« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008.08.31

勝ち負けには加われず

◆8/30(土)札幌3R 3歳未勝利…△ピーカブー → 4着
プラス22キロと増えていたがまだ細く見えるくらい。相変わらずうるさい面を見せていて気性面での成長も物足りず。好発を決めるも積極的には行かず4番手に控える形。速い流れで競り合っていた前の2頭とは4コーナーの時点で絶望的な差をつけられ、最後はソコソコの脚を使って4着で入線した。バテずに回ってきたのは収穫と言えるが、走破時計は褒められたものではなく、ラストチャンスとなるスーパー未勝利戦で勝ち上がれるかとなると非常に微妙。

◆8/30(土)小倉6R 3歳未勝利…×アースグラヴィティ → 13着
馬体そのものは良く見えても、あと20キロは絞れそうな体つき。レースでは、スタート自体はさほど悪くなかったが外に膨れたこともあり後方から。1コーナーで前の馬が蹴り上げた砂を被ると、頭を上げて嫌がってしまい最後方に下がってしまう。こうなるともうレースに参加するのは厳しく、1周回ってきただけの13着に終わった。あと1回のチャンスで激変できるか?

◆8/31(日)札幌1R 2歳未勝利…△ガリアーノ → 5着
前走よりは少し気合いが入った雰囲気でパドックを周回していた。ちょっとダッシュが付かないような感じで後方からの競馬となり、せっかくの最内枠を生かせず。そこからは終始内ラチ沿いを走り、ジリジリと差を詰めて5着で入線した。この後は一息入れられるらしいが、タニノギムレット産駒だけに京都・阪神の広いコースが向いてそう。

◆8/31(日)札幌11R 知床特別…△ロックバルーン → 9着
パドックでは過去2走と同様に落ち着いて見えたが、前肢がゴトゴトしてるのも相変わらず。レースでは控える形で後方から3番手くらいに位置するも、そこから1回も脚を使えずにバテた馬を交わしただけの9着に終わった。ペース自体も速くなく、時計も平凡だっただけにこの結果は残念。もしかしたらダートの方がいいのかも?

| | コメント (0)

2008.08.29

今週末は引きこもり

今週は競馬場に行かず家に引きこもりながらグリーンチャンネルで出走馬を応援する予定。ちなみに毎週の出走馬に付けている印の意味は以下のような感じです。
 ◎…ここは1着を期待
 ○…複勝圏内(3着)は外さない
 ▲…アテにできないが一発大駆けの可能性がある
 △…掲示板争い(5着以内)には加われる
 ×…馬券対象になるのは無理でほぼ回ってくるだけ

◆8/30(土)札幌3R 3歳未勝利…△ピーカブー
ガサのない馬だけに当日輸送のない札幌の滞在競馬は間違いなくプラスのはず。入厩直前には460キロまで馬体が増えてパワーアップしていて、前進はできそうな雰囲気。鞍上が大幅に強化されているし、テンに速いが終いが甘くなるこの馬にとって距離短縮も好材料。過去3走の内容からはとても強気になれないが、可能性は秘めている。

◆8/30(土)小倉6R 3歳未勝利…×アースグラヴィティ
南半球産馬で半年の遅生まれの不利があり、体質も弱かったためデビューがここまで遅くなってしまった。坂路での時計がなかなか詰まらず、ラスト1ハロン14秒を切れないこともある現状では、勝ち負けはほぼ無理筋。1回使っての変わり身に期待するしかないが、大外枠を引けたのでスムーズな競馬ができそうなのはプラスか。

◆8/31(日)札幌1R 2歳未勝利…△ガリアーノ
前走入着馬ばかりで意外とメンバーは揃ってしまったが、スタート直後にコーナーのある札幌芝1500mで大外枠を引きながら差のない競馬をしており、この馬も一応勝負圏内には入っている。一度使われて調教のタイムも良くなっているし、ここは内枠を引いて前進を期待したい。

◆8/31(日)札幌11R 知床特別…△ロックバルーン
特別戦だけあってかなり強い相手が揃った。各馬の時計の比較がしづらいが、デビュー戦でモマれながらも馬群を割ってきたこの馬のセンスからすれば、札幌の小回りコースは苦にしないはずで、上位争いに加わる資格はある。先週勝ったスピリタスの2着だったコンプトゥスが強敵。

| | コメント (0)

2008.08.24

5頭とも掲示板に載る

今週はニードルポイントとスピリタスが強い競馬で勝ち上がり、今後が非常に楽しみになった。期待のイルドロールはスタートが良すぎて速い流れに加わってしまったのがかえって仇となった感じ。

◆8/23(土)新潟9R 柏崎特別…◎ニードルポイント → 1着
いつものようにちょっとチャカつき気味でもパドックの外めをキビキビ歩いて気配は良好。先頭グループを後ろから見る形で中団に付ける。3コーナーから馬群の外を回して正攻法の競馬に出て、あとはキッチリと前を差し切り完勝した。同日の準オープンより0.1秒速い勝ち時計は優秀で1800mの距離も全く問題なく、もちろん昇級しても即勝ち負けできる。中山コースは合わなそうなので次走は阪神になるかも。

◆8/23(土)札幌10R 石狩特別…○スピリタス → 1着
グリーンチャンネルで観戦。馬体重は変わらなくても珍しく落ち着いていて好仕上がり。スタート直後から少し行きたがっていたのか手綱を絞り気味で中団に付ける。他の馬が向正面で上がっていっても動じず、3コーナーに入ってから絞っていた手綱を放すとそこからは解き放たれた矢のような伸びで、4コーナーで一気に先頭を捕らえて圧巻の差し切り勝ち。走破時計自体は平凡でも、札幌の芝で上がりが34.2秒なら大威張りできる。この馬、実は相当強い可能性も。

◆8/24(日)新潟2R 2歳未勝利…○イルドロール → 5着
中1週でプラス2キロは好材料も、パドックでの気配は前走と全く変わらず終始チャカつき、本馬場に出てもうるさい面を見せていた。心配されたゲートは落ち着いていて意外にも好スタートを決め、苦もなくスッと先行して先頭から半馬身差の2番手に付ける。ダート短距離戦の勝ちパターンなのでもう後は大船に乗った気でレースを見ていたが、直線に向いてからは前走と同様に全く伸びず、前の馬が蹴り上げる砂を嫌がってしまい5着に終わった。スタート地点の芝でのダッシュが抜群だし、前脚の捌きが非常に軽いので芝の方が良さそう。
20080824_01 20080824_02 20080824_03

◆8/24(日)小倉6R 3歳未勝利…△キャトルマン → 4着
中1週でプラス2キロと全く絞れず見るからに太く、パドックでも完全に気合い不足。気合いを付けて先行させようとするが反応が鈍く7番手くらいに付ける。向正面から早くも鞍上の手が激しく動き、ズルズルと後退し始めて3コーナーではムチを連打され大惨敗の気配が漂っていたが、そこから驚異的な盛り返しを見せていい脚で流れ込み4着に入った。優先出走権が取れたのであと2回レースに使えるし、馬体が絞れれば何とかなりそうな気がする。中1週で小倉を使って馬体を絞り、阪神ダートのスーパー未勝利戦に賭けるのが理想的。

◆8/24(日)小倉11R 豊前特別…△ロールオブザダイス → 4着
連闘のせいか前肢の捌きがちょっと固めだったが許容範囲で、マイナス4キロも全く気にならない。好スタートを決めても行く気を見せずに6番手くらいに位置する。時々鞍上に気合いを入れられながらインコースを回って前走のように内を突いたが、直線に入ってから前が詰まって脚を余した形になり、追い出せたのは最後の100mくらいだがこれは仕方なし。常に自分の力は発揮できているし、馬群を全く苦にしないのは心強く、このレースぶりなら500万条件卒業も近そう。

| | コメント (4)

2008.08.22

この夏4回目の新潟

今週はイルドロールを応援しに新潟へ行ってきます。この夏4回目の新潟です。ヘタすると再来週あたりにも行くかも。

◆8/23(土)新潟9R 柏崎特別…◎ニードルポイント
1000万特別で3回連続3着していて、その時に負けた馬が準オープンでも好勝負を演じており、今回くらいの相手だったら勝ち負けしてもらわないと困る。新潟のような直線の長いダートは向いているはずだけど、得意距離からは200m長いため、あまり強気の競馬をしすぎるとゴール前で甘くなってしまう可能性も。相手はマルブツセンター1頭のみ。

◆8/23(土)札幌10R 石狩特別…○スピリタス
先週の1500m戦に出たかったところだけど、前走の1800m戦では正攻法のレースをして僅差の2着だったことから、距離は問題ないはず。降級馬が3頭いて楽なレースにはならないだろうけど、決め手ならこのメンバーでも最上位なので、何とか頑張って欲しい。ここを勝つようならこの先がグッと楽しみになる。

◆8/24(日)新潟2R 2歳未勝利…○イルドロール
芝のレースに回ることも検討されたものの、中1週で再度ダート戦に出走することになった。前走はゲートでの反応が鈍くて出遅れてしまったが、スッと先団に取り付ける脚があるのは大きな武器で、スタートさえマトモなら何とかなるはず。厩舎では相変わらずうるさい面を見せているらしい。

◆8/24(日)小倉6R 3歳未勝利…△キャトルマン
前走のデビュー戦では、いかにも使われてからという馬体・レースぶりで、中1週の今回は上積みがありそう。各馬の持ち時計から判断すると平凡なメンバー構成で、上手く先行できるようなら掲示板以上もあり得る。ここで5着以内に入っておけば、あと2回レースに使えて勝ち上がれる可能性が高まる。

◆8/24(日)小倉11R 豊前特別…△ロールオブザダイス
小倉に滞在しているわけでもなく謎の連闘だけど、間隔を詰めて使っても問題ないタイプなのも確かなところ。前走はインを上手く立ち回れた面が大きく、今回は500万条件卒業当確メンバーが揃ってあまり強気にはなれないが、それでも力関係から5番手以内にはランクされる。後ろの方から差す競馬が理想的。

| | コメント (2)

2008.08.17

道悪に泣かされて

土曜日は大雨の予報が出ていて、道悪を大の苦手としているキングスデライトの好走は厳しいと見て、結局小倉競馬場には行かずに自宅で観戦した。案の定というか何と言うかズブズブの9着に終わった。

◆8/16(土)札幌4R 2歳新馬…△ガリアーノ → 5着
馬体そのものはスッキリ見せていたが気合い不足の印象。スタートしてすぐコーナーがある札幌1500m戦で大外枠というのは絶大な不利で、ちょっとダッシュがつかないような感じで中団の後ろを追走する。それでも徐々に進出して4コーナーでは先頭を射程圏に入れるが、前を行く馬と脚色が一緒になってしまい5着で入線した。それでも1着馬とは僅差で、広いコースに替われば勝ち負けに加われそう。

◆8/16(土)小倉11R 久留米特別…△ロールオブザダイス → 2着
前走で大きく減らしていた馬体が回復して好気配。もうこの時点である程度の好走は約束されたようなもので、好スタートを決めたが積極策はとらずに3番手集団の中に位置する。終始内側の経済コースを通って4コーナーを回り、ちょうど前が開いたところで追い出すも、先に抜け出した馬を交わせず、更に内側から伸びてきた馬に差されて3番手で入線した(1位入線馬が降着となり2着に繰り上がり)。今日のところは巧く立ち回れた鞍上の手腕が大きく、次走も即勝ち負けできるかとなるとちょっと疑問。

◆8/16(土)小倉12R 3歳上500万下…◎キングスデライト → 9着
ここ最近の気配と全く同様で歩様もスムーズ。ところがこの馬が大の苦手としている道悪になってしまい、こうなるといくら相手が弱いからといって好走は無理筋。道中は3番手につけるも、ペースが上がった3コーナーで付いて行けなくなる形でズルズル下がり、9着と大敗した。雨が降っただけでもダメなのに、不良馬場では仕方なし。

◆8/17(日)札幌2R 3歳未勝利…×ハートアンサンブル → 10着
前走と全く変わらずボケっとした感じでパドックを周回し、馬体もまだ絞れる感じ。よそ見している時にスタートを切られて後方からの競馬。1コーナーから早くも鞍上に気合いを入れられてるのも前走と同様で、あとは1周回ってきただけで、1着とは3.1秒差の10着だった。スーパー未勝利戦への出走資格は持っているが、あと1ヶ月で激変することも考えづらく、引退の可能性が濃厚。

◆8/17(日)小倉6R 3歳未勝利…○スマックガール → 9着
馬体をスッキリ見せて落ち着きもあり好気配。スタートで少し出遅れてしまい、その直後に挟まれるような形で最後方に下がってしまった。1200m戦だけにこの時点で勝負圏外で、大外をブン回しても先頭とは絶望的な差があり9着で入線した。既に6戦を消化して今回優先出走権を逃してしまったので、もう出られるレースがなく、再ファンドするほどの強さを見せていたわけでもないし、残念ながらこれで引退となりそう。

| | コメント (1)

2008.08.15

往復6万かけて…?

キングスデライトが好勝負必至なので何とか小倉競馬場へ応援に行きたいところだけど、帰省ラッシュとモロにぶつかってしまい、帰りの新幹線は全て満席で切符が取れない。飛行機は定価(福岡→羽田で3.9万円)ならまだ空きがある。ただ、日曜日はサザンオールスターズのライブへ行くため、どうしても土曜日中に東京へ戻っておく必要があり、往復6万円かけて日帰りで行って帰ってくるかとなると微妙…。

◆8/16(土)札幌4R 2歳新馬…△ガリアーノ
7月上旬に入厩して1ヶ月ほど乗り込まれた。ここまで大きな怪我もなく至って順調で、しかも440キロほどとあまり大きな馬ではなく、なかなかの好仕上がりらしい。タニノギムレット産駒は、小柄な馬体でピリッとした気性の馬が走る傾向にあり、両方とも該当する本馬にも期待がかかる。注目を集めるような評判馬も見当たらず、チャンスはあるはず。

◆8/16(土)小倉11R 久留米特別…△ロールオブザダイス
前走の大敗は、距離短縮で流れに乗れなかったのに加え、使い詰めの反動で馬体が大幅に減って疲労困憊していたことが理由。このクラスで入着3回の実績があり、1000万条件からの降級馬も2頭しかいないし、立て直した今回は上位争いはできるはず。持ち時計や相手関係からすれば、スマートトリックに次ぐ2番手にはランクされる。

◆8/16(土)小倉12R 3歳上500万下…◎キングスデライト
当初は来週か再来週を予定していたところ、中1週での出走となった。水曜日の想定メンバーには入っていたし水曜朝にビシッと追い切られているので、メンバーを見てここに出てきたわけではなく、調子がいいから早めに使ったような雰囲気。想定段階では楽勝できそうな顔ぶれだったが、2走前にクビ差先着しているフライングメリッサが急遽出馬投票してしまい、この馬との一騎打ちになりそう。ただ、気合いを付けて先行しておかないと競馬を止めようとする面があり、芹沢騎手から乗り替わるのはちょっと不安な材料。

◆8/17(日)札幌2R 3歳未勝利…×ハートアンサンブル
デビュー戦だった前走は1周回ってきただけで完全に勝負圏外だったし、今回もビシッと乗り込まれてきたわけでもなく、調教時計が詰まってきたわけでもないので、どう贔屓目に見ても勝ち負けには加われそうもない。スーパー未勝利戦には出られそうなだし、何とか次に繋がる競馬をしてもらいたい。

◆8/17(日)小倉6R 3歳未勝利…○スマックガール
前走の連闘は結果的に余計な出走だった。今回が6戦目となり、5着以内に入れないとこれがラストランになる可能性が高い。ただ、平坦小回りの1200m戦なら必ず終いにいい脚を使っているし、持ち時計の比較からしてここは圧勝しても不思議はない。18頭フルゲートなので巧く馬群を捌けるかがカギになる。

| | コメント (0)

2008.08.13

丸美、再生手続開始を申立て

今年の春あたりまでグリーンシートに上場していた、福岡にある不動産会社の丸美が、今月5日に再生手続開始の申立てを行っていた。

配当がやけに高かったことと、JASDAQなどの上位市場への上場を目論んでいたことから、グリーンシートでは人気銘柄としてもてはやされ、自分も最も多い時には300株保有していたこともあった。ところが調達した資金でリゾートホテルの開発に手を出したり、会社内容報告書を提出できず上場廃止の危機に陥るなど、非常にきな臭い動きを見せていて、上場を目論んでいたはずなのに監査法人と対立して契約解除した時に、これはヤバいと全ての株を売却した。

ただ、配当だけは高水準だったため(1株約2~3万に対して1200円配当)、それから暫くして配当目的で80株ほど買い戻してしまい、今年の春先にプライベートカンパニーとして上場廃止となった時に、丸美側が1株15000円で買い取るとのアナウンスがあったため、まぁそのうち買い取りに出せばいいやとタカをくくっていた。

最近は不動産業界がどうしようもないほどの苦境にあえいでいるので、丸美も当然苦しんでるんだろうなぁと思って久々にサイトを見ていたら、再生手続開始の申立てについてが書かれていた。残念ながら写真の株券は全部紙くずになってしまったけど、今更騒いでも仕方なし(上場廃止時にすぐ買い取り請求をしても結局代金が支払われないまま倒産となった模様)。借金ができたわけではないので、また増やす算段を考えましょう。
R0010183

ここらへんに、本件にまつわるきな臭いハナシがいろいろと掲載されている。

| | コメント (2)

2008.08.10

銅メダル

夏休みシーズンで土曜日新幹線が満席だったので、前日の夜に新潟入りしてイルドロールの応援をしてきた。今日は先週ほどの暑さではなくだいぶ助かった。

◆8/9(土)小倉2R 3歳未勝利…△キャトルマン → 5着
新潟競馬場のモニタで観戦。544キロの大型馬にしては脚捌きが軽く、仕上がり自体も良好に見えた。最内枠に入ってしまったためスタートが心配されたが特に問題なく、インを利して3~4番手に付けて先行する展開。時々鞍上に気合いを入れられながら追走し、4コーナーでは手応えが怪しくなってそのままズルズル下がって大敗するかと思いきや、そこから渋太く差し込んできて、前が詰まりながらも何とか5着で入線した。未勝利戦が残り少ないこの時期の5着(優先出走権獲得)は非常に大きい。使われた次走は良化が見込めるし、この雰囲気なら勝ち上がりも夢ではない。

◆8/9(土)新潟6R 2歳新馬…◎イルドロール → 3着
尻尾を振ったりちょっとチャカついたりしてうるさい面を見せたが、イレ込むというほどではなく、踏み込みもしっかりしていて好仕上がり。返し馬もスムーズで落ち着いていた。心配されていたゲートは、中では落ち着いていたものの反応が鈍くて1馬身ほど出遅れる形。そこからは鞍上が押したわけでもないのにスッと先団に取り付いて行き、4番手の外でレースを進める。そこから持ったまんまで4コーナーでは大外から先頭に並びかけ、これは勝ったかと思ったが、意外とそこからは伸びあぐねてしまい、1着馬からは1秒差の3着で入線した。4コーナーで外にふくれた時にハミが外れてしまったようで、それが直線での反応の鈍さにつながったらしい。短距離戦でスッと上がっていける脚があるし、すぐに順番が回ってきそう。捌きの柔らかいフットワークからして芝でも大丈夫そうに見えた。
20080809_01 20080809_02 20080809_03 20080809_04

◆8/10(日)函館1R 2歳未勝利…△ティフィン → 10着
前走同様、良く言えば落ち着きのあるパドックの周回で、悪く言えば気合い不足でボケッとした感じに見えた。レースでは、これも前走と同様にダッシュがつかないような感じで最後方から。3コーナーあたりまで最後方のままで既に勝負圏外の位置にいたが、そこからも全く伸びずに10着に終わった。距離延長はかえって良くなかった感があり、もう少しいい位置に付けられないと厳しい。

◆8/10(日)新潟12R 3歳上500万下…▲ローンジャスティス → 4着
前走より2キロ増えていたがちょっと細く見えるくらい。ソロっとゲートを出てしまいハナ争いには全く加われず、先行集団の後方に位置する形。いい手応えで外を回ってきて4コーナーでは先頭に並びかける勢いだったが、終始外を回って距離損が大きかった分、そこからは伸びあぐねてしまい4着。昇級戦で強気の競馬をして入着できたのは大きく、500万条件の卒業は時間の問題に思える。スタートダッシュを磨けば即勝ち上がりか。

| | コメント (0)

2008.08.07

イルドロールのデビュー戦

今週は期待の2歳牝馬イルドロールが新潟でデビューする。もちろん現地入りして応援する予定だけど、先週の新潟はウンザリするほどの暑さだっただけに、体力面に不安が。。。

◆8/9(土)小倉2R 3歳未勝利…△キャトルマン
これがデビュー戦。両前の球節がモヤモヤしてここまでデビューが遅くなってしまったが、休んでいた時間は意外と短く、初戦からある程度は頑張ってくれそう。ただ、530キロほどある大型馬だし、調教の時計も一杯に追われている割に栗東坂路で53秒とあまり速くなく、1回使われてからの方がいいかもしれない。残された時間が少ないので、5着以内が絶対的なノルマとなる。

◆8/9(土)新潟6R 2歳新馬…◎イルドロール
お気に入りの馬がいよいよデビュー。5月末に入厩してからフレグモーネで一頓挫はあったが、ここまでじっくりと乗り込まれて仕上がりは良好。先週、僚馬のプラージュがデビューし、出遅れながらも5着だったことから、本馬にも期待が高まる。気性面でうるさいところがあるようで、ここは何としても大外枠か偶数番が欲しいところ。ゲートさえマトモなら上位争いは必至。

◆8/10(日)函館1R 2歳未勝利…△ティフィン
前走はかなり離れた後方の位置から直線よく追い込んでの4着で、いかにも距離が伸びて良さそうなレースぶりだったが、この時期の1800m戦は素質馬が揃う傾向にあり、勝ち負けまでの自信はない。もしここで勝ち上がれるようなら一気に先が楽しみになる。

◆8/10(日)新潟12R 3歳上500万下…▲ローンジャスティス
前奏は残り100m地点で抑える余裕があるほどの完勝で、時計的にはまだまだ詰まりそうだし、先行できる脚もあるのでここでも上位争いは可能なはず。1000万からの降級馬が3頭いるが、掲示板争いは十分期待できる。

| | コメント (2)

2008.08.03

2走ボケ?

◆8/2(土)小倉11R 青島特別…△キングスデライト → 3着
ウインズのモニタで観戦。パドックではここ一連のデキのように見えて歩様もスムーズだった。今回もマトモにゲートを出て、押して押してハナに立つ。2番手以下を少し離す形の逃げを打ったがペースはスロー。向正面で並ばれる形になると引き離し3コーナーで並びかけられると引き離しと、近走にない反応の良さを見せ、直線に入っても良く粘るも残り50mあたりで2頭に交わされ3着。翌日の未勝利戦よりも遅い時計だったが、レースをあきらめる面を見せなくなったのは好材料で、今回のような先行する競馬を重ねていけば、いずれこのクラスは勝ち上がれそう。

◆8/3(日)新潟7R 3歳未勝利…△インディゴライト → 10着
実はノド鳴り持ちであることが判明。プラス12キロでも太め感はなく好仕上がり。やはりダートより芝の方が合っているのは歴然で、道中の行きっぷりが過去2走とは段違いに良かった。いい手応えで4コーナーを回ってきたので一瞬期待したが、直線は伸びあぐねて10着で入線した。1着とは0.7秒差で着順ほど負けてはいないが、ノド鳴りを克服できるかとなると…。
20080803_01 20080803_02

◆8/3(日)新潟12R 3歳上500万下…▲ロックバルーン → 8着
馬体そのものは前走同様良く見えて落ち着いてもいたが、ちょっと前肢の出が悪いのと、パドックの内側をトボトボと歩いているのが気になった。レースではスッと先行して、ピタっと折り合いながら前3頭とは大きく離れた4番手を進み、これでそのまま外に出せば勝てるかと思いきや、直線に向いてからは伸びを欠いてしまい、後方からも差し込まれて8着に終わった。前にいた馬がそのまま粘る展開だったし何ら不利もなかったが、さすがにこの暑い時期の中1週は応えたか。
20080803_03 20080803_04

| | コメント (2)

2008.08.01

今週も新潟へ

8/10(土)に新潟競馬場でデビューを予定しているイルドロールの鞍上が柴田善臣大先生に決まった。出資馬に過去3回乗ってもらって2勝2着1回と好相性なので期待がふくらむ。仕上がりも良好のようで、何とか除外されずデビューにこぎ着けて欲しい。

◆8/2(土)小倉11R 青島特別…△キングスデライト
前走は最後の1完歩で差し切られる惜しい2着で、今回も大いに期待したいところではあるが、スムーズに先行できて上がりのかかる展開に助けられた面が大きく、あまり強気にはなれない。ただしここ最近凡走が続いていたのは、過去の走破時計からして能力不足ではなく馬の気持ちの問題で、前走の2着が精神面のいいキッカケになれば実力的にはあっさり勝っても何ら不思議はない。

◆8/3(日)新潟7R 3歳未勝利…△インディゴライト
待望の芝レースへの出走となる。過去2戦はタイムオーバー級の大惨敗をしているが、休養で立て直して動きが良化しているらしく、血統的にも芝替わりは間違いなくプラスだろうから、ここは何とか掲示板を確保して欲しい。3歳未勝利戦はあと2ヶ月しかなく、ここで優先出走権を取っておかないと芝のレースには使えなそう。

◆8/3(日)新潟12R 3歳上500万下…▲ロックバルーン
前走は18頭立ての馬群を割って先行差し切り勝ちを収めるという、デビュー戦らしからぬ競馬センスを見せてくれた。ゴマカシの利かないマイル戦でいい競馬をしただけに、2000mへの延長は問題ないはず。今回もコーナーが2つだけのコースなので、できれば外枠の偶数番が欲しいところ。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »