« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008.04.27

好内容の2着

◆4/26(土)京都12R シドニートロフィー…▲プラテアード → 14着
昨年のダービー出走時は使い詰めで馬体が細化していたので、プラス24キロでも太くはない。レースでは、わずかに後手を踏んでゲートを出たが、鞍上が手綱を引っ張って後方に控える形。もともとジリな馬だし、開幕週のコースでは後ろから行って届くはずもなく(それでも33.7秒の脚を繰り出している)14着と惨敗した。なぜ敢えて後方に控えたのかは謎だが、東京の石和特別に回っていれば掲示板はあったように思える。

◆4/27(日)東京5R 3歳500万下…▲ソシアルグレイシー → 2着
時折チャカつくが、それでも前走より落ち着いていて馬体も身が詰まった感じで好気配。返し馬も前走よりスムーズ。今日は抜群のスタートを決めて、道中は6~7番手の内側を進む。ピタリと折り合って終始インを立ち回って直線に向いたが、前が開かずにちょっとモタつくところがあり、最後は馬群を割って出たが勝ち馬には及ばずに2着となった。4コーナーで強気に外へ出せば勝ってたような気がするが、距離延長・左回り・馬込みを全て克服しただけに価値は高い。やはりこの馬は芝向きで、500万条件を勝つのは時間の問題。でもリトルディッパー同様、好走は続くがどうも勝ち味に遅い。
0427_01 0427_02

◆4/27(日)京都6R 3歳500万下…▲ブラストオフ → 9着
VTR観戦。マイナス12キロが示すとおり、馬体にメリハリがなく華奢に映った。こちらもわずかに後手を踏むような形でゲートを出て、そこからは馬が行く気を見せて2番手に付ける。さほど遅いペースではなかったが、3コーナー過ぎでペースが上がると手応えが悪くなり、直線に向くと一杯になって9着と大敗した。道中は何の不利もなく、逃げ馬がそのまま逃げ切るような展開で2番手というのは恵まれていたのに、ちょっとこの結果は不可解。

| | コメント (0)

2008.04.25

プラテアード復帰戦

昨年のダービーに出走したプラテアードがようやく復帰戦を迎える。キングスデライトも今週栗東に帰厩しており、主力級が復帰しはじめて楽しみ。

◆4/26(土)京都12R シドニートロフィー…▲プラテアード
昨年のダービー以来、約1年ぶりの復帰となる。骨瘤で長いこと休養していたが、1月から入念に乗られており、トレセンに入厩してから1ヶ月半が経過して、緒戦から力は出せる状態にある。抜けた馬は見当たらない上にハンデ戦で、安藤勝己騎手に乗ってもらえることもあり、好勝負は十分に可能。ただ、得意コースの府中ではなく最初から京都を狙っていたため、まだ馬体は太いのかもしれない。

◆4/27(日)東京5R 3歳500万下…▲ソシアルグレイシー
前走はダッシュがつかず最後方から、道悪の中をよく追い込んで5着に来たが、あの競馬ができるなら良馬場の方がもっと決め手を発揮できるはず。今回は200mの距離延長+開幕週の芝コースだけに、また豪脚が使えるかとなると半信半疑だが、実力的にはここでも全く見劣らない。

◆4/27(日)京都6R 3歳500万下…▲ブラストオフ
ちょっとした外傷で出走が2週間伸びた。12頭立てとフルゲートにならず、こちらもこれといって抜けた馬が見当たらないので、既走馬を相手にデビュー勝ちした素質は十分に通用するはず。中尾正先生からは「オープン級の能力の持ち主」と評されていることからも期待がふくらむ。

| | コメント (0)

2008.04.21

また屈腱炎…

今度は東京サラブレッドクラブ所属のエールドクラージュが屈腱炎になってしまった。今のところ進退について正式発表はないが、担当厩務員さんの話では重症の部類らしく、牝馬であることからも引退の可能性が高く、現役続行にしても1年ほどの休養は必至。フラワーCを勝ったブラックエンブレムと差のない競馬をしたこともあり、素質は感じられただけに非常に残念。同じく脚部不安で休養中のリトルディッパーは、屈腱は傷めてないらしく大事に至らずホッと一安心。
1118

| | コメント (0)

2008.04.15

屈腱炎で引退

東京サラブレッドクラブ所属のタイドヴァックが屈腱炎を発症して引退することになった。キャリアはわずかに1戦だけ。昨年12月のデビュー戦では、仕上がり途上で後方からレースを進めながら直線でいい脚を見せて7着と、いかにも使われて良くなりそうなレースぶりだった。ところが仕上がり途上の状態で使われたのがいけなかったのか、その後はずっとソエに悩まされ、先日脚を打撲して検査をしてみたら屈腱炎になっていることが判明し、引退が決定した。ダンスインザダーク産駒としては珍しく好みの馬体だっただけに残念。
004

| | コメント (0)

2008.04.14

良く追い込んで5着

◆4/13(日)福島1R 3歳未勝利…×インディゴライト → 15着(TO)
グリーンチャンネルで観戦。落ち着いて周回していたし、モニタ越しではまぁまぁの馬体に見えたが、前走時余裕残しだったのに今回プラス4キロでは前進も見込みづらいか。レースでは、なかなか良いスタートを切って3番手くらいに付ける展開。ただ終始気合いを入れられての追走で、3コーナー手前では完全に一杯になってしまい、あとはズルズル後退する一方でタイムオーバー負け(1ヶ月の出走停止)。そう骨っぽい相手もいない牝馬限定戦でこの結果は非常にマズく、芝向きの馬体・歩様をしている点に望みをかけるしか…。

◆4/13(日)中山9R 桜草特別…◎ソシアルグレイシー → 5着
こちらは現地観戦で意外にも4番人気。相変わらずチャカチャカしているが馬体は良好。返し馬の段階でもチャカチャカしていて、ゲートの出に不安を抱いたところ、やはりゲートの中でも落ち着かず半馬身ほど出負け。外からドッと行かれる形で3コーナーでは最後方に位置してしまい、これはさすがにダメだろうと思いきや、大外をブン回して直線に向くと、そこからは着実に差を詰めてきて0.4秒差の5着で入線。展開がハマって差し込んできたわけでもないし、図らずも差す競馬ができたのは大収穫で、これなら500万はすぐ卒業できそう。やはり芝は全然問題ない。
20080413_03

| | コメント (0)

2008.04.12

芝に替わって大穴炸裂?

◆4/13(日)福島1R 3歳未勝利…×インディゴライト
前走に比べると調教時計がだいぶ詰まってきて、確実に前進は見込めるが、その前走は標準的な未勝利戦の勝ち時計よりも4秒ほど時計が遅く、いきなりガラリ一変となると。。。立ち回り次第では掲示板の下の方に入れるかも。優先出走権を獲得できるようなら、ぜひ芝のレースに回って欲しい。

◆4/13(日)中山9R 桜草特別…◎ソシアルグレイシー
ダートで好走してきた馬だけに、芝の今回は全く人気にならなそう。ただ、もともとこの馬は繋が寝ているタイプだし、重馬場のダートに強く、中山ダ1200mコースのスタート直後の芝で毎回素晴らしい二の脚を利かせていることから、間違いなく芝の方が向いているはず。時計的にマイネルアルデュールが相手となりそう。

| | コメント (0)

2008.04.05

距離延長はプラス

今週の出走は1頭だけと寂しいが、これで19週連続の出資馬出走となる。ケガをして戦線離脱する馬が増えている中、果たしてどこまで続くか。今のところ来週は3頭が出走を予定している。

4/6(日)阪神5R 3歳未勝利…▲スマックガール → 出走取り消し
過去3戦とも中京1200mを使われていたが、いずれのレースでも追走に苦労する割には最後の直線で伸びてきており、距離延長は間違いなくプラスになるはず。しかも今回は中1週でもビシッと追われ、今までにない調教時計が出ていて、骨っぽいメンバー相手のフルゲート18頭立てでも掲示板の上の方に入ってくれるのではと期待してしまう。個人的に幸騎手とは2着・3着・2着と相性が良いので楽しみ。

| | コメント (0)

2008.04.04

社台ファームに移動

右前脚を傷めて休養中のリトルディッパー、山元トレセンから北海道の社台ファームへ移動することになってしまった。北海道での競馬開催がないこの時期に移動するということは、当分の間はトレセンへ戻る可能性がないことを意味する。傷めた場所が場所だし、最短でも半年は休養することになりそう。さほど具合が悪くないようなら、牧場へ様子を見に行きたいところ。

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »