« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009.04.30

降級前に勝ち星を

最近は休養馬だらけで、しばらくの間は出走頭数が少なくなりそうだけど、スピリタスが帰厩し、2歳馬のヴェラブランカ(フサイチホウオー・トールポピーの妹)が早くも栗東トレセンへ入厩したりと、明るい材料も出てきた。

◆5/3(日)東京8R 4歳上500万下…◎ロックバルーン
10頭立てと少頭数で、前走芝のレースで入着した馬が他に1頭だけ(1年の休み明け)しかいないという大チャンスに恵まれた。ここを勝ってもすぐにまた500万条件に降級するし、今回は何が何でも頑張ってもらいたい。本当はマイルくらいの距離の方が向いていそうだけど、前走程度走れば勝てる。

◆5/3(日)東京10R 立夏S…○フライデイフライト
前走は距離不向きの短距離戦でもまぁまぁ悪くないレースぶりで、今回は得意の1400m+紛れのない東京コースで実力全開と行きたいところ。近走不振馬が多く、勢いのある馬も見当たらないので単式圏も十分見込める。

| | コメント (2)

2009.04.26

力負け

ピースエンブレムの応援に府中へ行こうとしたけど、口取りの権利が取れなかったので、京都へロールオブザダイスを見に行った。
Img_6108

◆4/26(日)福島8R 4歳上500万下…◎ソシアルグレイシー → 5着
馬体や歩様は良く見えたけど、相変わらず集中力に欠けた感じでパドックを周回していた。レースでは労せず3番手の外に付け、逃げ馬をマークした理想的な位置に思えたが、内にいた馬が荒れた馬場を避けて外を回したため、それに付き合う形で外を回らされ、インを付いた2頭にも交わされて5着になってしまった。乗り間違えたわけではないし、メインの1000万特別より速い決着だったので今日のところは仕方なし。

◆4/26(日)京都10R アンタレスS…×ロールオブザダイス → 12着
パドックに出てきた当初はいつも通り前肢の出が硬かったけど、周回を重ねるごとにほぐれてきてここ一連のデキに見えたが、珍しく気負い気味だった。レースでは、ほんのわずかにダッシュが付かない感じで先行できず、外枠がアダになって後方から3番手で1コーナーを回った。もうこうなると時計が出やすい重馬場では如何ともしがたく、あとは無理せず1周回ってきてゴール。仮に先行できていたとしても、芝のレースのようなスーパーレコードでは厳しかったと思う。
20090426_01 20090426_02

◆4/26(日)東京11R フローラS…△ピースエンブレム → 11着
こちらはパドックの外をキビキビとした歩様で周回して抜群のデキに見えた。ポンと好スタートを決めて3番手の内側に付ける。流れも速からず遅からず丁度良いペースで、終始ラチ沿いの経済コースを通って直線に向くという願ってもないレース運びでニンマリしていたが、逃げ馬を交わしにかかって外に出しても全く伸びず、11着に終わった。デキは良かったし展開面も理想的で、馬場も良まで回復していたので今回は力負けとしか言いようがない。

| | コメント (0)

2009.04.24

東西2重賞に出走

今週日曜は東西の重賞に出走する。ピースエンブレムの方が楽しみはあるけど、ロールオブザダイスも立ち回りの巧さを生かしての浮上余地があり、どちらを応援しに行くかちょっと悩ましい。いっそ勝てる可能性の高い福島に行くという手も。

◆4/26(日)福島8R 4歳上500万下…◎ソシアルグレイシー
週末の福島は土日とも雨の予報。芝の重馬場よりはダートの重馬場向きなので、敢えて芝のレースを選択したのは微妙な面もあるけど、これといった相手はストラテジーくらいで、何とか2着は確保できそうな印象。新人の国分優作騎手が思い切った先行策をとってくれれば、3キロ減の恩恵もあってそう簡単には止まらなそう。

◆4/26(日)京都10R アンタレスS…×ロールオブザダイス
ここ2走の頑張りは大したものだけど、土曜日の雨予報で高速決着になることはほぼ間違いなく、時計面では見劣りするだけに厳しい競馬を強いられそう。ウォータクティクスとエプソムアーロンが先行する速い流れに乗じて何とか流れ込めないか。

◆4/26(日)東京11R フローラS…△ピースエンブレム
1勝馬が11頭と、例年に比べると敷居が低い組み合わせ。重賞勝ちのあるディアジーナ、阪神JF3着のミクロコスモスは格上としても、その他のメンバーとは差を感じず、府中の開幕週だけに上手い具合に先行してそのまま押し切るような競馬ができればオークス出走権を獲得できるかも。まずは内枠を引き当てたい。

| | コメント (0)

2009.04.19

距離短縮で快勝

リトルディッパーの出走取り消しでひどくガッカリしていたところ、フローズンタイムが快勝してくれたので大いに気が晴れた。

◆4/19(日)阪神2R 3歳未勝利…▲フローズンタイム → 1着
プラス2キロでまだ絞れる体つき。レースではポンと好スタートを切り、そのまま労せずハナに立つ。これといって競り掛けてくる馬もなく、終始良い手応えで逃げ、直線に向いても余力十分で5馬身差の逃げ切り勝ち。距離短縮が良かった感じ。タイムは水準級だけど、先行力があるのでクラスが上がっても結構やれそう。ペースが速くなる1200mよりは、ある程度流れが落ち着く1400mの方が合ってる。

◆4/19(日)福島7R 4歳上500万下…◎リトルディッパー → 取消
フレグモーネのため出走取り消し。まず間違いなく勝てると思い、たっぷりと単勝馬券購入資金を持って勇躍福島へ行こうと思っていただけに残念至極。症状は軽いようなので速ければ来週、遅くとも新潟開催には出走できそう。

| | コメント (2)

2009.04.17

平場で確勝を期す

リトルディッパーは土曜の特別戦に出走するものだとばかり思っていたので完全に予定が狂ってしまった。

◆4/19(日)阪神2R 3歳未勝利…▲フローズンタイム
過去2戦ともスッと先行できるスピードはあっても直線でバテるレースぶりで、距離短縮は好材料のはず。そんなに速そうな馬も見当たらないし、スムーズに先行できれば勝負圏内には入れると思う。ただ、陣営が「1度使ってから」みたいなニュアンスなのが不安材料。

◆4/19(日)福島7R 4歳上500万下…◎リトルディッパー
最初は平場を使う予定で、想定を見て土曜日の医王寺特別へ矛先を変え、木曜日の朝には結局平場に回ることになった。医王寺特別でもまず間違いなく勝てそうなメンバー構成だったけど、こちらの平場は前走入着馬はわずかに1頭(しかも5着)で、近走が完全に頭打ちの馬ばかりだから、ここはアッサリと勝ってもらわないと困る。前走はパドックに入ってきた瞬間からダメだと思ったほど全く走る方に気が向いていなかったので、今回も気持ちの面が心配ではある。弟のメガチューズデーが土曜中山5Rに出走し、そちらもほぼ勝てそうだし、姉弟で優勝といきたいところ。

| | コメント (0)

2009.04.13

後方のままで終わる

日曜日は阪神競馬場へ行く予定だったけど、ここ3週間のうちに大阪・高知・帯広・千歳・ソウルなどあちこち回りすぎてさすがに疲れたので休養した。今週末はリトルディッパーの応援に福島へ向かう。特別登録馬を見ると勝機十分で楽しみ。

◆4/11(土)阪神8R アザレア賞…▲カルカソンヌ → 7着
馬体は引き続き良く見えた。急かさずいつものように後方から2番手でレースを進めたが、道中はハッキリ分かるくらいの超スローペースで、13秒台のラップが4回も続いてはどうしようもなく、それなりの脚は使っているけど7着に終わった。折り合いに苦労するタイプではないので菊花賞に出られるようなら面白いところはあるかも。

◆4/12(日)阪神4R 3歳未勝利…△レッドスコルピオン → 14着
馬体に張りがあるし初出走の割には無駄な動作もなく、力は出せそうに見えた。スタート直後に両側から挟まれるような感じで後方からの競馬を余儀なくされ、そこからはレースに付いていけないような感じで鞍上に終始気合いを付けられながら追走し、後方から2番手のままダラっと流れ込み、まるで良いところなくレースが終わった。芝ではスピード不足っぽいのでダートでどこまで変われるか。

| | コメント (0)

2009.04.10

勝てばダービートライアルへ

日曜日に出走予定だったリトルディッパーは「(今週は)メンバーが強くなることが予想されるため」ということで、来週の福島戦に回ることになった。別にメンバーを選ぶ必要はないと思うけど。

◆4/11(土)阪神8R アザレア賞…▲カルカソンヌ
中1週での出走となる。重賞3着馬が2頭いるけど、今回は9頭立てと少頭数なので後方からでも馬群を捌きやすいだろうし、脚の使いどころ1つでどうにでもなりそう。アンカツさんに乗ってもらえるのは心強く、何とかここで決めてもらい、ダービートライアルに挑戦できないものか。

◆4/12(日)阪神4R 3歳未勝利…△レッドスコルピオン
これで現3歳の出資馬10頭全てデビュー完了となる。新馬戦でのデビューは間に合わなかったけど、特にどこか痛いところがあったわけでもなく、2月からじっくりと厩舎で仕上げられ、追い切りのタイムもなかなかだし、初戦から力を出せる状態にはありそう。芝の未勝利戦だけに前走入着馬が多く、決して楽なメンバー構成ではないものの、何とか優先出走権は確保したい。

| | コメント (0)

2009.04.06

連対しても内容は平凡

ガリアーノが何とか勝ち上がってくれて、現3歳馬10頭のうち5頭が1勝馬となった。来週はレッドスコルピオンが阪神でデビューを予定し、出走できればこれで現3歳馬全てがデビュー完了となり、各馬ともなかなか順調で嬉しい限り。

◆4/4(土)阪神1R 3歳未勝利(牝)…▲ティフィン → 2着
使い詰めでもグリーンチャンネルで映った範囲では元気よく歩いていて好気配に見えた。スタートから押して押して出ムチまで叩いてようやっと1コーナーでは4番手集団の外に付ける。終始外を回して4コーナーでは先団に取り付くも、またそこから前を行く2頭に突き放され、渋太く伸びて何とか2番手に上がったところがゴール。前走はバッタリ止まっておかしくないところを良く粘り2着、今回も前2頭に突き放され3着が一杯の脚色だったのに2着まで押し上げ、馬もよく頑張っているし鞍上も巧く乗ってくれていると思う。

◆4/4(土)中山7R 4歳上500万下…○ソシアルグレイシー → 2着
パドックではヨソ見をしながらの周回で集中力に欠く印象。歩様もキビキビした感じが無くあまり褒められない。2番枠を引いたのでインをロスなく回していたが、直線に向いた時は逃げた勝ち馬とは5馬身ほどの絶望的な差があり、2着争いはキッチリと制してのゴールだった。3歳の牝馬限定未勝利戦にも劣る走破時計で全く褒められず、相手に恵まれただけの2着。

◆4/5(日)阪神2R 3歳未勝利(若手騎手)…▲ガリアーノ → 1着
見栄えのするタイプではないし使い詰めなのでパドックでの印象はごく平凡。ゲートの出は良かったものの、やはりダートに替わっても行き脚はつかずに1コーナーでは最後方になってしまった。でもそこからは外に出して向正面からマクるような形で動き、3コーナーでは中団、4コーナーでは先頭に取り付き、直線では脚色が鈍りながらも外から差し切って嬉しい初勝利となった。普通のレースなら最後方に下がった時点で終わっているはずで、今回は弱い相手+3キロ減に恵まれた印象は否めない。稍重にしては時計も遅い。

◆4/5(日)中山10R 春風S…△フライデイフライト → 8着
テレビモニタで見ても分かるほどの惚れ惚れする好馬体。気性面の成長も大きく、もう返し馬でバカつく心配も必要なし。最内枠を引いてしまい、3コーナー入り口のあたりでは5番手くらいに位置していたが、包まれて動きたい時に動けず、直線に向いた時は8番手くらいになり、そこからは伸びずバテずで8着に終わった。やはり1200mの短い距離は合わないし、今回は最内枠がこたえた。

| | コメント (2)

2009.04.03

善戦止まりから脱出?

フォアシュピールの件では、励ましのメール・コメントを多数頂戴しましてありがとうございました。つい当たり前のように思ってしまいがちな「無事」であることの大切さ・有り難さを痛感しました。各馬が平穏無事であることを祈りつつ、今まで以上の愛情をもって応援していこうと思います。

いつものように今週の出走馬一覧です。
今週の土日は韓国へ行くため(北朝鮮情勢が非常に微妙だけど…)、4レースとも帰ってきてからのVTR観戦となる見込み。

◆4/4(土)阪神1R 3歳未勝利(牝)…▲ティフィン
スタート直後の反応が鈍くて先行できないせいで、善戦止まりの歯がゆいレースが続いている。今回は頭数が12頭と比較的少ないため、先行争いで多少モタついても挽回しやすく、しかもメンバーも前走の再戦のような顔ぶれで、引き続き上位争いは期待できそう。ただ、1800mよりは1200mくらいの短い距離の方がいいと思う。

◆4/4(土)中山7R 4歳上500万下…○ソシアルグレイシー
前走は理想的な勝ちバターンに持ち込んだのに直線で伸びずガッカリしたけど、中山ダ1200mなら大崩れなく走れるし、ここ一連のレースよりは与しやすい相手になり、チャンスは十分ありそう。今のうちに勝っておいて夏にまた500万条件へ降級といきたいところ。

◆4/5(日)阪神2R 3歳未勝利(若手騎手)…▲ガリアーノ
芝ではまるで先行できない現状から、ダート替わりは好材料だと思う。若手騎手限定戦でビックリするほどメンバー構成が楽になり、この馬の掲示板入着歴4回という実績は大威張りできる。全くのスピード不足という馬も多いし、少しでも前の方に付けての好走を期待したい。

◆4/5(日)中山10R 春風S…△フライデイフライト
先週の1400m戦を除外されたのは痛い。1200m戦は初めてで、一本調子というタイプでもないのであまり向いているとは思えないが、中山のダート1200m戦なら上がりがかかって差しが決まるケースも多くあり、展開面を考えるとこの条件は意外と合ってるのかもしれない。状態は良さそうで、何とか上位を。

| | コメント (0)

2009.04.01

フォアシュピール予後不良

期待の2歳牝馬フォアシュピール(ゼンノロブロイ×ユーアンミー)が、昨晩馬房で暴れて両後肢を開放骨折してしまい、手の施しようがなく予後不良の処置がとられてしまった。つい一昨日ノーザンファーム空港で見学して可愛がってきたばかりだというのに、その見学翌日にこういう出来事でが起きてしまい、ショックで完全に放心状態になってしまった。

1歳上のお姉さんであるミクロコスモスが阪神JFで3着に入るなど活躍して日に日に期待が高まっていたし、クリッとした目をしていて馬体のバランスもすこぶる良く、とても可愛い馬だったのに残念としか言いようがない。

(2009/3/30にNF空港で撮影した写真です。ご自由にお持ちください)
20090330_11 20090330_22 20090330_33 20090330_44

| | コメント (5)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »