« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006.03.28

超悪趣味な日立のキャンペーン

日立グループが「モノづくり」の企業姿勢を伝えるキャンペーンを行っている。
それはそれで全く結構なことだけど、このキャンペーン告知に、黒澤明監督の顔写真に歯車でかたどった「つくろう。」を重ねた画像が使われている。
この画像をたまにニュースサイトの広告で目にすることがあるが、パッと見、黒沢監督が天然痘にでもなったかのようなグロさで、見るたびに気持ち悪くてしょうがない。せめて監督の顔と「つくろう。」を重ねなければいいのに。こんな画像を作ったデザイナーの神経はどう考えても異常だし、OKを出した担当者も完全に病気。しかもご丁寧なことに、壁紙&スクリーンセーバーまでプレゼントしている。デスクトップに喜んで貼る人はいるのかね?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.03.26

デビュー戦は9着

パタゴニアウインドのデビュー戦は9着でした。
パドックの気配はなかなか良好で、馬体に張りがあって歩様もスムーズだった。ただ初出走馬らしくキョロキョロ落ち着かないようで、馬体ももう10kgぐらい絞りたい印象。レースは、ポンとゲートを出て難なくハナを切ったが終始2番手の馬に並ばれる苦しい展開。それでも残り200mくらいまではよく粘ったものの、そこからはさすがに失速しての9着。ただし着順ほど負けておらず、楽にハナを切るスピードはあるので、ビシっと追えるようになればすぐにでも勝てそうだ。
060326

| | コメント (2) | トラックバック (0)

前売りオッズ

パタゴニアウインド、競馬ブック・日刊競馬ともに本誌予想◎で、今日の午前2:30現在では単勝3.2倍の1番人気と、初出走の割にかなりの支持を集めている。
昨年の9月に北海道の牧場で見て以来、馬体がどう成長しているのかを見るのも楽しみ。かなり大柄なので490kgは切っていて欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.24

期待と不安のデビュー戦

パタゴニアウインドの出馬が確定しました。3/26(日)中山第1レースでデビューを迎えます。
出馬表を見ると、持ち時計上位とか超良血など確たる強敵も見当たらないが、なにせこの馬はまだレース経験がないので、どこまでやってくれるかは全くの未知数。
でも最終追い切りでは水準級の時計を馬なりで出しているし、ケータイ版の競馬ブックにある『厩舎回り特選』のコーナーでは「ゲート自体は速くないけど二の脚が速いし、気性的にも初戦向き(助手)。穴で注目」と推奨馬に挙げられていて、ここに来てだいぶ色気が出てきた。

ゴットザビートのような既走馬なら、走破時計やレースぶりなどでだいぶ実力が測れるため、そう過度な期待も不安もないけれど、パタゴニアウインドはこれがデビュー戦なので、もしかしたらG1級の走りを見せてくれる可能性も皆無ではないし、逆に箸にも棒にも引っかからないようなレースをするかもしれないしで、異様なまでの期待と不安が交錯する。出馬が確定した昨日の夕方から全然落ち着かないけど、これがまた言いようもない、馬に出資することの楽しみでもあるんですね。

明日の午前10時過ぎに枠順が確定するけど、初戦なので外枠を引いて欲しいところ。競馬新聞にどれくらい印が付いているのか見るのもまた楽しみで仕方がない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.03.22

Google Finance

本日リリースのグーグルファイナンス(リンクはgoogleの株価)、この鼻血が噴き出しまくりの便利さは凄い!日本版を何とか早くリリースして欲しいなぁ。間違いなく日本の株式市場がより「効率的」になるはず。たぶん無料のサービスになるだろうけど、月額4980円くらいなら喜んで払うよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.21

WBC優勝で…

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で日本が劇的な形で優勝した。大いに日本人のナショナリズムが刺激されたと思うけど、こういう時の翌日って日経平均は上がるのかねぇ?
特に株式市場には影響ないような気はするけど、いつもよりは下げにくくなるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.20

パタゴニアウインドのデビュー戦

今週末3/26(日)に、2頭目の出資馬パタゴニアウインドがようやっとデビュー戦を迎える(予定)。
1歳夏の時点ではだいぶ馬体が成長していたし、サクラバクシンオー産駒なので2歳戦からガンガン活躍してくれるかと期待していたが、これといって大きな怪我はなかったのに新馬戦が全て終了した後でのデビューとなった。

母方が晩成の血統なのでデビューが遅れたのは仕方がないとして、現時点でも調教後にスクむようで(疲れからくる筋肉硬直)、1週前の時点ではまだ強い調教ができないような状態らしい。動きをこの目で見たわけではないので何とも言えないが、調教のタイムだけ見るとデビュー戦で大きな期待を寄せるのは酷といった印象。伊藤圭三厩舎なので鞍上は津村・小野・伊藤直ジョッキーあたりが有力で、あとは仕上がり途上でもポンと走っちゃうサクラバクシンオーの血に期待を寄せたい。日曜中山第1レースのダート1200m戦(牝)を予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.19

14年ぶりの完全復活

最近もそれなりにゲームソフトを買ってはいるが、一部レースゲームやシューティングを除いてマトモに遊ぶことは極めて稀で、プレイ時間は年々減る一方。でも今年に入ってようやくちゃんとクリアまで遊びそうなソフトが出現した。それがDS版の「天外魔境II」。

元となったPCエンジン版の大ファンで、RPGとしてはドラクエよりも好きなほどだった。それが2003年にPS2・GCで復刻されたときは大喜びしたものだが、いざ買ってプレイしてみると、シナリオこそ原作を踏襲しているものの、戦闘のたびにディスクを読み込んだり、戦闘を終えてフィールド画面に戻るとメインBGMがまた最初からになったりと、PCエンジン版をプレイした人間にとって極度に失望させられた移植具合だった。

そして今回のDS版、ROMカードなのにキャラクターがちゃんとしゃべるし、BGMもPCエンジン版と遜色がない重厚感、戦闘後もフィールドBGMがそのまま続いてたりと、狂喜乱舞の完璧移植。PS2・GC版で裏切られていただけに喜びもひとしお。

「天外魔境II」は、総プレイ時間が70~80時間とかなりボリュームのあるソフトだけど、戦闘はサクサク快適に進むし、フィールドの移動も速いしでムダな時間がほとんどなく、非常にテンポが良いので遊んでて疲れない。このDS版は久々にエンディングを迎えられるソフトになりそうだ。最悪でもマントーやデュークぺぺは見ないと止められない。

こういうゲームが14年前に発売されてたと考えると凄い。逆に、その14年間で「天外魔境II」を超えたRPGが何本あったかと考えると。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.03

初の特別戦

ゴットザビートが3/5(日)の中山9レース御宿特別に出走する。
特別戦に出走するのはこれが初めて(同じ条件でも平場のレースに比べて賞金が約1.5倍)。マトモならまず敵いそうもない馬が2頭いるが、ハンデ戦なので意外と好勝負に持ち込めるかもしれない。少しでもロスのない競馬にしたいところなので、今回はぜひ内枠を引き当てて欲しい。
ちなみに月曜日発売の競馬週刊誌を見たらかなり印がついていたこともあり、4番人気くらいになりそうな感じ。もちろんまた中山まで応援に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.02

Nintendo DS Lite

今日はNintendo DS Liteの発売日。
ニューハードではなく、あくまでDSのマイナーチェンジ版に過ぎないので、Myルールでは買わなくてもいいハード。もともとDS自体品薄が続いていて、このLiteは予約を受け付けている店が極端に少なく、出荷数も少ない(伝聞)せいか、なんか今回は買おうとしている人がみんな殺気立ってる印象を受け、とてもじゃないけど入手合戦に加わる気になれない。

何気なく価格.comのDS Lite掲示板を見ていたら、「家庭数」という非常に懐かしい単語を20年ぶりくらいで目にした。小学校でプリントが配布される時に使われたよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »