« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009.03.31

ノーザンファーム見学

昨年5月以来、久しぶりに北海道のノーザンファーム・NF空港にお邪魔して、2歳馬を中心に出資馬の見学をしてきた。どの馬も特段の問題はなく元気で何よりだった。

◆フォアシュピール(サンデーサラブレッドクラブ)牝2歳
 (ゼンノロブロイ×ユーアンミー)
実馬を見るのは昨年6月のツアー以来になるけど、相変わらず可愛らしい顔をしているし、馬体も牝馬にしては筋肉質で非常に雰囲気がいい。直飛なのも相変わらずで、いかにもダートが向いていそうな感じ。クラブのレポートにあるように歩様が硬いのはちょっと気になるところ。
20090330_01

◆イルドロール(サンデーサラブレッドクラブ)牝3歳
 (ゴールドアリュール×イルネージュ)
イルドロールを見学するのはこれで5回目になる。右前肢を骨折してから3ヶ月くらい経過し、今はウォーキングマシンでの運動ができるまでに回復していて、馬体もそう太くは見えなかった。フォアシュピールと見比べると、やはりデビュー前の馬と重賞出走馬とは馬体が全然違うのが分かる。レースではいつも落ち着きがないけど、見学の際はいつも落ち着いているし、人によくなついて甘えている。
20090330_02

◆ローテスクライト(キャロットクラブ)牝2歳
 (アグネスタキオン×レッドヴェルベット)
キャロットクラブ所属馬はいずれも実馬を見るのは初めて。この馬は416キロくらいまで増えているらしいけど、小柄でいかにも仕上がりが早そう。産地馬体検査を受験する予定で、夏の北海道でのデビューが期待される。ダート向きという感じはなく、芝で軽い走りを見せてくれそう。
20090330_03

◆ヴェラブランカ(キャロットクラブ)牝2歳
 (クロフネ×アドマイヤサンデー)
一目見てデカい。でも全体的に馬体の造りが大きいせいか、530キロを超えている割には重苦しさは感じない。兄フサイチホウオー・姉トールポピーの印象から、気性面がキツいのかと思いきや非常に大人しいし、池江郎先生から早期の入厩を打診されているらしくて大いに楽しみ。首差しの太さを見るとダートっぽいけど、スタッフの方から「芝でも行けそう」とのコメントを頂戴した。
20090330_04

◆アイビーフォールド(キャロットクラブ)牡2歳
 (ジャングルポケット×ビューティテイスト)
背中の感じがお父さんのジャングルポケットに似てる。見学中はの~んびりとしていて大人しかったけど、背中に人が跨るとグッと行く気を見せるとのことで、競走馬向きのいい性格をしている。右飛節の腫れも見た感じでは特に問題なさそう。
20090330_05

| | コメント (3)

2009.03.28

悔しい2着

3歳馬が2頭とも2着で、勝てばトライアルに挑戦できただけにちょっと悔しい。ニードルポイントは見事な変わり身で圧勝してくれた。

◆3/28(土)中山9R ミモザ賞…△ピースエンブレム → 2着
パドックの気配はいつも通りに落ち着いていい感じ。今日もゲートの出が良くスンナリと先行し、2~3番手あたりの内につける。逃げ馬が5馬身くらい離して快調に飛ばしてもじっくりと構え、4コーナーから進出して直線では一度突き抜けたけど、かなりのハイペースになったため後方待機していた馬の展開がハマって2着となった。もし今回勝っていればオークストライアルに挑戦できたけど、勝ちに行く競馬をしたので仕方なし。クラスにメドが立ったし、この後も焦らず使ってもらいたい。
20090328_01 20090328_02

◆3/28(土)中京10R フリージア賞…▲カルカソンヌ → 2着
前走で減ってた馬体が戻っていたし、ターフビジョンでパドックの様子を見た範囲ではいかにも好調といった印象だった。レースでは特に急かせるわけでもなく後方から3番手に付ける。そのまま向正面に入り、スローな流れとみるや鞍上が早めに仕掛けてマクって行き、4コーナーでは先頭に並ぶ勢い。そこからゴールまで逃げ馬とビッシリと競り合ったが、外を回して早めに仕掛けた分、アタマ差及ばずの2着だった。ここで勝っておけば青葉賞かプリンシパルSへの挑戦が可能だっただけに痛い2着。でもこのクラスはすぐ卒業できそう。

◆3/28(土)中山10R 富里特別…×ニードルポイント → 1着
プラス10キロで太いのかと思ったら全然そんなことはなく、トモの張りが見違えるように良くなっていた。レースでは無難にゲートを出て、ちょっと引っ掛かるのを抑えつつ中団馬群の外につける。ペースが速かったので丁度良い位置取りで、3~4コーナーでは持ったままスッと上がっていき、直線入り口では外から抜群の手応えで先頭に並びかけ、追い出すとあっという間に2着以下を突き放して4馬身差の快勝だった。距離も外枠も全く問題なく、前走の惨敗が何だったのか不思議なほどの変わり身を見せ(ハンデ戦なのに4馬身差)、この内容なら準オープンのダート1800mでも即通用する。
20090328_03 20090328_04

| | コメント (2)

2009.03.27

特別戦3鞍

阪神の陽春Sに出走予定だったフライデイフライトが除外されたので、今週はピースエンブレムとニードルポイントの応援に中山へ行く予定。

◆3/28(土)中山9R ミモザ賞…△ピースエンブレム
前走は勝ちパターンに持ち込んだのに直線でバッタリ止まり、思わぬ脆さを見せただけに、今回も半信半疑。ダートから芝に替わっていいかどうかも微妙なところだけど、先行力はあるので今の中山は向いているはず。抜けた馬が見当たらない混戦模様で、この馬にもチャンスはありそう。

◆3/28(土)中京10R フリージア賞…▲カルカソンヌ
2000mではなく本当はもう少し距離があった方が良さそうだけど、中京なら上がりだけの競馬にはなりづらいので、末脚を生かすタイプのこの馬にとっては展開も向きそうな感じ。こちらも抜けた馬が見当たらない混戦模様だけど、時計勝負になるとちょっと辛いかも。

◆3/28(土)中山10R 富里特別…×ニードルポイント
昨春の実績からすればこのクラスはアッサリと通過してもらわないと困る実力の持ち主。でもこの距離は微妙に長いし、今の中山ダートは時計が出やすいため、余計にこの馬にとっては厳しそう。内枠を引いてうまく先行できるような展開に持ち込めば一発もありそう。

| | コメント (0)

2009.03.26

最内にこだわって2着

◆3/21(土)中京5R 3歳未勝利…△ガリアーノ → 11着
決してゲートの出が悪かったわけではないし、スタートから押して行っても全く反応せず最後方からの競馬。さすがに大外を回して直線だけで追い込むのは無理で、まぁまぁいい脚を使っているけど11着に終わった。この距離で前に行けないようではどうしようもない。次走はダート戦に出走してみるとのことで、変わり身に期待。

◆3/21(土)中山10R 熊野特別…△ロックバルーン → 2着
相変わらずの好馬体でも、マイナス6キロはさすがに細い。レースでは、そう無理する感じでもなく2番手の内側に付ける。終始最内の経済コースを通り、3~4コーナーでは仕掛けずにじっと我慢して5~6番手まで下がったが、直線はまた最内からスルスルと伸びて2着を確保した。だいぶレースぶりも良くなってきたし、平坦コースなら2勝目も近そう。

| | コメント (0)

2009.03.20

フラワーC除外

ピースエンブレムがフラワーCに出走予定でちょっと楽しみにしていたけど抽選で除外され、翌週の自己条件に回ることになった。

◆3/21(土)中京5R 3歳未勝利 … △ガリアーノ
ダッシュが鈍くてどうしても先行できないため、なかなか勝てない競馬が続いている。ペースが速くなりがちで追い込みが比較的ききやすい中京は向いてるはずで、3走前の中京戦はタイムも上々だったし、そのくらい走れれば上位争い。小柄な馬なので2キロ減の鞍上は好材料。できれば内枠が欲しかったけど、17番枠なので思い切って外をブン回してもらいたい。

◆3/21(土)中山10R 熊野特別 … △ロックバルーン
前走はかなり展開に恵まれたにも関わらず5着でガッカリしたが、それでも勝ち馬とは0.3秒差で、乗り方次第では何とかなる可能性も。今のところ左周りの方が良さそうだし、リーディングジョッキーの横山典騎手を確保できたのも大きい。ただ、直線で伸びあぐねる競馬が続いているため、1800m戦よりはマイル以下のレースが合っているのかも。

| | コメント (0)

2009.03.15

勝ちが遠い

ティフィンは頑張って毎回好走してくれるけど、なかなか勝利には手が届かない。

◆3/14(土)中山12R 4歳以上1000万下 … △ニードルポイント →8着
グリーンチャンネルで観戦。映っていた範囲ではまぁまぁ状態は良さそうに見えた。スタート自体は良かったけど逃げずに5~6番手に控える形。道中ジワジワと押し上げ、4コーナーでは4番手の外に付けたが、直線はこれといった伸びを見せられず8着に終わった。不良馬場で高速決着になったこともこの馬にはマイナスだし、やはり1800mは距離が長い感じ。

