« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007.08.31

キャロットクラブ 2006年産募集馬

キャロットクラブ2006年産のカタログが届いたので早速チェックしてみたアドマイヤコジーン産駒など、血統面で惹かれる馬が数多くいるけど、今年は既に社台・サンデーで2頭に出資しているので、キャロットは控えて3頭くらいに絞る予定。どうせ東京サラブレッドクラブ(旧ユーワ)でも出資しそうだし。

キャロットの2006年産は関東所属馬にいい馬が多い気がするが、良く見えた順に挙げるとこんな感じかな。

29:ロッタレースの06(牡1歳)父スウェプトオーヴァーボード
キチっとした馬体で歩様も素晴らしく良い。ちょっとお父さんが地味だけど、フサイチパンドラの弟になるし、比較的早めのデビューが見込めそう。どちらかと言えば芝向きか。この馬は申し込み確定。

39:ヴァンドノアールの06(牝1歳)父ウォーエンブレム
貴重なウォーエンブレム産駒で、まだ後ろの方が勝った馬体をしているが、軽い脚捌きで見た感じは非常にいい。血統的にはモロにダート志向で、ダートの1200m戦を逃げに逃げまくるようなイメージ。

01:ウエスタンワールドの06(牡1歳)父アグネスタキオン
素人目にも良い馬体というのが分かり、タキオン産駒らしく柔らかい歩様をしている。2つ上のお兄さんがちょうど今週末にデビューするので、そこである程度走るようならこの馬も申し込んでみたいが、サンデー系というのが悩みどころ。

62:ルビーマイディアの06(牡1歳)父クロフネ
写真を見ただけではピンと来ないが、DVDの歩き姿を見ると大物感があって食指が動く。お姉さんのルビウスが現状では苦戦しているが、父がクロフネになったことで、芝ダート兼用で走ってくれそう。ただ、ちょっと高いね。

その他、下記の8頭が良さそうに見えた。
42:エクボの06(牡1歳)父コロナドズクエスト
37:ヴェスタの06(牡1歳)父ワイルドラッシュ
40:ユーワジョイナーの06(牡1歳)父トウカイテイオー
04:ライラックレーンの06(牡1歳)父キングカメハメハ
70:ブーケトスの06(牡1歳)父タニノギムレット
22:ホープチェストの06(牡1歳)父ネオユニヴァース
28:ベビーグランドの06(牝1歳)父タニノギムレット
11:ソニンクの06(牡1歳)父シンボリクリスエス

| | コメント (0)

2007.08.27

ミニ牧場ツアー

この土日に、実家の母と弟を連れて北海道旅行へ行ってきた。かねてより牧場の馬を見たいと言われていたので、ノーザンファーム・社台ファームを回り、特に期待の大きい4頭を見学してきた。いずれも順調そうで先々が楽しみ。

◆イルネージュの06(牝1歳)サンデーサラブレッドクラブ
01 6月のツアー時と大きさはあまり変わっていないようで、コロンとした馬体で好感が持てる。気性は穏やかだが、相変わらず寂しがり屋な面は残っているとか。今回も実に柔らかい歩様をしていたし、このまま順調にいって欲しい。



◆ジャングルビジット(牡2歳)キャロットクラブ
02 実馬を見たのは初めてだが、これもいい馬だねぇ。裂蹄した左前の蹄は保護されていたが、もうほぼ爪も伸びたのでそろそろ本格的に乗り始めようとしているらしい。元々速めを乗られていたが、スラっとした体型で仕上がりは早そう。



◆プラテアード(牡3歳)キャロットクラブ
031歳馬・2歳馬を見た後にプラテアードを見ると、鍛え抜かれた競走馬の体型というのが素人目にも一発で分かる。フックラといい体になって(530キロ)、ダービーの疲れも完全に癒えたようで、秋の復帰が待ち遠しい。



◆プラウドウイングスの06(牡1歳)社台サラブレッドクラブ
04 たった2ヶ月で見違えるほど馬体が良くなり、嬉しさのあまり1日中ニヤニヤしていたほど。馬体重も40キロほど増えて430キロになったらしく、6月のツアー当時のひ弱さがすっかり解消された。まだ馬体は薄く見えるが、変に大きすぎるよりは脚元にも負担がかからず良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.26

明暗分かれた新馬戦

今週も勝てなかったけど超久々に馬券圏内に入ってくれた。

◆8/25(土)小倉9R 門司特別…×ティルフィング → 8着
先入れの1番枠だったけど、いつになくマトモなスタートで前の方でレースを進める。しかしいつものように3コーナー手前から鞍上の手が激しく動き始め、ムチも入れられて気合いを付けられ、そのままバテず伸びずに流れ込む。稍重でこの距離ではこんなもんでしょう。もうちょっと広いコースの長距離戦を走らせて欲しい。

◆8/25(土)札幌9R 報知杯大雪ハンデ…△ゴットザビート → 9着
相変わらずパドックではゴツゴツしているように見えた(ビデオ)。1700m戦だとさすがにスタートで置かれはしないが、今日は時計が馬鹿みたいに早すぎて、この馬にとっては酷だった。やはり北海道戦では家賃が高すぎるか。ダート戦では15戦目にして初めて賞金を稼げなかった。

◆8/26(日)新潟4R 2歳新馬…▲リトルディッパー → 10着
モニタ越しでの観戦だったが、パドックは歩様がスムーズで踏み込みも力強く、かなりの好気配に見えた。ゲートでは気持ちダッシュが付かない感じで中段から。鞍上が抑えるような感じでズルズル下がっていき(馬が外に逃げようとしてた?)、後方5番手くらいで3コーナーへ。直線では外に出すもクチ向きの悪さを見せて伸びずに10着。2歳の新馬戦にしては速い時計だったし、パドックの気配は非常に良かったので次走に期待しましょう。

◆8/26(日)札幌4R 2歳新馬…△アルスマグナ → 2着
札幌旅行中だったこともあり急遽現地で観戦した。パドックでは前にうるさい馬がいたため、つられてこの馬も暴れ気味。でも馬体はキッチリ仕上がって歩き方もスムーズで、短いところなら結構やってくれそうに見えた。ゲートをポンと出ると抜群のダッシュでハナを切り、鞍上が抑えに抑えて道中はスローに落とす。遅い流れにガマンできないとばかりに外からマクり気味に並びかけられたが、そこで慌てずに動かなかったため、余力を残したまま直線に向き、何とか粘り込みをはかるところを、1頭外から差されて2着。ダッシュの良さと粘り腰の強さから、短距離なら次走は確勝か。

20070826012007082602_3

| | コメント (0)

2007.08.24

リトルディッパーのデビュー戦

今週は新馬2頭がデビューする。所用のため現地応援できないのが残念。。。

◆8/25(土)小倉9R 門司特別…×ティルフィング
前走から中1週となるため出走できる可能性が極めて低かったが、投票したら無抽選で通っちゃったらしい。調教内容は過去2走よりも上向いているが、とにかくエンジンのかかりが遅い馬なので、1800mでは忙しい気がする。来週の2600m戦が最適条件だったような気がしてならない。

◆8/25(土)札幌9R 報知杯大雪ハンデ…△ゴットザビート
除外・中止と来て、ようやく出走できる運びとなった。ピサノデイラニがいるため単まではあり得ないが、他の有力処は後方から行く馬ばかりなので、ある程度前に付けて渋太く流れ込むようなレースができれば、何とか馬券圏内くらいはあるかもしれない。ハンデ戦で52キロというのも有利で、前走のレースで優勝したマコトスパルビエロがオープンを圧勝したし、前が止まる流れを熱望。

◆8/26(日)新潟4R 2歳新馬…▲リトルディッパー
この時期の新馬戦は、牝馬限定の方が骨っぽいメンバーが集まりやすく、やはり何とか先週出走させたかった。。。それでも関東リーディングジョッキーの田中勝春騎手に乗ってもらえるのは好材料で、先行して粘り込むレースができれば格好は付けてくれるはず。先週の時点では「まだ余裕残し」みたいなことを話していたのに、今週の追い切りが軽かったのがちょっと気がかり。牝馬だから強く追いすぎるよりはいいけど。

◆8/26(日)札幌4R 2歳新馬…△アルスマグナ
藤澤厩舎所属だけに馬なりの調教に終始しているのは問題なく、7月頭に美浦の坂路で51秒フラットの時計を出しているように、なかなかスピードはありそう。ただ、札幌の芝1500mは難しいコースで内枠が極めて有利なため、内枠に入れるかどうかがカギになる。こちらも相手はかなり骨っぽく、さほど強気にはなれない。

| | コメント (0)

2007.08.23

馬インフルエンザに感染

現役出資馬30頭のうち、ファストドロウ(牡3歳)が馬インフルエンザの検査で陽性反応が出てしまった。とはいえ、22日に美浦の坂路でビシッと調教されたように、陽性だけど今のところ発症はしておらず、非常に元気な状態らしい。

ただ、陽性の馬はレースには出走できないため、未勝利(未出走)のこの馬が置かれた状況は非常に厳しく、何とか週明けには陰性になって、来週が最後となる通常の未勝利戦に出走して、そこを叩き台にスーパー未勝利戦で勝ち上がって欲しい。美浦の坂路を51秒台でサクっと上がってこれる脚力があるんだから、今の未勝利戦なら何とかなっても全く不思議ではない。

| | コメント (0)

2007.08.20

意気消沈

結局、今週の中央競馬の開催は全て中止となったため、予定していたリトルディッパー応援のための新潟入りも全てキャンセルし、意気消沈したのと先週の新潟遠征の疲労で土日ともほぼ家に引きこもって寝込んでいた。

今度の土日は北海道へ牧場見学に行く(かなり前から予定を組んでいた)。出資が確定した1歳馬と、18日(土)に出走してすぐ放牧されるであろうゴットザビートの見学を目論んでいたが、牧場見学は馬に直接触れることは禁止され遠巻きに見るだけに制限され、ゴットザビートはレースが中止されたため引き続き札幌競馬場に滞在しているから見学が叶わず、何だか楽しみは半減してしまった。

出資している3歳馬の中に未勝利馬がまだ3頭(ファストドロウ、クルックス、センティード)いて、いずれも5走以下なので9月に開催されるスーパー未勝利戦への出走資格はあるけれど、中止が長引くと未勝利脱出のチャンスも絶たれてしまい、気が気ではない。特に未出走のファストドロウは、ここ最近になって、調教の動きがガラリ一変して楽しみが出てきただけに、何とか1走はさせたいところ。

キャロットクラブの2007年度募集馬価格表が届いた。今年は社台で2頭の1歳馬に出資したので、キャロットの出資頭数は絞り込み、サンデーの血が入っていない馬を中心に3~5頭くらいにする予定。

| | コメント (0)

2007.08.16

馬インフルエンザ

「時計こそパッとしないが、しっかりと乗り込まれて馬体はキッチリと仕上がっている。首を小刻みに使い、機敏さあふれるフットワーク。気性も前向きでいかにも初戦向きのタイプ。」

日曜デビュー予定のリトルディッパーが、競馬ブックOnLineで上記のように紹介されていて喜んだのも束の間、馬インフルエンザが栗東・美浦の両トレセンで確認されたらしく、少なくとも今週末の開催は全て中止となる公算が大。今週は他にもゴットザビートが札幌の特別戦へ出走予定なので、何とか開催して欲しいところではあるけれど、伝染病だけにねぇ...。何とか開催中止が長期化しないことを祈りたい。

(21時追記)
とりあえず無事に開催&出走が確定した。まだ他馬の調教タイムなどがよく分からないので何とも言えないが、チャンスはあるはずだし3番人気以内には入るはず。

| | コメント (0)

2007.08.15

名馬の雰囲気あり

社台サラブレッドクラブの2歳馬、リトルディッパーが今度の日曜日に新潟でデビューを予定している。週刊ギャロップの新馬紹介コーナーでは「名馬の雰囲気あり」なんて見出しが付けられていて、今年2月に牧場で見てきた時はまるで熊みたいだったのにと思いつつも(リトルディッパー=小熊という名前の由来?)、決して悪い気はしない。

まだ最終追い切りは済ませておらず、その内容次第ではもしかしたらデビューが延期されるかもしれないが、今のところ水準級の時計を4本出しており、デビュー前の新馬が馬なりで追い切った内容としては上々と言える。今日の午後には想定の出走頭数や追い切りタイムが判るので、ちょっとドキドキしてしまう。やはりデビュー戦が一番楽しみだし緊張するね。

| | コメント (2)

2007.08.12

今週も全敗

今週も勝てず、しかも全て掲示板外。往復11時間かけてクルマで新潟まで行ってきたが、期待のソシアルグレイシーは全く良いところなく8着と、自分に馬を見る目がないのがよく分かった。

◆8/11(土)小倉12R 3歳以上500万下…▲ティルフィング →6着
いつもに比べるとゲートは良く、先行して大外を回る展開。早々と手応えをなくして大敗を覚悟したが、そこから意外とバテずに6着で終わった。ローカルで好走しているが、渋太い脚を使うので広いコースの方がいいかもしれない。

◆8/12(日)札幌4R 2歳新馬…○エールドクラージュ →6着
500キロ超の馬体だが、モニタから見た限りでは太め感はなく好仕上がりの印象を受けた。スタートで半馬身ほど出遅れて中段のやや後方から。2コーナー付近で上手いこと外に出せて、直線入り口では先頭に並びかけたが、そこからは脚を使えずに6着入線。レースぶりは悪くなく、次走で前進を見込める。

◆8/12(日)新潟6R 2歳新馬…◎ソシアルグレイシー →8着
パドックに入ってきた途端に鳴き始め、まだ気性が完全に子供。でも馬体・歩様はなかなか良く見えた。ゲート入りの輪乗りの時点で今度は馬っ気を出し始め、ゲートで立ち上がったり、5本脚でレースをしたりと、どうしようもなく酷いレース内容で8着。でも、これ以上悪くなりようがないとの見方もできるし、もともと陣営は「使いながら」と言ってたこともあり、まぁ次に期待しましょう。

◆8/12(日)小倉6R 3歳未勝利…△デルフィーネ →15着
ゲートのタイミングが合わず後方から。3コーナー手前では先団に取り付けるも、4コーナーの時点で手応えが一杯になり、直線ではフットワークが乱れてズルズル後退し15着。スタートがマトモだったとしても今日の内容では好走は厳しく、これで引退&繁殖入りとなるはず。

2008081220070812

| | コメント (2)

2007.08.11

2歳馬の初陣

東京サラブレッドクラブ(旧:ユーワホースクラブ)の2歳馬が2頭デビューする。このクラブの2歳馬には8頭出資していて、今回デビューの2頭を含め3頭が入厩済みで、他の2頭はグリーンウッド在厩、残り3頭は牧場で育成中と、クラブがリニューアルされた初年度ということもあるのか非常に順調。

社台のリトルディッパーもすこぶる順調で来週の新潟でデビューを予定しているが、キャロットクラブの11頭は未だに入厩馬ゼロ。。。

◆8/11(土)小倉12R 3歳以上500万下…▲ティルフィング
前走10着だったが着順ほど負けておらず、今回はあらゆる面で条件が好転するため、もし人気が落ちるようならオイシイ。時計勝負も望むところで、スタートダッシュに難があるだけに大外枠に入ったのも歓迎材料。メトロシュタインとサプライズユーが相手。

◆8/12(日)札幌4R 2歳新馬…○エールドクラージュ
仕上がり万全で、陣営側の期待も大きいようだが、さすがにこの時期の芝1800m新馬戦だけあって、素質馬がズラリ勢揃いしている。好勝負は間違いないけど牝馬だし、現在のところ勝ち星がないシンボリクリスエス産駒というのもちょっと心配で、単までの自信はない。

◆8/12(日)新潟6R 2歳新馬…◎ソシアルグレイシー
こちらは調教はまぁ水準級で、陣営は「使いながら」の期待らしい。ただ、新潟の芝1200m新馬戦に出られるようならデビュー勝ちと見てこの馬へ出資しただけに、ここは自分に相馬眼があるかどうか賭ける意味で◎にしてみたい。血統的にも平坦の短距離は最適条件だし、9頭と少頭数なので無様な競馬はしないはず。エールドクラージュではなくこちらを応援するために、帰省ラッシュで大渋滞中の関越道を走りつつ新潟入りする予定。

◆8/12(日)小倉6R 3歳未勝利…△デルフィーネ
今回が7戦目となり、通常の未勝利戦は今開催で終わるため、ここは進退を賭けての出走となる。調教時計は今までで一番良いし、武豊騎手に「芝向き」と、中舘騎手には「パンパンの良馬場向き」と評されたことから、力を出せる条件ではあるはずで、うまく外枠を引いてスンナリ先行できれば単式圏もあり得る。馬体だけ見ればとても未勝利で終わる馬ではないが、今回3着までに入らないと引退となる可能性が高い。

| | コメント (0)

2007.08.03

CONTENT'S FUTURE

Contents_future_本日発売の『コンテンツフューチャー』という書籍に、「CGM(消費者発信型メディア)の現場」についての対談・インタビューの模様が掲載された。インタビュアーは、AV機器のテクニカルライターである小寺信良さんと、IT・音楽ジャーナリストの津田大介さんという、お馴染みのお二方。

CGMは、掲示板などの「器」の部分は用意するが、著作物を自分たちの手で作り上げているわけではないため、正直なところ「コンテンツ」を語る資格やノウハウはないけれど、取材・構成・編集の巧さによって、面白い記事になっているので、書店で目にする機会があれば是非ご覧ください。

今まで、趣味の世界・業務上で結構多くの取材を受けてきたけど、本の表紙に自分の名前が載るのは初めてだし、蒼々たる顔ぶれに混じって掲載されているだけに、ちょっとした嬉しさとともに気恥ずかしさも覚える。

| | コメント (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »