« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008.09.29

アルスマグナ競走能力喪失

今週日曜の札幌競馬に出走を予定していた東京サラブレッドクラブ所属のアルスマグナが、調教中に両前脚の浅屈腱を断裂し、競走能力喪失とのことで引退することになった。
ファンタストクラブの坂路調教で5F62秒のレコードを叩き出したり、馬場が固い札幌競馬場に入厩してしまったのがマズかったか。
3歳にして2回剥離骨折しているように脚元の弱さは抱えていたけど、それでも4戦2勝と好成績を挙げていて能力は高い馬だっただけに今回の事故は非常に残念。。。
20070826 20070929

| | コメント (0)

2008.09.27

順当に2勝

前走で2着だった2頭がいずれも順当に勝利を収め、今後が楽しみになった。来週は、初のダート戦で全く追うところなく大楽勝したプラテアードが札幌で出走予定。

◆9/27(土)阪神2R 2歳未勝利…○レッドジール → 1着
前肢がよく出て歩様が大きく抜群の気配。パドックの時点で勝ちを確信できたほど。レースでも素晴らしいスタートを決め、速い馬を前に行かせて3番手集団の内側に控える。馬が外に逃げようとしていたのか、道中ずっと鞍上が内側に口を向けていたのでヒヤヒヤしたが、直線に向いて追い出すとしっかりと抜け出して優勝。着差はクビでも内容的には完勝だった。複数口出資している馬なので、この時期の勝ち上がりは非常に嬉しい。気性面がもう少し成長してくれれば今後オープン・重賞でも楽しみは十分ありそう。

◆9/27(土)札幌3R 3歳スーパー未勝利…◎ピーカブー → 6着
相変わらず442キロある割には相当細く見え、イレ込み気味なのもいつも通り。スタートは決して悪くなかったものの、ここ2戦で控える競馬をしたせいか、今日は大して速い流れでもないのにスピードに付いていけず惨敗。残念ながらこれで引退確定。

◆9/27(土)中山8R 3歳上500万下…○ローンジャスティス → 1着
前走で大幅に馬体が減っていただけに状態面が心配されたが、パドックでは首を大きく使ってキビキビと歩き、ここ一連では最高のデキ。ちょっとダッシュが付かない感じのスタートで馬群のやや後ろを進み、果たして届くのかと心配したが完全に杞憂。持ったままで3コーナー入り口では先団を射程圏に入れ、もったままで直線に向いて追い出すと力強く抜け出して完勝。勝ち時計こそ水準級でも、立ち回りが上手な馬なので昇級しても上位争いはできるはず。古賀先生はこの馬を芝向きと見ているそうで、今の状態なら確かに芝でも面白そう。
20080927_01

| | コメント (2)

2008.09.25

未勝利脱出の大チャンス

◆9/27(土)阪神2R 2歳未勝利…○レッドジール
前走入着馬は6頭で、これといった強敵は見当たらないが、前走は単騎でスムーズに逃げさせてもらってのもので、今回即勝てるかとなると疑問符が付く。とはいえハナを切らないとダメなタイプでもないし、スムーズに先行できれば好勝負は必至。3着は外さないと思う。

◆9/27(土)札幌3R 3歳スーパー未勝利…◎ピーカブー
ここは未勝利脱出の大チャンス。8頭立てと意外なほどの少頭数になり、スタートダッシュが抜群に速いこの馬にとっては願ってもない条件で、何が何でもハナを切れば結果は付いてくるはず。あとは当日の落ち着きと外枠が欲しい。

◆9/27(土)中山8R 3歳上500万下…○ローンジャスティス
前走マイナス10キロで今回中1週なだけに上積みは見込めないが、前走程度走れば勝てそうなメンバー構成なだけに、ここは期待が高まる。福島の未勝利戦で完敗したビッグスワンが相手か。

| | コメント (0)

2008.09.24

山元トレセン

9/6の新潟2歳未勝利戦を勝ち上がった後、ソエで一息入れられているイルドロールを見学しに山元トレセンへ行ってきた。
競馬場ではチャカチャカ落ち着きのないところを見せているけど、牧場見学の際はいつもすごく大人しくしていて、馬房に入っている時も行儀良くご飯を待っていた。心配されたソエの方も、明日から乗り運動が開始されるほどに回復しているそうで一安心。これならそう時間をおかずにレースへ復帰できそう。現在の馬体重は478キロとのこと。
20080923_01 20080923_02

トレセンの場内も案内していただいた。780mの直線坂路コースと1周1100mの周回コースがあり、ウォーキングマシンへ1時間入れた後、コースで毎日1~2本乗られているとのこと。坂路・周回コースともオールウェザー(ポリトラック)の馬場で、クッション性・水はけが非常に良く、その名の通り悪天候にも強いため、全休日を除き調教が休みになることは滅多にないとか。この山元トレセンは、仙台駅から40kmほど南に行った場所にあり、車では途中の道路に信号が多いため1時間20分ほどかかる。
20080923_03 20080923_04 20080923_05 20080923_06

| | コメント (0)

2008.09.23

キャロットクラブ申し込み書投函

キャロットクラブ2008年度募集馬の申し込み書を投函した。
希望馬は、先日の候補にアドマイヤサンデーを加えた計5頭。

◆1:スーヴェニアギフト
◆33:インディパレード
◆51:マミーズジュエリー
◆61:アドマイヤサンデー
◆66:ビューティテイスト

アドマイヤサンデーを加えたのは、兄姉が走っているし、既に募集口数を上回る申し込みを集め(566口)、そこまで人気があるなら申し込んでみようかなと思ったことと、ハズレたらハズレたで1.5次の申し込み権利が取れるからいいやという思惑による。会員数も増えているようだし、果たして今年の申し込み結果は如何に?

| | コメント (0)

2008.09.21

スーパー未勝利2着

◆9/20(土)阪神5R 3歳スーパー未勝利…◎キャトルマン → 2着
マイナス6キロと絞れて太め感はほぼ解消されていたが、中1週続きでさすがに前肢の出がゴトゴトしていた。ややダッシュがつかない感じのスタートを切り、外枠から押して先行策を取って5番手あたりに付ける。今日は1コーナーから反応が鈍く、鞍上に気合いを入れられつつ追走し、直線では先に抜け出した勝ち馬を交わすかの勢いだったが、並び掛けたところで逆に突き放されて5馬身差の2着となった。今日は勝ち馬が強すぎた感じもするが、先週々コースで500万を勝ったロールオブザダイスの時計とは2秒も差があり、再ファンドもしくは格上挑戦でこの馬が500万で勝ち負けできるかとなると疑問符が付く。

| | コメント (0)

2008.09.19

未勝利脱出に挑む

ここのところ大量出走が続いていたので、1頭だけだとちょっと寂しい感じ。

◆9/20(土)阪神5R 3歳スーパー未勝利…◎キャトルマン
前走入着馬が結構揃ってしまったが、持ち時計の比較で言えばこの馬は2番手にランクされる。反応は鈍いもののエンジンがかかってからの脚は目をみはるものがあるだけに、直線が長い阪神コースに替わるのは大プラスのはず。前走では割とスムーズに先行できたし、道中の反応もだいぶ良化してきたので、ここは勝ち負け必至。相手はサンデーヒストリー。今回勝てないと出られるレースがなくなってしまうが、この馬は500万下でも十分通用する実力があるため、負けたとしても再ファンド前提の地方転出となりそう。

| | コメント (0)

2008.09.18

キャロットクラブ2008年度出資候補馬選定(その2)

1次予選を通過した17頭を精査し、出資申し込み馬を下記のように絞り込んでみた。今年はユニオンオーナーズクラブでの出資を増やそうと思うので、キャロットクラブは例年より控えめにする予定。

(申し込み確定)
◆1:スーヴェニアギフト
◆33:インディパレード
◆66:ビューティテイスト

(悩み中)
◆51:マミーズジュエリー

------------------------------------------------------------------------
【1次予選通過の17頭】

◆1:スーヴェニアギフト
1歳馬にしては馬体が太いのだけが気になるけど、マイナス点はそれだけ。母系の底力に富んでいそうな血統と著名馬がズラリと並んだファミリーも魅力的で、この馬は文句なしに出資申し込みをしたい。

◆2:シアトルデライター
スーヴェニアギフトに比べると全体的に一回り見劣りするけど、こちらの方が頑丈そうなイメージ。ただし所属厩舎がちょっと気になるので見送り。

◆3:ライラックレーン
スラッとして綺麗な馬。ニジンスキーとヘイルトゥリーズンのクロスが気になるし、兄のフィフスペトルが2歳重賞を制覇したことによって値段が跳ね上がった印象で見送りたい。

◆6:ホワッツニュー
まだヒョロっとして全体的に幼い感じだけど、前後のバランスが良く見えるし、この値段はかなりお買い得に思える。でも大物感という点では物足りなさがあり、1次での申し込みはパス。

◆11:ササファイヤー
プラテアードの妹。キングカメハメハ産駒の割には早いうちから立派な馬格をしていて、血統面や全体的な馬体の作りから芝でも面白そう。ただし個人的にキングカメハメハ産駒に出資しすぎてるのでパス。

◆22:セメイユドゥヴォン
この馬も1歳馬にしては太めに見えるけど、それ以外に欠点が見当たらないのもスーヴェニアギフトと同様。ただしこれといって強烈に惹かれる点がないのも事実で、1.5次用の候補として取っておきたい。

◆29:ビワプランサー
評判の高いデュランダル産駒で、この時期にしては完成度の高い馬体をしているけど、ちょっと値段が高いのと、父系・母系の同系配合が気になって申し込みは見送りたい。

◆31:ローズバレッタ
トモ高なのは1歳のこの時期だから気にならず。でも初仔のせいかスクェプトオーヴァーボード産駒にしては小さく出たのが気になり、馬体の成長を待ちたいところ。1次での申し込みはパス。

◆33:インディパレード
これは良いと思います。早くも480キロある割には太め感が全くなく、胴長のゆったりした造りで、芝・距離ともにこなしてくれそうで、コストパフォーマンスは今年の募集馬の中でもかなり良さそう。申し込み確定。

◆35:スリリングヴィクトリー
日本ではまだ馴染みのない父だけど、血統的に日本の競馬への適性は高そう。全体的に悪くはないけどこれといって惹かれる点もなく、わざわざギャンブルする必要もないので申し込みは見送り。

◆39:ライクリーティナ
上品な馬体をしていて、いかにもシンボリクリスエスの仔といった感じ。もう少しトモに肉が付くと理想的。たぶん人気は集中しないと思うので、しばらく様子を見てから申し込みを検討したい。

◆51:マミーズジュエリー
カタログの写真では細く見えるけど、骨格がしっかりしているし馬体重も440キロあるので、今のところはこれでいいと思う。もう少し様子を見たい気もするので、申し込むかどうか迷っているところ。

◆52:タイキシフォン
スペシャルウイーク産駒にしては珍しくコロンとした馬体。活躍馬を多数出している母系に惹かれるけど、父・母ともにヘイルトゥリーズン×ニジンスキーという同系配合が気になるのでパス。

◆53:メインタイトル
なんか今年はスペシャルウイーク産駒が良く見える。こちらは父の特徴がよく出たスラッとした馬体で、まだトモの方が高くて成長が待たれるところ。申し込みは見送りたい。

◆61:ビスクドール
既に500キロを超えているほどの大型馬だけど、骨格や脚周りも含めて全体的に大きいため、つまらない怪我はあまり心配しなくて良さそう。ただしこの値段はいかにも割高で申し込みはパスしたい。

◆66:ビューティテイスト
遅生まれのせいか顔立ち・馬体ともまだ非常に幼いけど、400キロあるから決して小さすぎる馬体でもないし、日本に古くから根付いている母系なのもポイント高し。今年度募集馬の大穴。申し込み確定。

◆74:アスクレピアス
代々重賞勝ち馬を出している母系なのに、1200万という価格設定は非常に魅力的。ただし血統的にダートの方が向いてそうで、あまり食指が動かず申し込みは見送りたい。
------------------------------------------------------------------------

| | コメント (0)

2008.09.15

通算30勝目

◆9/13(土)札幌4R 3歳スーパー未勝利…△インディゴライト → 4着
太かった分がしっかり絞れて好気配。この距離で先行できるほどの脚はなく、道中は中団から。直線に向いてからはメンバー中1番の脚を使って4着に入るも、勝ち負けには一度も加われずただ流れ込んだだけといった感じで、特に惜しい内容でもなかった。これでもう未勝利戦には出られなくなり引退が確定しそう。ただこのレース、同日の500万条件より早い決着となり、この馬は500万でも5着には入っていた計算になる。

◆9/13(土)中山12R 3歳上500万下…△ソシアルグレイシー → 10着
理想的な最内枠を引いたので密かに期待していた。パドックの気配は太くもなくいつも通りいい雰囲気で、ちょっとうるさい面を見せるのもいつも通り。レースでは、互角にスタートを切ったのにスピードに付いていけないような感じで後方集団に位置してしまう。開幕週でこの位置取りは非常に辛く、あとは一度もいい脚を見せることなく10着に終わった。距離が長い上に開幕週で高速決着になったのが響いたか。距離短縮での巻き返しに期待。

◆9/14(日)阪神4R 3歳スーパー未勝利…×アースグラヴィティ → 9着
前走からマイナ4キロとほとんど絞れず。馬体そのものは良く見えるがまだ気合い不足の印象で、レースでもダラッと1周回ってバテた馬を交わすだけの9着となった。芝でもダートでも追走に苦労していたことから、南半球産で半年遅生まれのハンデを差し引いても、仮に再ファンドを目論んだとしても厳しいとしか言いようがない。

◆9/14(日)中山8R 3歳上500万下…▲ローンジャスティス → 2着
マイナス10キロ。もともと脚が長い馬なので余計にスラッと見えたが、福島の時とは打って変わって、この日は気合い十分でパドックを周回していた。レースではちょっと出脚がつかないような感じでハナには立てず、3番手のインに位置する。早々と3コーナーから手応えが怪しくなり、直線ではズルズルと大敗しそうな雰囲気だったが、そこからは最後まで諦めずに一旦は突き放された逃げ馬を交わして2着でゴール。1:54.4という走破タイムは土曜日の同条件なら勝っている計算で、これなら500万条件卒業は時間の問題。あとは馬体減の反動がないのを祈るのみ。
20080914_01 20080914_02

◆9/15(月)札幌1R 2歳未勝利…△ガリアーノ → 11着
ガサのない馬だけにマイナス8キロは減点材料だが、前走以上に気合いの入った雰囲気でパドックを周回していたのは好材料。レースではまたダッシュが付かないような感じで後方から。距離延長でここからの差し脚を期待したところ、結局は終始後方のまま全く良いところなくレースが終わってしまった。距離延びて良さそうなレースぶりでも、実際に延長してみたら全然ダメというのはティフィンと一緒で、広いコースに替わっての変わり身を期待するしかないか。。。

◆9/15(月)札幌2R 3歳スーパー未勝利…×ハートアンサンブル → 9着
最内枠でソロっとしたスタートを切り、1コーナーでは最後方に位置する。もうこの時点でレースは終了し、あとはバテた馬を交わしただけでゴールイン。これが3戦目だったがレースぶりに全く進境が見えないまま引退が確定してしまった。

◆9/15(月)阪神1R 2歳未勝利…▲レッドジール → 2着
実馬を見るのは今回が初めて。プラス10キロは全て成長分で、募集時のカタログで見たままの惚れ惚れするような好馬体の持ち主。いい気合い乗りでこれは好走間違いなしと期待が膨らんだ。レースでは好スタートを決めてスッとハナに立ち、後続を終始1馬身ほど離して逃げの手に出る。理想的なペース配分で4コーナーから直線に向き、余力十分に突き放した時は勝ったと思ったが、鋭く差し込んで来た勝ち馬にクビ差交わされたところがゴールイン。今日のところは相手が悪かったと言いたいところだが、今回のような注文通りの競馬をさせてもらえるかは疑問。
20080915_01 20080915_02

◆9/15(月)阪神6R 3歳上500万下…▲ロールオブザダイス → 1着
連闘後の中2週で調教も冴えなかったため状態面が心配されたが、パドックでは踏み込みも力強いし馬体を大きく見せ、今まで見た中で一番いい雰囲気だった。好スタートを決め、逃げ馬の外から2番手に並びかける展開。もうあとは逃げ馬を交わすタイミングを図るだけで、直線に向いて3頭が横一線に並んでから追い出すと力強く抜け出して優勝した(これで出資馬通算30勝目となった)。馬群を苦にしないタイプだし立ち回りも上手なので、1000万に昇級してもソコソコやってくれそう。
20080915_03 20080915_04

| | コメント (0)

2008.09.12

キャロットクラブ2008年度出資候補馬選定(その1)

今年のキャロットクラブの募集馬は、関東所属馬にいい馬が揃った印象で、例年以上に出資候補馬選定が難しい。昨年のように、4つの条件を挙げて3項目以上クリアした馬の中から申し込み馬を絞り込んでいきたい。
(馬を見るのは全くの素人だけど、出来得る範囲で良い馬を選ぼうとしてるので、暖かい目で見守ってください)

------------------------------------------------------------------------
【歩様】
DVDを見て、前肢の出がスムーズで後肢の踏み込みが力強いと好印象。ただし前肢がゴツゴツしていてもダート馬なら全然気にする必要はない。逆に後肢の可動域が狭くてチョコチョコ歩いているようだと、芝・ダートの区別なく大幅減点。

【馬体】
横からの立ち姿はカタログの写真で、前後からの立ち姿はDVDでチェックした。完全に好みで印を付けただけ。前後のバランスを最重要視し、どちらかと言えば筋肉質の馬の方が好みだが、ボテっとした感じの馬は逆に嫌い。馬体に大きな欠点があると減点。

【母齢】
唯一客観的と言える項目。高齢出産だと産駒の体質が弱いケースが多く、なるべくなら母馬が若い時期に出生した馬の方が良い。出生時の母馬の年齢が10歳以下なら○で、かつ第2仔~第3仔なら◎。15歳以下は△、16歳を超えていると×。

【厩舎】
リーディング上位の騎手に騎乗依頼することが多かったり、好調時にはガンガン使って不調時に色々と試行錯誤してくれたり、少しでも馬にとって条件の良いレースを選んでくれる厩舎はポイント高し。
------------------------------------------------------------------------

今年度の募集馬を上記の4項目でチェックしてみたところ、このようになった。
4項目のうち3項目以上で○が付いた、下記の17頭が私的1次予選通過馬になる(続きはまた後日)。

【1次予選通過の17頭】
1:スーヴェニアギフト
2:シアトルデライター
3:ライラックレーン
6:ホワッツニュー
11:ササファイヤー
22:セメイユドゥヴォン
29:ビワプランサー
31:ローズバレッタ
33:インディパレード
35:スリリングヴィクトリー
39:ライクリーティナ
51:マミーズジュエリー
52:タイキシフォン
53:メインタイトル
61:ビスクドール
66:ビューティテイスト
74:アスクレピアス

【今年度募集馬:4項目のチェック表】

番号 募集馬名 歩様 馬体 母齢 厩舎
1 スーヴェニアギフト
2 シアトルデライター  
3 ライラックレーン  
4 レッドヴェルベット  
5 アズサユミ  
6 ホワッツニュー  
7 メインスルー    
8 サダムブルーアイズ    
9 プレシャスラバー    
10 サマーベイブ    
11 ササファイヤー  
12 レディブロンド    
13 ソニックグルーヴ   ×
14 ルカダンス      
15 フレンチバレリーナ    
16 レディフェアリー  
17 ベガスナイト      
18 プレラット    
19 リアリーハッピー    
20 シーセモア    
21 ゲイングローリー      
22 セメイユドゥヴォン  
23 シュガーキャンディ    
24 シーズアン    
25 サドラーズメイド   ×  
26 インディゴワルツ      
27 エラドゥーラ    
28 ボンヌシャンス      
29 ビワプランサー
30 カメリアローズ      
31 ローズバレッタ  
32 タイキナタリー      
33 インディパレード  
34 マリアマッジョーレ      
35 スリリングヴィクトリー  
36 サクラファビュラス     ×  
37 プリンセスカーラ  
38 ラプーマ    
39 ライクリーティナ  
40 ホワットケイティーディド     ×  
41 ローザネイ     ×
42 ケイティーズファースト   ×
43 ハルーワソング    
44 ポトリザリス  
45 フリードリームズ    
46 トゥザヴィクトリー  
47 スーパーバレリーナ    
48 シーザリオ × ×
49 ピノシェット      
50 ブロードアピール  
51 マミーズジュエリー
52 タイキシフォン  
53 メインタイトル  
54 グレイトフィーヴァー    
55 アドマイヤマカディ     ×
56 ソニンク    
57 タイキポーラ    
58 ステラファンタジー    
59 キョウエイマーチ  
60 プアプー      
61 ビスクドール  
62 アドマイヤサンデー    
63 プリティジョディー    
64 トキオジュリア      
65 アフタービート      
66 ビューティテイスト  
67 ヘイアンリリー     ×  
68 ミレニアムポップ      
69 フサイチケリー    
70 スキッフル    
71 スペクタクルライフ      
72 オレゴントレイル      
73 オーソードレッシイ    
74 アスクレピアス
75 シャドーウィップ      
76 アーティストチョイス    
77 マイティーダンサー      
78 ヴードゥーレディ    
79 カクタスベル    

| | コメント (2)

2008.09.11

3頭がラストチャンスに賭ける

先週を上回る8頭が出走する。うち3歳未勝利の3頭は、今回勝てないと引退が確定してしまう。

◆9/13(土)札幌4R 3歳スーパー未勝利…△インディゴライト
レース数が少ない芝の短距離戦だけにかなりの好メンバーが揃うかと思いきや、フルゲートにもならず意外と拍子抜け。前走は芝に替わってレースぶりが良くなったものの、それでもまだ勝ち負けに加わるまでは行かず、今回も全く楽観視はできないが、スンナリと先行できた場合など展開次第では上位争いに加われる可能性がある。今回が未勝利戦出走のラストチャンスで、勝てないと引退が確定する。

◆9/13(土)中山12R 3歳上500万下…△ソシアルグレイシー
しっかりと稽古は積まれているが、4ヶ月ほど休んだのになかなか馬体が増えてこないらしく、しかも今回は距離延長で条件的には結構厳しいものがある。ただ、メンバーを見渡すと回ってくるだけの馬も多く、これなら掲示板には載れると思う。中山芝1600mだけに何としても内枠が欲しい。

◆9/14(日)阪神4R 3歳スーパー未勝利…×アースグラヴィティ
前走は砂を被った途端に頭を上げて嫌がってしまい、1着とは3.6秒差の大惨敗を喫した。血統的にも芝の方が向いているはずだし、この条件なら前走よりは頑張ってくれそうだが、いかんせんその前走時は馬体がまだまだ太かったので、どこまで絞れてくるかがカギとなる。ガラリ一変もあり得なくはないが、常識的にはせいぜい掲示板の下の方か。この馬も今回がラストチャンスとなる。

◆9/14(日)中山8R 3歳上500万下…▲ローンジャスティス
12頭と手頃な頭数で抜けた馬も見当たらない混戦。時計の比較ではこの馬も十分勝ち負け可能で、前走にしても終始外を回る強気の競馬で4着だったことから、もう少しスムーズに立ち回れば前進は必至。余程のことがない限り掲示板は外さないと思う。

◆9/15(月)札幌1R 2歳未勝利…△ガリアーノ
中1週・中1週で使ってきた。過去2走とも前半は置いて行かれるようなレースぶりで、終いは詰めていることから距離延長は良い方に出そうだが、切れる脚を使ったわけでもなく、まだ勝ち負けするには物足りない印象。とはいえメンバーは前走よりも軽くなっており入着は可能なはず。札幌ではなく広い競馬場で使って欲しい。

◆9/15(月)札幌2R 3歳スーパー未勝利…×ハートアンサンブル
過去2走とも馬場を1周回ってきただけのレースぶりだが、前走で手綱を取った武幸四郎騎手によると「外枠を引いてスンナリ行ければ何とかなると思います」とのことで、スタートさえスムーズなら意外と良いところがあるのかもしれない。でも今回、武幸騎手が乗ってくれない時点であまり説得力がなく、非常に厳しいと言わざるを得ない。ここで勝てないと引退が確定する。

◆9/15(月)阪神1R 2歳未勝利…▲レッドジール
デビュー戦の前走は入厩してから3週間でレースに使われ、いかにも中身が出来ていない印象だった。その前走は1着がツルマルジャパン(OP勝ち+小倉2歳S3着)・2着がセイウンワンダー(新潟2歳S勝ち)という今にして思えばすごいメンバー構成で、じっくりと調整されて調教でもロールオブザダイスをアオッた今回は巻き返し必至。

◆9/15(月)阪神6R 3歳上500万下…▲ロールオブザダイス
こちらも10頭と手頃な頭数になった。調教の動きがイマイチで出走を来週に延期するはずが、何故かやっぱり今週使われることになり、臨戦過程に疑問符は付く。とはいえ、ここのところレースぶりがすっかり安定してきたし、決め手を生かすタイプのこの馬にとって、コースが阪神に替わるのも好材料で、各馬の力関係を見渡しても上位3番手以内にはランクされる。

| | コメント (0)

2008.09.08

キャロットクラブ2008年度募集馬

キャロットクラブ2008年度募集馬カタログが先週末に届いた。
1ヶ月ほど前の請求書に同封されていた募集馬リストを見た段階では、例年と代わり映えしない父系の馬ばかりで食指が動きそうになく、今年からは面白い馬が多いユニオンオーナーズクラブに鞍替えしようかと思っていた。ところが届いたカタログとDVDを見たら、これがまた惚れ惚れするような立ち姿・歩様をしている馬が多くてビックリ。
まだ精査は終わってないけど、下記の6頭が良く見えた。中でもスーヴェニアギフトの07は予定厩舎・血統も含めてケチの付けようがないほど魅力的で、この馬だけは文句なしに申し込み確定。
 ・1:スーヴェニアギフトの07(父アグネスタキオン)
 ・5:アズサユミの07(父シンボリクリスエス)
 ・6:ホワッツニューの07(父シンボリクリスエス)
 ・33:インディパレードの07(父ゴールドアリュール)
 ・39:ライクリーティナの07(父シンボリクリスエス)
 ・42:ケイティーズファーストの07(父フジキセキ)

エアグルーヴの孫にあたる注目のソニックグルーヴの07(父スペシャルウイーク)は、競走馬になれなかったお母さんの脚が遺伝してしまって残念。さすがに2000万(一口5万)と安価に設定されたけど、申し込むのはかなりのギャンブル。

| | コメント (0)

2008.09.07

夢が広がる勝ち上がり

結局日曜日も新潟競馬場に滞在し、スウェプトアウェイとキングスデライトの応援&写真撮影をしてきました。

◆9/6(土)新潟2R 2歳未勝利…△イルドロール → 1着
相変わらずパドックではチャカついていたが、だいぶマシになっていて、状態面も一連のデキをキープしていた印象。レースでは今回も良いスタートを決めると、少しだけ抑えるような感じで4番手に位置する。ちょうど前を行く3頭に囲まれるような形になったおかげでピッタリ折り合い、良い手応えで4コーナーを回ってきて、直線で最内に進路を取った時は新潟最終週の荒れた馬場に入ってしまったかと一瞬焦ったが、過去2戦のモタつきが嘘のような鋭い伸びを見せ、好内容での嬉しい初勝利を挙げてくれた。結果的にはやはり芝の方が向いていたようで、この早い時期に勝ち上がってくれると重賞にも挑戦するチャンスがあるし、いろいろと夢がふくらんでこの先が非常に楽しみになった。まずは連戦の疲れを癒して欲しい。
20080906_01 20080906_02 20080906_03 20080906_04

◆9/7(日)新潟2R 3歳未勝利…×スウェプトアウェイ → 10着
馬体そのものはよく見えたけど、いかんせんまだかなり太い。初出走だけにパドックで物見をしていたものの、うるさいところは全く見せず落ち着いて周回していた。レースでは、ゲートはポンと出てくれたがスピードに付いていけないような形でズルズル下がり後方から。水が浮くような不良馬場で外々を走りづらそうに回ってきて、そこからも特に伸びることなく10着で入線した。完全にスピード不足の印象で、あと1ヶ月の期限内に馬体が絞れたとしても、中山ダート1800m戦に回った方がまだ可能性はありそう。
20080907_01 20080907_02 20080907_03 20080907_04

◆9/7(日)小倉3R 3歳未勝利…×スマックガール → 11着
新潟競馬場のモニタで観戦。キッチリ仕上がってキビキビとパドックを周回し、好気配に見えた。今日はスタートを決めて前の方に行こうとするが、先行集団に馬が殺到して7番手あたりにつける。馬群の外に位置して3コーナーから徐々に進出を図ったが、強気に外を回しすぎたせいか直線では伸びを欠いてしまい11着に終わった。これでもう出られるレースがなくなり、再ファンドするほどの良績も残していないことから引退が確定しそう。

◆9/7(日)札幌3R 3歳未勝利…×ピーカブー → 8着
連闘でもいつもよりはイレ込みもマシで、マイナス4キロなら許容範囲。未勝利戦にしては異様なほどの好メンバーが揃ってしまったが、好スタートを決めて特に押していくわけでもないのにスンナリと2番手に付ける。ところが押して前へ行かなかったのが完全にアダとなり、外からどんどん前に来られて3コーナーでは中団の位置になってしまい、そこから切れる脚を見せられるはずもなく伸びあぐねて8着に終わった。1000m戦だけに、勝つためには何が何でも行き切らないとダメで、この馬とは鞍上の相性が悪い。もし仮に出られるようなら、スーパー未勝利は芝の短距離もいいかもしれない。

◆9/7(日)小倉6R 3歳未勝利…△キャトルマン → 2着
中1週で小倉までの輸送があって、ちゃんと追い切られてるのにマイナス2キロ。なかなか馬体重が減ってこないが、モニタでパドックの様子を見た感じでは太め感はだいぶ解消された印象で、動きも良化している。今日もスタートそのものは良く、押して先行策を取って2番手グループの内でレースを進める。向正面で少し気合いを入れられていたが、今日は手応え良く追走でき、4コーナーでは内が開かずに追いづらい面もあったが、ジリジリと伸びてきて2着で入線した。最内にこだわったので結果的に仕掛けが遅くなってしまったが、これは仕方なし。この内容なら次走のスーパー未勝利で何とかなりそう。

◆9/7(日)新潟9R 瓢湖特別…×キングスデライト → 16着
朝から嫌がらせのような豪雨で不良馬場。もうこうなると馬場を回ってくるだけで、向正面までは先行グループの一団に付けていたが、3コーナーではお役御免の16着。調教時計の通り、パドックでの気配も良かっただけに残念。パンパンの良馬場なら展開次第ではまた出番がありそう。
20080907_05 20080907_06 20080907_07 20080907_08

◆9/7(日)札幌11R 摩周湖特別…◎スピリタス → 1着
中1週で疲れが心配されたが、相変わらず馬体の張りが素晴らしい。上手いこと内側の3番枠を引いて、今日はスタートも良かったが敢えて控える形で後方から2番手に位置する。圧倒的な人気を背負っていただけにヒヤヒヤしたが、3コーナー過ぎから鞍上がGOサインを出すと、大外から矢のような伸びで豪快な差し切り勝ちを収めた。3歳の夏に実質トップハンデで古馬混合1000万特別を圧勝するのは並の馬でできる芸当ではなく、まだ連を外していないし、このまま無事に行ってくれれば相当な活躍が見込める。頭数の割にレース数が少ない準オープンを、いかに早く卒業できるかがカギになりそう。

| | コメント (2)

2008.09.05

大挙7頭が出走

今週は過去最多となる7頭が出走する。土曜日はイルドロールの応援に新潟へ行くとして、問題は日曜日。そのまま新潟に滞在してキングスデライトとスウェプトアウェイを応援してもいいが2頭ともあまり脈がないため、まだ実馬を見たことがないスマックガールとキャトルマンを応援しに小倉へ行くという手もあり、ちょっと悩ましいところ。

◆9/6(土)新潟2R 2歳未勝利…△イルドロール
中1週・中1週での3戦目。過去2走とも、スタートしてすぐの芝で抜群のダッシュを利かせていることから、芝替わりは好材料だと思うが、直線でパッタリ止まるレースを繰り返したことから今回は抑える競馬をするとのことで、上がり勝負になりがちな新潟では抑えることがかえって仇になりそうな気もする。これだけキツいローテーションでもしっかり坂路で追われていることから、状態面は何ら問題なさそう。

◆9/7(日)新潟2R 3歳未勝利…×スウェプトアウェイ
これがデビュー戦。菊花賞2着馬アルナスラインの弟(ティフィンの兄でもある)。大型馬のせいか常にどこかしら痛いところがあってスクミやすく、今回も歩様がゴトゴトで決して万全の状態とは言い難く、パンク覚悟での出走となるようだが、血統的にはダートの短距離戦が一番向いていそうで、今回は最適条件ではあるはず。何とか先行策が叶わないものか。着順に関わらずスーパー未勝利戦の出走資格は持っているので、何とか次に繋がる競馬をして欲しい。

◆9/7(日)小倉3R 3歳未勝利…×スマックガール
強運なことに未勝利戦最終週での出走が叶った。ただし今回は1800mへの一気の距離延長となり条件的には苦しいが、水準級の時計を持っている馬がアルモニー1頭しか見当たらず、ダッシュ力のないこの馬にとって距離延長がプラスに出る可能性もあり、チャンスが皆無でもなさそう。陣営は「スタートを決めて前々で競馬ができれば勝ち負けだと思います」とのこと。既に6戦を消化しており、今回は5着以内に入らないと引退確定となる。

◆9/7(日)札幌3R 3歳未勝利…×ピーカブー
連闘での出走となる。引き続き横山典騎手に乗ってもらえるのは嬉しいが、前走で大きな差を付けられたコウヨウサルートも連闘でここに出走してきたほか、12頭中10頭までもが前走5着以内の優先出走権を得てエントリーしていて、前走の走破時計より1秒以上は短縮しないと勝ち負けに加われない計算。今回が5戦目なのでスーパー未勝利戦の出走資格は既に持っている。

◆9/7(日)小倉6R 3歳未勝利…△キャトルマン
こちらも中1週続き。大型馬のせいか非常に反応が鈍く、3コーナーでは完全に置いて行かれるがそこから驚異的な盛り返しを見せる競馬が続いている。小倉よりも広いコースが向いているのは明らかで、ここを叩いて狙いは阪神のスーパー未勝利戦といった感じだが、持ち時計で比較しても掲示板圏内は確保できそう。この馬も着順に関わらず続戦が可能。

◆9/7(日)新潟9R 瓢湖特別…×キングスデライト
速い上がりが求められる新潟コースはこの馬にまるで合わないと思うが、新潟2400mなら内回りで直線が短いため、スムーズに平均ペースで先行できた場合など、展開次第では上位争いができるかも。2400m戦では珍しくフルゲートになったし、天気が怪しいのも道悪がカラッ下手なこの馬にとってマイナス材料。調教内容から判断して、状態だけは文句なしに良いはず。

◆9/7(日)札幌11R 摩周湖特別…◎スピリタス
珍しく順調に中1週で出走する。上手いこと土曜日の層雲峡特別とメンバーがバラけたし、昇級戦のここに入っても決め手は大威張りできるため、順当に勝ち負けできそう。馬群を苦にしないタイプだし、内枠を引ければ更に期待が高まる。実質的にトップハンデなのが懸念材料。もし今回スンナリ勝てるようならオープン・重賞級の活躍が見込める。

| | コメント (2)

2008.09.04

ユニオン・オーナーズクラブ

北海道日高地区にある牧場が母体の一口馬主クラブ、「ユニオンオーナーズクラブ」に入会した。社台系の牧場ではお目にかかれないような非常に面白い血統の募集馬が多く、しかも募集価格が手頃なのも魅力で、まず第1弾として均整の取れた馬体のフォースエネミーの07(父キングヘイロー:牝1歳)と、異系の父と日本古来の血脈が母系に詰まったスウィートエルフの07(父シルバーチャーム:牡1歳)の2頭に出資してみた。

今年はキャロットクラブの1歳募集馬に魅力的な馬があまり見当たらず出資口数がかなり少なくなりそうなので、このユニオンでは珍しい血統の馬を中心にあと2~3頭ほど出資する可能性がある。ただ、このクラブはやはり育成面に一抹の不安があるのと、入厩予定の厩舎が社台・キャロット・東京サラブレッドクラブに比べると見劣りするのが難点で、そのあたりが成績にどう響いてくるか。

| | コメント (0)

2008.09.03

後藤騎手サイン入りゼッケン

7/13の福島競馬で優勝したローンジャスティス号の後藤騎手サイン入りゼッケンが、東京サラブレッドクラブからのプレゼント賞品として届いた。優勝時の記念撮影は自分1人だけだったし、良い記念になりました。クラブの皆さんありがとうございます。
0713

| | コメント (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »