2017.05.26

展開次第では久々の勝利も

今週は土日それぞれ4頭ずつ計8頭が出走する。南関東も含めてここ2ヶ月ほど勝利から遠ざかっていて、今週も確勝級の馬は見当たらないけど、上位争いが可能な馬は多く、流れが向けば久々の勝利もあり得る。

◆5/27(土)京都1R 3歳未勝利…▲ウィッシュノート(北村友)
過去9戦して、入着は多いもののなかなか勝ち負けに加われない状況が続いている。それでも前走は3番手の好位置に付けられるようになったし、だいぶメンバーも楽になってきたので、そろそろ馬券圏内に入っても不思議はない。追って味がないタイプなので、なるべく前の方でレースをしたいところ。今回はこの馬よりも内の枠に初出走馬が3頭いるので、今までよりもいい位置を取れる可能性もある。1000m戦で勝ち切るほどのスピードはないので、1200m戦のある阪神開催のうちに勝てるかどうか。

◆5/27(土)東京2R 3歳未勝利…×ヴァベーネ(▲横山武)
ここまで2戦して、出遅れて後方のまま伸びないレースが続いている。今回は外めの14番ゲートを引けたので出遅れたとしても挽回はしやすいだろうし、ようやく調教でも動けるようになり、さらに3キロ減の若手騎手が騎乗するので、ここ2戦よりは前進できるのでは。460キロであまり大柄な馬ではなく、冬場の重いダートよりはこの時期の時計が出やすいダートの方が走りやすいはず。もうそろそろ入着程度は走れないとこの先厳しくなる。

◆5/27(土)東京10R 葉山特別…△レーヌドブリエ(戸崎)
中1週・中1週の強行軍で東京まで遠征することになった。クラス再編直前で一番メンバーレベルが低くなる時期だし、ここのところ牡馬相手でも上位好走できているので、今回のメンバーでも十分上位争いには加われそう。ただ、東京・新潟・東京と、いずれも関東圏への長距離輸送ばかりで、馬体が大きく減るようだと大幅減点が必要。434キロ以上をキープして、パドックを落ち着いて周回できていれば力は出せるはず。

◆5/27(土)東京11R 欅S…△ポイントブランク(蛯名)
前走は持ったまま抜群の手応えで直線抜け出し、これは勝ったかと思ったら終いの脚が鈍って3着となり、前へ付けられればオープンでも十分やれる力を示した。今回は得意の1400mへ距離が短縮され、前走以上に粘りは増すはずで引き続きチャンス。とはいえ、メンバーレベルは前走よりも格段に高くなってしまい、重賞好走馬を相手に勝ち切るのはそう簡単ではなさそう。相性の良い蛯名騎手に引き続き乗ってもらえるし、2月に同じ東京ダート1400mの舞台で準オープンを勝った時は、翌日のオープン戦よりも時計が速かったので、自分の形に持ち込めれば頭までありそう。

◆5/28(日)東京4R 3歳500万下…△アンデスクイーン(藤岡佑)
スタートダッシュが鈍い馬なので、1400mではソコソコ走れても1200mではスピード不足になってしまう。今回は5着を外したことがないダート1400m戦になるし、もともと先週のレースに出馬登録していたくらいなので、仕上がりも上々で力を出せる態勢にある。メンバーを見渡しても未勝利勝ち直後の馬が多く、あまり人気はないだろうけど上位争いは十分可能なはず。ただ、関西所属の牝馬なので初の長距離輸送がどうなるか。馬体重が470キロを割るようなら大幅に減点が必要。

◆5/28(日)京都7R 4歳以上500万下…×ブレッシングテレサ(川須)
昨年2月に新馬勝ちしてからは4戦して良いところなく、特にここ2戦は500万条件の平場戦でシンガリ負けを喫している。それでもスンナリと2番手のいい位置を取りに行くなど、レース前半の内容は決して悪くないので、能力云々というよりは気性の問題か。この中間も熱発して順調さを欠き、追い切りでも未勝利馬にアッサリと遅れをとってしまい、特に変わってきた印象はなく、ここも苦戦必至。前へ行かせずに後方で控えて脚を使う競馬を試してみたい。

◆5/28(日)東京9R むらさき賞…◎ストレンジクォーク(ルメール)
前走は初めてマイル戦に挑んで小差の3着に好走した。中山コースの方が好走実績があるけれど、坂でモタつくので今なら東京コースの方が走りやすそう。昨年のこのレースでも今回と同じ56キロで2着に好走しているし、準オープンでは3戦して2着・2着・3着ともう少しのところまで来ており、ここも勝ち負けの競馬に持ち込める。臨戦過程も前走より順調で、重賞でも通用する実力の持ち主なので、ここを勝ってオープン入りしたい。

◆5/28(日)東京9R むらさき賞…▲レッドルーファス(大野)
3年前のこのレースを勝ち、昨年は5着に好走している。もともと東京コースの芝1800~2000mを得意にしており、過去9戦して掲示板を外したのは2回だけ。前走にしても休み明けでスタート直後に挟まれる不利がありながら4着に走れているし、メンバー構成はかなり手強くなったけどここも上位好走を期待できるのでは。後方から追い込むタイプなので、流れが向けば頭まであり得る。パドックでチャカつかずに落ち着いて歩けるかがカギになる。

◆5/29(月)盛岡10R カシオペア賞…◎クイックモーション(山本聡)
盛岡の交流戦に出走することになった。芝1700mなら全く問題ないし、ある程度の先行力はあるので小回りコースにも対応可能。ただ、非力なタイプで盛岡コースの急坂に対応できるか不安な面も。相手関係が大幅に楽になり、先日の大井記念を制して意気が上がる地元の山本聡哉に乗ってもらえるのは好材料。細身の馬なので馬体を大きく減らさずに出走できるかどうか。クラス再編前にここで勝てればまた500万条件に出走できるので1着が欲しい。

| | コメント (0)

2017.05.25

9着でもレース内容は進境あり

2頭とも9着と着順はあまり良くないけど、先につながるレースはできているので全く悲観はしていない。

◆5/25(木)大井6R 3歳410万円以下…△フェドゥラフォレ(森)→9着
中1週でも馬体に増減がなかったし、キビキビとパドックを周回できるようになり、いかにも状態は良さそう。ゲートの中で少しガタついた時にスタートを切られ、後方3番手から。道中は掛かるでもなく、持ったままピタッと折り合っての追走。向正面ではじっくりと構えつつ後方2番手で3コーナーに入ると、馬場の内めから追われて徐々に先頭との差を詰め、直線に向いた時に一瞬伸びかけたものの、次から次へと他の馬に前へ入られてしまい、馬が遠慮する形で伸びあぐねてブービーの9着に終わった。1200mのスピード勝負よりは1600mの方が走りやすそうだったし、今回は砂を被っても前へ行こうとしていたので、これから徐々には良くなってきそう。これで社台ファームへ放牧するとのこと。晩成の血統でどこまrで成長するか楽しみ。
A43i1494 A43i1601

◆5/25(木)大井11R スポーツ報知賞…△ブリージーストーム(赤岡)→9着
休養前は太め残りを敗因の一つに挙げられていたので、しっかり乗られて6キロ減ったのは好材料。毛艶が冴え渡り、歩様もキビキビとして硬さを感じず、昨年3月に勝った時と同じくらいの好気配。好スタートを切り、ムチをイレながらハナに立たせた。半馬身ほどのリードを保っての逃げとなり、そとから2頭に並び掛けられる展開に。それでも終始いい手応えで逃げ、半馬身のリードを保ったまま4コーナーから直線に向くと、残り200mまでは懸命に先頭をキープしていたものの、馬体を離した外から勝ち馬に一気に交わされ、それでもしばらくは2番手に踏ん張りながらも残り100m地点で力尽きてしまい9着となった。終い踏ん張れなかったのは休み明けの分かと思ったら、競走成績を見るとかなりのハイペースとなっていて、これは仕方のないところ。もし勝ち馬と馬体を併せられたらもう少し踏ん張れただろうけど、見せ場十分のレースができたし、9着とはいえ勝ち馬とは0.6秒差で、これなら次走が楽しみになった。
A43i1714 A43i1983

| | コメント (0)

2017.05.24

名手の腕前で今後につながる競馬を

2頭ともいろいろと注文が付いて乗り難しい馬だけど、名手がどのように乗ってくれるか期待が高まる。

◆5/25(木)大井6R 3歳410万円以下…△フェドゥラフォレ(森)
前走はマトモに走らなかったせいか、疲れがないとのことで中1週で出走することになった。今回は初の1600m戦になり、もともとスタートがあまり良くない馬なので、これくらいの距離の方がかえってレースはしやすくなりそう。過去5戦して、ハナか2番手からスムーズな競馬ができれば好走し、強引にハナを切るか中団からだと着外に敗れており、今回はどう乗るかが悩ましい。勝ちに行ってハナを切らせるか、前へばかり行かせてもレースの幅が広がらないのでシンガリから追い込んでみる競馬を試すのも悪くなく、どういう目的でレースに臨むか次第。引き続き状態は良さそうだし、レース後は北海道へ放牧に出して成長を促すとのことで、ここは着順云々よりも今後につながる競馬をしたい。

◆5/25(木)大井11R スポーツ報知賞…△ブリージーストーム(赤岡)
2月以来、3ヶ月ぶりの出走となる。内へササったり、手前を替えなかったり、前肢の出が悪かったりと、レースごとに敗因はハッキリしているものの、ここのところなかなか好走できずにいる。数字の上では馬体は決して太くないはずだし、本調子ではなかったのか。この馬は大柄なわりに休み明けの方が走るタイプで、今回の休養でどれくらい状態面が上がっているかがカギになる。もともとA2クラスで勝った実績があり、57キロの斤量も苦にせず1600mは最適条件。あまり人気はなさそうだけど、そう馬鹿にしたものではないはずで、気分良くレースができれば単式圏もあり得る。乗り難しいタイプながら赤岡騎手なら何ら不足はない。

| | コメント (0)

2017.05.23

馬の成長を感じる2着

勝てはしなかったものの、いいレース内容での2着。馬がだいぶ良くなってきた。

◆5/23(火)大井8R C1(六)(七)…◎ブレッザフレスカ(真島)→2着
フケが来ていたせいなのか、珍しくパドックで無駄な動作が多かったし、眼が充血しているのが気になった。とはいえ504キロの数字が示すとおり立派な体つきになり、いつの間にか背も伸びた印象。揃ったスタートを切り、序盤は懸命に押して2番手を取りに行った。隊列が決まってからは、逃げ馬の1馬身ほど外に位置してのスムーズな競馬で、持ったままのいい手応えで3~4コーナーを回り直線に向いた。しばらくは追い出しを我慢する余裕があり、満を持して残り300mあたりで追われると、意外とピリッとした脚が使えず、残り100m付近で外から来た馬にアッサリ交わされてしまい、さらに外から伸びてきた馬にはアタマ差先着して2着となった。

完全に勝ちパターンに見えたけど、脚質的にどうしても目標にされてしまう立場なので2着も仕方なし。勝てなかったけど、トモに弱さを抱えている馬がC1クラスでも安定して走れるようになったのは何より。この後は社台ファームへ放牧に出すとのことで、疲れを癒やしてまたパワーアップして戻ってきて欲しい。

20170523_01 20170523_02

| | コメント (0)

2017.05.22

順当なら勝機十分

月曜の時点では基本的に先行優勢の馬場状態で、4勝目の期待がかかる。主戦の真島ジョッキーに手が戻り、久々に口取りができるチャンス。

◆5/23(火)大井8R C1(六)(七)…◎ブレッザフレスカ(真島)
前走はスンナリとハナを切り、ゴール寸前でクビ差交わされてしまい惜しい2着だった。C1クラスへの昇級戦で、走破時計も短縮して内容の濃いレースだった。今回のメンバーを見渡すと時計面は大威張りできるし、前走程度走れば勝てそうな計算で期待が高まる。ただ前へ行きたい馬が多く、モマれながらの先行となった場合に不安が残るし、フケが出ているとのことでレースにどれくらい影響があるか。この後は放牧を予定しているとのことで、ここはぜひ勝利を。

| | コメント (0)

