« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008.02.29

引退レース

土曜のきんせんか賞に出走予定だったリトルディッパーが痛恨の抽選除外。これで次はどこに回るかが非常に難しくなった。個人的には桜花賞トライアルのチューリップ賞にエントリーして欲しいところだが。

◆3/1(土)中山12R 4歳以上1000万下…△ゴットザビート
これが引退レースとなる見込み。昨年11月から短期放牧にも出されずずっと使い詰めで、さすがにもう上積みは見込めず、中間の調教本数が少なく時計も遅い。舞浜特別・利根川特別くらい走ればここでも楽勝できる実力の持ち主だが、いつも後方からの競馬を余儀なくされるため、どうにも歯がゆい成績が続いている。今回はジャドールという1頭飛び抜けた馬がいて、逆転までは無理筋に思えるが、先行馬が少ないことから、ある程度前でレースを進められれば上位も十分有り得る。

◆3/1(土)阪神12R 4歳以上1000万下…△ニードルポイント
9ヶ月ぶりのレースとなる。先週の東京戦を除外されたのは痛いが、コーナーが2つの阪神ダート1400mなら条件的に悪くないはず。そもそも脚を傷めて休んでいたわけではなく、入念に乗り込まれていただけに仕上がりは良好。ただ、ダート1400mを得意としている馬がズラリ勢揃いして、緒戦からイキナリ勝ち負けとなると難しいように思え、とりあえず掲示板くらいが目標か。

◆3/2(日)阪神5R 3歳未勝利…△スピリタス
前走は前残りの展開の中、1頭だけいい脚を使って差し込んできた。ただその前走の勝ち馬が以後大敗を続けていることなどから、レースレベル自体に疑問符が付き、そこで2着だったから即好勝負かとなると微妙なところ。腰が甘い馬だったのが、坂路でもだいぶ調教時計を詰められるようになっており、この馬なりに順調な臨戦ではあるので、良馬場で外枠を引ければ上位も見えてくる。

◆3/2(日)京都7R 4歳以上1000万下…△キングスデライト
蟻洞(蹄に空洞ができる症状)で休養し7ヶ月ぶりの出走となる。12月には入厩態勢が整っていたほどなので、乗り込み量は十分足りているはずだが、当初は中山芝2500mの潮来特別を予定していて出張馬房が取れずに阪神芝1800mの千里山特別に回り、除外が濃厚なことからこちらのダート戦に回ってきた経緯がある。馬体減らしも兼ねてとりあえず今週使う感がありありで、使ってからに期待したいところではあるが、ジャパンダートダービーで6着の実績があり、しかも11頭立てと手頃な頭数であることから、上手いこと先手を奪えるようなら意外と粘ってくれるのではと期待してしまう。

| | コメント (0)

2008.02.24

穴馬券不発

◆2/23(土)京都7R 3歳500万…◎ロールオブザダイス → 6着
VTR観戦。小気味の良い歩様でパドックを周回していて、仕上がりは万全に見えた。少し立ち上げるような感じでゲートを出て、道中は後ろから2番手の外を回る展開。3コーナー手前から仕掛け気味に上がっていき、4コーナーでは先頭まで差のない位置まで押し上げるが、終始外を回らされているためポジションは変わらないまま。相当脚を使わされたにも関わらず、何だかんだで6着まで追い上げていることから、この距離は合っているように思える。

◆2/23(土)京都9R 大津特別…▲フライデイフライト → 12着
VTRで見た限りでは、パドックではまぁまぁ落ち着いていて、返し馬はちょっとバカ付き気味。宣言通りに控える競馬ではあったが後方からではなく先行し、道中は5番手あたりにつけ、4コーナーでは先頭に並びかけたものの、そこで一杯になってしまって12着で入線。馬体だけなら優にオープン級だが、レースに行くとどうも上手く行かない。

| | コメント (2)

2008.02.23

推奨穴馬券

◆2/23(土)京都7R 3歳500万…◎ロールオブザダイス
距離延長となるが、前走騎乗した四位ジョッキーのアドバイスによってここに回ったくらいで、スッと動ける器用な脚を持っているだけに、1400mよりはむしろ1800mの方が合っているはず。前走は勝ち馬のシルクビッグタイムをはじめ異様なまでに強力なメンバーが揃い、7着馬は次走圧勝、8着馬は次走の特別戦で2着してここにも出走しているクリールパッションだから、対戦比較上でも大威張りできる。今回はあまり人気がないだけに馬券的な妙味は十分で絶好の勝負処。

◆2/23(土)京都9R 大津特別…▲フライデイフライト
能力的にはここでも圧倒的上位だが、先々のことを考えて今回は控える競馬をするらしく、あまり強気にはなれない。ただ、その控える競馬をしてイキナリ勝てるようなら一気にオープンまで行けそうな気がする。気性面に問題があるタイプで、鞍上の指示通りの返し馬ができるかどうかが馬券取捨のポイントとなる。

| | コメント (2)

2008.02.22

HD DVDプレイヤー

東芝の撤退報道で今週大いに話題となったHD DVD。
やはり元コレクターとしては、市場から消えて無くなる前に買っておくべきだろうと、Xbox360用の外付けHD DVDプレイヤーを注文してみた。Xbox360自体が台数的にはあまり売れておらず、さらに発売中止が確定的な周辺機器ということもあり、将来的には結構な珍品になる可能性もあるが、果たして?

Hddvd

| | コメント (0)

2008.02.21

出遅れて終了…

◆2/17(日)東京4R 3歳新馬…△ローンジャスティス → 14着
旅行中だったためVTRで観戦。グリーンチャンネルで映った範囲内では、なかなかの好馬体に見えた。個人的に非常に相性の悪い北村騎手が鞍上ということで、何かやらかしてくれそうな雰囲気はあったが、やはり立ち遅れるような感じでゲートを出てしまい、ほぼ最後方からレースを進める。芝1800m戦とは思えないような超スローペースの中(3400mのダイヤモンドSよりペースが遅い)、そんな位置取りでは上位を望むべくもない。直線に向いたところで外に出すと一瞬だけいい脚を繰り出しそうになるも、両サイドの馬に挟まれてしまい万事休す。今日のところは全くケイバをさせてもらえなかったが、敗因はハッキリしているので、もし次走人気がないようなら馬券勝負してみたい。

| | コメント (0)

2008.02.14

人気薄で一泡…

◆2/17(日)東京4R 3歳新馬…△ローンジャスティス
芝の新馬戦は除外ラッシュが続いていたが、レースが増設されたおかげで一発で出走が叶った。入厩してから1ヶ月と日は浅いものの、ゲート試験もスムーズに合格し、順調に乗り込まれて仕上がりは良好。ただ、東京の芝1800m戦だけに素質馬が揃ってしまい、どこまでやれるかは全くの未知数。クラブの3歳世代で最も人気のなかった馬だが、何とか良い意味で裏切って欲しいところ。

| | コメント (0)

2008.02.09

スローペースに泣かされて

◆2/9(土)東京9R 春菜賞…◎リトルディッパー → 2着
相変わらずの好馬体。しっかり調教を重ねられての馬体重増減なしで、パドックでの歩様も良く、デキ落ちは全く見られなかった。外枠の偶数番だったこともあり今回は普通にゲートを出て、向正面では6番手集団の外。3コーナーから4コーナーにかけて外をスルスルと上がっていき、外めのいいポジションで直線に向き、いい脚を繰り出して逃げ馬を捕まえたものの、インを上手く立ち回ったソーマジックの決め手が上回り、2着で入線した。500万卒業はもう順番が回ってくるのを待つだけだが、3月一杯までこれといった適鞍がなく、次走はどこを使われるのかが注目される。ホントは今回勝って、桜花賞トライアルに回って欲しかったが、地味に入着賞金を重ねるのも決して悪くない。

0102








◆2/9(土)東京12R 4歳上1000万下(牝)…◎ゴットザビート → 6着
いつになくキビキビとした歩様で好気配。これは期待できるぞと思いきや、レース上がりが35.8秒という、ダート戦では考えられないほどの超スローペースにハマってしまい、さすがに道中後方2番手の位置取りで直線一気はムリ。2戦連続で消化不良なのは残念だが、次走が引退レースとなるので何とか好走を願うばかり。

0304

| | コメント (6)

2008.02.08

黄色い縦縞で2勝を

◆2/9(土)東京9R 春菜賞…◎リトルディッパー
上手いこと抽選をクリアして出走が叶った。発馬に難があるだけに、外めの偶数枠を引いたのも強運としか言いようがない。デキは相変わらず良さそうで、抜けた実力馬も見当たらず、今回も好走が期待される。ただ、過去2回凡走した左回りの1400m戦という点がどう出るか。流れが速くなるか、いっそ先行すれば上位必至。相手としては上位人気馬よりもフレンチノワールに注意が必要。

◆2/9(土)東京12R 4歳上1000万下(牝)…◎ゴットザビート
スタート地点の芝が微妙だが、直線の長い東京コースはこの馬にとってベストの条件。前走は最内枠+超スローペースで流れが向かず凡走してしまったが、昨年末は重賞級のメンバーと差のない競馬をしており、ここに入れば実績的には大威張りできる。その割に人気があまりなさそうで、馬券面でも妙味タップリ。ジャドールが抽選除外されたのはラッキー。

| | コメント (0)

2008.02.06

競馬ブック・ギャロップともに本命

今週はリトルディッパーとゴットザビートの社台2騎が出走を予定している。
リトルディッパーは牝馬限定の500万特別「春菜賞」に登録しているが、前走の牡馬混合戦で好走したことが評価されたのか、週刊競馬ブック・週刊ギャロップともに本誌本命扱いになっていて期待が膨らむ。ただし登録馬が多すぎて33分の13の抽選をくぐり抜けないと出走が叶わない状況。ここを除外されるとしばらく適鞍がないので(翌週のダート1400m戦?)、なんとか抽選をクリアして欲しいところ。でも抽選をパスしても、土曜日は雪の予報で…。

ゴットザビートは先週除外され、優先出走権を得ているので確実に出走可能。想定メンバーを見渡すと、ジャドールとアクロスザヘイブンという強敵がおり、この2頭も抽選をパスするようだとかなり辛いかも。

キングスデライトがようやっと木曜日に栗東トレセンへ帰厩する。夏場まで順調に使われた後、蹄を傷めて休養に入っていたが、蹄が癒えて厩舎の馬房にもようやく空きが出たので、半年ぶりの栗東入りとなる。まだかなり馬体が太いようで、しばらくの間は絞り込みが必要だろうけど、春先まで好勝負を繰り広げていたライバルが軒並み1000万条件でも好走していることから、暖かくなってくる頃にはかなり期待できそう。

プラテアード、ニードルポイントの4歳2勝級も近々復帰予定で、次回の東京開催ではまた昨春のような強い競馬を見せてくれそう。キャロットクラブ所属の3歳馬もぼちぼち入厩できる馬が出始めており、何とか2歳戦が始まる前までには5頭ほどがデビューに漕ぎ着けそうな雰囲気。

| | コメント (2)

2008.02.03

待望の初日!

◆2/2(土)小倉8R 4歳上500万…◎フライデイフライト → 1着
モニタでの観戦。マイナス8キロの数字通りにスッキリと見え、前走よりは幾分落ち着いている感じでパドックを周回し、馬場入場後もちゃんと返し馬が出来た時点で好走は約束されたようなもの。レースでは、半馬身くらい出遅れるような格好だったが、そこは中舘ジョッキーがしっかりと押してハナを切り、時折気合いを付けながら終始余裕をもっての鮮やかな逃げ切り勝ちを収め、これが出資馬の今年初勝利となった。

今日は馬の気配も良かったが、中舘騎手による「ローカルでの逃げ」という名人芸によるところも大きく、ハナに立った時点で勝利を確信し、大船に乗るような気持ちでレースを観戦できた。まだ気性的にアテにし辛い面はあるものの、番手の競馬ができるようになれば一気に重賞まで手が届きそう。

| | コメント (0)

2008.02.01

小倉で2勝目を

◆2/2(土)小倉8R 4歳上500万…◎フライデイフライト
前走は気性面でうるさいところを見せて全く競馬にならなかったが、落ち着いてさえいればアッサリこのクラスを通過できる実力の持ち主。前走と同様、内枠の奇数番を引いてしまったのは減点でも、中舘騎手が乗ってくれることもあり、ここは鮮やかな逃げ切りを期待したい。ちゃんと返し馬ができるかどうかがポイントで、クチを割って鞍上の言うことを聞かないような仕草を見せたら今回もダメ。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »