mに距離短縮されたことでスピード不足でついて行けない可能性が高いし、またスッと先行できるタイプでもなく、前走大敗馬だらけのメンバーにあっても、どこまでやれるか不安の方が先に立つ。

◆4/17(土)中山8R 4歳上500万下…▲ローンジャスティス(北村宏)
3歳の秋に好タイムでこのクラスを勝っていて、500万条件で掲示板も確保できないようでは困る。今回は12頭立てとフルゲート割れで、しかも非常に楽なメンバー構成だし、5着の優先出走権確保が最低ノルマになる。前走はプラス28キロでも太めには見えなかったけど、1回使ったことで中身が違ってくるはず。後藤騎手以外では結果が出ていないのは気がかり。

◆4/17(土)阪神12R 4歳上1000万下…○ピースエンブレム(岩田)
先週のアパパネをはじめとして、美浦所属馬が栗東に留学して軒並み結果を出しているので、ここ1ヶ月ほど栗東に滞在して坂路で鍛えられているこの馬にも期待してしまう。1週前に珍しくビシッと追われて状態は良さそうで、当初の想定では6頭立だったほどメンバーも軽いし、好戦は確実。

| | コメント (2)

2010.04.11

良いところなく大敗

◆4/10(土)福島7R 4歳上500万下…○ティフィン(太宰)→12着
長距離輸送のせいかマイナス10キロと大幅減。ちょうど横を向いている時にスタートを切られて2馬身ほど出遅れ。徐々に押し上げて3コーナー過ぎには先頭に並びかける勢いだったが、4コーナーでは早々と一杯になって12着と大敗した。今日は速い流れを追走してしまったので仕方なし。2勝目を挙げて降級するのは厳しいか。

◆4/11(日)中山1R 3歳未勝利…×オウカランマン(▲伊藤工)→13着
マイナス8キロでもまだ引き締まった感じがしない。外からポンと好スタートを決めて先行するが、芝からダートに替わった途端にズルズル下がり、4コーナーを回ったところでは最後方近くまで位置取りを悪くして13着に終わった。前走もそうだったけど芝では良い脚で先行できてもダートに入ると走りが悪くなるので、芝のレースの方が良さそう。

| | コメント (0)

2010.04.08

牝馬限定戦なら上位

日曜中山の障害OPに出走予定だったプラテアードは、残念ながら抽選除外になってしまった。いっそ来週の中山大障害にエントリーするという手も。

◆4/10(土)福島7R 4歳上500万下…○ティフィン(太宰)
以前に比べると自分でレースを作れるようになり、500万条件でも好走できるようになった。相変わらずゲートに危なっかしい面があるので、アテに辛い面はあるけど、今回のように牝馬限定戦ならまた上位に来れるはず。中1週が続いているし、ここらへんで何とか2勝目を挙げたい。持ち時計圧倒的上位のメイショウコレットが強敵。

◆4/11(日)中山1R 3歳未勝利…×オウカランマン(▲伊藤工)
前走6着と着順はそんなに悪くなくても、時計が1:15.5ではまだまだ未勝利勝ちの水準には遠く及ばず、2戦目の上積みがあったとしても、まだ掲示板程度が一杯か。前走で砂を被った途端に下がってしまったのも気がかり。

| | コメント (0)

2010.04.07

プレトリアン引退

ヒダカブリーダーズユニオン所属の3歳牝馬、プレトリアン(父キングヘイロー)が骨折のため引退することになった。
2/13の東京ダート新馬戦でデビューし、砂を被った途端にズルズルと後退して大敗し、その後中京で9着、3/27には中京で13着と大敗した後、レース中に骨折していたことが判明して、全治6ヶ月との診断が下って未勝利戦のあるうちの復帰は困難なことから、引退が確定した。馬体そのものは良かっただけに、レースでは見所がなかったのは残念。
Bg2c4706 Bg2c4828
(写真は2/13のデビュー戦)

| | コメント (0)

2010.04.04

優先出走権は確保

◆4/3(土)阪神12R 4歳上1000万下…×キャトルマン(和田)→3着
プラス6キロの542キロでも数字より更に大きく見え、いかにも休み明けといった雰囲気。レースでは押して先行させようとしても行き脚が鈍く、後方4番手から。向正面で他馬が動いた時にじっと動かず、3コーナーに入ってから仕掛けたのが大正解で、直線に向いた時には大外から先頭に並びかけそうな勢いで上がって行ったが、さすがに休み明けで最後は脚が上がって3着となった。出入りの激しい展開の中、鞍上の好判断で3着に来たけど、今後も好走できるかどうかはあくまで展開次第になりそう。

◆4/4(日)中山8R 4歳上500万下…▲フライバイワイヤー(蛯名)→4着
プラス6キロと意外と馬体が回復せず、パドックでも終始チャカチャカして落ち着きがなかった。ゲート内でガタガタしてしまい出遅れて最後方から。相変わらず高脚を使っていて、ちゃんと前へと進出できるか心配だったけど、中団のやや後ろから直線に向いて外に出すと、最速の上がりを繰り出して4着に押し上げた。前の3頭も素質馬ばかりだし、出遅れてこの内容なら決して悪くない。もっと落ち着いてレースに臨めれば500万はすぐに卒業できる。
20100404_1 20100404_2

(次週出走予定馬)
◆4/10(土)福島7R 4歳上500万下…ティフィン(未定)
◆4/11(日)中山1R 3歳未勝利…オウカランマン(未定)
◆4/11(日)中山4R 障害オープン…プラテアード(未定)

| | コメント (1)

2010.04.02

早く2勝目を

今週は期待馬フライバイワイヤーが出走する。早く2勝目を挙げて夏に降級したい。

◆4/3(土)阪神12R 4歳上1000万下…×キャトルマン(和田)
当初は中山で出走する予定だったけど10頭立ての阪神に回った。とにかくズブい馬で、広くて直線が長いコースの方が向いていて、中山よりは阪神の方が断然いいけど、時計面に課題があるし、大型馬なので叩いてからの方が良さそう。とはいえ展開次第では入着ならあるかも。

◆4/4(日)中山8R 4歳上500万下…▲フライバイワイヤー(蛯名)
前走は3~4コーナーでもう少しスムーズに馬群を捌けていれば突き抜けていたくらいの素晴らしい脚を見せ、ようやくクラスにメドが立った。幸い良馬場でレースを迎えられそうだし、ようやく馬体減りに悩まされることもなくなって状態は全く問題なし。同じ勝負服のミステリアスライトが強敵でも、掲示板は確保できそう。最内枠だけは避けたい。

| | コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »