2017.06.24

今度こそオープン特別勝ちなるか?

先週は2勝を挙げてようやっと長いトンネルを抜けられた。今週はオープン特別での勝利が期待できそうで楽しみ。

◆6/24(土)東京2R 3歳未勝利…△カヴァレリア(横山典)
デビュー以来3戦して全て東京ダート1600m戦を1分40秒ちょっとで走っている。このタイムではまだ未勝利を卒業できる水準には達しておらず、さらなる上積みが欲しいところ。ここまであまり馬に走る気が見られなかったのが、今回は調教でだいぶ動けるようになったし、今回も同じ東京ダート1600m戦で今まで通り走れば入着争いには加われる計算で、ある程度前のポジションを取れるようなら入着以上の期待も。

◆6/24(土)阪神8R 3歳以上500万下…×デューズワイルズ(松山)
未勝利の頃は堅実に走れていた馬が、500万条件に昇級してからは9着・8着と苦戦している。スタートが悪い馬で、さすがにクラスが上がると道中マクって進出するのは難しく、ここも苦戦は必至。カジノドライヴ産駒のせいか馬体に成長が見られないのも悩みどころで、レースに出走するごとに馬体が減っているのもマイナス。せめてスタートダッシュが利くようにならないと厳しいし、今ならダートよりも芝の方がまだ良さそう。

◆6/25(日)東京11R パラダイスS…◎グランシルク(戸崎)
オープン特別なら2着、重賞なら3着と、常に好走はできているもののなかなか賞金を増やせずもう一歩のレースが続いている。追い込み脚質のこの馬にとっては、今回9頭立ての少頭数になったのは好材料で、ロスなく馬群を捌けそうだし、オープン勝ちはないとはいえ実績面・時計面ともにヒケをとらず、ここは勝ち負けの競馬に持ち込める。日曜日は雨の予報で、重馬場以上に悪化すると減点が必要か。オープン特別は通算66戦して不思議と勝てていないけど、ここはチャンス十分。重賞2勝のロードクエストが強敵。

| | コメント (0)

2017.06.22

ショコラヴェリーヌ16

先週の6/16(金)に行われた社台・サンデー1歳募集馬見学ツアーに参加し、昨年とは違い、今年はスカッと晴れて適度に風があって暑くもなく非常に快適な見学日和でした。展示された馬はほぼ全頭見て回ったものの、牧場で良いと思った馬が活躍したためしがないので、今年は参加前から申し込んでいた地方オーナーズのショコラヴェリーヌ16(牡 父:エンパイアメーカー)1頭のみの申し込みに。

お母さんのショコラヴェリーヌは1歳の募集当時にかなり気の悪い面を見せていたのに加え、この仔はお父さんがエンパイアメーカーなので、相当うるさいだろうと覚悟していたら、気が悪いというよりは気が小さくて少しのことで過敏に反応して、ほとんどじっと立ってられないほど。それでもつぶらな瞳をしていて、とても牡馬には見えないほどの可愛らしさ。この先、馴致や調教でスタッフの方がだいぶ苦労しそうだけど、1歳の6月にしては体つきがしっかりしているし、このまま順調に進めばいい馬体でデビューできそう。

申し込み締め切り前日時点で既に第1希望で19口の申し込みがあり、最終的にはその倍くらいの件数になりそうだけど、直近4年間の実績が220万円なので出資が確定するのでは。
Ke3a3821 Ke3a3736

| | コメント (0)

2017.06.17

クラス再編後で苦戦必至

今週は5頭が出走し、日曜のアンデスクイーンは立ち回り次第で2勝目を挙げらるかも。他の4頭は単式圏までは厳しそう。

◆6/17(土)阪神3R 3歳未勝利…▲ウィッシュノート(△荻野極)
ここまで10戦して入着が7回と、堅実に走れてはいるもののなかなか勝つまでには至らない。それでも前走は勝ち馬から0.1秒差の惜しい内容で、以前に比べると前へ行けるようになっていて、今回も好勝負には持ち込めるはず。前へ行きたい馬が内枠に揃ったので、それらを行かせてマークする形になり、レースはしやすいはず。中京の急坂は合わなそうだし、小倉のダート1000mでは距離不足なので、何とかここで決められないか。

◆6/17(土)阪神12R 3歳以上500万下…×ブレッシングテレサ(☆加藤祥)
新馬勝ち以降は5戦していずれもサッパリのレース内容が続いている。ただ前走は13着とはいえ、馬群の中で折り合って我慢できていたし、直線に入ってもレースを諦めずに脚は使えており、僅かながら上昇の兆しは見える。今回は初の芝1600mへの距離短縮になるし、1000万条件からの降級馬もいてメンバーレベルが高くなり常識的には苦戦必至だけど、道中我慢させて終いの脚を使うようなレースを覚えさせれば、少なくとも500万条件なら通用するようになるはず。

◆6/18(日)函館4R 3歳未勝利(牝)…△インハーフェイバー(△坂井)
前走は後方から3コーナー手前で仕掛けたものの、4コーナーで物見をして後退し、直線また盛り返すというチグハグなレース内容。過去2戦して5着・6着とソコソコ走れているので互角のスタートを切れれば前進できそうだけど、500キロ超の大柄な牝馬で器用さに欠ける面もあり、函館の小回りコースが向いているかは微妙なところ。それでも今回のメンバーに入れば前走の時計は威張れる水準で、スムーズにレースを運べるなら上位も。

◆6/18(日)阪神6R 3歳以上500万下(牝)…○アンデスクイーン(デムーロ)
ダートなら堅実に入着できていて、前走は直線で進路がなくモタつきながらも惜しい2着と、2勝目は近そう。前走と同じダート1400m戦なら確勝級でも、今回は初の1800mへの距離延長となり、前へは行きやすくなるだろうけど、距離がもつかどうか。12頭立てと少頭数に落ち着いたし、抜けた馬も見当たらないので、この距離で好走できるようならレース選択の幅が広がる。ハナは切らずに2~3番手でのレースが理想的。

◆6/18(日)東京8R 3歳以上500万下…△クイックモーション(内田)
前走は盛岡芝コースの交流戦を使い、力の要る馬場に苦戦してスタートからゴールまで終始反応が悪く5着に敗れた。東京コースなら2戦していずれも3着と力を出せる舞台だし、11頭立てでメンバーレベルも低く、差しの生きる流れになれば上位争いも可能。この馬が中2週で使えるのは初めてで、それなりに状態は良さそう。土曜日に5勝を挙げて絶好調だった内田騎手の手綱さばきに期待したい。

| | コメント (0)

2017.06.15

未勝利卒業が絶望的に

社台・サンデーの1歳募集馬見学ツアーは、例年通り2週目1日コースの6/16(金)に行ってきます。地方オーナーズは既にかつての出資馬の初仔であるショコラヴェリーヌ16(牡:父エンパイアメーカー)を第1希望で申し込み済みで、中央入厩馬はパスする予定です。

◆6/06(火)大井11R 東京スポーツ賞…△ブリージーストーム(真島)→4着
休み明けだった前走もパドックではよく見えたけど、今回プラス9キロでも全く太い印象は受けず、むしろ馬体の張り艶がいいしこの馬にしては珍しくキビキビと気合い十分でパドックを周回していて、申し分ない気配。ほぼ揃ったスタートを切り、押して5番手に位置した。向正面の時点で既に真島騎手の手が動き、いかにも反応が悪そうな追走で、それでもラチ沿いの5番手をキープしながら3~4コーナーを回り、直線に向いて懸命に追われても先に抜け出した勝ち馬からは放される一方で、脚色的には外から来た馬に交わされ着外に沈みそうだったものの、最後までバテずに踏ん張って4着は死守した。この馬にとっては時計が速すぎた印象で、真島騎手の腕が終始動きっぱなしだった割にはよく頑張っている。展開次第では更に上の着順も十分可能。

◆6/10(土)東京2R 3歳未勝利…×ルーチェミラコロ(丸山)→6着
3ヶ月ぶりでも馬体に増減がなく、もっと実が入って欲しい印象で、お腹のあたりがスッキリ見えた。パドックでも発汗が目立って落ち着きも欠き、あまり褒められない気配。いつものようにあまりゲートの出が良くなく、後方3番手から。3コーナーに入るあがりではラチ沿いをスルスルと進出して後方5番手くらいにポジションを押し上げ、引き続きラチ沿いの経済コースを通って直線に向くと、ジワジワとは差を詰めたものの目立った脚は使えず、勝ち馬から1.2秒差の6着となった。砂を被ってもヒルまずにしっかり走れたけど、丸山騎手が巧く乗ってロスなくラチ沿いを回った割には勝ち馬に差を付けられてしまい、勝ち上がりに赤信号が灯ってしまった。

◆6/10(土)東京6R 3歳未勝利…△コーブルク(石橋)→7着
4ヶ月ぶりでプラス16キロでも、特に太くは見えずちょうどいいくらいの馬体。ややうるさい面は見せていたものの、伸びやかな歩様で全体的にはよく見えた。スタート直後に隣の馬に激しくぶつけられ、挟まれる形で後方から。平均ペースでかなり縦長の展開になり、ラチ沿いを走って3コーナーに入るあたりでは中団あたりまでポジションを挽回した。その後も外に出せるシーンがなく、馬群の中に入ったままで直線に向き、なかなかピリッとした脚を使えず、特に狭くなるシーンはなかったのに伸びずバテずで7着に終わった。優先出走権を逃してしまい、今後適条件のレースがなく勝ち上がりは絶望的になったうえ、レース後に右トモの骨折が判明し、残念ながらこれで引退になりそう。

【次週出走予定】
◆6/17(土)阪神3R 3歳未勝利…ウィッシュノート(△荻野極)
◆6/17(土)阪神12R 3歳以上500万下…ブレッシングテレサ(未定)
◆6/18(日)函館1R 3歳未勝利(牝)…インハーフェイバー(武豊)
◆6/18(日)東京1R 3歳未勝利…カヴァレリア(横山典)
◆6/18(日)阪神6R 3歳以上500万下(牝)…アンデスクイーン(デムーロ)
◆6/18(日)東京8R 3歳以上500万下…クイックモーション(内田)

| | コメント (0)

2017.06.10

最適条件で一発を

今週は未勝利戦に2頭が出走する。コーブルクは今回の東京芝2000mが最適条件で、休み明けながら何とかここで勝ち星を挙げられないか。

◆6/10(土)東京2R 3歳未勝利…×ルーチェミラコロ(丸山)
栗東の須貝厩舎を放逐されてからの初戦となる。過去4戦していずれも掲示板外では仕方のないところ。短距離血統なのにスタートダッシュが鈍く、後方のまま伸びないレースが続いている。約3ヶ月ぶりでも調教の動きが変わってきた印象はなく、今回も厳しそう。ただ、前へ行きたい馬ばかり揃ったので差しが生きる展開になる可能性があり、直線の長い東京コースならスタートで後手を踏んでも挽回しやすいので、流れがハマれば入着程度ならあり得るかも。

◆6/10(土)東京6R 3歳未勝利…△コーブルク(石橋)
4ヶ月ぶりで今回が2戦目。デビュー戦の前走は体を使えない走りになって追走に苦労したものの、直線でようやっとエンジンがかかって4着に盛り返した。レースを経験したなりの上積みはありそうだけど、蹄を痛がったり筋肉疲労が出たりと順調さを欠いていて、今回も何とか出走態勢が整った感じで、万全にはほど遠い状態。それでも似たような状態でデビュー戦は善戦しているし、血統的に距離が2000mに伸びるのはプラスなはずで、差しが生きる流れになれば入着以上の好走も期待できる。残された時間も少なく、できればここで決めたい。

| | コメント (0)

2017.06.06

条件好転で巻き返しを

1400mかつ重・不良馬場という条件ならここのところ好走できているので、上位争いも期待できるのでは。

◆6/06(火)大井11R 東京スポーツ賞…△ブリージーストーム(真島)
前走は半馬身ほどリードをとってのハイペースの逃げで0.6秒差の9着と、着順ほどは負けておらずレース内容は決して悪くなかった。一度使われての上積みは見込めるはずだし、1400m戦で比較的内側の枠を引いたので、今回もスムーズに先行して粘り混みを図るレースをしたい。他に逃げたい馬は見当たらず、展開面も有利。かなり乗り難しいタイプなので真島騎手に戻るのは好材料だし、意外にも重・不良馬場の方が走れていることから、前日の豪雨もプラスに働きそう。

| | コメント (0)

2017.06.05

圧倒的人気に応えられず連敗継続

今週出走した2頭も勝てずに52連敗中。勝利に一番近いところにいたグラドゥアーレも着外に沈み、浮上するにはまだ時間がかかりそう。

【前週分】
◆5/27(土)京都1R 3歳未勝利…▲ウィッシュノート(北村友)→3着
かなり深いブリンカーを着用。中1週でも2キロ減で済んだし、落ち着いて歩けていて、大きな上積みはなくとも一連の状態をキープしているように見えた。まずまずのスタートを切り、押して4番手を取りに行った。先頭集団のすぐ後ろのいい位置取りで、3~4コーナーはラチ沿いを進んで脚をため、直線に入り口あたりで追われるとジワジワとした脚しか使えなかったものの、最後まで差を詰めて勝ち馬からは1馬身差の3着となった。直線に向いた時には一瞬勝ったかと思うような惜しい内容で、着差も過去10戦の中では最少。だいぶ勝利に近づいてきたけど、決め手のない馬なので坂のある中京コースは向かず、1000m戦で勝つほどのスピードはないので、何とか次走の阪神戦で決めたい。

◆5/27(土)東京2R 3歳未勝利…×ヴァベーネ(▲横山武)→11着
3ヶ月ぶりでもマイナス8キロと減ってしまったけど、まだコロンとした体型なので絞れたと見て良さそう。クビをうまく使って気分良さそうにパドックを周回し、状態面は問題なし。やや後手を踏んでのスタートで後方4番手から。3~4コーナーでは馬群の中に入れてスルスルとポジションを押し上げ、直線に向く頃にはちょうど中団あたりに位置し、直線に向いて上手く馬群の外に出して伸びを期待したものの、そこからは全く脚を使えず11着に終わった。強く追われたわけではないけど、3~4コーナーで脚を使ってしまい、直線に向いた時には既に余力が残ってなかった。東京よりはローカルのダート短距離戦の方が良さそう。

◆5/27(土)東京10R 葉山特別…△レーヌドブリエ(戸崎)→5着
中1週・中1週で3回とも長距離輸送があったせいか10キロ減ってしまい、さすがにこれでは走れない。でも細い割にはイレ込むこともなく落ち着いてパドックを周回できていた。揃ったスタートを切り、抑えず馬なりで馬群の中ほどに位置した。縦長の展開になり、モマれることなくスムーズな追走。3~4コーナーでは抑える余裕もあり、直線に向いて追われると少し狭くなるシーンもあり、馬群の外に出してからはジリジリとした脚では伸びたものの、先頭に迫る勢いはなく5着まで。強行軍の割にはよく頑張っているし、展開次第ではこのクラスを勝つチャンスもありそう。
Ke3a2946 Ke3a3002

◆5/27(土)東京11R 欅S…△ポイントブランク(蛯名)→9着
ここのところ540キロ前後で好走していたので、10キロ増えた548キロはやや太い印象。デビュー当時のように厩務員さんに引っ張られるように歩いていたのも気になった。馬場入場時にバカついてかなり派手に躓き、鼻面と膝を付いてしまうアクシデントが。まずまずのスタートを切り、押してもなかなか前のポジションを取れずに5番手から。3コーナーに入ってもまだジョッキーが促しての追走で、それでも直線に向く頃には馬群の外の4番手から先頭に並び掛ける勢いで上がり、直線に向くとモタモタしてなかなか伸びが見られず4~5番手のままで、残り200mで一杯になってしまい9着に終わった。いつもは労せず先行できるのに、躓いた時に膝を擦ったようで終始反応が鈍かった。
Ke3a3162 Ke3a3231

◆5/28(日)東京4R 3歳500万下…△アンデスクイーン(藤岡佑)→2着
初の長距離輸送があっても馬体が減らなかったのは何よりもの好材料。いつもどおり硬めの歩様ながら、前肢を前に放り出すような歩き方はせず落ち着いて歩けていた。好スタートを決め、押して一旦はハナに立ったものの、他の馬も速くて3コーナーでは5番手での追走となった。手応え十分に直線に向くと、なかなか前がハッキリと開かず進路を探すシーンもあり、残り200mからは馬群の中に突っ込んで狭い間をこじ開けるように伸びてきて、一瞬先頭に立ちかけたものの外から伸びてきた馬の脚色が良く、0.1秒差の惜しい2着となった。1200m向きのスピードはないけれど、1400mならいいポジションを取れるし渋太い脚を使えるので、展開次第では引き続きチャンスがありそう。

◆5/28(日)京都7R 4歳以上500万下…×ブレッシングテレサ(川須)→13着
12キロ増でも特に太くは見えず。首を上下に振ったり、さかんに尻尾を振ったりと落ち着きを欠き、気性面の成長が欲しい。揃ったスタートを切り、急かせず馬群の中に入れる形でちょうど中団から。クビの高い走りながら特に気の悪さは見せず、掛かるでもなく折り合っての追走。馬群の中に入れていたので3~4コーナーでは動けずにポジションを悪くしてしまい、後方集団に下がって直線に向くと、決して止まってはないものの目立った脚は繰り出せず13着に終わった。着順は悪くても今回は馬群の中で我慢ができるようになったし、僅かながら前進はできている。

◆5/28(日)東京9R むらさき賞…◎ストレンジクォーク(ルメール)→10着
いつもパドックではあまり良く見えずトボトボと歩くタイプなのに、珍しく集中して気の入った歩き方でトモの伸びも良く、申し分のない状態。まずまずのスタートからスッと抑えて後方2番手に位置した。2コーナーの時点から掛かり加減なのをなだめながらの追走で、道中は極端なスローペースになったこともあり、何とか抑えている状態。後方2番手のまま直線に向くと、なかなか馬群の外に出さずモタモタしたまま伸びがなく、残り200m地点でもまだ後方2番手のまま。この馬としては33.4秒の脚は使っているものの、レース上がりが33.6秒では差を詰められず、結局10着でゴールした。実績は最上位でデキも申し分なかったのに、ダービー直前のレースで馬場状態を調べるような乗り方をされてしまった。

◆5/28(日)東京9R むらさき賞…▲レッドルーファス(大野)→3着
この馬はパドックでの落ち着きが成績に直結するタイプ。無駄な動作をせず自ら厩務員さんをグイグイと引っ張る感じで力強く歩けていて、文句なしの好気配。好スタートを決め、逃げ馬の直後の3番手に位置した。極端なスローペースになり、ちょうどいい位置取り。緩い流れでもピタッと折り合ったまま、3番手をキープして手応え十分に3~4コーナーを回り、直線に向いて追われるととなかなか前が開かずに進路取りに苦労したものの、最後までいい脚を使って3着となった。やはりこのコースなら堅実に走れるし、少し坂を苦にする面があるので、今なら新潟コースも走らせてみたい。

◆5/29(月)盛岡10R カシオペア賞…◎クイックモーション(山本聡)→5着
パドックの気配は不明ながら、盛岡までの長距離輸送があっても3キロ増なのは好材料。揃ったスタートを切り、控える競馬をしようとしたら反応が悪くてドッと前へ入られてしまい、中団よりやや後方からのレースに。促されながらの追走になってしまい、この時点で苦戦は覚悟。3コーナーに入ったあたりで早くもジョッキーの手が盛んに動き、いかにも手応えが悪くて馬群に沈みそうなところをなんとか5番手をキープして直線に向き、懸命に追われても特に伸びないままで5着に終わった。いつもなら労せず先行集団に付けられるのに、今回はかなり楽なメンバーだったはずなのに最初から反応が鈍くて追走に一杯となってしまった。盛岡の力の要る芝が合わなかったのか。

【当週分】
◆6/04(日)東京1R 3歳未勝利…△キンナリー(戸崎)→3着
前走と同様、大きな歩幅でパドックを周回し、元気いっぱいといった雰囲気で気配は上々に見えた。あまり良いスタートではなく、ダッシュも鈍くて最後方から。後方2番手で3コーナーに入り、やや促し加減の追走。馬群の外を回して4コーナーかた直線に向くと、ジリジリとは伸びたものの、先に抜け出した2頭に迫るほどの勢いはなく3着争いを制したところがゴール。まずまずのレース内容だけど、先行力がないため福島・新潟よりは東京コースの方が良さそうで、続けて使えるかどうかがカギになる。
A43i2052

◆6/04(日)東京3R 3歳未勝利…◎グラドゥアーレ(ルメール)→6着
中2週とこの馬にしては強行軍でも馬体が減らなかったのは好材料。ただ、パドックを周回していくにつれチャカつき始めたし、馬場に出ての返し馬では前肢が全く前に出ないようなフットワークで、レース前から厳しそうな雰囲気。揃ったスタートを切り、馬なりで後方集団から。スローペースになってしまい、道中はやや掛かり加減で抑えるシーンもあり、後方3番手で直線に向くと、馬群の外に出して追われてもモタモタしてなかなか前との差を詰められず、残り100mからはソコソコの脚は使いつつも、掲示板も外してしまい6着に終わった。この馬自身は上がり33.5秒の脚を使っていて、流れが向かなかったとしか言いようがない。もうこの馬の適条件は新潟芝1600mの未勝利戦しか残っておらず、そこで5着に入れなければ引退という厳しい状況に陥ってしまった。
A43i2136 A43i2252

【次週出走予定】
◆6/06(火)大井11R 東京スポーツ賞…ブリージーストーム(真島)
◆6/10(土)東京2R 3歳未勝利…ルーチェミラコロ(未定)
◆6/10(土)東京6R 3歳未勝利…コーブルク(未定)

| | コメント (0)

2017.06.03

50連敗から脱出なるか?

JRA所属馬は現在50連敗中となかなか不振を抜け出せない。今週の出走は2頭と少ないけど、いずれもチャンスはありそうで展開次第では久々の勝利も。

◆6/04(日)東京1R 3歳未勝利…△キンナリー(戸崎)
デビュー戦の前走は、スタートから全く付いて行けず、向正面からスルスルとポジションを押し上げて3着と、既走馬相手にまずまずのレース内容だった。2ヶ月ぶりとはいえ一度使われた上積みはありそうだし、中山よりは東京コースの方が後方からでも挽回しやすそうで、前走入着馬が他に2頭しかいない今回は上位争いに加われるのでは。砂を被っても大丈夫だったことから、あまり前に行かせるよりは控えて直線で脚を使うレースの方が向いてそう。ディープブリランテ産駒なのでスタート直後の芝もプラスに働くのでは。

◆6/04(日)東京3R 3歳未勝利…◎グラドゥアーレ(ルメール)
1400mに距離を短縮した前走は、期待通りの走りで際どいところまで追い詰めたものの、スタート直後に落鉄していたようだし、前を走る馬が蛇行して進路を迷ったことも影響し、クビ差の2着だった。引き続き1400m戦なら勝ち負けに持ち込めるし、今回は良馬場でレースを迎えられそうで、ここは初勝利の期待が高まる。前走入着馬が多くてメンバーレベルは高いけど、時計面ではこの馬が断然の存在で、近走程度走れば勝てそうな計算。ただ、今回がデビュー戦のヴェリタブルが強そう。やや外めの枠を引いたこともあり、決め手を生かす競馬をしたい。

| | コメント (3)

2017.05.26

展開次第では久々の勝利も

今週は土日それぞれ4頭ずつ計8頭が出走する。南関東も含めてここ2ヶ月ほど勝利から遠ざかっていて、今週も確勝級の馬は見当たらないけど、上位争いが可能な馬は多く、流れが向けば久々の勝利もあり得る。

◆5/27(土)京都1R 3歳未勝利…▲ウィッシュノート(北村友)
過去9戦して、入着は多いもののなかなか勝ち負けに加われない状況が続いている。それでも前走は3番手の好位置に付けられるようになったし、だいぶメンバーも楽になってきたので、そろそろ馬券圏内に入っても不思議はない。追って味がないタイプなので、なるべく前の方でレースをしたいところ。今回はこの馬よりも内の枠に初出走馬が3頭いるので、今までよりもいい位置を取れる可能性もある。1000m戦で勝ち切るほどのスピードはないので、1200m戦のある阪神開催のうちに勝てるかどうか。

◆5/27(土)東京2R 3歳未勝利…×ヴァベーネ(▲横山武)
ここまで2戦して、出遅れて後方のまま伸びないレースが続いている。今回は外めの14番ゲートを引けたので出遅れたとしても挽回はしやすいだろうし、ようやく調教でも動けるようになり、さらに3キロ減の若手騎手が騎乗するので、ここ2戦よりは前進できるのでは。460キロであまり大柄な馬ではなく、冬場の重いダートよりはこの時期の時計が出やすいダートの方が走りやすいはず。もうそろそろ入着程度は走れないとこの先厳しくなる。

◆5/27(土)東京10R 葉山特別…△レーヌドブリエ(戸崎)
中1週・中1週の強行軍で東京まで遠征することになった。クラス再編直前で一番メンバーレベルが低くなる時期だし、ここのところ牡馬相手でも上位好走できているので、今回のメンバーでも十分上位争いには加われそう。ただ、東京・新潟・東京と、いずれも関東圏への長距離輸送ばかりで、馬体が大きく減るようだと大幅減点が必要。434キロ以上をキープして、パドックを落ち着いて周回できていれば力は出せるはず。

◆5/27(土)東京11R 欅S…△ポイントブランク(蛯名)
前走は持ったまま抜群の手応えで直線抜け出し、これは勝ったかと思ったら終いの脚が鈍って3着となり、前へ付けられればオープンでも十分やれる力を示した。今回は得意の1400mへ距離が短縮され、前走以上に粘りは増すはずで引き続きチャンス。とはいえ、メンバーレベルは前走よりも格段に高くなってしまい、重賞好走馬を相手に勝ち切るのはそう簡単ではなさそう。相性の良い蛯名騎手に引き続き乗ってもらえるし、2月に同じ東京ダート1400mの舞台で準オープンを勝った時は、翌日のオープン戦よりも時計が速かったので、自分の形に持ち込めれば頭までありそう。

◆5/28(日)東京4R 3歳500万下…△アンデスクイーン(藤岡佑)
スタートダッシュが鈍い馬なので、1400mではソコソコ走れても1200mではスピード不足になってしまう。今回は5着を外したことがないダート1400m戦になるし、もともと先週のレースに出馬登録していたくらいなので、仕上がりも上々で力を出せる態勢にある。メンバーを見渡しても未勝利勝ち直後の馬が多く、あまり人気はないだろうけど上位争いは十分可能なはず。ただ、関西所属の牝馬なので初の長距離輸送がどうなるか。馬体重が470キロを割るようなら大幅に減点が必要。

◆5/28(日)京都7R 4歳以上500万下…×ブレッシングテレサ(川須)
昨年2月に新馬勝ちしてからは4戦して良いところなく、特にここ2戦は500万条件の平場戦でシンガリ負けを喫している。それでもスンナリと2番手のいい位置を取りに行くなど、レース前半の内容は決して悪くないので、能力云々というよりは気性の問題か。この中間も熱発して順調さを欠き、追い切りでも未勝利馬にアッサリと遅れをとってしまい、特に変わってきた印象はなく、ここも苦戦必至。前へ行かせずに後方で控えて脚を使う競馬を試してみたい。

◆5/28(日)東京9R むらさき賞…◎ストレンジクォーク(ルメール)
前走は初めてマイル戦に挑んで小差の3着に好走した。中山コースの方が好走実績があるけれど、坂でモタつくので今なら東京コースの方が走りやすそう。昨年のこのレースでも今回と同じ56キロで2着に好走しているし、準オープンでは3戦して2着・2着・3着ともう少しのところまで来ており、ここも勝ち負けの競馬に持ち込める。臨戦過程も前走より順調で、重賞でも通用する実力の持ち主なので、ここを勝ってオープン入りしたい。

◆5/28(日)東京9R むらさき賞…▲レッドルーファス(大野)
3年前のこのレースを勝ち、昨年は5着に好走している。もともと東京コースの芝1800~2000mを得意にしており、過去9戦して掲示板を外したのは2回だけ。前走にしても休み明けでスタート直後に挟まれる不利がありながら4着に走れているし、メンバー構成はかなり手強くなったけどここも上位好走を期待できるのでは。後方から追い込むタイプなので、流れが向けば頭まであり得る。パドックでチャカつかずに落ち着いて歩けるかがカギになる。

◆5/29(月)盛岡10R カシオペア賞…◎クイックモーション(山本聡)
盛岡の交流戦に出走することになった。芝1700mなら全く問題ないし、ある程度の先行力はあるので小回りコースにも対応可能。ただ、非力なタイプで盛岡コースの急坂に対応できるか不安な面も。相手関係が大幅に楽になり、先日の大井記念を制して意気が上がる地元の山本聡哉に乗ってもらえるのは好材料。細身の馬なので馬体を大きく減らさずに出走できるかどうか。クラス再編前にここで勝てればまた500万条件に出走できるので1着が欲しい。

| | コメント (0)

«9着でもレース内容は進境あり