« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007.03.30

ここは確勝の鞍

今週の出走は3頭。
社台のキングスデライトとゴットザビートが同日に別々の競馬場で出走し、どうやっても両馬を現地応援することはできないので、まず間違いなく勝てそうなゴットザビートを応援に中山入りすることに。

◆3/31(土)阪神7R 3歳500万下…△キングスデライト
芝の2400m戦へ。母父がリアルシャダイなので血統的にはこのくらいの距離もこなせそうで、折り合いに不安のないタイプなので意外と面白いところもあるかもしれない。9頭立てと手頃な頭数だし、戦ってきた相手が違うので、何とか掲示板の上の方に載って欲しい。もしここを勝ったら、ダービートライアルでも色気が出てくる。

◆3/31(土)中山12R 4歳以上500万下…◎ゴットザビート
ここは確勝。ようやっと大外枠を引けました。前走のタイムがあまりにも平凡なので、意外と人気はしないかもしれないが、大外枠ならスタートで安目を打っても押して先団に取り付けられるし、前走のようなことはあり得ない。調教内容からしても明らかに前走以上で、ちゃんと返し馬ができるようならドカンと勝負しても良いほど。

◆4/01(日)福島4R 3歳未勝利…▲オリジナルカラー
前走はアッと驚く3着だったが、今回は坂路調教の時計にも明らかに進境が見られ、ここは上位争いできそう。スンナリ先行できれば前走以上も。

| | コメント (0)

2007.03.20

佐賀競馬場


先週の土曜日は、フサイチの冠号でお馴染みの関口房朗氏が佐賀競馬場でトークショウを行うということで、福岡空港経由で佐賀入りした。
賞金水準は高知や福山に比べると良く、下級条件のレースでは連闘で使われる馬が多かったものの、全体的にはまだ出走馬にも活気があり、熱心な地元ファンも多く見受けられ、地方競馬ならではの、のんびりとしつつも熱いレースが満喫できる。
フサイチ会長は、この日は特に爆弾発言はなかったものの、地元の人からの声援に上機嫌で、馬頭観音ストラップをバラ撒いたり、フェンス際のファン1人1人に握手したりと、相変わらずサービス精神旺盛だった。

| | コメント (0)

2007.03.19

やはり重賞は甘くない…

中山の2戦は現地観戦。ともに記念撮影が当選したが残念ながら口取りは叶わず。

◆3/18(日)阪神1R 3歳未勝利…▲ティルフィング → 6着
ゲートはやや出負け。後方からの指示が出ていたようで、後ろからの競馬になったが、あまりの超スローペースのため、この時点でレース終了。4コーナーでは故障した馬のアオリも食らい、全く中身のない6着で終了。

◆3/18(日)中京4R 3歳未勝利…△クルックス → 8着
これがデビュー戦だったが、馬体そのものは抜群に良い。ただ、前肢の出がかなり強張っていてこれはダート向きかなといった印象。レースではスムーズに先行でき、4コーナーでは外を回して一旦先頭に立ったが、そこで内からぶつけられ、態勢を整えているうちにズルズル下がって8着入線。センスはいいので、そのうち順番は回ってきそう。少なくとも未勝利で終わる馬ではない。

◆3/18(日)中山7R 3歳500万下…▲プラテアード → 3着
Plateado_1 数を使ってる割には好気配。今回は外をブン回さず、敢えて馬群の中に突っ込ませた模様。直線に入っても馬群をこじ開けて差し込んできたように、だいぶレースぶりは良くなってきた。このメンバーならスンナリ勝って欲しかったが、内容自体は悪くない。



◆3/18(日)中山11R スプリングS(G2)…×ニードルポイント → 10着
Needle 1頭交わして10着となり、無事に賞金を稼げた。馬体は目一杯の仕上げで、いつもに増してよく見えたが、平凡な時計のレースで特に見せ場も作れなかったあたり、やはりダート向きなんでしょう。夏になって条件戦からまた頑張って欲しいところ。

| | コメント (0)

2007.03.17

皐月賞トライアルに出走

今週は日曜日に4頭出走予定で、ニードルポイントが皐月賞トライアルのスプリングS(G2)へ挑戦する。例年荒れるレースで、しかも鞍上は大穴男の江田照とあれば、ちょっと期待してしまう。

◆3/18(日)阪神1R 3歳未勝利…▲ティルフィング
芝のレースに出走させたかったようだが、この時期は芝のレース自体が少なく、優先出走権を持ってないとなかなか厳しい。前走、ようやっとゲートをマトモに出られるようになったので、多少の前進は見込めるが、メンバーを見渡すと時計面で上位の馬が他に2頭いて、ここは3着争いの筆頭級かと。

◆3/18(日)中京4R 3歳未勝利…△クルックス
シーザリオの妹がいよいよデビュー。当初予定していた武豊騎手にフラれ、次いで手配した岩田騎手でもなく、結局乗るのは塚田騎手。でも1キロの減量があるし、メンバーもそう強力ではなさそうなので、上位争いも可能かもしれない。ただ、南半球産で遅生まれということもあり、陣営から強気な声は全く聞こえてこない。

◆3/18(日)中山7R 3歳500万下…▲プラテアード
平場戦に回ったせいか、だいぶメンバーは軽くなった。今回は四位騎手が鞍上で、今までと違った面を引き出してもらえないかと期待している。ただ、相変わらず馬込みに突っ込むとダメそうなので、また外をブン回さないと好走できないかも。外枠を引けるかどうかがカギ。

◆3/18(日)中山11R スプリングS(G2)…×ニードルポイント
実績はダートだけだが、奥平調教師は以前から「いずれ芝でも」と語っていたし、今回は妙に期待しているようなので、意外と馬鹿にしたもんじゃないのかも。坂路調教で好時計を連発しているように、坂は全く苦にしないので中山は合ってそうだが、さすがに距離が長いような気はする。1頭交わして10着までに入れば賞金が出るので、何とか頑張って欲しい。江田照ジョッキーの意外性にもすがりたい。

| | コメント (0)

2007.03.16

大井競馬場


確定申告とベトナムファンドセミナーのために有給を取ったのだが、手違いでセミナーの申し込みが成立していなかったので、せっかくだから近場の大井競馬に行ってみた。数年前にトゥインクル開催に行ったことはあったが、昼間の開催は初めて。地方競馬の中では最大手だけあって、コース・施設ともに立派。でも、食べ物や場立ちの予想屋の風情なんかにちょっとローカルっぽさも残っていて、そのバランスが絶妙で楽しい。

せっかくだから、今年中に全国の地方競馬場巡りをしようかなと思っていたところ、岩手競馬の廃止がほぼ決定的なようで残念。。。地方競馬で唯一芝コースがある盛岡競馬場は是非見ておきたかったのだが。

| | コメント (0)

2007.03.13

ベトナムファンド

商店街を歩いているときに、「ベトナムファンドセミナーの申し込み受付中!」と店頭で告知している証券会社が偶然目に入った。それがアイザワ証券というちょっとマイナーな証券会社で、なんでも去年の秋頃からベトナムファンドを販売しているらしい。
ちょいと調べてみると、申し込み手数料や信託報酬の類もまぁ妥当な線で、これなら十分投資対象になり得ると見て、とりあえずそのベトナムファンドのセミナーを受講してみることにした。
ただちょっと気になるのは、このファンドの運用レポートを見ると、純資産の21.1%しかベトナム株を組み入れておらず、現金を67.4%も保有している点。レポートに曰く、「(ベトナム)市場が過熱気味なので現在の組み入れ比率は妥当と考えている」とか。なので、本当の買い時は一旦大きめの調整が起きてからなのかもね。

| | コメント (6)

2007.03.12

恐山

ちょくちょく国内旅行はしているが、最近無性に行きたくてしょうがないのが、青森県の恐山。
別にイタコの口寄せを頼みたいわけではなく、水子の供養(心当たりはない)でもなく、純粋に観光目的で。この絶望的なまでに荒涼としつつも美しい風景にどうしようもなく惹かれるのは自分だけでしょうか。。。恐山の中に宿坊があり、ここで精進料理をいただきつつ宿泊し、朝のお勤めまでできるらしいので、今年中に何としても行くつもり。ちなみに開山期間は5月から10月までの模様。

| | コメント (0)

2007.03.11

連続2着

P1030038◆3/10(土)中山8R 4歳以上500万下
 ◎ゴットザビート → 2着
ポンとゲートを出て、芝の部分では悪くない行きっぷりで中段に付けられたが、その後鞍上の手が激しく動いても反応せず、3コーナーあたりでは後方2番手からの競馬。ただ、そこからよく追い込んで最後は2着まで押し上げてきた。
3歳の未勝利戦にも劣るタイムで内容は全く褒められないが、それでも2着の賞金が入ったし、次走の優先出走権を確保できたので良しとしましょう。

パドックの気配は良くも悪くも普通に見えたが、軽めの調教に終始し、また今回も返し馬ができなかったように、肩のあたりに疲れが残ってるのかもしれない。

| | コメント (0)

2007.03.09

順当に3勝目を

日曜デビュー予定だったクルックスは、武豊騎手の都合がつかずに来週に回った。というか52キロじゃ乗れないでしょう。今週は初出資馬ゴットザビート1頭の出走。

◆3/10(土)中山8R 4歳以上500万下…◎ゴットザビート
この馬は、ダート1200mの良馬場なら常に1:12.8で走破でき、相手を見渡すとその時計で走れそうなのが全く見当たらず、しかもこれといった先行馬もいなくて展開面でも有利なため、ここは順当に勝機。ただし、スタート地点の芝が非常に苦手で、またスタートダッシュが利かずに最後方からの競馬になる危険性もある(ちなみに前走2着だった京都ダート1200mは、スタート地点から全てダートコース)。

| | コメント (0)

2007.03.05

高知競馬場・福山競馬場


土曜日に高知競馬場へ行ってきた。
ハルウララ引退の影響で今年の正月に廃止寸前まで追い込まれ、極限まで経費が切り詰められて、下級条件のレースでは1着賞金が9万円に設定されている(この日の最高賞金レースでも1着15万円)。まず競馬場に入ってビックリしたのが、お客さんの少なさ。平日ならいざ知らず、土曜日なのに500人いるかいないかのレベル。施設もあちこち傷みや錆びが目立ち、正直なところ先行きは非常に暗いように見受けられたが、それでも「パドック→返し馬チェック→検討→馬券購入→レース観戦」という一連の作業がまったりと楽しめ、競馬好きなら相当楽しめるはず。是非また遠征したい。



日曜日には広島県の福山競馬場へ。
この日はアラブの重賞レース(キングカップ)が組まれていたせいか、高知競馬に比べるとお客さんの入りが段違いの多さで驚く。でも、重賞レースと言っても1着賞金は65万円。。。コース自体は高知よりもさらに小さくてコーナーもキツいが、それでもマクりや差しが結構決まっているし、スタンドからコースまでの距離がごく近いため、中央競馬では決して味わえないド迫力の競馬観戦が満喫できる。場内で販売されている尾道ラーメンもなかなか美味しかったし、大道芸人による催し物があったりして、競馬ファン以外でもそれなりに楽しめそう。

| | コメント (0)

2007.03.04

今週のレース結果

今週は全てVTRでの観戦で、パドックでの気配はよく分かりません。

◆3/3(土)阪神1R 3歳未勝利…△ティルフィング → 4着
ようやくゲートをマトモに出てくれて、鞍上が押して2番手につけた。ただ、押しすぎたのがいけなかったのか、向正面ではやや引っ掛かるような感じで抑え付け、スローに落ちたところを3コーナーから外からマクられて3番手に後退するチグハグな展開。ダートより芝の方がいいかもしれない。

◆3/3(土)中京2R 3歳未勝利…×オリジナルカラー → 3着
新人の宮崎ジョッキーはフォームもキマってるし巧い。過去2戦とは打って変わって先行し、逃げ馬を終始突っついたが最後の直線では逆にこちらがバテてしまったが、それでもオドロキの3着入線。3連続9着以下になって出走停止処分を食らうどころか、次走の優先出走権を獲得してしまった。また宮崎ジョッキーに乗ってもらいたい。

◆3/3(土)中山9R 黄梅賞…△プラテアード → 3着
前走で脚を測れたこともあり、今回も後方からの競馬。良い感じで外に出せて大外をブン回しての追い込みに賭けたが、中山ではなかなか前を捕らえるまでは行かず3着(同着)。こちらは芝ではなくダートを使って欲しいところ。

次週は、土曜日にゴットザビートが確勝を期して鞍上に大先生を迎えて中山で出走し、日曜日にはシーザリオの妹であるクルックスが武豊騎手でデビュー予定。

| | コメント (0)

2007.03.02

今週の出走予定

今週はキャロットの馬が土曜日に3頭出走します。
この土日は高知競馬・福山競馬へ旅打ちしに行くため、今週の応援はなし。

◆3/3(土)阪神1R 3歳未勝利…△ティルフィング
7頭立てと少頭数になり、普通なら色気が出てきそうだが、時計面で図抜けた馬が1頭いて、最高に上手く行っても2着止まりか。この馬としても結構な調教時計を叩き出しており、状態面はなかなか良さそう。ゲートをマトモに出てくれるかどうかで決まりそう。

◆3/3(土)中京2R 3歳未勝利…×オリジナルカラー
調教時計だけ見ると全く変わってきませんなぁ。3戦連続9着以下で1ヶ月の出走停止処分を食らいそう。この日デビューの宮崎ジョッキーの初騎乗馬となる。3キロの減量特典を生かして好きなように乗ってもらいましょう。

◆3/3(土)中山9R 黄梅賞…△プラテアード
ヘタするとまた1番人気になる可能性も。前走はスローな流れの中で鬼脚を使って4着まで追い込んできたが、中山コースで同じ芸当ができるかどうかは疑問。もし仮にここで勝ってくれるようなら、マイル重賞でも楽しみが広がるけどねぇ。とにかく外から被されると全く駄目なタイプで、逃げるか最後方からかの極端な競馬しかできないので、残念ながら今回も危険な人気馬としか言いようがない。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »