« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008.12.27

入着止まり

昨年の有馬記念は、マツリダゴッホから買うもダイワスカーレットが全くの想定外で撃沈。今年はサッパリ分からないので、中山巧者で状態が良さそうなエアシェイディから馬連を薄めに手広く流して遊んでみたい。

◆12/27(土)阪神3R 2歳未勝利…△ガリアーノ  → 5着
◆12/27(土)阪神3R 2歳未勝利…▲カルカソンヌ → 4着
両馬ともにパドックでは良い気配で、カルカソンヌは力強い踏み込みで文句なし、ガリアーノはもう少しトモに筋肉が付けばかなりやれそうな馬体に見えた。レースでは、カルカソンヌが好スタートから押して先行し2番手に付け、ガリアーノは控える形で最後方から。道中は見るからに遅い流れで、これはカルカソンヌが勝っただろうと安心してレースを見ていたが、直線に向いてから満を持して追い出してもサッパリ伸びずに4着、逆に流れが向かなかったはずのガリアーノは後方から長くいい脚を使って5着で入線した。2頭とも優先出走権は確保できたので次走に期待。

◆12/27(土)中山8R 3歳上1000万下…△ローンジャスティス → 7着
今日は積極的に押して3番手の外に位置する。先行すると思われていたジャンバルジャンは後方からレースを進めていたが、3コーナー手前から動いていったため、結果的に前の方にいた馬はジャンバルジャンに合わせて早仕掛けとなって総崩れとなり、後方待機組が上位を占めるレースになった。今回は勝ちに行ってのもので、この結果は仕方なし。

| | コメント (0)

2008.12.25

今年125回目の出走

今年は延べ122回出走して21勝(先週末時点)。今週出走の3頭で勝ち鞍を上積みできるかどうか。中山大障害を見物がてらローンジャスティスの応援に行く予定。

◆12/27(土)阪神3R 2歳未勝利…△ガリアーノ
◆12/27(土)阪神3R 2歳未勝利…▲カルカソンヌ
芝1800m戦だけあって前走入着馬が13頭もいるが、抜けた馬は見当たらず、各馬にチャンスがある混戦模様。ガリアーノはタニノギムレット産駒ということで広いコースに替わるのは間違いなくプラスなはずで、デビュー戦・2戦目で見せた渋太い脚が使えれば上位争いも。カルカソンヌはスタートダッシュが今ひとつで後方からの競馬を余儀なくされているが、上がりは過去2戦とも最速で、ある程度速い流れになれば突き抜けも十分あり得る。

◆12/27(土)中山8R 3歳上1000万下…△ローンジャスティス
ジャンバルジャンと同じレースになってしまった。これが東京コースだったら速い流れの地力勝負になって完全にお手上げだけど、ジャンバルジャンは右回りだと手前の変え方がスムーズでなく、中山なら多少は付け入る隙が出てくる。クラスの安定勢力であるペイデイに次ぐ3番手争いには加われるはず。中1週でも状態は良さそうだし、スムーズに先行してここで3着に入り、来年から始まる1000万条件の優先出走権を確保しておきたい。

| | コメント (0)

2008.12.21

ダート戦で一変

先週分も一緒に出走結果を。

◆12/13(土)中京12R 犬山特別…△ロックバルーン → 6着
VTR観戦。こぢんまりとした歩様でパドックを周回し、新潟戦当時よりも気配は見劣りした。レースでは、スタートを決めたものの外からドッと来られて中団の後ろに位置する。流れが遅かったので向正面では引っかかる面も見せ、3コーナーから外を回って進出するも、中京で外差しはなかなか決まらず、何となく差を詰めただけの6着に終わった。何だか徐々にレース内容が悪くなってるのが気がかり。

◆12/14(日)中山9R 舞浜特別…×ローンジャスティス → 8着
脚長のスラッとした馬体で仕上がりは良好だけど、ダート戦ではどうしても非力な印象を受けてしまう。こちらもスタート自体は良かったけど二の脚を使えず後方から。終始インで包まれて動けず、3コーナーからずっと最内の経済コースを回ってレースを進め、ソコソコの脚は見せたが勝ち負けには加われずに8着で入線した。今開催の中山ダートは異様なまでの高速馬場で、もう少し前でレースを進められないと厳しい。

◆12/20(土)中山2R 2歳未勝利…◎ピースエンブレム → 1着
あまり体調が良くなかったので結局は自宅のグリーンチャンネルで観戦。パドックでは抜けて良く見えたが、前走よりもうるさくて落ち着きを欠いていた。レースでは、うるさい面がそのまんま表れて出遅れ、中団より後ろのインに位置する。流れもあまり速くなく、この時点では絶望感で一杯だったが、4コーナーの入り口で外に出してからは鋭い脚を繰り出し、そのまま1着でゴールイン。ダート替わりで一変した。かなり危なっかしいレースだったけど、とりあえず1つ勝てて良かった。でも次走は芝・ダートどちらになるんだろう?

◆12/20(土)阪神12R 3歳上1000万下…○フライデイフライト → 4着
こちらも馬体そのものは非常に良く見えたけど、前走よりうるさくて落ち着きを欠き、何とか返し馬ができたといった感じ。普通にゲートを出たものの、今日もハッキリと控える形で中団から。しっかりと折り合ってレースの進め方としては文句なしだったけど、1400m戦にしては遅い流れで前を行く馬が楽をしていた分、差し脚も今ひとつで4着に終わった。先週の準オープン並の高速決着だっただけに、今日のところは仕方なし。1400mよりはもう少し距離があった方が良さそう。差す競馬が完全に板に付いたし、流れさえ向けばこのクラスを卒業できる。

| | コメント (0)

2008.12.19

2連対を期待

北海道で食べた厚岸産の生ガキに当たって月曜から寝込んでました。新鮮だったし食べたのは1個だけなんだけどねぇ。復調はしたけど寝込んでいたせいで体力がまだ戻ってないため、散歩がてら中山までピースエンブレムを応援しに行くかも。

◆12/20(土)中山2R 2歳未勝利…◎ピースエンブレム
今回はダートへ転戦。父母ともにミスプロ系でダートは悪いはずがなく、調教も上々で確勝級のメンバーも見当たらないことから上位争いは必至。過去2戦ともスッと先行できていたので、今回も好位を上手く立ち回って差し切る競馬を期待。

◆12/20(土)阪神12R 3歳上1000万下…○フライデイフライト
11頭とダートの短距離戦にしては珍しく少頭数になったが、セントラルコーストの近2走の走破時計が抜けて速く、この馬の2着争いになりそう。とはいえフライデイフライトの前走も中団から直線に向いて差し切る強い競馬で、今回も控える形から流れが速くなって展開の助けがあれば逆転も十分可能。おそらく複勝圏は外さないと思う。

| | コメント (2)

2008.12.13

特別戦2鞍

今週は2レースともVTR観戦の予定。
日曜日の阪神JFは、イルドロールが先着したカツヨトワイニングで大穴狙いを。馬三郎でのスピード指数は出走馬中2位なので案外侮れないと思う。出資馬ユーアンミー07の姉であるミクロコスモスとの組み合わせを厚めに。

◆12/13(土)中京12R 犬山特別…△ロックバルーン
3ヶ月ぶりの出走となる。トレセンへ帰厩してから1ヶ月じっくり乗られているし、もともと大きな不安があったわけではないので、仕上がりは間違いなく良いはず。芝の特別戦だけあって好メンバーが揃ったけど、経験馬相手のデビュー戦を勝ったこの馬のセンスの良さをもってすれば、好勝負は十分可能で、人気がないようなら単複で勝負しても面白そう。

◆12/14(日)中山9R 舞浜特別…×ローンジャスティス
昇級初戦で持ち時計もあまり威張れない割にはハンデが54キロに設定された。1000万クラスで入着歴のある53キロの3歳牡馬がいるので、1キロ重く見込まれた計算になる(昇級初戦なのに55キロの3歳牡馬もいる)。実力を評価されてのものだろうけど、クラス実績のある関西馬が3頭遠征してきたりと、骨っぽいメンバーが揃ってちょっと今回は厳しいか。中山ダート1800mは現状ベスト条件で、掲示板の下の方ならあるかも。

| | コメント (4)

2008.12.08

上がりタイムは最速

2度の屈腱炎を克服したカネヒキリのJCダートでの激走は素晴らしいとしか言いようがなく、胸椎の細胞を注入して腱繊維を再生させる治療法の貴重な成功例となりそう。そういえば、同じ治療法で復活したフラムドパシオンも角居厩舎所属だ。

◆12/7(日)阪神4R 2歳未勝利…△カルカソンヌ → 4着
相変わらず落ち着いていて仕上がりは良好。今回は普通にスタートを切ったが控える形で後方から3番手。直線に向いた時には先頭とは絶望的なあったが、インに切れ込みながらよく差を詰めて0.3秒差の4着となった。今日は結構メンバーも揃っていて、その中での4着だから未勝利を勝ち上がるチャンスは近そう。末脚を生かすタイプなので阪神よりは京都の方が向いてるかも。キャロットクラブの所属馬情報が今週から出走当日の更新になっていて、順調なら次走は阪神最終週が視野に入っているとのこと。

| | コメント (0)

2008.12.05

一度使った効果

フライデイフライトが除外され今週は1頭だけ。グリーンチャンネルで観戦予定。

◆12/7(日)阪神4R 2歳未勝利…△カルカソンヌ
G1当日だけあって、前走入着馬が11頭もいるハイレベルなレース。この馬の前走はダッシュがつかずに最後方からの競馬を余儀なくされ、直線ではなかなかの脚を使っていたし、今回は調教もかなりマトモになっているので、スタートがスムーズなら大幅な前進があってもおかしくなく、抜けた存在も見当たらず頭まであり得る。引き続き岩田騎手に乗ってもらえるのも好材料。

| | コメント (0)

2008.12.04

中森明菜

80年代の歌謡曲を語る時、中森明菜は絶対に欠かせない偉大な存在だけど、デビュー間もない頃の神がかったような可愛さと歌の上手さは、今改めて見ても凄すぎる。中森明菜の曲の中では「ミ・アモーレ」や「Desire」も好きだけど、やっぱり「スローモーション」と「少女A」の素晴らしさは別格。桑田佳祐の「ひとり紅白歌合戦」の影響で、日本の歌謡曲にしばらくハマりそう。

| | コメント (0)

2008.12.03

JRA優勝賞品 純金製蹄鉄

ロールオブザダイスが11/9のアジア競馬会議記念を優勝した際、JRAからクラブへ賞品として贈られた純金製蹄鉄を購入した(フライデイフライト様の美味しい馬券のおかげ)。1600万特別の優勝賞品だけあって平場の純金メダルよりも3倍大きい276gで、お値段もJRAが業者から購買した価格が90万、クラブからの購入価格は68.8万だった。純金投資として考えれば、インゴッドや金貨を買うよりも、こちらの方が記念にもなるし一石二鳥。

ただ今回の蹄鉄、レース名は刻印されてるけど優勝馬名はどこにも見当たらず、しかも蹄鉄の裏側はノッペリと平坦になっていて、工芸品としてはあまり面白くない。
20081203_01 20081203_02

| | コメント (0)

2008.12.02

桑田佳祐の「ひとり紅白歌合戦」

パシフィコ横浜で開催された桑田佳祐の「ひとり紅白歌合戦」がWOWOWで生中継され、昭和から現在まで歌い継がれる名曲が、基本的に桑田佳祐1人によって紅白歌合戦形式で60曲歌われた。相変わらず他の歌手の楽曲をまるで自分の持ち歌のように歌っていて、内山田洋とクールファイブの「長崎は今日も雨だった」とか、加山雄三の「君といつまでも」なんかは当人より上手いんじゃないかと思うほどの素晴らしさ。色々と版権なんかの問題もあるだろうけど、こういうのはWOWOWの放送だけでなく、何らかの形でもっと多くの人に見てもらわないと勿体ない。

【セットリスト】
M01:サントワマミー/越路吹雪
M02:青い山脈/藤山一郎
M03:コーヒー・ルンバ/西田佐和子
M04:上を向いて歩こう/坂本九
M05:君だけに愛を/ザ・タイガース
M06:恋の季節/ピンキーとキラーズ
M07:君にあいたい/ザ・ジャガーズ
M08:恋のハレルヤ/黛ジュン
M09:ブルー・シャトー/ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
M10:太陽は泣いている/いしだあゆみ
M11:風が泣いている/ザ・スパイダース
M12:夕日が泣いている/ザ・スパイダース
M13:真っ赤な太陽/美空ひばり
M14:学生街の喫茶店/GARO
M15:五番街のマリー/ペドロ&カプリシャス
M16:心の旅/チューリップ
M17:あの日に帰りたい/荒井由実
M18:さよならをするために/ビリー・バンバン
M19:シルエット・ロマンス/大橋純子
M20:ルビーの指輪/寺尾聡
M21:時代/中島みゆき
M22:いいじゃないの幸せならば/佐良直美
M23:さらば恋人/堺正明
M24:経験/辺見マリ
M25:空に太陽がある限り /にしきのあきら
M26:終着駅/奥村チヨ
M27:長崎は今日も雨だった/内山田洋とクールファイブ
M28:他人の関係/金井克子
M29:君といつまでも/加山雄三
M30:黙って俺についてこい/ハナ肇とクレイジー・キャッツ
M31:スーダラ節/ハナ肇とクレイジー・キャッツ
M32:ハイ それまでヨ/ハナ肇とクレイジー・キャッツ
M33:振り向かないで/ザ・ピーナッツ
M34:可愛い花/ザ・ピーナッツ
M35:情熱の花/ザ・ピーナッツ
M36:恋のフーガ/ザ・ピーナッツ
M37:恋のバカンス/ザ・ピーナッツ
M38:LOVE LOVE LOVE/DreamsComeTrue
M39:ロビンソン/スピッツ
M40:襟裳岬/森進一
M41:舟歌/八代亜紀
M42:SWEET MEMORIES/松田聖子
M43:三年目の浮気/ヒロシ&キーボー
M44:いい日旅立ち/山口百恵
M45:現代東京奇譚/桑田佳祐
M46:少女A/中森明菜
M48:愚か者/近藤真彦
M49:狙い撃ち/山本リンダ
M50:情熱の嵐/西城秀樹
M51:渚のシンドバッド/ピンクレディー
M52:勝手にしやがれ/沢田研二
M53:キューティーハニー/倖田來未
M54:GOLDFINGER'99/郷ひろみ
EN01:時の流れに身をまかせ/テレサ・テン
EN02:涙そうそう/BEGIN
EN03:もらい泣き/一青窈
EN04:タイガー&ドラゴン/Crazy Ken Band
EN05:ラブ・イズ・オーヴァー/欧陽菲菲
EN06:また逢う日まで/尾崎紀世彦
EN07:魅せられて/ジュディ・オング
EN08:あの鐘を鳴らすのはあなた/和田アキ子

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »