トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004.11.30

インドオープン

インド株式の投資信託「HSBCインドオープン」良さげ。
リンク先にも書いてあるように、インドはIT関連が飛躍的に伸びているというイメージもあり、どこかに寄付したつもりでお小遣い程度の額を入れてみるのも面白そうだ。1年後には小粋なレストランで食事できるくらい増えてるかも。
ちなみにちょっと前まで「HSBCチャイナオープン」という投信がもてはやされていたが、今は伸びも一巡してあまり妙味がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の狙い株

上場から3ヶ月しか経っていないのに、業績を大幅下方修正したイーネットジャパンに注目(「いーでじ」を運営してる会社)。
元々初値の100万は明らかに過熱気味で、適正価格の50万近辺をウロウロしていたところ、ここ最近は好決算&分割期待で60万まで買われていた銘柄。
ところが好決算どころか一転しての半期赤字決算で、通期の見通しも大幅下方修正され、その決算を受けて月曜日はストップ安で比例配分もなかったほど売り浴びせられた。
この気配では上場来安値の約40万を割る可能性が高く、火曜S安-5万、水曜S安-5万となり、木曜の寄り付きで安くなったところを1株手を出してみたい。
楽天で3年連続グランプリを受賞していることもあり、いずれまた陽の目を見るはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イー・トレード証券

本日は某証券会社で当ててもらったイー・トレード証券の上場日。
公募価格は40万で、類似企業の松井証券・マネックス証券と比較すれば、80万くらいの値段が付いてもおかしくないが、公募売出株数が6.3万株と多めなので、平穏な初値になりそう。悪くても50万近辺、多分60万程度、あわよくば70万といったところか。
明日は11時ジャストに売り買いの注文を寄せて初値を確定させ、この銘柄は取引が終わるので、とりあえず欲深く70万売りで注文を出してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.29

「ドラクエ8」ほんの序盤だけ

発売日の昼過ぎにアマゾンから届いた「ドラクエ8」、ようやくプレイできたが、画面が3Dになったせいか、ほんの30分程度で気分が悪くなりギブアップ。
N64「007ゴールデンアイ」やXbox「HALO」などのFPSは1分遊んだだけでもゲロゲロに酔う体質なだけに、ちょっと今回のドラクエはクリアするのが難しいかもしれず。。。
やはりスーパーファミコン版の平面ドラクエが一番遊びやすいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパンカップ回顧

ジャパンカップ

本命のホオキパウェーブは、最後方追走から1周回ってきただけの大差シンガリ負け。
道中全く追うそぶりすら見られなかった割には故障したわけでもなさそうで、いったい何が起きたのかサッパリ分からず、回顧のしようがない。
こういう不可解なレースをされては馬券を買う気が失せる。
2番手でピタッと折り合えたコスモバルクは、やはり中距離では現役最強クラスということが証明され、いずれ近いうちにG1を勝てるのは間違いない。それより、長期休養から復活したヒシミラクルが元気なところを見せてくれたのが何より嬉しい。


ジャパンカップダート

ローエングリンが快調に飛ばしたため、かなりのハイペースになり、こういうスタミナ比べになればタイムパラドックスの出番。鞍上の手綱裁きもお見事。
アドマイヤドンは毎度の事ながら調教・パドックともあまり良く見せるタイプではないので、気配を知ることが難しい。3着のジンクライシスをようやっと交わした程度で不満の残るレースぶり。
3着のジンクライシスは、これでダート戦全て馬券に絡み、しかも距離をこなせることが分かって来年が実に楽しみになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.28

1日に2つのG1レース

今までは土曜日にジャパンカップダート、日曜日にジャパンカップを開催していたが、今年はJRA創立50周年を記念して、1日に両方の国際レースを開催することになった。来年から再び土日分割開催に戻るらしいが、地方競馬の祭典JBCの盛り上がり方を見ても、やはり同日開催の方が圧倒的にレースへのイレ込み方が違うので、このまま同日開催を続けて欲しいところだ。以下予想。

ジャパンカップ
◎ホオキパウェーブ
○ハイアーゲーム
▲ナリタセンチュリー
△ゼンノロブロイ

外国馬・日本馬ともにレベルが低いため、ここは思い切って3歳馬の◎ホオキパウェーブを本命に。前走は3角で物見をした分、最後詰めを欠いてしまったが、息の長い末脚はまさに府中向きなのは明白で、陣営が菊花賞以上の状態で間違いなく好勝負と豪語しており、ここは乗ってみる手だろう。左回り+鞍上強化で○ハイアーゲームも見逃せず、オールカマーは出走取り消し寸前だったほどの状態で、菊花賞は出遅れて疲れが残るほど走っておらず、ここは巻き返し必至。珍しく鞍上がG1で超強気の▲ナリタセンチュリーも狙い目で、府中向き血統+400m延長と条件が好転し、ゼンノロブロイを完封した脚はこのメンバーでも脅威。安定度で△ゼンノロブロイも押さえるが、あまり強調材料はない。実力的にはコスモバルクも当然勝ち負けだが、引っかかろうが何しようが勝負を捨ててでも絶対に抑えると見て今回は消し。

買い目:単勝14番、馬単&3連単4=9=12=14
自信度:B


ジャパンカップダート
◎アドマイヤドン
○ローエングリン
▲タイムパラドックス
△ユートピア
△[外]トータルインパクト
△[外]オミクロン

ここは◎アドマイヤドンで仕方がない。ただ、アドマイヤドンを負かす可能性があるならば、○ローエングリンの逃げ切りか。そのローエングリン、血統的にはむしろダートは大プラスで、芝では詰めの甘い現状から見てもダートで逆襲するというシナリオも十分考えられる。砂を被らないようなレースをしやすい大外枠を引いたことも好材料。以下2着候補として、距離大歓迎の▲タイムパラドックス、これも気分良く走れば前残りもある△ユートピア、実績は文句なしの外国馬△トータルインパクト、あまりにも場違いな感じでここへ出走してきた思惑が気になる△オミクロン。

買い目:馬単 10=16、10→5、10→7、10→11、10→14
自信度:C

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ作成

作っては削除・作っては削除を繰り返していたブログ、RSSの勉強も兼ねてちょいと本格的に運用してみようかなと。
ブログ名の「遠藤散財コンサルタンツ」は、船井財産コンサルタンツという会社をもじったもので、一瞬暴騰したものの現在は下がる一方の同社株と、自身の浪費癖をかけた名称。
内容的には、土日は競馬、平日は株や買い物関連になる公算が大。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年12月 »