◆3/15(日)阪神1R 3歳未勝利 … ○ティフィン →3着
この日もグリーンチャンネル観戦。パドックでの気配はよく分からず。良いスタートを決め、押して行っても反応が鈍く6番手くらいに付ける。そこからはいつものような感じで3~4コーナーは内の経済コースを通って差を詰めるも、先頭を交わす勢いはなく3着となった。一杯になりながらも3着争いを制した勝負根性は褒められるが、時計は平凡だしこの距離でも前に行けず、善戦はできても勝利が遠い感じ。上がりのかかるダート1200mの方が合ってそう。

◆3/15(日)阪神10R 淡路特別 … ×ティルフィング →6着
こちらも映っていた範囲では落ち着いていて良い雰囲気に見えた。今回も控えて後ろから2番手につける。鞍上に気合いを入れられることもなく真面目に走っていて、4コーナーでは最後方に位置していたが、そこからジワジワと伸びて2着馬とは0.1秒差の6着になった。昇級初戦+外が全く伸びない馬場状態でこの内容は上々で、1000万条件でも上がりのかかる流れになれば十分やれそう。

| | コメント (0)

2009.03.13

ニードルポイント復帰戦

今週は3頭が出走する。善戦続きのティフィンにはそろそろ勝ち上がって欲しい。

◆3/14(土)中山12R 4歳以上1000万下 … △ニードルポイント
飛節の不安が未だ完全には拭えず、美浦へ帰厩してから挫石で一息入ったりで、おっかなびっくり追い切りを行っている現状では、休み明けからいきなりの勝ち負けは厳しそう。とはいえ昨春は1000万特別で連続好走しているし、距離の経験もあるので入着くらいは十分に可能。昨夏に500万を勝った時、後藤騎手が「この馬の性格から、逃げて後ろから突っつかれる形ならもっと強い競馬ができるかも」と語っていたことから、今回は逃げる競馬を試してみるのかもしれない。

◆3/15(日)阪神1R 3歳未勝利 … ○ティフィン
当初はダート1400m戦へ出走予定だったが、想定メンバーを見た上でダート1800mへ回った。前走入着馬が他に2頭しかいないし、テンに置かれる現状では1400mよりも1800mの方が向いてそうなので、ここは何とか決めて欲しいところ。未勝利ながらチューリップ賞にも登録していたラタンバスケットがかなりの強敵。

◆3/15(日)阪神10R 淡路特別 … ×ティルフィング
阪神大賞典へ挑戦するプランもあったけど、「前走で内容ある走りをした馬も少ない感じです」とのことで結局は自己条件へ。とはいえ前走1000万条件で入着馬も6頭いるし、やや小柄なこの馬にとって別定戦で57キロというのも有利ではなく、阪神の芝2400m戦は上がりだけのレースになりがちでジリ脚のこの馬には辛く、ちょっと今回は掲示板の下の方に入れるかどうかといった感じ。

| | コメント (0)

2009.03.11

交流重賞で連続好走

先週土曜日のレース後、左前脚が腫れて屈腱炎の疑いが濃厚だったスピリタス。エコー検査の結果、屈腱には損傷が無いとの診断で本当に良かった。。。とはいえ脚が腫れたのは事実で、しばらく休養することになりそう。

◆3/11(水)船橋10R ダイオライト記念(Jpn2)…△ロールオブザダイス → 3着
パドックに出てきた時は後肢の踏み込みが甘く、疲れているようにも見受けられたが、周回を重ねるごとにキビキビと力強い歩様になって状態は良く見えた。レースでは珍しくちょっと立ち後れるようなスタートで中団から。そこから押してハナに立ったフリオーソの2番手に付ける。1周目のゴール前で外から並びかけられたが、ほぼ終始一貫して2番手をキープしたまま4コーナーに入り、デムーロ騎手の手が動いても逃げたフリオーソは全くの持ったままで直線に向き、そこからは馬なりのままで徐々に離され、最後は外からマイネルアワグラスに交わされて3着となった。定量戦・距離延長と決して楽な条件ではなく、しかも道中のラップタイムも平均的で長距離適性も問われる展開で3着に入ったのは上々の内容。今のところフリオーソのような一線級とは実力差を感じるけど、今後も強い相手と戦っていけばこの馬も力を付けてくれるはず。
20090311_01 20090311_02 20090311_03 20090311_04

| | コメント (2)

2009.03.08

ダイオライト記念

◆3/11(水)船橋10R ダイオライト記念(Jpn2)…△ロールオブザダイス
南関東の年度代表馬で昨年のこのレースを制しているフリオーソが出走してくるし、別定戦から定量戦になって斤量差が縮まり、400mの距離延長もプラス材料とはいえず、前走の佐賀記念より条件は厳しい。とはいえ前走で地方交流重賞の常連サカラートに先着したのは自信になるし、勝ち負けまではともかくフリオーソ・マイネルアワグラスに次ぐ3番手争いは十分に可能。

| | コメント (2)

2009.03.07

ブエナビスタ

スピリタスの口取りはハズレたけど、ブエナビスタも見たかったので阪神競馬場へ。そのブエナビスタの単勝が1.8倍くらいつくなら嬉しいけど、たぶん1.6倍くらいだろうなぁと思っていたら、なんと1.1倍の圧倒的な支持。さすがに馬券勝負はできず応援だけにとどめた。スローで前残りの流れを涼しい顔で楽勝し、これは本番も当確した印象。
20090307_01 20090307_02

◆3/7(土)阪神10R 武庫川S … ◎スピリタス → 5着
パドックでは終始舌を出していて、首を振ったりチャカチャカしていたけどイレ込んだりイライラしてるわけではなく、遊びながら歩いている感じ。小柄な馬体ながらトモの張りも上々。レースではいつものように後方待機策を取る。ところがいつもなら行きたがるのを抑えて後方に位置していたのが、今日は緩い流れでも妙に折り合ってしまい、GOサインを出してもいつもほどの反応がなく、直線では大外から差を詰めてきたが5着に終わった。流れも向かなかったし今回は仕方なし。
20090307_03 20090307_04

| | コメント (0)

2009.03.06

スピリタス

今週はスピリタス1頭のみの出走となる。プラテアードとニードルポイントが美浦に帰厩しているし、ティルフィングが阪神大賞典に挑戦するプランがあったり、来週の水曜日にはロールオブザダイスが船橋のダイオライト記念に出走が確定しているので、今後が楽しみ。

◆3/7(土)阪神10R 武庫川S … ◎スピリタス
前走はスローな流れで動くに動けず初めて連を外してしまったが、敗因は展開面だとハッキリしているし、今回は休み明けでも仕上がりは良好なので力は出せそう。メンバーを見渡すと、素質を感じる昇級馬は多いけど準オープンの常連はおらず、前走よりはメンバーが楽になったように思えるので、これから重賞を目指すならここはスンナリと通過して欲しい。

| | コメント (0)

2009.03.01

ほろ苦いデビュー戦

今週は4頭とも残念な結果に終わった。いずれも敗因はハッキリしているので巻き返しに期待したい。

◆2/28(土)小倉2R 3歳未勝利 … ▲フローズンタイム → 10着
マイナス14キロと絞れてちょうど良い馬体。押して行くような形で2番手に位置するが、ムキになって行きたがってしまい、かなりのハイペースになる。それでも4コーナーまでは何とか頑張っていたものの、直線に向いて失速し10着となった。今日のところは敗因がハッキリしているので仕方なし。距離はもっと短い方がいいかもしれない。

◆2/28(土)中山9R 水仙賞 … △カルカソンヌ → 4着
輸送してマイナス16キロでも細くなく、むしろこれくらいで良さそう。歩き方は力強いし、落ち着き払って周回していて実にいい馬。レースではいつものように行く気を見せずに後方から。スタートしてすぐの1周目ゴール前から鞍上に気合いを入れられる始末で、道中も真っ先にムチが飛んでいたように、もう少し走る気を出して欲しいところ。結局はスローな流れを大外から追いまくられながら4着まで押し上げたところがゴール。
20080228_00 20080228_01

◆3/1(日)中山6R 3歳新馬 … ▲フライバイワイヤー → 7着
何とか450キロ以上で出てきて欲しかったが446キロと細め。パドックでもガレては見えなかったけど、トモの肉付きが薄くて非力な印象はぬぐえず。ただ、まぁまぁ落ち着いていたしパドックでの周回を重ねるごとに歩様もスムーズになってきて、気配は決して悪くなかった。馬場に出てきた時の返し馬ではムキになって走り、かなり危なっかしい印象。レースでは、ゲートはタイミング良く出たものの、2完歩目で躓いてしまい、そこから押し上げて4~5番手の外に付ける。流れが落ち着いていたし、4コーナーでは外から先頭に並びかけ、このまま突き抜けて勝ったかと一瞬思ったが、直線に向いてからは伸びを欠いて7着に終わった。優先出走権を取れなかったのは痛いけど、見せ場は作れたし、良馬場+距離短縮で巻き返しを期待したい。
20080301_01 20080301_03

◆3/1(日)京都10R 伊丹S … ◎フライデイフライト → 7着
競馬場のモニタで観戦。相変わらず見栄えのする馬体で、パドック・返し馬とも映っていた範囲では落ち着いていた。スタートして控えるような形で中団やや後方からの競馬。決してペースが遅かったわけではないけど、さすがに良馬場のダート戦で後方から外々を回して追い込むのは無理筋。直線に向いてからも抜け出すほどの勢いはなく、ソコソコの脚を使って7着に流れ込んだ。今回は差す競馬を教え込んだのが裏目に出た格好。

| | コメント (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »