« 1日に2つのG1レース | トップページ | 「ドラクエ8」ほんの序盤だけ »

2004.11.29

ジャパンカップ回顧

ジャパンカップ

本命のホオキパウェーブは、最後方追走から1周回ってきただけの大差シンガリ負け。
道中全く追うそぶりすら見られなかった割には故障したわけでもなさそうで、いったい何が起きたのかサッパリ分からず、回顧のしようがない。
こういう不可解なレースをされては馬券を買う気が失せる。
2番手でピタッと折り合えたコスモバルクは、やはり中距離では現役最強クラスということが証明され、いずれ近いうちにG1を勝てるのは間違いない。それより、長期休養から復活したヒシミラクルが元気なところを見せてくれたのが何より嬉しい。


ジャパンカップダート

ローエングリンが快調に飛ばしたため、かなりのハイペースになり、こういうスタミナ比べになればタイムパラドックスの出番。鞍上の手綱裁きもお見事。
アドマイヤドンは毎度の事ながら調教・パドックともあまり良く見せるタイプではないので、気配を知ることが難しい。3着のジンクライシスをようやっと交わした程度で不満の残るレースぶり。
3着のジンクライシスは、これでダート戦全て馬券に絡み、しかも距離をこなせることが分かって来年が実に楽しみになった。

|

« 1日に2つのG1レース | トップページ | 「ドラクエ8」ほんの序盤だけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36774/2098676

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップ回顧:

« 1日に2つのG1レース | トップページ | 「ドラクエ8」ほんの序盤だけ »