2017.05.21

12頭が出走しても入着止まり

前週・今週と12頭が出走し、1番人気が4頭に、2番人気が2頭いても勝てず。次週もJRAでは10頭が出走予定でも、勝ち星が計算できる馬が見当たらず、しばらくは不振が続きそう。

【前週分】
◆5/13(土)京都1R 3歳未勝利(牝)…◎インハーフェイバー(武豊)→6着
半年ぶりで数字の上ではプラス2キロでも、まだ絞れる体つき。歩様はキビキビとしていて全体的には力を出せる状態に見えた。ゲートの出が悪くて後方から。ジョッキーに促されてもなかなか前に行けず後方2番手で1コーナーに入った。向正面の半ばあたりから馬群の外を回して前へ進出して中団あたりで3コーナーに入ると、4コーナーあたりで急に手応えが悪くなって後退してしまい、直線に入るとまた馬群の外から少しだけ脚を使って盛り返して6着となった。道中は物見をして反応が悪くなったとのことで、まだ気性面の成長も必要。

◆5/13(土)京都10R 葵S…▲アズールムーン(石橋脩)→14着
京都までの輸送で10キロ減っても、ここのところ馬体が増えていたし、むしろちょうどいい体つき。パドックでもうるさい面は見せずキビキビとした歩様で、力を出せる状態に見えた。あまり良いスタートではなく、押して押して何とか5番手に付けた。3コーナーに入ったあたりでもずっとジョッキーの手が動いたままで、4コーナーに差し掛かるあたりで早くもズルズルと後退してしまい、直線に入る頃には最後方まで下がり、勝ち馬から3.2秒差のタイムオーバーシンガリ負けを喫した。不良馬場が合わなかったのもあるだろうし、この中間に顔が腫れるトラブルもあったので、まだ本調子になかったのか。3歳牝馬ながらこれで4回目の関西圏への輸送というのも響いてそう。北海道で立て直されることになった。

◆5/13(土)東京11R 京王杯スプリングC…▲グランシルク(戸崎)→3着
いつものようにパドックではクビを上下に振りながらの周回。イレ込んでるわけではないし、歩様には力強さがあって一連の状態はキープできていた。揃ったスタートを切り、その直後に躓いて態勢を崩してしまい最後方から。重馬場でも道中の手応えは良く、抑え加減の追走で3コーナーでは後方3番手に位置した。馬群の外を回して直線に入ると、馬群の外からいい手応えで伸びてきたものの、先に抜け出した勝ち馬には迫れず3着まで。スタート直後に躓かなければもう少し際どい差まで詰められていたはずで、惜しい競馬になってしまい、今回も賞金を重ねられなかった。重馬場もこなせたけどプラスとまでは言えず良馬場の方が良さそう。
A43i0105 A43i0192

◆5/13(土)新潟12R 石打特別…×ゴールドエフォート(菱田)→11着
いつもパドックではよく見える馬。コロンとした体型ながら、力強い歩様で状態は文句なしに良さそう。ほぼ五分のスタートを切り、スッと下げて後方2番手から。ラチ沿いを走らせて道中はモマれることなくスムーズな追走。3~4コーナーでは後方3番手のままじっくりと構え、直線に向いてから追われると、馬群が横一線に伸びたので外に出さずに馬場の内を突き、ジワジワとは差を詰めたものの残り100mからはむしろ脚色が鈍ってしまい11着に終わった。極端なスローではなかったものの、前残りの展開になってしまい流れが向かなかった。ここ3走連続でピリッとした脚を使えていないのは気がかり。

◆5/14(日)京都3R 3歳未勝利…△ウィッシュノート(△荻野極)→4着
430キロ台の小柄な馬なので、使われて4キロ増えたのは好材料。ただいつも以上に歩様が硬めであまり状態は良くなさそう。ややダッシュが鈍く後方からとなり、馬群をスルスルと縫うように挽回して、3コーナーに入るあたりでは逃げ馬の直後までポジションを押し上げた。いい手応えのまま直線に向いて懸命に追われると、前との差は詰められずに少しずつ離されてしまいながらも、何とか4着は死守してゴールした。この馬なりには一生懸命走ってはいるものの、まだ勝ち負けに加わるほどの力はない。追って味がないタイプなので、外枠からスムーズにハナを切れるような展開になれば前進も可能。

◆5/14(日)東京3R 3歳未勝利…◎グラドゥアーレ(ルメール)→2着
あまりクビを使わずボーッとしたような歩き方で、もう少し気合いが前面に出てくると良さそう。まずまずのスタートから抑えてちょうど中団あたりに位置した。かなり縦長の展開となり、馬群の外をスムーズに追走しつつ、もったままいい手応えで徐々にポジションを押し上げた。4コーナーから直線に向く頃には外からジワジワと差を詰め、すぐ前を走っていた馬が内へ外へと蛇行していたので、進路を内に取って最後まで良く差を詰めたもののクビ差及ばず2着となった。まだ重馬場だったわりにはいい走りだったし、スムーズに走れていればもっと接戦だったはず。1400mの距離も合っていて、東京開催のうちに初勝利を挙げたい。
A43i0236 A43i0322

◆5/14(日)新潟10R 胎内川特別…×ノーブルソニック(鮫島克)→4着
前走で18キロ増えていたのが、今回は中1週でも馬体重変わらず。5歳にしていい体つきになってきた。好スタートを切り、今回は前へ行かせず持ったまま控えて後方3番手から。1コーナーでは内ラチ沿いに入れて折り合いに専念する形。向正面でも引き続きラチ沿いを走らせつつ、3~4コーナーの中間あたりから徐々に仕掛けつつ、後方のまま直線に向くとバラけた馬群の中に突っ込ませて、最後までジワジワと脚を使い先頭との差を詰めて、0.6秒差の4着となった。ここのところ成績が頭打ちだったけど、本来の終いだけで追い込む形にするとなかなかいい脚を使える。2000m前後の距離で決め手が生きる流れになれば、引き続き上位争いも可能。

◆5/14(日)新潟11R 赤倉特別…◎レーヌドブリエ(坂井)→3着
中1週で長距離輸送続きでも2キロしか減らなかったし、この馬にしては落ち着いてパドックを周回し、力を出せるデキ。ポンと抜群のスタートを切り、抑えて後方で控える作戦に。後方3番手に控えたまま3~4コーナーを回り、直線に向いて残り600m地点を過ぎたあたりで追い始め、馬群の一番外からいい脚で差を詰めたものの、先に抜け出した馬には3馬身半の差を付けられ、2着争いもハナ差及ばず3着となった。かなり緩い流れに落ち着いてしまい、レース上がりが34.0秒では後方3番手からは届かない。とはいえ流れが向けば1000万条件を勝てる力は持っている。

◆5/14(日)東京11R ヴィクトリアマイル…△ルージュバック(戸崎)→10着
毛を刈っているせいか馬体がくすんで見えたものの、この馬にしては珍しくグッと気合い乗り良くパドックを周回していた。揃ったスタートを切り、じんわりと下げて後方4番手に位置した。内外の両側に馬がいたままで3コーナーでは動かず、4コーナーでは外にいる馬を嫌って位置をさらに下げても馬群の外に出せないまま。後方のまま直線に向くと横に大きく広がった追い比べになり、外に出すのを諦めて馬群の中へ突っ込んで差を詰めるも、これといった伸びが見られず10着に終わった。勝ちに行くために前走のような積極策をとるわけでもなく、最後方まで下げてこの馬の形に持ち込むでもなく、緩い流れで4コーナーでは勝負圏外になるまで下げたのに結局外に出せず馬群の中に入れて追わざるを得ず、今回も実に中途半端な不完全燃焼のレースに終わってしまった。最後方まで下げて外を回してもスローペースで及ばず最下位とか、勝ちに行く競馬を試して直線で沈み最下位とか、工夫を凝らして負けたなら納得が行くけど、全く競馬をさせてもらえず1600m走ってきただけではストレスが溜まる一方。あまりのクソ騎乗に呆れ果てるばかり。すっかり競馬が嫌いになった。
A43i0495 A43i0664

◆5/14(日)東京12R BSイレブン賞…▲ソーディヴァイン(川田)→3着
初の長距離輸送でも2キロ増えていて、馬体が減らなかったのは好材料。終始クビを下げて歩いていたものの、トモの踏み込みに力強さがあって状態面は良好に見えた。揃ったスタートを切り、抑えてハナには立たせず3番手から。外の3番手という理想的な位置取りで、隊列が変わらないまま直線に向いても、追い出しを我慢する余裕があった。残り300mあたりで満を持して追い始めてもモタモタして脚色が変わらず、2番手の馬を交わすどころか逆に突き放されてしまい、すぐ後ろにいた馬にも交わされて3着に終わった。先に抜け出すとソラを使う癖があるので仕方ないけど、勝ち馬に上手く乗られてしまった。とはいえレースぶりが安定してきたので、1000万条件に降級すればすぐに4勝目を挙げられそう。
A43i0782_2

【当週分】
◆5/20(土)東京9R カーネーションカップ…◎イストワールファム(内田)→6着
パドックの外をキビキビとした歩様で歩いて状態そのものは良さそう。ただ、どうもまだトモが小さく見えるし、2キロとはいえ今回も馬体が減ってしまい、まだまだ成長が必要。揃ったスタートを切り、やや抑え加減で後方4番手から。向正面に入ったあたりから見るからにスローな流れになってしまい、抑えるのに苦労するシーンも。3~4コーナーの中間あたりで、馬群の外からじんわりとポジションを押し上げ、直線に向いた頃には中団まで上がりつつ、馬群の外から懸命に追われてもこれといった伸びが見られず6着に終わった。早めに動いたとはいえ、レース上がりが33.7秒ではどうしようもなく、流れが向かなかった。

◆5/21(日)東京2R 3歳未勝利…△カヴァレリア(横山典)→7着
前走と同様クビを下げながらトボトボとした歩き方をしていて、いかにも元気がなさそう。まずまずのスタートを切り、急かせず持ったままで最後方からの競馬に。向正面は最後方のままじっくり控え、3コーナーから馬群の外に出して徐々に前との差を詰めつつ後方3番手で直線に向くと、馬群の一番外からジリジリとは差を詰めたものの先頭集団に迫るほどの勢いはなく、1.8秒差の7着となった。ここ3戦ともほとんど同じ時計で走っており、馬に走る気が出てこないことには厳しそう。

【次週出走予定】
◆5/23(火)大井5R 3歳160万円以下…シルエットロマン(有年)
◆5/23(火)大井8R C1(六)(七)…ブレッザフレスカ(真島)
◆5/25(木)大井6R 3歳410万円以下…フェドゥラフォレ(真島)
◆5/25(木)大井11R スポーツ報知賞…ブリージーストーム(真島)
◆5/27(土)京都1R 3歳未勝利…ウィッシュノート(△荻野極)
◆5/27(土)京都2R 3歳未勝利…インハーフェイバー(未定)
◆5/27(土)東京2R 3歳未勝利…ヴァベーネ(未定)
◆5/27(土)東京4R 3歳未勝利…キンナリー(戸崎)
◆5/27(土)東京10R 葉山特別…レーヌドブリエ(未定)
◆5/27(土)東京11R 欅S…ポイントブランク(蛯名)
◆5/28(日)東京4R 3歳500万下…アンデスクイーン(藤岡佑)
◆5/28(日)京都7R 4歳以上500万下…ブレッシングテレサ(未定)
◆5/28(日)東京9R むらさき賞…ストレンジクォーク(ルメール)
◆5/28(日)東京9R むらさき賞…レッドルーファス(大野)

| | コメント (0)

2017.05.20

完勝実績のあるコースで2勝目を

先週のヴィクトリアマイル(ルージュバック)での歴史的クソ騎乗に呆れ果て、すっかり競馬熱が冷めてしまった。今週は2頭と少ないながらもイストワールファムは勝ち負けに持ち込めそう。

◆5/20(土)東京9R カーネーションカップ…◎イストワールファム(内田)
未勝利勝ち後、前走は阪神の忘れな草賞に挑戦し、長距離輸送で状態面が今ひとつだったことに加え、道悪もプラスにはならず4着に敗れた。単勝1倍台の人気を裏切る形になったものの、オープン特別で4着なら決して悪くない。今回は未勝利勝ちした時と同じ東京芝1800m戦で、確実に良馬場でレースを迎えられるのは好材料。前走から40日間ほど間隔をあけてどこまで状態が戻っているか。500万特別の割には強いメンバーが揃った印象だけど、それでも未勝利勝ちの時と同じくらい走れば勝てる計算で、ここは確実に2勝目を挙げておきたい。本当は今週のオークスに出走させたかった逸材。

◆5/21(日)東京2R 3歳未勝利…△カヴァレリア(横山典)
デビュー戦は大外枠でモマれず走り後方から脚を伸ばして3着、2戦目はインの3番ゲートでモマれ込んでしまい11着に大敗した。今回も3番ゲートを引いてしまったのであまり強気にはなれないけど、前走の内容を踏まえてノリさんが巧く乗ってくれるだろうし、この時期の未勝利戦で相手関係がだいぶ楽になったので、流れ次第ではソコソコの競馬はできるかも。調教の内容がなかなか良くならないし、パドックでピリッとした面が見られないようだと減点が必要。

| | コメント (0)

2017.05.13

大挙10頭出しで今週こそは勝利を

今週は大挙10頭がスタンバイ。G1・G2・OP特別・準OPの高額条件にも出走があって楽しみ。今週こそは勝利を。

◆5/13(土)京都1R 3歳未勝利(牝)…◎インハーフェイバー(武豊)
右前球節の剥離骨折で半年ぶりの出走となる。デビュー戦の前走は、後方から直線に向いて一旦内に入れたのを外に切り替えてジリジリと伸び5着で、スムーズな競馬ができていればもっと走れた印象。今回は新馬戦当時よりも相手がだいぶ楽になり、時計面でも前走程度走れば上位好走できそう。休み明けでも追い切りでなかなかのタイムを計時し、武豊騎手ならスタートも上手く出してくれそうで、ここは初勝利の期待がかかる。1800mに距離が延びるのもおそらくプラスになるはず。

◆5/13(土)京都10R 葵S…▲アズールムーン(石橋脩)
前走のフィリーズレビューでは、あまり良くないスタートからハナに立ち、かなり早いペースでの逃げとなり直線で失速してしまった。持ったまま楽にハナを切るスピードがあるので、1200mへの距離短縮は大歓迎のクチ。最内枠の馬がハナを主張してきても、少なくとも外からスムーズに2番手は取れそうだし、ここも展開次第では上位好走できる。京都競馬場はまとまった雨量が見込まれ、血統的に道悪はこなせるはず。前へ行く馬なので勝つか大敗かハッキリした結果になりそう。

◆5/13(土)東京11R 京王杯スプリングC…▲グランシルク(戸崎)
オープン特別は2着、重賞は3着と、常に好走はできているものの微妙に賞金を重ねられないレースが続いている。今回の東京芝1400mは2戦2勝と好相性でも、いずれも条件戦だったことから最適条件かどうか過信はできない。とはいえ早くからここを目標にされて万全の状態でレースに臨めるし、時計面ではこのメンバーに入っても引けを取らず、こちらも展開次第では上位好走も十分可能。ステイゴールド産駒なので道悪は苦にしない可能性はあるけれど、後方からレースを進めるため本来は良馬場の方がいい。

◆5/13(土)新潟12R 石打特別…×ゴールドエフォート(菱田)
500万に昇級しても入着圏内に好走できていたのが、ここ2戦はいずれも中京コースで大敗している。最後方から追い込む馬なので、直線に急坂があるコースは向いてなさそう。今回は唯一の勝ち星を挙げている平坦な新潟コースに替わり、もう少しは前進できそうだけど、もともと時計面では見劣りがするし、特別戦で骨っぽいメンバー構成になり、果たしてどこまで流れが向くか。少し上がりがかかるような流れになると理想的。

◆5/14(日)京都3R 3歳未勝利…△ウィッシュノート(△荻野極)
入着圏内には走れても、なかなか勝ち負けまでは加われていない。ここ4走中4着が3回あるけれど、いずれもジョッキーが最高に上手く乗ってのもので、さらなる前進までは余程恵まれないと厳しそう。今回はブレイクしつつあって2キロ減の荻野極騎手に乗ってもらえるのは、小柄な馬だけに何よりもの好材料。重馬場で時計の速いダートもプラスに働く可能性も。

◆5/14(日)東京3R 3歳未勝利…◎グラドゥアーレ(ルメール)
デビューから4戦ずっと芝1600mを使われ、いずれももう少し距離が短ければといったレース内容だった。今回は待望の芝1400mへの短縮で、マトモなら勝ち負けに持ち込める。無理なく前へ行ける先行力が身に付いたのも大きい。ただ渋った馬場が残るようだとスピードが削がれる恐れも。もうここはキッチリと決めたい。

◆5/14(日)新潟10R 胎内川特別…×ノーブルソニック(鮫島克)
中1週での出走となる。まるで先行できなかった馬が、芝2400m戦に距離を延長したとはいえハナを切って4コーナーまではいい手応えで逃げられた。その前走がキッカケになって馬に前向きさが出てくればもう少し走れるようになりそう。ここ1年ほどは威張れるような成績を残せていないけど、もともと気性面には問題がないので、またある程度は前で競馬ができるようなら入着程度はあっても驚けない。

◆5/14(日)新潟11R 赤倉特別…◎レーヌドブリエ(坂井)
こちらも中1週での出走となる。新潟のメインレースなのにビックリするほどメンバーレベルが低く、実績・時計面でも圧倒的に抜きん出た存在で、近走程度走れば楽勝できる計算。ロスなく立ち回れる大外枠を引いたもプラスだし、ハンデ戦ながら53キロなのも有利。新潟コースも過去3戦して5着・2着・1着と好相性で、通算4勝目の大チャンス到来。

◆5/14(日)東京11R ヴィクトリアマイル…△ルージュバック(戸崎)
3月の金鯱賞で8着に敗れ、目標を大阪杯からヴィクトリアマイルに切り替えた。もともと間隔を空けた方がいい馬なので、前走の疲れは癒えて状態面はいいはず。ただ、この馬の持ち味だった前脚を高く上げるフットワークが調教からは見られず、良くも悪くも落ち着いてきた点がどうか。マイル戦も本質的には短い印象だけど、相手関係・臨戦過程ともに昨年よりだいぶ楽になり、おそらくG1制覇のチャンスは今回が最後になりそうなことから、出遅れて最後方まで下げてもいいので、悔いのないように大外をブン回すルージュバックの競馬をさせたい。道悪はおそらくこなせるはず。

◆5/14(日)東京12R BSイレブン賞…▲ソーディヴァイン(川田)
準オープン昇級初戦の前走は、2番手で競り掛けられる厳しい展開の中、よく粘って3着に好走した。先行馬なのにスタートが悪いという弱点はあるものの、今回は先行馬が他に見当たらず、いつものようにダッシュで挽回して2番手くらいには付けられそう。時計面でも遜色なく、ここも上位争いできる。左回りはデビュー戦で経験し、3着に好走しているので問題ないはず。初の長距離輸送は有利ではなく、もし馬体が大きく減るようなら減点が必要。

| | コメント (0)

2017.05.11

追って味がなく7着に敗れる

パドックでの気配も良く、先行馬有利な馬場状態で、これは勝てるだろうと思っていたら、出遅れて伸びずに終わった。ただし先につながる負け方で悲観はしていない。

◆5/10(水)大井9R フォーチュネイトひなげし特別…◎フェドゥラフォレ(森泰斗)→7着
中2週で中間しっかり乗られても10キロ増えたのは何よりもの好材料。全く太く見えずもっと増えてもいいくらいで、程良い気合い乗りでしっかり歩けていたし、パドックでの気配は申し分なし。半馬身ほど立ち後れるようなスタートを切り、前へ行かせず押さえて後方4番手からの競馬に。3コーナーに入ってもまだ抑えたままじっくりと後方で待機。4コーナーから仕掛け気味に前との差を詰めつつ、馬群の外を回して直線に向いて追われると、これといった脚を繰り出せず道中のポジションのまま流れ込んだ形で7着に終わった。出遅れたところを強引に前へ出すのではなく、スッと抑えて差す競馬を試すレースに切り替えたあたりはさすがリーディングジョッキー。前が止まらない馬場状態だったこともあり結果は振るわなかったけど、砂を被った経験は生きてくるはずだし、やはり前へ行かせた方がいいことも分かり、こういう敗戦も時には必要。
A43i9941 A43i9996

| | コメント (0)

2017.05.10

JRA交流戦でも上位は必至

ここのところ掲示板の下の方がやっとで不振続きだったのが、今週は有力馬が続々と出走する。まずはフェドゥラフォレでキッチリと勝利を挙げたい。

◆5/10(水)大井9R フォーチュネイトひなげし特別…◎フェドゥラフォレ(森泰斗)
前走は森騎手が完璧に乗ってくれたのに相手が強くて2着に敗れた。スタートが良くなり、番手からの競馬ができたし時計も短縮していて、内容的には文句なしだった。今回はJRA未勝利クラスとの交流戦なので大井所属馬同士の争いになりそうだし、大外枠を引いたのでスムーズに2~3番手でレースを進められそうな点もプラス。この中間はさらに調子が上向いているようで、時計面でも大威張りでき、ここを勝って月末の優駿スプリントトライアルに駒を進めたい。パドックでうるさい面を見せずに少し気合いが乗っている状態がベスト。

| | コメント (0)

2017.05.08

入着が精一杯の厳しいレース結果

先週・今週と9頭が出走して掲示板が1回あるだけの厳しいレース結果に終わった。次週は地方競馬も含め13頭が出走予定で勝ち星も期待できそう。

【前週分】
◆4/29(土)新潟8R 4歳以上500万下…×デューズワイルズ(北村友)→8着
落ち着いてパドックを周回しているものの、どうもトモの肉付きが物足りず、わずか2キロ減とはいえレースを使うごとに少しずつ馬体が減って過去最低体重なのは気になった。ゲートの出もダッシュも鈍く後方から。これはいつも通りでも、1コーナーへ入る前からジョッキーが追っ付け気味。向正面に入ってもマクるほどの勢いがなく、何とか馬群に付いて行ってる状況で、直線に向いても後方のまま特に伸びはなく、ゴール直前でバテた馬を交わしての8着に終わった。着順だけみると大敗している印象は受けないけど、勝ち馬には1.9秒差を付けられているし、500万条件では家賃が高い印象。先行力がないので地方交流戦でも通用しそうにない。

◆4/29(土)東京9R 秩父特別…△レーヌドブリエ(デムーロ)→5着
府中までの長距離輸送があっても4キロ減なら許容範囲内で、この馬にしては落ち着いてパドックを周回できていて、力は出せるデキに見えた。まずまずのスタートを切り、横から挟まれてしまい後方からのレースに。向正面では後方3番手を追走し、3コーナーに入るあたりから掛かり気味にポジションを押し上げていき、馬群の外を回していい手応えで直線に向き、残り200mでは一瞬先頭に立ちそうな勢いだったものの、残り100m地点で脚色が鈍ってしまい5着に終わった。結果的には仕掛けが速すぎたとはいえ、牡馬相手のマイル戦でも接戦に持ち込んでいるし、内容は決して悪くない。

◆4/30(日)京都1R 3歳未勝利(牝)…×アスティル(川田)→13着
3ヶ月ぶりでも馬体が全く増えていなかったし、相変わらず鶴首でチャカつきながらパドックを周回し、残念ながら気性面の成長も見られなかった。スタート直後の芝の地点ではまずまずのダッシュを見せたのに、ダートに入ったあたりからは徐々に後退してしまい、3コーナーに入る頃には後方5番手に下がり、直線に向いた頃には先頭と大きな差が開いてしまって勝負圏外に。ダートでも特に良いところなく13着に大敗した。ダートをこなすほどのパワーもなさそうで、まだ芝の方が向いている。現状では芝1400mが一番走りやすそう。

◆4/30(日)京都7R 4歳以上500万下…×ノーブルソニック(松山)→8着
もともと胴長の体型をしているせいか、プラス18キロでも全然太く見えずちょうどいい体つき。落ち着いてパドックを歩いていたのも好印象。揃ったスタートを切り、少し促してハナに立った。さほどペースを緩ませず平均ペースでの逃げを打ち、後続に1馬身ほどのリードを保った。道中は特に絡まれることなく、勝負所の3コーナーに入ってもまだ手綱を抑える余裕があり、先頭をキープしたまま直線に向くと、残り300mあたりで後続にドッと飲み込まれてしまい、0.9秒差の8着となった。全く先行力のない馬なので、2400m戦とはいえハナに立ったのはビックリ。さすがに牡馬相手で2400mは厳しかったけど、今回積極策をとったことが今後のレースに生きないものか。

◆4/30(日)東京11R スイートピーS…×キュイキュイ(柴山)→18着
馬体はプラス2キロでほぼ変化がなく、終始チャカつきながらパドックを周回し、特にここ一連のレースと変わらず。まずまず揃ったスタートを切り、向正面に入ったあたりからマトモに引っかかって4番手に位置した。外枠だったせいか馬群の外に位置してなかなか脚をためられず、3番手に上がって3~4コーナーを回り、直線に向いて追い出しても全く脚を使えず、残り400m地点からはズルズル下がる一方で最下位に大敗した。周りに馬がいると遠慮してしまう性格なのに、スムーズに走らせると掛かってしまい、なんとも乗り難しい。気性面の成長がないと500万の自己条件でも上位好走はできそうもない。

◆4/30(日)東京12R 4歳以上1000万下…×クロークス(北村宏)→13着
東京までの輸送があったせいか、マイナス18キロの数字が示すとおり明らかに胴回りがほっそりしてしまい、パドックの時点でこの日の好走は難しいと分かる状態。揃ったスタートを切り、外枠から押してハナに立たせようとしても内枠の馬が速くて外の3番手に付けた。モマれずいい位置取りで、向正面で2番手に立った。3コーナーに入ったあたりで早くもジョッキーの手が動き始め、直線に向いた時点で一瞬先頭に立ったものの、残り400m地点で完全に脚が上がってしまい、13着に大敗した。昨年5月に東京まで遠征した時も12キロ減っていたので、この馬は長距離輸送が良くないのかも。ローカルのダート2400~2600m戦でハナを切れるようなら面白いと思う。

【当週分】
◆5/06(土)東京1R 3歳未勝利…×オーバーレイ(横山典)→9着
504キロの大柄な牝馬ながら、特に太い印象はなし。トモの踏み込みに力強さはあっても、どうも歩き方がバラバラで体を使いこなせていなかった。返し馬ではいかにもダート向きのいいフットワークをしていた。やや立ち後れ気味のスタートを切り、周りに馬がいなかったので内ラチ沿いからスムーズにポジションを押し上げ、逃げ馬の直後の5番手に位置した。砂を被るのを気にする素振りは見せたものの、5番手をキープしたまま3~4コーナーを回ると、直線に向いた時点で既に手応えはなく、フットワークがバラバラになりながら流れ込んで9着に終わった。前半は思ったよりもレースに参加できていたので、徐々にレース慣れしてくれば。
Ke3a2276 Ke3a2325

◆5/06(土)京都6R 3歳500万下…△アンデスクイーン(幸)→6着
前肢の出が硬いのはいつものこと。グリーンチャンネルに映っていた範囲では、前肢を前に放り出すような歩き方はしておらず、まずまずの状態に見えた。揃ったスタートを切り、1200mのスピードに付いて行けない感じで後方4番手から。3~4コーナーでは馬群の中に入りながら徐々にポジションを押し上げつつ、中団あたりで直線に向くと、馬群の内側からジリジリと前との差を詰めて0.8秒差の6着となった。決して悲観する内容ではないけど、勝ち馬に迫るほどの勢いはなく、やはり1200mよりはもっと距離があった方が良さそう。1800mを使ってみるのも面白そう。

◆5/07(日)東京12R 立川特別…◎アナザーバージョン(内田)→12着
いつも通り落ち着いてパドックを周回して歩様もスムーズだったけど、今回もブリンカーを気にしているようで、しきりに横を向きながら歩いていた。好スタートを切り、押してもなかなか先手を奪えず、ラチ沿いの3列目でちょうど中団あたりに位置した。3~4コーナーでは外の馬に寄られて狭くなるシーンもあり、内ラチ沿いの中団のまま直線に向いて追い出されても前との差を詰められず、伸びるどころかむしろ後退してしまい12着に大敗した。1300m戦で内枠は好材料だと思ったら、逆に道中はモマれ通しの厳しい展開になってしまった。ブリンカーは外して東京ダート1400m戦を走らせたい。
Ke3a2452 Ke3a2651

【次週出走予定】
◆5/10(水)園田11R C1 4歳以上…ハルカカナタ(田中学)
◆5/10(水)大井9R フォーチュネイトひなげし特別…フェドゥラフォレ(森泰斗)
◆5/13(土)京都1R 3歳未勝利(牝)…インハーフェイバー(武豊)
◆5/13(土)東京2R 3歳未勝利…カヴァレリア(未定)
◆5/13(土)京都10R 葵S…アズールムーン(石橋脩)
◆5/13(土)東京11R 京王杯スプリングC…グランシルク(戸崎)
◆5/13(土)新潟12R 石打特別…ゴールドエフォート(菱田)
◆5/14(日)京都1R 3歳未勝利…ウィッシュノート(△荻野極)
◆5/14(日)東京3R 3歳未勝利…グラドゥアーレ(未定)
◆5/14(日)東京9R テレ玉杯…レーヌドブリエ(デムーロ)
◆5/14(日)新潟10R 胎内川特別…ノーブルソニック(未定)
◆5/14(日)東京11R ヴィクトリアマイル…ルージュバック(戸崎)
◆5/14(日)東京12R BSイレブン賞…ソーディヴァイン(川田)

| | コメント (0)

2017.05.05

3歳世代25頭全馬がデビュー

今週オーバーレイが出走することで、現3歳で出資した25頭全馬がデビューにこぎ着けることになる。ただしJRAは20頭中4頭しか勝っていないのが悩みの種。未勝利戦終了まであと4ヶ月でどこまで勝ち上がれるか。

◆5/06(土)東京1R 3歳未勝利…×オーバーレイ(横山典)
昨年10月にはゲート試験に合格し、その後は球節が腫れるなど順調さを欠いてここまでデビューが遅くなった。まだ脚元には不安が残るものの、500キロ前後の大型馬ということもあり、大きな不安が出ないうちにレースを使うことになった。兄のニードルポイントが初勝利を挙げた時の横山典ジョッキーに乗ってもらえるのは好材料で、この馬も兄と同様に飛節の折れが浅いのでおそらくダートは合っているはず。既走馬相手にどこまでやれるか不安の方が大きいけど、互角のスタートを切れるようなら上位好走もあり得る。もう通常の未勝利戦はあと4ヶ月しかないので、何とかメドの立つ競馬をして欲しい。

◆5/06(土)京都6R 3歳500万下…△アンデスクイーン(幸)
500万クラスへの昇級戦で5着となってから一息入れられ、3ヶ月ぶりの出走となる。芝で全くダメだったのがダートに転戦してからは常に堅実な走りを見せ、掲示板を外したことがない。ただし時計面はあまり褒められたものではないし、先行力も見劣りするので、ダート1400mから1200mへの距離短縮でどこまでやれるか。芝がからっきしダメなことから、スタート地点からダートとなるこの条件は向いている可能性はあり、休ませて馬体もかなり良くなったとこのとで、今回も入着圏内の走りを期待したい。

◆5/07(日)東京12R 立川特別…◎アナザーバージョン(内田)
前走は初の中山ダート1200m戦でも0.2秒差の3着に好走でき、終始馬群の中でモマれる形でも最後まで脚を伸ばせたあたりに成長を感じた。たださすがに1200m向きのスピードはなく、今回1300mに距離が延びるのはプラスだし、得意の東京コースに替わり、前走でハナ差競り負けた2着馬は逆転できそう。最初のコーナーまであまり距離がないので2番ゲートを引いたのも好材料で、もともと力量的には断然上の存在。理想は2着でも、ここは1年半ぶりの4勝目を期待できるのでは。あまりゆったり構えずに前の方でレースをしたい。

| | コメント (0)

2017.04.28

4月は未勝利に終わりそう

この4月はJRAで「0-0-6-3-1-5」と3着は多くても連対がなく、南関東でも「0-3-1-0-0-1」と勝ち星を挙げられていない。今週は賑やかに6頭が出走し、いずれも入着できれば上々といった顔ぶれで、今月の勝利は厳しそう。

◆4/29(土)新潟8R 4歳以上500万下…×デューズワイルズ(北村友)
半年ぶりの前走は、マクるでもなく控えるでもない、なんとも中途半端な乗り方で9着に終わった。一度使われてもう少し動けるようになるだろうし、前走よりは相手関係も楽になり、ある程度は前進できそう。全く先行力のない馬なので、比較的直線の長い新潟コースも合ってそう。半年休ませたのに馬体が増えていなかったことから、さらに減るようだと好走は難しくなる。

◆4/29(土)東京9R 秩父特別…△レーヌドブリエ(デムーロ)
前走は牡馬混合戦でも2着に好走できたものの、53キロの軽ハンデを生かしてのものだったし、勝ち馬には0.5秒差をつけられてあまり惜しくない内容だったのも事実。今回は別定戦で55キロを背負うことになり、小柄な牝馬にとっては有利ではないし、東京コースでも勝っているとはいえ大敗した回数も多く、果たしてどこまで通用するか。2ヶ月ぶりでも調教の動きは良く、展開次第では上位好走も十分あり得る。

◆4/30(日)京都1R 3歳未勝利(牝)…×アスティル(川田)
デビューから3戦していずれも良いところなく大敗を喫している。いずれも勝ち馬から1秒差以内で、着順ほど負けてないとはいえ、先行力がない上に控えたところで差し脚も使えず、芝では厳しそう。420キロそこそこの小柄な馬でダート替わりもプラスとは言えない。今までの走りを見た印象では、スピード不足ではなくパワー不足で終いの脚が使えない印象で、苦戦は免れない。3ヶ月休ませて馬体が増えているかがカギで、クビの高い走り方も改善されているかどうか。

◆4/30(日)京都7R 4歳以上500万下…×ノーブルソニック(松山)
全く前へ行けない馬ながら、芝・ダート問わず終いだけはしっかり差を詰められたのに、ここ最近は後方のまま伸びないレースが続いている。今回は芝の2400mに距離を延長することで先行力不足はカバーできそうだけど、長距離向きの資質があるとも思えないし、この距離で牡馬を相手に好走するのは至難の業。10頭立てでメンバーはかなり楽になり、鞍上も大幅強化されたので、今回も終いの脚を生かす走りで少しでも上位を目指して欲しい。

◆4/30(日)東京11R スイートピーS…×キュイキュイ(柴山)
前走は極端に時計のかかる重馬場で、道中掛かりながらも最後まで踏ん張って5着と好走した。切れる脚はないものの、さすがに重馬場まで悪化しては厳しかった。今回はオープンへの格上挑戦でメンバーレベルも格段に上がり、強気になれる材料は特に見当たらないけれど、モマれる可能性が低くなる外枠を引いたのは好材料で、前走のように道中で掛かるのをなだめながらロスなく追走できれば上位好走もあり得る。引き続き柴山騎手に乗ってもらえるのはプラスで、勝ったことのある東京コースに替わるのもいいはず。

◆4/30(日)東京12R 4歳以上1000万下…×クロークス(北村宏)
2走前に500万条件を逃げ切り勝ちして、前走は逃げられず中団からのレースが精一杯で大敗を喫した。ダート2100mなら前へ行ける可能性は高まるはずだったけど、今回は外枠を引いてしまったし、他にも逃げたそうな馬が3頭いるので、単にハナを切るだけなら可能でも、自分の競馬に持ち込んで上位好走するのは難しそう。3歳時に東京コースで走った際、バカついたり外に膨れたりとマトモなレースができなかったことがあるのも心配。血統的に距離が延びるのはプラスで、外枠から砂を被らない位置でレースをしたい。

| | コメント (0)

«気の悪さも見せ、厳しいレース結果に